「チェス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チェスとは

2020-05-16

anond:20200516131646

チェスうまいどころか、趣味でかじってレーティング日本一になったからね。

化け物とかそういうレベルではないと思う。

2020-05-01

anond:20200501121151

切れ負けは切れ負けで無駄粘りとかが意味もつし、ある意味七帝柔道みたいな魅力があって好きだけど、講道館柔道とは違うのはもちろんわかる。

けど、フィッシャーはそもそも切れ負けと並べて語るもんじゃなくね?むしろ盤上この一手しかない場合時計を増やせる意味では普通時計よりいいだろう。

そもそもチェス上級者戦みたいに1手1分増えるフィッシャーとかならそれは対局時計の叩き合いになるようなもんでもないし)

2020-04-30

anond:20200419201827

Abemaの将棋番組って正直ちょっとキツいんだよなー、「将棋に興味ない人が作ってる」感が強すぎて

あと正直フィッシャールールは終盤が単純になっていくチェス用のルールであって、終盤になるにつれて複雑になる将棋に使うルールとしてはそれほど面白くない、というのが分かってきたので普通に10将棋にしてほしいわ

あとあれだ、解説聞き手が終盤で対局者に全然付いてこられてないし俺も理解が追いつかないから、一番面白いはずの終盤が見てて楽しくないんだこれ

棋士を見たい人なら楽しいのはわかる

ちなみに俺の棋力は学生大会で県代表になったことある程度

(追記)

ブコメ見て気付いたけど、そういや感想戦さなくなってるじゃん。第2回はあんま見てなかったから忘れたけど、第1回は決着局の感想戦は流してたよね?

なんか楽しさ減ってると思ったらそれもか。

2020-04-29

オタク屁理屈

某誰それが連敗続きだとか嫌儲話題になってるけど、あの人の議論ってオタクのやり方にそっくりだと思った。

オタクってちょっとネットで調べただけの知識で全能感持っちゃうから

きみ、それ今調べてきたよね、みたいに感じることが多い。

基礎的な知識もないし、理解が浅くて物事本質をあまりわかってなさそうというか。

から結局屁理屈になってしまう。

世の中屁理屈しかからない層が圧倒的に多いからそういう議論もどきを「論破」と捉える人も多い。

オタクって思考が浅いんだよね。

深く考えたりしない。

さっと調べてすべて理解した気になる。

問題と本気で向き合う気はなく、「矛盾してる!」と言えば勝ちだと思ってる。

世の中は矛盾にあふれていて両面価値的な事象が多いんだよ。

そのなかでどういう判断をしどういう選択をするかという話なのに。

オタク世界の中で地に足をつけて立って責任を受け入れるのではなく、世界の外から超越した審判者を演じるのが好きだ。

オタク現実論理ゲームチェス将棋のようなものだと思っているようなところがある。

オタクはすべての物事が数値化できて白か黒かはっきりすると思ってるようなところがある。

そういう思考がとても幼稚なんだよ。

あいくら言ってもわからないだろうけどね。

2020-04-26

詐欺捏造・偽作

台湾誌(1704年

ジョルジュ・サルマナザールはフランスまれ白人だったが、ウィリアムイネスという牧師の協力を得て「キリスト教改宗した台湾人」になりすました。「台湾人の先祖日本人である」「香草をまぶした生肉を食べている」などデタラメ風習を広め、独自の「台湾語」まで作りだした。当時のヨーロッパでは台湾ことなど全く知られていなかったので、サルマナザールは25年ものあい台湾専門家と見なされ、彼が執筆した『台湾誌』は知識人からも信頼されていた。しかし、ハレー彗星で知られるエドモンド・ハレーが、『台湾誌』に掲載された星図などから矛盾を見つけ出して突きつけたため、彼はついに自らの虚偽を告白した。

ベリンガー事件(1726年)

数学教授デリック図書館司書エックハルトは、横柄な態度のヨハン・ベリンガーに腹を立て、悪質ないたずらを仕掛けることにした。二人は石灰岩に細工をして、カエルミミズ化石彗星太陽の形をした化石、「ヤハウェ」という文字が刻まれ化石などを作り出し、ベリンガー化石採集していた山に埋めておいた。当時は化石が生まれる原因が分かっておらず、神秘的な力によって形成されると考えられていたので、いま見ると明らかにおかし化石でも、ベリンガーは本物だと信じこみ、図版を収録した書籍まで出版してしまった。話が大きくなって慌てた犯人の二人は偽造であることを明かしたが、ベリンガーはそれを中傷だと考えてまったく取り合わなかったという。

コック・レーンの幽霊(1762年)

コック・レーンにあるリチャード・パーソンズの家に、ウィリアムケントとファニーという夫妻が下宿していた。しばらくしてファニーは天然痘で亡くなったが、それ以来、パーソンズの家では何かを叩くような音や引っかくような音がたびたび聞こえるようになり、パーソンズは「ファニーの幽霊に取り憑かれた」と主張した。ファニーの幽霊は、自分ケントに毒殺されたことを訴えているのだとされた。幽霊のことはロンドン中の話題になり、見物客が連日のように集まってコック・レーンを歩けないほどだった。しか調査の結果、パーソンズ自分の娘を使って、木の板を叩いたり引っかいたりさせていたのだということが分かり、彼は共謀罪有罪となった。

トルコ人(1770年

ヴォルフガング・フォン・ケンペレンは「トルコ人」という名の人形を完成させた。それは完全な機械仕掛けチェスを指し、しかほとんどの人間より強いというものだった。「トルコ人」はヨーロッパ中を旅してチェスを指し、その中にはベンジャミン・フランクリンナポレオン・ボナパルトなどの名だたる人物がいた。多くの人間がその秘密を暴こうとしたが果たせなかった。ケンペレンの死後、「トルコ人」はヨハン・メルツェルのもとに渡りアメリカなどで大金を稼いだが、1854年火事によって焼失した。その後、最後の持ち主の息子が明らかにしたところでは、やはりチェス盤のあるキャビネットの中に人が入っていたのであった。

首飾り事件(1785年

宝石商シャルル・ベーマーは、自身が持つ高額な首飾りを王妃マリー・アントワネットに売りたいと思い、王妃の友人だと吹聴していたラ・モット伯爵夫人仲介を依頼した。伯爵夫人は、ルイ・ド・ロアン枢機卿を巧みに騙して首飾りの代理購入をさせ、王妃に渡すと言って受け取った首飾りをばらばらにして売りさばいてしまった。その後、事件が発覚して伯爵夫人逮捕された。かの有名なカリオストロ伯爵も巻き添えで逮捕され、のちに無罪となっている。また「王妃はラ・モット伯爵夫人同性愛関係にあった」「この事件王妃陰謀だった」といった事実無根の噂が流れ、マリー・アントワネットの評判は貶められた。

ヴォーティガンとロウィーナ(1796年

19歳のウィリアムヘンリー・アイアランドは、父親を喜ばせるためにシェイクスピア手紙文書を偽造するようになった。多くの専門家がそれを本物だと鑑定し、ジェイムズ・ボズウェルなどは「我らが詩人聖遺物を生きて見られたことに感謝する」と祝杯を上げたほどだった。ついにウィリアム戯曲の偽作まで行うようになったが、その戯曲「ヴォーティガンとロウィーナ」はあまりにも悲惨出来栄えだった。また、その頃にはエドモンド・マローンによる批判も広まっていた。ウィリアムは罪を自白したが、世間はそれをウィリアム父親が息子に言わせているものだと受け取った。当の父親も、無能な息子がそんなものを書けるわけがないと、死ぬまで贋作であることを信じなかった。

プリンセス・カラブー(1817年)

イギリスで異国の言葉を話す身元不明女性保護された。ある船乗りが「言葉が分かる」というので通訳となった。船乗りによれば、彼女インド洋島国王女ラブーであり、海賊に囚われていたが逃げ出してきたのだということだった。彼女地元の有力者たちのあいだで人気となり、またその肖像画新聞掲載されて広まった。しかし、その新聞を見た人から通報があり、彼女メアリー・ベイカーという家政婦で、架空言語を作り出して、カラブー王女のふりをしていただけだということが判明した。

ポヤイス国(1822年)

イギリス軍人グレガー・マクレガーは、中南米で実際に功績を上げたのち、イギリスに戻って「ポヤイス国」への移住者募集した。ポヤイス国は南米の美しい楽園で、土地は肥沃であり、砂金が採れると喧伝された。ポヤイス国の土地役職通貨などが高額で売りに出された。それを購入した二百七十人の移住者グループが船で現地へ向かったが、そこにポヤイス国など存在しなかった。荒れ地に放り出された移住者たちは次々に死んでいった。マクレガーフランス高飛びし、そこで同じ詐欺を働こうとして失敗した。さらベネズエラへと逃げて、そこで英雄的な軍人として死んだ。

ピトケアン島の独裁者1831年

アメリカ冒険家だったジョシュアヒルは、ハワイ移住しようとして失敗した後、タヒチ島からピトケアン島へと渡った。ピトケアン島は、イギリスからタヒチまで航海したのちに水兵たちが反乱を起こしたという「バウンティ号」の生き残りと、その子孫たちが暮らす絶海の孤島だった。ヒルは、自分イギリス政府から派遣された要人だと嘘をつき、独裁者として君臨した。逆らう者には容赦なく鞭を振るい、恐怖で島を支配した。それから6年後、通りすがりイギリス海軍の船に島民たちが助けを求めたことで、ついにヒルは島から追放された。

ティッチボーン事件1865年

イギリスの名門ティッチボーン家の長男ロジャーは、1854年南アメリカ沖で海難事故に遭って亡くなっていたが、その10年後にオーストラリア肉屋を営む男が「自分ロジャーである」と名乗り出た。翌年、ロジャーの母である未亡人と「ロジャー」はパリで面会した。華奢だったロジャーとは違い、「ロジャー」は体重100kgを超える粗野な男だったが、未亡人は彼こそがロジャーだと認めた。貴族を名乗りつつも労働者であった彼は、イギリス庶民からも大いに人気を集めた。しか未亡人が亡くなった後、裁判において彼は偽者であるとの裁決が下され、14年の懲役刑を課されることになった。

カーディフ巨人1869年

ジョージハル進化論を支持する無神論者だったが、聖書に登場する巨人実在について口論となり、それがきっかけで巨人化石捏造することを思いついた。石膏を巧みに加工し、毛穴まで彫り込んで、いかにも偶然発見たかのように装って大々的に発表した。専門家たちはすぐに偽物であることを見抜いたが、キリスト教原理主義者の一部は進化論への反証としてこれを支持し、また全米から多くの見物客がやってきた。フィニアス・テイラーバーナムが同様に巨人化石見世物にしはじめたことで、ハルバーナムを訴えるが、その裁判取材していた新聞記者がハルの雇った石工を突き止めて自白させたため、ハル観念して偽造を認めてしまった。

ケーペニックの大尉1906年

ドイツの靴職人ヴィルヘルム・フォークトは、古着屋で軍服軍刀などを購入し、「プロイセン陸軍大尉」に変装した。彼は大通りで立哨勤務をしていた近衛兵に声をかけ、十数名の兵士を集めさせると、ケーペニック市庁舎に踏み込んだ。フォークトは、市長秘書らを逮捕し、また市の予算から4000マルクほどを押収すると、兵士たちにこのまま市庁舎占拠するよう言いつけ、自分は悠々と駅に向かい新聞記者から取材に応じた後、列車に乗り込んで姿を消した。彼はすぐに逮捕されたが、ドイツ全土で人気者となり、時の皇帝によって特赦を受けた。

ピルトダウン人(1909年

イギリスピルトダウンでチャールズドーソンによって発見された化石は、脳は現代人のように大きいが、下顎は類人猿に似ている頭蓋骨だった。ドーソンはこれをアーサー・スミス・ウッドワードと共同で研究し、人類の最古の祖先として「ピルトダウン人」と名付けて発表した。当時は大英帝国繁栄期であり、人類発祥の地がイギリスであるという説は強く関心を持たれた。しか1949年フッ素年代測定により、ピルトダウン人の化石捏造されたものだと断定された。捏造犯人は未だに分かっておらず、『シャーロック・ホームズ』の作者であるアーサー・コナン・ドイル真犯人だという説まである

エチオピア皇帝事件1910年

後に作家となるヴァージニア・ウルフを含む6人の大学生たちは、外務次官の名義でイギリス艦隊司令長官に「エチオピア皇帝艦隊見学するので国賓として応対せよ」と電報を打ってから変装をして戦艦ドレッドノートが停泊するウェイマス港に向かった。ぞんざい変装だったにもかかわらず正体がバレることはなく、イギリス海軍から歓待を受けた。彼らはラテン語ギリシア語を交えたでたらめな言葉を話し、適当ものを指して「ブンガ!ブンガ!」と叫んだりした。ロンドンに帰った彼らは新聞社に手紙を送って種明かしをし、イギリス海軍の面目は丸潰れとなった。

コティングリー妖精事件1916年

コティングリー村に住む少女フランシスグリフィスとエルシー・ライトは、日頃から「森で妖精たちと遊んでいる」と話していた。ある日、二人が撮影してきた写真に小さな妖精が写っていたことに驚いた父親は、作家アーサー・コナン・ドイルに鑑定を依頼した。そしてドイルが「本物の妖精」とのお墨付きを与えて雑誌に発表したため、大騒動となった。50年後、老婆となったエルシーは、絵本から切り抜いた妖精を草むらにピンで止めて撮影したと告白した。しかし、フランシスもエルシーも「写真は偽物だが妖精を見たのは本当だ」と最後まで主張していた。

アルバニア王オットー1世1913年

ドイツ曲芸オットー・ヴィッテは、アルバニア公国独立の際に「スルタンの甥」のふりをしてアルバニアへ赴き、嘘がバレるまでの五日間だけ国王として即位した。ただし、そのような記録はアルバニアにもなく、当時からオットー証言は疑わしいものとされていたが、オットードイツ国内でよく知られており、新聞などでは人気を博していた。オットーが亡くなったとき、その訃報は「元アルバニア王オットー1世」に対するものだった。

アーン・マレー(1943年

オーストラリア現代詩誌『アングリーペンギンズ』に、25歳で亡くなったという青年アーン・マレーの詩が、彼の姉であるセルから送られてきた。『アングリーペンギンズ』誌はこれを大きく取り上げて天才と称賛した。しかし、これは保守派詩人であるジェームズマコリーハロルドスチュワートが、現代詩を貶めるためにつくったデタラメものだった。この事件によりオーストラリア現代詩壇は大きな損害を蒙ったが、1970年代に入るとアーン・マレーの作品シュルレアリスム詩として称賛されるようになり、以降の芸術家に大きな影響を与えるようになった。

タサダイ族(1971年

フィリピンミンダナオ島で、文明から孤立したまま原始的暮らしを続けてきたという「タサダイ族」が発見された。彼らの言語には「武器」「戦争」「敵」といった言葉がなかったため「愛の部族」として世界的な話題になった。彼らを保護するため、世界から多額の寄付が集まり居住区への立ち入りは禁止された。しかし15年後、保護地区に潜入したジャーナリストは、タサダイ族が家に住み、タバコを吸い、オートバイに乗っているのを目撃した。全ては当時のフィリピン環境大臣マヌエル・エリザルデJr.による募金目当てのでっちあげだったとされた。

ソーカル事件1994年

評論雑誌ソーシャルテキスト』は、「サイエンス・ウォーズ」と題したポストモダニズム批判への反論特集に、アランソーカルから寄せられた『境界侵犯すること 量子重力の変換解釈学に向けて』という論文掲載した。しかしそれは、ソーカルがのちに明かしたとおり、きちんと読めば明らかにおかしいと分かるような意味不明の疑似論文であり、ソーカルはそうしたでたらめをきちんと見抜けるかを試したのだった。それはポストモダン哲学者たちが科学用語濫用かつ誤用している状況に対する痛烈な批判だった。

2020-03-25

anond:20200325194316

敵の君主チェスだか将棋だかの原型のボドゲにハマらせて政治に関わらせないようにしたという伝説があったような

2020-03-08

囲碁将棋チェスAIに負けたがスポーツ界なんかもっと昔に技術に負けてる

野球ピッチングマシーンあるじゃん。あれを使うと人類には不可能な球投げられるそうじゃん?毎日500球投げてもなんとも無いじゃん?よく知らんけど。

てことは野球花形であるピッチャーはとうの昔にテクノロジーに敗北してるのになんで野球ではマウンドにピッチングマシーンおかないんだろ?

ベースカバー仕事がある、という人がいるけど、だったら一、二塁間にショート的なのおけばいいじゃん?ピッチャーもういないんだし

2020-03-04

テスト

これはテストなんです。

初めて使うときテスト必要なんです。

振る舞いの確認にはテスト必要なんです。

気になった。

test

① 物事の良否・能力などを調べるために試すこと。試験すること。検査審査。「飛行―」「試作品を―する」「―に合格する」

② 特に学力を知るための試験。「学期末―」

check

① 小切手。「ギフト-―」「トラベラーズ-―」

② 市松模様。また,格子縞。チェッカー。「タータン-―」

③ 点検すること。検査すること。照合すること。また,それが済んだという印(「レ」など)。「入場者を―する」「リストとつき合わせて―する」「主任の―が付いている」

④ チェスで,王手。また,その宣言

はてな匿名ダイアリー機能を知るために検査してみた」

2020-02-27

anond:20200226183247

しかにそうだ

なにしろ今回は新人5人と対局して勝ち越したわけだが

プロになったばかりの新人プロ全体でいうと平均して中くらいの棋力があるはず

まりもっと弱いロートル棋士はいくらでもいる

そういう人たちはアマトップ女流トップとやると3割-4割くらいしか勝てない

それなのにそういう人たちは対局がつく限り対局料が出る

ある意味規制にまもられている

これは他のゲームチェスEスポーツじゃありえない

囲碁にしても将棋ほど守られているわけではない

まあそれが理由トップ中のトップでも賞金対局料が1億行くか行かないかくらいで囲碁の半分、チェスの2/3くらいになっている

日本では将棋のが囲碁より全然人気あるのにそうなっている

2020-02-20

ブエナス・ノーチェス

ソイス・ウノス・ペダソス・デ・ミエルダス

ケ・オス・デン

2020-02-13

東京国科学博物館東洋館と「出雲大和展」に行ってきた。

二月一日

 間もなく、特別展「人、神、自然ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」が終了すると気づいたので足を運んだ。自分美術館に通う習慣を身に着けてから大体十五年が経過しているが、東京国立博物館東洋館をきちんと観たことはない。いい機会だと思い、東洋館全体をのんびりと回ることにした。

 特別展の会場は東洋館の二階にあり、会場そのもの常設展最初の部分、すなわち中国西域仏像のあるあたりを抜けた後にある。特別展の内容そのものは興味深かったが、コレクション全体が雑多なもの構成されているというか、あまりにも時代地域に幅がありすぎて、どのように展示したらいいのか少し迷っているような印象を受けた。とはいえ普段はなかなか見られないマヤ文明仮面などをじっくり見られたし、普段なら絶対しないような比較をする楽しみもあった。知らなかったのだが、グアテマラのほうがメキシコよりも良質の翡翠を産出するらしく、文明の中心地の人々は必死になってそれを求めたり、乏しい材料で何とか良いものを作ろうと苦心したそうである

 で、常設展に関してだが、展示スペースが地下階から五階にまで渡っており、ざっくり見ても三四時間はかかった。その中で特に面白く思われたのは、中国朝鮮半島の品々だ。というのも、青銅器勾玉などの作りが、日本とよく似ているところもあればまるで異なっているところもあり、比較する楽しみがあるからだ。また、饕餮の刻まれた祭器の類も自分は好きで、根津美術館に立ち寄った時にはのんびり眺めている。理由はわからないのだが、自分はそれと同じくらいに玉の類にも心惹かれる。西欧君主たちの王冠も立派だとは思うが、金やダイヤモンドではどうも少しまぶしすぎる。自分東アジア文化好きな人間だからそう感じるのだろうか。

 とはいえ自分が好きなのはどうやら宋代までらしい。どうも、明代になると技巧的になりすぎるというか、色が鮮やかすぎるように感じられる。確かに黄色などの発色は鮮やかだし、竜のうろこなども実に細かく表現されているのだが、技術的に優れていることが美しさに直結するかどうかは別問題だ。自分としては唐三彩と呼ばれる、赤や緑や土の色を活かした陶器が美しいと思う。ある程度の素朴さがないと、親しみが持てない。台湾で見た、清代象牙を削って作った細工なども、優れてはいるが技巧をひけらかしすぎているように思われる。

 あとは、天然の石を削ってザクロ見立てていたものはよかった。故宮博物館にあった、翡翠だか瑪瑙だかを削って作ったのと同じ発想で、天然の石の色彩や質感を生かしながら表現しているものだ。あとは漆を刻んだものもよい。色がおとなしくて上品だ。

 もう一つ興味をひかれたのは、漢代画像石だ。学生時代古典教科書の表紙に出ていたので覚えていたのだが、実物を見たのは初めてである。宴の様子が見て取れるようで、ある者は楽器を弾き、またある者はボードゲームをしている。そのボードゲームの盤は真上から見たように正方形表現され、遠近法無視されている。エジプト絵画と同じで、何が書かれているかがわかりやすいことが、写実性よりも優先されたのだろう。十字軍時代チェスをする騎士を描いた絵画でも、似たようなことをしていた覚えがある。

 そうだ。途中のフロアでは「生誕550年記念 文徴明とその時代」という、また別の企画展をやっていた。自分は書に対しては無知なのだが、解説によれば、文徴明は科挙には合格しなかった人物だそうであるしかし、温厚な人柄と勤勉実直な性格で、やがて文章校閲に関する職に就いた。九十年の生涯のうち三年しか勤務しなかったが、一流の人々と交わることでその才能を開花させた、とのことだ。人生仕事だけじゃないよな、という気持ちをまた新たにした。

 自分にはそれこそ古代中国官僚のように、職を退き水墨画に描かれたような山奥に引っ込んで、時折訪れる友人と琴棋書画をたしなむ、みたいな生活にあこがれる傾向があるのだが、ほどほどに働きつつ、土日に友人とボドゲをしたり美術館に足を運んだりするのは、十分近いんじゃないか、って近頃は思っていて、そんな気分になれたのも、今日気分転換成功たかなのだろうな、という気がした。

 近々、同じ敷地内の法隆寺宝物館にも行こう、と帰りの電車で考えた。あそこのカフェは閉館間際になるとほとんど人がいない穴場なのだ


二月八日

 特別展出雲大和」にふらりと向かった。前回の「正倉院世界」がとてもよかったので、これも行くしかない、と思われたからだ。

 おおよそ弥生時代から奈良時代初期にかけての日本美術を楽しめる。特に銅鐸などは、教科書で見たものもたくさんあり、懐かしく思われた。国宝重要文化財ごろごろとある三角縁神獣鏡も大量に見ることができた。恥ずかしながら、これが中国神仙思想と深い関係にあることを知らなかったので(忘れていたので?)、そこに刻まれていたのが解説を読むまで西王母だとはわからなかった。しかし、こう考えると日本への道教的な要素の導入は、かなり早いのだな、と思われた。

 他にも多くの埴輪があり、細かく当時の祭祀の様子が説明されていた。これは知らなかったのだが、出雲の周囲では四隅突出型墳丘墓という、独特の形をした古墳が広く分布しているそうである。そういうまじめなことをしかつめらしい顔をしながら読んでいると、自分は振り向く鹿を表現した埴輪肛門があるのに気づいた。正確には肛門ではないかもしれない。埴輪を焼くうえで必要技術的な要請から開けられた穴なのかもしれない。しかし、尻に穴が開けられていたのは間違いない。

 下世話な話だが、自分動物彫刻を見るといつもその性別を確かめたくなる。別に馬の彫刻に陰茎と陰嚢があって何が面白いのかと問われればそれまでなのだが、生真面目な騎馬像にもそういうものがついているかと思うとどことなく愉快な気持ちになる。それから、先週観たような民俗学的なものであっても、素朴な男性像と女性像ではどんな風に性器表現しているかを確かめるのは、文化ごとの感受性が端的に表現されていてなかなかに面白い。

 脱線が続くが、本当に不思議なのは世界中の文化男性器と女性器を絵にしたり彫刻にしたりすることが普通に行われているし、中には神々として崇拝することだってあるのに、ギリシアローマに由来する彫刻絵画では、女性器も陰毛もすっかり省かれてしまっていることで、これは男性像の性器も小さいほうがよろしいとされたことと関係しているのだろうか、などと何かと勘ぐってしまうのである

 閑話休題。この特別展で私が一番見たかったのは、七支刀である。「日本書紀」を読んでからぜひ見てみたいと思っていたものだ。刻まれた金の文字はかすかにしか読み取れないが、専門家でも何でもない私が「月十六日丙午」とある部分を読み取れたので楽しかった。だいたい、こういう文字の刻まれものを見るのは楽しくて、ほんの二つか三つの変体仮名をしっているだけでも、巻物を見る楽しみ増えるというものだ。

 ほかにも、神社奉納された刀剣や武具などもあったが、私はそれらには、古代の品々ほどには心はひかれなかった。あとは、「出雲国風土記」が朗読されているコーナーがあったが、そこでは本当にハ行がファ行で発音されて、チやヅがティやドゥと読まれていた。

 帰りは東京駅田舎そばを食べて帰った。非常に歯ごたえのあるそばだが、定期的に食べたくなる味だ。いつもは昼に寄ることが多いので肉野菜そば天ぷらそばだけだが、夕飯なので野沢菜と肉味噌れんこんをつけた。ちょっと贅沢をしたので気持ちよく眠れた。

2020-02-05

プロ将棋を見てても「王手!」って全然言わないけど

チェスも実際には「チェック!」とか「チェックメイト!」とは言わないのかな

2020-01-15

羽生さんみたいな人の記憶があるから将棋選手はいるけどもういらん

将棋チェス囲碁みたいな肉体性のない仕事って20年後には絶滅すると思う。AIと対戦してもつまんないよ。

2020-01-01

anond:20191228234013

3月のライオン将棋漫画だと思って読んだら将棋の内容に全く触れずに"凄そうな感じ"を表現するだけで逃げててガッカリだったわ

あれ別に将棋じゃなくて囲碁でもチェスでもバスケでも同じ内容の漫画に出来るでしょ

勝負の内容を描くことから逃げてるんだから

もっとヒカルの碁とかハチワンダイバーみたいな「どのように戦ったのかを、ルールが分からない人にも伝える」って努力しろ

2019-11-28

[]2019年11月27日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0010015206152.144
01130726255.938
0281399949.425
03474747101.023
04131882144.873
0512114695.553
061772642.735
07394138106.161
0889523158.830
09146836257.330.5
101531111572.631
112522209587.736
122091533973.436
1313313407100.844
141381135482.331
151631526293.629
162121397665.928
171921789393.242.5
182181417765.038.5
191611518594.340
201351331498.646
2112713200103.937
229810496107.138.5
231631408286.449
1日302825359483.736

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

持ち駒(5), ヌーハラ(8), 連載中止(8), クラムボン(4), 逸(7), 藝(12), 田嶋(3), ゆずソフト(4), 学会員(6), 竜宮城(4), 微小(4), 将棋(25), 任天堂(18), 関西弁(15), パスタ(29), デザイナー(16), 桜を見る会(13), 麺(17), 住所(17), ミソジニスト(7), 善(8), ラーメン(28), アレルギー(10), ゾーニング(15), 箸(13), 抗議(16), 吸収(8), 宇崎(23), ジャンプ(15), 読者(15), デザイン(18), ブランド(12), セクハラ(29), 派遣(12), エロい(14), 成果(12)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■「日本が滅びる」のイメージが湧かない。 /20191127134114(26), ■忘年会 イベントの景品なにがいい? /20191126213909(23), ■パスタをすすって食べるヌーハラがめちゃくちゃ不快 /20191127011156(23), ■なぜ関西弁をやめないんですか! /20191127124349(23), ■増田の皆様 /20191127161031(22), ■【急募】夫を驚かせる浪費の方法 どうやったら高価な品を選べるのか /20191127142037(22), ■【貧民労働者ランチ首都圏チェーン店 満足度No.1メニュー決定戦 /20191127145107(15), ■なぜ日本ではチェス流行らないのか /20191127112232(13), ■東京藝術大学志望の中学三年です。 /20191127201601(13), ■創価学会員だった彼氏と別れた話 /20191126155906(12), ■子連れ女性かばえなかった話 /20191127150750(10), ■子宮って鍛えられる? /20191127090343(9), ■「スープパスタ」と「ラーメン」の違いって何? /20191127104827(9), ■焼け石に水 /20191126141858(8), ■この際だからはっきりさせたい /20191127015521(8), ■今日も女は他人の不幸が見たい /20191127104415(8), ■「フィクション現実に影響しない! 「宇崎ちゃん献血数増えた! /20191127171740(8), ■自分ダブスタが悲しい瞬間 /20191127161847(7), ■身長偏差値が240いかない底辺wwwww /20191127113522(7), ■北海道いくら食って死にかけた話※追記有 /20191127122648(7)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6819819(3716)

2019-11-27

anond:20191127163029

指数部分が2倍という意味ね。

増田研究者の集まりじゃないんだから何か一言ないと分からんわ。

詰み局面からの後退ゲーム木探索として、

計算量Q=詰み局面数A×探索深さd^合法着手数k

を考えた時、A、dは将棋のほうが大きいだろうから、kが2倍以上あれば計算量は2乗以上。

さっきも書いたけど、計算量の比較重要なのは局面数ではなくて各局面合法着手数じゃないかな。

さて、通常のゲームでの合法着手数は将棋が平均80手、チェスが平均30手らしい。

(legal moves avelageで検索)

完全解析では非通常的な局面考慮に入れるけど、持ち駒ルールのために①実現可能局面数が多くて、②打つ場所自由度が高く、駒が減らないことによって各局面合法着手数が多いことを考えると計算量の差はもっとあると思う。

ちなみに最大合法着手数は将棋が593手、チェス218らしい。

調べてみるとなかなか面白いね。

anond:20191127112232

好みの問題だけど、チェスってルールがあまり面白く感じない。

動きは将棋に比べて単純に感じる。将棋は前に一直線にだけ動けるとか、なかなかクセがあるように感じるんだけど。

特に気に入らないのが引き分けの多さ。チェスでは相手の動きを完全に封じた場合は勝ちでは無くて引き分けとなってしまう。

ステイルメイ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88

小学生くらいの頃は中二病と言うか海外に憧れがありチェスクールだと感じていたが、

今は将棋の方が好きだな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん