「イタリア語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イタリア語とは

2020-05-31

anond:20200531212904

スパゲッティイタリア語で「細麺」やで 他にも冷麦や稲庭や酒井製麺があって家系指して細麺とか言うと笑われるで

2020-05-30

anond:20200529231543

ブクマで「バカチョンカメラ」を挙げてる人が何人もいるけど、逆だよ

差別的なので「バカチョンカメラ」という呼び方をやめてコンパクトカメラとかインスタントカメラと言い替えるようになったんだよ

バカでもチョンでも」という言い方は当時もはっきりと差別ニュアンスはあったし、バカチョンカメラの普及によってそのニュアンスが薄れたという事実もないし今もそうでしょ

 

ただしバカチョンカメラバカチョンが本当に「バカでもチョンでも」から来ているかはじゃっかんあやしくて、「vacation」をイタリア語風に読んだという説もある

これが本当だとすると、本来差別意味がなかった言葉差別ニュアンスが強引に見いだされたわけで、むしろ元増田テーマとは正反対になるよね

anond:20200530073044

英語から原語風に変える流れの一環かな。

だけど、なんでヴェネチア英語風のベニスが広まってたのかなぁ。ローマミラノフィレンツェナポリイタリア語風の読み方が普通だったのにな。(パリジュネーブアテネワルシャワモスクワも)

2020-04-29

anond:20200428214126

チン毛というからには男なのか。

てことは、そろそろ精通が来るかも…

(ちなみにコンピュータードイツ語でもフランス語でもイタリア語でも男性名詞)

2020-04-27

https://anond.hatelabo.jp/20200426163346

あなた教養がない事を、国家民族教養すり替え論法は感心しません。出羽の守の亜種でしょうか。

それはともかく、この分野で最近おもしろいのは任天堂ゲームです。

もし言語文化史に関心があるなら、最近Switch販売されているRPG複数言語プレイする事を勧めます

日本語版では古典四字熟語由来の解釈で、中国語版では漢文からフランス語版ではラテン語由来のワードが登場して中々楽しめます

私のおすすめファイアーエムブレム風花雪月(日本語/英語対応)ですが、入門考察意味だとポケットモンスター ソードアンドシールド(日本語/英語/スペイン語/フランス語/ドイツ語/イタリア語/韓国語/中国語)も読みやす記事が多数あるのでおすすめです。おそらくポケモンは対戦や交換で他国言語にふれる機会が多いためでしょうか。

とりあえず2つ紹介しておきます

もはや感動すら覚える!ポケモン英語名の由来【厳選58匹】 | チラカリマクリ

【考察】ポケモンソード・シールド ムゲンダイナの英名「Eternatus」の意味と剣盾のシナリオ構造について : 記号論研究所 マンガ・アニメ・ゲーム考察

共通して言える事は、だいたいどこの国の文化にも、似たようなお伽噺や神話があるもので、翻訳過程うまい具合に置き換えられています

何をもって「かっこよい」と感じるかはあなた感性しだいですが、そのセンスを活かして色々な文化言語に触れてみると良いでしょう。

2020-04-14

新型コロナウイルス医師 Sandro Giannini の発見から見えた希望の光(英訳

こちらの記事英訳です。

Coronavirus: speranze dalla scoperta di Sandro Giannini, 10 Aprile, 2020

https://buongiornonews.it/coronavirus-una-speranza-dalla-scoperta-del-prof-giannini/

1) 英訳Google translate を利用させて頂きました)

Coronavirus: hopes from the discovery of Sandro Giannini

10 April, 2020

Bologna - From social media comes good news about the Coronavirus, perhaps decisive, which has scientific foundations and is disseminated by an authoritative doctor from Rizzoli of Bologna, Sandro Giannini. His is a highly qualified curriculum: Full Professor of Orthopedics and Traumatology and of Physical Medicine at the University of Bologna since 1989, director of Clinic I at the Rizzoli Orthopedic Institute and of the Gait Analysis Laboratory, partner in European projects and in national and international research programs, author of more than 600 presentations at national and international conferences and more than 400 articles in Science Citation Index journals. His message gives great hope. Let's read:

“I don't want to seem overwhelming to you, but I think I've demonstrated the cause of coronavirus lethality. Only at Blessed Matthew are there 2 cardiologists who turn over 150 beds to do echocardium with enormous effort and one is me. Terrible fatigue! However, of what some supposed, but could not be sure, we now have the first data. People go to resuscitation for generalized venous thromboembolism, especially pulmonary. If this were the case, resuscitations and intubations are of no use because first of all you have to dissolve, indeed prevent these thromboembolisms. If you ventilate a lung where blood does not reach, it is not needed! In fact 9 out of 10 die. Because the problem is cardiovascular, not respiratory! It is venous microthrombosis, not pneumonia that determines fatality!

And why are thrombi formed? Because inflammation, as per school text, induces thrombosis through a complex but well-known pathophysiological mechanism. Then? Contrary to what scientific literature, especially Chinese, said until mid-March, it was that anti-inflammatories should not be used. Now in Italy anti-inflammatories and antibiotics are used (as in the influences) and the number of inpatients collapses. Many deaths, even 40 years old, had a history of high fever for 10-15 days that was not treated properly. Here inflammation has destroyed everything and prepared the ground for thrombi formation. Because the main problem is not the virus, but the immune reaction that destroys the cells where the virus enters. In fact, our COVID departments have never entered patients with rheumatoid arthritis! Because they make cortisone, a powerful anti-inflammatory!

Therefore, hospitalizations in Italy are decreasing and it is becoming a disease that is treated at home. By taking care of it well at home, you avoid not only hospitalization, but also the thrombotic risk. It was not easy to understand it because the signs of microembolism have faded, even at the echocardium. But this weekend I compared the data of the first 50 patients between those who breathe badly and those who don't and the situation appeared very clear. For me you can go back to playing and reopen the business. Quarantine street. Not now. But time to publish this data. Vaccine can arrive calmly. In America and other states that follow the scientific literature that calls for NOT to use anti-inflammatories is a disaster! Worse than in Italy. And they are old and cheap drugs. " (Associated Medias - Red / Giut)

———

2) 原文:イタリア語

Coronavirus: speranze dalla scoperta di Sandro Giannini

10 Aprile, 2020

Bologna – Dai social arriva una buona notizia sul Coronavirus, forse risolutiva, che ha fondamenta scientifiche ed è diffusa da un medico autorevole del Rizzoli di Bologna, Sandro Giannini. Il suo è un curriculum molto qualificato: Professore ordinario di Ortopedia e Traumatologia e di Medicina Fisica presso l’Universidi Bologna dal 1989, direttore della Clinica I presso l’Istituto Ortopedico Rizzoli e del Laboratorio di Gait Analysis, partner in progetti europei e in programmi di ricerca nazionali e internazionali, autore di più di 600 presentazioni a congressi nazionali ed internazionali e più di 400 articoli in riviste Science Citation Index. Il suo messaggio dà grande speranza. Leggiamolo:

“Non vorrei sembrarvi eccessivo ma credo di aver dimostrato la causa della letalità del coronavirus. Solo al Beato Matteo ci sono 2 cardiologi che girano su 150 letti a fare ecocardio con enorme fatica e uno sono io. Fatica terribile! Però, di quello che alcuni supponevano, ma non ne riuscivano a essere sicuri, ora abbiamo i primi dati. La gente va in rianimazione per tromboembolia venosa generalizzata, soprattutto polmonare. Se così fosse, non servono a niente le rianimazioni e le intubazioni perché innanzitutto devi sciogliere, anzi prevenire queste tromboembolie. Se ventili un polmone dove il sangue non arriva, non serve! Infatti muoiono 9 su 10. Perche il problema è cardiovascolare, non respiratorio! Sono le microtrombosi venose, non la polmonite a determinare la fatalità!

E perché si formano trombi? Perche l’infiammazione come da testo scolastico, induce trombosi attraverso un meccanismo fisiopatologico complesso ma ben noto. Allora? Contrariamente a quello che la letteratura scientifica, soprattutto cinese, diceva fino a metà marzo era che non bisognava usare antinfiammatori. Ora in Italia si usano antinfiammatori e antibiotici (come nelle influenze) e il numero dei ricoverati crolla. Molti morti, anche di 40 anni, avevano una storia di febbre alta per 10-15 giorni non curata adeguatamente. Qui l’infiammazione ha distrutto tutto e preparato il terreno alla formazione dei trombi.  Perche il problema principale non è il virus, ma la reazione immunitaria che distrugge le cellule dove il virus entra. Infatti nei nostri reparti COVID non sono mai entrati malati di artrite reumatoide! Perche fanno il cortisone, un potente antinfiammatorio!

Pertanto, in Italia ospedalizzazioni si riducono e sta diventando una malattia che si cura a casa. Curandola bene a casa eviti non solo ospedalizzazione, ma anche il rischio trombotico.  Non era facile capirlo perché i segni della microembolia sono sfumati, anche all’ecocardio. Ma questo week end ho confrontato i dati dei primi 50 pazienti tra chi respira male e chi no e la situazione è apparsa molto chiara. Per me si può tornare a giocare e riaprire l’attività commerciali. Via quarantena. Non subito. Ma il tempo di pubblicare questi dati. Vaccino può arrivare con calma. In America e altri stati che seguono la letteratura scientifica che invita a NON usare antinfiammatori e’ un disastro! Peggio che in Italia. E sono farmaci vecchi e che costano pochi euro.”

(Associated MediasRed/Giut)

———

3) 追記

これ↓はどうも違う、ということのようです。

FDAが、COVID-19への非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)使用について助言, 2020年4月1日

https://www.cancerit.jp/65020.html

anond:20200414100728

西洋でも国によって名詞の性は違うのでなんともいえないが列車

イタリア語 treno

ドイツ語 Zug

ラテン系でもゲルマン系でも両方とも男性やな

類語でも名詞の性が違ったり、主流になった語根がちがったり、歴史的経緯ラテン系同士でも性が違うことはあるが

2020-03-27

スイスでは語圏によって新コ死亡率が違うらしい

イタリア語園が圧倒的に高く、その後フランス語圏ドイツ語圏の順らしい

2020-03-24

なんとなく掴んだ自宅作業のコツ、中間メモ

いわゆるポモドーロテクニックという手法。25分の集中+5分の休憩を繰り返す。

ポモドーロというのはイタリア語トマトのことで、トマト型のキッチンタイマーを使っていたことに由来する。が、25分計る手段は何でもいい。「自分能動的にセットすること」「時間の経過を音などで常に感じること」「終わりが明確であること」ことが大事

じゃあ何を使うかって、アニメ再生するだけでいい。ちょうど25分くらい。無料公開してるアニメも多いし。

いやもちろんアニメ見ながらなんて集中下がりまくるに決まってるけどハードルを下げることが大事で、慣れてきたらもっと情報量の薄いタイマーに変えていく。

5分の休憩も5分で終わる音楽を1曲流せば明確に区切れる。youtubeとか見始めると中断ができなくなるので注意。

あとはポモドーロテクニックの基本を守る。25分の間は事前に設定した目標のみに集中、他に生じた作業メモだけして全て後回ししていく。朝に本日タスクとそれぞれに必要ポモドーロ数を設定し、ポモドーロの数だけ守って消化していけば目標達成。

2020-02-28

アロスティチーニの語源

サイゼリヤ現在地域を限定して販売中のラム串焼き名前が覚えにくいので語源を知りたかったのが、「アロスティチーニ 意味」でググっても「語源はわかりませんでした!」といったページがヒットするので調べた内容を書いておく。

Arrosticiniでググる英語版Wikipediaがヒットする。確かに語源は書かれていない。

https://en.wikipedia.org/wiki/Arrosticini

Wiktionaryで調べるとarrosticinoの複数形とある

https://en.wiktionary.org/wiki/arrosticini

arrosticinoの項には語源について記載されていて、おそらくroasted(「焼かれた」)という意味のarrostoからだろう、とのこと。

https://en.wiktionary.org/wiki/arrosticino

では末尾の-icinoは何かというと、-cinoの変形らしい。-cinoは指小辞というもので「小さい」「少し」といった意味を表すそうだ。

https://en.wiktionary.org/wiki/-cino

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%B0%8F%E8%BE%9E

原義どおりに訳すなら「焼きっこ」といったところだろうか。roastの変形で先頭にaが付いているとわかれば覚えられそうだ。イタリア語知識は一切ないので、間違っていたら指摘してほしい。

2020-02-18

anond:20200218163842

お酒における辛口ってのは甘味がないという意味やで

英語ではdryフランス語ではsecドイツ語はtrockenイタリア語secco、全部「乾いた」という意味言葉やで

2020-01-29

あっちょんぶりけ」の意味がたぶんわかったので発表してみる

先日ちょっとした思いつきから、いろいろ調べてみてわかった。

おそらく当たってるんじゃないかと思う。

 

あっちょんぶりけ」はフランス語で「Action Briquet」。「ライターの動き」みたいな意味

本当は単語の間に「de」が入るかもしれない。

なぜこの意味だとわかるかというと、

ピノコは「あっちょんぶりけ」のポーズで、実は着火ライターマネをしているから。

なぜそうしているとわかるのかというと、

ピノコの口の形をよく見てみると、ライターから出ている火に似ているから。

まりあっちょんぶりけ」は本当は、「ライターの動き!」って宣言しながら口を歪めてモノマネをする、っていう一発ギャグなんだろうと思う。

ただ手塚治虫は、読者へのいたずら・謎かけで、その意味は隠し通したんだろう。

(それともどこかで明かしているんだろうか? 寡聞にして知らない)

 

あと『ブラックジャック』に出てくる他のちょっとマイナーピノコ語で、「しーうーのあらまんちゅ」「あちーのぷあんさー」がある。

「しーうーのあらまんちゅ」は、たぶんスペイン語で「ええ、布団で一人」か「もし布団で一人なら」の意味だと思う(少し不確か)。

綴りは「Si uno a la manta」。

「あちーのぷあんさー」は、たぶんイタリア語で「馬鹿が考える」の意。

綴りは「Asino pensa」。

調べてもらえばわかるが、それぞれのセリフ意味が、初めて出てくるときの話の内容に、合致していることが証拠

「しーうーのあらまんちゅ」は「殺しがやってくる」、「あちーのぷあんさー」は「ハッスルピノコ」が初出のはず。

 

以上、外国語知識とかでもし間違いがあったら教えてください。(3言語とも全然くわしくないので)

2020-01-23

スペイン語 フランス語 ポルトガル語 イタリア語を第2外国語として選択できる大学も多い

これでもけっこうがんばってるとは思う。理系だと。ドイツ語はたしか先生がいなかった。

2020-01-18

anond:20200118002939

基底というのは文法用語。(生成文法系の)

ご指摘の通りドイツ語では動詞が後に来る場合結構あって、それが基底の語順がそのまま出ている場合

なお、欧米言語英語ドイツ語だけではない。既にラテン語フランス語に触れたが、他にもたくさんある。

フランス語の Je vous aime. も イタリア語の Io ti amo. も ラテン語Ego te amo. も全て文字通りの語順は I you love になってるじゃん。動詞最後

2020-01-14

古い絵に書かれていた「ルービロ ポッサ」という聞き慣れない単語

アルファベットで書けば

luvi lo possa

になるのかな?

イタリア語

多分昭和始め頃の絵じゃないかと思うが…

ルイヴィトンみたいなものかな???

追記

意外に反応が多くて驚きました。

紹介されたリンク先全部見ました。

大阪のお店是非行ってみたいです。

てゆーか、

ネライハエザサニンホニノワイレ

2019-12-25

おはよう」とかってなんで存在するんだろう

おはよう」「こんばんは」みたいな、時間によって変わる挨拶は多くの言語にあるようだ。

例えばフランス語イタリア語などは朝と昼の挨拶は同じだけど、夜のはちゃんとある

ヒンディー語ナマステで全部行けるようだが、こんばんはとかに当たる挨拶も別でちゃんとあるそうだ。

しかし例えばタイ語ウイグル語サモア語には時間で変わる挨拶は無いようだ。

この違いは何だろう。

こんにちは」1つだけの方が楽じゃない?と思うのは安直すぎるだろうか。

例えば「今日仕事は終わりですよ」という意味で夜の挨拶が使われてたとか?

単に退屈だったから色々挨拶作ってみたとか?

自然への敬意とか宗教的理由で決まったとか?

人工言語エスペラントにも朝昼晩の挨拶存在するが、これは何か積極的理由があって加えられた?

まあ全部ただの偶然かもしれないけど、言語によってどういう成り立ちで言葉が生まれた・生まれなかったという理由をあれこれ調べたり考えたりするのはちょっと面白いかも知れない。

2019-12-14

古文をやめてラテン系言語をやれ

スペイン語勉強したらポルトガル語イタリア語フランス語ラテン語あたりの意味ボンヤリわかるようになった

英語知識だけでわかろうとするのとはかなり精度がちがう たとえば「いつ」の疑問詞はスペイン語だとcuando、イタリア語だとquando、フランス語だとquand こういう基礎文法みたいな部分がかなり似通ってるんで絶対便利 ちょっとでもわかる部分があると結構違ってくる

日本古来の文化ガーとか言いながら係助詞とかを学ぶのは絶対ムダだ

枕草子とか源氏物語大鏡とか徒然草なんかを多少読むのは全然構わないし、教養として大切だっていうのも頷ける でも古典日本語の動詞活用なんて覚えてどうするんだよ それならスペイン語の前置詞と定冠詞でも覚えたほうがまだしも役立つだろ

2019-12-01

NHK「やさしい日本語」で外国語勉強

https://www.nhk.or.jp/lesson/

外国人が初級の日本語学習するラジオ番組サイト

英語話者日本語学習するバージョンに挑戦してみたけど解説を聞き取るのはなかなか難しい。

17国語もあるが、意外にも日本ではメジャードイツ語イタリア語はない。

2019-11-23

イタリア語で「奇妙な水」という意味がある、ブイヨンなどを用いず、水とトマト(ピンポン!

アクアパッツァ

2019-11-13

anond:20191113141402

スピードスキーとはスキー競技ひとつで急勾配の斜面を滑り降り時速を競う競技

世界記録イタリア人のイバン・オリゴーネ(イタリア語版)が2016年3月26日フランス・ヴァールで記録した254.958km/h

2019-11-12

語学学習の基本その4

https://anond.hatelabo.jp/20190815122152

言葉を学ぶ動機

https://www.youtube.com/watch?v=VGsay2fmw50

youtube言葉を学ぶのに本当に素晴らしいツールだ。

語学学習目的としたyoutuberは山ほどいるが、ときとして彼らは本音を語る。

一体なぜ、私たちは、自分の国以外の言葉を学ぼうとするんだろうと。

このyoutuberは、イタリア語との私というテーマで熱く語っているのだが、共感してやまない。

自分のことを思い出していた。

タイ駐在時代に、タイ語の日常会話があっという間に身についたのは

彼女と話をしたかたからだ。

そして10年たち、今に至るまでタイ語を忘れずにいるのは、それが彼女との思い出の一部だからだ。

言葉を学ぶときに、もっと重要なのは動機付けだ。

その国の言葉がわかることの喜びだ。

これは間違いない。

2019-10-19

リストランテ←かっこいい

レスウランテ←英語読めないのかな?

イタリア語スペイン語、どこで差がついたのか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん