「ウィズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウィズとは

2020-05-29

今度は「ウィズコロナ」ですか

から次へとカタカナ使うのやめたほうがいいよ

東京アラート」とか「ステップ2」とか


伝わらないよ

2020-05-14

ウィズコロナってつまりメメントモリのこと

死を身近に感じながら生活しろってことだ

アフターコロナとかウィズコロナ意味不明

結局はただのバズワードでしょ

アフターインフルエンザウィズインフルエンザも無いのになんでコロナだけ特別世界が生まれると考えてるの意味不明だよ

2020-05-11

anond:20200328172809

尊大言動眉毛兄弟バンドのどっちかとケコーンした、やはり兄妹バンドが演ってた「ステイウィズ・ミー」

2020-05-10

ブクマカ「これからウィズコロナ時代」←なんで?

これからは人々の移動はめったになくなる、テレワークが主流になる、ってブクマカが一斉に言い出してるけど、なんで?

ペストエイズもあったけど、今は収束して海外にめちゃ行けな時代になっていたのに、コロナだとなんで収束してもコロナ的な状況がつづくわけ?

コロナ収束しても元に戻らない理由って何があるの?

ブクマカはこの矛盾をどう説明するのかな。

2020-05-03

前置詞+コロナ

アフターコロナ

 コロナの後の世界を指す 収束が前提にあるニュアンスか?

ウィズコロナ

 コロナとともにある世界を指す いま現在のことも指すし、集団免疫を獲得してコロナ日常の一部にした場合のアフターコロナも指す印象

ビフォアコロナ

 コロナが現れる前の世界を指す いまや戻らない、尊い日常

アバウトコロナ

 だいたいコロナ コロナっぽい症状を指す

ビヨンドコロナ

 コロナを超えたその先を指す 再生産数70億、致死率200%の世界が君を待つ

ゲンストコロナ

 対コロナ 人類の戦いを指す 足並みが揃ってねえんだよな 

アズコロナ

 コロナとして 気がつくと私はコロナになっていた それでも私は地元に帰りたかった だけど地元の人々は私に銃を向ける

フォーコロナ

 コロナのために我々になにが出来るか?Go Outside週間!三疎を避けよう!

イントゥコロナ

 中国武漢ってところで変な肺炎流行ってるらしいよ、と思っていたあの期間 

自分仕事の意義を見失った

なんとなく溜め込んでいるものを、どこか吐き出したくなり書いてみる。

自分IT企業に勤めているアラサー男子である

今は一人暮らしで、都内に住んでいる。

うちの会社コロナが本格化するちょっとからフルリモート化が進み、無理に出社させないようないわゆる良い会社である

自社の領域としても、今回のコロナで悪い影響はでにくいところで、正直業績的な危うさは比較的小さい。

リモートが始まったとき会社雰囲気としても、「仕事用に椅子買っちゃった」とか「リモート飲みはXXすると楽しい」とかが話題になるように明るかった。

自分ニュース流れる不景気ニュース自分の肌で実感することができず、ちょっとした異常事態をどこか面白がってしまっていた。

しかし、そんな世の中は驚くべき速度で変わってしまった。

パンデミックが本格化し、世間はいつの間にか完全に自粛ムードになった。

自分の街にもその影響が出始め、よく行っていたラーメン屋も潰れた。

そう、これは本当に異常事態なんだと実感せざるを得なくなったのだ。



そんな中、4月自分部署異動があった。

しかし、ここで自分が上手く新しい部署適応できていない。

新しい部署メンバー関係性築けないまま、リモート勤務でコミュニケーションが上手くいかなった。

また、新しいタスクもきれにこなせず、色々なものが空回りするようになってしまった。

成果を求められ、それを達成するために尽力しいてるが、上手くいかず。

正直けっこう精神的苦しい。

(人とのコミュニケーションで上手くいかないのは単に上手くタスクを進められない以上の精神負荷がかかる)

その上、自粛で上手く発散ができないまま、淡々ストレスが積み上がっていく。

嫌いではなかった(むしろ好きだった)仕事が嫌になり、月曜を迎えるのがどうしようもなく憂鬱になってきた。

「ああ、このままじゃだめだな、きちんと成果出さないと」と思いつつ、

ふとこんなことも考えてしまうのである

「これは何のための仕事なのか」

世の中の多くの企業飲食店倒産がかかっている中で、頭を本当に悩ませ乗り越えようとしている。

医療関係者は本当に自身生命リスクももった上で懸命に戦ってくれている。

物流エッセンシャル仕事も世の中のために、日々サービス提供をしてくれている。

それなのに、自分はなんだ。

感染リスクや、収入がなくなる危険も負っているわけでもない。

コロナとは全く関係のない、単なる自社サービスの成長を目標にした仕事をしているだけである

「それなのに精神的につらい?

え、それは何のためなの?

なんでこんなときに、そんなことで精神的に辛くなってんの?

は?」

自分自分仕事の意義を突然見いだせなくなってしまった。

この世の中の状況で、お金が本当になかったり、日々リスクのもと感染者の方の治療にあたっている人たちが苦しい中戦っているというのに、自分の今の状況で大したリスクにもさらされていない。

その状況下で、コロナとはおおよそ関係のない仕事で辛くなってしまうのが、情けなかった。

そしてどうしようもなく、申し訳なくなってしまった。

もっと本当に苦しんでいる人もいる中で、こんなことで苦しがってしまっているのがただただ申し訳なく感じられるようになった。



街に買い物にいく度に感じることがある。

今、街の労働のすべてが尊く感じられるのだ。

飲食店テイクアウト料理を作っている人、スーパーレジをしている人、ウーバーイーツの配達員ゴミの清掃、荷物カゴを自転車で引く物流業者

みんなすごく輝いて見えるのだ。

彼ら彼女らの経済状況や、勤務に伴う感染リスクを軽視するわけでは決してない。

(ほとんどの人はやらなくて済むならやらないのだろう)

だが、自分は今、彼ら彼女らがとてもうらやましく思えてしまうのだ。

目の前の生活のためのものを買い求めたりする人々に対して、実際に自分労働を直接的役立てることができる。

(大げさではあるだろうが)人々の生活のために、今自分身体活用できる。

このことが今自分の中でものすごく尊く感じられるとともに、なぜこんなシンプルなことを自分が今できていないのだろうかと思ってしまう。

そして何らな今、感じるべき苦痛、苦労を感じることができることすら羨ましく思ってしまう。

この状況で享受すべき苦しみを享受できていないのが、どこか置いてけぼりを食らってしまっているようにすら思えるのだ。

(なんて失礼な話だ。)



ニュースメディアでは頭の良い人たちが色々な観点からアフターコロナウィズコロナといろいろ話している。

正直、この世の中が今後どうなるかなんて自分には全くわからないし、考えようとする気も起きていない。

ただ、これを機に自分の中の価値観というか労働観というのは変わる気がする。(もう変わったのだろうか。)

このように感じているのは自分くらいなものなのだろうか?

なんか仕事上手くいってなくて疲れているだけといったら、案外そうなのかもしれないな。

2020-04-22

コロナ世界は変わるというが、地域差はどうするのか

テレビでは東京大阪あたりのことしか日報道していないが、地方からすれば既に感染ゼロが数週間経っており、

東京などの感染地域からの人の移動さえなければ、市内であれば問題ないように思える。


東京ダメなんだから地方も一緒に自粛を!という意見もわかるが、

逆に、東京が終息し、大阪が終息しなかった場合東京の人は自粛するだろうか?


どういった条件で緊急事態宣言が解除というのが明確になっていない。

全国で新規感染者がゼロになるまでというのはわかりやす指標ではある。

5月で終息すれば今のままでいいだろうが、年単位になったときに困らないだろうか?


アフターコロナウィズコロナ議論が出ているが、東京世界大都市しか見ていないのではないか

2020-04-15

2020-04-06

anond:20200406173503

コロナ収束時間かかるから収束」じゃなくて「ウィズコロナ世界を考えるしかない」とか言ってる人もいたが

今も「ウィズインフル世界」だよな

2020-02-19

革靴の沼にハマりつつあるハードウェアエンジニア備忘録

最近増田で革靴が盛り上がっててとっても嬉しい!

https://anond.hatelabo.jp/20200203232919

https://anond.hatelabo.jp/20200218234717

お金の掛かる趣味なので、友人には公言できないからね。値段を言うと確実に引かれてしまうよ。いい機会なので、一介のエンジニアエドワードグリーン(EDWARD GREEN)のMTO(Make to Order:個別受注生産)に手を出し始めるまでの革靴遍歴についてまとめてみようと思う。ちなみにグリーンのMTOは、日本でオーダーすると25万円くらいの高級品。これを連発することになるだなんて誰が予想できただろう?

本格靴のデビュー

初めて買った本格靴はトリッカーズ(Trickerʼs)のBOURTON(バートン)だった。ちなみに “本格靴” って言葉バズワードなので定義はないんだ。自分は “グッドイヤーウェルト製法で作られた靴” という意味で使ってる。

社会人1年目のボーナスで買ったから8年前かな。当時は日本直営店が無かったから、渋谷にある革靴のセレクトショップ “トレーディングポスト” で購入した。本格的な夏を迎えた蒸し暑ーい日に、現金7万円を財布に入れて電車に揺られてた。靴に7万円だなんで自分はどうかしてると思って、心臓バクバク脈打ってたのを覚えてる。高級靴店に汗だくはマズいよなーと思って、お店近くのファミマで涼んでた。汗が引いたら、ついにトリッカーズとご対面。第一印象は「かっこいい!!」だった。これまでの雑念はついぞ忘れて、迷わずに買った。スーツは着ないしTシャツOK職場だけど、雨の日以外は必ず履いてた。新社会人自分を大きくみせてくれる相棒だった。

のちに、革靴は一度履いたら2日間は寝かせた方が良いことを知った。革靴は水分をよく吸収するからね(だから、もちろん木製のシューリーを入れるんだ)。そして相棒が寝ている間、僕のテンションを上げてくれる2足目の靴を探すことになった。この頃から革靴の沼に片足を突っ込んでいたのかもしれない。

イギリス靴を眺めはじめる

初めての本格靴にトリッカーズを選んだ理由は、 “ロイヤルワラント” に認定されているためだった。これは英国王からメーカーに送られる認定制度で、 “所定の評価基準を満たす品質がありますよ” という指標になる。ただ当時の自分品質なんて気にしていなくて、「ロイヤルワラント!?かっこいい!!」とだけ思ってた。007ボンドとか、シャーロックホームズが纏ってるような英国紳士の装いが大好きなんだ。そんな彼らが愛用するチャーチ(Church's)やクロケットジョーンズ(Crockett&Jones)に手を出すのは自然な流れだった。

この頃から伊勢丹新宿のB1F、丸の内ブリティッシュメイド表参道チャーチ路面店にヴァルカナイズロンドンなど、イギリス靴が置いてあるお店に月一くらいで顔を出すようになった。モデルを眺めてると「これ、最高級靴読本で見たやつだ!!」となることもあって、顔のニヤニヤが抑えられなかった。イギリスはもともと家具とか鞄とかを親子世代に引き継いでいく文化があるらしい。靴になると “子に引き継ぐ” のは難しいけど、それでも一生モノとして使えるように、靴底を張替えられるように手間をかけて作られてる。“一生モノ” っていうのが靴業界セールストークなのか今はまだ分からないけど、自分にはとっても魅力的に映ってるんだ。

イギリス靴を集めはじめる

2足目に選んだのはチャーチのDiplomat(ディプロマット)だった。トリッカーズのBOURTON(バートン)がアメフト選手だとすると、Diplomatはその名の通り外交官のような落ち着いた雰囲気。高い買い物になるので悩んでたけど、チャーチ過去に扱ってた伝説ラスト“73” の限定復刻モデルということで、頭の中では両親に「こんな自分でごめんね……」なんて謝りながら、勇気を振り絞って買ったのを覚えてる。トリッカーズのような質実剛健さはないのですっごく丁寧に扱ってた。ゲリラ豪雨に遭った日なんて、靴をその場でぬいで抱えてたから今思い出しても恥ずかしくなる。後述するようにもうお別れしてしまったけど、今この瞬間でも同じ行動をとったと思う。それくらい大事だった。

これの経験トラウマになって3足目にはクロケットジョーンズのPembroke(ペンブローク)を選んだ。グレインレザーになっているモデルだったので、多少の雨でもへっちゃら!これで雨の日も晴れ日も、(病めるときも健やかなるときも笑)革靴と一緒だー!なんて思って一人でテンション上がってた。

うそう、イギリス靴ってモデル(型番)が人物名や地名になってるんだよね。英数字の羅列よりも愛着が湧くし、ある界隈では擬人化されてるとかされてないとか……も納得だね笑

ラスト(木型)

チャーチのくだりでも書いた “ラスト” って何だ?って思うよね。ラストというのは靴製造で使う木型のこと。職人さんはこのラストに革を被せて靴型を作ってるんだ。ラストの形状がそのまま足を入れる空間の形状になっている。だからラストの種類は革靴を選ぶ上ですっごく重要パラメータなんだ。ただ、例えばチャーチだったらDiplomat(ディプロマット)はラスト173、Burwood(バーウッド)はラスト81、って具合に各モデルと紐付いてることが多い。なので、自分の足型には81ラストが合うのに、モデルとしてはDiplomatが欲しいよーっていうときは、困る!笑 (こんな悩みも、のちにエドワードグリーン解決してくれるなんてびっくりだよね。)

サイズに悩み始める

本格靴のサイズ表記には、一般的サイズに加えて “幅(ウィズ)” と “ラスト” が併記されている。サイズウィズよりも大事なのがラストで(ラストはもう大丈夫だよね?)、自分の足型に合ってないと僅かな空間ができたり、小指の先が少し押されたりする。つまり既製品で満足するためには、この3つの組み合わせが足型にピタリと一致しないといけない。加えて本格靴は中物がコルクでできているので、しばらく履くと形状が変化する。つまり自分に合ったサイズを見つけるという行為は、トンデモい組合わせ最適化問題を解くようなものなのだ

一度「このサイズ、足型に合ってるのかなあ?」と思い初めたが最後、喉に刺さった小骨のようなもので、一日中違和感を感じるようになった。伊勢丹阪急で仲良くなった店員さんに相談したところ、自分は甲高幅広の日本人系でおまけに左右の足幅が数ミリ違うので、完全に合うサイズを見つけるのは至難の業と診断された。それならチャーチクロケットジョーンズ、チーニーから主要ラストモデルを集めるぞ!とおかしな発想をしてしまい、最終的にチャーチの81ラストが一番合う!と結論するまで本格靴を10足も買うことになってしまった。

出会い

話はここでは終わらないんだ。ある出会いきっかけに、思い入れのあるトリッカーズのBOURTON(バートン)を残して、集めたイギリス靴を全て処分してしまった。それは革靴界の老舗名門エドワードグリーン(EDWARD GREEN)との出会いだった。価格20万近いので、文字通りこれまでの本格靴とは価格が1桁違う。もともと手が届かないと思ってたんだけど、妻とフラフラ散歩してたとき、気になって直営店に入ってみたんだ(高いから買うつもりはなかったけど、革靴ってこんなに素敵なんだよーって言いたくて、少し背伸びしたのは内緒ね笑)。そのとき僕が履いてた靴はクロケットジョーンズのISLAYアイラ)だった。007スカイフォールボンドが履いてたことで有名で、とっても鼻高々だった。エドワードグリーンの靴にも引けを取らないかっこよさだと確信していた。ただ、CADOGAN(カドガン)のラスト202を試着させてもらったとき、かっこよさより大事なことに気付いたんだ。CADOGANに足を入れ進めると、行き場を無くした空気圧縮されて、ぷしゅっと踵から抜ける音が鳴った。そして、右足の土踏まずから甲を回って右小指まで滑らかにまれ感覚があった。極めつけにヒールカップは僕の小振りな踵をしっかりと掴んでくれた!すぐに「これだ!!」と思った。妻の手前、さすがに即購入はできなかった。「なーに言ってんの!買わないでしょ笑」と言われるのがオチだった。そして1週間後、またお店の前に立っていたのはみんなの想像通りだ。

疑念確信

エドワードグリーンラスト202との出会いは、サイズに悩んでいたこれまでの自分肯定してくれるようだった。これまで集めたDiplomat(ディプロマット)やPembroke(ペンブローク)といった本格靴は、僕の足には合わなかったけどとっても魅力的な靴だった。もっと履いてくれる人の元で大事にされて欲しいと思って売ることにした。処分した後は胸にポッカリと穴が空いたようだったけど、あの子達を想うと不思議と寂しくはなかった。少しずつあの子達のいない生活に慣れ始めた頃、胸の中には黒くモヤモヤした霧がかかっていた。それは、ジョンロブ(JOHN LOBB)やガジアーノ&ガーリング(GAZIANO GIRLING)は果たしてどういったフィッティングなんだろうというものだった。この頃の自分は、大事な靴をまた手放すことになるんじゃないかって、まともにエドワードグリーン直視できなかったように思う。

すぐに銀座三越ジョンロブのCITY2(シティ2)とWILLIAMウィリアム)を試着しにいった。エドワードグリーンと同じ衝撃だったなら、その場で買う決意をしていた。値段をどうこう言っている精神状況ではなかった。結果、どうサイズ調整しても踵が緩かった。次に表参道のトレーディングポストでガジアーノ&ガーリングST.JAMESセントジェームズ)を試着させてもらったけど、幅広な自分の足にはとっても窮屈だった。

全てが報われた気がした。僕の足にはどんな高級靴よりも、エドワードグリーン202ラストが合うって確信した。今まで積み上げてきた経験無駄じゃなかったんだよって、別れた靴達が言ってくれた気がした。ST.JAMESを履きながら、泣き笑い顔をしてたか店員さん驚いてたんじゃないかな。

そしてMTO

エドワードグリーンの良いところは、モデル複数ラストが割当てられているところなんだ。だから、「モデルはCHELSEA(チェルシー)にして、ラスト202にしよー。」なんてことができるんだ。例外はあるけどね。そうこうしてるうちに、エドワードグリーンが4足になっちゃった。もちろん全部ラスト202だし、雨用に “ユタカーフ” っていうオイルドレザーを使ったモデルも揃えちゃった。雨の日でもグリーンを履きたいっ!!

ただモデル毎に推奨ラストっていうのがあって、それを満足しない組み合わせだとMTO(セミオーダー)になる。僕はとってもGalway(ガルウェイ)っていうモデルが欲しかったんだけど、なかなかラスト202で販売されないのでオーダーしてみることにした(もちろん、雨の日でも履けるようにユタカーフで頼んだ笑)。日本価格を聞いたらsurcharge込みで25万円!うちは子どももいなくて共働き、おまけに妻は革靴を理解してくれてるから払うことはできるんだけど、少し尻込みした。8年前のように、靴に25万円だなんで自分はどうかしてると思って、心臓バクバク脈打ってた笑 念のため、モデルについて過去に問い合わせていたロンドン本国のsales担当メールしてみたら、関税込みでもずっと安い!ということでロンドン本国にオーダーしてみることにした。彼とはすごい気が合って、2モデルもオーダーしちゃった!ここまで来て、増田に “革靴” の文字があったかビックリしてこれを書いてるよ。

これから

エドワードグリーン出会ってからとっても散歩が増えた笑 一緒に歩く時間が本当に幸せなんだ。けど最近、革靴の個体差が気になってる。本格靴には手作業工程があるから職人さんの “くせ” からくる数ミリオーダーの僅かな偏りがある。気にしたくないんだけど、ちょっとだけ気になる。この先にあるのはフルオーダーのBespoke(ビスポーク)なのも分かってる。去年の年末時点で、これ以上ないくら最高峰ジョンロブとガジアーノ&ガーリングのBespoke価格は6500ポンドと5000ポンド今日時点のレートだと933533円と718102円。革靴は怖い。時計とかと違って、最高級品も手が出せちゃうんだ。。。

さいごに

ハードウェアエンジニア全く関係なくてごめんね!!時間を忘れて書いちゃった。革靴ありがとう!これからよろしくね!

2019-12-07

シャコ

ずっと好きだけど実物はどんなのか知らない魚介類の1つや2つあるだろう。

それが私にとってはシャコ。

シャコ大好き。アイラブシャコ。あの食感と味。シャコウィズユー。ホールドオンシャコ。

そのくせシャコがどんな生き物なのか今の今まで知らなかった。

まぁ海老みたいな奴なんだろうなとは思っていたが、想像以上のキモさだった。

あんなの絶対に触れない。しかパンチ力強いって。

ネット上で仲良くしていて実際会った時にイメージと違くてガッカリしたことを思い出した。

しかしそれは自分が作り出した勝手イメージなのだ

シャコはシャコでシャコシャコ生きていて、それを勝手にどうこう言われても知ったこっちゃねぇって感じ。

ちなみにその時会ったネット上の人物は、ソファースヤスヤと寝ている。

まさか結婚するとはね。

2019-11-29

anond:20191129001435

元増田より先にトラバするのを許してほしい。ウィザードリィ文字を見たら黙っちゃいられねぇ!

こんな凄い人がウィズやっててしかも廃プレイ者ってだけで何か嬉しくなってくるねぇ。。。

青沼さんとクラスメイトだったってことは20歳時に1983年だしウィズ直撃世代だよね。

芸大生だし下手したらこの方が末弥淳に代わってファミコンウィズの絵を描いてた世界線もあったかもしれないと思うと胸が熱くなる

2019-11-27

中年になって思うのは「40年前以上」が大した昔ではないんだよな。

ウィザードリィは俺にとってレトロゲーだけど自分が生まれた年とさほど離れた時代に開発されたわけではない。

そして哲学者ハイデガーはその発売のたった4年前に死んでる。

ハイデガーウィズプレイしてたらどういう感想抱いたのかな。

どんどん「昔」が昔じゃなくなってて不思議な感じだなと思ってる。

2019-11-21

イオン絶対反対」貫いた男性20年 孫の送迎でも入らない駐車場 - withnews(ウィズニュース

https://withnews.jp/article/f0191119001qq000000000000000W0dh10601qq000020039A

なんで若い年齢層がイオンなどのショッピングモールに行くor行きたがるのか、を想像理解できていない時点でこの商店街の復活は無理じゃね?と泥酔した勢いで思った

2019-09-26

anond:20190926145323

グレンラガンは男女だけど男男ずきでも見て損はないからどうぞ

印象的なキスシーンがあるけど元増田に貶しやすい特徴もいっぱいあるトリガー作品パンティアンドストキングウィズガーターベルトもおススメ、顔真っ赤にしてふざけてやがるって言ってごらんふふふ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん