「スイーツ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スイーツとは

2018-12-09

スイーツパラダイス女性同性愛者向けのハッテン場と勘違いする話

書きたいけどポリコレ違反なので書けない

2018-12-01

anond:20181201220751

勉強はじめてみましたーとか意識高いこと抜かしてるだけのくるくるぱースイーツ女なんて掃いて捨てるほどいるんだぞ

2018-11-30

anond:20181130140020

女子でお昼休みみんなでスイーツ食べてるのを鼻で笑ってた

お酒のみ(という噂)の営業(当時すでに中年)が、

糖尿で偉いことにって話をきいてびっくりしたことあります

2018-11-28

anond:20181128075747

人格」ってのは表層的なものは指さない、と思ってるんだろうか?

広義をとれば指すことはある。

しかし「その人固有の性格人間特性」くらいの意味であれば、ヤンキーに憧れるとかサッカーを始めるだとかは偶有的属性であり、

それ以前の、アウトローに格好良さを見出したり、競技を通して自己実現しようと思ったりするところまでがそうだろう。

何で「明らかに」なの?

まず、自分ならば老女ものポルノいくら見せられようがたまたま見てしまおうが、老女を性的に好むようになったりはしない。

他者の観察経験や各種の知見からも、もともと受け手に素地が無い性的欲求を植え付けることは出来ないと考えている。

が、それにあなた同意しないのならばそこは尊重し「明らか」は撤回する。

しかしそこを措いても、「幼児性的意識するからロリ漫画を読む」のと外形的に区別は付き難いはずであり、ロリ漫画を読むことで幼児性的意識するようになると考える根拠の提出は必要だろう。

(それとも「ロリ漫画を読む奴は、幼児性的意識したりする」は影響の因果関係ではなく単なる事実説明なのだろうか。そうとも読めるが、それならば影響の例として挙げること自体適当からそれはないか

誰もそんな事言ってないんだけど、誰と戦ってるの?

投稿の冒頭で言ったように、多くのオタクの言う「影響」は「犯罪が増える」といったメディア悪影響論に対する反論として出てきている、ごく狭義のもの

そしてそういう文脈なかに割って入ってきて「影響がある」と言ってのけることはつまり、「犯罪増加として顕在化するレベルの悪影響の存在」の肯定となる。(そういう「影響」はないよ、という立場を「いやあるだろ」と否定する以上はね)

もともとアウトローやら競技やらに親和的なやつが創作物の影響で、ヤンキーを好もうが清水次郎長を好もうがサッカーを始めようが野球を始めようが、その観点では「影響」はないと言っていい。(これはショートケーキチーズケーキかに相当する話)

「その表現物が無ければ起こすはずのなかった逸脱」を起こさせるほどのものがここでいう「影響」であり、その要因となる「その表現物が無ければ起こらなかったはずの性向の変化」が「人格的影響」と呼ぶに値する、そう自分は考える。(これが「奪ってでも手に入れる」とか「甘いもの好かないやつがスイーツ好きに」に相当)

わかりにくいようですまんね。

anond:20181128033811

人格」ってのは表層的なものは指さない、と思ってるんだろうか?

或いは「表層的な人格への影響は影響とは言わない」と言うよく分からん理論なんだろうか?

美味しんぼ読んで偏ったグルメ知識を信じるようになった、ってのも立派な「人格への影響」だと思うんだが。

ロリ漫画云々に至っては因果が明らかに逆だろう。

何で「明らかに」なの?

そもそも甘いもの好かない奴がスイーツ好きになるとか、奪ってでも手に入れたくなるとか言うレベルの「影響」と一絡げにして「影響はある」と無理筋を通そうとするやつ

誰もそんな事言ってないんだけど、誰と戦ってるの?

藁人形にもほどがある

anond:20181127104426

多くのオタクが「影響はない」とか言う時、それはメディア悪影響論に対する反論、つまり表現存在によって犯罪が増える」とか言う意味での「影響」だからね。

それは現在のところ各種の研究否定されている。

あなたの挙げている例も「人格に影響」と言うにはあまりに表層的なものばかり。予め受け手の側に志向目的存在してすすんで影響を受けているもの(1、2、3項目め)や、そもそも創作表現でなく人から誤ったメッセージを伝えられ続けて判断が歪む例(よく知らん例だから間違ってたらすまん。4項目め)。ロリ漫画云々に至っては因果が明らかに逆だろう。

甘い物好きの奴がチーズケーキ選ぶかショートケーキ選ぶかに影響してるじゃん! レベルの"影響"の例を以って、そもそも甘いもの好かない奴がスイーツ好きになるとか、奪ってでも手に入れたくなるとか言うレベルの「影響」と一絡げにして「影響はある」と無理筋を通そうとするやつは、わかっててやってるなら卑怯だよね。

2018-11-23

anond:20181123124047

理系はそのままスイーツ系女に結婚まで持っていか郊外でしっぽり暮らし

文系は30くらいまでスイーツ遊んだあと捨てて同レベルのややブス女とパワー結婚して都心タワマン住んでるるイメージ

2018-11-22

anond:20181122165355

会話はキャッチボールなんだから相手の反応を見ろよ

なんの話題でもそれができないから話もりあがらないんだろうが

スイーツだろうが好きなものだろうが、増田場合全然関係ないよ

増田本人の問題

anond:20181122165057

そもそもスイハラ定義調べたら、

コース料理最後に出てくるスイーツを食べるように強要したり

甘い飲み物を嫌いなのに飲むように強要するような人の話じゃん

話題に出してハラスメントじゃなかった!

適当ばっかり言うわー

anond:20181122164926

育ってきた環境が違うから好き嫌いしょうがないぞ。セロリが嫌いだったりする。

例えば「おいしいケーキや」の話なんかしたらスイハラスイーツ話題ハラスメント)にされてしまうわ。

anond:20181122164853

なんといってもおいしいものだよねー

おいしいレストラン、おいしいラーメン

おいしいコンビニスイーツ

よく行くお気に入り定食屋いくらでも話題広がる!

2018-11-20

愚かな人類

フルーツグラノーラ

もはやシリアルではない

もはやあれはスイーツなのだ

そうとは気づかずに

バクバクと朝食に食べる人類

まったく滑稽極まりない

ハーハッハッハッハッハ

2018-11-19

他人セックスが気になる

知っている人のセックスなんて知りたくない。

AVは見れるけど、今目の前でスイーツを目にして目をキラキラさせているあの子がどうやって彼の上に跨って喘いでいるかなんて知りたくない。

でも知りたい。普通女の子はどう喘いでいるか

どう跨って、どう動いて、どう咥えて、どう果てるのか果てないのか、そしてどう愛の言葉を伝えるのか。

異性はわかる。人によってどんなプレイか、どういう体位が好きか。人を変えればそれはわかる。

けど同性はわからない。anan特集を読んだところで、本当のことなんて教えてくれない。

知っている人のセックスなんて知りたくない。

その日初めて会って、もう会わないようなそんな人のセックスが知りたい。


追記

そもそもAV自体虚構だと思っているか盗撮もの素人もの虚構なっちゃうわけで。

気になるのは一般人がする行為がどういうものが「普通」なのか。

さすがに相手に「今までの女の子はどうやってた??」って聞けないじゃないですか

2018-11-18

anond:20181118094916

でもキモくて金のないおっさん単独スイーツを購入するために並んでいると不審者としてバッシングするんですよねわかります

anond:20181118042503

レトルトと冷食とスイーツって印象。金のビーフシチュー好き。いつも買っちゃう

弁当だったら、コープさんが案外いいかも。

2018-11-02

クリームさえあればいいと言うけれど

 スイーツの中にはクリームがその体積の大半を占めるようなものがある。一部のロールケーキシュークリーム代表的な例だ。

これらを好む人の一部は「もはやクリームさえあればいい」、「クリームオンリーで食べたい」というような願望を抱くらしい。

そしてそれらの人々のうち更に一部はクリームを買ってきてそれを実行し、クリームだけで食べてもそれほど美味しくはないことを知る。

美味いだろうと期待して食べたのが、そうでもなかったのだから残念な経験だが、

この経験を通じて一見クリーム生地バランス崩壊しているような既存スイーツが実のところギリギリラインを見極めた絶妙ものであることを知ることができるという点では学びのある経験だともいえる。

 しかし、このような安易な学びのみを得て終わろうとは虫が良すぎる。

最初に抱いた「もはやクリームさえあればいい」という考えが軽率だったことを恥じ入るべきだ。

もっと賢明に「もはやクリームさえあればいいのではないか?もちろんそうでない可能性もあるが。」という留保付きの態度をとるべきだったと反省するべきだ。

クリームに関する失敗談として終わらせてはいけない。真に学ぶべきは自分の中にある軽率判断をしたがる精神を手なずけられていないことだ。

これを認識していなければ同種の誤りを繰り返すことになるだろう。経験を一歩抽象化するだけでいいのだ。クリームに関する経験から自らの軽率さに基づく失敗経験へと。

そうするだけで同種の考えが浮かんだ時にそれに疑念を持てるようになる。

 誰にも迷惑をかけていないのだからいいと考える人いるかもしれない。

かに一人でクリームを食べて気分が悪くなったところで構いはしないのだが、

軽率な考えは得てして軽率言動を伴うもので、それはときに周囲の人間を巻き込む。

自分の予想が誤っている可能性があると思っていれば自然言動に慎重さが伴い、他人への配慮も生まれるというものだろう。

2018-10-25

しかしながら個人間の差異残酷

anond:20181024151835

キモくて金のないおっさん論の人には申し訳ないんだけど、個人の間にある魅力の差異って、顔がキモいとか金の有無なんかより遥かに想像を超えて残酷で、それって例えばWebなんかでは可視化されるでしょ。匿名掲示板やらSNSなんて、顔の造形(アイコンで偽れる)や金の有無(有名スイーツ画像引っ張ってこれる)はごまかせるけれど、それでも、実際にははてなスターの数やRTの数には本当に天地ほどの差が現れるよね?

世の中には面白くて魅力のあって、他人感情機微をとらえて会話をつなげたり、物事の周辺事情本質を汲んで考察したり、つまり言動によって他者に何かをもたらせる人間と、そうでない人間がいる。その両者の差は絶望的なまでに大きい。

増田は「Careの話をしようよ」というけれど、それは上記の魅力の話に接続ちゃうんだよ。

なぜなら自由意志支配するこの社会において、だれにCareするかはCareする側が選ぶのだし、選ぶのなら魅力のある人にCareするのが当然だからだ。もし仮に自由意志のないCareがあったとしても、それは多くの人によってCareとして認識できない。格安老人ホーム個人尊厳とは無関係に行われる義務的なCareは「誰かに気にかけてもらい認められる」という文脈においてCareとは認め難いでしょ? 人は自由意志によって自発的に己に向けられる何かをCareと呼びたいのだから

でもそれは前述の通り反対給付を払う能力という視点において絶望的な格差があるという話につながる。更に言うならば、Careが得られない個人はCareを求めるあまり、なんとか自分を売り込もうと、自分のことばかりを(自分の痛みばかりや、自分が思う自分セールスポイントばかりを)声高に語ることによって更に支払い能力を落としていくし、Careが十分に得られた人間はその精神的充足や平穏を原資にしてさらなる人間関係を開拓してより多くの支払い能力を得ていく。残念なことに魅力という格差も拡大するんだよ。

顔の造形とか金の有無とか清潔感とか、まあ、本人にとって深刻ではあるんだけど所詮説明がつく程度」の話題であるように思うんだよ。それらはたしかになるほど格差ではあろうし、たとえば「整形すればいいじゃん」「金稼げばいいじゃん」という指摘が理不尽であるゆえに事実上解決不可能に見えたとしても、理不尽とはいえ解決の理路が示される程度の絶望しかない。

でもしかし、内面の魅力というのは説明不能解決不可能だ。自分が今不幸であるとき、その不幸を感じている自分自分内面なので、そこを交換してしまっては、交換後の味わえる「本来得られる幸福」さえ今の俺ではなく新しい俺のものになってしまう。「金持ちになった俺」や「イケメンになった俺」は俺自身かもしれないけれど、「俺という内面を捨てた俺」は俺ではない。

それは、内面に起因する貧しさはイケメンになっても金を得ても捨てられないのではないか? という恐怖だよ。その恐怖――つまり人間の間にはとてつもないほどの内面の魅力の差があって、それはイケメンになろうが金持ちになろうがついて回り、その差異のせいでわたしわたしが望むようなCareが十分に、しか未来永劫得られないのではないか? そしてそれは内面に由来するので言い訳が一切通用しないのではないか? ――はあんまりにも激甚で、個人には耐えられない。

言い方は悪いけれど、顔が不細工からだの金が無いだのは(家系遺伝子が悪いなどの)言い訳がきくよね。でも内面はそれよりずっと逃げが効かない。Webでこの件についての話題議論が少ないのは、誰しもが、この話題鬼門でつついてもろくなことがないと、うっすら理解しているからじゃないかな。

そして、だからこそ個人差異に由来しない代替品としてFairを求めているのでしょう?

だれもが内面とは無関係に、一律で、区別なく得られるものとしてのFair。わたしがどこの誰でどんな欠陥持ちだろうが得られるFair。すばらしいもの

そういう理由でFairを求めているひとに「Fairは本質ではないから、Careの話をしようよ!」っていうのは、あまりにも残虐非道なのではないかな。本質じゃないのも代替品なのも承知の上で、でも、内面の魅力なんて言うアンタッチャブルな恐怖――わたしはCareを得るのに十分な内面を持ってないのではないか? ――と戦っている人に向かって、生存必須栄養素としての承認が足りないからあがいているある意味貧困層に向かって、「自分の畑で育てればいいよね?」みたいな。その畑がないから苦しんでいるというのにさ。

まあ、「誰しもが一律で得られる」時点で、そんなものは前述の老人ホームの例でわかるとおり、Careの代替品にもならないってのも事実なのだけど。それどころか乾きに飲み干す海水のようなものであって、余計にCareが欲しくなり、なぜ彼らにはあったわたしにはないのか? という闇に取り囲まれるだけではあるんだけど。

2018-10-22

女性と遊びに行くのにどこに行こうか

当方三十代前半男性。20代後半女性を誘いたい。

アニメゲームなどが共通趣味

これまで、ドライブスイーツ巡り、ボウリング猫カフェ科学館などを経て前回アプローチしたもの

「今は友達しか思えない」を食らう。

次回は何を理由接触の機会を作るべきか。

多分「遊びに行こう」でも合わせくれるのだろうけど、実際何をしたらよいか悩んでいる。

どちらも映画が好きだが、交際を断られて次会った時にとなるとちょっと距離感が難しいだろう。

二人ともがぜひ見たいと思っているような映画はここ近日中にはなかなかなさそうだし。

お互い話すのが得意なわけではない。ドライブ中もコーヒーを飲んでいても、ぽつりぽつりと

思い出したように話題を絞り出している感じだ。

変に芸を凝らしても仕方がないとも思うが、ノープランで行くわけにもいかないだろうと思い。

その人とは今後とも長く友人としての付き合いを続けていきたいと思っているが、

「今は」という言葉に引っかかって妙な意識をもってしまっている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん