「数学者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 数学者とは

2022-11-28

anond:20221128131849

プログラマとか数学者の人数をたくさん集めてオープンレターしたら変わりそうな話という気もする

2022-11-27


  2013年の国際数学オリンピックの最終問題は、7人しか解けなかった組み合わせの問題だった。 まず解けない理由として組み合わせの完全論法は知らないからで

    俺がひらめいたインダクション背理法を組み合わせればなんとかなるのではないかというのは行き詰った。

    専門の数学者に聞いたら、かなりハードな主張を裏付けて、それから背理法を使い、 最後もっと難しいテクニックをやらないとあの問題は無理だよと言われて呆然とした

   

2022-11-25

   俺を法律的に支持してくれている人に次のような人がいるので生活保護も止まらないし何とかなっている。

  支持者

                           支持度         支持方法

    (1) ぺち                  100          最高裁判事のうち13名の東京大学法学部裁判官。 無罪は確定している。

    (2) ぱち (立野玄一郎、ぺちの弟)       50         板橋区受診受け入れの方法による

    (3) 小島 健康管理士             25         東京武蔵野病院の紹介による

    (4)  ぱ  須佐由子             25           受診受け入れ  診断書作成予定

    (5) 中谷  地区担当員            25          めぞんときわ台の住居決定

    (6) 志保子   数学者 警部補        10

    (7) 斎藤秀司  数学者            50           オグシャハルウェッジの解の格子

    (8) 入江慶   数学者 IMO 満点      50          ジェネリックデンスセオレム

   敵

                               嫌悪している理由

     (1) 前田晴生                    最悪

     (2) 志村警察署 長尾 村田 その他 

     (3) 佐藤もぐら                    うざい

     

2022-11-22

   グリーンタオ定理とは、素数集合の中に任意の長さの等差数列があるという定理だが、それの証明構成に多くの数学者が苦労し、自然数の逆数和が

    収束するか発散するかの関係同値ということに気づき、セレメディ証明していた定理タオ拡張し、2004年に証明が完結した。

    タオ偏微分方程式や数々の補助定理複数作成してやっているので、非常に高度な議論だが、数学的な技術思想により成し遂げた。

    このことを理解する必要はないが、プログラミングを用い、 素数集合の中から任意の長さの等差数列を取り出すものを書き、JAVAもしくはC++で実行できるものを書きなさい。

    その際に、 (1)等差数列の長さを入力したときに、 (2)その長さの等差数列が全て表示されるようにしなさい。

2022-11-21


   数学の難問を解く場合に、helping theoremというものがあるが、その解釈議論が分かれています。これは補題とも言いますが、

    一度、establishされると、後はそれを用いるだけで問題解決するので、恐ろしい技術で、平成時代を通じ多くの数学者が学生に教えなかった

    しかし、補題は見つけるのが非常に困難でそれを確立するだけで驚かれるし、用いることで一挙に問題解決するテクニックである

    多くの数学者は子供にこれの存在が知られると悔しいので黙っているのです

    ただし、補題証明一般普通で、見つけること自体が難しい。 見つけて用いることが過激なので、難問になってくると補題確立をすることは

   ほとんどである

    もちろん、斎藤秀司や志保子くらいなら、そのくらいは分かっておろう。

2022-11-04

モンティパイソン問題はいくら言葉説明しても数学者ですら理解できなかったんだから

アホの増田がどれだけ文章を書き連ねても相手理解させることなんてムリムリムリムリカタツムリなのよ

2022-11-01

anond:20221031193429

前提をごちゃごちゃにするあたり、詭弁だと思うし、自分問題をごちゃごちゃにしてる自覚も再計算されるタイミングを見逃してることも、別のプレイヤー仮定として作ってしまったせいでより複雑化されてることにも気付けてないんだと思う。

あと野次馬に詰め寄ってる時点で無責任人間も詰めればなんとかしてくれると勘違いしてる脳筋的なマインドもあると思う。

誰もプレイヤー選択保証はしてくれないけど、優しい数学者達が高い確率になる答えを導き出してくれたってだけのお話なのよね。

2022-10-27


   フェルマーの最終定理研究は1950年代東京大学理学部志村五郎フライセールなどの共同研究により、複素関数論の分野からモジュラーと呼ばれる状態

     であることまで定式化できたが、その理論は非常に複雑で、さらなる証明の組み立ては不可能だとされその後放置されていた。

    しかし、イギリス数学者ワイルズ独自研究し、モジュラーの中には様々な関係存在することを突き止め、最終的な証明をみた。

      ABC予想はそれが存在するとフェルマーに対し簡潔な命令を与え即座に証明できるというものだがそれ自体証明されていないためまだ価値がない。

2022-10-25


フェルマー問題は古く  1600年ごろに提唱され、その後に様々な数学者検討してきたが、間違いが多く、 x^p+y^p=z^pで定式化されるまでは、過激すぎる不健康問題

  多くの数学者が成立を予想しつつ解かなかった。ポールエルデシュは、この問題について幾何学から類比でも主張が過激すぎる問題幾何学類似証明がなかったこから

    例外的問題孤立していて解く価値がないとした。更に  x^p+y^p=z^pと定式化されても、 不存在かつ、素数は無数にあるため、なお過激であり、難しい問題とされた。

   なぜなら不存在に加えて指数が無数に存在する素数であるため幾何学類比からしても理論がないだろうということである。結局この問題現代数学理論構築につながり

   ガロア表現など基盤となるルールを広げることで解決を見た。

     また、素数として定式化されると不健康問題なため、 無限降下法と、帰納法過激方法で組み合わせれば初等的に解けるのではないかとも思われているが数学界では

  具体的な回答がない。

2022-10-24

anond:20221024164446

四色問題証明のようにPCを使うということは一切せず、学会はいかずあくま自分の脳力を頼み、たった一つの論文での一発合格世界的功績をあげることを目指す

というスタンスでいって実際フィールズ賞とかとったとして、一体その人は一般的数学者と比べどこまで節約できてるんだろうね

もしかしてまじで科研費申請必要ない?論文投稿料さえ自腹すれば済む?

2022-10-16

天才数学者の出した屁はもはや空気となって頭上に降り注ぐ

いつひらめいてもいいように言葉と図解力とメモの用意を抜かりなく

2022-10-11

anond:20221011125152

それで、ググってみたか

難しいことをべらべらツイートし始める自称数学者たちよりもマシだと思わん?

2022-09-29

数IIの三角関数あん面白くない問題

数IIの三角関数微積分は出て来ない。高校によっては加法定理まで習わず終わる所も珍しくないようだ

加法定理微積分抜きだと三角関数面白い部分半分以上スポイルされてるようなもんだ

そういう意味では数IIの三角関数までしかやってない人達三角関数やる事に異を唱えていた気持ちも1割くらいは理解出来る

今年フィールズ賞をとった数学者数学実用的な部分や分かりやすい教え方もいいが

それ以上に数学面白さを伝えないとダメだと訴えていた

やっぱり微積分まで含めて三角関数を学んだ人達、いや大学フーリエ変換オイラーの等式を知った人達

そうでない人達じゃ三角関数への意識全然違うよなぁ…どうしたもんか

2022-09-21

数学が嫌いになる人の主な理由は二つ。

問題が解けないか

記号が何言ってんのか分からんから

後者は業が深い。巷で話題望月新一論文も英字の左上にダブルダガー、左下に無限大の添え字がついた記号が出て来るが何を意味してるのかさっぱりさ。

記号定義にあたってみても大抵その定義にも未知の記法が出てきて延々たらい回しにされるんだよね

こんなんじゃ心折れる人が続出なわけで、もっと説明が親切ならめげずに数学者として成果を出す人も多かったかもしれないのに機会損失してるかもしれないよね。

2022-09-17

anond:20220916181520

それに当たり前のことを定式化したところで結局主張したいことは当たり前のことに変わりはないわけ。

お前は論文形式しろみたいに強いるけどそれをする意味というか対価もなく他人に対して負担を強い過ぎなわけよ。

だって数学価値あるものだと思ってるが先日こういうトラバが来て考えが変わった

数学を使わなければ出ないものなんて実生活では使い物にならない。

ただの役に立たない妄想でしょ。

多次元空間性質3次元で役に立たんでしょ。

仮に多次元に行けるなら、眺めて確認すればいいだけ。

わざわざ数学的に出す意味ないよ。

からあなた馬鹿なんだよ。

電気虚数が使われてるというがあれは振動sin,cos表現するのが面倒という理由虚数代替えとして置いてるだけ。

虚数が役に立ってるんじゃない。めんどくさいから同じ虚数代替えでおいてるだけ。

理解力が高いと自認する数学者気取りらしい発言だなと思った。

結局定式化というのは自然言語ならわかりやすく言えるものをわざと小難しく表現する作業に過ぎないのだと。

それなら俺は平易に誰にでもわかりやす自分の発想を伝えることを志向するね。

ややもすればお前はまた反論するんだろう。

全く一体何が正しいんだよ。

究極的にはどの意見が正しいのかを判断する基準がないのは考えものだね。

かりにそれが間違ったことであってもみんながみんな同じ考えをする社会の方がいろんな考えに翻弄される身にあっては幸せ世界に思えるね。無個性化万歳

いろんな考えがあってそのなかに正しいことがあったとしても判断する基準がなくて最終的にたどり着けないなら、最初から間違ったことを信じてるのと変わらないだけでなく、後者の方が精神的に楽なんだからな。

2022-09-11

教養のためのに読書記録メモ[数学]

(3)『順列・組合せと確率』(著者名:山本幸一、岩波書店)。数年前に新装版が出たが、現在のところ品切れ中なので、図書館から旧版を数回に分けて借り、順列・組合せの部分まで読み終わったところでギブアップ

このメモでは、この書籍をかなり批判させてもらう。

前書きなどから見るに、高校数学から大学数学への橋渡しをすることを目的として執筆出版されたようだ。しかし、明らかに高校数学レベルを超えるところが各所にあった。

例えば、母関数活用して特殊な数列(フィボナッチ数リュカ数、カタラン数など)の一般項を求める手法が述べられている部分がある。その中で、ベル数についても述べられているが、そこでは微分方程式の解法の知識必要になる。しかし、この本だけでは、微分方程式の解法に関して述べられていないので分からない。一冊で完結していない。

また、古い数学テキストに頻繁に見られる、欠点を抱えている。

かつて、数学者・小平邦彦は、数学学習する若者に向けて「もしも、数学証明で分からないものがあれば、それを十回、二十回とノートに書き写しなさい」と説いた。数学に限らないが、初学者の段階では、手本を模倣することが大切だからである

この本には、その若い学習者が模倣すべき手本が、ほとんどと言ってもいいぐらい示されていない。

ページ数の都合もあるであろうが、これは駄目だ。例えば「これら二つの漸化式から、次の漸化式が自然に導かれる」と述べるに留まり、どのような変形・代入・操作を行えば導けるのかを示さないというのは、本書ではザラである

創造性というものは、十分な模倣を経てからでなければ、発揮できるものではない。しかし、古い数学テキストでは、初学者に平気で創造性を発揮しろと無茶を要求してくることが多々ある。この本もそうだ。

どれぐらい無茶を言っているかといえば、外国語教育に例えると「耳で聞いてコピーすれば発音できます。やりなさい」と言って済ませるぐらいの無茶である発音記号、それが表す口唇の形や口腔内での舌の位置や形などを教えないで、外国語発音ができる訳が無い。

他にも、二項係数、第一種第二種スターリング数、カタラン数などについて、組合せ論的な意味説明すると言って例を出すが、その例の説明文章が非常に分かりにくい。却って、これらの難解な説明では、読者は無用に混乱する。組合せ論的な意味説明については、他の本を当たった方が良さそうだ。

無用な混乱といえば、用語記号表記も他書と異なる独自呼称記法を用いている点も好きではない。

誤植もひどい。後半に進むにつれて増えてくる。

一例だが、カタラン数説明として、二項演算記号○による式の文字の間に「(」「)」を配置する方法と、それに対応する図(交わらない半円弧線で要素どうしを結ぶ)を一緒に記載しているページがあるが、肝心の二項演算式が明らかに誤植デタラメになっている。これでは、初学者の読者で、この本を読んだせいで組合数学が嫌いになった人もいたのではないか誤植を見分けて訂正するのも、良い勉強である安易に考えて、軽く済ませる著者や出版社が多いのは良くない。特に、初学者向けでは最悪だ。

この本の組合数学に関連する部分を読み終えた後、フィボナッチ数列、リュカ数列、カタラン数のの一般項を母関数を利用して求めたり、第一種第二種スターリング数の漸化式を導けるようになったが、ほとんどネットで調べたおかげである。この本のおかげではない。

からない人間が分かるために読むもののはずなのに、既に分かっている理解している人間が読まねば分からないという、本末転倒な本が古い数学テキストには多すぎると思う。読者が初学者の段階で、手本を示すことな創造性だけを要求するような無茶をし続けたことは、数学教育には百害あって一利なしだったと思う。この本も、その一冊という感じである

2022-09-06

天才数学者 ジェームズシモンズ率いるHF

ルネッサンステクノロジー

政治好きならティーパーティートランプ政権誕生の裏側に居たのはご存じだろう

金融業界に在籍していた人材は雇わず

天文学者気象研究者宇宙物理学者などなど

市場とは一見無関係な顔触れが同社を支えている

ではどのような投資手法を用いているのだろうか

その片鱗はEDINET大量保有報告書から確認できる

2017年

なんか面倒くさくなりそうのでおわり

2022-08-24

anond:20220824164233

知恵袋数学者気取りには数学用語以外の言葉についてはいちいち定義を求めて来る奴がいる。

察しようという発想は皆無らしい。

クラインの壺二次元多様体なのですがそれを四次元というのはどういうことですか」などとあろうことか抜かしてきた。クラインの壺四次元普通数学者でも通じるので、そこに食って掛かる奴はそうそうおらんだろ。

人として欠陥があるとしか思えない。

あんなんじゃ人に教授したり人の上に立つ仕事は任されないこと請け合いだな。

高校野球部のノリでいつまで立っても草野球してる奴と同じで、数学の分野で重職につけなかった輩が知恵袋にくすぶって人を馬鹿にするというしょうもない人生送ってるんだろう

anond:20220824163651

俺は数学者気取りじゃない。言うことはもっともだと思う。ようはめんどくさいという感情を一切ないものとすれば数学で言ってる全てのことは自然言語だけでもいうこと自体可能ってことだろ。

俺が知恵袋でした質問に俺よりはるか数学気取りに見える痛々しい回答者がついたからみてみ?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11266865346

anond:20220824161910

からあなた馬鹿なんだよ。

電気虚数が使われてるというがあれは振動sin,cos表現するのが面倒という理由虚数代替えとして置いてるだけ。

虚数が役に立ってるんじゃない。めんどくさいから同じ虚数代替えでおいてるだけ。

理解力が高いと自認する数学者気取りらしい発言だなと思った。

自惚れ数学者もどき

数学的に正しいから正しいお前の考えは間違ってると言ってる知恵袋回答者

いやお前の数学理解が正しい保証なんてないだろ。自分学力に対するうぬぼれがつよいか他人否定したがるんだな。

anond:20220824151355

ただクラインの壺なんてもの議論してるようなのって数学者くらいだよね。

なら文学的表現でどうこう言って妄想してるのも数学者なんじゃないの?

そう考えたら数学ができることの効能って文学的表現妄想することになることかもね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん