「ルッキズム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ルッキズムとは

2024-07-24

それ、最近よく言われてるけれど

この氷河期世代以降はルッキズム経済格差が広がった結果貧乏人はそもそも結婚出来なくて

貧乏人同士の子供」は生まれなくなってるから

今の若者はみんな優秀で美男美女なんじゃないの?

貧乏人の遺伝子はとっくに淘汰済み

https://x.com/gatigatitv/status/1815985529055502649

めろん

@gatigatitv

真にヤバいのは経済的格差じゃなくて、遺伝的な格差

高学歴金持ち男が容姿がいい女と子供を作るのを3代くらい続けると、品種改良されて子供容姿が良くて頭も良くなる

これが起こると、もう貧乏人の遺伝子では逆立ちしても勝てなくなる

「男らしさから降りた男」は恋愛以外で差別されていないのか問題

これに関して。

anond:20240724161415

恋愛で誰を好きになるかは個人自由である。それは当たり前だ。

では、現代に吹き荒れる「ルッキズム批判」とは何なのか?

恋愛対象自由なら、恋愛美人ばかりがもてはやされるのも勝手ではないか

ルッキズム批判とは、「容姿関係ないはずの、仕事などの評価にも、容姿による差別があるのではないか?」という問題意識である

そしてそれは正しい。女性容姿は明確に仕事評価に影響しているという、悲しい研究結果が無数にある。


ただ、同じ問題男性にもあるのだ。高身長などの「モテる要素」を多く持つ男ほど、それは仕事関係ないはずなのに、年収は明確に高いという統計がある。

恋愛対象として魅力的と思われる人は、仕事でも実態と比べて高評価を得てしまうのが人間の悲しさであり、その本能を理性で抑えるためにルッキズム批判がある。


美女の方がそうでない女性より仕事で高い評価を受ける」ことに対しては、批判する理路が確立された。

女性から男性より仕事評価されない」ことも同様だ。

仕事ができるのに、ゲイだという理由評価されない」ことに対しても同様だ。

これらに対して、少なくとも建前、思想レベルでは誰にも異論は挟めないだろう。

仕事ちゃんとやっているのに、『男らしさに欠ける』男性」は、女性ゲイと同様に建前と思想に守られているだろうか。

「男らしくない=なんか仕事でも頼れないイメージ」として、結局恋愛市場での差別がそうでない領域にも侵食していないだろうか。

本当にこんな差別があるのか、それがどの程度ひどい差別なのか、結論が出た問題ではない。結論が出るほど、この問題議論されていない。皆に無視されている。ならば今は、議論対象とするためのアピール必要だ。

弱者男性差別」を主張する人の考えはこういうものだろう。そしてそれは、鼻で笑って一蹴していいような考えではない。

anond:20240724181228

それだとみんなが悪いことになっちゃうから

自分は悪くないルッキズム維持したい、キモい奴に生き残って欲しくないっていう感情を満足させるために

どうにかして政府が悪いことにしようと画策してるわけ

どんなに国が少子化対策だ!とかやっても無駄

いくらテコ入れしようが顔の良いヤツしか人権ねぇんだから

ルッキズム制限入れる政策した方がいいんじゃねーの?

2024-07-22

オバマって、堅物も堅物、8年間も大統領勤めて、その前後も含めて、ついにただの一度も女性関係スキャンダルが出てこなかった珍しい(?)人なんですけど、

たった一度、カマラハリスのことを「有能で美人」と言ってしまたことがあり、「ルックスで成り上がったとでも言いたいのか!」「ルッキズム!」「ハリスさんに失礼!」と叩かれまくったんです。

批判を受けてオバマは、カマラに直接電話を入れて、「見た目に言及するなど、余計なことを言ってしまい、すみませんでした」と謝罪したことがあるんだよ。

2024-07-21

ファッションに金かけてない男は「ソレ以外に金をかけている」というアピールでもあるんだよ

アイドル

キャンプ用具

筋トレ器具

カメラ

パソコン

男はね、そういう物に金をかけたがるわけ。

そして、そういう物に金をかける時に「俺は身を削って金をかけているんだぞ!」とアピールしたがるものなのよ。

女とはそこが違うんだよ。

女の場合は「ダサイ服装をすることで自分之やってる趣味に変なイメージを持たれたくない」みたいな変な意識があるからねえ。

根底流れる強烈なルッキズムから来るものだよね。

趣味に金をかけるとしても外見に対してのお金を削りすぎないようにするっていう。

男の場合はその辺をガチで切り捨ててくるからね。

髪はQBカットで済ませたり、時には自分で切ったり、服だってしまむらで固めて平気な顔してるからね。

ハゲ散らかしてようが育毛剤は使わずその金を溜めて、自分之好きなものだけ買う。

腕時計とか靴とかやたら拘ってるのに、それ以外の服がゴミのようにダサくて盗品みたいに見えてくるような男って結構いるだろ?

男の世界ではアレは「好きなもののために他のすべてを犠牲にしててて格好いい」なわけだよ。

女には分からないだろうなあ。

個人レベルで分かってても真似することを集団レベルで許容はされないだろうね。

何でもかんでも平均点以上を目指して必死に「普通以上」を演出することに命をかけなさいって世界暮らしてる女社会の住人には。

anond:20240721193247

ググったらすぐ出てきた。

黒いマスクした顔で、めっちゃ可愛いやん!!!  

って一瞬で恋に落ちたけど、他のマスクなしの顔写真みたら

うわぶっさwwwとなって冷めたわw

いやでもいいんじゃない? 歌がうまきゃ顔は別に。  

日本はほんとルッキズム権化からね。  

なるほど、プロヂュース方向性理由わかったわ。 

YOASOBIに対抗するなら顔出しNGなのも納得。

フェミニストはなぜか芸能界には噛み付きが弱いんだよね。  

もっとブスやブサイクが売れるように働き陰るべきだわ。 

男はブサイクでもテレビ出れるのに、女は女芸人くらいしか許されてないのは欧米に比べて遅れすぎ。

2024-07-20

はてなゴミクズ飲酒喫煙は許すけど(・д・)チッ反省してまーす、は許してない模様。

ちょっと気になってはてブ漁ってみた。

ルッキズムルッキズム普段は鳴いてるけど

自分のやってることはなんだと思ってるんだろうなコイツラ。

見た目でキメてんだからへんに理屈で取り繕うなよな、薄っぺらい虫。

2024-07-19

ブサイクモテている(?)のを見てイライラするのは嫉妬ではない

先日実家帰省中に昔の写真を見ていたら、小6~中1の自分写真が出てきた

見るからにチー牛だった

特に目が切れ長タレ目デブだった

今はコンタクトレンズをつけており体型も中肉中背でファッションも気を遣っている

毎日運動もするので体格もよくなっている

何より目が全然違う 腫れぼったいのは変わらないが中学の時にマッサージしていたおかげで二重になっていた

高2あたりからずっとモテていてもう10年ぐらい経つが

それを昔の写真をみてそんな時代があったことを思い出した

から未だにブサイクモテている様を見ると許せなくなる感情があるのかな

心のどこかで「自分ブサイクであることそのものから脱却したのに」という気持ちがあるのかもしれん

あとは自分容姿にも厳しいから男女ともに見た目には厳しい

しろ女は膣があるからルックスそこまで気にしてなくて、それがない男に対するルッキズムが激しい気がする

チー牛いじりだってめちゃくちゃするけど自分がチー牛であることをすっかり忘れてた

どこかで自分卑下して回避しようと思わん限りは脱却できないよ

からチー牛どももチー牛脱却に本気出せばいいと思うよ

チー牛は甘え

2024-07-17

人の多い繁華街で、前から来た人間にぶつかりはしないものギリギリで避ける、ということは人の多さゆえによくあることだけど。

から歩いてきた女、実際にぶつかったわけでもなくギリギリでこっちが避けたのに、そしてそいつのほうがよそ見してて気づくの遅かったくせに、ぶつかりかけたことが気に食わないからってルッキズム丸出しの文句を呟きやがって最低。

そういう咄嗟の瞬間に間髪入れずに差別的文句が出てくるって、ふだんからどれだけ差別的な考え方してるんだか。

だいたい、気に食わないことあった時に、何がどうダメとかちゃんと言うわけでもなくただ相手の外見を貶すのって、頭悪いヤツ定番の行動パターンじゃねえか。

今日JR神戸駅のすぐそば歩道ですれ違った、黒シャツグレースカートバカ女な。

anond:20240716075153

もうジェンダーフリーだしアンチルッキズム時代なんだから、ロングが女の子らしくて可愛いみたいな刷り込みもなくなればいい。

美的要素以外に髪が長くて得することなんてないし。

結局メディアから価値観を刷り込まれて育つんからアイドルやらモデルやらがどんどん坊主にしていくべき。

男女関係なく坊主ベスト

女性がいないと酒がまずい奴

世の中には、女と一緒じゃないと酒飲みたくない奴というのが意外と多くいる。

女を酒の肴にしてるとでもいうか、とにかく酒の席に女がいないと面白くないというのであるが、まったく理解できない。

ワタクシ個人経験からこのようなオジサンの例を挙げると、まずそいつは酒に誘った際、

女の子いないの?」

と聞いてきた。

何某かの集会後の軽い打上げだったので、集会に参加していない女性を呼ぶなどという発想はなく、

「もちろん居ないよ」

と答えると、そいつ

「じゃあ呼んでいい?」

と言ってきた。

この時点で「女いねぇと酒飲めねぇタイプかよ」と思ってゲンナリしたのだが、かと言って「いや女呼ぶならやめよう」というのもなんか変なので、

呼びたいなら呼べば?と答えたのだが、会場の居酒屋に現れたのは、アラフィフの既婚女性であった。

我々もアラフォーオッサンなのであるが、わざわざ「女を呼びたい」というのだからもっと若い女性を呼ぶのかと思っていた。

しかし来たのは、言葉を選ばずとも紛う事なき年上のオバサである

別に女性が居なくても酒が呑める。なんだったら気の知れた仲間と酒を飲むのが一番美味いとワタクシは思っているので、

別にバサンだろうが知った事ではない。

ワタクシが驚いたのは、そいつが「酒の席にいてほしい女」というのは「どんなのでも構わない」と思っているという点についてである

そのレベルで女に側にいてほしい、そうじゃないと酒も飲みたくないという考えが、ワタクシにはまったくなかった。

逆に若い女を呼ぶのなら意味がわかるのである若い女侍らせてキャッキャウフフと酒を飲みたいというなら、それはごく普通だ。

しかし、そいつは「女だったらなんでもいい」と考えていたのである。まったく理解できない。

ワタクシ自身、こんな考えを持つ自分女性差別だとか、ミソジニーだとか、ルッキズムなのか?と思わんでもないが、

考えてみると、この男が度を超えた女好きしかないという結論に至った。

長々と書いてきて、ここでこれを読んでいただいた諸兄にお尋ねしたいのだが、

このような

女性がいないと酒が美味しくない。どんな女性でもいいので酒の場にいてほしい」

という男は珍しくないのだろうか?

2024-07-16

anond:20240716105151

政治家の表情」について「ルッキズム」だと批判するのは小学生レベル

ちゃん学校の授業を聞いていれば高校生ぐらいからは「政治家の表情ってのはその人の売っていきたいセルフブランディング戦略なんだよね」ってことが理解できるようになるでしょ。

まり小池が「親しみやす雰囲気のオバちゃん」を目指していて、蓮舫が「女だてらにクールビューティー」を目指しているっていうイメージ戦略の違いの戦いなんだよ。

そしてまさしくイメージ戦略だけで戦いに来たのが石丸なわけで、今回の選挙は「政治家自分キャラクターイメージを売り歩くアイドルのような商売」ってことがまさしく描かれていたと思うんだけどな。

逆に言っちゃうと、この選挙を見た直後に「政治家が纏っている空気」が「意図的演出したイメージ戦略」ではなく「本人の生来性格のもの」だと思っているなら、それはあまりにも何も見えてなさすぎると思う。

政治のことも分かってないだろうし、それ以前に人間関係自体がまともに構築できなさそう。

ちょっと考えて欲しいんだけどさ、中学校ぐらいからはイケてる子は自分キャラ演出していくようになるでしょ?

あれに対して「自分を偽って格好つけても虚しいだけだぜ!」って漫画主人公なんかは批判するけど、ああいうことが出来ないと社会で上手く生きていくのは難しいよ。

「誠実であるかのように振る舞う」とか「怒らせちゃいけなそうに振る舞う」とかそういうのが社会ではどうしても必要になるんだよね。

人間が猿から進化しきれてないとかの話じゃなくて、本当に人間として社会で生きていくにおける「生存戦略」として大事ことなんだよ。

いわゆる「どういう立ち位置で振る舞っていくかに一貫性を持たせていくか」っていう話なんだよね。

クラスの冴えない人達の中にも本気出したら上位カーストに入れるのにあえて「冴えない感じのキャラ」を売っている人がいるでしょ?

あいうのって要するに自分趣味趣向や生き方の都合に合わせて自分ブランドを変えていってるわけよね。

そういう人がふと「冴えている人がやるようなこと」をすると、なんかクラスの中で「え?お前はどっちの方向性を目指してるの?」みたいな変な空気になるでしょ?

自分スタンスを一貫させないと周りが困るっていうのはこういうこと。

スタンスに押し込めて他人単純化するなんて愛がねえぜ!」みたいなのは漫画ドラマ主人公定番の決め台詞だけどさ、たかが40人程度のクラスメート、100人程度の同学年だって全員に平等に愛を持って接するとか不可能に近いわけよ。

部活の知り合いやネットの知り合いまで含めれば200人や300人へ平気で膨れ上がる対人関係、ある程度単純化していかないとやっていけないわけ。

そういう中で適当にやっていくと変なレッテルを貼られるリスクもあるし、いつまでも単純化されない人は「よく分からない奴」ってことで最も信頼できない部類として扱われたりする。

前もってそれを防ぐためにも、「私はこういうキャラですよ」って自分自分レッテルを貼っていくわけよ。

「俺はクールビューティーを目指そうとして失敗しているズッコケキモオタで行くぜ!」みたいなキャラであっても、そういうキャラとして一貫しているなら周りからすれば「おいおいアイツまた格好つけてかえってダサすぎてウケるぜ」みたいな感じで受け入れられるチャンスが広がるわけ。

学校なんかだと元の自分とあまりに違うキャラを演じるのはしんどいから、結局みんな元々の人格からちょっとステレオタイプに寄せただけになるけど、これがアイドル政治家になると全然変わるわけよ。

悪者俳優で食ってる人が私生活ではめっちゃいい人だとか、超陽気な芸人ほど普段はすっげー暗い性格でいつもブツブツ言いながらネタ探ししてるとか、そういうの聞くっしょ?

政治家キャラ作りはそのレベルでやってるんだよね。

まあ概ね「誠実」「誰かのため」「正義」あたりは一緒だけど、何において誠実なのかや、どういう正義を貫きたいのかは変わるわけよね。

石丸は「ロジカル分析に対して誠実であろうとした結果、現代蔓延政治屋やマスゴミシニカルにぶった切るのが私の正義なのです」みたいに振る舞ってますよね?

今は割とロジカルキャラが人気の時代から結構皆似通ってるけど「理論大事なんですか!人の心、地域社会への和、故郷への貢献、優しさこそが大事です!理屈ばかり並べる人達と違って私には赤い血が流れている!」みたいな感じで振る舞う人もまだまだいますよね。

こういうのって本当にその人がそういう人なのかと完全に一致してないんですよね。

まあ石丸場合なんかは「自分ではそう思ってるけど……」みたいな感じのズレ方な気はしますけどね。

そういう勘違いパターンも含めて振る舞おうとしてるキャラと本当の自分が一緒じゃない政治家結構いるわけです。

まり蓮舫小池私生活でどういう人なのかとか生まれつきどういう人なのかって話じゃないんですよ今してるのは。

今してるのはあくまで「どういうイメージで売っていく人が有利だったのかな?」という話なんですよね。

まあ元増田最初から小池みたいなのが絶対有利だよね!石丸蓮舫も下手くそだね!」と決めつけてからスタートしちゃってますけど、これはちょっと違うと思いますね。

石丸蓮舫もああいう「自分が上であり相手が下というのを印象付けるために、優位な立場の人が愚かな人をなだめるかのような笑い方」を戦略的にやっているんだと思います

まあそれが結果的に今回は敗北につながってしまったのは事実かも知れないんですが、二人ともそれによって結果を出したことはあるんですよね。

今回の都知事選においても、現職と同じ土俵に上るのを避けて別の路線を選んだ可能性は高いと思います

どうにしろ、これはルッキズムという「顔の作りがいいと印象が良くなる」という話ではなく、「どういうブランディングをしているのかを伝える手段として表情は重要だよね」という話なんですよね。

そこが理解できてなかった人、貴方人生を上手くいかせるためにもこれはちゃんと考えたほうがいいですよ?

貴方が周りの人にどういう印象を与えたいのかをコントロールする意味においても、他人がどういうキャラで行こうとしているのかを俯瞰的立場から「あーそういうキャラでやりたいのね」と冷静に分析するためにもです。

人間がその醜い顔をしわくちゃにしてルッキズムルッキズム喚いているのを見るのはかなり滑稽

anond:20240716063913

何を当たり前なことを。

から結婚交際相手を選ぶにも見た目がいい方が圧倒的に有利だし、

ルッキズム問題点理解してる人の多い増田世界ですら「清潔感」とかいふわふわワードに包んで見た目を揶揄する人が多いわけで。

anond:20240715122602

人間本能的に差別する生き物なので仕方ない」

に読めてしまますね、人気コメントは。

これをルッキズム問題とだけ受け取る人は人間理解していない。人間本能で印象や感情ナラティブに激しく左右される生き物だから、真の合理性とはそこにどれだけリソースを割くか、という話。

政治家の外見は投票行動に繋がるからルッキズムがどうたら言われてもしゃーない。


ここでルッキズム批判をしても意味がない。

差別問題でもさんざん言及されている無意識へのメタメッセージ問題から短期的には発信側が注意するしかない。

安心感を与えるという「女らしい」ケア役割を期待しているようにも思えます

選挙で勝つために女性は女らしくなければいけないなら、短期戦略いつまでも続くのではないでしょうか。衆院選で女らしい笑みを身に付けた蓮舫さんが成功したら、後進の女性はその戦略を真似するでしょう。

anond:20240716023822

蓮舫小池知事よりずっと顔も整ってるし、スタイルもいいし、声も通る。

外見はそれこそ今回立候補した候補者の中で最強だと思う。

本来有権者ルッキズム投票したら当選してておかしくない。

それがアピールになってないどころか逆効果になってるあたりがなー。

ポリコレフェミ包摂(DEI)はクソの役にも立たないので排除される

トランプ暗殺未遂により、アメリカは変わることにな太。

> 過去10年間で、私を左派から右派へと押し上げたいくつかの重要出来事がありました🧵

ヒラリー 2016

バイデン2020

トランプ2024

次の 10 の例を調べて、それを詳しく見てみましょう。

https://x.com/wildbarestepf/status/1812590490916925626

レッドフラッグ #1 🚩  アジズ・アンサリとMeToo運動の誤り

MeToo運動が熱を帯びてきた。アジズ・アンサリ事件は私にとって転機となった。アジズのキャリアは、最悪のデートのせいでほぼ破壊された。

MeToo運動が推進された熱狂は、しばしばニュアンスや適正手続きを欠いており、不安を募らせていた。

人間相互作用の複雑さや、それぞれの状況の公正な評価必要性無視して、より広範な議題のために個人の評判を犠牲にしているように感じました。

(編注)Metoo運動フラワーデモ運動冤罪を発生させている。寺町東子、東京第一弁護士会はその冤罪を作り出すことを推奨し、いまだに撤回すらしていません。このように性犯罪セクハラDV寺町東子のような弁護士の金儲けの手段となっているのです。性犯罪被害者団体もいまだに撤回していない以上その正体は性犯罪被害者団体ではなく人権ビジネス団体です。このような団体の主張を霞が関に入れることはできないというべきでしょう。

2/10 🚩

イノベーションの行き詰まりイーロン・マスク左派

衛星打ち上げから火星植民地化の可能性まで、イーロンのスペースXでの取り組みは、環境保護論者や左派規制機関からかなりの反対に直面している。

スペースX活動に関連したアザラシ鳥類に対する抗議は、科学と探査における画期的進歩可能性を覆い隠しているようだ。

革新進歩を重視する者として、イーロンのビジョンに対する左派抵抗逆効果で息苦しいと感じる。

3/10 🚩🚩🚩

ジェンダー科学生物学視点

左派ジェンダーアイデンティティに対する立場特に男の子女の子になれるという主張は、私の生物学理解矛盾している。

生物学を副専攻していた私は、科学事実無視していることに不安を感じた。

この問題は、左派経験証拠よりもイデオロギーを優先するというより広範なパターンを強調しており、それは科学的誠実さに対する私のコミットメントと深く共鳴した。

(編注)まず性自認などは性別と全く関係ありません。また性別男性女性、その他の3つしかありません。これが生物学的な結論です。これ以外は非科学的な主張であり、到底社会で受容する必要がないものです。

また、性自認などという他人から認識できないもの性別が決まるというは極めて異常です。これを差別というのは完全に差別定義を誤っています。そしてさらに言うとならば「女性」とは何かという肝心の女性定義がありません。

私らしくとかどうでもいいのです。まず女性とはなにか、一切答えられないのです。ジェンダーという社会のせいとか言うものは自認とは今度は関係がないのです。

4/10 🚩

新たな視点レックスフリードマンポッドキャストに出演するジャレッド・クシュナー

私の政治的志向の変化は、レックスフリードマンポッドキャストに出演したジャレッド・クシュナーの影響をさらに受けた。

クシュナー氏がアブラハム合意について語るのを聞くことで、主流メディアではあまり報道されなかったり、誤って伝えられたりしていたトランプ政権の成果について新たな視点が得られた。

この認識により、私はこれまで精査せずに受け入れてきた物語に疑問を抱くようになった。

> 2020年トランプ政権仲介アブラハム合意ができ、イスラエルは周辺の中東諸国と一気に国交回復和解が進んだ。

ハマス10.7のテロ理由はひとえにこれをぶち壊すことだった。

レジスタンスとか美化しているハマス支持者は恥を知れと思う。

https://x.com/GruessGott2018/status/1804425221308584412

5/10 🚩🚩🚩

DEI と警察予算削減運動の結果

左派が「多様性公平性包摂性(DEI)」の取り組みを重視し、「警察予算削減」運動と相まって、目に見える反響をもたらした。

サンフランシスコのような都市では犯罪が増加しており、盗難が横行しているため、店舗の必需品が施錠されている。

これらの展開は法と秩序の崩壊を反映しており、より安全で公平なコミュニティという左派約束矛盾している。

イデオロギー現実世界の結果との乖離ますます明らかになり、問題となってきた。

(編注)日本でもクルド人との衝突が発生し、また、観光できた中国人落書きする等治安悪化しています。にも拘わらず、警察裁判所予算は増えていません。公務員はどんどんやめています。これを改革と言っているのですから日本人は帆なのです。DEIはオワコンなのはこの1枚の写真ではっきりしています。もはやアメリカ人でDEIが素晴らしいなどと発言することはあり得ないでしょう。

https://x.com/bennyjohnson/status/1812487522267652129

https://x.com/MatchPoiint/status/1812488154634412117

6/10 🚩アフガニスタン撤退の誤った対応

バイデン政権の混乱したアフガニスタンから撤退は私にとってもう一つの重要な要因だった

急いで避難したため、13人の米軍兵士悲劇的な死を遂げ、多くのアメリカ人とアフガニスタン同盟国が取り残された。

高官が責任を問われることな説明責任が果たされなかったことは、無能さと人命軽視の懸念すべきレベルを浮き彫りにした。

(編注)撤退は突然でなんの準備もなく、極めてずさんでした。それを覆い隠す日米の報道日本人が語っても意味がありません。

7/10 🚩

COVID-19への対応ワクチン接種義務

COVID-19パンデミックへの対応は誤った情報と高圧的な命令に満ちていた。当初は科学を信頼するように言われたが、物語は変わり続けた。

ワクチン接種義務化が課され、国民の大きな反発と分裂を招いた。

その後のワクチン有効性と副作用に関する暴露と反対意見の抑圧は不信感を募らせるだけだった。

パンデミックへの対応公衆衛生よりも管理に重点が置かれるようになり、私は左派からさらに遠ざかることになった

(編注)反ワクチンという表現は極めて悪質で、ここで行っているのは反mrnaワクチンということです。なお副反応は誤った単語副作用が正確です。ここでもごまかししかしていない。

8/10 🚩🚩🚩 アイデンティティ政治への執着

左派アイデンティティ政治執拗に焦点を当てていることは、ますます不快ものになってきている

政策社会問題の主要なレンズとして人種性別性的指向を常に強調することは、より実質的議論を妨げている。

これは分裂的な戦術のように思われ、団結と進歩を促進するのではなく、社会の亀裂をさらに生み出すものである

(編注)このアイデンティティポリティクスとは、デタラメ単語です。簡単に言うとポリコレです。LGBTいびつで不必要優遇日本でも押し付けられています当事者必要としていないのが現実です。これも公金チューチュースキームです。コロンブス炎上のように言いがかりしかつけてこないのが現実です。そのような言いがかりをつけられる意味は全くなく、極めて不当なものです。あのような炎上は取り締まられるべきでしょう。

たこのような反差別界隈は日本も同様に人々を分裂させるだけで全く意味がありません。

9/10 🚩ボディポジティブ運動健康

ボディポジティブ運動善意から始まったが、問題のある方向に進んでいる。

コスモポリタンのような雑誌の表紙に病的な肥満女性を取り上げ、それを「健康的」とラベル付けすることは、公衆衛生に害を及ぼす。

この有害物語社会基準を変え、肥満に関連する深刻な健康リスク無視して誤った健康感覚助長している。

科学事実に基づく情報を重視する人間として、医学真実に対するこの露骨無視は、私を左翼から遠ざけるもう一つの要因でした。

(編注)デブブサイク優遇するのは完全に異常です。ルッキズムとか言うのはあほです。なぜなら、健康かどうかはある程度外見に現れるからです。

10/10 🚩バイデン認知能力の低下

バイデン大統領最近討論会や公の場での発言は憂慮すべきものだ。彼の頻繁な言葉のつまずき、混乱の瞬間、そして身体的な弱さは、彼が完全にコントロールできていないことを示唆している。

バイデン氏が討論会で固まり、首尾一貫した主張をするのに苦労するのを見ると、彼の能力保証していた左派欺瞞が強調された。

自由世界リーダーがこのような状態にあるのを見るのは残念で恥ずかしいことだ

結論は:

私の政治的進化は、一連の具体的な出来事認識によって形作られ、左派から遠ざかってきた。

MeToo運動における個々の事件の誤った取り扱いから、左派による革新への抵抗生物学無視、混乱した外交政策の決定、そして彼らの政策の具体的な結果まで、これらの経験は私の視点を全体的に変えました。

より中道的または右寄り視点を受け入れることは、常識愛国心、そして建設的な進歩へのコミットメントへの回帰のように感じられる。

@RobertMSterling

@DavidSacks

@theallinpod

のような人や、反発にもかかわらず執拗懸念を表明してきた他の人たちにも声を上げます。私の視点の変化はあなた方のおかげであり、私は頭をさげます。🫡

anond:20240715122602

見た目で判断してるけど差別的意識はないかルッキズムじゃないっていうのはおかし

無自覚差別してる自分の汚らわしさを自覚してほしい

2024-07-15

蓮舫さんと小池さんの笑い方(追記あり

上沼恵美子の「蓮舫さんキツイもん」が批判されているけど、なぜそう受け取られやすいのか

微笑みの練習表情筋トレーニングをした自分から見た二人の表情の違いを書くね。

小池さんは「微笑む」、蓮舫さんは「微笑まない」。この点で、ずいぶん与える印象が違う。(石丸さんについては今回はパス

蓮舫さんの笑い顔は口角を上げて歯を見せる笑い方で、筋肉でいうと口輪筋と頬骨筋で笑ってる。

咀嚼に使う筋肉で、表情筋操作女性に比べて下手な代わりに筋量のある男性がよくやる笑い方。

これは、力強さは感じさせるので味方を鼓舞するがそれ以外を安心させない。例:トランプ

あと演説の際には聴衆には目が笑っている笑顔を見せていたが、テレビでは目が笑っていないことも多い。そのため、意識的な作り笑顔に見えかねない。

よく言われる「笑うという行為本来攻撃的なものであり、獣が牙をむく行為が原点である」は科学的根拠は薄いが、

歯をむき出しにして口角上げて笑ってるのに目が笑っていないと(蓮舫さんをすでに仲間だと認識していない人には)攻撃的な威圧に感じられるのはしかたない。

これを読んで反感を感じた人は、トランプの笑みで自分安心感を感じるか想像してほしい。

それと、テレビでの笑い顔は特に、顔の筋肉に緊張があるのが伝わってくる。いわば強張っているように見える。蓮舫さんは顔に脂肪が少ないから余計に。

人によっては「精神的余裕を欠いた強がり」と受け取る可能性がある。

ここでルッキズム批判をしても意味がない。

差別問題でもさんざん言及されている無意識へのメタメッセージ問題から短期的には発信側が注意するしかない。

対して、小池さんの笑い方はほとんどが眼輪筋と口角挙筋(目と口の中間の鼻横の筋肉)で笑ってる。

口角を上げるのは口角挙筋の動きのついでで、力強さはないが、意識的コントロールが口角筋にくらべて難しい筋肉なので

ここを使って笑うと、「心から自然な笑み」に感じられて安心感を相手に与える。目じりも自然に下がるし。

顔に脂肪が多い女性的な顔つきなのもあいまって威圧感はずいぶんやわらげられてる。実際の人格小池さんの方がキツイと思うけど、それを感じさせない強かさを感じる。

蓮舫さんの笑い方には相手安心させる要素が少ないので、衆院選までに口角挙筋のトレーニングを勧めたい。

自分はこの筋肉コントロールできるようになるまで毎日練習して半年ほどかかったから、ギリギリ選挙に間に合うかってスケジュールだと思うけれど

相手に与える印象はかなり変わると思う。

追記

伸びすぎてビビりまくってました。

もともと、選挙戦始まった直後くらいに、Xで「年配の女性(その人の家族とか)が蓮舫は怖いから嫌いと言って喧嘩になった」みたいなポストがいくつか流れてきたのと、データ無党派女性票があまり取れていなかったこと、TVで何度か、そこで作り笑顔で睨み返すより微笑んで流した方が印象上がるのにと思ったことで書きました。あくま個人の感想です選挙をダシにした笑い方語りと思ってください。クソバイス部分は打ち消しておきました。

政策で決めろよというのはその通りなんですが、岩盤支持層以外にまでたった二週間で政策議論を浸透させて、さらに皆が結論を出すなんて無理です。もし政策論争で勝負を決めたいなら選挙期間は2~3か月でも足りないかもしれない。

それに無党派は減点法で採点する人が多い。たった二週間しかないのに、ちょっとした印象で心のシャッター閉められるのは損じゃないですか。それこそ政策聞いてほしいなら。

目が笑ってるかどうか、がメインの話ではないです。明るくやさしい印象をつけるために目の下に明るめのチーク入れるのと同じ、顔全体の印象をコントロールする小技の話。

あくま一般論ですが、表情も身だしなみや言葉選び、はてな記法でのテキスト整形と同じコミュニケーションツールの一つでしかないので、そんなところで引っかかる人は減らした方がいい。

それに、同じ笑い方でもTPO複数の笑い方を使い分けられた方が強いです。この人こんな表情もできるのか、と思させたらかえって今までのイメージとの落差も武器になったりするし。シンゴジラでいつも真顔の尾頭ヒロミ最後最後でふわっと笑ったことでファンが爆増したみたいに。

いくつもあるツールの一つでしかないので、それでなにかが決まると言いたいのではないです。

最後に口角挙筋のトレーニングは、鼻の2cmほど横を軽く押さえて、口や頬の筋肉を使わずに押し返すことから始めてみてください。

2024-07-14

anond:20240714135446

ルッキズムだよ

人間の心にタトゥーのように刻まれルッキズムだよ

呪いを解呪するための研究を行っているのでしばし待たれよ

空前のルッキズム社会

現代は、かつてないほど多様性が認められているけれど、一方でルッキズムは強くなる一方。

LGBT障害者キラキラしたイケメン美女であることを前提に許されてる。

プラスサイズモデルも、結局のとこは顔が良い人しかいない。

逆に顔が個性的とされるモデルは総じてスタイルが良い。

さまざまな属性能力による差別を良くないものとした結果、一番プリミティブな外見による評価が残ったということだと思う。

社会が悪いんじゃないんだよ。子供絵本だってシンデレラ美人でイジワルな継母や姉はブスにかかれてる。誰しも美しい人は良い人と認識してしまうのが自然なのだから仕方がない。

しかし、ここで「ブサイクだと人生終わりじゃん」って卑屈になってはいけない。

見方を変えると、一昔前は人間未満の存在とされていた人たちも外見が良ければ許されるようになったということでもある。

実は、外見を良くすることというのは他のマイナス属性をどうにかするよりは比較簡単にできる。

頭や性格が悪いのは治せないが、顔が悪いのは治せる。

「単純に見栄え良くすれば生きづらさがマシになるのになんでやらないの?」というのが「清潔感を作れ」ってやつだ。

若い女子はそれを「垢抜け」と言ってる。清潔感と聞いて「風呂には入ってるし洗濯もしてるのに何が悪いのかわからない」勢は、垢抜けって言葉を聞いて必死アカスリタオル身体こするような努力をしてるみたいなもの

清潔感とはノイズをなくして黄金比に近づけることだと考えればいい。

肌を綺麗にして、髪や眉を整えて、体型も標準体のバランスに近づける、メイクヘアスタイル服装の選び方でバランスは調整できる。そういうことを言ってる。

一方、なぜオールドタイプフェミルッキズムを嫌い、メイクハイヒールを忌み嫌うかというのは、かつて、女には外見以外のプラス属性というのが認められていなかったからだ。

女も男みたいに外見以外のプラス属性評価してくれってことで声をあげてきたんだと思う。

しかし、男も外見が悪いと平等足切り対象になる時代になってしまった今では、そういう主張も古臭いものに思えるし、外見をどうにかするのも能力のうち、ってことになりつつある。

たかが外見を整えるだけでイージーモードになるって、むしろ救済なのかもね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん