「ネギ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ネギとは

2018-10-19

ネギ首に巻くとか梅干しをこめかみに貼るだとかも相当頭悪い

キャベツ頭に巻くとかいうの見て改めて思った

あんなもん信じてたやついるとか信じらんねえ

早く死ねば良いのに

anond:20181019095106

ネギや葉物は色ががっかりになるので、

たまねぎにんじん・だいこん・ごぼう豚肉わかめ・あげなどのお味噌汁を3杯ぶんくらいつくる。

のこりの2杯ぶんはそのまま室温程度に冷ます

食品ポリ袋に、一杯ずつ小分けにする。空気を抜いて冷蔵庫保存(なるべく2日以内くらいにのみきる)

レンジいっぱい「牛乳あたため」モードで、ほとんど煮詰まる感じにならない

そのうえにネギや葉物を入れる

anond:20181019095106

大根人参玉ねぎ等の根菜類は翌日でも問題ない(芋は除く)ので、ワカメネギや葉物などくたってしまものだけ切って小分けしといて、都度食べるときに入れてる。

anond:20181019095106

だし入り味噌 適量をお湯に溶かす。ネギをいれる。具材レンジで温めて入れる。終わり。

十分おいしい。

ランチ1600円

南青山児童相談所が出来る話に、そのへんの土地を所有している不動産屋が反対運動を起こして話題になった。

彼等は「ネギ1つ買うのも紀ノ国屋に行く」「ランチ単価1600円」と物価の高さをアピールした。

一昔前はネット専業主婦たたきとして、旦那吉牛主婦ランチ三千円みたいな主張をよく見かけ、それは実態からかけ離れてるだろ、ホテルランチをするセレブ主婦旦那ならセレブだろと思ったが、吉牛に居る普通リーマン専業主婦妻が三千円ランチしょっちゅう食べていると無邪気に信じる人も沢山いた時代だったのだろう。

あれからそんなにたっていないのに、セレブ主張としてランチ1600円が出るような時代になったのかと、不景気さにうんざりした。

飯屋DE無料薬味入れ過ぎ絶対殺すマン

昨日は丸亀製麺DEネギ入れ過ぎ絶対殺すマンに殺られた

今日松屋DE紅生姜入れ過ぎ絶対殺すマンに殺られた

明日ゴーゴーカレーDEキャベツ入れ過ぎ絶対殺すマンに殺られるのだろう

2018-10-16

最強の3色麺 うどんそばラーメン

すべてを楽しむことができる

ダシは奇跡的に3麺すべてに合うカレー

薬味ネギと鴨とメンマ

ん~~うまい

2018-10-15

anond:20181015004342

錠剤のほうが高くないですかね

好きな野菜ネギなのでネギめっちゃ食ってる

それはともかく大麻所持空港来たてで強制送還外国人見てえ〜〜〜〜〜

2018-10-13

anond:20181013061909

熱したフライパンに糸のように細くネギ油を垂らす。とたん、音が弾け、香ばしい香りが鼻先をくすぐった。

 さらに全体に油を広げよう。箸先で鶏皮をグイグイ押し、脂が油に溶けだすさまを眺める。爽やかなネギ香りにコクを感じる香ばしさが加わりいっそう食欲がそそられる。パチパチ弾ける音がまた美味そうだ。いいぞ、いいぞ。

 さあ具材を炒めよう。まずは鶏肉それから野菜だ。じゃっじゃっと音を立ててリズミカルに切り混ぜる。強火で短くがコツだ。時折フライパンを煽ると、具材が跳ね、炎が舞いあがる。立ち昇る香りを吸い込んだら「あー、絶対美味しいよこれ」なんて声まで出てしまった。私史上、最高かも。気分がアガり、食欲もも限界だ。

anond:20181013044059

 

冒頭だけしか読んでないけど、さら添削すっぞ。

 

原文だと、香り香り匂い、と嗅覚情報ばっかり先に立って、本来最初に飛び込んでくる音の情報が遅い。匂いばっかりだと変化もないので適度に情報の種類を混ぜ合わせた方が楽しく読める。

 

言葉意味のかかり方についても、ちょっと不注意だ。「食欲をそそる肉の香りが、ネギ油の香りの中にほんのり広がる」だと、食欲をそそるのは肉の香りだけになってしまう。そういうわけでもないだろう? 両方にかかるように、文を工夫するといい。

 

鮭と鶏肉と、動物性具材をふたつも入れたら味が濁るんじゃないかという疑問もあるが、そこはまあ、妥協しよう。どっちもマリネされてるから味が濃くなりすぎないかというのも、ぎりぎりここでは妥協してやる。自分で反芻してくれ。

 

よろしくないのは、一人称なのか三人称なのかが冒頭だとちっとも分からんところ。第二話と書いてあるので第一話でしっかり出た情報なのかもしれないが、転換とともにそういうのが変化することもあるので、出来れば早くに、人称がどっちなのか、一人称なら誰の一人称なのかを示しておきたい。しかも、さりげなく。「とってもいい匂い」は口語なので一人称であることを示しはするが、口語地の文書くような素人も多いから、もうちょっと念押ししておきたいところだ。

 

フライパン鶏肉接触面」って。「接触面」って。そんなの料理中に心に浮かべるか?

 

語尾がウ段の終止形ばっかりでリズムがない。注ぐ、入ってくる、塗り広げる、広がる、砕いていく、音を発てる、ご飯を加える。すっごい単調。意図がない限り、同じ語尾はせいぜい2回続けるくらいに抑えておけ。

 

細々指摘するのも大変なので冒頭数行だけいっそ改変してみる。

 

 

 

 よく熱したフライパンに適量のネギ油を入れると、弾けるような音といっしょに香ばしい匂いが広がった。

 鶏皮を使って油を全体に延ばすと、動物性の脂と溶け混じって、いっそういい匂いになる。パチパチという音まで美味しそうだ。いい感じだぞ。

 香りが立ったところで、いよいよ具材を炒め始めよう。まずは鶏肉、火が通ったら野菜も加える。リズミカルにじゃっじゃっ、と音が鳴るようにしゃもじでまぜていく。立ち上るいい香りを大きく吸い込んだら、「あー、絶対美味しいよこれ」と思わず声が出た。私史上、最高かも。フライパンを煽ると、具材と一緒にぱっと炎も宙に躍った。わっ、なんだか気分がアガってくる。

 

 

 

 いちおうプロだった俺が書くと、こんな感じ。

 だらだら料理手順の説明を続けても読者は面白くない。よほどのことがなければ、何を入れたのかこと細かに説明する必要はない。まとめて省略してしまっていい。具材に何が使われているのかは、この小説面白さに必要か?

 人物が、楽しそうに料理している様子を描く方が、まだしも読者も同調して楽しんでくれる。「調理」じゃなくて、それをしている「人」を書いてくれ。

 

 

 以上。今後の健闘を祈る。がんばれや。

2018-10-12

[][] (仮題)第2話

執筆途中の作品であり、今後内容を変更する可能性があります。)

メイリン

熱したフライパンに、ネギ油。鮭のマリネ、鳥のもも肉。菜箸で砕いて、転がす。色と香りが美味しそうになるのを待ってから生姜生卵、一晩置いたご飯。杓文字で崩して、よく混ぜながら炒める。仕上げに、塩、レタスニラ。全体がパラパラになったら、完成。

Me: Hey, dinner's ready. Are you coming soon? (ねえ、夕飯できたよ。もうすぐ来れる?)

Satoshi is typing... (サトシ入力中……)

やった。即レス

Satoshi: I’m on the bus and will be there in a few minutes (いまバス。もうすぐそっち行くよ)

画面にそう表示されたのを見て、私は炒飯フライパンから二枚のお皿に盛り付けて、テーブルに並べた。

食器棚からティーカップを二つ取り出して、炒飯の隣に並べる。

調理台の引き出しから、日本で買ったステンレス製レンゲと箸のセット二組を、炒飯皿の手前にセット。

Satoshi: I’m here (着いたよ)

完璧タイミング

「いま開けるね!」

私は急いで玄関に行くと、ドアの覗き穴からサトシの姿を確認して、ロックを解除、ドアを開けて彼を迎え入れた。

「やあ、いつもありがとう

変わらぬ笑顔でそう言う彼の息が白くなった。

「寒かったでしょう。いまお茶入れるね」

「助かるよ」

そう言う彼の背中から上着剥がし、ドアの脇の壁のフックに掛け、私はそそくさとダイニング・キッチンに戻った。

「美味しそうだな」

私の後ろから入って来たサトシが言った。

「美味しいよ。早く食べよ」

私はそう言いながら、ポーレイ茶のティーバッグをカップに落とし、電気ポットのお湯を注いだ。サトシプーアル茶と呼んで憚らないこれは、彼のお気に入り。そして、私のお気に入りでもある。

いただきます

いただきます

食事の前に『いただきます』と唱える日本の習慣が私は好きで、サトシと一緒に食べるときはいつもこうして唱えることにしている。この素敵な言葉は、『I will eat (私は食べます)』と『I will receive (私は受け取ります)』のダブルミーニングになってるのだと、いつかサトシが教えてくれた。『Receive what?』(なにを受け取るの?)といえば、『The blessings of Nature』(大自然の恵み)だと言うから、いっそう素敵。彼は普段は唱えないで黙って食べるそうだけど、私といっしょのときは合わせて唱えてくれる。

私が律儀に「いただきます」と唱えるのが、女性らしくて可愛いと、いつか彼は言ってくれた。

「どう? 美味しい?」

一口食べて、我ながら上出来だ、と私は思った。サトシの口にもきっと合う。

「すごく美味しいよ。いつも美味しいけど、いつも以上に」

良かった。サトシはいつも、美味しい、美味しい、と、私の作るものならなんでも食べてくれる。それも、本当に美味しそうに食べるのだから、こんなに嬉しいことはない。

「ねえ、研究はどう? うまく行ってる?」

「順調だよ」

サトシは私が原子力のことはわからないって知ってるから、詳しい話はしてくれない。でも、ちょっとくらいは聞いてみたいと、その時思った。

サトシ研究って、新型原発だったよね?」

「そうだね。今の原発よりも、高効率で、安全で、扱いやす原発を作ってる」

「今の原発は、効率が悪くて、危険で、扱いが難しいの?」

「そう言うわけじゃないけどさ……」

まるで揚げ足取りみたいな返事をしてしまたことを、少し後悔したけど、私が言いなおす間も無く、サトシは続けた。

原子力発電がどういう原理で出来ているか知ってる?」

原子核が分裂するときの熱エネルギーで水を沸騰させて、水蒸気でタービンを回転させて発電する」

このくらいは私だって知ってる。原子力発電というと何かものすごい、サイエンス・フィクションみたいな技術で電力を生成しているように聞こえるけど、結局は水蒸気でタービンを回して発電してる。火力発電といっしょ。

「そのとおり。現在原子力発電では、ウラン235連鎖的な核分裂で熱エネルギーを取り出し、タービンを回転させて電力を取り出している。この方法は、火力発電に比べても、格段に効率がいい」

まるで、『火力といっしょ』と思った私の心を見透かされたようで、ムカつくような、恥ずかしいような気持ちになった。

効率が良いって、どのくらい?」

「約200万倍」

「そんなに!?

200万……? 想像していたのと桁が違った。200倍じゃなくて、200『万』倍。

アメリカ一般家庭で一年間に消費される電力は、約10,000キロワット・アワー。これだけの電力を作り出すのに必要化石燃料は、約800キログラム。これがウラン235だと、たったの0.4グラムで済む」

炒飯ひとつまみの塩を振りかけるところを想像した。ウランだったら、たったあれだけの量で、一年分の電力はゆうに確保できるということ……?

「じゃあ、サトシのやってる新型原発は、それよりももっとすごいの?」

そう私が聞くと、サトシはどことなく得意げだった。

「いまの原子力発電ではウラン235が使われるけど、自然界に存在するウランの大部分はウラン238。これはいままで、なんの役にも立たない、処分にも困る廃棄物だった。うちのラボでやってる原発は、これを燃料にするんだ」

「つまり、今までよりもウラン効率よく使うことができるということ?」

「そう。天然のウランに含まれウラン235割合は、たったの0.7パーセント。99パーセント以上は、ゴミなんだ。そのゴミが、エネルギー源になる」

「逆に言うと、いままでは1パーセント活用できてなかったんだ?」

「うん。だからウラン238は世界各国にゴミとして貯蔵されている。ゴミなんだから、埋めてしまえばいいんだけど、『Not In My Backyard (私の裏庭には捨てないで)』、誰も放射性廃棄物自分の近くに捨てることを許可しない。実際には、地中深くに埋めるから危険性なんてないも同然なのにね」

「じゃあ、新たにウラン採掘する必要もないのね」

「そう言うこと。いまの電力消費量なら、あと1,000年は全世界需要を賄える量のウラン238が、すでに各国に貯蔵されている」

「1,000年も?」

「まあ、電力消費も増えるだろうから、実際は何百年かわからないけどね」

彼は満足そうにそう言うと、お皿に残っている炒飯を頬張り始めた。

200年でも300年でもじゅうぶんすごい。思えば、彼はいまのポストに就いて以来、ラボアパートの往復、空き時間は私といっしょのときを除けばずっと勉強。そんな単調な生活の中で、彼は人類の夢を追っていたんだと、やっとわかった。もっと早く訊いてあげていればよかったな。

「ねえ」

「なに?」

明日夕方、もし空いてたら……」

アイフォーンサトシに手渡した。

『The Big Chill - Ice & Snow Festival』(ザ・ビッグ・チル:雪と氷のフェスティバル

「ああ、残念だけど……」

そっか、ダメか。

明日は人と会う約束があるんだ」

サトシが人と会う約束……? 誰と?

2018-10-11

最近はやりのタッパとレンジで作る料理、美味い

豚肉ナスの甘辛生姜照り焼き作ってみたけどこれが美味いこと

これまで鶏のネギ塩だれ・マーボー厚揚げナポリタンスパゲッティなど作ってきたが

火とフライパンや鍋を使わなくていいだけでこんなにラクだとは

レンジ活用することが多くなった

もっともっと早く知りたかったなー

自分が小さかった頃のお母さんに教えてあげたい

2018-10-10

最近作ってる水炊き

材料

・鶏むね肉(絶対むね肉。出汁の出方が違う。) 150g

エリンギ 1株

人参 1本

白菜 1/8玉

・木綿豆腐 一丁

・刻みネギ 適量

 

・〆うどん 一玉

 

野菜だしとかそんなにだろと毎年思ってたけど、今年は人参を入れたら明らかに例年のより美味しい。多分、人参出汁だろう。

(あと、絶対鶏むね肉。もも肉にすると、しめのうどん台無しもも肉食べたいならしめのうどんの時に同時にいれる。)

少なくなってきたら鍋に味噌を溶かす。締めのうどん味噌煮込みうどんみたいになって最高。

今日もやります

2018-10-08

炒飯グリーンピース

炒飯に入ったグリーンピースを美味しいと感じたことが無い。

というよりグリーンピースの入った炒飯が美味しくないのかもしれない。

炒飯をある一定以上の美味しさにする場合グリーンピースを除く判断がされているため、

グリーンピースが入っていない炒飯は美味しいことが多いのかもしれない。

そもそも誰がグリーンピース炒飯に入れ始めたのか。なぜそれが広まったのか気になる。

別にグリーンピースに恨みがあるわけではないですが、

色を添えるための役割ということでしたら、お願いですからネギに変えてください。ネギが好きなんです。

2018-10-07

魔法先生ネギま!およびUQ Holder!が好きだと言えない系女子

私は魔法先生ネギま!およびUQ Holder!が好きなのですが、それをTwitterで好きだと言えません。

理由簡単。これらの作品フェミ的にNG作品から。そして私の相互フォローの人たちは進歩的女性が多いからです。

別にその人たちが嫌いじゃありません。むしろ好きな人たちだからこそ繋がりを続けてるわけだし、オフでも知り合いだったりします。

みなさん素敵な人たちです。

からこそ!言えない!ネギまUQが好きということが!

先程もUQ新刊が発売になるというツイートが流れてきてファボりたかったのですが、付いている表紙絵が登場人物女の子たちの入浴絵。あかん!ファボすら他人タイムライン名前付きで流れる現状でこれはファボれない!と言った感じなのです。

個人的には魔法先生ネギま!UQ Holder!エロコメの皮を被ったとても優しい物語なのですが、ガワは間違いなくエロコメなのは認めざるを得ない。

女子ファンの目から見てもお約束として女の子たちが意味もなく脱がされる姿は正直擁護のしようがないです。そこだけは。

でも!でも!

ネギま主人公ネギ君、そしてUQ主人公刀太君をめぐる100年単位叙事詩はとても面白いのです!

それに出てくるヒロインちもとても魅力的です。個人的には夕映っちとのどっちのコンビがとても好きです。ネギまの頃の同じ人を好きになってしまった親友同士という関係も非常に良かったですが、UQに出てくる二人の友情すら超えた相棒である関係も好きです。それと最近イチオシは桜雨キリヱ!いわゆるツンデレなんだけど、その能力とか過去とか役割とか葛藤とか色々と味わい深いです。早く彼女能力必要なくなればいい。残酷すぎるから

しかしながら、ネギまUQを読んでいると作家の背負ってしま属性的なところって本人の意思だけではどうしようもないのかもなぁと思います

正直ネギまラカン戦の頃の熱気と人気がずっと続いていればと思うこともあります。そうすれば、女性ファンももう少し堂々と好きだと叫べる作品になっていたかもしれない。

でも、私は本当にネギまUQが好きです。どんな困難な状況にあっても必ずハッピーエンドが待っている。それが確信できる稀有物語からです。それは赤松健という作家に対する信頼でもあります

私がネギまにハマったのはもう10年以上も前のことで、最初はその必ずハッピーエンドが待っていることに気づいていませんでした。けれども、何年も読んでいるうちに気づきます。この物語は、誰も悲しい思いをして終わったことがないことに。どんなキャラクターにも救いが待っていることに(カトラスだけは今もまだ飲み込めていないけれど)。

それは、物語という架空世界に何かを求める私にとって、最上のもののように思えます

から、本当に不甲斐ないのです。自分が。

ここまで素晴らしい物語なのに、好きだと叫べないことが。もっとこうであったら、なんて酷いことを思ってしまうことが。

こういう性根もあってあまり堂々とファンです!と言えないのですが、それでも好きです。魔法先生ネギま!UQ Holder!が。本当に。

明後日新刊も楽しみにしています

団地の土手の手入れをしてきた。

よく知らない植物がいっぱい生えてきたので。

葉の部分を毟るとネギともニンニクもつかない美味しそうな匂いがするんで「あ、これはたぶん、生やしとくと色々言われる奴だ」と思ってハンドスコップ片手に根っこから掘り起こして駆除。通りがかりの人が挨拶してきたので「これ、何だかわかりますか?」って聞いたらノビルかも知れないと答えが返ってきた。「ああ、ノビルってこれかぁ」と感心したあと、これはますますもって厄介事のタネになると判断し、目を皿のようにしてして見つけ出して、徹底的に駆除。芝の中から生えてきた奴は根っこごと抜けないので、しょうがいから葉が伸びてるのを見かけたら毟るようにする。グリホで駆除したほうがいいのかな?他所の人から団地の住人が団地の土手から何かを収穫してたぞ」とか言われないように(まあ、言われてるんだろうな)透明なゴミ袋に入れてゴミ集積所へ。

疲れたハンドスコップもひん曲がるし。

2018-10-06

anond:20181005163007

半額の天ぷらと麺つゆと蕎麦ネギを買うよりましだと思う

2018-10-04

anond:20181004183608

でも、職場でいきなりネギ匂いがしてきたら、くしゃみをしてしまう人はいそうやん。

なとろむが否定するPATMは、壁越しでも作用するらしいので、さすがにそのインチキATMではないと思うけど、

なぜか医者の前では発症せず、職場でだけ発症する現実的なPATMには当てはまるんじゃないか

ストレスは「ネギ臭い!? 緊張で皮膚から発生する臭い資生堂発見

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181004/soc1810040013-n1.html

資生堂は、人が緊張やストレスを感じた際に、皮膚から特徴的な臭いを持つ「ストレス臭」が発生することを発見したと発表した。ストレス臭は、ネギタマネギ臭いに似ているという。

ストレスって怖い。

2018-10-02

今日の夕飯

鶏もも肉の皮を剥がして細かく刻む

フライパンに油を敷かずに刻んだ鶏皮を弱→中火で炒める

鶏皮から出た油で鶏皮がフライされる程度に鶏油抽出したら、

鶏皮はフライパンから出して塩胡椒をして食卓

フライパンに残った鶏油に、刻んだニンニクネギを入れて香り立つまで炒める

香りが立ってきたら、皮を剥がし鶏肉に塩をしてフライパンへ投入

鶏肉フライパンで表面に焦げ目が付くまで炒める

鶏肉が炒められたら、深い鍋にあけて、フライパンもやしを炒める

もやしも炒められたら鍋に移して、鍋に鶏ガラスープを注ぐ

一度沸騰させて浮いてきたアクを取る

胡椒ごま油香り付けてして出来上がり

某焼きパスタのお店にて夕食

以前一度食べたことあるけど、改めて見てみてもやっぱり ザ・炭水化物!だなあ

日替わりのネギ鶏肉パスタを注文

程なく出てきた油で光った太麺の山盛りパスタ

見た瞬間若干カロリー後悔したけどうまい

鶏肉ネギ、塩、胡椒、油って、うまいに決まってるわ

あーうまかった

2018-09-26

マグロ叩き叩き叩き警察

マグロ流行

マグロを叩く奴がでる

マグロを叩いたあとにネギを載せるやつがでる

マグロを叩いたあとにネギを載せたやつをごはんに載せるやつがでる

ネギトロ丼かよ

2018-09-24

ラーメンハードルが下がりに下がっている

ほぼ毎日食べる様な状態もよくないが、昨日食べたのに「おっ最近ラーメン食ってねぇな。よってくか」みたいな感じになってるのがやばい

今日のメシなんにすっかな・・・そういえばしばらくラーメンいってないな(前の日の夜はネギラーメンだった)」とふと思ってしま自分が怖い。

そんな人も増田はいるはずだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん