「3Dプリンタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 3Dプリンタとは

2017-06-28

型落ち格安3Dプリンター 3D SYSTEMS Cube 3 の購入前に知っておくべき事

別にわざわざ増田で書くような事でもないのだが、増田を使ってみたかったというのもあるので、ここで書く。

手軽なFDM方式3Dプリンタである3D SYSTEMS社のCube 3rd generationの新品未開封品がオークションストアなどで比較安価取引されている。

私もそれを、ひょんな事から入手する事になったが、数日使ってみた換装は、「新規ユーザーには全くおすすめできない」である。以下、その理由説明していきたい。

ネット上の情報垣間見ても、ある点においていくぶん評判の悪い機種でもあり、またすでにメーカーの方でも製造終了かつディスコンとなっており(※消耗品提供はしばらく行われる)ので、あえてこれから新規で購入する理由普通ないはずであるが、上に書いたようにオークション等では新品で比較的安く入手できるため、ある意味入手しやすい機種と言えなくもない。だが繰り返すが、以下に記すようなトラブルにめげない自信のない人は、この機種を購入すれべきではない。

Cube3の特徴

私の見立てでは、Cube3は家庭用の安全で手軽な3Dプリンターとして設計されている。誠意ある大人の言う事に耳を傾ける事ができ、言ってる内容が理解できる程度の知性があれば、就学前の子供でも充分安心して使う事ができるように思える。しかしそれ故の痒いところに手が届かないような面も多く見られる。以下、それらを私なりに整理してみた。

長所
届いたその日からすぐに使える

パッケージには、プリンター本体の他に、専用マテリアルカートリッジ工作物の取り外し用のヘラペンチなど、3Dプリンティング必要なほぼ全ての道具が同梱してあり、手順通り開梱しセットアップすれば(※セットアップ時にネットアクティベーションする必要はあるが)、すぐに使い始める事ができる。

調整が簡単

工作物が乗るベッドの調整は自動化されており、手動での調整は滅多に行う必要がない。仮に必要になったとしても、付属の工具で、操作画面に表示されている通りにネジを回すだけの簡単さだ。

マテリアル排出ノズル一体型のカートリッジ方式で取り付け取り外しはワンタッチ

これがCube3の最大の特長(にして最大の弱点)で、排出ノズル(Cube3では「ジェット」と呼ぶ)がフィラメントを納めたマテリアルカートリッジと一体となっており、フィラメントに直接手を触れずにマテリアルの装填と交換ができる。カートリッジプリンタ本体の左右のへこみに一つずつ、都合二つまでワンタッチで嵌め込んで固定されるようになっており、他のプリンタのように、武骨なリールハンガーなどが必要ない、スマートな外観となっている。

FDM方式であるため、ノズルは200度まで加熱されるため、マテリアルの交換時にうっかり触ると火傷するのでは?と思われるかもしれないが、良く見るとノズルは放熱性の良いアルミ製であり、また操作画面の指示通りに取り扱う限り、ノズル温度が高い状態でノズルを取り外される事がないよう工夫されている。

マテリアルの種類や残量はカートリッジに内蔵されたEEPROMに記録されており、例えば工作物指定されたマテリアルが装着されていない時には、プリンター側でそれを検知して、カートリッジを交換するよう促してくれる。

デュアルノズル構成

無論お気づきとは思うが、一回のプリントで同時に二つのマテリアル使用できるデュアルノズルである二色でのプリントサポートはPLAでと工作物ABSでというように、異なるマテリアル使用する事もできる。

新しいファームウェアと専用スライスソフトウェアでは、水にぬらすととけるPVAのフィラメントサポートとして使用する事もできる。

専用のスライサー

Cube3の専用スライサーは工作物の配置や使用するマテリアルの割り当てをするだけではなく、工作物にあったサポートの生成をフルオートで行ったり、サイドウォーク工作物の周りに設置し、工作物をはがしやすくするための薄い板で、工作物ととの間はミシン目になっている)の生成を指定する事ができ、モデリングの段階で面倒な作業をする必要ほとんどない。

またスライス結果をWifi接続されたプリンターに直接送信したり、またはUSBメモリ用にファイルで保存する事もできる。

短所
とにかくランニングコストが高い

ノズル一体型カートリッジ方式であるがゆえに、この機種以外の機種では全く使う事ができない。つまりメーカーが今後同じカートリッジ使用した機種を製造しない限り(そしてそれは望み薄と言わざるを得ない)、このディスコンの機種でカートリッジ供給が終了すると、そこで製品寿命が尽きてしまう事になる。そればかりか、一般的リール売りのフィラメントにくらべて、価格のわりにはカートリッジ内のフィラメントの量はかなり少ないと言わざるを得ない。

カートリッジ方式なのに、密閉されていない。

マテリアルほとんど、特にPLA(ポリ乳酸)は湿気をよく吸収してしまう。メーカーでは相対湿度25%以下での保存を推奨しているため、湿度の高い日本では、除湿剤入りのケースに密封しなければならないかもしれない。

しかもすぐジャム

湿気を吸うと、マテリアルはしなやかさを失い、もろくなる。すると、フィラメントカートリッジ内で折れてしまい、ジェットから排出されなくなってしまう。これが割と簡単に起きてしまう。少なくとも私の場合、一晩放置しただけで、付属の2本のカートリッジが2本とも、ジャムってしまった。

実は、このすぐジャムるという特性ユーザーの間ではかなり良くしられているらしく、YouTUBEなどで様々なハックが披露されている。私もこれで助けられた。

電源を切るたびに、せっかく行ったギャップ調整が初期化されてしまう。

FAQによると、ギャップ調整は電源を入れるたびにやりなおして欲しいという事らしい。困った事に、マニュアルに書かれているギャップ調整方法は実は間違っていて、正しいやり方はFAQの方に書かれているので、要チェック。

一度印刷を開始すると、イルミネーションオンオフができない。

Cube3はこれでもかというくらい、各所に白色LEDイルミネーションが設置されていて、大変美しいのだが、下手すると何時間もかかる印刷中、ずっとイルミネーションを点けておく必要もないので、なぜ印刷中はオンオフできないの?としか言いようがない。

(追記予定)

2017-03-06

ニッポンはもうIT大国になれない」を書いてから1年たった

http://anond.hatelabo.jp/20160228001028

あれを書いた意図ははもちろん、「ニッポンがんばれ」だ。日本ITを取り巻く状況は変わらないといけない。だからこそディスったのだ。

保育園落ちた日本死ねと書いた人もおそらく、日本もっとちゃんとしてよ!という意味で書いたのだと思う。)

ありがたいことに非常に多くの反応があり一通り全部読ませていただきました。

しかし本当に見たかった「いや、ニッポンIT大国になれる」という説得力のあるコメント記事は見つけることはできませんでした。

代表的意見を(エスパー的に)かいつまんで返信してみます

エンジニアリング視点といえば、機能を削る、過去を捨てるという視点が欠落しているケースは大抵うまくいきません。「新しい」ものを作るのに、「あれもこれも」持っていこうとすると大体破たんします。「いや、今までこういう風にやってきたから」というのが唯一の理由ならば恐らくそ機能必要ありません。妥協も当然必要なのです。

自分魔人さんには程遠い普通おっさんですが、今はアメリカBIG 5の一つでエンジニアをしています

成果を出さないといけないというストレスは強いですが、それ以外の余計なストレスは極力少なくなるように配慮されていますので、純粋にモノを作る楽しみを味わうことができています

一度は国内ITベンダー就職し嫌になってやめました。心身も壊したりもしました。(仕事けが原因ではないですが。)

純粋ソフトウェアを作って世の中に届けて対価を貰いたい(できればたくさん)、という単純な願いを日本で実現するのは難しすぎました。

製造業のコアはどんどんソフトウェアシフトしていっています大事なのは材料よりもレシピです。レシピを考案して組み立てを外注するのはまだわかります。ただ、レシピ外注するのはやめるべきです。そんな当たり前の事を口に出すと白い目で見られてしま場所幸せに働けるでしょうか?私には無理でした。

日本には輝ける「はず」のエンジニアがたくさんいるのです。(小中高での算数数学教育レベルは高い)その人たちが自分を殺して働いたり、心身を壊さないといけなかったり、国外脱出するハメになったりしているのは悲しすぎます冗談ではなく、国家的損失だと真剣に思います

あれから一年しかたっていないけど、ニッポンIT大国を目指して進んでいるだろうか?エンジニアが十分報われるようになっているだろうか?

ITベンダーは何も変わっていないでしょう。ただ、見聞きしたところだと、Web 系のスタートアップとかには優秀なエンジニアが楽しそうに仕事をしているところがあるみたいです。まだ世界を席巻するようなサービスは生まれていませんが、可能性はあると思います。(英語サービス提供することがネックになっているのかもしれません。)最近スタートアップCTOと話す機会があったのですが、日本IT産業構造問題解決するのを会社の大きな目標にしていると言っていました。オッス!オラ、ワクワクしてきたぞ!

ニッポンがんばれ。超がんばれ。

P.S.

ニッポンのココがすごい!という趣旨番組最近多いけど、ニッポンのここがダメだという番組も作ったほうがいいと思う。

自画自賛ばかりしている会社と、自社の問題点を探している会社。伸びるのはどっち?)

(追記)

なんか最後P.S.のせいでテレビ番組に関するコメントがいっぱいになってしまった・・スマン。IT業界の話がしたいんだ。

1) ところで、IT業界問題根本原因は「平等主義」「リスクを取らなすぎ」に加えて「顧客第一主義」が大きいのではないかと思う。

リスクを取りたくないので、自社製品開発よりも受注生産を選ぶ。(そうるすことで作ったけど一つも売れないということはまずない。)

顧客第一主義なので、詳しくない客の言うことにも真剣に振り回される。(もし自社製品を作って世界中顧客に届けるモデルならば、他の客を優先するという選択肢もある)

本当に革新的ものを作るには、ユーザー意見いくら集めても無理であるユーザー自分が何が欲しいかは往々にして知らないのだ。(タッチスクリーンスマホがまだなかったころ、ユーザーはそれが欲しいと知っていただろうか?)

リスクをとってユーザーを「作る」。このチャレンジを繰り返すことが革新を生み出す唯一の道だと思う。(そして銀行リスクをとってそういう会社お金を貸そうね。まる。)

2) IT大国じゃなくてもいいじゃん?みたいな意見結構多かったけど・・

石油ジャンジャンとれる資源大国とかならそれでもいいかもしれない。けどそうじゃない。だから日本資源を輸入して製品を作って輸出するという加工貿易モデルで今まで生き延びてきたのだ。

その主役は今までは製造業で、日本はその世界でもかなりのシェアを誇ってきていた。けど、製造業のコアはソフトウェアにどんどんシフトしていっている。今の世界時価総額ランキングを見てみると上位はほとんどアメリカIT企業。これが今の花形産業だ。(ひと昔前は日本企業もたくさんあった。松下とか)。今ではようやく30-40位ぐらいにやっとトヨタが入ってきているぐらい。Space X の例をブコメで書いている人がいたけど、ロケットだろうがなんだろうが最先端機器の性能はソフトウェアに大きく左右される。「ソフトウェアを作る力≒モノを作る力」になってきつつある。(実際の加工工程だって3Dプリンタ等のソフトウェア技術が大いに使われるようになってきています

しかもこのあと来るのは大幅な人口減少と老齢人口の増加。これはどうしたって避けられそうもない。それでも日本ソフトウェア業界が弱くてもいいじゃん?って言えますか??

2017-02-08

歯磨きに技術革新は起こらないのか

起こってほしいと心から願い続けて30歳になってしまったんだが

いつまで歯科衛生士のおねえさん(年下)に「もうちょっと歯磨き頑張りましょうね…」と苦笑されなければならないのか

自分ではちゃんと磨いているつもりなんですけど…」なんて言い訳虫歯の前には無力である

自分みたいなポンコツじゃなくても、歯科医師や衛生士じゃない人が「十分気をつける」のにも限界があると思うの

デンタルケア業界には一刻も早く毛のついた棒をゴシゴシする局面から脱却してほしい

だって歯ブラシなんて江戸時代には(似たようなものが)あったんでしょ

洗濯板が洗濯機になり乾燥まで任せられるようになっているというのに、デンタルケア業界は何やってんですか

超音波歯ブラシ震わすのが精いっぱいですか

実際なんか革新的ものは出ているのかなーと調べてみると、

調べ方が悪いのかもしれないけど、これぐらいしか見つからなかった

まだしばらくは自分でゴシゴシしなくちゃいけなさそうだな…

しかもタフトブラシ?だのデンタルフロス?だの、何?なんで歯ブラシ1本で済まないの?欠陥じゃね?

早く歯用のブラーバみたいな全自動歯磨きマシンが出てきてほしい

歯磨きから解放されるなら高くても買う

2016-08-31

経済産業省の概算要求公表されたが日本終わってる感ある。

http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2017/index.html

http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2017/pdf/01_5.pdf

から言われているけど、効果のでなさそうな施策とか、コンサル大金払ってアリバイレポートだけでっち上げとか

なんかそんなのが3分の1位あって、上級国民年寄り合法的税金ポケットに入れようとしてるようにしか見えない。

福島県の土着藻類を用いたバイオ燃料生産について、

その実用化に向けて火力発電所等由来のCO2下水を用いて経済性やエネルギー収支を向上させる実証事業を行う。」とか

省エネルギー製造プロセスの実現に向けた3Dプリンタの造形技術開発・実用事業

地熱資源量の把握のための調査事業補助金

水力発電の導入促進のための事業補助金

石油天然ガス権益確保に向けた海外の地質構造調査情報収集事業

国内石油天然ガスに係る地質調査メタンハイドレート研究開発等委託費」

サイバー攻撃による社会インフラエネルギーロスを防ぐための対策推進事業補助金

「③電源立地地域対策交付金等、原子力立地地域への支援実施 1,289億円(1,275億円)

2016-08-28

http://anond.hatelabo.jp/20160828120007

テクノロジー方面は興味ないの?

VR、3Dプリンタドローンビットコイン人工知能

このあたりが一斉に普及しているのは、

インターネット普及くらいのインパクトだと思う。

天邪鬼は「セカンドライフみたいなバブルに過ぎない」っていうけど、

既にその域は完全に超えてるよね。

あとやっぱりイスラム国だな。

歴史書に「国家」として記載されるのか?(かつてのイスラム帝国のように)

2016-06-03

http://anond.hatelabo.jp/20160603120523

斬新な発想ですごいな

最近3DプリンタとかVRとかの用語も取り入れられててすごい

http://anond.hatelabo.jp/20160603115631

まあ見つかった男児3Dプリンタで作られてて、

我々はVRゴーグルで見てるんだけどね

応答はAIだし

2016-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20160520142235

予期されたエラーって「ネットに繋がらない」とかなんだが

どうやって回避すんの?

勝手プロバイダ契約すんの?

中継ルーター3Dプリンタで生成して公衆LANまでリレーすんの?

そこに予期されたエラー3Dプリントのための素材が足りません」が起きたらどうやって回避すんの?

うそうこの時代で最も普及した素材「カーボンマテリアル」の代用品に人間の肉が使えることがロシアあたりで判明したそうだ。

2016-01-24

IoTAI3Dプリンタの波がやって来たら、日本人の職の大部分がなくなると思う

2015-08-29

ジュラシックワールドラプトルネタバレ有り】

映画ジュラシックワールド作品を通してラプトルオーウェンの繋がりが描かれています

その部分だけピックアップした感想です。

1作目~3作目までのラプトル

ティラノサウルスとともにラプトルジュラシックパークシリーズ継続して登場しています

1作目,2作目ではラプトルは着実に迫ってくる恐怖であり,その機動性と数はティラノサウルス以上の恐怖です。

2作目ロストワールドラプトルの茂みを駆け抜ける,次々に人間が減っていくシーンは印象的です。

3作目ではラプトルは恐ろしい存在ではありながら「賢い存在」として描かれます

罠を使い人間を喰らおうとしたり,自分達の卵を盗んだ存在執拗に追い続けます

から脱出直前ラプトル達に囲まれグラン博士たちは

3Dプリンタで作られたラプトルの笛を用いラプトルとの交渉を成功させます

(今作のオーウェンラプトルの笛の存在を知らないのかな?と思うんですが,

ジュラシックパークが大嫌いなグラン博士は笛の存在を秘匿したのかもしれません。)

ここまで踏まえての今作のラプトル達です。

特にバイクに乗ったオーウェンラプトルが夜の森を疾駆するシーンは,

Ⅱでラプトルに襲われまくったことを覚えていると頼もしいことこの上ないです。

オーウェンラプトル友情

オーウェン言葉の端々からラプトルとの仲間意識を感じます

字幕だとボスという訳があてられているのでちょっと分かりにくいですが,

ラプトル達は物語序盤から度々「ブルー」「チャーリー」「デルタ」「エコー」とB,C,D,Eの名前で呼ばれています

「あれ?Aの名前ラプトルが出て来ないな」と思っていると弟グレイ君の質問からAは主人公オーウェンであることが明かされます

このラプトル部隊の一員として人間が入っている」という感覚は本作最大のカッコいいポイントだと思います

またオーウェンは「俺のラプトル」という言葉を使い愛着を持っていることが作品を通して感じられます

これは字幕だと分かりにくかったです。吹き替えはどうだったんでしょうか。

この友情があってこそラプトルオーウェン最後に通じ合うシーンは説得力を持ちます

銃を持たないホスキン

本作の悪役の1人ホスキンス(太ったオッサン)。

ラプトルに殺されそうになり命乞いをして結局殺されてしまます

このオッサン最後まで銃を出しません。

普通こういう映画の悪役って

命乞いをして

相手が油断した所を

銃で不意打ちしようとして

返り討ち

という流れがもはや様式美だと思います

このいかにも銃に頼りそうな悪役ホスキンスが銃を出さないことで,

オーウェンとの対比がはっきりします。

スキンスは命乞いをし,ラプトルに手を伸ばすと食いつかれます

一方オーウェンラプトル(ブルー)に手を伸ばし和解します。

同じことをしているのに明暗がわかれた人間

ただ武器を持った人間攻撃する知性の無い獣では無く,

ラプトル達が人間同様の知性と情を持った存在であるということがはっきりわかります

本作の見どころは色々ありますが,とにかくラプトル達はかわいいです。

あの恐怖の象徴ラプトルがこんなにかわいく頼もしく見える日が来るとは思いませんでした。

ブルー以外のラプトル達がやられてしまったのが残念でなりません......。

匿名ダイアリーでやっていいのか分からんのですが,自分過去に書いたジュラシックワールド日記貼っておきます

ジュラシックワールド事故再発防止案:http://anond.hatelabo.jp/20150826185435

2015-08-10

http://anond.hatelabo.jp/20150810155604

あのなあ。パルチザン的なドローンの話はしとらんよ。

包囲戦に特化したドローンなんだからそりゃ規模的にはUAVとかUGVの事だよ。

それを包囲されてる状態で生産できるんか? リガミリティアでもなきゃ無理だよ。

自動で市内を走り回って50キャリバーぶっ放す装甲車の群れに3Dプリンタで作ったドローンが対抗できるのか?

非対称戦なめんなってマジで

http://anond.hatelabo.jp/20150810155153

戦車を作るためには何億円もかけて先進国工場を稼働させる必要があるが、ドローンなら3Dプリンタを使って現地で作れてしまうからな。

テロリストだって簡単にドローンを量産できるからドローン同士の衝突は不可避だよ。

2015-07-11

3Dプリンタデータ配布の規制の動きがでてきたが

こうやってイノベーションが阻害されていくんだろうな…

2015-06-11

何かあると新技術新サービスですぐ解決できると思う人々。

電子書籍で出せばいいだろ!」

iPadでやればいいだろ!」

3Dプリンタで作ればいいだろ!」

クラウドファンディングで集めろよ!」

ドローン飛ばせばいいだろ!」

パソコンで簡単にできるんでしょおじさん」と大差ないことに気づこうよ。

2015-02-22

アナルが開発済みな上に30本以上エネマグラを所持していたことが妻にばれた

去年、アナルを開発した。

妻に言い出せなかったのは、僕のプライド(何と無駄ものだろうか!)と意気地のなさが原因だ。

とあるきっかけで、アナルを開発したことが、先週、妻にばれた。

ほどなくして今日3Dプリンタ等でエネマグラを作っていたこともばれてしまった。

弁明をさせてもらえるなら、このエネマグラは、例えば前立腺炎前立腺肥大症の治療に使ったわけではない。

アナルイブと同等の快楽を持続しようとしたら、これだけのエネマグラが出来てしまったのだ。

言い訳にもならないな。

馬鹿じゃないの」と何度も何度も妻にプリザエース軟膏を塗られて、最近麻痺していた僕のアナルも正常に戻りつつある。

30本は大量だ。「何とかなる」と軽くごまかせる本数ではない。そんな自明のことに気付かないまま、あるいは目をそらしながら、僕は今日までを過ごしてしまったのだ。

妻に尻を掘られるようにしながら、僕は寝室に行き、ペニスバンドをしゃぶり、黒光りする先っぽををなめるように見た。

夜の営みは、むろん、アナルに目覚めてから今までしていなかったわけではない。

だが、もともと患っていた痔がひどくなっていたこともあり、ここしばらくは身が入らないでいた。

それが今は、アナルセックス含め一日に3回も予定を入れたりしている。

ちなみに、妻にばれてから3日目で最初ペニスバンドを挿入された。だらだらと汁を垂らしていたこの数ヶ月は何だったのかと思えるようなスピードだ。

だが、このアナルセックスはいわゆる妻の気分次第で、安定して快楽があるとは限らないため、その気にさせる言葉も道具も引き続き探している。あと、夜間など空いた時間に出来るオナニーも、出来るものならやりたいと考えている。何しろ快楽が足りない。

それにしても、こんな状態の僕を見捨てない妻には、感謝言葉もない。

僕が逆の立場なら、即離婚とまでは言わないまでも、実家に帰らせていただきます、くらいのことは言うだろう。

確かに妻は今日実家に帰ったが、その日のうちに米や野菜惣菜をもらって戻ってきた。

目が合えば文句は言うが、少なくとも食事は作ってくれる。そういえば、食事の時に妻がくすんくすんと鼻を鳴らすのが聞こえるが、それがいつもの鼻炎なのか、それとも僕のざまへの怒りと将来への不安で泣いているのか、よくわからない。臆病な僕は、まだ自分から妻と目を合わせられない。レイアウト関係で対面ではなく隣に並ぶ形になっている我が家ダイニングテーブルに、こっそりと感謝をしている。

そんな僕だというのに、妻は食後のデザートまで用意してくれる。もっとも、以前のようなヨックモック焼き菓子紅茶、とはいかず、ブラックサンダーと紙パックのお茶だったが。

すぐに痔が治るかどうかは分からない。

エネマグラをいつ取り返せるのか見当もつかない。

だが、どこかに光明が見えているようにも思う。少なくとも、何でもないふりをしながら泥沼のように澱んだアナルを掘っていたこの数ヶ月間よりは、ずっとチンコは、上向きだ。

http://anond.hatelabo.jp/20150222215451

2015-01-25

秘密道具は実現すると思う(思考メモ)

テクノロジーの発達によって、あとは発想の転換によって。

違った実現のさせかたをすればいいんじゃないか。

タケコプター

ほんとに飛ばなくても、ラジコンヘリ(ドローンとか)にカメラをつけて、自分にはヘッドマウントを着ければ、空を飛び回るような爽快感が得られるんじゃないか。

どこでもドア

上と同じ。アバター的なロボットがいろんなとこにあって、自分が歩き回るようにすれば、いいのでは?

物質転送装置

ドラえもんにはなかったかも?どこでもドアが近いか。物質であれば3Dプリンタデータ送信して受け手側で印刷?すればいい。

不老不死の薬(ドラえもんにあったっけ?)

人間の脳データを全部吸い出して、元気な体に移してやればいつまでも生きていける?

タイムマシン

地球上の全てがデータとして取り込めれば、その時点までは仮想的に戻れるんじゃないか。

もしもボックス

上と同じ。地球上の全てがデータになっていれば、ifの世界シミュレートする、自分がその世界を体験することはできるんじゃないか。

地球破壊爆弾

こりゃもうありそうだな

ドラえもん

これはそのうちできるっしょ。

参考

http://blog.livedoor.jp/maisoku-111/archives/37216985.html

2015-01-08

3Dプリンタなんて旋盤と変わらないと言ってた人たちはいま何をしているんだろうか…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん