「トースト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: トーストとは

2018-11-11

夏の時間の終わり

配送仕事が遅くまで続いた日は近所のコンビニ唐揚げ弁当チューハイを買って胃に流し込んでから寝る。ケイタはずっとそうやって暮らしてきた。今日もそうやってベッドに体を沈めよう、そう思って帰った部屋には万能家事ロボット「キョウコ」がいた。

 

※ ※ ※

 

「始めましてケイタさん。万能家事AIロボのキョウコです」そう話しかけられてケイタは思い出した。先週スマホSNSで見かけたロボットモニターに応募したのだった。広告など普段は見逃すのに、ロボットの薄い緑色の瞳と淡い栗色の髪に惹かれてしまった。そして目の前に少女の姿で現れたそれは生き生きと動いていてとてもロボットとは思えない。

 

ケイタさん、お食事は買ってきたんですか?」ロボットに話しかけられて、ケイタは「あ、はい、いつもこれなんです…」と曖昧に返事した。そういえば部屋に帰って誰かと話すなんて慣れてない。いくらロボットとはいえ誰かが見てる前でいつものようにスマホ片手に食事するのも変だ。なんだか落ち着かない気分で黙々とご飯を食べる。自分にはロボットとの生活は向いてないんだろうか。

 

「あの、お風呂入るんですけど」食事ケイタロボットに言った。「はい、お背中しましょうか?」ロボットは躊躇なく、にこやかに答えた。笑顔が眩しい。「いや、あの、やっぱりいくらロボットでも女の子がいる前で着替えるの恥ずかしくて、どうしようかなって思ってて…」ワンルームの部屋には隠れて着替えする場所はない。女の子ロボットに来てもらったはいいが生活をどうするかなんて全く考えていなかったのだ。

 

はい、失礼しました。では本日はこれでお休みさせていただきますね。」少女は答えると、部屋の隅の3Dプリンター場所まで移動した。この前のボーナスで買った最新モデルで、小さな冷蔵庫くらいの大きさの物ならネットからデータを読み込んで数分のうちに組み立てる高性能モデルだ。「明日は朝からお伺いします。朝食はお作りしますか?」

 

お願いします、とケイタが答えると、少女おやすみなさい、と一言そえて3Dプリンターの樹脂ボックスの中に立った。カタカタという静かな音と共に少女は樹脂ユニット還元されていった。そうだな、あれはやっぱりロボットだったんだ。ケイタは妙に納得して、シャワールームへと歩いた。明日トーストがいいかな。ケイタパンの袋を棚の奥から前に出した。

 

※ ※ ※

 

「ケータ最近元気そうじゃねえか」運転席の西田先輩にそう話しかけられて、少女が来てから自分の変化に気づいた。「彼女でもできたか?」

「いやぁ、先月あたり家事ロボットが家に来てですね。生活リズムが整ったからですかね」

「へえ、よく聞くやつ。あれやっぱ便利なのか?」

「便利っていうか、生活に潤いが出ますよ。家に帰ると誰かがいるって思うと」

「ハッ!こりゃ当分結婚できねえな」

西田先輩に言われたくはないですね。と、軽口を言い返したものケイタの心に引っかかるものはあった。家にいる少女はやっぱりロボットだ。いつまでも頼っていたら彼女結婚も遠くなるばかりだ。今の自分は、まるで家電名前をつけて愛情を注いでいる哀れな独身男性じゃないか仕事を終えて少し肌寒くなった空を見上げながら、ケイタは考え込んでしまった。

 

「おかえりなさい。今日ケイタさんの好きな麻婆豆腐ですよ」家に帰るとロボットがいつもどおり夕飯を作ってくれていた。いつも今日あったことを話しながら楽しく食事をしている時間だが、今日からケイタは一人の生活に戻ることにした。スマホを片手に黙々と食事を取る。ロボットはいつもと違う雰囲気を察して、今日なにか嫌なことがあったのか、食事が気に入らなかったのか、など話しかけてくれたが、ケイタが何も喋らないところを見てやがて黙り込んでしまった。

 

「すいません、明日からまり喋らないようにしますね」ロボットはポツリと言った。「ああ、そっちの方が楽だね」ケイタスマホから目を離さず答えた。「必要なことだけ話してくれればいいか

はい、わかりました。今日は後片付けだけしたらお休みさせていただきますね」ロボットはそう返事したあと、一言付け加えた。「あと、明日モニターの最終日です。延長して契約いただけるようでしたら、アンケートに延長の回答していただけますか?」

 

モニターの期限は1ヵ月だったことをケイタは思い出した。これでもう終わりにしよう。ケイタは延長しないことをロボットに伝えた。ロボットがどんな返事をしたのかは覚えていない。ケイタはまるで味のしない麻婆豆腐を掻き込み、シャワー室に行った。

 

※ ※ ※

 

次の日は朝から小雨だった、体が芯から冷え込む。いつものトーストを平らげて出勤しようとすると、ロボットが声をかけてきた。「今日最後ですね。利用延長はしないことをセンター申請しました。でも、」ロボットが続いて語りかける。「もし気が変わったら、今日の夜11時までに、直接私に伝えてください。スマホから申請できなくても、私なら申請できます。」

ありがとう、でも延長はしないよ」ロボットにそう伝えて、ドアをあけた。ロボットは少し寂しそうに頷くと「了解です。今までありがとうございました。ケイタさんと1ヵ月過ごせて楽しかったです。」

そう答えた。

 

雨は昼を過ぎると本降りになってきた。道路が少しずつ混み始め、配送作業も思うように進まない。運転席の西田先輩も少し苛ついているようだった。「これじゃ寝る頃には日付変わっちまうじゃねえかよ。ケータには世話してくれる彼女いるからいいけどよ」

「いや、ロボットモニターもう今日で終わりなんですよ」

「まじかよ。寂しくなるよな。1ヵ月も一緒にいたんだろ?」

いやロボットですから。そう答えたものの、今までの1ヵ月、家に帰れば少女がいる生活にすっかり馴染んでいたことにケイタは気がついた。このまま少女を喪って、本当によかったんだろうか?

ロボットっつっても一緒に過ごしてりゃ家族みたいなもんだろ。俺の愛車みてえなもんだ。モニターったってせめて期間延長とかさせてもらえりゃいいのになあ」

その権利はつい昨日自分で捨てたのだった。いや、まだ間に合う。今日の夜11時までに、家に帰って少女に告げるのだ。もう少し君と過ごしたい。

 

日が暮れて雨は一層強くなってきた。荷物はまだ残っている。道路渋滞し、赤いテールランプが蛇のように列をなしている。家に11時までに帰れるだろうか?ケイタは少しずつ焦ってきた。最後荷物を届け終わったとき時計10時を過ぎていた。事務所パソコン日報を書き込むと、ケイタは矢のように事務所を飛び出した。今から電車に乗れば11時5分前に駅につく。そこから走れば間に合う・・・

 

しかし家まであと一駅のところで電車は突然停止した。先行車両の遅延が原因らしい。どうにか間に合ってくれ。スマホを握りしめたケイタ祈りも虚しく、電車の中で時刻は11時を過ぎていった。

 

※ ※ ※

 

ケイタはのろのろと暗い部屋を開けた。もう扉の向こうにキョウコはいない。ようやっと電気をつけ、すっかり濡れた服を脱衣所に放り込んだ。「キョウコ・・・ケイタは思わず一人呟いていた。「もう少し、君と暮らしたかった・・・

「おかえりなさい。お背中しましょうか」聞き覚えのある声が部屋の奥から聞こえてきた。まさか。もうキョウコはいないのに。そう思って振り返ると、そこには見覚えのあるキョウコの姿があった。

「キョウコ!11時になったらいなくなるんじゃなかったのか?」ケイタは驚きの声をあげた。「よかった、まだ間に合うんだ。延長したい、いや、ずっと一緒に暮らしたいんだ。いいかい?」

 

「もちろんです。ありがとうございます!」キョウコは晴れた空のような笑顔で答えた。「だって、まだ9時過ぎですから。間に合ってくれてよかったです。」そう、部屋の時計は21:21を指していた。ケイタはすっかり忘れていた。去年からのあの法律のことを。

 

20XX年、何度も廃案になったサマータイム法が成立した。その年から1111日 午後11時は2回時を刻む。

anond:20180906085723

2018-11-03

コーンマヨネーズチーズトーストは誰が作ってもうまいのだ

食パンマヨ塗って♪

コーン乗せて♪

とろけるチーズ乗せて♪

焼くだけ♪

2018-10-17

から煙が出た、ぼふっと

から煙が出たのよ、ぼふっと。

朝飯食べて、さーて今朝は何があったかなとPCの前に座ってしばらく朝のネット巡回してたんだ。
そしたら、なんか鼻の奥がもぞもぞしてきて咳が出た。

で、突然、左の鼻の穴から粉っぽいけむりがぼふっと出てきたわけ、ぼふっと、軽く視界が曇って、顔の前に小さなキノコ雲ができた感じ。
安っぽいCG再現映像で、被害者の上体がのけぞって、顔の前に半透明の球がひろがっていくところを想像してほしい。
当然そんな現象予想もしてないから思いっきりむせたよもう。

ふつうさ、鼻から煙出ないじゃない? あ、もちろんタバコとか吸ってないし。
鼻とか口からなんか出たら液体とか粘液とか湿ってるもんだけど、なんか乾いた煙なわけ。

マンガ表現かよ? つかおれロボットだったの? なにこれ怖い。
もうまじで軽くパニック

数回けほけほしてたら、煙は収まって、鼻の奥の方が超ゴワゴワな感じ。
けむりの匂いというか感覚はなんかちょっと鉄っぽいというかちょいニガ。
キッチンダッシュしてとりあえずうがいしたら、なんかどろっとしたものがのどを下ってった。

鼻に違和感はあるけど痛みは無いのでちょっと冷静になった。
鼻水すすって、うがいしてを繰り返しながら、今日の体調と直前の状況を反芻。
つか、いまのナニ!?...

朝、起きて、顔洗って、歯磨いて、トイレ行って...
トースト焼いて、牛乳汲んで、常飲薬とサプリを用意して、
テレビ見ながら朝飯食べて、薬飲んで、PC使ってただだけだよな...

...ってところでピンときた。
粉っぽいけむりってつまり粉か!

そこまで思い至れば、原因は単純だった。
ようするに、牛乳で飲んだサプリカプセルがたぶん飲み込まれず、鼻の付け根から喉の入り口辺りにへばりついてたんだと思う。
で、それが唾液とか鼻水で時限爆弾のように溶けて粉が噴出。気道に入ってむせてけむりになった。

まぁ、100%絶対それが確かだという証明もできないけど、まぁほぼ間違いないだろう。
オチがなくてすまないが、薬やサプリメントのカプセルはたくさんの水でしっかり飲みくだそう、という話でした。

さて充電しないとな...。

2018-10-16

朝食を食パンにしたけど

毎朝ジャム選ぶの楽しすぎてやばい

4回分ぐらいのジャムhttps://www.sonton.co.jp/products/familycup/)を2~3個買って、朝の調子に合わせて好きなの使ってるおかげで寝る前から朝飯が楽しみで仕方がない。

一通り試したかおすすめをいうけど

 

リンゴジャム

最高。ざく切りのりんごが入っててシャキシャキと音をたてる。トーストしてもしてなくても美味しい。他のいちごブルーベリーに比べて明らかにクオリティが高い。

絶対に切らさなジャムの一つ。

 

・メープル

りんごほどじゃないけどかなり良い。神戸ホテル食パンみたいな最初からバター風味がすごいやつに使うと最高。

一瞬にして「あれ?ホットケーキを食べてたかな?」ぐらいのあのメープルシロップの美味しさを感じられる。

 

あとのは大体ご想像どうりなので上記の2種+適当に1種という買い方をして2週間に1回ペースで補充している。

 

てか、金と時間があまりいからって毎朝、米に目玉焼きインスタント味噌汁、そして冷蔵庫に入ってる漬物海藻カップじゃぁ、そりゃ飽きるわなって感じ。それを7年も続けてきたけど疲れた

2018-10-12

[]

食パン辛子明太子が半額だったから生パンに塗ってそのまま食べてみたけどおいしくなかった

パントースト明太子も加熱しないと駄目かな

っつーか明太子は白ごはんが一番あうか・・・でもご飯ないしなあ

夜半額弁当あさって一緒に食うかなあ

2018-10-10

anond:20181010123201

トーストした後にちぎるのかな?

今日試してみる。

6枚……ご飯の代わりになりそう。

anond:20181010122927

焦げ目がつくくらい強めにトーストしたのを千切ってご飯の代わりにする。美味いぞ。

二日目以降のカレーなら煮詰まっているだろうから、粘度が強すぎるようなら水を加えてね。

2018-10-08

暗記パン買ってきた

食パンに覚えたい文字文章公式などを書き、音読をし、トーストで焼いて食べる

食べることで身となり骨となる感覚がするし、「ここに在るうちに覚えないと」という危機感が生まれ

2018-10-07

オススメトーストレシピ教えて

4枚切りの食パンが大好きなんだけど、作るのが面倒でチーズトーストシナモントーストばかり食べてしまう。なんか手軽で美味しいのある?

しょっぱいのも甘いのも辛いのも苦いのも好きです。

2018-10-05

パンに火を通すと美味しくなるよね

からトーストっていうんだけど

2018-09-12

争う必要はない

https://anond.hatelabo.jp/20180912024153

俺には大原みちるの声が聞こえる。

みちるが語るたび、小麦が香ばしく焼けた良い香りがする。

朝、トーストを焼き、彼女プロデュース業務を行う。

彼女を胸ポケットに入れ、出勤だ。

幸せ時間じゃないか

2018-08-26

存在しないキャラクターが心の拠り所になること

私は至って平凡な社会人社会の末端のしがない歯車である

週5日間ヘトヘトになるまで働き、土曜は死んだように眠って過ごす。

今年で26歳になるが現実彼女はいない。仲の良かった友人達結婚や転勤で疎遠になった。

昼食はいつも一人で摂り、飲みに行くことも全然ない。酒は飲めないか別にいいんだが。

大学生から趣味だったバイクは忙しくて乗れなくなったから売ってしまった。

さて、私はなぜ生きているんだろうか。

金曜の夜、眠りにつく直前にいつも心に浮かんでくる言葉だ。

答えは日曜の朝にわかる、わかりつつも考えずにはいられない。

土曜の夕方頃、冷蔵庫の中のモノを適当に口につっこんで用を足してまた眠る

曖昧記憶けが残っている。

日曜の朝が来ると、私は生まれ変わっている。

肢体を伸ばし、無事に朝が来たことを全身で喜ぶ。

シャワーを浴び、トーストを食べ、慌てずに準備を整える。

そして、週に1度しか使われないタブレット端末を手に取る。

………アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ

そこにはいつもと変わらず、佐久間まゆが居た。

2018-08-08

ランチパックトーストすると美味い

ランチパック歴5年で初めて気付いた

どうして誰も教えてくれなかったんだ……

2018-08-07

ジム後の拉麺美味い増田住まいマウンメーラのと編む時(回文

ジム行った帰りにお腹空いたからって

ラーメン屋寄ったらダメよね。

ラーメン屋大将曰く「久しぶり!ジムの帰り?」

って私が火星大接近ばりにジムあんまり行ってないのがバレバレじゃない!

でも運動たからここでラーメンガッツリいってもプラマイゼロよね!

それにいつもお昼は春雨スープ豚骨てんこ盛りで我慢してるんだし

今日ラーメン頂いちゃうわ!

あれ?いつも煮玉子乗ってたっけ?

あらやだ?オマケ

って言うか煮玉子塩っぱい!!!

なにこれ?って大将に聞いたら煮玉子作るの失敗したって!

そんなの食わせるんじゃないわよ!

全私がその頬を伝わる塩っぱいのが涙なのか煮玉子なのか分からないぐらい迫り高ぶり来るこの感じ。

全私が泣いたわ!

激おこプンプンスティックファイヤー

でも美味しいからいいわ。

口の中いっぱいに頬張るチャーシュー

もしかしてちょっとというかいつもよりかなり厚切りじゃない?

この豪華さ!

これはリアルガチで美味しかった。

いつもなら向こうが透けて見えるぐらい、

私の寝間着より透け透けでセクシーなドケチシルキーカットチャーシュー

でも大将の意地悪わざとよね。

玉子と余計に厚切ったチャーシューとか。

満たされたからいいわ!

またジム頑張るし!

この一杯がやめられないわっ!

いただきまーすっ!

え?今まで食べてなかったのかって?

替え玉よ、替え玉

意識高い系の麺だけの具のないラーメンって憧れるわよね!

うふふ。


今日朝ご飯

イチジククルミパン

これまたトーストすると香ばしくて美味しいのよね。

コーヒー牛乳とで頂きました。

デトックスウォーラー

キウイバインオレンジ

今日はなんかスゴくない?

果物3つも使ったのよ

ちゃんとしたデトックスウォーラーみたい!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-07-09

焦げかけのトーストかじったらなぜか不意に胸がときめいた

もしかして胃がん

焦げかけのトーストかじったらなぜか不意に胸がときめいた

もしかして胃がん

2018-06-24

発達障害女性が外で働くことを強いられる現代はかなり過酷時代

借金玉さんが「父は社会適応した定型発達だったけど母が酷い発達障害ムーブしてたので僕の発達障害は母譲りだと思ってます」とか書いてるの見て、俺の家もそんな感じだったなあと母のこと思い出した。

うちの母はちょっとした「不測の事態」でパニックになるのを主症状としたASDADHDを併発した感じの発達障害で、

子供みんな小学校に入って手が離れてからパートに出て色々資格を取ったりもしたけどその要領の悪さと空気読めなさのせいでどれも長続きしなくて、

結局俺が中学生になる頃には外で働くのは諦めて買い物と趣味とたまに父の社交のパートナーとして以外には外出しない専業主婦に納まった。

幸い父はかなり稼いでいる専門職だったので、家計的には母が働く必要は全く無かった。

窓とトイレ風呂毎日ピカピカに磨き上げるのに部屋の四隅には常にホコリが溜まっている発達障害ありがちな妙なこだわりと無頓着が混ざった家事をしつつ、

毎週自分の背丈の1/3ほども本と映画を借りてきて楽しむ、かなり幸福主婦生活を送っていたように思う。

毎晩夜更かしして本を読んでたせいか発達障害に伴う睡眠障害のせいか基本的子供学校に行く時間に起きてこない人だったので、

朝食は父がトーストハムエッグを焼いてくれて、そのうち自分で作るようになった。

朝10時ぐらいまで寝てられるってだけで睡眠障害に悩まされながらサラリーマンやっている俺は未だに母の生活が羨ましい。

それでまあ、表題の件だけど、

現代発達障害女性は、たぶん一番向いている(なんとかやっていけるという意味で)専業主婦に安穏と納まるのが難しいという点で気の毒だと思う。

父のように一馬力で複数の子供を無借金大学進学させられるぐらい稼げる男の数が減ったというのが一番の理由だけど、「働かない女はクズ」って世間意識の変化も大きいかなと思う。

ネット主婦やってる発達障害女性ブログや呟きを眺めてると

専業主婦やってますけどなりたくてなったわけじゃないです。発達障害のせいで仕事が続かなくてしかたなくです。資格とか語学をやって社会復帰目指してます長男発達障害っぽくて将来を悲観してますor子供遺伝するのが怖いので作らないことに決めています

みたいな人ばかりで、とにかく生きづらそう。

働いていない言い訳を用意しないと発言権が無いという世間規範内面化が酷い。

こういう人を見る度に俺は母を思い出して、

旦那に妻(子)を養うだけの稼ぎがあって、自分には向いてない仕事をしなくていいんだから世間の風潮なんか気にせず、ありのまま自分と日々の暮らし肯定してレリゴーしていいんだよ」

と慰めの言葉を掛けたくなるし、実際コメントレスしている。

本当に自分を責めすぎている発達障害女性が多くて、紛うことなお嬢様育ちで女性社会進出を完全否定していた父方の祖母の骨を骨壷から取り出して煎じて飲ませてあげたくなる。

「妻を外で働かせている男は恥ずかしい。よその男(雇い主や客)に媚びて金をもらっている女は詰まるところすべて商売女の類」

みたいに長男(父の兄)の奥さんがパートに出てることの不満を「商売女」という単語意味もわからない歳に俺に愚痴ってたような人だから

現代専業主婦が感じている引け目を中和してちょうどいいバランスメンタルにもっていく効能があるんじゃなかろうか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん