「オブラート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オブラートとは

2018-06-18

anond:20180618113431

意見集めてる層が底辺過ぎるわ

「女は若いうちに結婚させて子ども産ませよう」なら、高学歴オブラートに包んで言ってるのを結構みるがな

子育て後に進学/復職できるような制度を」とかがその例

2018-06-17

カカア天下お茶の間 第三のビール乾杯明日の見えない日本の夜にそれでも陽は昇るんだ

っていうヒーローっていう歌詞はかなりの反日歌詞かな

第三のビールしか飲めなくて明日の見えない日本の夜なんて完璧政権批判だし

それでも陽は昇るんだなんて(陽は昇らない)っていう皮肉で言ってるわけだし

カカア天下という表現伝統的な日本文化の文脈からするとありえない話

家長は男でないとダメからね女が天下を取るなんてもっての他、許せる話ではないだろう

歌全体を見ると毎日つらいけどがんばる姿がヒーローなのさって歌ってるけど

毎日つらいってのは痛烈な政権批判

本当はもっとはっきりとした言葉で伝えたいんだろうけど

商業音楽に乗せるならこの程度にオブラートで包んでなきゃダメなんだろうなって思ったわ

2018-06-13

anond:20180613173021

直接的に表現すると角が立つからオブラートに包んだ言葉

そんな言葉一種が「ぽっちゃり」ではないだろうか

これを現実に即した表現に分類されないのではなく

分類しないための曖昧語がぽっちゃりなのだろう

ところで私はむっちりが好きだ

張りのある豊満な肉体は素晴らしい

しかし私の好みを伝えるとデブ専と言われる

なぜだろう

2018-06-11

あれだけ好きだったVtuberに冷めてしまった

元々、ただのオタクリーマンだった自分が4月頃にツイッターを眺めてたらキズナアイ動画が流れてきて

そこからVtuber存在を知った。最初は、今でいう大手キズナアイミライアカリ)の動画だけ見ていたが

に〇さんじのVtuberを知り、恥ずかしい話ドハマりしてしまった。可愛いキャラ可愛い声で自分の好きなゲームアニメの話をしてる。ハマるにはこれで十分だった

このサイト見てる人間に若年層は居ないと思いながら敢えて書くけど、自分所謂「ちょwwおまww」(この表現も古いかな)

みたいな人間とは相容れないと思っていたが、コメントしそれにVtuberが返事をくれるのは嬉しいものだった。

そこからはそのVtuberツイッターフォローして、配信がある日は上司に早上がりを願って配信の前にはPCに立つ自分がいた。それだけ興味を惹いていたコンテンツだった。

でも、ある日の配信Vtuberが「〇〇さんって絵描きの方が~」とか、みたいな事を自慢気に話していた。何気なく見ていたが、

心の底で「羨ましいな、自分も絵が描けたら~」くらいの感情が浮かんでいた。でまたふとある日に、Vtuber絵描きと仲良くリプライ飛ばしあってるのを見て

自分の中の黒い感情がハッキリと浮かんでしまった。「絵が描ける奴が羨ましい」これだ。色々オブラートな書き方も考えられたが、多分これが一番伝わりやすいだろう。

そもそも何も生み出さな有象無象の中であるファンの一人を認識しろなんて事は言わないが、やっぱりファンの中で一部の人間とだけ関わってるのを見るとどうしても嫉妬してしまった。

こんな事で嫉妬する自分が情けないと思いながらも、嫉妬心という物はどうしても湧いて出てくる物で辛かった。

じゃあお前も絵を描けばいいじゃんという話だが、自慢じゃないが自分ピカチュウを描いて10人に見せて3人がピカチュウ認識出来るレベル画力なので、ファンアートなんて投稿しようものなら

Vtuberコメントに困りながら「独創的ですね」みたいな気まずい返事をされる事だろうと思い、描けなかった。

その感情が生まれからは、そのVtuberリツイート也でファンアートの紹介やリプライ絵描きと慣れ合うのを見て、辛くなりツイッターフォローも外して見なくなってしまった。

それ以来、Vtuber動画はあまり見てない。こんな日記書いてる時点で未練タラタラだが、辛くなるのが分かってるので見なくなってしまった。

距離感の近いのがVtuberの人を惹き付ける所でもあり、また離れる原因にもなるのだろうか?それともこの感情を持ったのは自分だけなのだろうか。それが知りたくて日記を書いた。

勘違いされたくないので最後に書いておくが、絵描きとだけリプライ飛ばしあうのも、Vtuberの「自身知名度を上げる」という本来目的の一つだろうし何も悪い事はしていないと思う。寧ろ正解である

Vtuberを嫌いになったのではなく、自分が辛くなるから自分から距離を置いただけの話だ。

補足

思いの外反応を貰ったので驚愕している。黙って絵を描く努力しろという意見や、他の創作物で、無産の嫉妬etc等の言及は正直最初から来るだろうなと思っていたし、

それに返す言葉も無い。ごもっとも。

が、「Vtuberになればいい」等の意見が点々あるのを見て驚いた(現実性は兎も角として)。全く自分の中にその考えが無かったし、これもまた的を得ている言及だと思った。

広大な海に手紙を投げてみるものだ。

最後に、自分は"まだ"誰も嫌っていないという事だけ伝えさせて欲しい。強いて言及するならこんな情けない記事を書いている自分くらいのもの

こんな記事書いておいてなんだが、自分絵描きだったらVtuberリプライ飛ばし合ってるだろうと考えるし、そもそも好きなキャラクターの絵を描いている人間を嫌う訳が無い。

彼等はコンテンツの拡大という点において凄まじい貢献をしている。嫉妬憎悪はかなり近い存在だが、本質的には別物と考えている。

(最も、嫉妬から憎悪に変わるのは容易な事なので、冒頭に"まだ"と記述した)

色んな言及を見て、少なくとも負の方向には自分気持ちは向かなかった。感謝の意を伝えたい。

2018-06-04

子供気持ちがわからない

でもそれって当たり前だと思うんだよね。

からさ、「私は子供気持ちがわかる」とか、「子供も私の気持ちがわかってる」とか、「子供の痛みは私の痛み」とか思うお母さんが怖い。

なんかこんな話をすっごく柔らかくオブラートに包んであま〜く味付けした増田ブクマを集めてて、しかも優しい増田というコメントがついているのに戦慄したのでした。

2018-05-29

下品なお子さんですね」をオブラートに包んだ言い方ってありますか?

考えてるんだけどうまい言い方が思いつかない…

2018-05-20

ついに下請け仕事を断られた

こっちは多分、日本で知らない人はいないっていうぐらい大きい会社

社員数名ぐらいの超零細企業に今後、仕事は請けませんと言われてしまった

オブラートに包まれはいたけど、こんな理由だった

今まで全部、言い値で支払ってきたのに……酷くない?

2018-05-14

痴漢セクハラいじめも言い方変えろ

痴漢セクハラじゃなくて、強制わいせつ

いじめじゃなくて、暴行

オブラートに包むんじゃねーよ

2018-05-08

嫁の飯が不味い

諸兄の中に嫁の飯を食って吐いたことがある人間がどれくらいいるだろうか?

私は二度ある。

一度目は結婚したてのときだった。

コンソメスープを作っているときコンソメが足りず、

嫁はどうやら代用品として片栗粉を選んだらしい。

食う前から結果は分かっていたが、

新婚のときはどんな不味い飯が出ても

さらえるのが礼儀だといろんな人に言われていたし、

自分も同じ考えだったので食った。

吐いた。

不味くて口から吐き出したのではない。

胃には入ったものの私の命令無視して

胃が勝手に収縮運動をおこしてリバースしたのである

嫁はその場にいなかったし、このときトイレに駆け込めたので

したことには気づかれなかった、と思う。

信じられないほど不味いものを食ったとき、冷や汗が出る、鳥肌が立つ、心臓バクバクいう。

マンガ的な表現だと鼻で笑う者もいるだろうが、

これらは未知の、いや既知であっても壮絶なレシピ対峙したときに実際に起こる生理現象である

そういうレベル拒絶反応日常茶飯事だった。

とにかく不味い。とにかく不味い。

嫁は料理を作るときcookpad素人時短レシピを調べる、

そして素人の謎レシピ愛情とともにさらなる謎アレンジを加えるのだ。

そして世にも珍奇で壮絶な味が出来上がるのである

それでもあの日以来、胃に入ったものを口から出すようなヘマはしなかった。

しかしついに2度目がやってきた。

今日の事だ。

嫁を傷つける意図はないので、オブラートに包んで言うが、

生ゴミ以上に生ゴミらしい料理だった。

どうやればより生ゴミ感が出せるだろうか?そんなことを嫁が考えたとは思えないが、

野菜のヘタと、鯖の水煮、あと何が入っているのか、鼻を突く強烈な臭い

絶対食えないので許してくれと嫁に懇願した。

罪悪感だけでは嫁の飯は食えないのだ。

しか案の定怒り出した。

一生懸命作ったのにとか、仕事の帰りが遅いとか、いつも靴下脱ぎっぱなしとか、何年前のあの時はひどいことを言われたとか、

執拗な叱責に耐えきれず俺は悪かったよと謝り、それを食った。確かに食った。3口かそれぐらい。

30秒は耐えた。が先述の通り、意志に背いて胃は動くのだ。

胃がひっくり返った。

涙を流しゲロを吐きながらも頭の中は何故か冷静で

あ、これノロのときとおんなじ感じだな、なんて考えてた。

まあそんなこんなで喧嘩状態で嫁は多分いま寝室で寝てるんだろうけど

なんて声をかけたら良いんだろうか、

美味しかったよ、なんて言ってみようかな。

*ちなみにこの問題の私側の最大の理解者は義父である

*彼もまた、メシマズ嫁(義母)のvictimである

*義父は言う。全ての問題を時が解決してくれるわけではない、悪化することもあるし、継承されることさえもある。と。

2018-05-02

anond:20180502165628

解説してほしい用語があったらどんどん投げな。

角度おじさんが角度を踏まえた上で解説してやるから

ランダマイザ? これはラムマイザーのことだな。

かつて薬学世界では薬効成分のある薬そのものを紙か何かに載せてそのまま嚥下させるという接種が一般的だったんだけど、それだと薬それ自体がとても苦かったりする場合に飲み辛いという問題があった。

子どもなんかだと吐いたりしてしまったりな。

それに対応して作られたのが、ラムマイザー。今でいうところのカプセル剤のことだな。

カプセル剤は胃で溶けるオブラートのような物質でできている。これ自体には味も何もない。だから口の中に苦味などを残すこともない。

この「カプセルの中に薬を入れる」という発想を、計算機学上のλ(関数のものを示す)に見立てラムダ+マイザー って読んだことからラムマイザー」って言われたのが始まりだわな。

今はそのラムマイザー商標かなんかの関係で使われることはなくなったんだけれども、今でも老人の方等が使っていることはあるな。

どう? 分かった? ランダマイザーのこと。

彼女欲しいとかオブラートに包まずに

セックスさせてくれる都合のいい女体が欲しいって言えばいいのに

2018-05-01

anond:20180501123320

「年齢ばれますよ!」はオブラートに包んだ言い方で、「読み手のことを考えない老害だと思われかねないので、同年代の身としては、しっかりしていただきたく」が本当に言いたかたこである

2018-04-26

anond:20180426081855

この元増田野間もバッサリ切り込んでるように見えるがまだまだ優しい。

オタク」とか「キモい」というファジーなワードオブラートに包んでくれてるからね。

「酷い容姿+不潔さ+独善的で思いやり皆無+選民意識他罰思考+性への倒錯常識的模範や遵法精神の欠如+常軌を逸した執着+突飛な行動...などなど

周囲に迷惑を掛ける要素を多く持ち合わせているが当人には改善する気が更々ないのでそいつ個人忌避されてるだけ。よってオタク差別などない。」

とはっきり書かないと気付けないぞ。ていうか因果関係が逆なのよね。

ある個人上記のような人格破綻的な要素が原因で周囲に忌避された場合、逃げ込む先のシェルターとして昭和50年代あたりからアニメゲーム機能し始めた。

よって結果として人格破綻してる不具者の群れに万人に分かりやすい「オタク」というラベルが貼られることが多かった。

で、最近分かってきたのがこういった人格破綻的な要素は発達障害に起因するのではないか、と言うこと。現場からは以上です。

2018-04-10

anond:20180410082244

そもそも、「恋人」とか「彼氏」と呼ぶと、やっかまれからオブラートに包んだ「相方」という言い方になったようなイメージ

知的障碍者を「気違い」はダメからハンディキャップ「天使」とか「障碍者」とか言い換えたら、そちらの言葉までが悪口になってしまたかのように。

相方に次ぐオブラート言葉さらに生まれ、そして、その言葉がやっかみの対象として消えていくことだろう。

2018-04-04

恋は絶望

私にはもうすぐ付き合って半年彼氏がいる。

私は社会人、彼は学生、年齢は私が年下、そして遠距離恋愛である

お互いに精神的に不安定な部分があるので、二人して落ち込むことがある。

その時に彼が、「○○(私の名前である必要性をあまり感じない」という旨のことをぽろっとこぼした。

また別のときに、「○○(私の名前)が僕を嫌いにならないなんて信じがたい」などとも言った。

私は彼のことがどうしようもなく好きなので、

「じゃあ私がいいと思ってもらえるように頑張るね!」だとか

「信じなくてもいいよ」だとか言った。強がった。

正直、「私がいいと思ってもらえるように頑張る」のは付き合う前の片思い中だからこそ成立する話だと思うし、

それならなぜ付き合っている?キープか?と思う。

「信じなくていいよ」と心の底から思っているわけもなく、もちろん信じてほしいのだ。

である必要性をあまり感じておらず、いつか嫌いになられると思っているのにも関わらず、

彼は私に好きだと、愛していると言うし、結婚したいねという話もする。

果たしてこれはどういうことなのかと、私は少し困惑していている。

私は付き合いたての頃、隠し事はされたくないししたくない、と言った。

彼はそれを忠実に守っていてくれているだけなのだと思う。

しか好きな人に言われてとても傷つく言葉はあるし、なるべくならそんな言葉は聞きたくない。

伝えるにしてももう少しオブラートに包むとかしてほしかったなと、

心にずうっと引っかかっている言葉をふと思い出すたびに思う。

思い出すたびにショックを受けるし悲しいしつらいし傷つく。

私はこれから彼にどんなスタンスで向き合えばいいのだろうか。

宣言した通り、私がいいと思ってもらえるように頑張るべきなのか?

頑張るにしてもどうやってなにを?もうなにもわからなくなってしまった。

最近毎日のように振られる夢を見るし、何を言われても「私でなくてもいいんだろうな」と思ってしまう。

彼が私のことを信じられないように、私もまた彼を信じられなくなってしまったのかもしれない。

からみれば、別れたほうがいいと思われるかもしれない。

すでに友人たちには遠まわしに言われている。たしかそうかもしれないとは思っている。

でも私は彼のことがどうしようもなく好きなのだ

遠距離で月に1度会えるか会えないかでも、思うように連絡がとれなくて電話もできなくても、どれだけ悲しい言葉を言われても、

それでも私は、彼の声が、匂いが、仕草が、言葉の選び方が、考えかたが、好きなのだ

まさに惚れたもん負けである

こんなに彼を想っていても、私である必要性をあまり感じてもらえないのだ。

本当に、恋は絶望だ。

2018-04-03

anond:20180403114457

そうか、今いま特定ターゲットがいるんだな。すまん俺の読解力不足かも知れんが元々増田を読んだとき、そうは読めなかった。もうちょっと一般的な話のように読めた。

で思ったけど、増田気持ちを隠すときに隠しすぎる傾向があるんでない?オブラート何重にも包んじゃってる感じ。そういうんだと、好意はびみょうにしか伝わってないのにやたら連絡をしてきたり誘ってきたりするから違和感になったりするんだよなー。

原稿邪魔を置いておく

マイナーカプABで字書きやってんだけども

感想ください!って素直に言ったら来るとか都市伝説だよ

何べん言ってもぜんぜん来ないよ

マシュマロしてもほとんど来ないよ

一番反応あったのはひY対応時にノリで頼んだ分だよ

なんと5件も来た

みんなひY語大好きね

でも萌え語りしてもふぁぼとかくれるのごくごく一部の仲良しさんだけなんだよ

新刊告知なんて何度あげてもRTしてってお願いしてもほとんどRTされないよ

当然ながら新刊感想なんて1冊に1つ来るか来ないかだ

いや、平均すると完全に0.の世界だよ

150前後捌けてもそれだよ何でだよ

毎度毎度匿名感想サイトにページ作って奥付に貼ったり、

「読んだ」だけでもいいから送ってねって、

本心の荒れ狂う感想くれ欲隠して言うのにも疲れちゃったよ

ABにはまって数年、割と頑張ってきた方だと思う

オフ20冊近く、オンは長短あわせて100篇以上

数に限って言うならABの字書きで一番書いてる自負がある

だけど数撃っても当たらないもんは当たらないんだよね

何せ腕前が壊滅的にダメ

わかってるんだけど、事実を突きつけられると悲しくなる

そんで悲しくなって泣いて疲れきって、また持ち直してを続けてきた

でもさすがにもう無理だって

こないだpixivのAB作品全部非公開にしてきたんだよ

削除する勇気はなかった

だって私は私と、私の作品が大好きだから

自分が数年にわたって心血注いできた軌跡を消すなんて到底無理だった

でも需要がないなら、検索のお邪魔になるならって非公開にした

そしたらメッセージが来たんだよ! 2件も!

「なんで消したんですか」

挨拶もなしに捨て垢からコレ

shineって率直な気持ちオブラートに包んで包んで

「公開の意義を感じられなくなったからです」

って返せた私はとてもとても偉いと思う

誰か褒めて、って言っても誰も褒めてくれないのわかってるから自分で褒める

私はとてもとても、とても偉い

そんな偉い私の持論なんだけど

作品公開する時って、みんな多かれ少なかれ反応期待してると思うんだよね

反応よこせよ!みたいな力強いものでなくても、反応あったらいいな、とかね

少なくとも私はそうだった

それで期待して、反応なかったら失望して

ずっとずっとこれ繰り返してしんどくなった

萌えはまだまだ衰えず、書きたい欲も底なしにある

暇な時間はずっとABのあれこれを妄想して、文字にしていたい

だけどその時間と労力と愛の結晶を、求めてもない人に提供する意義とは何ぞや

求められていないのなら、わざわざ体裁整えて公開する必要はないのでは

自分のためだけに書いて保存して、一人で楽しんでおけばいいのでは

そんなことを、もう1ヶ月以上もやもやと考え続けている

考えながらスパコミの原稿やって、だけどさすがに邪魔に思えたからここに置いておく

2018-04-02

体調不良を逐一SNSで報告するやつ

特に下痢したとか吐いたとかの情報をこれでもかと詳細に語るやつ。

嫌なら見るなお約束かもしれないけど気分がいいものじゃない。

せめてオブラートに包んで胃の具合が悪いとか気持ち悪いとかに留めてくれ。

2018-03-22

今いる職場の話

精神がガリガリ削られてる感じがする。

しか、私は事務求人に応募したはず。応募した後来たメール見返しても「事務」って書いてる。

面接では正社員の人の補佐だと聞いた。

確か、面接では「この作業社員がするので、バイトさんはここまでやってくれればOKです」と言われたような。

なのに、やることは一日中電話をかける。その合間に接客。あとは色々な雑務パソコンは与えられず。面接ではそんなの聞いてない。

補佐どころか、やる内容は正社員とほぼ同じ。ここまでやってくれればOKラインをこえて、正社員と同じく責任を負う業務

作業中は絶対正社員が横についていると聞いていたけど、忙しいので一人でドウゾーと放り出される。

入って3日ぐらいで、あれ?と思ったけど嫌な仕事でも慣れたら意外とできるかもと一か月は続けてみた。

でも今とてもしんどい

先日、上司面談していて、何かしんどいことはないか?と聞かれたので

やんわりと「ずっとテレアポするのはしんどい」とオブラートに包んで言ってみた。

そしたら「しんどいのは慣れていないからです。慣れるためにノルマを決めます」とアホみたいなノルマを課される始末。

ノルマのためにひたすら一日中電話電話電話で、心が折れそう。

そんな中でも、来客対応事務所に人がたくさんいても私がまっさきに駆け寄れと怒られる。

入口の近くに人がいても、まずは私が行かねばならないらしい。真っ先に行かないと、正社員から嫌味を言われる。

お昼は1時間と聞いてる。

けど、電話でなきゃいけない。正社員の人が電話に出てもすぐに「担当につなぎますね~」と私に繋ぐ。それでチョコとか食べてる。

さらに、お昼休憩中でも来客来たら正社員がいても私が対応しなきゃいけないから、こないだお昼10しか取れなかったよ。

別にバイトからと言って一切仕事をしたくないわけではない。

でも、時給制のアルバイトが時給発生しないお昼休み中にずっと仕事するってどうなの。

前職もタイムカードなし、給与明細なし、契約書と内容の相違ありで辞めた後に何度言っても源泉徴収票がもらえないようなブラックだった…

そんな感じで変なところにしか当たってないから、少なくともタイムカード給与明細はもらえるから仕事内容にさえ慣れれば楽になるかと思っていたけど、慣れる前に心折れそう。

もう少し頑張るけど…早く慣れてこの疲労感がなくなってほしい。

ハロワ求人出していたらしいので、求人内容相違あるよ!と言いたいけど、ハロワ通してないから言うこともできないし。

もし匿名でいいなら、求人票と全然違いますとチクってやりたい。

2018-03-17

桜餅の葉っぱ → 食べる

柏餅の葉っぱ → 食べない

鮭の皮 → 食べる

サンドイッチの添え物のパセリ → 食べる

アイスパフェミントの葉 → 食べる

サクマ式ドロップスハッカ味 → 食べない

ボンタンアメオブラート → 食べる

豚まんの底紙についた生地 → 食べる(前歯で削り取って)

カップアイスの蓋 → 舐める

ラーメンスープ → ぜんぶ飲む

2018-03-06

anond:20180303064407

最終2話で庵野ふざけんな(オブラートに包んでおります)って思ったのはほぼ全員だと思う。

死海文書などのキリスト教関連の書籍大学生協で売れるようになったのが社会現象としてニュースになっていたはず。

2018-03-05

anond:20180305005831

「非リア」をオブラートに包んだ結果とは思わないのか

2018-02-26

anond:20180131151758

約1ヶ月ぶりー映画観て飲み行ってきたよ。

よくこんなに書いたなってぐらい長い。



あの人ほんっと難しい。

聞いてみると、「ザ・受け身」。交際含め、人間関係全般オープンマインドではあるけど、来るもの拒まず、去る者追わず距離を詰めるのは相手任せで、自分情報出すだけ出してその場から一切動かない(無理な言動があれば遠ざけはする)。個を型に当てはめるのってよくないと思うんだけど、典型的草食系で、普段つるんでる友人も色恋沙汰には興味のない人ばかり。趣味人自称するのは本当にその通りだし、そういうところに余裕を感じたんだと思った。

飲んでるとき10年来の女友達と話してるときみたいに気楽に、変に取り繕ったりせず素直に、下手にも出ずに話してたんだけど、この間までは確実にあった穏やかだけど微妙な緊張は一切なくなった。私だけ感じてたのかな?(聞いてみたら冬場はなんかちょっと不安定になるから…なりません?とか軽く言い訳された。どうやら冬が弱点らしい)

人を好きになった初期にある、非現実的な、ふわふわした感覚がなくなった。理由はおそらく最初に書いた人間関係スタンスを聞いたことで、確実に内面に一歩踏み込んだこと。同時に、きちんと現実存在する一人の人間として相対できるようになったのではないか?と自己分析

これについては下段の呪いが解けた話も関係あるかもしれない。あと年取ってくると体質変わるとか筋肉つかないみたいな話をしてたとき二の腕触ってみたりしたんだけど、(考えてみれば当たり前の話なんだけど)データや幻じゃなくて質量を伴った存在なんだということを触覚からもきちんと理解したのかもしれない。触るって大事関係ないけど、こういう考え方してるのを自覚すると、いくら表面上取り繕えててもオタク的な考え方が抜けきらないなぁと思う。ブレードランナー2049のKとジョイを羨ましいと思うあたりでも。

「ところで今の私の立場ってなんですかね?」と聞いてみたら、「年取ったら新たな人間関係を築くのが億劫になったし、増田さん最近誰かと友達になった?」って聞かれて、「気安く話せるようになったのは〇〇さん(相手)と××さん(共通の知り合いである同僚)とSNSで付き合いの長い女の子オフで会って時々飲みに行くようになった)ぐらいですかね」と話したら、「じゃ、増田さんは元仕事関係の人で、現友人です」って言われた。

「だからこの年になると交際とか口説かれるとか以前になぜ近付いてきた?ってところで警戒する」と言いながら(人間関係における自尊心はあまり高くなさそうだし、多少警戒するのもわからないでもないけど、顔が好きだは忘れられてるな)、私をプライベート人間関係の中にカテゴライズしたことは確実に前進したと思ってる。あれ、でも牽制されてるとも取れるような…それかなにかの勧誘を疑われてるとか?…ああもう一つクリアすると次の疑問がわいてきて際限ない。

その疑問はともかく、改めて一連読んでみても今現在は完全に脈なし。

今までは明確な言葉がなかったから多少遠慮がちにどこか行こうって誘ってたけど、立場についての疑問はクリアできたから次からは本当に気軽に誘うことにした。甘いもの好きって言ってたし、私も一人だと入らないで素通りするから機会があれば行ってみたいお店は結構ある。

しばらくは友情ルートを進めつつ現状維持か、すぱっと諦めるか……明るい選択肢がないな。やれることは全部やった、気が済んだと思えるようになるまでは根気よくちょっかい出し続けて、まだ交際方面についての興味は続いてますアピールしつつ警戒心が解けるまで待つしかない。

聞いてる限りでは私の知らない知り合いにこの人を狙ってそうな人はいなさそう(いるとしても話す必要いね)。

仮に一時的にその場の雰囲気に流されてその気になったとしても持続しないことを痛感したし、世の中の人がいい雰囲気だったと感じたデートの後は遅くとも2週間以内に再度会って短期間に勝負を決めることを勧める理由理解した。私は短期決戦よりゆっくりじっくり考える時間もらえる方が好みだけど、人それぞれ考え方は違うことも具体例をもって腹落ちした。単なる知識としては頭にあるけど、個別具体的なエピソードや痛い目に遭うまで感覚を伴った理解にはならない。

転職して仕事が忙しくなったり、ストレスに晒されるとまた心境変化があるのかな?交際相手に求めるもの癒しって言ってたし、現状大きなストレスがないことも理由の一つな気がする。

話しながら改めてなぜこの人と交際したいのか考えてたんだけど、会うまでは気を張ってたのか、肩甲骨の間あたりに力が入ってたんだけど、話してるうちに緩んで力が入ってない状態になった。

いわゆる自然体。抽象的・感覚的な癒されるを具体的な行動で表すとこうなるのかな。あと見ててちょっと危なっかしい(この印象については同僚も同意してくれた)。

自活してるし、生きる気力がないわけではないんだろうけど、どうもご自身健康維持に気を払わないところとか(「死んだら元も子もないんですよ」に対して「俺、そんなに長生きしたくないですよ」と返ってくるあたり…)

26歳前半までは人見知りするとか今思うとだいぶふざけたこと言ってあんまり人間関係を広げなかったのもあると思うんだけど(この人のオープン感覚を見てると、初対面の人に過剰なまでに警戒心を持ってる自分おかしいのか?って疑問がわいてきてだいぶ緩和された)、今までの付き合いのある人の中でこんな作用のある人はそういないから離したくないし、理由なしに会えるようになったらいいなぁと思った。

その日の行動を総合的に見て「育ちが良さそう」って言われたんだけど、それってつまり住む世界が違うと思われてるのかもしれない。生活感がないとかに関しては実際見せないようにしてるし、自分友達みんなそんな感じだから多分相手の知り合い(過去お話を聞いた感じ、そのフィールドにいるのは活発そうな子が多そうな印象)とはちょっと違うのかも。

何か月か前に素直さだけが取り柄って書いたけど、当時から警戒心解けてから自分に接してくる人はみんないい人で、悪意を向けられるのは単に相手に余裕がなかったり虫の居所が悪かっただけだと考えてる。

おそらくこの考え方が余裕があるように見えて、結果的に育ちが良さそうに繋がってくるんだと思う。

この考えに至ったのは決して親の教育関係ないし、経験則でたどり着いた。だから「育ちの良さ」に生育環境や現状が裕福かそうでないか関係なくて、すべては本人の心持ち次第だと思ってる。(気を遣ったりちょっと頑張ってることを相手に気付かれると気を遣われているという意識が発生してそこに意識が向いてしまうから相手に悟られた時点で負けだと思ってる)

から見れば、むしろ相手の方が健全人間関係で育ってきた育ちがいい人に思える。変なやつに好かれたりしてもきちんとあしらうことができて、自分のやっていたことに結果が出なくても変にひねくれずにマイペースに我が道を行き、ガワはともかくブレない軸がある感じ。だから軽い憧れみたいなものもある。

まぁ人見知りの実態は我が身可愛さによるもので、起こってもいない可能性をすべて排除していただけの極度の怖がりだから一歩踏み込んだ時点で自分としては相当頑張ってるつもりなんだけど。

人間、口ではいくらでも嘘吐けるから行動を見てほしいと思いつつ(やらないけど、一応)、学校みたいな密度の濃い場所で知り合ったわけでもない人にはきちんと説明しないとわかってもらえないから次会ったら覚悟決めて話そう。これ本当に弱みだからあんまり晒したくないんだけど、いかに本気か理解してもらうためにはどんなに見られたくない手札でも晒さないと。

改めて書いてみると一方的エゴしかないし(けどエゴエゴシーソーゲームって歌あったね)、相手メリットがない。物質的なものではなくて、感覚的なところで人にいい作用もっといい言葉がある気がする…を与えられるような人になりたい。

あとこれは本旨には関係いから書かなくてもいいことなんだけど、この人と知り合う1年ぐらい前、まだあんまり内面を知らないのに妙に早く寝たがる、いわゆるヤリモク男に引っかかりかけて、男というものは性欲を前にしたら相手は肉の塊でしかないんだなぁとか考えたら、じゃあ別にである必要ないよね、とか変にこじらせて自尊心がズタボロになってたんだ。(今考えるとn=1なのに男性全体についてそう思うようになってる時点でだいぶ視野狭窄してるし、主語がでかいはいうまでもない。)

この話を以前にヤリモクほど具体的には言葉にせず、オブラートに包んだ状態好きな人に話してみたら、「呪われてる」「生きづらそう」とか言われて、やっぱりそう見えてるし、その事実に向き合わずに見て見ぬ振りして逃げて消化できてないか呪いに変わってるんだと自覚した。できる範囲マインドフルネスっていうやつを取り入れて、事実とそれに伴う感情棚卸しして、納得いくまで考え続けた。そうしたらようやく事あるごとに出血を繰り返すかさぶ状態になってた呪いが解けた気がしたんだ。

この呪いを解くには性別以前に人を人として知る、いわゆる普通人間関係を築くことをしてくれた好きな人が不可欠だったし、人から受けた傷は人でしか治せない。

ああ、そうか。加筆してるうちに気付いたんだけど、警戒心ってつまり「俺のどこがそんなに気に入ったの?」ということで、それに明確な答えを返せていないことが警戒心というか不審に思われる原因で、あのヤリ目野郎とやってることの本質は同じなのか。自分まさかこんなに直情型の人間だと思ってもみなかったか感情言語化することがこんなに難しいと思わなくて…初対面のときぴんときたとか上司がたびたびなんか二人いい雰囲気してるよねとか合うよねって言ってたとかじゃダメか。

しっかし攻め方どころか口説き方すらわかんないからほんっとに難易度高い…全然モテないみたいだからチョロいのはわかるんだけど、核心にふれるような行動とか言葉とか…うう…考えすぎて熱出そう。もうこれプリントアウトして読ませた方が思ったこと伝わるんじゃないか

前回と比べると感じたことばっかりでほとんど具体的な会話内容とか書いてなくて申し訳ないんだけど、これ読んで時間あったら感想聞かせてもらえるとありがたいです。(私がやれって言われたら相当難しい


多分嫌われちゃいないんだろうけどね。相手あんまり馴染みのない場所で会ったから、ついで的な感じで歩きながらいろいろ案内したら「1日時間あるとき行ってみたい」って言われたし。お世辞か?

次は映画→飲みじゃなくて散歩がてら花見でもどうですか?って誘ってみよっと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん