「コラテラル・ダメージ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コラテラル・ダメージとは

2021-01-05

ピンチはチャンス

経済が大打撃とか医療崩壊で人が死ぬとか,そういうピンチばかり取り沙汰される世の中だけれども.

もっとマクロ視点で見たときにチャンスなんじゃないかってずっと思っている.

だって社会保障おんぶにだっこ生産性皆無どころか生産者破壊継続的にやってる連中を合法的になし崩し的に消し去れるんだぜ?

みんなで自粛!耐えて乗り切ろう!みたいなお題目は,いくら唱えても解決しないし金は増えない.時間とともに溶けていくだけ.

だったらもういっそ社会全体がこの災禍に罹患して,一定割合コラテラル・ダメージとして退場してもらうのがいいと思う.

年代ごとの重症化率やら死亡率やらを見たときに,どうにもいい感じに,それこそ”神の見えざる手”のごとく人口調整がなされる気がしてならない.


きっと今の政府はこれを自覚してて,他の国々みたいなカネカネカネで解決しようと思えば出来たはずなのにそれをしなかったんだと思う.

中枢にはマジの切れ者(だけど日本史に残るサイコパス野郎)がいて,

「もしカネを出して乗り越えようとすれば,期限である〇〇年以内に収束しなかったときに致命的に立ち直れなくなる」

「もし機に乗じて人口を調整できれば,社会保障その他歪な構造をこの短期改革次世代希望をつなげることができる」

「その結果として戦後まれやその子世代いくら死のうと構わない」

って考えたのを本当に実行に移してしまったんだと思う,あの総理は.

2020-12-28

歪んだ思想をばら撒く連中はここじゃなくもっと大きなとこでその思想を叫べ

男が憎くて仕方がないフェミの皆様は今すぐ武装して目につく男をリンチしたらいい

匿名で言ってもバズれるのなって一部の一部、日本死ねぐらいです

から実際に行動を起こしましょう、目につく男をリンチして殺し、子供を押し倒してタマ潰して去勢

そんぐらいやりゃいいじゃないですか、出来るんでしょ?男が嫌いなんだから

まさか逮捕されるのが嫌だとか言いませんよね?男だけディストピア家畜人ヤプー世界を望んでいる様ですが

革命には暴力犯罪が求められます暴力違法行為を用いまくって全てひっくり返してから支配者の権利として「なかったこと」「コラテラル・ダメージ」にしたらいいでしょう

さあ、やれよ、女ども

2020-07-21

コロナ後の観光業

GoToって観光業界を助ける為だけどここで金注いでもそもそもコロナ後に観光の人気が戻るのだろうか?あの時倒れてた方が損害少なかった、ってならんかな?

ひどい言い方になるけどこの先どう頑張っても潰れる見込みの業界なら助ける意味ないよね?あくまでもコロナ後に回復するという前提でやってるよね?

とりあえずピークは過ぎたとして特効薬とかできない限り元のレベルには戻らない気がするんだけど皆どう思ってるんだろ?

他の業種にも言えることだけどレコードの針を作る業者みたいにほとんど淘汰される見込みの職、という認識になった物に対して支援するべきなのだろうか?

コロナ戦争見立てた国はそういう覚悟を決めているのだろうか?そう言えばコロナ以前にもう日本終活するべきって言ってた人も居たなぁ。

トリアージっていうかコラテラル・ダメージっていうか、政権とその支持者は暗黙のうちにライブハウスとかエンタメ業界は見捨てたよね?

ひょっとしたら同じように観光業界も切り捨てるべきなかなぁとか考えちゃうんだけどどうなん?

2019-05-21

anond:20190521104543

残念ながら映画はこういう視点で作られるでしょう

ツール悪用した人物ではなく、ツールをつくったプログラマーに「悪意があった」とするのは過剰かつ不当な対応

たったひとり、1カ月であのWinnyをつくった。つくり方も凄かったんです。

2ちゃんねる掲示板活用して、試作品を公開し、見ず知らずのユーザーから意見を募って、改良する…。

いまどきのITコンシューマライゼーション(消費者主導型IT)を、グーグルより先にやったのが金子なんです

IT連中のこういう考えが気持ち悪い

ぜひ金子さんのことを、多くの人に知ってほしい。

彼は発想の天才で、Winnyは彼の生んだプロダクトのひとつに過ぎない。

なのに、あの事件が、彼から貴重な7年間を奪った。

最先端にいる研究者の前途を潰したんです

その時の被害コラテラル・ダメージ社会が許容しましょうとでもいうのか

2019-05-11

ロリコン犯罪者予備軍【許さない】

本当、許しちゃいけないよね、ロリコン

まだ小さい子、それも女の子欲情して、それを公言する

の子が大きくなって「意味」に気付くとトラウマになるんだよ

そういう事もわからずに、Twitterとかで無邪気に「男湯に幼女キター」とか呟いちゃう

ともすれば、再現漫画とか描いちゃう

死ねばいいのに

もちろん、漫画でも許されてはいけない

犯罪行為漫画にするなんて、それを助長する行為犯罪と同じ

単純所持でも問答無用逮捕して実刑にしたほうが良い































大津事故とかはね、しょうがないんだよ

運転手子供を狙って運転してるわけでもないし

人を殺そうと思ってるわけでもない

まさか1tの鉄の箱を時速60kmで動かしているだけで犯罪者予備軍とか考えるのは頭がおかしい異常者

だって、「みんな」が運転してるでしょ

あなたも、あなたの親兄弟も、あなた恋人も友人も同級生も同僚も、免許持ってる人はみんな2・30kmの速度超過くらいやったことあるはず

眠気を我慢して長距離運転したこと武勇伝のように語のも普通にいるはず

それを、人殺しの予備軍として社会的抹殺しようとか、キチガイしかない

車は便利だから、少々の被害コラテラル・ダメージだし、事故を起こした人が悪いだけ

【私は大丈夫

ロリコン

  そんなの社会的に許されてはいけない

現実で襲ってない?

  関係ない、実際に事件も起きている

ただの絵?

  絵に描かれてるのは子供事件の【可能性】があるのだから許しちゃだめ、公共の敵

2018-11-29

ランダム増田ID過去書き込みを開示しよう。

抑止力になる。

T先生事件みたいなのがおきたり、ストーキングされる人が出るだろうが、それはコラテラル・ダメージだ。

犠牲になってくれ。俺が犠牲になったらゴネるけど。

2018-08-08

anond:20180807124518

患者本人ないしは家族であった場合は、「A医師を呼んでくれ」と思うだろう。しかし、制度論のレベルでは、やはり「C医師に任せるべきだ」と言わざるを得ない。制度論というのは目的実現のために何かを犠牲にする場合がある。「えいやっ」と決めてしまわないと、A医師が呼ばれてしま個別具体的な事案は際限なく広がって、優秀なA医師負担はこれまでと同じように増えて積み重なっていく。これを避けようというのだから、「呼ぶな」と言うしかない。それで「救える命」が「救えなかった」としても、コラテラル・ダメージ…というか、そもそも「救えなかった命」であったと考えるしかない。まあ、具体的状況で納得できるかというと、たぶん怪しいが、それはそれ。

2012-02-28

個人情報保護正義なのか、それとも高木先生正義なのか

http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20120226.html#p01

パ: お待たせいたしました。こちらでタイムズシステムについて確認をさせていただいたんですけども、パスモからタイムズお客様のお名前等の情報は一切提供しておりませんので、

私: そんなこたー訊いてないよ。

パ: はい、どういったことでしょうか。

私: え?何を調べてきたんですか?

パ: ……。あの、お客様が、さきほど、タイムズを含め事業者情報を持っているのであれば、マイページを閲覧できてしまうのではないか危険ではないだろうかというお話をされていたので、鉄道事業者に関しましては、パスモについて個人情報徹底管理をこちらから指導させて頂いておりますので、そういった勝手お客様の履歴について閲覧をしてしまうということは、ないように指導させて頂いておりますので、その、タイムズについてどういった情報を持ち得ているかという状況を確認させて頂いたという状況でございます

私: ええ、そしたら?

パ: はいタイムズには、パスモとして情報はお出ししていませんので、

私: だから、何でそれが答えになるですか。頭おかしいじゃないの? なんでそれが答えにな・る・ん・で・す・か。

http://mainichi.jp/select/opinion/jidainokaze/news/20120226ddm002070124000c.html

 社会学者ジグムント・バウマンは「ゲーテッド・コミュニティー」を例として、過剰な「安全」の追求は何をもたらすかを述べている(「コラテラル・ダメージ青土社)。彼の卓抜な比喩によれば、それは「子供たちが完全に安全環境水泳を覚えられるようにと、プールから水を抜くようなものなのだ

 安全セキュリティーには「これで十分」という基準がない。それゆえに放射能のように、「これ以下は安全」というしきい値が未確定で、なおかつ眼(め)に見えない存在に対する場合ほど、安全性の追求は「強迫観念」に似たものになる。

 そうした強迫観念は、バウマンも指摘するように「恐怖心や不安、敵対心、攻撃性、道徳的な衝動の弱まり抑制に伴う、不安定さの縮小ではなく、むしろその急速な増大」をもたらす。また長期化することで、相互信頼が掘り崩され、猜疑(さいぎ)心(しん)の種がまかれ、意思疎通が難しくなる。

三点。

  1. パスモシステムの不備に対する指摘は、高木先生が全面的に正しいと思う。
  2. タイムズの件は「一連の個人情報があれば別の個人情報を抜ける」という議論の一例としてなら正しいが、同時に「実際にタイムズパスモの履歴を抜くことはありえない」という回答自体は正論だ。で、ユーザがその想定の元に(たとえ個人情報を使うと履歴が参照できると知っていた場合でも)タイムズID提供するということは、まぁ、ありうる。ここに商業利益の追求等が絡むと、提供された個人情報を使って密かに「名寄せ」をする動機が生まれる、という議論は可能だけど、それは個人情報取り扱いポリシーとか法規制という観点からも議論できるわけで、純粋技術論のみで論じれるものではない。
  3. 毎回思うのだが、高木先生の議論は「技術正論」に基づいて、相手の無思慮・不正義をマウントポジションボコるという形式を取るが、その行動が事実上「特定の政治立場」へのコミットと同義であることにどの程度自覚的なのだろうか。技術が「使い方次第」で様々な社会的意味を持ちうるように、いくら技術見地であることを強調しても、その議論から政治性を払拭することはできない。
 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん