「理事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 理事とは

2018-09-15

anond:20180911165115

今後のご活躍を祈念します。

研究所トップ

 研究員に対する「まだそんな研究していたのか」発言は、研究機関では多々見られます。これは、不器用な期待表現の一つと思われます一般企業研究場合研究テーマ事業部門から委託によるものが多く、将来の事業創出につながるブレークスルー研究は誰がやっているんだという指摘があります現場研究からすると事業部門から要請があるのだから何が悪いという意識もあり、事業から委託研究金科玉条免罪符となりがちです。研究所幹部には、会社経営トップから事業部門から要請のみを行う研究所不要という指摘もあり、苦悩は並大抵ではありません。もちろん研究投資は、現状の事業ニーズに基づく明日テーマと現状ニーズの延長上にない明後日テーマポートフォリオ上に位置づけられるべきです。現状の事業ニーズに応える研究者は必要であり、「まだそんな研究していたのか」発言は、人格テーマ重要性を否定するものではありません。現状事業ニーズに基づいた今今の研究投資事業部門が行うべきという考えによるものだと思われます事業部門は、自部門損益確保のため開発投資抑制して、研究所投資活用したいという想いがあります。その発言は、研究所責任者としては無理から意見と思います。そのテーマ継続したければ事業部門でやってほしい、大きな期待をかける研究者にはもっと大きな飛躍につながるテーマをやってほしいという意味理解すべきでしょう。

ビジョンとつながらない研究

 研究事業ビジョン関係は、具体的に経営者やCTOが示すべきかもしれませんが、専門性の高い研究テーマ事業ビジョンは、現場研究者がある程度示さざるを得ません。それができなければCTOではないという指摘もありうるかもしれませんが、CTOとしては、できるだけ将来のビジョンを示して、そこにつながる研究現場研究者に考えてほしいという想いがあります。その結果、最高給のブロガー揶揄される批判を甘んじて享受して発信を続けます。そんな批判に耐えて情報発信する経営幹部は、稀有ではないでしょうか。その内容は、もしかすると共感する読者からみて最高級といっても過言ではないかもしれません。もちろん、読み手によっては、薬にも毒にもならないビッグワードの垂れ流しの評論で、具体的な行動や指示ではないと感じる方もいるでしょう。それは読み手解釈であり、自身研究テーマファンドを得るために彼のブログの内容を活用してやろうと思う研究者にとっては宝の山に見えます。したたか研究者にとっては、彼のブログ予算獲得のための親切なヒントであり、金科玉条的指針となります。つまるところ、CTO自身立場キャピタリストとして位置づけたのではないでしょうか。そのCTOは、研究予算を獲得して何が何でもこの研究をやりたいという研究者をフィルタリングして、キャピタリストを納得させる研究提案提示させるというフレームワーク確立したようです。そのフレームワーク機能させるために、研究投資の指針やヒントをブログにを垂れ流し、そのブログを薬や毒にするのも研究者次第というスタンスだと思います

人事

 個人的には、CTOキャピタリストみたく受動的でいいのかなと感じます。あまり他人事過ぎて研究に対する熱さがない冷徹マネージメントとなりがちです。研究所長やCTOたる者には、スティーブジョブズ本田宗一郎のような熱いリーダーシップを期待したくなりますしかしながら、研究の中身がわかってリーダーシップを発揮できる分野は、一個人だと限界があります。したがって、分野ごとに任せる存在必要になります。そのあたりは、高度な信頼関係に基づく極めて難しいマネージメントになります。その役割は、理事とやらが担うのかもしれません。一般に、現場研究者のことを考え自ら具体的に行動して指示してきた方が、成功するかどうかは、その仕事を任せるCTO次第です。失敗を部下の責任とすること(成功と認めないこと)もよくある話です。CTOもの言う方であれば、なおさらありそうな事です。そのあたりは、幹部当事者でないとわからないので、表面的に論評するのは控えたほうが良いかもしれません。

最後

 個人努力が報われるかどうか、個人努力だけではどうしようもないことがあります。ただし、研究者として生きていくためには、研究ファンドの獲得(キャピタリストの信頼獲得)は、不可欠です。プロ研究者として、ご自身をどのように位置づけるか、つまりキャピタリスト自分適応させるのか自分投資するキャピタリストを見つけるのか、どちらかにチャレンジしければなりません。おそらく、CTO現場研究者に自分適応させるのか、自分方針に従う研究者を集めるのか、苦悩の上決断してチャレンジしているのでしょう。そんな苦労もなく好きな研究に没頭できるのは、恵まれた方だと思います。遅かれ早かれ、誰もが経験するチャレンジです。今までの経験を踏まえて、技術立国日本リードするプロ研究者としてご活躍されることを祈念しております

2018-09-11

NECで何が起きているのか

かつて日本代表するPCメーカー、そしてシステムインテグレーター大手6社に数えられるNEC。それを退職した今、機密に触れない程度に、特に研究所の裏事情説明していこう。おそらく製品部門は違う苦しみを抱えているだろうが、高額なボーナスもらってるんだから耐えてくれ。

IT音痴研究所トップ

私が入社したのは、研究発表でのいわゆる一本釣りだった。釣りあげた部門も、当時の研究比較的近かったため、給料をもらいつつ研究ができる、という不純な動機があったのは確かだ。大手特有研修体制も魅力に感じた。

雲行きが怪しくなったのは1年目の夏である。当時研究所トップであるE氏による、研究発表の総評の場で「まだそんな研究していたのか」という発言だった。NECシステムインテグレーションといえば、重要事業の柱であり、事業からの引き合いも非常に強かった。折しも、AWS日本国内での事業が躍進し、オンプレミスとは違う流動性の台頭に、研究テーマとしては佳境の段階であった。そこに貢献するミッションは他の研究テーマでは代用できないものである

それをE氏は「そんな研究」と一蹴したのだ。翌年、予算はつかず、研究チームは文字通り解散となった。そしてシステムインテグレーション研究NECから完全に姿を消すことになった。E氏は光通信の元研究者で、正直なところなぜ偉くなったのか、今でも疑問であるが、少なくとも大のつくIT音痴であることは仲間内では有名である。それこそ当時はデータベースとは何か、すら知らなかったようである

E氏が理解できる、できないはあったにせよ、そして価値提供方法まで突き詰めて考えられていたかは怪しいけれど、少なくとも、なんのためにやっているのかわからない研究ではなかった。「バイオプラスチック 漆ブラック」などいった、海のものとも山のものもつかぬものより劣っていたのだろうか。カーボンナノチューブ研究すらまだ留保しているのに。

そしてE氏はNEC常務となり、CTOとなった。社内では最高級(給)のブロガーと称され、「未来について考える」だとか、「~について意識しなければならない」といった、きわめて抽象的、かつ薬にも毒にもならないビッグワードを垂れ流し、評論し、何かをいっているようで、実際には何ひとつ具体的な行動や指示を出せない人物である。そして未来創造会議というような、何ら結論の出ないもの露出するようになった。あれを見た人は、NECが何の会社なのかわからないだろうし、それは製品として何を提供するのかすら伝わらないだろう。漫画雑誌企画会議ですらもっとマシなものだろう。

実を結ばない研究

研究所といえば、技術部門の花形、と思われる人もいるかもしれない。事実、優れた技術はほぼすべて研究所であるしかし、本当に優れた技術NECから広報には載らず、社外からの引き合いが先行する。なぜなら、広報インパクトが優先され、そして広報ノルマを充足するために実施されるからだ。そして時には大きな「事故」となる。

数年前、橋梁構造物劣化診断という技術日経新聞掲載された。これは固定カメラ画像撮影し、振動による変化で構造内部の劣化モデリングし、内部ひび割れ可視化するという画期的ものであった。事件の発端は、その研究途上であった技術に対し、研究所理事(*2)がメディアの前で口を滑らせたこである。当然注目され、実用目途についてまで発表することになった。実際には理論検証完了し、クリアしなければいけない項目の洗い出しの最中であったという。1年後を目途とされた研究テーマは、その後研究所から姿を消した。撮影には非常に繊細な取り扱いが要求され、撮影時の振動に弱いという欠点を克服できなかったと思われる。これは当時画像診断系の学会でも度々指摘されていたもので、研究者の間で共通認識であったが、残念ながら理事には理解できなかったようである

談合事件役員人事

ここ数年のNECもっとインパクトがあった事象は2件の談合による指名停止であろう。煽りをくらい、全く無関係研究所予算がまずは削減された。そして賞与が大幅に減額である。社内ですら、談合当事者やその上司名前は完全に秘匿され、明に責任をとった人物存在しないことになっている。おそらく、公表した場合、全社員から報復を受けることを恐れたのであろう。

すると、不透明な人事はいたるところにあることに気がつく。前期の大幅に未達だった中期計画責任者だった遠藤社長会長になり、その策定の中心人物だった新野副社長社長となった。そして次の新中期計画は1年目でとん挫したにも関わらず社長以下留任ときたもんだ。

グローバルビジネスの低迷。これからNEC生命線とまで言われていたグローバルBU。彼らは海外売上比率を25%を目指すと宣言していた。中期計画に対して、何ひとつ貢献できずKPIを外したそのトップ、真っ先に責任を取らなければならない人物M氏は、翌年副社長となった。その自浄作用の無さもさることながら、株主債権主の銀行は一体何を考えて、彼らの役員人事を承認しているんだろうか。株価は買値の1/10となった、もう値動きすら見たくないから早く潰れてくれ、と思っているのだろうか。

今後、NECは暗黒の時代を迎えるだろう。折しも今年は3000人のリストラを掲げ、断固と構造改革を実施する覚悟を強調する新野社長しかし、彼にあるのは覚悟だけであり、スタッフを減らす方策すら定まっていないだろう。現状、10人が事業仕事をし、8人が彼らの事務担当するような人員である。そして今回の早期退職は主に事業の主力たちが手をあげるようである

最後

思えば、個人努力が何に対しても反映されず、学習性無気力に苛まれ続けたNECライフであった。管理能力に長けた上司はおおむね本社接収され、帰ってくることはなかった。そして残ったのは、管理職不適格でありながらも、降格制度存在しないことによる吹き溜まりである会社学会仕事をしにきている主幹研究員なる人種もいれば、1時間前の記憶すらないような痴呆老人である。そんな中、近頃はカルチャー変革(*3)を謳っているようだ。NEC暗黒時代たる本質まで踏み込み、ぜひNEC再生していただければと思う。

(*1)ビジネスマナー研修思想教育といったものからディスカッションなどがあったが、参加者講師レベルが低く、こいつら大学出てるのかすら怪しげだった。彼らが同期となって、社内キャリア形成意味もつ存在だと思うと、ぞっとした。さまざまな節目に集合研修は行われたが、効果を測定する様子もなく、ただそこに予算があり、研修実施することが担当者の評価だ、というような空気であった。そしてその直感は、NECスタッフ部門全体に共通するものであると後にわかる。

(*2)理事とは事業部長、本部長、中央研究所傘下の研究所経験者で、様々な理由部門消滅したりすると発生する役職である最近では、関西研究所CCII本部長、シンガポール研究所歴任し、価値共創センターを立ち上げ、これらのすべてを失敗させたY氏が理事となっている。彼らは理事になると、「天下り」先を探すことがメインの仕事になる。そして彼らが天下れば、空席となった理事は別の元所長が補充される。

(*3)カルチャーは変革できても、働き方全般違法裁量労働たるVワークの制度は変えられないだろう。また社員モチベーションを上げるための施策は、すべて人事部門判断によって握りつぶされると思われる。総務部人事部門抵抗をどのように回避するのか、外様役員の腕の見せ所だろう。

2018-09-05

anond:20180905152049

https://www.excite.co.jp/News/society_g/20120316/Weeklyjn_1653.html

併せて6つの公益法人、その歴代理事長43人全員が総務省から天下り。そして、役員の平均報酬は約2000万円と、何かの間違いではないかと思うくらいの待遇でもてなされている。

なにやってんだろう理事って

2018-09-04

anond:20180904102056

近所の商店街組合理事だとか運営委員だとかやる程度の人間なら、そんじょそこらAIなんかメじゃないくらい大規模なニューラルネットワークを内蔵してるんやで。

学習能力は十分あるし、むしろこの3〜4年の大雨土砂災害の頻発からしたら、過剰学習してる可能性が大だなw

2018-08-28

玉井かいカス

JASRAQの元外部理事

以前、ピアノ塾に対して著作権料を取ろうというニュースが出た時に、JASRAQの正当性を訴えてたのが話題になったこともあるので、知ってる人もいるんじゃないかと思う。

その件自体は言ってることも割とまっとうだと思ったし確かにな、と思ってた。

でもこの玉井さくらももこさんが亡くなってからずっとマンガ画像を(おそらく)無断使用したツイートばんばんリツイートしてる。

お前あれほど著作権について講釈垂れてたのにそれはねーだろ。

anond:20180828170843

NPO理事職員年収1500万

これは別に収入源持ってるやつだろ

NPOから給与報酬で1500万はないよ

anond:20180828170427

少し調べたらわかると思うけれど、NPO理事職員年収1500万とかもいる。

ここの最大値みてみたら

https://www.nenshuu.net/shoku/any/npo.php

anond:20180828162410

お前は知らん

元増田自称NPO理事クズのことを言ってる

下の者をただ働きさせて私腹を肥やすクズ

恥ずかしげもなく善意を語る金の亡者

anond:20180828160059

NPO=非営利組織理事が500万円貰って良いのかって話

悪いという法的根拠あるの?

お前の個人的感情じゃなくて?

anond:20180828154517

ボランティア無償は良い。

NPO非営利組織理事が500万円貰って良いのかって話。

知性のある増田たちよ、よく考えて見てくれ。

それとも俺様が世のため人のためのNPO 作るから

ボランティアで誰か手伝ってくれないか(爆

自称NPO理事とか言ってる奴

人にはボランティアで働かせておいて、自分年収500万

控えめに言ってクズ

2018-08-27

anond:20180827220814

Fラン学生がきてないところが貯めるのは、学校法人を維持するためという理屈がある。

ただ、単にFランから貯めてもOKではなく、Fランでも経営効率が良かったり

担保にできる資産があったりするので、むやみに貯める必要はない。

最低限、1年生で入った学生が4年生までは何があっても学校を潰さないという

点では4年間の大学維持のための費用必要なのではないだろうか。

本当にそんな必要のある大学ほとんどない。

いま大学経営陣の集まりでは、うちの学園はどんだけ貯めたの比べ合い。

威張れるのは、1億2億じゃないよ、10単位でもない、100億単位でもない

何千億単位でやっと威張れる。

見えにくいけれども、私立大学の一部では何千億単位で貯めてる。

学費を、教育施設教育内容の充実ではなく、単に貯めてるだけ。

施設更新しない、非常勤ばかりにする、常勤仕事を増やして学生指導学生との時間を減らす、

事務職員を採用しない、外部委託する。やり方はいろいろ。

いわゆる士業とかコンサル理事連中の不安を煽って入れ知恵する。あいつらは学内トラブルが起こり、

理事連中が孤立すればするほど頼られて儲かるのでかき回す。相談料1時間5万です、書類1枚10万ですの世界である

なお、けっして高偏差値から貯めてるではない。

2018-08-16

堀江貴文って圧倒的に早かったんだよ

2005年にX Prize Foundationの理事イーロンマスク と一緒にやってたり

あのまま行ったらどうなってたのかな

見てみたかったな

anond:20180816095827

団体のものと、というより、そのトップ(あるいは理事クラスでもいい)が所属している団体を探してそれに入る。

ライオンズロータリー、その他ボランティア団体所属している人が多いし、政治活動やっているような人って、わりと真面目に地域の清掃活動とかもしてるので、そういうところから接点を持つ。

2018-07-27

イケダハヤト氏がもはやデスノート化しててやばい

イケハヤ氏。

サラリーマンディスることで有名ですがマジで最近やばい

ビットコインについて呟いたらいきなりさがった。

これ以上お前はもうつぶやくなといいたい ツイッターをやめてほしい

イケハヤについて調べたんだがことごとく関わったりおすすめしたサービスが早々に終焉を迎えたり、人気がなくなってる。

イケハヤが使ったサービスや関わったものをまとめたみたら

VALU→ほぼ終了 話題にもならない

noteブロガー達がこぞって情報商材を売りつけるものと化して終わりかけてる

・ラジおこしアドバイザー就任→閉鎖

仮想通貨XP煽り暴落被害者多数)

・maneo→行政処分被害者多数

・Gamewith→暴落

・みんなのビットコイン行政処分でほぼ終了

NPO法人oneれいほくの終焉理事解任

イケハヤ書生→全員稼げず実家に帰る

・synapse→サロンで関わってしまい売却

高知県ブランド低下・台風被害

●逆にかかわらなかったもの

・timebank→イケハヤ拒否したことでまだ機能

関わらないものは残っている状態だ。

まだ探せばあるだろうがこのような有様だ。

うそろそろサービスに関わらせたら本気で失敗するということを世間企業は知らないといけない。

デスブログなるものがもうすでにあるが、こいつに関しては「デス」のものなので「デス野郎」と呼んでもいいかもしれん。

本気で呟いたり、サービスを推奨したり関わるのはマジでやめてくれ。

イケハヤよ。お前はクローズド世界で一生を過ごしてくれ。ツイッターブログに来るな。

2018-06-29

女の敵は女(女同士で勝手に自滅)

女同士で足の引っ張り合いをしているので、いつまで経っても女は男の上に行けない。

 

一方で番組山口氏を擁護する人物として、自民党杉田水脈議員取材した。杉田議員は、ネット座談会などで伊藤氏を強く批判している。

 

番組取材に対し杉田議員は、伊藤氏には「女として落ち度があった」と語った。

 

男性の前でそれだけ(お酒を)飲んで、記憶をなくして」、「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルの一つ」と杉田議員は話している。

議員さらに、「男性は悪くないと司法判断が下っているのにそれを疑うのは、日本司法への侮辱だ」と断言。

伊藤氏が「嘘の主張をしたがために」、山口氏とその家族誹謗中傷脅迫メール電話殺到したのだと強調し、「こういうのは男性のほうがひどい被害をこうむっているのではないかと思う」と述べた。

 

杉田 水脈(すぎた みお、1967年4月22日[1] - )は、日本の政治家。新しい歴史教科書をつくる会理事衆議院議員(2期目)。

 

所属政党

みんなの党→)

日本維新の会→)

次世代の党→)

日本のこころを大切にする党→)

日本のこころ→)

自由民主党細田派)

 

脅迫被害

2018年2月Twitter上で杉田の娘の写真を探していたと名乗る者が「杉田水脈さん。明日にでも国会議員をやめて頂けないでしょうか」「報復措置として貴方の娘さんに被害が被るかもしれませんよ」との書き込みをし、この書き込みを見た人が警察通報し、警察家族の安否確認を行った。

この脅迫行為に関し杉田は「毅然とした態度で臨む」と語り、警視庁赤坂署が脅迫などの容疑を視野捜査を始め、2018年3月ツイッター上で脅迫を行った無職の41歳の男性逮捕された。

2018-06-28

anond:20180628111122

調べたところ犬飼という人の発言らしいんだけど

その犬飼という人のことを調べると、改革と称して思い付きとしか思えないようなしょうもない施策を打ち出し

理事の信任を失って1期のみで退任したお方ということなんですけど

そんな人に酷評されてるならむしろいい人物なのでは・・?

2018-06-25

日大理事と司忍の写真って古いネタだよな。

タックル絡みで久々に擦られただけ。Hagex関係ないやろ。

2018-06-23

少女漫画ポリコレ棒でブン殴る

古いけど「エースをねらえ!」の終盤(以下ネタバレ。読んだことない人は超面白いから読んで)







宗方コーチの死後主人公岡ひろみへの指導を引き継いだ桂コーチへ、練習内容が厳しすぎるのではないかと苦情を言いにきたお蝶夫人。桂コーチは今の指導生前の宗方コーチと十分に話し合って課している内容であることを伝え、「あなたはしあわせだね」と言ってから以下のように語る場面がある。

「女というのはすぐれた男から時をかけて大切に育てられなければ決して道を極めることができない。(中略)男女の優劣をいってるわけじゃないよ。狩猟民族の昔から男は攻撃性をもって外で働いてきた。(中略)女にとって男性社会は未知の世界だ。踏み込むにはすぐれた男の先導が絶対必要となる。これに関連してもうひとつ重大なことがある。父親は家庭の格を高めるために働き、母親はその格を守るためにつとめる。最近の家庭は基本からはずれている。これは真剣に考えなおさなければならないことだ。が、あなたは恵まれている。竜崎理事は立派な方だ」(竜崎理事お蝶夫人父親

これを受けてお蝶夫人は大変感動していた。(宗方コーチと桂コーチの考えの深さ、人格に触れ、岡ひろみへの大きな愛情理解できたから)

雑誌掲載1973年くらい。今だったらこういうセリフを載せることを禁じることはできないと思うけど、自主規制されるか、そもそも今の時代にはそぐわないと判断される気はする。(そもそも家の格ってなんだ)

文庫版では鈴木隆之さんの解説でもこのセリフに触れ(中公文庫コミック版14巻)、そんなことはない、誰もがお蝶夫人にこそ影響を受け、追いかけているとしているが。

他にはなんだろ、強引なイケメンに反発しつつも惹かれていく主人公ってのはよくあるパターンだけど、セクハラデートレイプ肯定してる!なんて批判するとかかな。具体的な作品は思いつかないけど。

2018-06-15

国立大学の潰し方 (7つの行程)

日本国立大学は次のようにして潰すことができる。

1. 国の庇護から追い出す

国の手厚い保護があっては潰すことができない。

まずは、国から切り離す必要がある。

これは2004年独立行政法人化で実現した。

これが、国立大学を潰すための第一である

2. 継続的予算を減らす

大学が、潤沢な予算を持ち続けるようでは潰すことができない。

継続的予算を減らし、弱体化させる必要がある。

これは、運営費交付金を年率1%継続的に減らすことで実現する。

現在も順調に進行中であり、独立行政法人化後、10%近くの減額を達成している。

運営費交付金は、人件費施設維持費を含む大学運営の基盤となる予算であるため、10%の影響は甚大である

大学の弱体化は着実に実現できている。

3. 争わせて疲弊させる

国立大学間で互いに争わせることで、各大学疲弊させ、弱体化を加速させる。

取り上げた運営費交付金競争資金に振り分け、各大学間で申請作成評価報告書作成のためのリソースを浪費させる。

競争資金の増枠は、大学関連予算全体は減っていないという口実にも使える。

これは現在実施中であり、次項に述べる「研究以外のことにリソースを使わせる」ことによって効果を最大化できる。

4. 研究以外のことにリソースを使わせる

国立大学は、もはや競争資金によって限定される用途を選別する余地も無いほどに追い詰められている。

この事実を利用し、競争資金用途大学改革受験制度改革組織改革グローバル化などの名目で、研究以外の用途限定する。

日本から論文数が減少し、この成果は着実に上がっている。

5. 研究者の発想による自由研究を行わせない

学術の発展に不可欠な、幅広い研究実施を防止するために、「選択と集中」によって特定研究のみに取り組ませることを行う。

特定の分野のみに大型予算措置し、それ以外の研究を極力排除する。

6. 大学間の連携を絶つ

国立大学は、国立大学協会によって連携を保とうとしている。

国立大学の団結を阻止するために、これを早めに絶つ必要がある。

国立大学と言っても、都心地方では大きく事情が異なることを利用し、大学を「地域・特色・世界」に3分類し、互いの目指す方向を分散化させる。

国の補助も分類ごとに分け、さら指定国立大学など特定大学のみ扱いを別にするなどして、大学間の協調積極的に乱す施策実施する。

7. 民間企業から教員理事を送り込む

民間企業の実務者および経営者層を、積極的国立大学に送り込み、大学意思決定を混乱させ、最終的には傀儡とすることを目指す。

バブル崩壊経済停滞を実現した主体である日本経営思想を埋め込むことで、国立大学においても崩壊を実現する。

最終工程

上記方策により国立大学の弱体化を実現した際には、すべての責任国立大学自身に負わせ、

高らかに国立大学を減らすべきである」と宣言する。

(「国立大の数を適正に」経団連提言 - 産経ニュース https://www.sankei.com/economy/news/180613/ecn1806130036-n1.html )

2018-06-04

田端さんは無視して(燃やしても喜ぶだけ)、彼の信者を潰してくのがいいんじゃないかな

@makototanaka198 とか。日本将棋連盟田中寅彦九段のご子息だけれど、極右ツイートを頻繁にRTし、賛同を見せている。日本将棋連盟は、まあ前々会長天皇陛下に直訴するとかアレなところではあるんだけど、理事が何度か替わってもまだ同じような体制なのか凸っていく必要があるだろう。

2018-06-03

マルチ勧誘日大教職員組合お断り

日大のある学部の最寄駅に住んでいる。

平日20時以降はアルコール呼気100%学生半端ない

それより昨今の理事経営陣に反応する日大教職員組合が最寄駅の喫茶店を利用して土日が台無しである

先々週はマスコミ今日は古老を呼び出して一席ぶってる。鈴木宗男みたいな話し方のお前だよ。

日大教職員はよく考えて。

2018-06-01

日大の前監督理事も辞任だって

https://www.nikkansports.com/sports/news/201806010000391.html

こんな大騒ぎになるとは思ってなかったんだろうな。

最初Yahoo記事を書いた人の大手柄だな。

内田監督理事を辞めるんだって

今日理事会のあとに報道されたからきっと理事命令だったんだよね。

あの理事長じゃ内田を切ればなんとかなるとか思っていそう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん