「食生活」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食生活とは

2020-07-08

魔力に関して思いついた設定

その1

・魔力は世界の理をねじまげる力

しかし、起こそうとする現象(理のねじまげ具合)によって必要な魔力の量が違うというのもひとつの理として存在する

・そこで、バカかい量の魔力を使うことで魔力そのものに関する理すら曲げれば無限エネルギーを取り出すことが可能

その2

・魔力によって生み出した飲食物普通に食える

しかし、基本的に魔力製のもの世界修正力によって放っておくと消えるもの

・が、一度栄養として体内に取り込んだものに関しては身体勝手に魔力を注いで維持してくれる

・魔力製のものを飲み食いすると身体の一部も魔力製になるということ

食生活すべてを魔力の食べ物にすることで身体純粋な魔力に置き換えるという魔術師の秘儀が存在

・ヘタすると身体霧散するが、保てればいろいろと適応度が高まって素敵

2020-07-07

コロナ疲れ

家族感染させてはいけない。恋人感染させてはいけない。もちろん自分自身も。

そう思って帰省はせず、会社の指示より早めに適当理由をつけてリモートワークを開始した。

引きこもりは得意だから、それ自体はそこまで大きいストレスじゃない。恋人ももともと頻繁に会っていたわけじゃないから、連絡の頻度を少し上げることで関係は保たれている。

誰にも死んでほしくないし、苦しんでほしくない。自分所為でたとえ赤の他人でも死んだら嫌だ。

そう思って、自宅に引きこもること三ヶ月半ほど。

ここにきて、政府や都の規制が緩和されはじめたとのことで、全社員リモートワークから、週1-2回の出社命令が出た。今日の時点でもその命令は変わらない。でも正直、行きたくない。住んでいる場所問題山手線に乗る必要がある。時差出勤OKだけれど、それだってそもそも電車の本数が少ない時間帯なら混雑は回避できない。

ちなみに、出社命令の主な理由は「コミュニケーションのため」。この三ヶ月半、業務効率はむしろ上がっているし、必要質問チャットツールでできている。なんなら体調不良の日が減っている(必要睡眠時間が確保できているし、お昼を買い食いしたり外食したりすることが減って、比較健康的な食生活が送れている)雑談が足りないと言うけれど、そもそも会社にそんなものを求めてはいない。それなのに「コミュニケーション(雑談)のために出社」。とは。

身に危険が迫っているように感じたので上司に出社日オフィスに行かず、自宅で仕事をしたいと申し出たけれど「今は会社全体がそういう雰囲気から」。

いやいやいや、絶対嫌な人他にもいるだろ。そう思って暫くごねたけれど、頷いてはもらえず。仕方ないので出社日休みを取ることにした。予定表にそれを入れたら、同じチームの方からもしかして出社が嫌でですか」とメールが来た。そのとおりだと話したら「子供いるから私も本当は行きたくない。だけど、この後どうなるか分からいか有休を使いたくない」と打ち明けられた。俺にはどうしようもないけど、この人の主張はわかる。この人も上司に遠回しに確認したらしいが、一蹴されたらしい。

こんな風に過剰に怖れている自分が間違っていて、それを理解しない上司に怒っている自分ヒステリックなのかもしれない、と思って、今週末からずっとふさぎこんでいた。

上司は、自粛間中小学生の子供の友達を自宅に招いて遊ばせていたり、ラッシュアワー普通に出勤していたりと、この辺の感覚に違いがある。だから、俺の主張は理解されない。「過剰に反応する煩い奴」としか思われていない。それがなんだかもう堪えてしまって、辛い。

2020-07-05

お金をある程度持つようになって変わったこ

貧乏なころは娯楽へ費やす時間が多かったけど、今は勉強に費やす時間が増えた

今も娯楽へ費やしている時間が短くないとはいえ、当時はフルコミットしていたように思える。若さゆえもありそうだけど。

当時は仕事生活ストレスが強かったからか、娯楽に逃げないとしんどい部分があったのかもしれない。

仕事が楽

正直、安い給料仕事の方が体力的にも精神的にもキツかった。

安い給料ときは「技術的には教えれば誰でもすぐにできるけどキツい」「毎日ルーティーンで成長がない」「一生ほぼこのまま」という見え方だった。

今は当時の3倍近くの給料だけど仕事は楽。時間は短いし、休みもたくさんいつでも使えるし、ある程度成果さえ出せばいい。

もちろんつらさに違いはあるんだろうけど、安い給料でキツい仕事はたぶんもうやっていけない。仮に同じ給料になったとしても今の方が楽。

自分の周りの学歴能力が向上

明らかに自分の周りの人の学歴能力が向上した。

昔は中卒・高卒があたりまえだった。それが大卒も登場するようになり、旧帝大が登場するようになって、東大卒が爆発的に増えて、MARCH以上が大多数を占める職場になった。高卒自分以外いない雰囲気

会話のレベルも上がった。中卒・高卒社会では、女とソシャゲの話がメインだったように思う(別にそれが悪いわけではなくて、毎日ずっとその話だったのがキツかった)

今は、特に勉強をしてなくても会話から勝手に新しい知識が入ってくるようになった。「あー、そういう概念があるのか」と毎日さまざまな分野でいろんな知識を吸収できているとおもう。たぶんこれが一番デカい。

貯金投資ができているので、突然クビになったり体調を崩したとき不安から解消された

いまいきなりクビになったり業績悪化会社倒産したとしても、生活自体が大変なことになるという懸念がなくなった。自分からやめない限り雇用保険もすぐにおりるので「まあ半年の間に職探せばいいでしょ。最悪給料は下がるかもしれないけど」ぐらいの感覚になっている。

ほぼ金がなかったころは、やめても次のあてがそうあるわけではないので「この仕事は向いてないから/人間関係ひどすぎるから、もうやめて次の職場に行こう」という決断がしにくかった。転職するためにとてつもない犠牲を払う必要があった。というか当時の自分はほぼ鬱病みたいな状態で無理矢理働いてたようなものだった。

モノがすぐ手に入る

基本的ものAmazonやらですぐに手に入る。若いときもまあすぐ買っていたけど、お金を持つようになってからは数万単位のものでも「これはのちのち役に立つ」と思うようなものはすぐ買うようになった。特に、あると仕事捗るようなものに関してはあまり値段を気にしないようになった。

食生活も豊かになった。たまに外食で1万円とかしても「まあそんなもんだろ」と感じるようになった。

当時思い描いていたほどお金がガッポガッポで儲かってる感じにはならなかった

税金のせいか手取りにすると思っているより少ない。やっぱり1万円ぐらいの積み重ねが家計に影響する。年間の給料100万あがっても手取りは50万くらいしか増えないのでつらい。

年収1000万円なんかも手を伸ばせばすぐそこで、今の生活よりお金は少し増えやすいんだろうけど、それで過大なストレスを抱えたりするならキツいなと思ってしまった。

昔はもうちょっと遠い存在だったので思考範疇外だった。

家が広い

昔は高い家なんて借りれなかったので部屋が狭くてボロかった。いまは広くて使いやすい家なので、自分のものを多く置けるようになった。本棚を何個も置けたのがいちばんしかった。それでも最近は本が溢れ始めたけど……

生活お金10万・100万単位で考えるようになった

これに使うと将来毎年10万かかる・毎年10万増えるという単位で考えるようになった。

これをすると将来100万手に入る、100万節約できるという単位で考えるようになった。

なので、今お金を失うけど将来プラスで返ってくるようなものにもドンドンお金を使うようになった。

将来が悲観的ではない

貧乏だったころは、将来の展望がよく見えなかった。これからどうすればいいのか、何をすればどうなるのかが明確に描けてなかった。

今は「これをしたらこうなる」というのがよく見えるようになった。ある程度のズレはありそうなものキャリアパスが見えて「いい方向に向かっている」と思いながら暮らせるようになった。

2020-07-03

うんこがすくない

ここ数日、食生活の乱れからうんこが少ない

しっかりうんこをするために

今日食生活見直していく

2020-06-28

anond:20200628125042

ところが、人類食生活を極端に進化させた結果、慢性的カルシウム不足になってしまい、

化石として後世に残らないんだよなぁ。。

2020-06-27

大人だけど一切野菜を食べたくない

体が不調をきたしてきたら、なんか野菜食べないといかんな……と本能的に思うからいいじゃないか

何が悲しくて不味いものをわざわざ食べないといけないんだ。

食物連鎖の頂点に立つ人間が、虫と同レベル食生活してどうすんだよ。

2020-06-23

アジア系黒人より下じゃないです。

何やら「アメリカ人種ヒエラルキーではアジア系黒人より下で、黒人白人の両方から差別されてる」などという与太が出回っているようで。

これは嘘っぱちですのでご注意ください(個々人の経験は別として、全体から言えば)。

しろアジア系アメリカ人が他の人種マイノリティ特に黒人に対しての差別であるとの認識すら、決して珍しいものではないのです。

※注意:この増田では基本的アフリカ系アメリカ人のことを黒人呼称します。

アメリカにおけるアジア系アメリカ人はその高い学歴経済的成功から、他の人種マイノリティより高い階層にいるとみなされています

これは"中間層マイノリティ/Middleman minority" (Bonacich 1973)や"人種ブルジョワジー/Racial bourgeoisie" (Matsuda 1993)といった呼び方や、"アメリカ人種ヒエラルキーにおいて白人黒人の間のどこかを占める、第三の存在" (Kim and Lee 2001)という評価など、古くから認識です。

Bonacich, Edna. (1973) A Theory of Middleman Minorities” American Sociological Review 5: 583–594.

Matsuda, Mari. (1993) We Will Not Be Used. UCLA Asian American Pacific Islands Law Journal 1: 79–84.

Kim, Claire Jean, and Taeku Lee. (2001) Interracial Politics: Asian Americans and Other Communities of Color. PS: Political Science and Politics 34 (3): 631–637.

モデルマイノリティ(ここで言う"モデル"とは"見本"のようなニュアンスです)という言葉もありますポジティブステレオタイプを持つマイノリティのことで、アメリカではアジア系を指すことがほとんどです。

勤勉で、まじめで、よく働き、自立していて、etc., etc...ポジティブステレオタイプゆえに支援の手が伸びにくかったり、ステレオタイプ押し付けが起きやすかったり(褒めてるんだからいいじゃん!的な)、ネガティブステレオタイピングとはまた別の問題があります

これは他のマイノリティディスるさらには人種間の対立を煽るのに使われる――アジア系の連中はあんなに成功しているのに、黒人はどうして貧乏なままなの?努力が足りないんじゃない?――場合があります

一方で、このステレオタイプ就職等でプラスに働くこともあり、一筋縄はいきません。

アジア系の中には上記対立煽りを真に受けたり、黒人への蔑視白人と共有する人も存在します。

アジア系アメリカ人の人種差別に関する意識白人と近く、2008年世論調査(***)では黒人の65%、ラテン系の55%が「人種差別は未だ、我々の社会における重要問題である」と答えたのに対し、アジア系白人でそう答えたのは33%でした。

また、「人種差別存在するが、もはや重要問題ではない」という答えは黒人23.9%、ラテン系37.8%、アジア系50%白人60%でした。

しかし、やはりマイノリティー、被差別者としての側面もあり、上記ステレオタイプ押し付け落伍者への冷たい目、キャリアにおける差別("竹の天井"と呼ばれます)が存在します。

さらに、アジア系集団内の格差が激しく、日中韓印系とそれ以外で状況は違うにもかかわらず、アジア系全体の恵まれイメージから支援が届きづらいことがあります

黒人たちと同様、シンプル醜悪人種差別さらされることだって当然あります

また、コロナパンデミックにおけるアジア系の人たちへの差別で、黒人が声を上げなかったとするのも間違いです。

100 Black Menという市民団体はAsian American Business Development CenterおよびHispanic Federationと共同声明アジア系差別批判してますし、黒人コミュニティや個々の黒人twitterなんかで差別批判してます

ただし、アジア系の人々が今まで黒人差別していた/黒人差別に声をあげなかったという理由から、彼らのために声をあげたくないという黒人もいます

例えば、黒人コメディアンのGodfrey氏はinstagram投稿した動画で「エボラパンデミックの時、君らはどこにいた?我々が警察に殴られているときには?」と述べ、「君たちのスーパーヒーローにはなれないよ。他にやること(無数の差別への対処)がいっぱいあるんでね」と答えています

トランプの"中国ウィルス"呼びを肯定していたり、中国人の食生活や、パンデミックに対する中国責任中国から入ってくる安い商品等への批判もしているため、単なる反中国論かもしれませんが。

アジア系アメリカ人とBlack lives matter (以下BLM)の関係もまた歴史的に複雑な背景を持ちます

BLMが使われだすずっと前ですが、ロス暴動の前日譚として黒人韓国系アメリカ人の間の緊張状態および、韓国系アメリカ人による黒人少女Latasha Harlinsの射殺事件がありました。

2014年黒人射殺事件中国アメリカ警官によってなされました。新人警官のPeter Liangが同僚とパトロール中、ガールフレンドデート中のAkai Gurleyと暗がりで鉢合わせ、つい射殺(直撃ではなく跳弾)してしまったのです。

Liangは過失致死で有罪判決を受け、それに執行猶予5年がつきました。

この事件中国アメリカ人と黒人の両方から批判を浴びました。

中国アメリカ人側は「白人なら起訴されないのに中国系ならされるのか」と起訴の取り下げを要求し、黒人側はBLMを掲げて射殺に抗議しました。

ジョージ・フロイドの死に関しても、関わった4人の警官のうち一人はアジア系アメリカ人のTou Thaoです。

アジア系アメリカ団体Asian American CommissionはBLMへの連携を表明した上で、その声明文中にて「アジア系コミュニティにおけるアンチ黒人の深い根」の存在をあげ、コミュニティの変革を求めました。

※「(アジア系は)差別されてきたが、同時にモデルマイノリティ神話から利益を得てもいる」等の意見声明文には含まれていることもあり、一部のアジア系アメリカ人はこの声明に反発しています

勘違いしないでほしいのは私が「黒人アジア系差別している」へのカウンターとしてその逆を言っているわけではないということです。

黒人差別に声を上げるアジア系アジア系差別に声を上げる黒人、当然のようにいます黒人レイシストアジア系レイシスト、当然います白人ヒスパニック、その他マイノリティも同様です。

世界は複雑なのです。立場属性でひとくくりにできるような単純なものではありません。

分かりやすストーリーを無批判に受け入れてはやし立てるような、愚かしい行いは控えてほしいと私は思います

2020-06-22

anond:20181020195622

ヴィーガニズムについてはいろいろ思うところがあるんだけど、とりあえず以下の点については疑問だ。

それにしてもビーガンは極端に思えるだろうが、伝統的にも欧州で言えば修道士日本で言えば厳格な僧侶実践すべきと教えられてきたことだ

この部分、ヴィーガンなんて何も特別なことじゃないよー、と印象を薄めるための部分だと思うが、事実は大きく異なると思う。

なぜなら、「あらゆる動物由来のタンパク質禁止」するようなことは厳格な僧侶ですらしてないからだ。仏陀悟りを開いたきっかけは「ミルクがゆ」を飲んだことだが、これはヴィーガンならアウトな行動だ。また、欧州修道士も卵やチーズ場合によっては魚だって食ってる。せいぜい「通常のヴェジタリアンレベルであるヴィーガン食生活と彼らのそれは、決してニアリーイコールではない。

更に言えば、彼らは「一般大衆にそれを強制する」ようなことはしない。なぜなら、彼らの思想の根っこには素朴な「人間中心主義」があるからだ。それに対してヴィーガニズムの根っこにあるのは、まさにその「人間が中心だろうか?」という疑問だ。ヴィーガニズムが多くの派生過激主義者を生み、結果多くの人に反発を食らっているのは、実はそちらの顔があるせいだと思う。この点でも、ヴィーガニズムは、歴史の選別を経てきた現生宗教とは大きく異なる。いわば、まだ洗練されていない(危険性のたっぷり残る)宗教なのだもっと分かりやすく言えば、残念ながら現時点ではただのカルトだ。

2020-06-18

一日一食にしてると、不健康だよと言ってくる勢力

一日一食生活を続けている。


もともと何となく始めたら身体調子もよくいろいろ捗るので続けているが、

私が一日一食にしてることを知ると、きまって「不健康だ。三食食べるべきだ」と

言ってくる人たちが人たちがいる。



どっちが健康かは正直わからないが、なんで人の食生活にいちいち口をだしてくるのか

良く分からないし、3食が健康的に正しいという根拠も良く分からない。



「一食でも全然大丈夫で、むしろ調子もいいんですよ~」と答えると

「それは今だけ。長い目でみると後悔する」とかいってくる人までいる。



俺が一日一食だろうが五食だろうがどうでもいいだろうと。

口を出してくる思考がよくわからない。

2020-06-17

TVじゃないけど、料理に大量のタバスコ入れて、のんだやつが、はきだして、げらげらわらう。よくあるだろ。だめではない。まず自分で試してこのぐらい大丈夫

次に相手と長年付き合っていて、だいたい食生活が同じ

ともだち

まぁ、冗談になるだろうし、あいても、それはまぁ。でもそういう事が起きる以上。どこかでは、よくしらない、そのへんのやつにやる。となりのせきのむかつくおっさんにやる。起きないと思うだろうか?

男性女性飲み物に精液を入れた大騒ぎ

じゃぁ 美女が、おっさん飲み物タバスコ入れたら?

なんぱじゃない?とか ラッキーとか ひとはいうだろう。

だめではないんだよ。

2020-06-16

anond:20200616101936

50以下はともかく中年でもそこそこ差があるな。

50代全体でみても4割肥満ってことを考えると、平均より食生活が偏りやす独身中年がすぐ死ぬのも不思議じゃないな。

anond:20200616095810

どっちかっつーと「未婚・離別男死ぬの早すぎ」って話だから

グラフ見りゃ分かるけど差が激し過ぎる

原因もその記事内に書いてあるけど

配偶関係別の死因を45~64歳の年齢層で見てみると、有配偶男性独身男性(未婚・離別)とがまったく正反対の傾向であることがわかります。有配偶男性の死因は、主に白血病を含むがんであるのに対して、独身男性は「糖尿病」「高血圧性疾患」「心疾患」など、主に生活習慣に起因する病気です。これは、独身男性が、外食コンビニ弁当などによる高炭水化物・高脂肪食生活運動不足などに陥りやすいからと考えられます

2020-06-15

[]水分摂取と油は大事

ねこです。夜中にダーリンの寝室の行燈を舐めたりはしてニャいのですが、

どちゃくそ体調悪かった2011~2016年、これは理由があるんですが割愛

で、ねこ食生活見直しました。

お金がないからって、ぎりぎり食べるものを切り詰めちゃダメ

太りたくないからっていい油摂らなきゃダメでした。


すっごい頭痛持ちだったのが、

水分摂取と、油みなおしで治ったよ。




続けないとだめかもだけど(一日やそこらではわかんないと思う)

サプリドライアイはかなりましになる気がするので

眼精疲労マンDHAEPAブルーベリー系かアスタキサンチン

地味に飲んでると、一週間くらいで「あれ?楽かもー」てなるよ。

ガサガサの指先が汗復活

足の裏汗もかかなくなってたのに汗復活

うるおいキープって水分だけじゃなかったんだね。



素人たわごとです。

現場からは以上です。

うんこの質

自分うんこ便器にへばりついて掃除がめんどくさい現象最近あるんだけど、これって食生活のせいなのかね?

他の人が入ったあとにはこびりついてなかったりするから、体質とか習慣に差があるのかなと思った

2020-06-13

anond:20200613163546

容姿が悪いのって食生活が不規則だったり洗顔もせず不衛生だったり運動してなかったり整形してなかったってことでしょ

頭が良くても行動できない人が出世できるわけないじゃん

2020-06-11

anond:20200611075103

食生活改善される前は、味の濃いおかず少量で沢山白飯を食べるのが庶民の贅沢だったから、盛り切り飯一杯では寂しいだろという事だったんじゃないかなと「想像」する。

2020-06-08

湯シャン派の人の言い分

湯シャン派の人が言う「昔はシャンプーなんてなかったんだから〜」のやつあんまりピンとこない。昔(江戸時代くらい)の洗髪を調べたとき、洗髪の頻度はかなり少ないけどシャンプーみたいなのは使ってるじゃんって思った。あと今と食生活からなにから違うんだからそんな理由ならそろそろ順応していったほうがいいんじゃない個人自由から否定はしないけど近寄りたくはない。

2020-06-06

うどん食べた過ぎて怖い

最近「何食べよっかな~」って考えたときにすぐにうどんが出てくる

いやうどん昨日も食べたしなって考え直すんだけど、うどん以外の食べ物は全部今じゃない感じがする

結局うどんを食べる

ちなみに「やさしいおだしがしみる…」的なのでは全くなく

ライフで一番安いうどんをゆでて冷やしてしょっぱい昆布つゆでがっつり食べるだけのやつ

いつもは1玉だけで我慢しているけど、いやなことがあったりすると2玉食べてしま

こんな食生活してたら健康やばい気がするんだけど、今日も結局口がうどんになってきてしまった

誘惑にあらがえない…いつのまに香川県民にでもなってしまったのだろうか…

2020-06-05

肌荒れの原因が分かった

マスクのせいで肌が荒れてるとずっと思ってたけど食生活が原因だった

野菜中心の食生活だったのを肉中心に変えてみたらみるみる治っていった

もちろん野菜ちゃんと食べてる

今までサプリやら塗り薬やら睡眠時間やら色々と気にしてたか馬鹿みたいだ


ニキビができるやつで肉をあんまり食べない人は肉を食べてみると治るかもしれないぞ

2020-06-04

anond:20200604151326

ありがとう。7年程度で20kgぐらい増えている。

こんなに太る前までは、じんましんになったことなかったんだよな。

橋本病と発覚したのもつ最近。一応橋本病病院でも聞いてみるよ。

皮膚科は4件くらいはしごしたけど、結局完治はしなかった。

ダイエット食生活を気を付けて、痩せても直らなかったら、皮膚科はしご再開するわ。

2020-06-02

anond:20200602213751

野菜食ってて偉いってのは、食生活偏りがちな中年男性からの素直な称賛であって

豚が野菜食ってるwwwみたいな揶揄ではないのにね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん