「アトム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アトムとは

2018-11-09

趣味手塚治虫作品収集

女「マンガってどんなの読むんですかぁ?」

 

ぼく「え、あの、その、あー、あの、手塚治虫の…あー、えっと、ブラック・ジャックとか…(個人的には短編の方が好きなんだけど、いうてもわからんやろなぁ…)」

 

女「おー!ブラック・ジャック?私も読んでましたぁ。ちなみに、他のマンガだと何がおすすめですかぁ?」

 

ぼく「(お、こいつ、イケるクチか?)やっぱり個人的には「新選組」だよね。いかにも青春マンガっぽいけど、深草丘十郎と鎌切大作の親友としての関係は、周囲の状況に影響されながらも終始美しいままだった。しかも連載打ち切りになったにもかかわらず、たった一巻でほぼ完璧に結末がまとめられるものかと最初読んだときは驚いたよ。ただ、短編マンガ知名度低くなりがちだからね。世間一般覇権は「火の鳥」「リボンの騎士」「アドルフに告ぐ」だろうね。Twitterpixivでも人気があるのがよくわかる。「鉄腕アトム」は、結末が「アトム今昔物語」「鉄腕アトム(別巻)」「鉄腕アトム虫プロ制作)」それぞれ全く別の、どれも悲しい最後から子供向けだと侮ってたらえらい目に合うんだよね。手塚作品単行本化するときに内容を大幅に描き直ししたものも多かったりするから単行本前後の読み比べをするのもすごく面白いよね。最近読んだのは「ダスト18」で、とくにNO.8とか、絵を変えずにセリフを変えるだけで、展開も結末も全く異なる作品にしてしまうあたり、マジで手塚治虫脳みそやべーなって思ったわ。それとは別にマンガ扉絵に関して言えば、作品全般に言えることだけど、ダイナミックでバランス感覚に優れていて、目に付きやす作品の中身を推測しやすい構図ものが多いよね。あとマンガじゃないのと、実験アニメから周りには言ってないけど「おんぼろフィルム」あたりは数分で終わるけど、吹き替え無しでも楽しめるユニーク日本版トムとジェリー」みたいな感じで、見ていて飽きないね。」

 

女「へぇ~(無関心)」

 

ぼく「そうだ、家に手塚治虫漫画全集100冊くらい持ってるんだけど、読んでく?本当は400巻すべて揃えて、文庫全集200巻揃えれたら最高なんだけど…ここだと積もる話もしにくいし、せっかくだし家でじっくり話さない?」

女「いえ、遠慮します(死んだ魚の眼)」

なんで?(殺意

anond:20181108115406

2018-10-26

anond:20181026120142

多分すべての商業マンガ家が、マンガで一番大切なのはキャラクターだって答えてるよ。

極端な話、ストーリー優先で話を作ると、所謂登場人物が話を動かすための駒」状態しかならなくなる。

ブラックジャック主人公がもしアトムだとして、元のブラックジャックと同じようにアトムに手術をさせたり人情話を展開させれば無理が出ることはわかるだろう。一部の好事家ならともかく、一般的には有り得ない内容だ。

マンガほどではないが映画の基本も同じで、特にハリウッドではストーリーが展開するポイントは必ずキャラクターの行動によって話が動くようになっている。そうではない脚本駄作とみなされるのだ。

(余談だが、映画の有名などんでん返しキャラクターにまつわる物がかなりの数を占めるし、そうではないものキャラクターが受ける衝撃が肝だ)

これがわかっていないと、「キャラクターが魅力的」という言葉も浅く感じられるのだろう。実際ミーハー感覚で使う人の方が多いだろうが。

しかし考えてみればわかるように、源義経だって織田信長だってブラックジャックだってルフィだってキャラクター性が人気で、要はみんなミーハーなのだ

なんというか、ストーリーというもの神聖視というか、やけに高等なものだと考える人がいる(何かにつけてストーリーがない、という批判は多い)が、幼稚園児くらいの知能があれば聞きたがるものストーリーだ。そんなに大した物ではない。

どんでん返しも大雑把に言えばギャグオチと同じで、そこにキャラクターアイデンティティーが絡むからシリアスものになるのだ。(純粋ミステリー場合パズル的なものと考えたほうがいい)

作品を支えるのは常にキャラクターだ。ストーリーがなくてもキャラクターは作れるが、キャラクターがいないとストーリーは作れない。

作品キャラクター関係を知るには、作品作りの解説を読むのが一番の近道だと思う。

ピクサーの「脚本の書き方講座」が素晴らしかった

http://d.hatena.ne.jp/morisawajun/20110124/1295865901

簡単検索しただけでこうした解説ページが出てくるのでそれを読むもよし、本屋ちゃんとした書籍を買うもよし。

2018-10-18

anond:20181018162856

寧ろ今回の擬人化は明確に人→人になってるのはブラックジャックぐらいで

あとはユニコとかレオとかアトムとか元から人じゃないのばっかじゃん。

どうせサファイア姫やタマミ、マリモなんかも追加になるんだろうけど、

から擬人化(強いて言うならコスプレ)の流れじゃねえか?

anond:20181017094454

あれがアトムとか火の鳥とか言われても「え?どこが?」ってなる。もうちょっとどうにかならんかったんか

ブラックジャック娘は顔のキズと皮膚の色違い再現されていればたぶんアリだったと思う。

2018-10-17

今回の手塚治虫ソシャゲ騒動に興味をお持ちの方へ

アトム:時空の果て(Astroboy: Edge of Time)』という、おそらくシャドバみたいな感じのカードゲームがあった

あった、というのは、この手のゲームにはありがちだが、すでにサービスは終了しているかである

DMMでも配信はされていたが、自分もこの手のジャンルに関心がなかったのでスルーした

ただ公式ページを見たことはあり、絵柄がすごいアレだなあと思った記憶はある

今回の騒ぎで盛り上がってるみなさんは、画像検索でもしてあの絵柄も一度見てみてほしい、あんな感じの絵は許せるだろうか

だとすれば、単に萌え絵女体化が嫌いなだけではないだろうか

というか、単に炎上するほどの知名度もなかっただけだとは思うけど

anond:20181017172244

アトム時空の果てってやつ?

イラストレーター豪華なのに聞いたこともなかったな、話題になっただけ美少女化は成功なんだね。

2018-10-12

俺の考える最強の手塚リメイク

もう、ブラックジャックアトムはいいだろ。

飽き飽きしたわ!

リメイクするならバンパイヤをやれ。バンパイヤ!!!

主役はトッペイでも、ロックでもなく、手塚治虫だ!!

手塚先生は、『ブラック・ジャック創作秘話』に出てくる、

リアル寄りの手塚先生でお願いします。

めっちゃ強いぞ。

2018-08-13

異世界モノってメタフィクションだよね

だって神がいてそいつからチート貰ってるわけじゃん

その世界の神が出てくるって、言うなればアトム手塚治虫が出てきて「ジェットの出力強化してやるか」といってくるようなもんじゃ

メタフィクションじゃん

2018-08-02

ロボット漫画って弱いなぁ

鉄腕アトムと言う金字塔があるにはあるけどまだアトムと並べるロボット漫画は無い。

アニメガンダムエヴァなど人気でアトムと並べるロボが出てきているのに。

少年誌を見てもロボット漫画は無い。

漫画では何でこんなにロボットジャンルが弱いのだろう。

2018-07-15

anond:20180714185647

天馬博士アトムを産んだし藤子不二雄ドラえもんを産んだし親父さんがお前を産んだんじゃね?

2018-07-05

殺人罪有罪になったら

殺人罪有罪になると、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処するとされています

無期懲役になったら、期限はありません。

有期懲役場合は5年以上ということですが、最長で何年になるのでしょうか?

有期懲役とは、期間の定めのある懲役刑で、最低1ヶ月、最長20年とされています

したがって殺人罪で有期懲役になった場合原則として

もっとも短ければ5年の懲役もっとも長ければ20年の懲役ということになります

回答者アトム法律事務所岡野弁護士


短い5年くらいなのは介護殺人とか同情できるケースみたいだから、あの人は20年くらいだろうか

60すぎて塀の外にでてきても仕事ないだろうし年金もろくにないだろうな

2018-05-29

anond:20180529012038

それ言ったらハルヒまどマギ別に衝撃与えてない

エヴァはこれらと比べたらオタク非オタクも巻き込んで社会現象を巻き起こして今でも語り継がれてるのは確かだけど

アトムヤマトガンダムと比べたらやや劣る

時代が進むにつれて趣味嗜好が多様化するから特定の何かが大ブームになるって事はなくなるよね

https://anond.hatelabo.jp/20180529010856

まぁ、だよねぇー。

なんというか、アトムヤマトガンダムエヴァってのは、なんかオタクにどれだけ衝撃を、与えたのかってのかあるかの基準と、俺は思うのよねー。

となるとやっぱり、ハルヒまどマギかなーと思うなー、化けも捨てがたいかなー

anond:20180529005435

全く興味を持たない主婦とかお父さんとかでも、名前ぐらいは知ってたし、主題歌もサビぐらいは知ってるみたいな。アトムヤマトガンダムはそんな感じ。

エヴァは正直オタクのものなので一段劣る。

https://anond.hatelabo.jp/20180529004910

言っても平成生まれやけ、当時の熱狂わからんのやけど、どうなん?やっぱアトムヤマトガンダムエヴァって、大人が食いついとったん?今以上に大人が食いつくのってハードルが高いと思うんやけどそこんとこどうなん?

当時二十歳以上三十歳以上が食いついて見よったん?

anond:20180529004621

ハルヒまどマギアトムだのガンダムだのとは比べ物にもならんだろ。

中高生はそこそこ見てたかもしれないが、大人非オタタイトルすら知らんわ。

ワンピース妖怪ウォッチならまだ分かるが(でもアトムガンダムと比べたらやはり小粒だと思う)

anond:20180529002451

京アニが強かったのは異論無いけれど、アトムガンダム辺りのオタク以外も巻き込んだ社会現象比較されるとモヤモヤする。

特に子供達にもバカ売れしてないと素直に認めにくい。

anond:20180529002451

10年代深夜アニメ自体が死んでる

社会を動かすほどのヒットはない クオリティは上がったけど

サブカル自体にパワーがないか

アトム以前に戻った感じかな

ちょっと思ったけど、60年代アトム70年代ヤマト80年代ガンダム90年代エヴァってあったよね。

でさ、ちょっと聞きたいんやけど、今もう2018年やん?

00年代ハルヒで確定なん? で、このままいけば10年代まどマギで確定? まぁ、まどマギ文句言う人も少ないと思うけど、どうなんかな?

今思ったけど、ハルヒ以外全部パチンコ成功しとるな!! あ、アトムはしてねぇわ。まぁ時代的にな。

パチンコ成功云々考えると、もしかするとエウレカも浮上してくるんかな? マクロスFアクエリオンコードギアスもか。

どう思う?

俺はやっぱ京アニが制した10年代やったと思うんやけどなぁー

2018-04-14

anond:20180413223900

うろ覚えけど、アニメ鉄腕アトムでの走り方の表現で、

足が高速で動き車輪のように回って見える・・・という描き方があって手塚治虫が怒ったという事があったってテレビで見た気がする。

この記憶が正しいかどうか分からないけど。

でも、手塚治虫ってシリアス漫画でも意味のわからないギャグを所々に入れてくるよね。アトムでも火の鳥でも。

頭にロウソクを立てている男とか、落っこちてくる豚とか。

2018-04-11

anond:20180411154406

ウィキ格ゲー歴史見てみたけど、こんな乱作状態短期間で廃れないほうがおかしいわ

今も変わらんけど日本大手ゲーム会社って、こんな経営能力でよく潰れねーよな

1991年 - 『ストリートファイターII』。当初プレイヤー同士の対人戦はそれほど考慮されていなかったが、対戦専用の「対戦台」が登場するほどの大ブームを巻き起こし、家庭用ゲーム機でも大ヒットとなる。

1991年 - 『餓狼伝説』。SNK(旧社)による本格的な対戦型格闘ゲームの元となった作品

1992年 - 『ストリートファイターII'』。対戦型格闘ゲームで初めて同キャラ対戦が可能になる。

1992年 - 『龍虎の拳』。大容量ハードを生かしたドラマティックな演出。超必殺技をはじめとした新システムの数々を生み出す。

1992年 - 『ストリートファイターII' TURBO』。高速度の対戦が特徴。

1992年 - 『モータルコンバット』。実写取り込みキャラクターの採用残酷描写等を取り込んだ対戦型格闘ゲーム日本では元より海外では『ストII』と同様、大ヒットとなる。

1993年 - 『アウトバースト』。ゲームボーイ初の対戦型格闘ゲーム

1993年 - 『サムライスピリッツ』。本格武器格闘の元祖。一撃の重さを重視した独自スタイルで人気を得る。

1993年 - 『餓狼伝説SPECIAL』。SNKは本作のヒットでカプコンと双璧をなす格闘ゲームメーカー地位を不動のものに。

1993年 - 『バーチャファイター』。世界初3D格闘ゲーム実在格闘技に即したリアルな動きを意識。空中コンボなどの新たな概念を生み出す。

1994年 - 『BATTLE FANTASY』。メガCD初の対戦型格闘ゲームキャラクターを成長させるロールプレイングゲームの要素を盛り込んだ。

1994年 - 『スーパーストリートファイターII X』。スーパーコンボの導入など、細部に渡り改良が行われた『ストII』の最終進化形。

1994年 - 『ザ・キング・オブ・ファイターズ '94』。複数シリーズキャラが共演するドリームマッチ。1プレイヤー複数人を扱うチームバトルの原型。

1994年 - 『エックス・メン チルドレン オブ ジ アトム』。より個性的キャラ性能、画面全体を使ったダイナミックな攻防。また空中に浮かせた相手を追撃可能となるなど、連続技の応酬が特徴。

1994年 - 『バーチャファイター2』。格闘ゲームとしては当時『ストII』に次ぐヒットとなり、家庭用はミリオンヒットとなる。

1994年 - 『鉄拳』。『バーチャファイター』に次いで登場した3D格闘ゲーム。家庭用移植版は60fpsによる画面描画・3DCGムービーが注目され、ハードの人気を牽引する。

1995年 - アメリカ合衆国大会 Evolution Championship Series 開催。後に世界規模の大会となる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん