「フェミニズム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フェミニズムとは

2021-06-21

anond:20210621120008

右翼フェミニズムもそうなんだけれど、

「そんなやつは一部」論には説得の力は皆無どころか、

先入観による差別意識の拡大・蔓延に対する危機感を失わせるという意味において有害とさえ言える。

「一部にそんなやつがいる」ってだけで人はその全体に対して強烈な拒否感を持つんだよ。

ごく一部なそんなやつってのは、全体の内側の人間こそが率先して、穏当で理論的な範囲内で最大限の否定をしなくてはならない。

だけれど「そんなやつは一部」理論の人はそうしたリスクを異常に過小評価する傾向があって、これは本当に危険だと思う。

2021-06-20

深夜とか、ジェンダーに関する記事を読んだりして自分なりに色々考えた後、(別にそのタイミングからとかじゃなくてルーティン的に)「さて…」みたいな感じでエロサイトを開くときマジで毎回意味わかんなくなって頭おかしくなりそうになる

フェミニズムに強くコミットしている男ってこれどうやって解決してるんだ? オナニーしないの??

2021-06-19

anond:20210616183613

いわゆるオタヘイターとされる人がかつてオタク文化にどっぷりつかった中年であることは多いよね

新しい作品理解できなくなったり若者のノリについていけなくなったのを全部ネトウヨのせいにして、自分リベラルフェミニズムにも理解ある男性だとアピールする

アラフィフという時点でもう「新しさ」を出すのは無理なのにね

ラノベ一次落ち純文学最終選考増田ファクトチェックのおかげで新人賞情報を知る機会になったが

しか最近純文学の賞って本当に若くて綺麗な女性ばっかりだね

これってどう考えても小説の内容それ自体評価された訳じゃなくて『そういう』目的だよね

どう考えてもスケベ心で若い女性が続々と選出されているのを見ると

女性活躍!」ってフェミニズム的に喜ぶ気には到底なれないな

2021-06-18

モテないなら外面だけでもフェミニストした方がいいよ

20代前半の若い女やってて、「フェミニストです」って女自体は少なくても、「男尊女卑な男が好きです♡」ってやつはいないというか、勘違いミソ男が裏垢で晒されてたりするのをめちゃくちゃ見かけるようになった。

例えば質問箱に入ってた「どんな異性が好み?」に対して「家庭のこと全部やってくれて、なおかつ老けない」って答えたサークル同期は、スクショサークル内で出回りまくって総スカン食らって、そのまま居づらくなって退部した。これは分かりやす男尊女卑だけど、もっとナチュラル無自覚な、例えば「子供4人は欲しいんだよね」みたいな発言も裏で叩かれてたりする。

モテるやつほど男尊女卑、みたいなデータ出してるやついたけど、ただ「モテるミソ男→ミソジニーを上回る魅力がある」ってことで、魅力がない男が男尊女卑してもモテるはずないんだよな。目を覚ませよ。

本気でフェミニズムに傾倒しろとは言わないし、というか私もフェミニストじゃないけど、ある程度そういうトレンドわかってないと、めちゃくちゃダサくて嫌われるやつになるんだな〜とここ最近思った。モテたい非モテ思想っていうよりトレンド感覚フェミニズム取り入れるのもアリだと思うよ。

追記

成功例聞かれたけど、二例くらい知ってる。

両方とも外見チー牛の男子が、性的攻撃性のなさから結婚相手として」女子に選ばれた例だけどね。

結婚恋愛に関する雑談みたいなので、「相手苗字でも、事実婚でもいい」「実家には来なくてもいい」「自分は男という立場を利用して女の子に迫るのが怖い」的な発言をしたらしく、どちらも早婚希望女子が持ってった。

相手のこと恋愛的に猛烈に好きなわけじゃないけど、緩やかに愛してるよ」って片方の子は言ってたよ。

anond:20210618064430

古すぎる割には増田の弁よりも圧倒的に元増田の弁のほうが納得感あるんだけど

俺は増田の弁を新しすぎるなと感じるね

フェミニズムは男社会価値ばかり評価して女社会価値評価していない。フェミニズムは男社会で生きるための術であって失われつつある女社会評価をすることができず、女社会について何も言えないんだろ?」って日本で主張するくらいには新しいと思う

anond:20210618130321

インターネットフェミニズム馬鹿にしている人の多くはフェミニズムを真面目に考えて反対ししているのではなくて、何かを馬鹿にしたい人がフェミニズムの一面を都合よく切り取ってサンドバックにしているだけだよ

それは逆の立場でもそうだし、世の中どこでもいつでも見られる人間の悲しい性

フェミニズムがどうとかはあんまり関係ないよね

物事と関連して羅列される単語ひとつひとつ文脈無視で切り取って、都合良く解釈して、棍棒で人叩いて自分が優位に立ちたがるのが人間から

フェミニズム馬鹿にする風潮は良くないと思うの

みんなお母さんがいるわけだし多くの子供は息子であれ娘であれ幸せに生きてほしいと思ってるわけじゃん。妹、姉、奥さん、娘がいるやつもいるだろう。フェミニズム必要だと思うのよね

問題フェミニストを名乗る似非フェミニストがアレというところではなかろうかってずっと思ってる。ニセ科学科学駆逐してるみたいな

2021-06-17

男女の体格差女性差別である

哺乳類に囚われず広く生物を見渡してみるとオスよりもメスの方が大きな体躯を持つ種は珍しくないことに気がつく。

一方で人類はどうだ。

種としてホモサピエンスはメスに比べオスの方が大きな体躯を有する。

これは数十万年渡り女性差別を受けてきたメスが適応してきた結果(進化)ではないだろうか。

まり男女の体躯に差がある間、男性は常に女性差別していると言える。


みたいなフェミニズムってないの?

anond:20210617185846

しか日本のいわゆるツイフェミ自己研鑽した後のアメリカ人女性情報しか入ってこないから、このアメリカ人女性めっちゃ努力してることを認識しにくくなってる気はするね

頭が良くてプロポーションの良いアメリカ女性フェミニズムを訴え、ツイフェミがそれに憧れてフェミニズムへ賛同するのもわかるけど、この人はツイフェミが見てないとこでメッチャ努力してるぞと

このアメリカ人女性みたいになりたかったら同じように努力しないといけないけどツイフェミはそれ理解してんのか?と

最近、女オタクマナーとして女性人権に敏感でなきゃいけない

(意識アップデート)

みたいなのあるけど

言ってることおかしくてフェミニズムとしても破綻してて

ただただ難癖つけてるだけみたいに見えちゃう

あれはなんなの…

オタクどうしちゃったの…

米国西海岸リベラリズムとはどういうものか?をわかりやす

日本リベラリストへ強い影響を持つ米国西海岸リベラリズム
これが一体どういうものか?と日本リベラリストへ問うと答えられる人はひと握りだろう。

ただ、答えられないことに恥を感じる必要はない。何故なら当の米国西海岸へ住むリベラリストですらリベラル史を背景に系統立って説明できる人は少ないからだ。
これは当然と言えば当然で、思想系の専門教育を受けていない一般人が答えられるわけがないだろう。
から恥ずべきことは何もないのだ。

しかし、説明できなくとも米国西海岸に住む左派政策を支持する人は口々に自身政治思想の寄りをリベラルと称するし、一般人には一般人なりに理解したリベラルの姿が存在する。
このエントリではそんな北米西海岸一般人理解するリベラルを大雑把に知るためのエントリだ。

3つの重要な決まりごと

米国西海岸リベラリストは総じて3つのまりごとを高く評価し、そしてこれをベースにモノを考える傾向がある。その決まりごととは以下の通りだ。

個人選択尊重

日本リベラリストにも理解やすお題目だ。
読んで字のごとく個人個人選択尊重し、その選択を極力妨害しないようにしようというもの

米国西海岸リベラリストの1派としてカテゴライズされがちな米国西海岸フェミニズムへも強く影響しており、日本フェミニズムも同様に強く影響し、これを失えばリベラルと名乗れ無くなるほど重要ものだ。

自己研鑽奨励

自己研鑽文化

最も日本人が理解しにくい部分、それが米国西海岸というよりかは米国全体が共有する自己研鑽奨励という文化だ。

自己研鑽については右も左も関係がなく、何なら米国内の共産主義者だろうがカルト宗教信者だろうが陰謀論者だろうが自己研鑽奨励については絶賛する。
日本は「恥の文化」などと称されるが、それに並び立て比較できるほど米国は「自己研鑽文化」なのである
この「自己研鑽奨励」という文化理解しなければ米国発の文化思想は何1つ理解できないと言って良いレベルのものと言って過言ではない。

最近日本では「努力教」などと言って不合理な努力をしたり、努力社会的圧力により強制されたりすることを嘲笑する向きがあるだろう。
意味がなく不合理な努力を続けるなんて非生産的であるし、私もまた同じ様に感じる。

しかし、米国自己研鑽努力をすることへ対して歩みを止めてはならない文化なのだ
まり努力の先がなければ努力できる先を自ら探し出し努力しろという意味であり、米国民の高い生産性はこの精神によって支えられている。

例えば日本労働者の一部には「KPI」という言葉アレルギー反応を起こす者は少なくないと察するが、このKPIをよく考えてみれば自己研鑽努力教臭いを感じないだろうか?

マッチョイズム

ステレオタイプ米国人のイメージにあるマッチョイズムも結局はこの自己研鑽奨励という米国文化が元になっているのだ。

まり米国には右派マッチョイズムや左派マッチョイズム、共産主義者マッチョイズム、カルト宗教信者マッチョイズム、陰謀論者のマッチョイズム、様々な思想に合わせたマッチョイズムがあって自己研鑽をしないという選択肢がない。

もし米国内で自己研鑽を辞めてしまった場合どうなるか?
それはつまり米国社会からドロップアウトしたものとして理解されてしまう。

日本国内で恥を捨てた者が問答無用迷惑がられるように、米国国内では自己研鑽を捨てた者は迷惑で厄介な存在問答無用評価される。

ホームレス

様々な方面から米国西海岸ホームレスについての情報へ触れることがあるだろう。
そして決まってこのような表現が出現する。

米国西海岸金持ちホームレス無視している」

これは事実だ。ただし付け加えるのであれば金持ちがではなくホームレスではない下層民を含めた米国西海岸住民のほぼ全てがホームレス無視していると言って良い。
ここまで説明を読めば、この言葉だけで納得してもらえるはずだ。

ホームレス自己研鑽を辞めた者として評価されている」

自己研鑽のための環境

まれない者の自己研鑽

ホームレス自己研鑽を辞めた者だからと言っても、ホームレスだって子供は居るだろうし将来を担う子供を親の事情に巻き込むなんて米国だけでなく人間社会としておかしいだろう!

こういう指摘へ対し米国西海岸リベラリズムでは「環境により自己研鑽という行為不可能な者には自己研鑽可能環境を用意する」という方法解決手段として選択している。

例えば「米国では入学試験の点数が良いアジア人よりも白人黒人優遇して白人黒人合格にしている」と聞いたことはないだろうか?
これが自己研鑽のための環境を用意する米国西海岸リベラリズムの影響を受けた公正的な入学試験システムなのだ
私自身も少々理解に窮するが白人黒人アジア人よりも試験の点数を獲得できる環境に恵まれなかったという判定らしい。
意味不明だ、良い点数を獲得したアジア人自己研鑽評価は何処へ行った?と完全に理解できない日本人も多いだろうが、米国では上記のような解釈になっているので文句を言っても仕方がない。

ホームレスの子供へも同様に米国西海岸リベラリズム自己研鑽するための環境、例えば学費無償化やフードチケット(食料配給券)の配布などが貧困家庭の子供の権利として提唱されている(保障されているかどうかは州法・州制度による)。
貧困家庭の子供はこれらの制度を利用して生活自己研鑽するための時間を獲得することが望まれているのだ。

ちなみに一応言っておくが、自己研鑽できない者が自己研鑽をしないという選択肢は米国西海岸リベラリズムには用意されていない。
個人選択尊重と言いつつも自己研鑽については自己研鑽して当たり前だし、個人選択として自己研鑽しないような者に与えられるもの米国西海岸リベラリズムには何もない。

環境構築というチキンレース

米国西海岸社会保障政策は総じて自己研鑽するための環境を用意するという価値観で行われていることが多い。

例えばベーシックインカムなんかもこの部類の政策解釈されていて、プライベート時間が増えることで自己研鑽するための時間が増えて収入も上がり生活が向上すると米国人はマジで考えている。
根底にあるのが自己研鑽なので、もし自己研鑽しないものが居ればそれは制度へのフリーライドだと非難を浴びる結果となるだろう。
欧米リスペクトベーシックインカムを望んでいる人は米国西海岸方式だとプライベート時間も走り続けることが前提にあることを認識した方が良い。

これまでの説明を前提にすると犯罪者の釈放や$950以下は微罪扱い、死刑廃止なども理解できてくるだろう。
そして日本人の感覚では自己研鑽のための環境構築という政策チキンレースが始まってしまっていることも理解できるのではないか

米国西海岸一般人リベラリズムとはこのような解釈だし、これを知って日本一般人の皆がどう感じるか楽しみではある。

2021-06-15

 個人ヘテロ男への言論表現規制したり、女の為にフェミニズム発言したりイケメンコンテンツを作った男や作らせた女や、テレビ局イケメンタレントイケメンコンテンツを作らせたがった雌犬どもとその飼い主、そうなるよう躓かせた連中以外の全ての人間個人ヘテロ男への言論表現規制したり、イケメンコンテンツテレビ局イケメンタレントのために寝る雌犬どもとその飼い主、そうなるよう躓かせた連中を奪い犯し殺す権利を持ち、こいつらにしたどんなことも罪にはならず赦される。

 妾や愛人を囲うもの、あるいは恋愛感情以外を理由に性行為に及ぶもの、あるいは組織的複数相手と性行為に及ぶものは、その性行為を公にせざる場合極刑に処す

 愛人とその愛人を囲う金持ちとそれに協力したりそうするよう躓かせたもの以外のすべての者は、愛人とその愛人を囲う金持ちとそれに協力したりそうするよう躓かせたものたち全てを盗み犯し殺す権利を有し、一切罪にはならない。

 ただし私に害も不利益も与えようとしたりせず、フェミ発言もせず、ホモイケメンコンテンツも作らず、私の為に尽くしているものは赦され、一切手出しされてはいけない。

2021-06-14

anond:20210614174001

プロフは満点だな。

あとは反ワクチンとかフェミニズム的なことをツイートすればバズること間違いなし。

anond:20210614112559

妥協点はきっとあるはずだよ。

これまでの反差別活動では、フェミニズム団体LGBT団体が協力して抗議集会署名集めをやってきた。

もちろん他のマイノリティ団体とも。

難しい問題の中でフェミニズム団体障害者団体対立したり、LGBT団体移民団体が対立することもあったが、マイノリティを分断する社会が悪いと気づくことで妥協点を見つけてきた。

今回の女子種目の問題も、フェミニズムLGBT代表が話し合って、お互いに納得できる落としどころにたどり着いて欲しい。

2021-06-13

anond:20210613225016

思うことは色々あるけど、ここからフェミニズムとかジェンダー論とかが発展したら良いと私は思うなぁ

今回はこういう意見もあるんだよとみんなに知ってもらえればそれでイイかな?

anond:20210613223712

こういう反応見るとマジでフェミニズムジェンダー論においてのバグなんだなコレ

社会に女が切り捨てられてると言いながら頑張ってきたはずなのに、フェミニズムジェンダー論が発展していく過程少女趣味を切り捨ててしまっていたことを今まさに認識してバグって思考停止するのか!

それで結局返せる言葉研究したら?なのか、否定したら切り捨てが加速するもんな

久々に増田面白いもん見たわ

anond:20210613214553

少女趣味研究を一番やってた「家政学」ってのがあったけど、フェミニズムの発展で家政学根本から様変わりしてしまって家政学がその役目を辞めてしまったんだぞ

家政学って例えば小中学校で「家庭科」の元になってるやつなんだけど、男子技術科で女子家庭科みたいなジェンダーロール強制問題視されたよね

んで男女が同じ様に双方を学ぶようになったわけだけど、家庭科では家庭の役割解釈する的な部分が欠落してしまったんだな

それで少女マンガで描かれるような女性像の研究成果みたいなのは若い世代教育として伝わらなくなったのだ

家政学へ深いとこまで触れるには保守的思想伝統が残るような女子大を探し出して触れるしか無いのが現状だね

フェミニズムとかジェンダーロールみたいな進歩的思想に強い女子大でも家政学には触れるけど、メインで扱われることは絶対に無いな。悪い思想の例みたいな感じで昔の家政学へ触れる

anond:20210613213905

女性社会進出系の主張が少女趣味を考えていないのは女性社会進出少女趣味真逆位置にあるからだろうな

これたぶん誰しもが生きたいように生きられるようにするって主張しているフェミニズムとかジェンダー論のバグみたいなもんだな

スゲー面白いバグ発見したな

結婚は良いものだぞ、私の中ではね

「もともと結婚へ憧れがあったか?」と問われれば「あった」と私は答える。

素敵な旦那様と幸せな家庭を築く、小さくても良いかちょっとした庭付きの一軒家が良いかな。
子供・・・2人3人?1人っ子だと私にも兄と弟が居るし寂しいよね。
犬を飼ってお庭で子供や犬と遊ぶんだ。

これが私の小さなからの夢、恥ずかしいことかも知れないけど大人になっても心の奥底にずっと持ち続けていた夢。
少女趣味と言われたらそうなのかも知れない。現実を見ていないと鼻で笑う人も居るんじゃない?

でもねだからこそ私は聞いてみたいんだ、アナタはこういう夢が好きじゃないの?と。

あぁモチロン、私は男の人には質問してないよ。
私は少女だった人たちに聞いている。

悪いけど、私が持ち続けたこの夢に比べればフェミニズムとか些細なことなんだ。
私の夢に比べればジェンダーロールとかどうでも良いの。ホントマジで

少女漫画のヒロインになりたくて何が悪いファッションメイクを頑張って何が悪いカワイイものに囲まれたくて何が悪い、私はこういうものが大好きなんだ!

そういう選択肢を与えてくれるのがフェミニズムだったら、そういう夢を追うことを諦め無くて良いと言うのがジェンダー論だったら、なんで私みたいな少女趣味の実現の研究をしないの?
聞こえてくる研究と言えば会社内での出世がどうのとか、出産育児休暇がどうのとかそういうのばっかりなんだけど?

誰しもが望んだ生き方が出来るようにと言いながら少女が望んだ未来を実現する研究をしていないのだから、私にとってはフェミニズムジェンダー論も些細ってことになっちゃう。

おかしなこと言ってるかな?今のフェミニズム少女趣味を考えてないよね?
もしかして結婚したらわかる?出産したらわかるのかな?

もしそうなら私は夢を7割8割くらい叶えちゃったよ。
ただ子供はまだ2人で犬も居ないんだよね。
私はね、これからも私が生きたいように生きる!

2021-06-12

ずっとフェミニスト側の論陣を張り、アンチフェミ批判してきたが

ここ1~2年ツイッターを見ていて、だんだん無理になってきた。

自分でも驚いている。

アンチフェミ批判立場なのはあいかわずなのだが、それでもフェミニスト側に立つことに困難を覚え始めている。

同じロジック行動様式を他のトピック適用したら議論がめちゃくちゃになってしまうようなことが平気でまかり通っている。

これはフェミニズムにとっても、というよりフェミニズムにとってこそ深刻な危機なのではないだろうか。

ロシア人勝手イメージ

専制国家コロナに強いというのは間違い、なぜならロシア専制国家のくせに失敗したからだ」と叩かれまくるロシアだが

権力者が好き勝手逮捕しようが暗殺しようが、それでも個人ウォッカ飲んで割と好き放題やってそうなイメージ自分の中ではなぜかある

まあこれは単に自分がよく知らないからだろうが、少なくとも同じ専制国家でも中国とは全然違う印象だ

今の中国の何がヤバイって、ポリコレフェミニズムですら、とにかく何でも隙あらば国家への忠誠心アピールに使われているという点だ

あらゆるものが点稼ぎに化ける

このご時世にガチ国家主義をやっている

それも民衆自主的に順応しているようにさえ見える

あれは本当にヤバイ

2021-06-11

弱者男性本質的に救うには男女平等を徹底的に推し進めるしかない

弱者男性論はフェミニズムへのカウンターミラーリングからまれ概念で、だからこそカウンターミラーリング以上の社会的意義を持たないし目的もないというのは正しいと思うし、そのカウンターとしての意義すら見失ってしまった「あてがえ論」や「女性教育社会進出制限」などという時代錯誤意見は論外だと思う。

そういった過激思想を取り除いたとしても弱者男性論は結局の所かわいそうランキング向上運動しかなく、弱者であるから優遇されるべきだ、弱者なんだから強者女性)への攻撃正当化されるといった外部への責任転嫁に終止してしまい、その「成果」を得るためにますますかわいそうランキングを向上しようと自身弱者性をアイデンティティにしてしま矛盾に苛まされることになる。だからこそ、弱者男性論に解決すべきイシューはなく救いようはないという意見反論もわかる。

そうは言ってもフェミニズムという性別による差別に戦ってきた先輩の方法論に学び、弱者男性という階層集団発見され名前がつけられたことは意義があったんじゃないだろうか。名前があることで初めて対象考察できるようになる。弱者男性存在を頑なに認めない人もいるが、課題があることを認めることはそれを即時解決しなければいけないことを意味しないし、ましてや解決していないからと咎められることもない。人間できること・やれることには限界がある。まずは「弱者男性」という概念があることだけでも認識されれば十分な気がする。

そんな非モテ弱者男性を本当に救うのは、あてがえ論や女性社会進出制限など女性の権利を押さえつけることではなく男女平等を実現することではないかと思い至ったので簡単に書き下してみる。この増田では上でも書いたとおり特に非モテフォーカスした非モテ弱者男性論について書くので低収入等については考慮しない。一般弱者男性モテの話が切り離せない理由弱者男性論が女性に向けられる理由も同時に書こうと思う。

男女の所得格差

フェミニズムや反女性差別本丸の一つは間違いなく所得格差だろう。具体的な数字もありわかりやすく、女性社会進出指標としてよくあげられる。実際のところ、正規雇用社員において女性所得男性の75%程度に留まると言われており、男性と同一の労働でありながら女性であるからという理由所得格差がもたらされているとすればそれは差別的と言える。

たとえば、統計的女性20代後半から30代の離職率が高いので女性という属性によって雇用を渋ったり昇進を阻んでいるとしたら、それは犯罪率が高いという理由男性保育士雇用を渋るのと同様に差別的だ。

グラフデータはほしい結論仮定して読むと見誤る。女性所得が低いのは女性差別されているからというのは本当だろうか?女性自体が高い所得を望んでいないとしたら?日本女性幸福度男性幸福度に比べて著しく高い。目的手段を取り違えてはならない。大金を手にすることが目的ではなく幸せに生きることが本質的であり金はそのための手段に過ぎない。日本女性は稼ぐ必要に迫られずとも幸せになれるからそもそも稼ぐ必要がないということはないだろうか?逆に男性は「稼がされていて」それゆえに不幸で、女性労働から解放されていて「稼ぐ必要がない」ゆえに幸福なのではないだろうか?

仮に実際に稼ぎたかったとしても女性は稼ぐ努力をしているだろうか?非モテ弱者男性悲鳴を上げているとき真っ先に投げかけられる「モテ努力をしていないのでは?」「だからモテないんだ」という言葉、そのまま返ってくることは考えなかったのだろうか?まさかキラキラ文系キャンパスライフみたいなことをしてなんの学も積まずそれゆえに「パンプスを履かされる」ような労働しか選択肢がないことを差別などといっているのだろうか?低い職業能力しかいか容姿が問われるような目にあっているというぐらいの想像力もないのだろうか?女性性を求めず、責任に伴って高い給与を与えてくれる仕事なんていくらでもある。

シンプルな話として、そんなに稼ぎたいならなぜ女性理系を選ばないのか?少なくとも稼ぎたい女性であれば実際的に稼げる能力やそういったキャリアパス投資すべきだろう。理系修士博士女性の知人友人なら年収1000万程度かそれ以上も珍しくない。

成果物を求められる仕事成果物こそが全てだ。愛想笑いでは機械は動かない。そういった世界では性別なんてものは些末で、結果を出す人間こそが正義だし高い対価も支払われる。なぜそれを目指さないのか?「稼げる努力をしていないのでは?」「だから稼げないんだ」と言われても仕方ないのではないだろうか?

女性性的客体化

フェミニズムや反女性差別文脈で特徴的な表現女性性的客体化や性的消費というものがある。性的客体化はものすごく簡単にいえば「女性をモノとして扱うこと」「女性主体性を認めないこと」である

女性に限らずだが同じ人間人間として認めずモノのように扱うのはまったくもって不当であるし、そういう風景を見るのも不快に感じる。そして女性がそのような人間的でない、男性の性欲を満たすためのモノ扱いを受けるといったシーンは見たり聞いたりする。そういった加害者と戦うべきだ。書くのも嫌だがいわゆる「ヤリ捨て」といった言葉などにもあるように、モテ強者男性女性をモノのように扱うような話は枚挙にいとまがない。ではフェミニスト女性モテ強者男性と戦っているだろうか?

これはトートロジーではあるがモテ強者男性女性モテるのだ。すなわち、なぜかフェミニスト女性は自らを性的客体化するモテ強者男性攻撃しない。それどころかモテ強者男性に群がっているのだ。つまり女性性的客体化を積極的に支持しているのは女性自身という矛盾が生じる。そしてなぜか女性には触れることも会話することも早々にかなわない非モテ弱者男性攻撃するのである

フェミニズム文脈ではこの性的客体化の不自然適用がしばしば行われる。いわゆる二次元女性に対して「これは女性性的客体として扱っており、そのような表象女性の累積的な抑圧経験の強化につながる」と。たしかにこういった表象男性ATMに例えたり年収評価するようなことを公の場で発言することで直接的な男性経済的客体化・モノ化と同様抑圧的かもしれない。

このような過激な言説は一部の極端なフェミニストの行動であり大半の女性はそのような攻撃的なことは行っていないと思うかもしれない。しかし様々な研究で明らかになっている通り女性男性の上位2割程度にしか魅力を感じず、そして魅力を感じない非モテ弱者男性8割についてはその行動の如何に関わらず不快だと感じる。席替え非モテ弱者男性が隣の席になったからと泣く女性がいた場合加害者はどちらだろうか?

このような非モテ弱者男性積極的排斥しようという女性本能欲求が、相手を求める男性の「正(+)の性欲」に対して相手排斥しようとする女性の「負(-)の性欲」と表現されたことは記憶に新しい。

この負の性欲と「女性不快と思ったら加虐」とされるセクハラ性的消費という概念の組み合わせは非常に強く、何をやっても女性不快と思われかねない非モテ弱者男性女性の気分を少しでも害したらセクハラだと指弾され社会的抹殺されかねない。

女性男性に対して身体的に弱いため男性が近くにいると恐怖を感じるという話と同じように、非モテ弱者男性女性から中傷セクハラ指摘ナイフによっていつ刺されるか常に怯えながら生活しているのだ。悪いことに、暴力を振るえば逮捕は免れないが、セクハラ指摘なら非モテ弱者男性社会的に殺してもなんの罪にも問われない。

これが弱者男性論が非モテと不可分であることの理由であるモテの量は女性感情的加虐からの盾であり、非モテであることは女性から加虐を受けることを直接的に意味する。そしてその意味において現代日本男性ほとんどが弱者男性であり、結婚していても「本当に結婚たかった男」にはなれずATMとして扱われたり旦那デスノート罵倒されたり托卵されたりなど被虐される立場にあるのだ。あてがえ論は女性人権制限するという意味でもまったくもって荒唐無稽であるが、同時に弱者男性の救済にも値しない。

男女平等弱者男性を救う

ここまでだらだらとフェミニストの主張や女性差別について考察してきた。端的にまとめると現代日本では一般的に女性理性的に行動ができず本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態にあるということが言えるかと思う。そしてそれが非モテ弱者男性という女性加虐される被差別階級を生み出している。

しかしここで短絡的に「だから女が悪いんだ!女はダメなんだ!」と思った方々は少し落ち着いてほしい。これは上記あくまでごくごく僅かな例から一般化した話であり、女性のすべてがそのように振る舞うということを意味しない。今短絡的に怒りに飲みこまれあなたより遥かに理性的で、高い成果を上げ人類に貢献してきた女性はそれこそ星の数ほどいるだろう。すなわち「女性であること」は「理性が弱く本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態」の必要条件でも十分条件でもない。つまり弱者男性論に散見される女性叩きではなにも解決しない。そうではなく、現代日本女性がそのような野蛮で怠惰な振る舞いをしてしまいがちな構造的な問題があると考えるべきだ。

そしてその構造問題を解消できれば、女性理性的主体的になり男性同様本能を抑えられるようになることが期待できる。そしてそれは非モテ弱者男性にとって本質的な救いになりうる。

社会男性本能抑制するように要請することで近年の社会秩序の発展と女性地位向上がなされてきたように、女性本能を理性によって抑制できるようになれば女性による非モテ弱者男性への中傷排斥加虐が抑えられ、何度も訴えられてきた非モテ弱者男性の消耗した自尊感情社会とのつながりの回復も期待できるだろう。

では、女性本能を理性で抑制できず野蛮になってしま構造問題とはなんだろうか?おそらくそれは男女の不平等だろう。

男女平等を推進するには

未だに「女性高学歴だと結婚できない」「男性自分より所得の多い女性結婚したがらない」「女性家事愛嬌」といった女性に対する社会的抑圧は残念ながら存在する。そしてこのような女性教育社会進出を推奨せず結婚して扶養されることこそが幸せだという価値観の押しつけは女性教育社会進出を阻害するだけでなく、そういった過程で培われる理性的思考主体性女性から奪ってしまう。同時に女性に「私は社会から抑圧された」という言い訳を与えてしま努力するモチベーションを失わせて堕落させてしまう。こうして本能のままに弱者男性攻撃排除被害者面をしながら強者男性に媚びを売る怠惰女性構造的に発生してしまう。繰り返すが彼女らにその責任はない。構造問題構造的に解消されるべきだ。

ではこれらの慣習を打破し、男女平等を実現して女性理性的になってもらうにはどうしたらよいだろうか。高度化した現代では教育の水準がある程度強く所得に影響しており、経済的事由によって教育を受けるインセンティブを設定できる。すなわち女性が「稼がねば」と自ら思うような状況を生み出すことで、必然高い教育を受け理性が鍛えられ本能抑制できるようになることが期待できる。

ではどうやったら女性が「稼がねば」と思うようになるだろうか?わかりやすいのは婚姻制度にメスをいれることだ。しばしば「女性婚姻制度で楽をしている」「理解のある彼くん」と批判されるように、女性男性収入依存する構造女性怠惰堕落させ社会進出を阻んでいる。ひいては最初に上げた所得格差などを温存する結果となっている。

そのため女性男性収入依存できないようにし、女性自身必死に「稼がねば」と思うように法律修正するのが効果的なはずだ。たとえば

このように、女性男性収入依存するための多くの法律制度存在する。基本的にこれらの法律修正をしたとしても「一人暮らしが二人」の経済状況とは変わらないため、女性がきちんと社会進出労働し稼げている限りにおいて女性が極端に不利になることもないはずだ。にもかかわらずこれだけ「女性男性収入依存せよ」というシグナルが法律にまで入り込んでいるのはグロテスクに感じる。女性社会的制度によって強く婚姻男性依存して堕落することを動機づけられてしまっているのは異常だし、社会活躍たかった・できたはずの多くの女性にとって悲劇と言えるだろう。フェミニストとしても解決したい課題のはずだと思う。

もちろん女性出産に伴うフォローのための法改正も同時に必要になるだろう。これだけは男性にはどうしようもない。1年間の法定産休・育休と休職間中給与保証などの大胆な支援策もあるべきだと思う。フェミニストのいう結果平等はこういった形で強力に推進されるべきだろう。

出産後に男性経済的支援があるならとパートタイム等の責務の軽い・時間の短い仕事に移ってしま女性も多いと聞くが、上記婚姻制度改革によって男性依存を断ち切ることで改善が期待できる。男性のように「働かなければ・キャリアを失ったら死ぬ」という緊張感があれば成長意欲も刺激されるだろうし離職率も下がって「女性は30代になると離職するから」などという理由採用・昇進を渋られることもなくなっていくだろう。

このような先進的な男女平等の実現・婚姻制度解体によって女性男性同様社会に参画し、男性に求められるよう女性も理性によって本能を抑え他者への加虐性を抑制することで、弱者男性は初めて「弱者男性」としてではなく「弱者」として男女平等な救済の道に進めるだろう。弱者男性本質的な救済は男女平等推し進めることにあるはずなのだ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん