「フェミニズム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フェミニズムとは

2017-08-20

https://anond.hatelabo.jp/20170820211353

じゃあ文字通りのポルノ作家なんだね

女向けのポルノヘイト成分入れて仕上げると画期的社会派フェミニズム小説としてバズれるならそっちのほうがウマいなあ

https://anond.hatelabo.jp/20170820174210

からだが

増田は「フェミ小説ミサンドリ女が男を馬鹿にして私SUGEEEEする小説」という脳内定義を持ってるのかもしれんが一般的にはそんな定義ないぞ。

理想的運用される理念として「フェミニズム」にはそんな要素はないかも知れないが

現実運用されるフェミニズムは「ミサンドリ女が男を馬鹿にして私SUGEEEE」と関係ないとは到底言えないというか

ほぼ「ミサンドリ女が男を馬鹿にして私SUGEEEE」そのものになってるケースもまま見られると思う

フェミニズム小説=私SUGEEE!!だろって揶揄する人がいるの

普段からフェミ言動がいわゆる藁人形的な「なろう読者」にそっくりだからじゃないの

現実だとぱっとしなくて、自分が思い通りにいかないことを社会(男)のせいにしてて、

そして作品内で自己投影してる対象が全肯定されてないとヒステリー起こして抗議活動(笑)とか始めるじゃん

https://anond.hatelabo.jp/20170820161132

https://anond.hatelabo.jp/20170820152528増田だけど、読んでないし

読んでない事が分かるよう書いたつもりだけど。

別にその小説特別珍しい設定という訳ではなく、女性向けであれば珍しくはない内容では」と書いただけだ。

(勿論設定が珍しくないからと言って駄作だろと言いたいわけではないよ、設定が特異的でさえあれば傑作ではないのと同じで。

個人的には好きな設定なので、後で読んでみようと思っていた所だ)

そして元増田は、そういう内容である事を指してフェミニズム小説と言ってるのではないの?

女性女性である事の困難さに直面しながらも力強く生き抜いていく、ってテーマ作品フェミ小説範疇だと思うが。

増田は「フェミ小説ミサンドリ女が男を馬鹿にして私SUGEEEEする小説」という脳内定義を持ってるのかもしれんが

一般的にはそんな定義ないぞ。

https://anond.hatelabo.jp/20170820111359

私の意見が間違っていても、増田申し訳ながらなくていいんだよ。私は増田の言いたいことを理解したいだけだから

ありがとうございます

しかしながら自分の元の文が悪文であるが故に話がなかなか伝わっていないと思うので、その点で本当に申し訳なく思います

もうちょっとゲームを続けてもいい?

あんまり頭のいいプレーヤーじゃなくてこっちの方が申し訳ないんだけど。

はい、続けましょう。そして、私の言葉が足りていないのでそちらが申し訳なく思う必要はないと思います

まず、私の立場としてはポリコレの事自体を憂いているのではないということを念頭においていただければ幸いです。

私が憂いているのは、正しさで自己肯定をしてしまったが故に、他者不寛容にならざるを得ない人のことです。

ですので、

この増田主題は、自己肯定していない人間ポリコレを実行するのは危険を伴うから注意が必要だよってことかな。

ではなく、ポリコレなどの正しい価値観に準じることで自己肯定をするのは色々な意味で辛いのでやめましょう、ということです。

ネットポリコレ棒ブン回してる人たちはみんな、自分で考えたことを信じられないから(自己肯定してないから?)他人の考えを丸呑みにして準じようとするからそうなってるよね、それって本質理解してなくて、ただその教えに従ってれば自分絶対正しいんだって安心してるだけのポリコレ聖典信者だよねってことかな。

ポリコレじゃなくても、逆にレイシストであっても自己肯定がなければ、同じようにレイシズム聖典を抱えている可能性もあるってことよね。(ただレイシズム場合は元々相互理解不要であるという考えだからポリコレみたいにそれが本質でなくても内部矛盾する機構を持たないけど。)

前者、後者ともにその通りです。絶対に正しいことに従えば自分絶対に正しいという姿勢は、盲目的な信者しかない。そして、その絶対に正しいことというのは必ずしもポリコレである必要はなく、レイシズムであることも、フェミニズムであることもあります

自己肯定って確かに難しいよね。

小さい頃からずっと事あるごとにお前はいつも間違っているって言われて、その度にずっと脅されたり叱られたりしてくれば、どうしたらそのストレスから逃れられるのかなって考えた時に、じゃあもう自分で考えたことはみんな叱られるなら、みんなが正しいって言ってることを信じたらきっと叱られたり脅されたりせずに済むだろうって、まあ普通にそうなるよね。

だいたいその通りなのですが、最後の段だけ微妙に違います。みんなが正しいと言わなくても、絶対に正しく見えるロジックがあれば良い。時に聖典レイシズムであるのはそれだからです。そしてそれを信じれば叱られたり脅されたりせずに済むのではなく、叱られたり脅されたりしたときに無条件で悪いのは相手だと思うことができるので、ストレスから逃げることができるのです。

そんでポリコレの真髄とは、どんな反対意見を持った相手にも、どんな人種相手にも、どんな性別相手にも、どんな身分相手にも敬意を払って、失礼なことをしない努力をするってことなんだけど、そうなると相手意見尊重してよく耳を傾けなければならないし、自分がそれでもし何か間違っていたことがあったとしても、その間違いを正すことを恐れてはならない。自己肯定の塊よねこれって。

ポリコレの真髄ということまで私自身が理解できているとは思わないのですが、こうした他者を本当に尊重する態度は、自己がしっかりと確立していないとできないものなのでしょう。

そして単にポリコレ聖典にしているだけの人は、多分そこまで実践することができないのだと思いますポリコレ的な態度を取れない人をむやみに攻撃してしまう時点でポリコレから外れてしまうのはすでにご指摘のあった通りです。

自己肯定をするのはすぐには難しいかもしれないけど、でもきっとそれができればもっと楽チンに平和ポリコレできるよ!ピース

って感じ???

ここがまた私の考えとは違う部分です。この文章最初の方で述べた通り、私はポリコレ自体を憂う立場にはありません。だから、正しいポリコレのために自己肯定ができるようになろうと考えているわけではないのです。

憂いているのは正しさで自己肯定をしてしまったが故に他者不寛容になってしまう人です。

そうした人に、正しく生きることで自己肯定をするのはやめようと言いたい。自分が間違っていてもそういう自分を認められるようになろうと言いたい。

それができれば、信じるべき正しい聖典がなくても安定した自己を手に入れることができるよ、安定した自己が手にはいれば無闇に他者不寛容になってしまうこともなくなるよ、と思うのです。

安定した自己が手に入った結果、他者尊重できるようになり結果的ポリコレ的な態度を正しく実践できるようになることはあるでしょう。しかし、それは結果であって目的ではない。

重ねてになりますが、ポリコレを正しく実践するために自己の安定を手に入れようという話ではなく、ただ単に本当に楽に生きるために自分を認められるようになりましょうという話なのです。

ここまでのトラバリーの話の中で、私自身が自分が本当に訴えたいことを理解していなかったことに気づきました。最初は単に、正しさで自己肯定をしてしまう人は他者不寛容で息苦しい、そしてそういう人はポリコレ界隈の人だ、と思っていました。

けれども、ここまで様々な方とお話をして、自分自身の考えが深まっていきました。

結局言いたかったのは、正しさで自己肯定をしてしまうのは一見楽に見えるけれども実は辛いからやめよう、という話でした。

ポリコレ界隈の人全てが正しさで自己肯定をしているわけではないし、ポリコレ以外の正しさで自己肯定をしている人も、私が憂う人であったのです。

それなのに過激さを狙って「ポリコレとは現代聖典である」という上段に構えたタイトル元増田につけてしまい、反省をしています

これから元増田をどうするのかなど、ちょっと考えたいと思います

JKハルは異世界娼婦になった が面白かった

ここ数日twitterでバズってて、感想検索してみたらけっこうな数のひとが絶賛してたんで読んだ。

これね

http://novel18.syosetu.com/n4381dp/

あらすじはこんな感じ。

小山ハルは少しビッチ普通JK。同じクラスの陰キャ男子の異世界転移に巻き込まれ生活のために娼館で働くことになった。コミュ力と図太さを武器に、ハルは夜の異世界を生き抜いていく。

掲載サイトは【小説家になろう】の男性向け18禁サイトノクターンノベルズ女性向け18禁サイトムーンライトノベルズ】(※2017/08/20 14:28/指摘いただいて訂正)。

からバリバリHシーンがあるんだけどそれはこの物語が描こうとしたモノを鑑みればむしろ不可避だがそれを理由忌避せずぜひ読んでみてほしい……、というのはいったん置いといてだな。

え!? このネタをノクタでやる!? え、え……? マジで……?

というのが第1話を読んだ感想

というのはですね、なろうっていわゆる異世界転生(転移チートハーレム無双が一大人ジャンルなんですが、なろうの男性向け18禁サイトであるところのノクタでも当然人気なんですよ。で、このJKハルはそれを全力でぶった斬っていく。

どういうことかということ東京JKをやっていた主人公小山ハルが男にとってまったく都合が良くない、不都合女子……なんです。

 

JKハルは異世界に転生(転移)したはいものの何のチートももらわなかったので娼館娼婦やるしか生きていく術がない。だから1話から春(ハルっていうネーミングはこっから来てるんだろうなあ!)を売るシーンがあって、相手はあらすじに【同じクラスの陰キャ男子の異世界転移に巻き込まれ】ってある奴なんですけど、このセックスシーンがもうヒエヒエ。完全に冷めてます

というのもですね、普通なら異世界チーレムの主人公をやってるはずの【同じクラスの陰キャ男子】、千葉っていうんですがコイツが絵に描いたようなクソオタなんですよ。現実世界じゃクラスの隅っこで他のカースト下位とチョロチョロやってるだけのやつが、異世界にきていいチートをもらったことによってイキリオタククラスチェンジにし、稼いだ金を握りしめオラついた感じでハルを買ってるんです。

一方のハルは元の世界じゃ3代目なサッカー部彼氏がいたりするクラスの中心で輝いているようなイケてるJKです。だからこの千葉って男は、元の世界でたまった鬱屈を、元の世界で輝いたハルを抱くことで晴らしてるんですよ。さらにはハル自分に靡いているとか勘違いもしちゃってて、

「俺といるときは、仕事じゃなくて本当のエッチしていいよ」

とか言うんですよ、はいキモいさらには、

「はぁ、はぁ、やべ、俺、小山とやってる……関口たちに教えてやりてえ……」

とかも言うんですよ、最悪にキモい

当のハルは、そういう千葉キモいところとかメンドクセーところとかウザいところを内心で毒づきながらもキッチリ感じてるフリをして、精液を搾りとってやる。プロなので。

「あぁん、感じてるよぉっ。あたし、千葉に抱かれてるときが一番気持ちいい!」

(中略)

 はい、イッた。

 70ルバー分の精液が、あたしのマンコに支払われていく。

完全にギャグで最高にコミカルなんだけど、笑えないっていうか……。

オタクでノクタ住人の俺からすりゃあもうめちゃくちゃ身につまされるし、心の中はヒエヒエですよ。

じゃあこれそういうある種のなろう・ノクタメタ小説なのかというとそういう面はあるけどそれがメインじゃなくて、全貌が明らかになるのは2話なんです。

 

ハルたちが転生(転移)したこの異世界ってのはいわゆる中世ヨーロッパ世界で、酒場娼館を兼ねている。ハルは1階の酒場ウェイトレスとして働きつつ、客に気に入られれば買われて2階でセクロスする。で、ハルのいる街は魔王軍と戦う最前線にあって軍の関係者とか冒険者とか客で、あらくれ者も多い。

しかもこの世界完璧男尊女卑と来たもんだ。現代日本の何倍も男尊寄り。

で、2話にそんな行き過ぎた男尊女卑世界象徴するようなモブおっさんが出てくる。加虐趣味があって、ハルのケツを叩いたり、濡れてないのに挿入しようとしたり、首を絞めたりする。だけどハルはそんなクソみたいな客相手でも愛想を振りまくし、感じてるふりをするし、首絞めするなら追加料金払えとも言う。プロなので。で、コトが終わったあとには首に残った痕をリボンで隠して1階でウェイトレスやるんですよ、愛想ふりまきながら。

そうなんす、この話は東京ちょっとビッチですげー前向きなJKが、異世界のクソみたいな男尊女卑価値観の中でがんばるフェミニズムお話なんですよ。

冒頭twitterで回ってきたと言いましたが、はてなー向けに発信源を明らかにしておくと小島アジコの嫁であるところの801ちゃんです。あと高殿円

という話をした段階で、これを読んでるはてなーの8割ぐらいはブラバしたくなっただろうが、ちょっと待ってくれ、せっかくここまで読んでくれたんだ、堪えてつかーさいや。

 

これは男ってクソだよね、って話じゃないんですよ。いや、出て来る男は大概クソで、ハルはだいたいひどい目にあわされるんだが、物語が追っているのはそういうひどいとしか言い様のない状況でも力強く生きているハルや向こうの世界女性の姿なんですよ。

ハルは超がつくぐらい前向きだけどちょっとビッチJKしかいかセックスで金を稼ぐしか、誰にも頼れない異世界で生きていく術がない。だけど彼女はそれを呪わず愚痴ったりはするけど)客に愛想を振りまき、精液を搾り取り、店の嬢ランキング上位(神ファイブ)を目指して身を立てていく。

この嬢ランキング上位をハルが狙ってる話はモノローグとしてかなりの頻度で出てくるんだけど、彼女の前向きさを象徴していてとてもいいなと思う。逆に言うと状況だけど見るとかなり陰惨な話なんだけど、そういうハルの前向きさによってこの話はギリギリのところで持ちこたえている。

そしてこれは女が生きづらい異世界底抜けに前向きなJK娼婦やりつつがんばる話ではあるんだけど、もう少し広い目で見れば社会的弱者ががんばるって話でもある。弱者だしその度合がひどいので正視に堪えないほど屈辱的なシーンもでてくるけど、それでも折れずに現実的に・打算的に愛想をふりまくハルには男オタクといえど元気をもらえる(ハルの感じてるふりを信じ込んで「オラ、俺のちんぽに夢中になりやがって!」とかイキってるおっさんに、(ばーか、頭ん中がちんぽでいっぱいになってるのはおっさんだろ)とハルが内心毒づきながら受け流すシーンは最高にクールだし、(男オタとしては)最高につらいけど)。

 

でもこれだけならわざわざ増田感想投稿することはしなかったと思う。

ツイッターでいっぱい誉めてるひといるし、男オタたる筆者はそういう連中と本来的には相容れない存在なので。でも最終話にこれだけは感想を述べておきたい! って思えるシーンがあって、だからこの増田を書いた。前段までの文章はその助走みたいなもんだ。

ボカすけど、ネタバレ要素ありなので未読者は注意されたし。

 

JKハル本編14万字のうちの終盤に、けっこうな事件が起きる。で、その解決方法が筆者的には残念だった。いやわかる、そうするしかない。そうするよりほか解決方法がない。だけどそうしてしまうか、と。それじゃ強くないとダメって話になっちゃわない? と。ひどく落胆した。130点ぐらいあったのか-50点でポイント80点、みたいな。

しかし、だ。

本編最終話女子会トークでその評価がひっくり返った。

ああああああ……! と唸った。これは凄い。

 

こんな異世界に放り込まれそれでも前向きにサバイブしていけるハルはある種の超人なんですよ。そしてこの男尊女卑世界じゃ白眼視される、お外で女子だけでご飯なんてことをやってのけるハルはこの先、この世界女性地位を向上させていく活動家であり英雄なんですよ。

そこまで至ると逆に、なんだハルが凄いからそういう前向きでいられるんじゃん、という想いが湧いてくる。上記にも記した、事件解決方法鑑みると、いっそうその想いが強くなる。そこにがっかりしたんですよ、でも違ったんですよ。

本編最終話女子会トーク。その参加者ハル娼婦仲間であるルペちゃんと言う子がいる。

そのルペちゃんはハルの1個上ながら娼婦経験は3年ぐらいうえで色々教えてくれるいい子。先輩というより同輩といった感じのいたって普通女の子だ。なんならこの世界常識にとらわれていて、女の子だけで外で食事するなんて、みたいなことを最初は言う。

その普通女の子が、女子会トークさらりととんでもない発言をする。それはハルがああするしかなかった、あれにすがるしかなかったことを、別の角度から成して見せたという話なんだ。

ここが本当に見事だ。

何が見事なのか。

起きてしまったあの事件

それに対処するハルは、ある意味これまで自分たちを虐げてきた強者論理に取り込まれしまった、と俺には見えた。その怒りはまったくもって正当だと思うけど、あの瞬間のハルは、社会的弱者ながらにそれでも前向きにサバイブしてきたその全てを投げ捨て、強者と同じ方法をとった、そう見えた。強くなければあの世界では生きていけないんだ、つまり物語強者論理に取り込まれしまったのだ、とそう思えた。

でもそうじゃなかった。ルペちゃんのあの台詞によって、違う道が示されたと俺は思う。

ルペちゃんはちょっと特殊なところはあるけど、ハルなんかに比べれば普通女の子だ。その彼女が、ちゃんとあのクソみたいな世界強者論理(=男)と向き合えるということを示してくれた。

それはハルからあの世界でがんばれるわけでも、ハルから生きていられるわけでもない。あの世界の弱者たちはたぶんみんながんばっていて、そうやって生きてるということなんだと思う。

そこを最後提示された瞬間、馬鹿みたいに腑に落ちて、これは【生きる】ってことを真正から描いた話なんだなーって思った。

あともうひとつ。そのルピちゃんの台詞によって同時に、あのクソオタな千葉が救われているのが凄い。それも作中において、そしてメタ的な意味でのキャラとして二重の意味で救われているのが本当に凄い。

 

このクソみたいな男尊女卑世界ハルやルピちゃんやみんなは汗水たらしてなんなら精液まみれになりながらも一生懸命に生きてる。

それは大部分がしんどいことでつらいことで時には死にたくなることだってたくさんある世界だと思う。時には疲れてへたりこむこともあろう。それでもまた立ち上がって生きていくためにこつこつと頑張り始める。そして身の回りを良くするために社会ちょっとずつ変えていこうとしている。

その姿はとてもまぶしく、なんだかとても元気がもらえることのように、思うのだ。

 

※追記

感想書いた後に番外編よんだ。すごくよかった。みんな読んでくれ……!

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170819190345

失礼なことを言ったのにご返信をいただき、そしてお気遣いいただきありがとうございます

しかしながら、そのご指摘は正直当たりません。

一番最初に書いた、「自分絶対に正しい」という生き方をしている人、他人にまで自分が考える正しさを求めてしまう「なぜお前は正しくないんだ」と問うてしま生き方をしている人は、インターネットとは関係ないところで出会った特定個人を思い浮かべながら書いたものです。前者はかつての私自身でもあります

私は、両者が集団に根ざしているところから傲慢さや押し付けがましさを感じたのではありません。

絶対的な正しさを求め、それに沿って生きることで自分の正しさを保証他者否定する態度を傲慢だと思ったし、他人にまで自分が信じる絶対的な正しさを求め始めてしまう姿は押し付けがましいどころか見ていて息苦しくなるくらいに狭量であると思ったのです。これは個人の態度であり、集団性とはなんら関係ありません。

そして両者は世界に一人の特殊パーソナリティであるかと言うとそうではなく、他にも似たような人はいるように観察されます

そういう人々はかつて宗教に正しさを求め、宗教絶対性が弱まった今はポリコレに正しさ求めていると思うのです。ポリコレ以外にフェミニズム差別主義に求めることもあると思います

そしてそういう人々がなぜ正しさにこだわるのかと言うと、自己不安定からと言うのが私の見立てです。自分の中に価値判断する基準がなく、他者から価値観を借りてこなければならない。そんな状況で求める価値観は、絶対に正しいと信じられるものでなくてはならないでしょう。絶対に正しいと信じられる価値観に沿って生きれば、自分は間違うことはなく、不安定さを遠ざけられるからです。そしてそうした絶対に正しいと信じられる価値観を借りてきた人たちは、今度は他人価値観を認めることができなくなる。それどころか、自分が借りている価値観絶対だと思えば思うほど、他人もその価値観に沿って生きるべきだと考えてしまう。正しければ正しいのだという態度、そうした姿を傲慢で息苦しいと思うのです。

しかしたら、そういう人々の存在もまた、私の幻想だと思われるかもしれません。けれども、かつて私自身がそういう人間であったのです。だからこそ、私はそうした人々が見えると思うのでしょう。

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818173309

ツイフェミからフェミニズムを学ぼうとする

もうこの時点でダメ

奴らの9割はフェミニズムのフェの字も理解してない単なるミサンドリストの集まりなんだから

ツイフェミからフェミニズムを学ぼうとする男たちへ

俺も同じ立場でずっと苦しんでいたが牛乳石鹸の一件でもうやめることにした。

しかし後ろめたさはない。

開き直っているつもりもない。

ただ清々しい気持ちだ。

男性女性を苦しめているという社会構造はそのとおりだと思う。

そして自分はそんな現状に甘えていたくはないと思った。

からツイッターからフェミニズムを学ぼうとした。

それが間違いだったとは今でも思わない。

自分女性への配慮が足りない部分が多かったことを俺はたくさん学んだ。

女性いかに辛い境遇にあるか。

そのために男性生活の何ができるか。

ツイフェミから学んだ多くのことは今も俺を助けている。

ツイフェミがいなければ彼女いない歴=年齢を脱出できることはなかっただろう。

ツイフェミには感謝もしている。

しかし俺はいからかツイフェミの話を聞くのが辛くなった。

男性が不当に偉そうで女性が不当に辛い思いをしてきたのはわかる。

俺も悪かったとも思っている。

それでもツイフェミ男性嫌悪に耳を傾けるのが辛かった。

終わりが見えない。

どれだけ自分を責めても決して許してはもらえない。

ツイフェミを憎みたくもなった。

しかしもともと悪いのは男なのだ

憎んではいけない。

ただ葛藤を繰り返した。

そして今回の牛乳石鹸の件でとうとう限界がきた。

ツイフェミに許してもらおうとするのがそもそもの間違いだった。

ツイフェミ最初から許す気などないのだ。

俺が男であるかぎりツイフェミが俺を許すことはない。

それを理解したのでもうツイフェミから何かを学ぶのはやめることにした。

そして自分と同じように自分男性性に苦しむ人間にも言わなくてはならないと思った。

ツイフェミから学ぶことは少なくない。

から自分男性性と向き合うならツイフェミの話を聞くのも悪くない。

しかし決してツイフェミに認められることを目標にしてはならない。

ツイフェミは決して男を認めることはない。

ツイフェミが男の弱さを許容することはない。

から一定を学んだら男はツイフェミからは離れるべきだ。

気をつけなくてはならないのはツイフェミの言うことに耳を貸さないことは女性蔑視することではない。

その罪悪感がツイフェミ否定したい心に歯止めをかけるが決してそんなことはない。

ツイフェミを拒絶したところで女性を拒絶したことにはならない。

女性差別したくないという気持ちがツイフェミ否定してはいけないと思わせる。

しかしツイフェミ否定することは女性差別することにはならない。

そのことを決して忘れないでほしい。

ツイフェミから逃げ出したい時に無理にミソジニーになる必要はない。

女はやっぱり糞なのだと思う必要などない。

なのはあくまでツイフェミにすぎない。

ツイフェミから離れてもツイフェミから学んだことを捨てる必要はない。

それを捨てなければ世の大半の女性あなた女性への理解がある紳士男性認識してくれる。

あなたはもう十分に女性の心に寄り添えるだけの努力をした。

ツイフェミはそうは言わないかもしれない。

しかすると女性をたぶらかすひどい男だと言われるかもしれない。

しかし気にすることはない。

あなたは世の多くの女性と楽しく話せるだけのマナーを学んだ。

思う存分女性交流を深めればいいと思う。

ツイフェミはそれに文句を言うかもしれない。

しかしそれに耳を貸す必要はい

あなたはツイフェミことなど忘れ目の前の女性に誠実に接すれば良い。

ツイフェミが憎かろうと女性を憎む必要はない。

ただツイフェミから距離を置き女性大事にする気持ちを持ち続ければ良い。

https://anond.hatelabo.jp/20170818161221

ポリコレが全部悪って言ってるわけではないのはわかる

ポリコレ自分感覚が合ってないと息苦しいっていうのも非常にわか

上段はその通りですが、下段は違います

私が問題にしたいのはポリコレのものだけではなく、妄信的にポリコレを信じている人であり、そうした態度を他人にも強要する人のことです。そうした人のことを息苦しい人だと感じます

そして妄信であるならば、ポリコレに限らずフェミニズムであっても差別主義であってもやはり息苦しさを感じます

ただ社会が様々な出自から集団で成り立っている以上、

公共空間ではポリコレ的な態度をとらないと無法状態になる

公共空間で本当に必要なのは、頭だけで考えた正しいポリコレではなく、お互いを気遣う気持ちではないでしょうか?

気遣いルールにしたのがポリコレなのかもしれませんが、個人的にはルールになっている時点で本来必要であった気遣い気持ちとはかけ離れていっているように感じます

そして重ねてになりますが、そのポリコレ的なルール妄信的に信じ、他人強要する人はやはり息苦しいです。

山口百恵さんの著書の話は初耳ですが、これは私も納得する話です。専業主婦専業主夫など、多様な生き方がありそれはそれぞれ自立でもあるのだと心から思います。同時に働く人の選択も多様な生き方の一つであり、肯定されるべきでしょう。

これから世界がどうなっていくのかはわかりませんしそこを論じるつもりはありませんが、私が一番言いたかったのは正しさを盾にしている不寛容はよろしくない、という話です。

他人容認できない人は、実は自分をも容認できない。でも、自分も人も認められたらいいよね、と心から思います

2017-08-16

朝凪って海外で人気なの?

あん男尊女卑的な同人作家韓国はともかくフェミニズム先進国欧米ウケるわけないだろと思ってたら

英語圏サイト(の翻訳)で結構人気みたいで意外だった

英訳された同人誌もあるみたいだし

でも読み仮名文化のない英語圏で「女と書いて馬鹿と読む」みたいなのはちゃんと訳してあるんだろうか

2017-08-15

別に男女論語るのにフェミニズムに対する知識必要じゃないし無視してもいいと思うけど

ならそれでメシ食ってる奴はいったい何の権威があってそんなことやってるんだってなる

2017-08-14

https://anond.hatelabo.jp/20170814131422

いやミソジニーidはどうかしてるとは思うけどさ、

青二才やマスマスの名前を挙げてニヤニヤしてるブクマ家の連中も大概だと思うよ

まるで学校のプチイジメのような様子

そこでスター付けてるのも、

積極イジメはしないが制止はしないどころかむしろ「そうでやんすよね!」

って感じでカースト上位に媚びへつらってる取り巻き感があってすげえ吐き気がする

少なくともこういう奴らに、虐げられる女性を救うフェミニズムには触れてほしくないね

汚れるよ

いじめっ子人権を振りかざすことほど汚らわしいものはないと思うよ

フェミ呼ばわりせずにミサンドリーだと表現すればいい」という人がいるけれど

ミソジニーミサンドリーもたいがい曖昧言葉だということに無自覚だと思う。

例えば、「こいつはミソジニーだ」と決めつけたとして、ミソジニーである証明担保はどこにあるのか謎でしょ?

あなたミソジニーでしょ」「いえ違います」「こうこうこういう発言があるのでミソジニーでしょ」「違いますけど」

こういった不毛ループから抜け出せないわけよ。

それはミサンドリーにも言えて、「こいつはミサンドリーである」と決めつけたところで、何をもってミサンドリーなのか疑問符が付く。

それよりもフェミニズム的な思想を持っているので「フェミ」と表現して、それに反対する輩は「アンチフェミ」と規定した方が、幾分か定義がはっきりしているのである

フェミニズムロジックの塊

しかし、フェミニズムを確固とするため「女をあてがえ」や「フェミに頼っている男」などの藁人形に釘を打つことで求心力を保っている。


※本を出している自称フェミニストツイッター発言を元にしています

2017-08-13

Googleのあれ

言うてること弱者男性やんけ

はてな住民GOOGLEの先に行くとは

というのは冗談として

ダイバシティのために弱い男性犠牲になれみたいな話が実際出てきてドン引き

具体的にはこれ

http://nminm.hatenablog.com/entry/2017/08/10/001630

これってあれ?弱者男性はいないって言説から

しょうがいから男は(仮に低賃金他者から承認を得ずらい状況でも男性からという理由で)犠牲になれ

フェミニズムからダイバーシティに移行してるだけで

言ってることの利己的さは変わりませんよね?

道徳って押し付けるべきものだったんですね、へー

例えばさ、というか実際そうなんだけど俺はバイセクシャルADHDパニック障害なわけ

じゃあ俺は雇用優遇されるべきなんか?そんなわけないでしょ(いや健常者でヘテロでいわゆる“男らしい人”と同じ給料でなければ優遇されてはいるが)

マイノリティ人間にもマイノリティじゃない属性が含まれていて、

逆にマイノリティ属性一切持たずともひどい目に合ってる人はいっぱいいるんだよ

ダイバーシティってのは都合上経済的に良いからとされてるけど

特にすべての分野では結果は出てないんだよ、いや出るわけがないんだけどさ

例えば風俗

男性射精回数に限度があるから女性風俗と同じ料金では成り立たない

え?じゃあ射精しなきゃいいんじゃって?

だってそう思うけど射精を望む女性が多いんだって

え?わざわざ体の機構が違うものをあげるんじゃない?

そうだよ体の機構は違うんだよ

すっげー当然の話じゃない?

え?じゃあ機械を導入したりしっかりとしたマネージメントを行うことで性差なき仕事にすべきだ?

そうだねその通りですよ

で、それって例のGoogle社員と何が違うんですか?

道徳的からといってこれを肯定せず、

どんな人でも働ける環境を先に作る、もしくはそのような制度を作るべきだし、それについて議論すべきで

早急に道徳的からといって逆差別に発展するような状況を作り出すべきでないといったのはどこのどいつだ?

彼の言ってることは至極全うだし

弱者男性だって真面目に語られるべきだよ

少なくとも俺は弱者男性で、そしてKKOだよ

だれが救ってくれる?え?犠牲になれ?

そうですか。

https://anond.hatelabo.jp/20170813103705

フェミニズム批判をしたいなら、せめてもう少し勉強してからにしなよ、馬鹿丸出しだよ…

横ですけど、フェミニズムの本なんて全然出版されてないのに、どういう風に勉強すればいいんですか?

https://anond.hatelabo.jp/20170813083706

フェミニズム批判をしたいなら、せめてもう少し勉強してからにしなよ、馬鹿丸出しだよ…

普遍的に「女性は守られるものだ」という固定観念

少なくともこの馬鹿さ加減じゃ、増田にゃ↑は無理無理無理www

グーグル思想残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 中編①

性格の違い

女性は、平均して、より

また留意すべきことは社会構築主義者の主張に反して、調査が示唆するのは全国レベルジェンダー平等男性女性性格特性心理学的相違を引き起こすということだ。なぜなら、社会がより繁栄し、より平等になるに従って、男女の生得傾向の違いがより現れてくる余地を得るからであり、性格特性の男女の違いにおいて存在するギャップがより広く現れてくるからだ。私たちジェンダーギャップが性差別により生じると仮定することを止める必要がある。

男性地位へのより高い衝動

私たちはいつもなぜ女性指導地位にいないのかと問うが、なぜそんなにも多くの男性がその地位にあるのかとは問わない。これらの地位はしばしばストレスの多い長時間労働必要とするし、バランスのある充実した人生を求めるのであれば大した価値はない。

地位というもの男性が値踏みされる際の一番の判断基準であり[4]、多くの男性地位のために犠牲が多く、満足の少ないこの種の職業に駆り立てる。注意すべきことに、技術職と管理職において身入りが良いがストレスの多い職に男性を導くのと全く同じ衝動が、男性炭坑採掘ゴミ拾いや消防士のような人気のない危険職業に導く。また、職業関係死のうち93%をも引き起こす

ジェンダーギャップを減らすための非差別的方法

以下でここまでに概略した男女の特性分布差についていくつかのことを述べるとともに、逆差別に頼ることな技術職における女性登用を増進するためにこれらを解決する方策提案する。グーグルはすでにこの分野において進歩しているが、これらの提案を列挙しておくことは有益だろうと思う。

哲学的には、男性女性平等な分け前を訴えるためだけに技術職に勝手社会工学を行うべきではない。これらの変革のそれぞれについて、それがなぜグーグルの役に立つかという原理原則に基づいた理由必要だ。つまり私たちグーグル最適化すべきなのだグーグル多様性ががその理由の一部となるような。たとえば、今現在、より長時間働き、よりストレスを受け入れようとする人は必然的出世するが、これをあまりに多く変えようとすれば、悲惨な結果となる可能性がある。また費用と便益を考慮すれば、グーグル資金調達は有限であるため、その配分は一般に認められているよりも、よりゼロサムであることを心にとどめておくべきだ。

----

さらに分割。

グーグルの思想的残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 中編②

2017-08-12

フェミニズムがなんたらって言ってる奴の頭が良い訳ないじゃん。

だってフェミニズムの本って全然出てないからね。1%もないぜ。

2017-08-10

フェミニズムって

女性の権利拡大するのが目的から、男女同権を目指していないと思ってたけど違うの?

もちろん個々のフェミニストの中には、男女同権を目指す方もいると思うけど、思想としては本筋じゃないのかなーって思った。

(たぶんこの辺がラディカル何とかとか絡んでくるんだろうなあと思いつつ

2017-08-09

https://anond.hatelabo.jp/20170809230206

まああなたの知能では理解できない範囲かもしれませんね

もともと「フェミニズム」という話を他の権利獲得運動とは異なる自分勝手な主張であるかのような言説をしたのに対し、

そもそもフェミニスト」とは誰かということを問うたら適当テレビ芸能人を答えたので

それはフェミニズム運動理解とはかけ離れた話であるということを言ったら

それは「藁人形論法であるという発言が出たのでしょう?

それで、この議論における「藁人形論法」とは誰が誰を攻撃するために用いたものなのかと問うたら明確な返答が得られなかったので、

結果的議論ではなく誹謗しかなかったという結論に行き着いただけじゃないですか。

こんなにわかやすいのに理解できないのはちょっと文章読解力に問題がありますね。

メンズリブ」「マスキュリズム」という言葉が浸透しないのは不公平だと思う


フェミニズムフェミニストは「フェミ」「クソフェミ」などと馬鹿にされ、「(弱者男性差別にも反対しろ!」「女性差別に反対してるくせに差別してるからクソ!」などと叩かれまくるのに

メンズリブやマスキュリズムという概念フェミニズムほど浸透していないから、男性差別反対はメンズリブ、マスキュリズムと言われず、一般男性普通意見のように受け取られる

マスキュリストフェミニストと同じように、「クソマスキュ」などと馬鹿にされ、「男性差別に反対してるくせにこんな差別的なことを~」「男女平等とか言って女性差別には無頓着だし男尊女卑を目指してるんだろ!」「都合の悪い同性をすぐバカマッチョ呼ばわりする自分たちが一番男性差別してる!」とか言われたらいいのに。それこそ平等というもの

それにしても、なぜ日本ではメンズリブ、マスキュリズムという概念が広まらないんだろう。これだけ男性差別男性差別騒がれてるのに。自称中立派こそあいつらを叩けばいいのに。本当に中立のつもりがあるのなら

バカマッチョとは、反男性差別界隈の使う「女の味方をする男」の意味。「名誉男性」の男バージョンだと考えたらだいたいあってる

フェミニズム男性を救う」時代は終わった

男性男性性に縛られていた時代には「フェミニズム男性男性から解放する。共闘しましょう」が成立した

今はダメ。今の男は「男性性」に縛られてなどいずとっくに解放されているから。

正確には「男性性」のマイナスの面から解放されている。

その証拠に、デートで女に奢るという男はもはや少数派。

からもう「男性から解放してあげる」は男にとって何の魅力もない。

男の支持を得る方法女性専用車両にでも反対すればいいんじゃないかな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん