「レンズ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レンズとは

2018-10-19

anond:20181019094355

室内で子ども撮る→露出が足りなくて被写体ブレ→明るい単焦点レンズ買う

子ども幼稚園に通い出す→運動会撮影→ちっさ!→望遠レンズと一脚を買う

まで見えた

2018-10-17

世代

失業(自願退職)したので親父にお説教をされたがアルコールが(両方)大分入ってたので自分は学がないので言葉ではなく暴力で返した

親父(農家希望都内大卒育ち)は住宅ローン持ちで大手企業営業定年退職(後で息子に払わせるつもりだったらしい)、自分パートタイマー高卒パー

一社落ちたからってしょぼくれるなよ的な事を言うがいかんせんここは両親が決めた地方は、(薬物依存症で)通院可能な職を探すには良くてパートタイマーで一つ隣の工場の1、2社、唯一の砦は親父に出してもらったフォークリフトやらの5つの習了書

自分は与えられた以上のをされたらそれについて進言する」と言う

「今の現状は時給ありきでそれ以上の働きを要求されるのは当たり前でそれを言ったら遠回しに要求を上乗せされてクビ(自願退職)にされる」

そう言って殴り続け眼鏡を割った(レンズって意外と硬いのね)

そんな時代もあっただろうがそんなの3、40年前の話だ、今は違う

ましてや待遇が上がらず物価ばかり上がる時代高卒待遇についてとやかく言う権利は今にはない

親父、言いたいのは分かるがそれは今の時代に生まれ変わってから言ってくれ、マジで

2018-10-10

anond:20181010201352

あれは番組的な嘘、実際のレーザーサイトは連射が効くアサルトライフルなんかに使われる。

(大雑把に狙いをつけやすいので)

実際は光学レンズで直接狙いをつけて撃つ。

[]若おかみは小学生!

若おかみは小学生!』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨です。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。またこ作品書籍漫画版アニメ版あるけれど、それらは横に置いといて映画の話します。

総評

これは120点っすな。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」なので、「見れて大満足! もうちょいお布施したい」でした。

演出とは裏腹に内容的にはかなりヘビー(というのを見越して爽やかで明るい演出を用いていた)なので、児童文学原作でお子様向け痛快娯楽活劇とは言い切れないんですが、個人的にはクオリティさえ伴えば子供を思いテーマや悲しい作品でぶん殴ってもええやないか、いてもうたれ、子供ってのは子供なりに受け取るんだ派なので、クオリティでぶん殴ればいいと思いますふるぼっこドン

この映画に関してはTwitter児童労働がどうのこうのという話もちらりと耳にした程度で事前情報収集もなく見に行ったんですが、そういう物語じゃなかったですよ。

喪失を乗り越えるという話

じゃあ、どういう物語だったかといいますと、大きく2つの柱が絡み合うストーリーでした。それは大きなテーマで言えば「喪失を乗り越える」と「自分自身と居場所を見つける」という話。

初っ端から重いですが、主人公である女子小学生・関織子(通称おっこ)は、本作冒頭の交通事故において両親を失います。もうこの時点で軽い話になりようがないわけですよ。にも関わらず事故被害のシーンはグロカットされ、葬儀とそれに続くドタバタのシーンも描写はされず、おっこは新生活の場であるところの、祖母の営む温泉旅館「春の屋旅館」へと向かいますトランクひとつ持って別に落ち込むわけでもなく、ちょっと大変なだなあくらいの顔色で一人旅をして、到着し、新しい部屋(いままでのマンションとは違う昭和的な和室)を与えられ、転校して新しいクラスメイト挨拶をして、ひょんなことから家業である温泉旅館を手伝うことになります

若おかみは小学生!』って言うタイトルから当たり前ですが、こうして女子小学生おっこの若女将修行生活が始まるわけです。

「春の屋旅館」がある「花の湯温泉」は歴史のある温泉街で、古都然としたまちなみに浴衣姿の観光客が歩く割合賑やかで、カラフルな町です。この辺音楽美術演出あいまって、しみじみと明るく暖かく描かれていて雰囲気良いですね。美術レベルは高かったです。

でも、この明るく爽やかなあたりが(とうぜんそれは演出意図に沿ったものなんですが)、ある意味ホラーでもあるわけです。

小学生児童にとって、両親を失うというのは、最愛家族を失うということであるのみならず、加護者も生活基盤も導き手も失うということです。もう、それは世界崩壊かいレベルでの悲哀なわけですよ。

にも関わらずおっこはそこまでの苦しさを見せない。両親を思い出してちょっとうつむくことはあっても、笑うし、日常生活を送るし、新しい出会いにも前向きでいる。それはよく考えればとてもとても異常なことなわけです。

異常なおっこの新生活は、やはり物語後半に向けて徐々に破綻してゆきます。「両親がまだ生存していて自分と一緒に暮らしている」という幻想を何度もみてしまうおっこは、あるシーンにおいて事故の原因となった(もちろん別のですが)大型トラックを見て、事故フラッシュバックから過呼吸になってしまう。おっこは、両親の喪失という悲しみを乗り越えたわけではなくて、ただ単に今まで封印をして日常生活を演じていたに過ぎなかったわけです。

あらすじなんかにおいて本作は「主人公おっこの成長を描く」なんてサラリと書かれているわけですけれど、それは不誠実な欺瞞であって、おそらくおっこの身になってみれば、それは成長じゃなくて引きちぎられてバラバラにされてしまった自己の修復というサバイバルなわけです。失った何かから目を背けて、決定的な破綻をしないようにごまかしながら疾走するというのが、この物語の前半部分でした。

自分自身と居場所を見つけるという話

そういう意味で、おっこが若女将をやるというのは、児童労働とかそういうレイヤーの話ではないのです。両親を失って加護者も生活基盤も支えも失ってしまったおっこにとって「いまできるなにか」に必死に飛びついて自分を騙そうとしていたとも見ることができます祖母である旅館経営者(現女将)の後継者問題という、旅館側の都合があったにせよ、おっこが旅館雑務に飛び込んで笑顔で充実していく背景にはそれがあるはずです。

事実おっこの若女将雑誌に取り上げられて評判を呼ぶという広告的な価値はあったものの、従業員としてみたとき、お客さんに感情移入しすぎて夜闇の中に駆け出すなど(一般的社会人価値からすれば)行き過ぎな面もありました。

でもそれも仕方がないと思うのです。両親という生活基盤を失ったおっこは、同時に目指すべき将来の自分像も失っています。「将来こういう自分になったらいいな」です。その空隙を、目の前に提出された安易な「若女将」で埋めてしまったわけですから、その意味では、おっこの若女将労働としての若女将ではなく「若女将ごっこ」でもあって、つまりはある種の自分の居場所探しなわけです。

たとえおっこ自身がそれを言語化できるレベルで気づいてなかったとしても、まだ収入もなく住む場所自分では決められない小学性にとって、他にできることなんて事実ないじゃないですか。それはせめて居場所を獲得するという生存努力です。

おそらく祖母はそのおっこの悲痛に気がついていて、周囲が無責任に「若女将誕生!」とはしゃぐなかで、決して自分からは手伝え、継げとはいいませんでしたし、おっこの労働危惧してた素振りも見えました。経営者として「子供接客なんてさせられない!」と拒絶することもできたでしょうけれど、おっこから女将をとりあげて、じゃあ不安定彼女精神に何をしてあげられるかと言えば何もない。だから黙認しかないわけです。

だいたい「自分自身と居場所を見つけるという話」なんてもの現代社会において、大学卒業して就職して一年二年経った青年が、俺はどうやらこういう方面には我慢が効くがこういう方面は苦手だぞ、どうやらおれはこういう仕事とこういう人間関係の中でなら生きていけそうだ――みたいなのをやっとこさやるものなわけで。そんなものを、小学生が引きちぎられるような喪失を乗り越えるのと二正面作戦でやるのは無茶というものです。

そういう意味では、周囲の大人たちはもうちょいどうにかフォローしてやれなかったのかよ、とも感じるんですが、でも逆にそれこそ大人視点傲慢物言いであって、大人だろうが子供だろうがどんな人間でも自分自身の心の中の悲しみや未来とは、自分一人で向き合うしかないというのも一面の真実です。

おっこは画面上の軽やかさやおっちょこちょいさに隠されがちですが、実は誇り高い女の子です。特に自分が設定した自己目標に対しては愚直なまでに誠実です。だからこそ、宿泊客のために対立している真月に頭を下げて教えを請うこともします。その実直さが両親を失うという危地の中で彼女孤立してしまった原因だし、それが巡って彼女の味方を増やす原因でもあったのは素敵だったと思います

ふたつの話の交差点

おっこは「喪失を乗り越えること」から逃避して、目の前のロールである女将に飛びつき、そこで必死に働くことによって苦しかった過去ある意味塗りつぶそうとしたわけですが、その逃避が「自分自身と居場所を見つける」ことにつながってゆきます

幾つかの出会いがあって、目指すべき未来のヒント、ロールモデル出会います。たくさん登場人物がいるのですが特筆すべきなのは三人でしょう。

まずは旅館女将である祖母。登場シーンは少ないのですが、彼女個人人格職業倫理が融合してしまったあの佇まいは、今は亡き母経由もふくめておっこの誠実さの根っこのように思います職業倫理がついには人格化しちゃうって、昭和的な善人のあり方としてすごく共感できるんですけど、今の時代では流行らないのかもしれないと思ってちょっとロリしました。

二番目には、おっこの同級生、秋野真月(大旅館の跡取り娘、通称ピンフリ)でしょう。この娘は小学生女子なのですが、広い視野旅館業と湯の花温泉京の未来を見つめていて、顧客に対して誠実であろうという、幼いながらある種の達人系キャラです(傲慢物言いをする残念キャラでもあるのですが)。この娘と同年代として出会うことができた、ライバルとして対立したり和解したりできた、というのはおっこを取り巻く幸運の中でも格別のものでした。彼女との交友は、悲痛から逃げ出して飛びついた「若女将ごっこ」に、その内実の精神性を加えて「本当の若女将」へ進化させてくれたと思います

(余談&劇中では語られませんが、温泉郷に住まう子供の中でも誰よりも本気で町の未来について抱え込んでしまってる真月の孤独にとって、その孤独の闇に現れて、自分の高さまで登ってくれると約束してくれたおっこの存在は、想像すると涙がこぼれるものが有ります。真月からみてもおっこは救いであったと思うし、そうだと良いなあ)

三番目は宿泊客である占い師グローリー水領です。長い黒髪をたなびかせたこ宿泊客は、都心部事務所を構える凄腕の女占い師なのですが、私生活での失意から「春の屋旅館」で飲んだくれ生活をしています

抑制的な演出描写される彼女鬱屈をおっこはどうにかして励まそうと、浴衣を着たことのないという彼女着付けを手伝います浴衣経験のそんな彼女艶姿におっこが感嘆した感想が「格好いい!」でした。

ものすごくさり気ないシーンだったのですが、それはおっこが喪失していた「自立した憧れるべき大人の女性像」を見出した場面だったんじゃないでしょうか?

私生活で辛いことがあっても他者に当たらず、それどころか宿泊先の幼い従業員おっこに気を使っておどけてまで見せる。グローリー水領はおっこ視点では「素敵な大人のお姉さん」です。その素敵な年上のお姉さんに、「可愛い」でも「素敵」でも「綺麗」でもなく「格好いい!」と小さく叫んだおっこに、少し泣けました。お洒落で(←女子小学視点では重要です)、颯爽としてて、自立をしてて、視線を合わせて話してくれる。そんなお姉さんはおっこにとってどれほど輝いて見えたことでしょう。暗闇の中で我武者羅に迷走していた、それでも笑顔だけは守っていたおっこにとって、それは小さな灯火で「未来自分」「目指すべき形」です。

祖母の言う「誰も拒まない花の湯」、同級生真月のいう「客を癒やすレストスペース」、女占い師自分仕事を「他人を励ます仕事」だと評したこと。それらは全て本作テーマに重なるパラフレーズです。そしてそういう人々の輪の中に、自分も入っていける。癒やしたり癒やされたりしながら前へ進んでいくコミュニティの一員になる。「若女将」という「自分自身と居場所を見つける話」は、おっこにとっては生存努力であり逃避だったわけですが、それを誠実に、ごっこから実体にしていくのならば、結局逃げていた「両親の喪失という苦しみを越えていく」につながっていくのだ、という脚本はすごく良かったです。

別れ

ここまで触れてませんでしたけれど、おっこには霊感があるという設定で「春の屋旅館」にきてから騒々しい幽霊少年やおませな幽霊少女出会い、励まされています。両親が今でも生存していて日常は壊れていないという幻想に悩まされていた頃おっこを支えていたこ幽霊たちですが、物語終盤でおっこから見えなくなってしまうという形で別れが示唆されます

でもそれは、おっこが人間社会のなかで居場所確立した――七つまでは神のうちといういわばまだ神様たちの一員であり神楽の主役でもあったおっこたちが、社会の中で着地して、痛みも悲しみも乗り越えていく季節がやってきたのだというエピソードです(おそらく魔女の宅急便黒猫ジジが喋れなくなる、も同様の構造ですよね)。

見終わってから気づいたのですが、この作品幽霊や鬼たちは、幼いおっこが空想したイマジナリーフレンズだとしても物語が成立するように設計されています

おっこは自分の中の勇気かしこさと一緒に自分の悲しみと戦った。「春の屋旅館」はその舞台であり、若女将はおっこが戦うための姿だった。

すべてのフィクションファンタジーなので現実視点を持ち込みすぎるのは野暮というものなわけですが、今後おっこは中学入学卒業して、大学はともかく高校くらいは出るはずで、一人前になるまで十年近い時間があります。(このお話のおっこは絶対旅館業一筋だと思うのとは別に一般化するのならば)そのなかで、旅館から離れるかもしれない。現実に寄せて考えるならその可能性は高い。

でもそんなことはおっこの戦いとそこで得たものとは関係がないわけです。おっこは若女将というコスチューム身分を手に入れたわけではなく、戦いの中で手に入れた人間関係自分自身がある。将来どこでなにをしようと、おっこの手に入れたものが曇ることは二度とない。それがこの映画の中心であって、それは児童労働とかそういうのではなく、もっとパーソナルで尊いものだったと思います

ps.おう真月ちゃんパート書き足したで!

anond:20181010160243

センサーの違いが最終的な写真画質の決定的な違いではないのだよ…!

じゃあなんでここまでSONYモバイル端末向けイメージセンサ無双してんだよってなるからそこまでにしとけ?な?

入出力の末端から中心へ行くほど品質への影響が少なくなるというのは常識的な話

デジタルカメラではレンズの次がイメージセンサなので、イメージセンサー入力の末端にほど近く、品質への影響は比較的大きいものと考えられる

iPhone(つーかスマホ)はレンズセンサーは小さいけどCPUDSPがいいからなあ

コンデジ台湾製1枚1000~2000円のSoCでどれだけ戦えるもの

世間スマホがCortexA9積んでる頃に、MIPSの400MHzのコアとかARM9の200Mhzのコアを使ってたよ

それで画処理は全部で3秒以内と言われてもなって感じだった

DSPDSPで、専用でなく出来合いのSoCオマケからお仕着せの画処理が基本で大したチューニングはできない

6年前の話だから今は状況が変わってるのかもしれないが、当時は高感度撮影するのでなければ5万円以下のコンデジiPhoneや他のスマホ以下だった

これは間違いない

今だから書くけど、自社設計でも何でもないSoCに「自社の画像処理エンジンを積んでます」みたいな書き方をするのは詐欺じゃないのかと思っていた(どことは言わないが)

曰く、チューニングが自社流だから間違ってはいないという見解らしい

そんなのありかよ

anond:20181010140032

iphoneカメラスマホの中では優秀な部類に入ると思いますが、所詮スマホカメラです。だいたいスマホカメラは広角単焦点なので、人間の目で見るより広い範囲が撮れますが、多少の歪みが発生します。

センサーサイズが小さいので、全体にピントを合わせたいときには有利ですが、背景をぼかしたかったら、センサーサイズが大きいカメラが勝ちます

50000円以下でAPS-Cセンサーを積んでいる機種は少ないと思いますが、5~10万円ぐらいの値段で1インチ以上のセンサーを積んでいるカメラを買うと画質の差が出ると思います

もっと凝りたければ一眼レフミラーレス機という手もありますが、かさばったり交換レンズお金がかかったりするので万人向けではないと思います写真にこだわりたい人には上記の高級コンデジをまずお勧めしたいです。

2018-09-30

牛乳瓶底眼鏡

何年かぶりメガネ屋に行って視力計ってメガネを新調した

増田のやりすぎでえらく視力が落ちてたようで

特注レンズ発注するから一週間かかるとのこと

そんできのう受け取ってきたんだけどレンズが分厚くなったおかげで

重量が増して鼻の頭が痛い。さらに汗をかくと重さでずり落ちてくるしで最悪

ワンサイズ大きめにしたのもよくなかった、、

これ全部増田のせいだ。あ~あ、、

2018-09-29

一眼のレンズ

例えば、子供運動会目的で初めて望遠レンズを買おうとするとしよう。

レビュー等はネットで見るとしても、やはりそれなりの価格のものを買うので「実際の画角感はこうなる」というのを体感したいんだけど、そんなことは無理なのかな。

皆、どうやって新しい(焦点距離の)レンズに挑戦してんの???

2018-09-22

小顔

うちのデブ猫は顔もけっこう丸い

それなのに写真には、肉眼で見たときより顔がほっそりして映る

レンズの具合とかなのかと思って色んな角度で撮ってみたけど、やっぱり実物より細い

カメラにはそんな機能ついてないはずだし、訳が分からない

2018-09-18

anond:20180918141224

機械翻訳は困難とされてきましたが、昨今話題Deep learningで状況は一変してます

Google翻訳ニューラルネット使って大幅に精度が向上してますし。

Googleが開発したPixel BudsやGoogleレンズは端末性能の制約上まともなニューラルネットワークを駆動できずに精度はイマイチでしたが、新型iPhoneNVIDIA RTX2080のようにニューラルネットに特化したチップを搭載する機器が登場し始めており、かつ5Gのようにリアルタイムで大量データを送受信可能通信規格が普及すれば携帯端末で大規模なニューラルネット活用可能未来は数年の内に来ます

特に難しいとされてきた意訳についても、Deep learningによって実現可能性が見えてます

キャプションから写真写真からキャプションを生成するようなニューラルネットが既に実用化されていますが、「英語キャプション写真日本語キャプション」というように生成すると、写真説明する英語文章から日本語文章を生成でき、かつ単語単位で変換しただけでは得られない同一概念を表す英語日本語文章が得られます。これは意訳とほぼ同義の結果が得られており、さらに一歩推し進めて「英語抽象概念抽象概念英語日本抽象概念抽象概念日本語」と学習すると、写真を介さなくても直訳ではない翻訳文章を得る事ができるようになります

また「日本語英語」「英語中国語」というふうに学習させたモデルを使うと「日本語中国語」についての翻訳も(学習していないのに)できてしまうという研究結果もあります

上記のような現状を鑑みると、実用的なリアルタイム翻訳端末の登場はもうすぐだと思います

2018-09-09

世の中は

Over40のKKOばっかりなんです。

MRI検査を受ける前に、タトゥーはなくても、頭に増量のふりかけをかけている人のせいで

人の英知たる精密機器MRIが壊れちゃうんですよ!薄毛のふりかけのせいで!

そんなに薄毛のふりかけが多いって事です。

気付くべきなんです、もうディストピアは来てるって事を。

美しく見える1020代も、瞼にのりをつけ、折り目を作ってます

瞳を大きく見せるためにサークルレンズを入れているのでこれもMRIで外さねばなりません

麿のような繭のアートメイクも同じらしいです。

日本は古来から農耕民族であり水田で稲を植えてそれをコメとして収穫し、

領主におさめるという年貢制度をとっていましたが、今日本の女子田んぼの稲のごとく睫毛を植えています

それはあたかも植毛のようです。同時につけま流行からまた失速してしまったようです。

恋人旅行をしてオイルクレンジングをしていないなら、田植えをしているかも知れませんね。

それでも「未加工」というハッシュタグ流行ってきているとか。

美しく装ったあと、さらに盛った加工することが流行っていましたが、これからは「未加工」だそうです。

美しい日本ですね。

2018-09-02

anond:20180902004716

宝石なら換金価値があるけど

レンズなんてゴミじゃん。


広角レンズがどうのとか、知らんっての。

anond:20180902003634

レンズは透過重視の宝石でできています

彼らは宝石を語り自慢しているのです

カメラ(のレンズ)好きなやつ

いろいろ語り出してうざい。

レンズなんて本当にどうでもいいし、知識もないし。


報道関係者でもないのに、

高いレンズ買って自慢してくるのがウザい。



iPhoneでいいじゃん(いいじゃん)

2018-08-30

高い買い物をした

ちょうど見に行ったタイミング店頭価格安くなってた上に狙ってたレンズキャンセル崩れですぐ手に入るって言われたから、欲しかったミラーレス一眼を買ってしまった。

分割にするとポイントが付かないって言われたかカードの分割にしたけどよくよく調べたら結構金利が高いので、ちょっときついけど残高の一括支払いする予定。

夏のボーナスも思ったより入ったか全然支払えるし、特に生活が苦しくなるわけじゃないけど、なんだかこういけないことをしちゃったようでまだ誰にも言ってない。

なので増田につらつらと書いてみる。

彼女に言ったらきっと、もうカメラコンデジ)持ってるじゃん!と言われちゃうんだろうなぁ。

家に帰ってこれが30万か…と思いながらモノ撮りしたらなんだか思ったほどだったので、いい被写体があれば教えてほしい。

2018-08-26

anond:20180826090039

カメラの重さやレンズの高額さにも負けないあなたはかなりのコダワリ君とお見受けしました。ここよりも価格.comあたりでカメラ談義やレンズ談義をした方がよろしいのではないでしょうか。

anond:20180825204237

好みやお勧めメーカーは少々違うけど、これだけSNSが普及して、良い写真を撮って「イイネ!」を増やしたい人がいるからには多少お金をかけてちゃんとしたカメラを買って欲しいのでこういう記事を歓迎します。

自分一眼レフ派だけど、いかんせんゴツくてかさばるのと、そのビジュアルだけで引く人もいるので、まず1インチセンサーコンデジお勧め元増田さんのおっしゃる通り、サイズ感がわりと妥当で、飲食店などでも取り出しやすいので。

スマホの最大の欠陥はセンサーサイズが小さいことと、レンズが広角単焦点であることが多いところ。

センサーサイズが小さいのは「スマホ電話であってカメラじゃないかしょうがない」とも言えるけど、広角単焦点は机の上の料理を全部画面におさめたり、記念写真を撮って全員を画面に入れるには向いている代わりにいかんせんものの形が歪みます。(特に画面の周辺部)

それを知らずに「友達が撮ってくれた私の顔が変」と不満をお持ちのあなたはまず撮ってもらうときに極力皆の中心部に入ることをお勧めします。「スマホで撮ったセルフィーの鼻の形が変」と鼻を整形する人がいるようだが、本末転倒も甚だしい。多少ズームの効くコンデジで望遠側(うるさくいえば35mm換算50mm以上)ズームして撮れば歪みはかなり減るはずです。

それでも気に入らない場合は、本人の美意識メイク技術や顔かたちの問題なので、「ま、こんなもん」と諦めるか、自分が良く見える表情を研究するか、メイク技術を磨くか…お好きな解決方法をお選びください。

自分パナソニックの1インチセンサーコンデジを使ってるけど、CanonG7-XシリーズやG9-Xシリーズもわりと良いらしい。あまり腕に自信のない人こそお金をかけて、5万円以上の新品を買った方が良いと思います。新型の方が画質が良いのと、説明書などの付属品完備、メーカー保証も付くのでケチらない方が良いでしょう。

あと、元増田さんと一番意見が違うのがミラーレス機のところかな。私の周りで人気があるのはOLYMPUS機。センサーサイズマイクロフォーサーズだけど、お洒落デザインのものが多く、ビジュアル重視の人にもオススメ

レンズ付属の標準ズームから入れば良いと思うけど、思いっきりバックのボケ写真を撮りたいとかこだわりがあればf値の小さい単焦点レンズを買いましょう。マイクロフォーサーズ場合、25mmがいわゆる標準レンズ(人間の目と同じ焦点距離)になります。ちなみにAPS-C機だと35mm程度が標準。

もっとお金をかけても良いカメラが欲しいならAPS-C機かフルサイズ機かということになるけど、本体が重くなって値段が上がる上に、交換レンズも高額になるのでそれなりの覚悟をして買ってください。最近プロにもソニーのフルサイズ機が人気のようですが、「動画はいいけど、静止画CANONNikonにかなわない」とのご意見も聞いております

過去の実績やレンズアクセサリーの充実度から行くとCANONNikonになります。「高級機種や高額レンズを使ってみたいけど高くていきなり買えない」というときレンタル屋でいろいろ貸してもらえるのはこの二社です。

元増田さんの投稿とある程度かぶる上に長くなりましたが、「何でもスマホ」で済ませずにちゃんとしたカメラを使ってくれる人が増えることをお祈りします。

anond:20180826094611

全然違うよ!!!!!!!!!!!!!!!

わかってると思うが,近眼の人は眼鏡をかけると目が小さくなるんだよ.

それなのにかわいい

というか眼鏡をかけたときの目の大きさが実は可愛さという点でベストマッチだった という奇跡なんだよ.

目が悪くないのに伊達眼鏡をかけてる人は、ただのフレームを顔に付け足してるのと同じじゃないか

眼鏡っ子を語るにはレンズを抜きにしては語れない.

視力矯正の道具でもあり遮光の道具でもありファッションの道具でもあるのだ.


それから金髪赤縁じゃなくて僕は黒髪地味眼鏡の子が好き.

anond:20180825204237

単純に言えば実機持ってみてしっくりくるやつを買えば良い

用途が決まってる人はそれ用のを調べたほうが良いけど

店だとなぜかレンズやボディが実際より小さく見えてしま現象に注意だ

2018-08-19

頼む!あのレンズのでかいメガネをかけるのを止めてくれ!

数年前から若い女子中心に流行っているあのメガネだよ!

今調べたらウェリントンとかボストンとか言うのな!


こんなこと言うとお前はおっさんからファッションが分からないんだとか、こんな事で腹を立てるなんて気量の小さい奴だとか言われると思いずっと黙っていたが、何年経ってもあのメガネはやっぱり受け入れられない。


私があのメガネを嫌いな理由は主に2点ある。


1点目はまずなんといってもダサいことだ。

私があのメガネダサいと思うのはたぶん親父世代のかけているイメージが強いからだと思う。

厳密には現代フォルムは違うとか、ファッションとは繰り返すものだとか反論はあるだろうが、私はあのメガネを見るたびに親父世代昭和バブル前後)にかけていたものを思い出し、ダサいという感覚になるのだ。

昭和おっさんがかけていたメガネを、最近流行だと騙されて「シャレオツ~」とか言って喜んでいるのだ。

信じられない。徹底的にダサいから早くはずした方が身の為である


2点目は人を小馬鹿にしているように思えることだ。

あのメガネをかけている人を見ると、こいつは人を馬鹿にしているのではないか(実際にはそうでないことは分かっている)と感じさせる。

なぜかはハッキリとは分からないが、もしかすると一昔前のお笑いの人たちがこの手のメガネをよくかけていたからかもしれない。


あのメガネ流行っているからといってかけている人間は早くそのダサさに気付いてほしい。

あの妙齢女優も、あのファッションリーダーアイドルも、あの美容師も、あの新人女子社員も、そろそろダサいことに気付いてほしい。

あなた達のかけているメガネ昭和おっさんメガネから


最近共産党から参院選に出た女性候補者がこのメガネをかけているポスターを頻繁に見かける。

悪いことは言わないから早くメガネを外したほうがいい。

若者にはウケるかも知らんが、票をもっているじいさんばあさん世代には絶対に印象悪いから。

2018-08-17

彼氏精子見てみた

だいぶ前に出てきたTENGAメンズルーペで。

スマホのインカメの上にレンズ置いて、精子を垂らすやつです。

ちょっと渋る彼氏にお願いしてやってみた。

そしたらもうね、めっっっっっっっっっっっちゃいた。

すごい。youtubeかにあがってる先人の精子動画なんて目じゃない。

スマホの画面の中を縦横無尽精子が駆け回ってた。

しかもそれが結構足が速い。注意して目で追ってないとあっという間に見失っちゃう

こりゃうっかりすると卵子までたどり着いちゃうぞ………と思った。


それからはなんだか避妊に念を入れるようになりました。

カップルで見てみるのもオススメです。

しかしたら精子少なくない?とかサボってない?っていうのもわかるしね。というか本来目的はそれ。

男の人ってこんなのぶら下げて歩いてるのか………というかもしかたらこの一匹が人になるかもしれないのか………という不思議気持ち

生命ってすごい。

2018-08-12

anond:20180812000303

大きなレンズが使われない理由は1番にコスト、2番めに厚くなると吸光率が馬鹿にならないからじゃないのかな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん