「性的虐待」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 性的虐待とは

2022-05-19

ひっそりとこっそり性的虐待しようとしてたのに、アベとかプーチンとかゼレンスキーとかバイでんもなぜか知ってるのはなんなんだぜ?

どういうヘマしたらそうなるんだぜ?村上くん

2022-05-16

anond:20220516092547

cinefuk 「ヘイトスピーチビデオゲーム文化が切り離せない」なら、アングラのまま表に出てくるべきじゃねえんだよ。eSportsとして大手企業スポンサー背負ってショービジネスの場に出てくるなら、最低限の社会性を身に付けろ


暴力性的虐待人種差別問題を切り離せないスポーツ界もアングラに潜ってくれないですかね

2022-05-15

id:white_roseさ、さすがにそのブコメおかしくない?(成年被後見人でない障害者性的虐待被害者に対する契約問題)

https://anond.hatelabo.jp/20220514105830

b:id:white_rose はいはい成年後見制度差別なのね。ほんとアンチフェミ界隈は揚げ足とることだけに終始してるよね世の中単純でよろしいですね。揚げ足の自覚がないならなお悪い。

 

俺も最初成年被後見人レベルの重い障害を持っている人に対してAVスカウトをするなという話かと思ってたんだけど、

本文を読むとそういう風には読み取れないでしょ、これ。

発達障害ASDADHDLD境界知能、知的障害逆境体験DV、性暴力被害者契約してはいけないって書いてあるんだよ。

成年被後見人を前提にしているなら「成年被後見人AV出演契約を結んではいけない」と書くべきだけど本文にそんな事は一切書いてない。

障害の程度などについても一切書いていないか上記の診断を受けている、もしくはそれで手帳を取得している人間そもそも単独契約行為を行うべきで無いとも読めてしまう。

(それが差別だと指摘したのが元増田だね)

 

おそらく彼らはそうでなく「上記障害を抱えている人々とAV出演契約を結んではいけない」と書きたいのだろうけれど、それでも変だ。

AV出演契約携帯電話の利用契約も、法律上では同じ契約範疇だ。

前者は駄目だけど後者OKなんて、そんな都合のいい話ってある?

 

繰り返すけど成年被後見人を前提にしているならこの話はそれで良いと思う。

成年被後見人携帯電話の利用契約単独では結べないからね。

だけどもしそうならそうだときちんと書くべき。あまりにも文章が雑すぎる。

 

そうでないとしたら…つまり上記障害を抱えている人々の契約行為に対して一定制限を加えたいというのであれば話は変わってくる。

障害の程度問題を考えれば実際のAV出演契約を結ぶ人は成年被後見人でない人たちの方が圧倒的に多いと思うし、

本文はそういう人たちに対しても契約行為一定制限を加えたいように読めてしまう。

それはやっぱり変だよ。

それをやりたいのならせめて今回のAV対策法のようにAV出演契約定義法律なりで作って、それを当該障害者に対して禁止させるようにするしか無い。

2022-05-14

anond:20220513180540

無職独身男性社会フリーライダーだけど、無能の彼らに無理して働かれても、同僚や上司迷惑するよね。

親になるのに向いてない人が無理やりに子供を作っても、性的虐待したり暴言を吐いたりする毒親になり、

子供破壊して精神障害者にして医療リソースを圧迫する障害年金受給者にしてしまうだけだから

そういうマイナス5兆の親になるよりはフリーライド、貢献ゼロ、のほうがマシなんだよ。

無理やり働かせようとしたり無理やり結婚させたり子作りさせたりする人って、ゼロマイナスよりマシって認識すら持ってなくて正直馬鹿だよね。

2022-05-06

もし中絶禁止になったら、この女性は益々詰む


13歳から性的虐待を受け続け… 乳児殺害、背景は

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL3P4QZHL3PUBQU00D.html

皆はもう、この事件を忘れただろうか。

13歳から義父に性的虐待を受け続け、4度妊娠した女性事件だ。

2度は知人に金を借りるなどしてどうにか中絶したが(何せ、稼いだ金はすべて義父に取られてしまうのだ)、残り2度はどうにも中絶できず、殺害してしまった。1度目の時、彼女はまだ15歳だった。

彼女は、二人殺したとして懲役4年となった。今頃は出所しているだろうか。

手段を尽くして殺害を避けるべきだった」と裁判官は言った。

当然ながら、2度の中絶については罰されていない。

中絶することは彼女にとって罪から逃れる手段でもあったのだ。

もしその上、中絶まで禁じられたら、詰んでる。地獄しかない。


それから思い出したのは、このブログ

中絶選択する理由

https://ameblo.jp/lost-my-love/entry-10149993296.html

レイプされ、中絶選択した女性ブログに書き込まれた見るに耐えない誹謗中傷の数々。

閲覧注意だ。


もう一つ。

こんな体験談を読んだ。

中絶経験があると噂された女子担任含めクラス女子から陰湿いじめを受けていた

実は彼女は、性的虐待被害者だったことをイジメに加担していた語り手は知った

中絶=悪とする考えは、いじめを生み、性被害者を苦しめる

アメリカでは死刑廃止州も増えている。ヴィーガン運動も盛んだ。

犯罪者だろうと動物だろうと殺してはならない、となりつつある国が、中絶禁止に向かうのは自然である

個人的には、死刑肯定して犯罪者シネ叫び、肉食肯定してヴィーガン馬鹿にしながら、中絶を蔑むのもなんだかなと思う

anond:20220506134551

https://jack4afric.exblog.jp/3569863/

日本仏教天台宗真言宗には、古くから稚児灌頂(ちごかんじょう)という秘儀が伝えられていました。

少年たちは10歳前後で、僧院に入って稚児となり、師事する高僧から行儀作法、読み書きなどを教わるのですが、

数え年で13歳くらいになると、灌頂の儀式を受け、正式僧侶の「妻」となったのです。

僧侶は、この灌頂の儀式を受けた稚児しかセックスすることが許されず、儀式を受けていない稚児とのセックスは禁じられていました。

平安時代中期の天台宗の高僧、恵心僧都(けいしんそうず)作と伝えられる、稚児灌頂の儀式の式次第が詳しく記されている

弘児聖教秘伝(こうちごしょうぎょうひでん)には「稚児は灌頂を受けることで観世音菩薩となり、慈悲をもって一切衆生を救う」と書かれてあるそうです。

灌頂を受ける前の稚児は、ただの子供だからセックスはできないが、灌頂を受けたあとの稚児菩薩化身となるので、

信仰対象としての稚児を崇拝し、それと交わることはかまわないということらしいです。

なんか、無理にこじつけているように聞こえます・・・(笑)

上でいう法性花(ほっしょうか)は、稚児肛門を指し、無明火(むみょうか)は、僧侶の陰茎を指します。

しかし、稚児のお尻の穴が開通したことが、なぜ仏性の開顕にもひとしい、我性の開眼になるんですかね。

なぜ宗教児童への性的虐待正当化するのか…

anond:20220506121956

https://www.bbc.com/japanese/45505322

カトリック聖職者1670人が3677人の未成年者に何らかの性的暴行を加えていた。

被害者の大半は少年で、13歳以下が半数を占めている。

https://www.bbc.com/japanese/video-40652134

カトリック教会の少年聖歌隊で約60年間に少なくとも547人の少年虐待され、

一部には性的虐待があったことが、18日に公表された新たな報告書によって明らかになった。

https://www.bbc.com/japanese/35684941

神学校付きチャプレン(聖職者)だったリッズデール司祭1960年代から80年代にかけて、

130件に上る男の子に対する性的虐待を行ったことが分かっている。

13歳以下の少年性的虐待をするのは日本人男性特有のものではないよ。

カトリック神父の傾向でもある。

2022-05-01

月曜日のたわわは、どう見ても女子高生からおっぱい押し付けてるし、痴漢と言うなら女子高生から男に対して性的もの押し付けてるんだけど

なぜか、フェミさんによると未成年女子高生に対する性的虐待らしい。

2022-04-27

anond:20220427091249

ジャニーズ被害者だぞ。ファンの女に実家凸されて郵便物窃盗されたりしてるぞ。

ジャニーズジュニアは学校凸されて盗撮されてるし。

でも一番の搾取ジャニー喜多川による10代前半少年への性的虐待だろうな。

ジャニー喜多川ポジションは、少年を売って稼ぎながら少年虐待できる圧倒的にオイシイポジションなんだよな。

2022-04-26

最近のツイフェミがなぜ負け続けるのかの答えがウメハラの「勝ち続ける意志力」に書かれてた

https://anond.hatelabo.jp/20220426083457

俺の認識は逆だなあ。そういうゲリラ戦続けてくれる間は脅威でもなんでもないかいくらでもどうぞって感じ。




ウメハラは勝つことと勝ち続けることとは違うという。

一回勝つだけであれば「ずるい手」を使えばいい

キャラを使って、相手脆弱性を探り、対策不十分なところに奇襲をかけるようなやり方をとればいい。

伊是名さんのケースが典型例で、リベラルは昔からあいゲリラ的な方法でやってきた。

今回のたわわも同じ。

反論がしにくい公的機関を狙う

・嘘でもいいから大げさに性的虐待痴漢描写があると騒ぎ立て不意打ちのようにいきなり新聞メディア問題を断定的に論じる。

・できる限り一気にSNS拡散されるようにメッセージシンプルにして、理屈よりもインパクトで攻める。

とにかく電撃作戦だ。相手が反撃ができないうちに速攻で致命的打撃を与え、相手からちょっとでも譲歩を引き出したらあとはそれをもとに切り崩す。

反論がきてもゴールポストをずらし続ければ絶対に負けない。

こういう方法最初の一回、あるいは対策されるまでの何回かは有効だ。

後先考えずにたった一回か二回勝つだけならこういう方法でよい。

だが、勝ち続けたいなら、「どっちが正しいか」などというつまらないことを考える前にすべての可能性をひとつずつつぶしていく地道な作業必要

これに対して、ウメハラはそれでは勝ち続けることはできないと断言する。

なぜなら、そういう奇襲戦法は必ず対策されるからだ。

対策されただけで通用しなくなるような一時的な強さに頼っているとすぐに勝てなくなる。

勝ち続けたいならあえて自分の得意技を使わずに戦う訓練をしたり

得意でないスタイル方法論もひとつずつ試していかなければいけない。

都合が悪いところを指摘されたときに耳をふさいだり、向き合うことから荷が足り

自分気持ちいいところだけを練習したり繰り返している奴が勝ち続けることはない。

かにも負けないことと勝つことの違いなんかも語られていて大変面白い本だった。

今はツイフェミアンチフェミもどちらも雑魚プレイヤーしか残っていない

今回のたわわにおけるネッ終わったら面白くないと思った理由も本を読んで理解した。

参加者レベルが低すぎるせいだ。

一回か二回勝てばいいという低い志を持った人間しかいない。

どっちの陣営にも勝ち続けられる人材がいない。

有名なアンチフェミの青識にしたって「負けないだけで勝てるタイプではない」ただの素人領域だ。

どっちの陣営にも勝てる人がいなければ、「勝てなければ負けのツイフェミ」より「負けさえしなければいいアンチフェミ」のほうが有利だ

ツイフェミ自分から喧嘩をふっかけている以上、相手から何らかの譲歩を引き出せなければ負けだ。

いくら自己イメージ正義のために戦ってるつもりでも、

から見れば何の成果も得られないならただ騒音をまき散らしただけの迷惑存在で終わってしまう。

勝たなければいけないのだ。

からこそ、今回の国連の方から来ましたのように発言捏造などの卑怯な手を使うことをためらわない人がでてきてしまう。

これに対してアンチフェミは負けなければいい。相手に勝つ必要がないのだ。自分から攻撃を仕掛けたわけではないからだ。

たまに間抜けアンチフェミから攻撃しかけたらだいたい集中砲火にあって死んでいるが

いわれてみればアンチフェミ界隈の有名人迎撃に特化してる人間ばかりだ。

全然対等の立場の戦いじゃない。

誰も、勝ち続けよう、問題解決しようとはしていないのである

結果として、勝ちを焦って強引な手を使わざるをえないツイフェミは味方のオウンゴールでだいたいつぶれていく。

一方アンチフェミも、負けなければいいという意識の低さのせいで問題解決するつもりも勉強するつもりもない。

結果いくらネット議論しても建設的な話はほとんど出ない。

https://anond.hatelabo.jp/20220426131206  追記した。

2022-04-25

anond:20220424220405

もちろん自分ががいいたいのは「痴漢ではなくて性的虐待もないけど日経が載せた事が悪いって事」だし、

おっぱいおおきいのも第二次性徴という生理的現象の一部で自分ではとめられないのでミラーリング成功

なんならアメリカだとバカ男性おっぱい大きい=売春婦って「なぜか」思われるので巨乳縮小手術する女性がいるよ。

日本にもこっそりやってる人いるんだろうね。乳房縮小術してる病院ってググればいっぱいでてくるし。https://www.seishin-biyou.jp/contents/bust_trouble/breast_reduction/

で?男女問わず全般的に失礼だよね。ああい広告同意ありがとう、ようやくわかってくれたのかな。

どうやら俺は親から子育てにおいてやってはいけないことを軒並みやられてきたがそれ以外の方法を知らない

子育ての悩みについていろんな権威があーでもないこーでもないと好き放題いってくれている。

子供絶対にやってはいけませんというのもある。

振り返ると俺は軒並み親にやられてきている。

やられてないのは多分性的虐待くらいだろうが、それだって記憶が無いとか理解してないだけでやられてきたことはあるかもしれない。

今俺が子供にやってることはほとんどが親から学んだやってはいけないことのようだ。

だがそれ以外のやり方を知らない。

どの歯車を組み替えればいい子育てなるものができるようになるのかさっぱりわからない。

とにかく辛くて苦しい。

こういうのを相談すればフェミ共がマウント取りに来るのもこれまてのパターンだ。

女がどれだけ苦しい思いしてたか思い知ったかと言われる。

更に死にたくなる、消えたくなる、この世にいる意味がわからなくなっていく。

今日子供にやってはいけないのとをしている。昨日も一昨日も。

明日明後日もやるのだろう。

子供も将来自分の伴侶や子供に同じことをするのだろう。

将来に希望がない。

anond:20220424235228

正常な判断力を持つ女子高校生なら絶対にやらないこと(初対面の男性股間に胸を擦り付ける)をやるように育ってしまっているから、その背景にあるのは性的虐待ネグレクトだろうね。

美化されるべきものじゃない。

実在児童でしたら何らかの問題は抱えてるかもしれませんが、ただの理想女の子です。

それなりの背景が語られたり家族との描写などもありましたが、全くそう言うのはありませんでした。

作品としてはラブコメと言うエンタメ性だけで、美化も何もないと思います

ただ楽しめる人が楽しめばよくて、そうじゃない人はスルーで良いだけのよくある漫画です。

母親が「先生私と娘の親子丼さない?」って言うのは明確に性的虐待だし(加害者男性とは限らない)。

「本人が合意してた」「アイツも喜んでた」は加害者が口を揃えて言う言葉だけど。

正常な女性なら絶対にやらないこと、我が子や家族には絶対やらせたくないことをキャラクターやらせてるからね。

仮に実在児童だとしても性的虐待前提で話を進め過ぎだと思います

また作中では現実としては全く出てこない描写ですね。

そうした描写は男のエロ漫画過ぎるしょうもない妄想として、作中男性女の子心配するくだりで出して白い目で見られるか、何考えてんだと自己ツッコミしてネタにするようなところで使われてます

ところでキャラクターにとは?実在児童仮定した話でしたよね?

現実レベルでこうしたツッコミ創作物に入れられるのだとしたら、大抵の創作物が死にますね。

『それ貴方の娘(姉妹でもなんでもいいけど)にさせられます?本人が喜んでるからあ〜!って言うの?大人子供を守る側じゃないの?初対面の男の股間に胸を押し付けたりする子がいたらラッキースケベを喜ぶより前に心配して自分大事にしなさいって言うべきじゃないの?若い子を守ってあげなさいよ』って疑問を抱く人もいるでしょう。

作中男性女性キャラに向かって言ってますね。もっと自分大事しろと。

そしてつい意識してしまうことと葛藤しながらコンプライアンス意識して女性を守るように動いてる、そんな漫画です。

って元エントリーでも書いてますけどね。

でもまあ非実在児童から、もちろん性的搾取でも虐待でもないよ。

非実在児童相手には、犯すとか殴るとか殺すとか、何をやっても性的搾取でも虐待でもない。

当たり前ですね。

そこをごっちゃにされると非実在児童のみならず殺人罪が絶えません。

無茶苦茶です。

仮にと言うことでしたが、仮にでもこうしたただ理想キャラと言うもの実在児童として考えられた意味はよくわかりませんでした。

一種空想科学読本てとこでしょうか。

2022-04-24

anond:20220424163803

仮に実在児童であれば、ね。

  

正常な判断力を持つ女子高校生なら絶対にやらないこと(初対面の男性股間に胸を擦り付ける)をやるように育ってしまっているから、その背景にあるのは性的虐待ネグレクトだろうね。

美化されるべきものじゃない。

  

母親が「先生私と娘の親子丼さない?」って言うのは明確に性的虐待だし(加害者男性とは限らない)。

  

「本人が合意してた」「アイツも喜んでた」は加害者が口を揃えて言う言葉だけど。

  

正常な女性なら絶対にやらないこと、我が子や家族には絶対やらせたくないことをキャラクターやらせてるからね。

  

『それ貴方の娘(姉妹でもなんでもいいけど)にさせられます?本人が喜んでるからあ〜!って言うの?大人子供を守る側じゃないの?初対面の男の股間に胸を押し付けたりする子がいたらラッキースケベを喜ぶより前に心配して自分大事にしなさいって言うべきじゃないの?若い子を守ってあげなさいよ』って疑問を抱く人もいるでしょう。

  

でもまあ非実在児童から、もちろん性的搾取でも虐待でもないよ。

非実在児童相手には、犯すとか殴るとか殺すとか、何をやっても性的搾取でも虐待でもない。

anond:20220424194450

元増田ですが、元エントリーまれましたか

痴漢ではなくて性的虐待もないけど日経が載せた事が悪いって事でしょうか?

もうどう言う日経信者な方なのかよくわからないですが

サラリーウーマンさんが同時に朝立ちチンチン勃起してこまっちゃう男子高校生未成年)見て癒されると言うならそう言う漫画描いて日経に一面広告出すことも全く止めませんし止める権利もありません

しかし胸が大きいと言うことを生理現象ミラーリングしてしまうのはそうした女性にとってとても失礼なことだなとは思いました

anond:20220424163803

男女ミラーにするなら、少女漫画に出てくるやたら長身ですらっとしたイケメン特別美少女というわけではない(設定の)女主人公にやたら興味をもって優しくしてくる、みたいな感じで、

これをもって男性への犯罪助長とか性的虐待とか意味わかんないし、「男性長身であるべしというステレオタイプを促す作品」ともならないだろうし

2022-04-22

月曜日のたわわ問題。 批判している側のゴールポストバージョンアップしていく歴史

先駆者

https://anond.hatelabo.jp/20220417232554

はてな匿名ダイアリーの仕組みは知らないけど少なくとも俺はこの文章について著作権放棄するから勝手にいじってバージョンアップとか添削してくれていいぞ。

たとえば逆陣営からミラーリングまとめやってくれ。ツイフェミから見たオタク側がどう見えてるのかとても興味がある >id:inumashさんよろしく



たわわの広告掲載されたのは4月3日




Ver1.00  一般女性広告の絵だけならまだしもヤンマガメッセージキモい!合わせ技でアウト! 公共の場にはふさわしくない!広告倫理規定違反! 不愉快常識を疑う!」

・この段階では不愉快といってるだけで取り消せとは言ってるのは過激派だけだったのでまぁお気持ち表明としてはアリ。

新聞広告掲載基準違反がない点は弁護士から指摘アリ。

https://www.pressnet.or.jp/outline/advertisement/

Ver1.50 ジェンダークレーマー「ともかく広告掲載は認めん……日経新聞ブランドにかかわるからな…」

日経新聞ブランド(笑)

Ver2.00 ジェンダー広告専門家ハフィントンポストで 「見たくない権利侵害作品に書かれているのは性的虐待肯定!3つのPに違反広告として不適切!」などと主張する

複数弁護士から判例をもとに今回の件で見たくない権利を主張することは不可能と速攻で否定される

作品を読んだ人たちから性的虐待肯定」の内容はなかったことが指摘される。

・のちに、ハフィントンポストは一部記述ステルス修正。 記者勇み足過激表現を使っていたことが判明したが一切謝罪なし。

Ver2.50 ジェンダー広告専門家一般的な法律問題じゃない、アンステレオタイプアライアンス日経新聞の間にある規約問題日経新聞広告規約違反からNG!」

・たとえ私人間の契約でもそのような自主規制制約は許されないのではないか弁護士からの指摘あり

日経新聞側が知らない間に規約不利益変更があったのではないか山田太郎議員などからの指摘あり。

・いまだに規約のどの部分に違反したのかは公開されていない点に疑問ありという指摘あり。

契約問題ならまず内々で解決を目指すべきところをいきなりハフィントンポストに訴えるのは誠実義務違反ではと山田太郎議員などから指摘あり。

Ver3.00 国連ウーメン本部 「日本のアンステレオタイプアライアンス事務局から話は聞かせてもらった。日経新聞規約違反したったことだよね?警告!」

・この段階になっても規約のどの部分に違反があったのか示されていない点が指摘あり。

国連がなぞの根拠外務省あてに警告文を送ってきた件について「内政干渉」「国家権力相当の機関による介入」と山田太郎議員が指摘。

・唯一の正規職員であるアンステレオタイプアライアンス石川所長は外出中で対応できないのに誰が国連に通告したのかが不明と指摘。

・4人のアドバイザのうち1名は広告問題がなかったと主張しているが発言権を封じられるなどガアンステレオタイプアライアンスガバナンスに致命的な問題があると指摘。

Ver4.00 ジェンダークレーマー規約とかどうでもいい!月曜日のたわわは内容がダメなんだから広告批判しないやつは差別主義者!非国民クーパークーパー!」

・内容を根拠にした批判は「表現内容規制」といって超厳重な基準要求されるが、たわわはその基準ではセーフと弁護士からの指摘あり。

キモイという感想作品内容批判はいいけど広告掲載の可否と結びつけるなという妥協点が示されるがジェンダークレーマー拒否

Ver???  ジェンダークレーマー私たち正義!もはや法律など知ったことではない!私たち気持ち理解しない人間個別にしばきあげる!」

作品を読んで感想を述べただけの女性経営者がツイフェミからリンチされるなど、完全に順法精神を投げ捨てる状態に。


その間に現実で起きたやばい事件

園子温現実で力関係を利用した性行為強要をおこなった疑惑報道される

体育教師暴行を行った学校校長女子高生を侍らせて写真を撮ってFacebookにあげまくり

・反ワクチン団体男性中学校2年生に性行為を行い妊娠させる

たわわはともかく、現実男性性犯罪者多いよな。 オタクフェミニストはまずここで共闘できないのか?

前々から指摘されてるけど、オタク絵を取り締まってもそんなに性犯罪減るとは思えないぞ。 

一部例外を除いてオタク現実性犯罪肯定してるの見たことないし、お互いに協力できるはずなんだが。

2022-04-18

やっぱ性的虐待シーンって「読者サービス」なんだな

知念実希人氏が村上春樹小説に出てく未成年女性性的虐待されてるのはどうなんだ!って言っててさ、俺は確信したよね

やっぱみんな、性的虐待シーンはご褒美、読者サービスとして読んでんのかなーって

なんか、刑事ドラマとかでさ、被害者レイプされるシーンとかあってさ、ブラジャーとかがビャっと取り外され乳首おっぱい見えるシーンとか映るわけよ。ひゃああ読者サービス!って興奮したいのを我慢して、いやいそれは折れが邪な目で見てるだけ。犯人による凄惨な性虐待を描いて社会問うているんやここはとかいう顔してみてたけど。やっぱ読者サービスなんや

2022-04-17

anond:20220417171545

政府児童性的虐待の一例に性的行為を見せるを挙げてるんだから個人理由を聞いても仕方ないだろ。

推測だけど過去猟奇殺人犯が親に無理やり見せられてた例が複数あるからダメってことになったんじゃね

2022-04-15

anond:20220415165146

父親の子を6人出産…村中が知っていた30年におよぶ性的虐待加害者は、なぜ捕まらなかったのか | 被害者は「沈黙」なんてしていなかった | クーリエ・ジャポン

最近読んだBLではない本と、関連BL本・関連するがBLではない本。(ネタバレあり)

 けっこういい感じに分厚かったけど、半日没頭して読んでしまった。

流浪の月』(凪良ゆう)

 来月辺りに広瀬すず松坂桃李の主演の映画が公開されるし、TSUTAYAに行けば売れ筋ナンバーワンとしていっぱい平積みされているので、わざわざ私が紹介しなくてもいい気がするが……。

 著者の凪良ゆう先生BL小説家としてデビューした人気作家。数年前からBLレーベル外の小説も書くようになった。『美しい彼』『わたしの美しい庭』『滅びの前のシャングリラ』など著書多数。

あらすじ

 主人公の更紗(さらさ)は、風変わりな両親に愛され、自由奔放で健やかに育っていた。だが、平和な日々は突然瓦解してしまう。天涯孤独となった更紗は伯母の家に預けられたものの、普通の家庭に馴染むことが出来ない。居場所のない彼女放課後、独りきりで公園に行き、ベンチに腰掛け読書をして時間を潰すようになる。

 公園には更紗以外にもう一人、ベンチの常連がいた。更紗の学校の友人達からは「ロリコン」と呼ばれる、痩身の若い男。彼は毎日、暗い目で女児達の姿を追っていた。

 更紗が伯母の家での暮らし限界を感じた夕方、これまで更紗に対して無関心を貫いていた「ロリコン」が彼女に近づいてきて……。


増田感想ネタバレあり)

 ざっくりと言えば、かつてTwitterとかでフルボッコにされた伝説の『幸色のワンルーム』(はくり)みたいなストーリー。傍目には、猥褻目的誘拐犯に性犯罪被害者が懐いてしまストックホルム症候群しか見えないけれど、実は訳ありのお兄さんが虐待を受けている女の子を救い、それをきっかけに強い絆で結ばれ、唯一無二の関係性を築いた二人の物語

 なんか物議を醸しそうな筋書きだけど、今のところ『幸色のワンルーム』のようなボコられ方はされていなさそうだし、これからもそうはならないかもしれない。

 ただ、レビューを見てみると、猫も杓子も作者が読んで欲しいように読んでいるというか、「事実真実とは違うということがわかりました。わたし無理解から他人を傷つけないように気をつけてようと思いました」と多くの人々が判を押したように書いていて、道徳時間小学生じみていて、うすら怖い。一体どうした、みんな真面目か。

 まあそれは置いといて。『幸色―』よりは好意的に受け入れられているっぽいのはたぶん、そもそも挿し絵無しの小説なので、女児可愛い言動性犯罪被害を描いてもそれを「性的消費」目的で書かれたとは思われ難いというのがあるのかなと思う。それに、物語全体のうち、被害者女児誘拐犯の暮らしが書かれた部分はそんなに多くない。それより、更紗が事件以来、15年の歳月をどのように生きてきて、現在はどんな風に暮らしているのかに多くのページが割かれている。そして、更紗が性的虐待を受けている場面や、彼女にとってはしんどいだけの性行為の場面は、心情はリアルに書かれても行為のものは生々しく描写されはしないので、虐待描写オカズ化は防がれている。そういう意味では安心

 未成年略取という犯罪に夢見すぎという批判はあると思う。だがそれも罪を犯した文(ふみ)の内心が吐露される章で緩和されるのかな、たぶん。

 現実にも起こりうる、子供被害に遭う犯罪とその冤罪当事者しか真実は知らないはずなのに憶測が飛び交い、被害者加害者ともにオーバーキルとなるほど晒し者にされ平穏日常生活を奪われ追い詰められること。そういうことを物語ネタとして取り上げることの良し悪し。それについて私自身がどう思うのかといえば、良しとも悪しとも言えないなぁという歯切れの悪いことを言うしかない。

 個人的好き嫌いのことをいえば、センシティブネタほど「逃げの一手」を打たない方が好き。例えば近親相姦もので実は血が繋がっていなかったのでセーフでしたとか、小児性愛者が未成年略取の罪を犯したと思ったら実はそいつ小児性愛者ではなかったのでセーフでしたとかいうのは、何がセーフじゃ甘えんな! もっと業に正面から向き合えと思う。

 『流浪の月』はどうだったかといえば、文は実は小児性愛者ではなかったので、そういうとこは私のあまりきじゃないものの類なんだけれど。だってたぶん多くの読者が「更紗と文にはこれからは静かなところで幸せ暮らして欲しい」とレビューに書いているのって、文が「安全な人」だとわかったからで、もしもまじもんの小児性愛者だったら同じ感想が出るか? っていう。なんていうのか、結局は罪を軽減して世間並に受け入れられるレベルまで物語引き下ろした感が出てしまうというか。それで事実真実は違うよねーと言われてもなって感じがする。

 だが、文がなぜ自らを偽ってまで小児性愛者のふりをしてきたのか、その事情と心情があまりにも切々と書かれていて胸を打たれたので、私の個人的好き嫌いとかどうでもいいかもう、と思い直した。

 事実真実は違う。人それぞれに抱えているものがあって、それを他人が何も知らない癖に常識だのなんだのを笠に着て叩くことが許されようか? 本作のテーマはそんな感じだが、幼い頃の更紗を育んだ家庭や、大人になった更紗に関わる人々などを、更紗が許容するもの・拒絶するものに、そうは言ってもな……とちょっと疑問が残るようになっているところが良いと思った。

 たとえば、母親が無理をせずに幸せであることは大切だとして、更紗は彼女自身母親や、同僚の子持ち女性自由奔放ぶりを許容する。ところが更紗の母親と同僚女性は娘の物分りのよさに甘え、自分恋愛にかまけて娘を放置するという全く同じ行動をする。だが、その結果は大きく異なる。更紗は母親に遺棄されたせいで理不尽辛酸なめることになったが、同僚女性の娘は放置されたものの完全には棄てられず、それが切っ掛けで更紗と文という年の離れた友人に出会い精神的に救われることとなる。同僚女性は更紗と文という協力者を得たお陰で、娘を遺棄せずに自分人生も大切にできたとも言えるかもしれない。同じ事が起きても結果は違う。これを人それぞれと言うか、そんなんただの運だから最初からちゃんとしているに越した事はないと思うか。現実としては、周囲から親にかけられるプレッシャーのお陰で子供が守られているという事も、往々にしてあるが……? などと、ちょっと考え込んでしま余地が読者には与えられている。

 一方で、更紗はDV気質のある恋人の亮のことは、交り合うところが一つもないと拒絶し切り捨ててしまう。亮がなぜDVを止められなくなってしまったのか、その理由を知っていながら、理解共感彼女拒否するのだ。母親が我が子を遺棄することには同情すら示すというのに、DV男はどんな事情があれどもダメであるというアンバランスDV男は許してはならない、そんな奴からは早急に逃げるべきだというのは正しい。ここを違えたら今時の読者には受入れられないのは想像に難くないが、世間へのご機嫌取りとも思えない、あえての偏った描写なのだろうか。と、ここにも悶々と考えさせられる余地がある。

 また、他人無理解によって苦しめられてきた更紗もまた無謬の人という訳でもなく、無邪気な思い込みで発した一言で文を深く傷つけたのに長い間気づかず、文の真実を知らないままであった。それは、読者が安易に更紗と自己を同一視して気分を良くするだけにとどまるのを阻んでいる。更紗が文の真実を知った時、それまで更紗と一緒に被害者意識を持って、解っていない人々を糾弾出来る立場にいたはずの我々は、自分達が解っていない人々と同じ穴の狢であることに気付かされ、ショックを受けるのだ。

 後半、読者目線では余裕で予想できる破滅的な結末に向けて、更紗と文が善意ちょっとした人としての良識を発揮したせいで転がり落ちてゆくところは、はらはらしてつい目が離せなかった。それはダメだ、善意でもやったらいけないやつだと、更紗達を批判することを、圧巻の心理描写妨害してくる。簡単に教訓を得ていい気分になって読み終えることを許してはくれない。それがこの小説のすごい所なのかなと思う。

 にも関わらず、レビュー者が判を押したように教訓を得た事ばかりを書くのは、この小説安易共感を読者に許さない、熟考を強いてくるからなのかもと私は思った。そう易々とは自分意見を書くことが出来ないから、かえってテンプレみたいな感想を書いてお茶を濁すことになるのだ。


さて、以下は凪良ゆう先生BL作品の紹介と、『流浪の月』とテーマが似ていると思う作品とかの紹介。

『美しい彼』(凪良ゆう)※BL小説

 主人公平良吃音を持っているせいで上手く喋ることができず、学校生活の中ではスクールカースト底辺に追いやられていた。両親に心配をかけることを畏れた平良は、イジメターゲットにならないように極力目立たぬよう、息をひそめて暮らしている。

 そんな平良は、高校二年の新学期、同じクラスになった清居(きよい)に一目惚れをしてしまう。清居はスクールカーストの頂点に君臨し、陽キャの面々に一目置かれながらも孤高にマイペースを貫く、まさに王者である。そんな清居とそのしもべ達から奴隷のようにこき遣われる平良だったが、清居が気まぐれに差し伸べる暴力的な救いの手や、逆境ものともしない凛とした姿勢に心酔する。やがて平良は、清居の一兵卒から立派なストーカーへと進化していくのだった……。

 凪良ゆう先生BL小説のなかでたぶん最も人気のあるシリーズであるイジメ被害者加害者カップリング主人公平良と、平良に惚れられた清居、それぞれの視点によって相手人間性共通体験についての見方ががらりと変わる。事実真実は違うとはまさにこのこと。

『にいちゃん』(はらだ)※BL漫画

 幼い頃、近所に住む「にいちゃん」に遊んでもらっていた、ゆい。彼はにいちゃんのことが大好きだった。ところがある日、にいちゃんが奇妙な遊びに誘ってきた。怖くなったゆいは、にいちゃんの部屋から逃げ出した。そこへゆいの母親鉢合わせたことにより、にいちゃん逮捕されてしまう。

 数年後。高校生になっても、ゆいはにいちゃんのことが忘れられず、親には内緒でにいちゃん行方を探していた。そして遂ににいちゃんと再会を果たしたゆいだったが、にいちゃんはゆいを怨んでいた。にいちゃんはゆいを拘束して動画を取り、それを脅迫材料として、ゆいを呼び出し、苛烈性的虐待を加えるのだった。


 ほんもの小児性愛者でしか性犯罪者の大人と、ストックホルム症候群高校生のカップリング虐待描写があまりにも凄惨で心を折ってくるので、性描写ゴリゴリにあるが抜けないエロ本みたいなことになっている。ヤバい奴に雁字搦めにされてしまった状況での愛は偽りなのかもしれないが、渦中にある本人にとっては本物に見える。その様を綺麗事なしに描写した怪作である


『私の男』桜庭一樹

 腐野花(くさりの はな)は、恋人との結婚をもって養父の腐野淳吾の手を離れることになった。花は幼いうちからまだ年若い養父性的関係を持ち、そしてもう一つ、誰にも言えない秘密を淳吾と共有していた。

 そんな花と淳吾の暮らしを、時の流れとは逆順に、章ごとに語り手を変えつつ描いた物語最後には花と淳吾の真の関係性が明かされる。

 はたからみれば養父から性的虐待を受ける女児物語だが、やはりこれも事実真実は違う系。ところが真実事実よりもどろどろとしていて、なのに純心であり耽美でもあるが、物凄い業の深さでもある。

 第1章が花と淳吾の別れの話で、それから章ごとに時を遡っていき、最終章家族を亡くして孤児になった花が淳吾と出会い養子になるところで終わる。

 私は初読の時に、まるでハッピーエンドのように終わるなぁと思ったのだが、再読したら別にハッピーエンドには思えなかったのは何故なんだ。もう一度読めってことかな、ハハッ。

 映画にもなっているのだが、映画版はまるで小さな悪女・花に淳吾が狂わされ搾り滓にされたみたいなラストだったから、あまりきじゃないな。


『つみびと』(山田詠美

 酷暑真夏若い母親は幼い子供達を部屋に置き去りにし、餓死させた。懲役30年の実刑判決を受けた母親を、世間の人々は好き勝手糾弾する。一体、母親は何故、愛していたはずの子供達を死に追いやってしまったのか? 母親自身の生い立ち、彼女祖母の代から続く凄絶な負の連鎖とは……。

 小説しか描けない現実があるとして、実際に起こった事件モチーフに書かれたフィクション小説である

 児童虐待と、世間の人々が助けたいとは思わないタイプ社会的弱者物語。著者の山田詠美先生自由女性恋愛小説を書く一方で、昔から社会の最下層にひっそりと生きる人々の事も書いてきた。中でもこれはすごい作品

 山田先生作品にしては珍しく、リベラル無責任で冷酷な一面が批判的に描写されている。

2022-04-08

anond:20220408004902

でも極論、娘に性的虐待する父親かにはみんなキモいって言うし、咎めたりしないよね?

anond:20220407102502

でも極論、娘に性的虐待する父親かにはみんなキモいって言うし、咎めたりしないよね?

2022-04-01

>かつては新聞紙上でも戦前は溢れんばかりに決闘報道が行われており、イギリスの『タイムズ』紙は1831年から1895年8月までに805の決闘報道している。が第一次大戦は大量殺戮戦となり、決闘文化は衰退し、戦後は死者が出たり、よほど特殊決闘でない限りほとんど報道されなくなっている

決闘19世紀後半以降は大半の国で禁止されている

 

ウィル・スミス事件は平手打ちだったが、メディアのはやし立ては変わっておらず、現代決闘は同情票の多少で勝敗を決めるがごとくだ

しかダニエル・デフォーウォルターリップマン存在組織的言論操作可能であることを示しているし、イギリスのタヴィストック人間関係研究所ロックフェラー系)などの関与も考えられなくはない

さておきクリス・ロック擁護すれば差別ジョーク助長されかねないが、あのジョーク差別解消という公共の福祉に反する罪にあたるだろうか

一方「将来起こりうる危険リスク判断」は行政議会研究所役割で、司法は「具体的な被害実態」や数字がなければリスク判断をしない

昔は「カトリック神父」が倫理を説いて被害リスクを低減しようとしていた(ただ性的虐待農地独占などの腐敗はあったらしい)

ユダヤプロテスタント」が復権聖書原理主義になってから善悪判断法律に基づき法曹が行うようになったものの、魔女裁判や四番崩れが発生した(ポピュリズム行政司法

法曹官吏はたいがい法律成立過程にも関わっていようもの

 

さて日本国憲法などは官吏裁判官地位を相当に保護しているが、それが正しいだろうか

また、司法権という武器を持つ法曹は、法律を作る議員になれる「文民であると言えるだろうか

四番崩れを合憲化しうる、独立憲法裁判所をもたない司法制度は正しいだろうか

 

主権たる人民合意形成過程操作するため、騒動を引いて見る人(斜めではない)

2022-03-31

資料から児童ポルノ言い訳擁護にはならない、凶悪後ろ弾である

児童ポルノを輸入した漫画家有罪判決が出た。

これに対し逮捕当時から資料用だろう」などという擁護の声が上がっていたが

これは擁護にはならない。それどころか二次元表現存在を揺るがす深刻な後ろ弾である

(今回のケースでは当人がそのような言い訳したことは一切ない)

児童ポルノ規制される理由

そもそも何故児童ポルノ違法となるのか、それが分かってないからこうした手合が湧いてくるのだろう。

二次元規制したい向きにもよく見られる勘違いだが、児童ポルノ規制されるのは決して小児性愛者の欲望気持ちいからではない。

児童保護するためである

同意なく裸を撮影するのが児童に対する搾取であり虐待からである

その映像が公開されるのが児童に対する搾取であり虐待からである

そして児童には自分意思でそれに同意するだけの知識判断力がないかである

最近であれば成人年齢の引き下げによるAV出演問題性交同意年齢の議論と隣接したものである

児童ポルノ存在を認めたいならば子供に十分な判断能力を認めるか、性的虐待肯定するしかない。

そういう性質のものである

児童ポルノ二次元作品資料になれば事態はより深刻である

児童の裸を撮影するのは虐待である

その映像虐待の記録であり、その映像が出回ることそのもの虐待である

であれば必然その映像を元に絵を描くことも、描かれた絵も虐待である

これは実際に過去に例がある。

https://www.asahi.com/articles/ASN1Y6V2SN1YUTIL03X.html

本当に資料であったなら該当の漫画発禁にすべきだし、場合によっては購入者児童ポルノ単純所持ということにもなるだろう。

逮捕当時もちゃんとこの指摘は出てた

良かった

https://togetter.com/li/1819253

余談

今回のケースには当てはまらないし、どのような状況であれ国内違法場合逮捕有罪になることに異論はないが、

逮捕当時情報錯綜し様々なデマが乱れ飛んだ。

その一つが、ドイツでは合法な品だった。というものである

今は国際的統一されつつあるようだが、児童基準が国によって違うことはある。

性交同意年齢だって日本は低すぎるといった形で話題になった。

逮捕有罪異論はないが、現地では合法であったならば心証は違うなとは思った。

実際にはドイツでも違法から無意味な話なのだが。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん