「UI」を含む日記 RSS

はてなキーワード: UIとは

2018-02-25

anond:20180225232910

日記と題されたサービスではあるが、トラバ機能による絡み合いをメインコンテンツとしようとしているのは言及先がワンクリックで展開できるUIが追加されたこからも明らかであり、はてな開発陣はここを対話プラットフォームととらえているのだろう。

そういう状況で、わざわざトラバ飛ばしほかの人の「日記」に言及するのならば言及元の議論に参加したといってもよいでしょう。

チカイケ秀夫さんの文章添削する

チカイケ秀夫さんの文章話題になっていたので、添削してみる。

改善案も良い文章ではないが、少なくとも意味が通る文章にはなっていると思う。

というか、自分も作文が得意ではないので、トレーニング代わりに添削した。

今も「UI/UX」の議論が増えていますが、日本人が好きな表面的な手法からそもそもの深い部分の議論になっているのは、すごい良いと思っています。  


今も…冒頭に副助詞「も」があらわれ、混乱させられる。「今も」ということは、「UI/UX議論」が以前から続いており、今も議論が盛んであるという主張が読み取れるが、「UI/UX議論が以前から続いている」という文脈自明ではない。少なくとも、同じ文章中で文脈を共有していなければ、「も」は使うべきではない。

増えていますが…接続詞「が」を順接の意味で使っているため、やはり混乱させられる。「が」には逆説の意味もある。そのため、「が」を逆説と捉え、「増えている」ことに対する否定的な内容を想定した読者は、ずっこける。

すごい良い…「すごい」も「良い」も形容詞であるため、書き言葉としては好ましくない。「すごい」を副詞に置き換え、「すごく良い」ならば許容できる。なお、好みの範囲ではあるが、くだけた文体でなければ「すごい」の使用は避けて「とても」や「非常に」などを使う方がベター

と思っています…「すごい良い」は筆者の主観なので「思っています」は自明。使わなくてよい。

改善案

今、「UI/UX」の議論が盛んに行われています

日本人が好きな表面的な手法からそもそも本質的な部分へと議論が深まっているのは、とても良いことです。

特にIT業界が「UI/UX」が盛んに見えますが、そもそも議論が「アプリ」「WEB」に限定されており、狭義の議論になっているので、本質的な話をしないとこの問題解決できないと思っています



IT業界が「UI/UX」が…格助詞「が」が連続して使われ、読みにくい。

見えますが…この「が」は逆説として機能しているが、前の文章に対して問題を提起する文章であるから、文頭に逆接の表現を置かないと、不意打ちの印象を受ける。

この問題…「この問題」が何を指すのか不明瞭。「アプリ」「WEB」における「UI/UX」の問題なのか、狭義の議論が行われていることの問題なのか。

改善案

一方で、特に議論が盛んなIT業界においては、「UI/UX」は「アプリ」「WEB」についての話に限定され、議論の幅が狭くなっています

本質的な話に立ち返らなければ、個別問題解決できないでしょう。

私自身も以前はカスタマージャーニーなどもやっておりましたが、マツモトキヨシロゴデザインをしたデザイナー小谷中さんと、地元千葉で縁があり一緒に仕事をさせていただいた時に、施設パンフレットデザインを見せた際に言われた、『現場に行ったみた?』 が今でも忘れられない一言です。


カスタマージャーニーなどもやっておりましたが…カスタマージャーニーなどをやることが「狭義の議論」に拘泥することだと読み取れるが、筆者にとって自明のことも、はっきりと文章中で言及する方がよい。そうしないと、本文の趣旨から外れる部分でつまずく、あるいは噛みつく読者(例:「カスタマージャーニーって?」「いや、カスタマージャーニー本質に関わるだろ」など) があらわれる。

やっておりましたが…順接。

地元千葉書き言葉としては「地元である千葉」とした方がよい。また、「地元千葉という同郷のよしみで仕事をすることになったのか」「単に筆者の地元である千葉で一緒に仕事をした」のか不明瞭。

現場に行ったみた?』…タイトルにもなっている、本文のキモであるしかし、「カスタマージャーニーなどやっていた」「マツモトキヨシロゴデザインを手がけた小谷中さん」「縁があって一緒に仕事をした」など新しい情報が詰め込まれた一文に埋もれてしまっている。太字の決め台詞タイプミスしているのも勿体ない。

今でも忘れられない一言…忘れられないのみならず、この一言UX本質を突くものだと明記しないと、のちの文章で面喰う。

改善案

はいえ、私自身もカスタマージャーニーなど細かい手法論に囚われた時期がありました。

そんな私に、UX本質を気づかせてくれたのは、デザイナーである小谷中さん(マツモトキヨシロゴデザインを手がけた)でした。

以前、縁があって地元千葉で一緒に仕事をさせていただいたとき施設パンフレットデザインを見た小谷中さんは私に向かって、次のように言いました。

現場に行ってみた?』

まさに、UX本質を突く一言でした。

デザイナー小谷中さんは、マツモトキヨシハウスデザイナーとして、1951年ロゴ制作(VI)などをしておりましたが、当時はUX言葉はあるわけではないです。



デザイナー小谷中さん…「デザイナー」は既出

マツモトキヨシハウスデザイナーとして…ほぼ既出

1951年ロゴ制作(VI)など…やはり、ほぼ既出。なので、小谷中さん初登場時に付加情報としてまとめるか、当時から色々と活躍していたということを強調できる形に変えた方がよい。

UX言葉…ここに至って、読者は前述の『現場に行ってみた?』がUXにまつわる言葉であると把握できる。なので予め、前の文章UX本質を突く一言だと明示する方がよい。また、「UX言葉」が「UXにまつわる議論」なのか「UXという用語」なのか不明瞭。

UX言葉はあるわけではない…「わけではない」は特殊事情、状況、理由がないということを表す。「当時」は「UX言葉」がない状況が一般的だったと想像できるので、「わけではない」よりも「ない」と言い切ってしまった方が読みやすい。

改善案

小谷中さんは、当時、マツモトキヨシデザイナーとして活躍しており、UXという言葉流行る以前からUX本質を見抜いていたのです。

施設パンフレットが並んでいる場所に行って、どのようにパンフレットが並んで、もちろん1つだけではないので、複数並んだ時に、どう見えるのか、目に止まり、手にとって見てもらうために、こういう表紙のデザインが良いなど、現場に行って考えている事です。


場所に行って―中略―目に止まり、手にとって見てもらう…場所に行くのはデザイナーである。目に留まるのはユーザーである。手に取って見てもらうのはパンフレット、またはそう仕向けるデザイナーである主語を明示しない、ひとつながりの長い文章となっているため読みにくい。

考えている事です…非常に厄介。「考えている」とあわさって、「事」が指すものをどう捉えるか。「現場に行ってみるとはどういうことか」ということ、あるいは「小谷中さんが実際に施設に行って考えていた」ことのどちらかを表現したいと思われる。

改善案

小谷中さんがいう「現場に行ってみた?」とは、つまりデザインを、現場視点で考えたかということ。

施設パンフレットであれば、実際にどう並ぶのかを直接、目で確かめる。

複数並ぶパンフレットを見て、ユーザー目線意識しながら、目をひき、手に取ってもらえるような表紙のデザインを考えるということなのです。


米国の有名なデザインコンサルタント会社IDEO」が、地下鉄の駅にある自動販売機の売り上げをアップして欲しいと依頼されたときに最終的には、『自販機の上に時計を置く』と提案で、実際に売上、顧客問題解決しました。



IDEO」が…「小谷中さんの話」から、「IDEOの話」へと切り替わる文章である。ここで重要なのはIDEO」ではなく、あくまで「IDEOソリューション」なので、「が」ではなく「は」の方が自然な響きとなる。

例:「IDEO」は倒産した。→倒産したこと重要情報 「IDEO」が倒産した。→「IDEO」が重要情報

提案で…「という提案で」または「と提案して」

売上、顧客問題…売上の問題顧客問題に含まれる。「顧客問題」とのみ書けばいい。あるいは別の形のソリューション区別するために「売上を増やし、顧客問題解決」と書く。

改善案

米国の有名なデザインコンサルタント会社IDEO」は、地下鉄の駅にある自動販売機の売り上げをアップして欲しいと顧客に依頼された際、『自販機の上に時計を置く』と提案して、実際に売上を増やしました。

このソリューションも、IDEOスタッフ地下鉄の駅で、自販機で買う人 (あるいは買わない人) の行動をとにかく、ただひたすら、観察し続けた結果からまれものです。


まれた…一般的に「産」は出産など、生命の発生に使われる。「利益を産む」とは書かないように、ソリューションも「生む」と書く方が自然。ただ、「ソリューションは産むものだ!」とこだわりがあるなら別。

改善案

特になし

今の狭義のUIUXなら、クライアントの売上を上げたい課題に対して、ディスプレイをどうしよう、ボタンの配置をどうしようなどの話になると思いますが、IDEOソリューションは、現場ユーザーの観察(行動)からまれものです。



改善案

今の、狭義のUI/UX議論では、売上を上げたいというクライアント課題に対して、ディスプレイをどうするか、ボタンの配置をどうするかなどの話になるでしょう。

一方、IDEOソリューションは、現場ユーザーの観察(行動)からまれものです。

ブランディング立場で言うと『ユーザーの顔』が見えない事です。本質的には『ユーザー笑顔になっているか』です。


本文中、最もAIっぽいというか、言葉が足りなくて何を言いたいのか分からない部分。

この2つの文はどういう繋がりになっているのか、言葉に間違いはないか、不足はないか、誰か教えてください。

改善案勝手な推測に基づく)

ブランディング立場からすると『ユーザーの顔』が見えなければまずい。

UX/UI議論とは、本質的には『ユーザー笑顔になっているか』を考えるということです。

企業都合で話が進んでいて、アプリ/WEB制作が前提ではなく、『ユーザー笑顔になる』体験を一番に考えるなら、時にはアプリ制作をやめて、他に予算をかけるなどができることです。



は?

改善案

企業都合で話が進んでいるとしても、アプリ/WEB制作を前提とせず、『ユーザー笑顔になる』体験を一番に考えるなら、ときにはアプリ制作から離れ、他の施策予算をかけることもできるでしょう。

今のCDO(最高デザイン責任者)の議論も、IDEOのような提案ができるかです。もっと言うと、これからCDO(最高デジタル責任者)が本流となります



ふーん

今のIT業界UI/UXは、アプリ/WEBサイト議論で「IT革命」に並ぶ、これからデジタル革命』の流れでは、WEB/リアル関係なく『UX=すべての顧客体験』を、制作会社UXデザイナーは、考えないといけなくなります



今のIT業界UI/UXは、―中略―制作会社UXデザイナーは…主述が迷子

改善案

今のIT業界においてUI/UXを考える場合、「IT革命」に並ぶこれからの「デジタル革命」の流れでは、WEBリアルの垣根を越えて、「UX=すべての顧客体験」ということを、制作会社UXデザイナーは突き詰めるべきです。


おわりに

チカイケさんは単に文章を書くのが苦手なだけかもしれない。

より問題の根が深いのは「チカイケさんの文章全然OKと思う人」だろう。

読める文章と読めない文章区別がつかないということは、全て雰囲気で読解しているということだろう。

「まあ、なんとなく言いたいことわかった」みたいな。

論理を重視し厳密に書かれた文章、あるいは誰にでも分かるように平易に書かれた文章も、おなじように我流の読みで解釈するのだろう。

そういう人々と仕事で一緒になると、地獄を見る。

自分同類にならないよう、読み書きの努力を重ねたい。

マツモトキヨシのアレ

標題エントリ文法あやしいということで前半だけ読んでみた。

難解な文章だったため、自分の中で文章を書き換えながら読む必要があった。

以下、自分がどう読みなおしたかを書く。

今も「UI/UX」の議論が増えていますが、日本人が好きな表面的な手法からそもそもの深い部分の議論になっているのは、すごい良いと思っています

今、「UI/UX」の議論が盛んである。これまではUI/UXの表面的な手法について議論されることが多かったが、今ではUI/UX本質的な部分に関する議論が多くなっている。

特にIT業界が「UI/UX」が盛んに見えますが、そもそも議論が「アプリ」「WEB」に限定されており、狭義の議論になっているので、本質的な話をしないとこの問題解決できないと思っています

しかしながら、IT業界においては議論対象アプリWEB限定されており、狭義のUI/UXに関する議論になっている。UI/UX本質的な部分に関する議論をしないと問題解決することはできない。

→「問題」というのが何のことを指しているのかわからなかった。

私自身も以前はカスタマージャーニーなどもやっておりましたが、マツモトキヨシロゴデザインをしたデザイナー小谷中さんと、地元千葉で縁があり一緒に仕事をさせていただいた時に、施設パンフレットデザインを見せた際に言われた、『現場に行ったみた?』 が今でも忘れられない一言です。

マツモトキヨシロゴデザインをしたデザイナー小谷中さんと、地元千葉で一緒に仕事をしたときに、施設パンフレットデザインを見せた。そのときに言われた「現場に言ってみた?」という一言が今でも忘れられない。

デザイナー小谷中さんは、マツモトキヨシハウスデザイナーとして、1951年ロゴ制作(VI)などをしておりましたが、当時はUX言葉はあるわけではないです。

デザイナー小谷中さんはマツモトキヨシハウスデザイナーとして1951年ロゴ制作などをしていたが、当時、「UX」という言葉はなかった。

施設パンフレットが並んでいる場所に行って、どのようにパンフレットが並んで、もちろん1つだけではないので、複数並んだ時に、どう見えるのか、目に止まり、手にとって見てもらうために、こういう表紙のデザインが良いなど、現場に行って考えている事です。

パンフレットがどのように並び、どう見えるのか」「パンフレットが来訪者の目に止まり、手にとってもらうにはどのような表紙デザインが良いのか」といったことを、実際にパンフレットが並ぶ場所に行って考えることが大切だ。

米国の有名なデザインコンサルタント会社IDEO」が、地下鉄の駅にある自動販売機の売り上げをアップして欲しいと依頼されたときに最終的には、『自販機の上に時計を置く』と提案で、実際に売上、顧客問題解決しました。

米国の有名なデザインコンサルタント会社IDEO」は、顧客からの「地下鉄の駅にある自動販売機の売上をアップしてほしい」という依頼に対して、「自動販売機の上に時計を置く」ことを提案した。この提案によって、顧客問題解決した。

ここまで読んで疲れたため読むのをやめた。以上。

2018-02-24

ユーザー数多いサービスがクソUIだった時

絶望的になる

 

アプリ系、ゲーム系は割と頑張ってるんだけど

ソフト会社PC系になるとどうしてここまでクソ化するのかまるでわからない

2018-02-20

数学質問:頭のいいひとちょっと教えてください

http://or2.mobi/index.php?mode=image&file=194833.png

これの青枠の部分が意味が分からないんですが、なんで式の中に不等号が混ざってるの?

Uiく0ってどういう意味???

どうやら以下の式と同等らしいが、数学表現がわからない。

http://or2.mobi/index.php?mode=image&file=194834.png

こういうのって何を勉強したら理解できるようになりますか?

2018-02-19

リマインダーツールで良いの教えて

全然IT関係じゃないからわからないんだけど、ちょっと発達入ってるので日程とか簡単無視するしやばいなーと思ってる

wunderlistってのが良いと聞いたんだけどMSに買収されてたよね

将来性がなくてつらいなと思ったからべつのを探す旅に出てます

やりたいこと

基本的には手帳スケジュール管理しているのですが、なんだかんだ言って通知されないとすぐに忘れるしやらない

からせめて何処の環境でも使い続けられるリマインダーが欲しい

あと、ゲーム仲間と旅行計画立てる際にそういうの活用できないかなーと思ってる

ふわっとしてるよね

GoogleKeep
Todoist
MSTodo

Trello

色々迷ってるけど、MSTodoはそこそこUIがいいので使ってみようかなと思ってます

何かおすすめのやつや使い方あったら教えてください

anond:20180218224215

「はぎゅう」もあながち間違いではない

https://ejje.weblio.jp/content/%E7%BE%BD%E7%94%9F

羽生 うい

女性名Ui

羽生 うず

女性名) Uzu

羽生 うもう

(姓) Umou

羽生 にわ

(姓) Niwa

羽生 はい

(姓) Haiku

羽生 はう

(姓) Hau

羽生 はお

(姓) Hao

羽生 はおう

(姓) Haou

羽生 はぎゅう

(姓) Hagyuu

羽生 はしゅう

(姓) Hashuu

羽生 はしょう

(姓) Hashou

羽生 はせ

(姓) Hase

羽生 はにう

(姓) Haniu

羽生 はにゅ

(姓) Hanyu

羽生 はにゅう

地名、姓) Hanyuu

羽生にゆ

地名、姓) Haniyuu

羽生 はにょう

(姓) Hanyou

羽生 はねう

(姓) Haneu

羽生 はねお

(姓) Haneo

羽生 はぶ

(姓) Habu

羽生 はも

(姓) Hamo

羽生りょう

(姓) Haryou

羽生 ばう

女性名) Bau

2018-02-14

クソUI

ツイート自作マンガリンク先がpixivにある事があるが、いつも思うんだが本編見るまでに

新規ウインドウが2枚も開く仕様はどう考えても頭が悪いしか思えない。

どうでも良い機能ばかり増えていて、こう言う根本的な所を見直さないのはどこかと一緒だなと。

2018-02-13

漫画村は海賊版サイト所以外好きかも

現物を見ないわけには何も言えないと思い、自宅で単行本を揃えているものの中から一冊を選んで読んで見る。

超便利。

まず縦スクロール!これ超便利。

左右のスクロールは、携帯ブラウザで観ると高確率で前のページに戻ってしまうんですね。でも縦スクロールはそれがない。

それから巻の表紙がサムネイルで表示されている。

これも見やすい!

いろんな漫画レンタルサイト(有料)で一覧を見ても、表紙をプレビュー表示してるサイトってあまりみかけませんよね。タイトルばかりで。

普通にUIがいい。

検索サジェストも優秀。ひらがなで読み仮名を入れた瞬間タイトルが表示される。便利。

そして何より無料にもかかわらず複数出版社の本が読める。

これが一番便利。

有料サイトでは複数出版社が読めるのは当たり前です(Kindleとか)。

無料アプリだと各社が出している漫画アプリが精一杯じゃないでしょうか?

でも各社が出すってとても面倒ですよね?だって携帯に主要3社+α分のアプリを入れなきゃいけないもん。

“一個にまとまってる”

UIがいい”

これだけで無料ということを差し引いても1番使いたいサイトでした。

出版社はここ買い取って共同経営にしてくれませんか?ほんとに……!

P.S.

一個にまとまってるのは最高です。

アニメを全てニコニコで済ませ、最近Tポイント以外のポイント認知できなくなった身として、企業独自でやってることほどどうでもいいことはありません。

サンマルクカフェポイントカード廃止した瞬間、その会社独自ポイントカードは何も信じなくなりました。

ポイントカードが1番マイナンバーを導入してほしい……Tポイント銀行ポイントみたいに独自レートで一個のポイントを集めたい……!

多分近年の転載問題、どの媒体でもこの一個にまとめるって観点から見れると私は思うんだ。

anond:20180213002945

huaweiびみょうだよおおおお

なんだあのUI拡張

昔の日本メーカーPCみたいなことしやがって

2018-02-12

論文管理したり読んだりする方法

EndnoteEvernote、Mendeley、Papersあたりだろうか。

論文を読むというのが特殊技能になってしまっていて、一般的なところまでいっていないし、

管理する方法についても人間が頑張らないといけない。

論文を探すのはgoogle scholarか、ジャーナルサイトくらいしかない。

UI/UXを言っている人も、論文をわかりやすく人に伝えるように変換するとか、

ディープラーニング使って論文を人に理解やすくするとか、

なにかしらかイノベーションおこらないものだろうか

UIをかえたがる奴って頭に蛆でもわいてるんだろうか

なんでこうあちこちサイトUIがころっころ変わるのかと不思議におもっていたがようやくわかった

誰かの暇つぶしにでもなればいいなと適当に作って置いてたゲームにすらUI変更を提案してくるトンチキがいた

邪魔にならないように、必要機能はまとまるようにとできるだけ最小限にしているのに「これじゃ地味だよ」と謎の自信

お前の提案一個うけたら全部書きなおさなあかんわからんのかこのボケナス。だいたい目チカチカすんのやそれ

そんなにUI作りたいなら一人でrainmeterスキンでもこしらえとれや

2018-02-08

anond:20180208143535

女だけど昔から2chが一番居心地がいい場所だった。

認知特性言語から文字を読むのが好きだし、何より匿名なのが素晴らしい。

5chになった今でも見てるけど私が見ている板は極端に人が減った。

人が多く集まってるツイッターなども見るけど、やっぱり匿名で色々意見を言ったり忌憚なく何かを書いたりするのが一番いい。

性に合ってる。


増田の一番いいところは匿名なところ。次に人がそこそこいるところ。

そんな訳で何年も前から増田住民だわ。

バズった記事は多くの人に読んでもらえるし、多方面から意見が貰える。

そういう部分は男女関係ないと思うけど・・・

ダサいか否か」なんて気にしてサービス使ってる人間なんてほぼいない気がする。

自分に向いてるか否か」が全てでは?


罵詈雑言や酷い下ネタなどは怖いというかスルー対象。目にも入らん。

そのへんスルーできない人だったら男でもこんなところ見ないと思う。


同人女がどうのって話が出てるけど、同人やってるような人間そもそもITリテラシーが高い人が多い(男女関係なく)。

デジタル漫画描いて投稿したり入稿したり、好きなものについて調べたり共有したり・・・嫌でもスキルが上がる。

増田UIが多少アレでも記事投稿するくらいは問題なく出来るに決まってる。

Gamewithが憎い

Gamewithが憎い。

私は昨年リリースされた某人気ソーシャルゲーム攻略ブログ運営している。

そのアプリの元作品が大好きなことから自意識過剰かもしれないが熱量知識量では日本でもトップクラスだと思っている。

Gamewithは、昨年上場を果たしたゲーム攻略サイト大手だ。

おそらくソーシャルゲームアプリ検索したら、アプリによっては公式を超えてトップに表示されるレベルで、Googleから評価が高い。

攻略ブログ運営している私にとってGamewithはもちろんライバルになる。

私のブログはGamewithにとっては吹けば飛ぶような規模だが、それでも人によっては私のブログ情報を優先してくれることが多いレベルになってきた。

そして、日々アプリ勉強をすればするほど、Gamewithの情報杜撰さに腹が立っている。

負け犬の遠吠えかもしれないが、ここで吐き出させて欲しい。



Gamewithが憎い。

明らかにゲームプレイしていないようなライターが書いた情報が憎い。

絶っっっっ対に○○○○では攻略不可能キャラクターを「○○○○を使えば可能性が見えてくる」などと偉そうな文体で公開している。

私は実際に検証を行い、実際に攻略可能キャラクターピックアップ掲載しているが、これに負けているかと思うと頭を抱えたくなる。

どうやらゲーム攻略サイト業界は、いい加減でも攻略記事を書いたもの勝ちで、攻略情報事実がそうでないかはさほど重要ではないらしい。



Gamewithが憎い。

私の攻略記事を丸パクリして掲載している行為が憎い。

私がある攻略情報発見し、これは喜んでもらえるだろうと思い書いた記事が、その後に速攻でGamewithにパクられた。

Gamewithも発見したのなら何も文句はないが、それを引き起こすための条件やら何やらがすべて私の記事と一緒だった。

(別の条件だと再現できるか分からいからすべて真似たものだと思われる。普通は被らない。)

しかもGamewithの管理画面らしきものから、私の攻略ブログのその記事に対するアクセス確認されたこから、私の記事意識してパクったことは99%確実だと思われる。

しかし誰もパクリ情報など疑うことなく、むしろGamewithを称賛する声が多かった。

Gamewithの圧倒的知名度の前では、最先端情報を公開してもそれをGamewithが取り扱えば、むしろこちらがパクった側になるらしい。



Gamewithが憎い。

Google評価を盾に、UIの糞さを誤魔化している行為が憎い。

あるツールで、絶対整数しか入力し得ないフォームで、普通に[input type="text"]などを使用している。

それiOSとかで入力すると数値入力モードにならないけど、ツール開発者は実際に自分ツール活用しようと思ったことがあるのか。

それとも[input type="number"]も知らないのか。

私の開発したツールは、少なくともGamewithと比較したら絶対に使い勝手が良いと自負しているか、もちろん検索順位は負けている。

Gamewithの圧倒的知名度の前では、UIの快適さなど、さほど重要ではないらしい。



Gamewithが憎い。

そんなGamewithを過大評価しているGoogleも憎い。

アプリ名 攻略」などで1位はまだしも、アプリ単体名で公式よりもGamewithが上に来るのは正しい評価なのか。

関係のない話だが、私は戦国時代が好きで、織田信長について調べようと「信長」と入力したら、Gamewithのモンスト信長)が2位に来た時はブチ切れそうになった。




以上、負け犬の遠吠えでした。

2018-02-07

anond:20180207180424

Amazonでさえその程度のものしか作れないんだから資金技術もない出版社もっと良いUIサービスなんて作れるわけないと思う

anond:20180109001953

これ出版社批判するのは違うと思う。

合法電子コミックサイトいくらでもあるわけだからUIが悪いっていうなら合法サイト運営会社問題

作品の品揃えに関しては合法的にやっている以上絶対違法サイトには勝てない。

NetflixHuluもいまだに違法サイト作品ラインナップでは完敗してるし。

anond:20180123224233

多少使い勝手よくても無料の方に流れるに決まってるじゃん

すでにKindle Unlimitedがあるし。AmazonよりもUIが良いサイト出版社が作れると思うか?

2018-02-02

デスマーチからはじまる異世界狂想曲のどこがヤバイと思う?

デスマ要素は1話Aパートだけ」と言われていましたが、もしかしてこのアニメ自体デスマのものなんじゃ?

anond:20180202035751

ありがとう

UI面に文句を言われることの多いkindleからハードルは高そうだ。

いまのところは、友達に貸しますよっていう通知とレンタル期限付きのDLリンク友達に送って、

DLしてもらうとライブラリに追加されるのがいいんじゃないかと思う。

一緒に読む機能も同じ感じかな?工夫は必要そうだね。

友達ライブラリ公開して、お互いにこれ貸して~ってできるといいなぁと思うんだけど、

これはSNSみたいな運用をすると絶対問題が起きそうだ。

私的本棚を遠隔地の友達どうしで楽しむにはどうしたらいいんだろう。

こういうサービスこそを、kindleでやって欲しいんだ…。

anond:20180202035401

面白そう。

権利関係がどうなるかとあとUI的に使いやすくできるかが心配かな。

2018-02-01

桜国ガイストの思い出

桜国ガイストって何?

ポケモンっぽいゲームポケモン武器化して主人公が振り回すぞ!

劣悪なUI

ユーザーに快適に楽しんでもらおう! という配慮をみじんも感じられない! すごい!

有名な所では、「100匹以上ポケモンモドキがいるのにボックスに30匹しか入れられない」という点。手持ちが6匹なので36匹しか持てない。イベント入手のポケモンを全部持とうとすると、最初にもらった御三家(っぽいキャラ)を手放す必要がある。すごい。意味不明だ。

一応捕まえなくても目撃するだけで図鑑は埋まるのだが、その配慮はいらないのではないか?なぜコレクションゲーでコレクションが出来ないのか?これは課金で枠を増やせるゲームでは無いんだぞ?

というのは序の口である。劣悪というからにはまだまだ配慮は足りないのだ。

まず、自転車のような高速移動手段がない。この時点でそうとうなストレス。すっとろいダッシュでぼんやり進むしかない。

さらに、エンカウント率を操作できない。「エンカウントなし」どころか「エンカウント低下」も「エンカウント上昇」も不可能。ちょう不便。素のエンカウント率は高め。かなりイライラさせてくる。

このエンカウントについては別の問題点もある。

「町中で敵とエンカウントする街が存在する」のである。草むらなどではない。コンクリート舗装された道路も、階段も、すべてである!街内の全エリアエンカウントする!屋外はすべてである!何考えてんだ…?

その街は終盤のメインエリアであり、素通りは不能だし前述のとろいダッシュで町中駆け回る必要があるしエンカウント頻繁にあるし「とんずら」のような便利な闘争コマンドなぞあるわけもない。ひたすらにストレスフル!

さらさらに、このゲームには「そらをとぶ」がない。

代わりにスペースシャトルが五都市にあり、そこで都市間を移動できる。しかし発着場までは当然徒歩。ついでに、このゲームには10を超える街がある。……つまり田舎には発着場がない。田舎用事がある場合は近い都市に飛んでいって歩く。何考えてんだ…?

かいところでいうと、戦闘ルールが「かちぬき」固定である。1匹に勝ったあと「いれかえ」するルールはない。不便。相性不利の対面が来るとわかっていても交換が出来ない。しょうがないので戦闘途中で交代するしかないのだが、その際被弾する。うざい。

こんな感じで常時ストレッサーゲームなのだが、このゲームクソゲーかというと……別にそうでもないのである

魅力的な設定

ポケモン武器にする、と言ったが、これは「命を預けてもいいと誓ってくれた友人の体を武器に変換する」ようなそんな感じの設定があり、前述の町中エンカウントする意味不明の街も「もとは神話に語られた幻想世界であり、近年近代化したが幻想の色が残っている」ようなそんな感じであり、ゲーム中にこまっかい設定が敷き詰められていて飽きない。

作中の10年前に神話世界との大戦があったが、主人公のパパ(ファンタジー側)が裏切ってくれて世界が救われたとか、パパがうっかりボスに殺されたとき主人公の中の異人の血が目覚め羽が生えるとか、あと東京沈没して幕張首都になった。

戦争人口が4000万人になったけど10年で1億5000万人に増えたとか…。そんなこんなの世界観好きな人は好きだと思う。

キャラかわいい

ポケモン」と言ったが、実は人型キャラも仲間にできる。このゲームで言う所の「ポケモンゲット」は「戦闘中に愛の歌を熱唱し、愛を伝え、惚れられたら仲間になる」という異次元方法をとる。キャラごとにゲット時の専用台詞もあるためドキドキできるぞ!

ふつうストーリーおもしろ

王道ボーイミーツガールもの(女主人公だと百合になるぞ!)でふつう面白い主人公以外のネームド仲間キャラが異常に弱くて友達ライバルも忍び組織トップも前大戦英雄主人公のパパ(こいつも英雄)とかそういうのもボス相手にあっっさりと、それはもう一撃でやられてしまうのだが、そのへんに目をつぶれば面白い

総評

プレイ動画を見て、合いそうだったら買ってもいいんじゃないかと。

あと、このゲームには「愛属性」なる属性があるのだが、その相性というのが「自分以外の属性に1.5倍のダメージを与えるが、自分以外の属性から1.5倍のダメージを受ける」という、どっかのバーサーカーみたいなものである時代を先取りしすぎたかもしれない。

2018-01-31

ドミノピザUIがクソほど使い難い

まじで早く何とかして欲しい。マイページくらい簡単に行かせて欲しい。

あとイベリコ豚復活して。

2018-01-30

エモい話」使いすぎ問題

もともと感情的、感動的っていう意味で使われていた

エモーションから合ってると思う

 

それが広まって、最近は「感想」「随筆」「エッセイ」も「エモい話」とか言い始めている

いやその文、感動できねーよ

そもそもエモい話」って感情的な話だろ? 好きとか嫌いとかそういう話だよ

Qiitaあたりに大量にある時点でだいぶオカシイ(合ってるのもあるけど、UI的な部分の話とか)

 

ナレッジではない」=「エモい話」ではない

 

ポエム」もだいぶオカシイけど、まだポエムの方が良いわ

言葉意味に注意を払えないような技術者嫌い、クソコード書きそう

感想」「随筆」「エッセイ」あたりに「エモい」って言ってるやつも同罪

本当に感動したのか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん