「ビリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビリーとは

2019-03-20

人が必要としているのはファクトではなくビリー

事実よりも信じたい真実けが欲しい

2019-02-14

すっげ

ヤフーで第91回アカデミー賞特集2019ってのやってて、無料映画100本見れる

ミリオンダラー・ベイビー今みてる

ビリー氏ね

ノーマンズ・ランドもあってうれしい

おすすめ映画おしえろ

道はとーちゃんが昔面白いっていってたから見てみる

追記

おいミリオンダラー・ベイビー、事前にネタバレあらすじを全部読んだ上で見たけど、ほんとクソだなこれ

胸糞悪すぎてムカムカがおさまらんわ

2018-12-16

愛は勝つとアップタウンガール

KAN愛は勝つビリージョエルのアップタウンガールみたいな曲が歌いたくて作ったらしい

言われてみれば似てる

というか似過ぎている

2018-12-15

anond:20181215192027

ビリーンのパラドックスに似ているなぁ

かい点では定義に違うところもあるかもしれないけど、真の正当性はどこにもないまま自動的事態が進行してしまうところが似ている

2018-11-30

マイケル・ジャクソンビリージーンを歌ってたんだけど

歌の最後に被ってた帽子を客席に投げやがった。それってどうなの?奪い合って険悪なムードになるのはわかっているはずなのにわざとやっているのだろうか。この人は案外クズだなと思った。

2018-11-21

多重人格って本当にあるのかな

幽霊と同じくらい信じられない。

24人のビリーミリガンみたいなこと?

プラズマ思い込みじゃなくて?

2018-11-08

anond:20181108100801

ビリージョエル・・オネスティ一発屋だろ?

なぜかエルトンジョンの顔が浮かんでくるわ エルトンのほうがキャラ濃いし

2018-11-02

やっとbocbqcmnのボロが出るようになったか

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/373492901/comment/bocbqcmn

↑こいつ超やばい系だから

http://www.miemelody.com/about

◆学んできたもの

直感力開発・リモートビューイング・アートセラピーカラーセラピーレイキフラワーエッセンス瞑想ヘミシンク前世療法・チャネリングEFT(タッピング)・プロセスワークビリーチェンジコーチングNLPフォーカシング交流分析アサーショントレーニング箱庭療法氣功ヨガ・合氣道 



スピリチュアル電波ゆんゆん

http://www.miemelody.com/entry/2018/06/30/000000

このブログでは

ちょっとナナメ

目線ではあります

スピリチュアル(目に見えない世界

についても書いている



スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている

スピリチュアル(目に見えない世界)についても書いている


http://www.miemelody.com/archive/category/%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%A9%B1

見えない世界に関わるありがたいお話

2018-08-13

anond:20180812082218

相手ヘラヘラしているように見えるのは典型的イラショナルビリーフだよね

友人を助けることのできない無力感はわかりみが深い

2018-07-13

anond:20180713093656

ありがとうございます

本当に痩せたいのなら食生活見直してください。

事情は分かります職場食事もどうにかしてください。

朝もバランスよくしてください。夜は控えめにしてください。

コンビニで物を買わないでください。運動はアレコレやるくらいならウォーキングだけにしてください。

正直ビリーブートキャンプでもやった方がマシです。

朝食はどうしたら良いと思いますか?

ウォーキングして、1万歩以上……1万5千歩ほど歩けという事でしょうか?

anond:20180713090405

お疲れ様。厳しいこと言うけどごめんなさい。

まず、この結果は酷いです。あすけん入れていると思いますが、三大栄養素バランスが悪いのではないでしょうか?

具体的に言えば炭水化物が多すぎだと思います糖質制限馬鹿のやることですが、いくらでも食べていいものでもありません。

安くて腹持ちがいいので重宝しますが、ここは是非ご飯の量を減らしてみてください。具体的に言えば、ごはんをよそう時には重さを測ってください。量についてはあすけんで分かります。間違ってもサラダチキンばっか食べるとかしないでください。あんなのは体脂肪率10%近くになってやることです。デブがやっても効果0

あと、毎日書かれている食事運動から見ても、この停滞は異常です。書かれている数字グラフしましたが、水分レベルの推移しかしていません。11日間も歩いて運動しているのに。

生活強度が極端に低いのではないでしょうか?以前、1800kcalと消費カロリー書かれていたので、生活強度中で考えていましたが、もしかしてほとんど動かないのでは?そうなると、たとえ1800kcalでもその差200なので痩せはしません

本当に痩せたいのなら食生活見直してください。事情は分かります職場食事もどうにかしてください。朝もバランスよくしてください。夜は控えめにしてください。コンビニで物を買わないでください。運動はアレコレやるくらいならウォーキングだけにしてください。正直ビリーブートキャンプでもやった方がマシです

さすがに11日でこの変化の無さはオカシイです。適正体重近辺の動きです。早く見直さないと、ただただ無駄時間です。

2018-06-22

ドーンスタッ、ビリービン

スレーンジャ、ピー

チーパヒューウー

ローリロリローリウェー

ティトゥトゥトゥ、ティトゥトゥトゥ

ティトゥトゥトゥトゥ、ティトゥトゥトゥトゥ、ヴィーン

2018-03-04

anond:20180304134941

最初馬鹿らしい悪ノリの延長だったが少なくとも流行ってからビリー兄貴リスペクトされてたと思うが

じゃないと本人来たりしないでしょ

ホモなんだけど、保毛田なんかより、昔から何度もお世話になってたビリーリントンバカにされてたことの方が悲しかったよ。

ビリー兄貴は歪みねぇ人でした

兄貴ことビリー・ヘリントンが亡くなられた。母親によれば交通事故とのことだ。

兄貴との出会いは当然ニコニコ動画釣りサムネに釣られて開けばマッチョな男同士のレスリングのような物が始まる。

「またこれか」と思うと同時に、なぜかそう聞こえてしま空耳コメントのせいで面白くなり次第に兄貴が出ている動画ばかり見るようになってしまった。

一番有名な木吉カズヤとのレスリング動画に続き鎌田吾作やいかりやビオランテとの絡み合いを見た。兄貴が出ている別のビデオも見た。そのビデオに出ていた他の男優が出ているビデオを見て…とレスリングシリーズにどんどんはまっていった。

ただ動画を見ているだけでは物足りなくなり自分も作ってみようとWindowsムービーメーカーMAD作ってみたりもした。今でもニコニコ動画に残っているが、素人が作った拙い編集で今なら見向きもされないだろう。それでもコメントが付いて嬉しかった。そこから動画編集にはまった。

人付き合いが苦手な典型的オタクニコ厨だったが、レスリングシリーズ(あとドナルド松岡修造エア本等)という共通話題で友人も出来た。使いやすい語録やたくさんのキャラクターが居る所など、昨今のアニメのノリに近かったんじゃないかと思う。

当時高校生だった自分社会人になったが、あの時学んだ動画編集技術知識が今でも仕事で役立っている。兄貴には感謝してもしきれない。

ホモビデオ男優バカにするなんて」と怒る人も居るだろう。日本動画サイト自分が出ているAVオモチャにされていると知ったら怒って当たり前だ。

しか兄貴はそんなケツの穴がキツイ男じゃない。日本での扱いを好意的に受け取り、イベントに出るために来日生放送に出たり自ら素材を提供したりと大人対応をしてくれた。ニコ厨運営の悪ふざけに乗ってくれるユーモア溢れる人だった。

イベントでの兄貴コール笑顔で答える姿やインタビューでの受け答えなど「妖精哲学の三信」を体現化したような姿に感動した。ネット創作された人物像そのものの「兄貴」がそこに居た。

レスリングシリーズが下火になってもtwitterMADファンアートに触れ、なぜか台湾イベントに呼ばれてそこでも大人気だったようだ。

そんな彼の急逝。嘘であって欲しいと思う。しかソース母親発言となれば信じざるをえない。本人のtwitterFacebookも止まっている。仕方ないねと諦めるためにこの増田を書いた。こんな時間まで起きてるだらしない男でいやぁサーセン…。

でも最後に言わせてくれ。ビリー兄貴、歪みねぇな!!!

ダイエットするためにビリーブートキャンプ始めたんだけど高速で蹴るやつと高速腹筋ムズすぎっしょ

つーかビリーリントン死んだのかよw

2017-12-31

ロレックスを買ったこ

ロレックス デイトジャスト41を手に入れた。

Ref. 126334G 正規店で買ったので税込み117.7万円。フルーテッド ベゼルにジュビリー ブレス文字盤に10ポインツ ダイヤモンド。美しい。文字盤はサンレイ ブルーダイアル、青に深みがある。実際身に着けるまで、こんなに素敵だとは思わなかった

キラキラしていてかっこいい。四〇代も半ばになるとキラキラしているものが魅力的に感じられるようになるのだ。この感覚、二〇代・三〇代の頃にはなかった。肉体の輝きが失われている分、外に求めるという心理状態なのかもしれない。

いずれにせよ、キラキラと輝いて魅力的である。姪っこにとられないようにせねば。

そういえば百万円を超えるモノを買うのは初めてである旅行代金でならあるが。

昨年の夏からずっとデイデイト40を買おうと準備していたのだが、諸事情を勘案してデイトジャストに落ち着いた。いま腕に着けているものを見るに、もしかしたらデイデイトよりもかっこ良いのではないかとすら思える。デイデイトの前にこれを買えて良かったのではないか

ホワイトゴールドステンレススチールで使い勝手が良い。仕事でも普通に着けていられる。たしかに、ゴールドロレックスは使い時が難しいかなと考えるようにもなっていた。

DJ41を買おうと決めたときはバーインデックスのものをと考えていた。ところが買う直前になって、同じ買うのなら高く見える方を買いなさいというあるひとの言葉に背を押されてダイヤインデックスのものにした。結果としてとても良かった。ただし、暗がりでは時刻がわからない。夜光ではないのだ。価格の高い時計は存外時刻がわからない。いろいろと示唆的で面白い

腕時計とは身に付ける美術なのだなあと思う。見ていて飽きない。これはすごいことだ。

ロレックスの売り文句に、”Every rolex tells a story.” とあるロレックス時計を売るのではなく、人生を彩るストーリー提供しているのだという。この売り方、勉強になる。

腕時計とはもはや時刻を知る道具ではなく、ステータスシンボルなのだ。そういうものを売っているのだから価格問題にならない。学べることは多々ある。

それにしても41ミリサイズ感(大き過ぎたりしない)、ホワイトゴールドベゼルキラキラ感10ポインツダイヤモンドの輝き、すごく良い。つくづく買って良かった。

2016-12-01

メジャーリーグ史において最も重要な40人」について調べてみた

メジャーリーグ史において最も重要な40人」はアメリカの著名スポーツメディアスポーティングニュース」が先日発表して話題となったもの。ソースはこちら。

The 40 most important people in baseball history, ranked | MLB | Sporting News

ここで挙げられている40人について調べてみたんだけど、筆者はMLBにそこまで詳しいわけではないので、何か誤認・誤訳があったらごめんな。

1位 ベーブ・ルース(1895-1948)

MLB史上最大のスター。驚異的なペースでホームランを放ち、MLBの野球を「ライブボール時代」へと変えた。当時、ブラックソックス事件により信頼を失っていたMLBは、ルースの人気によって復活し、さらにはアメリカ最大のスポーツにまでなった。

2位 ジャッキー・ロビンソン(1919-1972)

近代MLBにおける初の黒人選手。ニグロリーグで活躍した後、1947年ドジャースでMLBデビューして、MLBの「カラーライン」を打ち破った。またMLBの初代新人王でもある。

3位 ケネソー・マウンテンランディス(1866-1944)

1920年ブラックソックス事件の収拾を図るために、強大な権力を有するコミッショナー職が新設され、判事であったランディスが就任した。事件に関わった8人の選手は永久追放とされ、その厳格な対処がMLBの信頼回復に繋がったと考えられている。

4位 バン・ジョンソン(1865–1931)

1900年アメリカンリーグを創設し、現在まで続くMLBの2リーグ体制を作り上げた。審判に権力を与え、違反行為に厳しい罰則を課すことで、クリーンイメージを生むことに成功した。強権的な性格から、のちにランディスと対立して辞任した。

5位 ブランチリッキー(1881-1965)

カージナルスドジャースのGMを歴任し、MLBで初めて選手育成のためのファーム制度を整えた。また、ジャッキー・ロビンソンと契約して、黒人選手がMLBに参加する道筋を作った。

6位 マービン・ミラー(1917-2012)

1966年エコノミストとしての経験を買われてMLB選手会の代表に就任し、最低年俸の増額、選手年金の拡充、そしてFA制度の導入に貢献した。彼の在任期間中に選手の平均年俸は1.9万ドルから32.6万ドルにまで向上した。

7位 アルバートスポルディング(1850-1915)

スポーツ用品Spalding社を興し、ナ・リーグ創設にも関わった。初めて野球のルールブックを出版、ボール標準化に努めるなど、初期のMLBの発展に尽力した。野球選手としても超一流で、通算勝率のMLB最高記録を保持している。

8位 ウィリアム・ハルバート(1832-1882)

シカゴ・カブス(の前身)の社長であり、1876年のナショナルリーグ創設者の一人である。のちにナ・リーグの第二代会長に就任して公正かつ厳格な運営を行い、MLBの基盤を作り上げた。スポルディングとは盟友だった。

9位 ルーブ・フォスター(1878-1930)

黒人野球チームのスター選手であり、また球団オーナーとしても成功した。彼の呼びかけによって、1920年ニグロリーグが設立された。「ブラックベースボールの父」と呼ばれる。

10位 ヘンリーチャドウィック(1824-1908)

野球評論家・統計家で、「野球の父」とも呼ばれる。ボックススコアを考案して試合の記録を取り、「打率」などの指標を提唱した。またスポルディングのもとでガイドブックを刊行するなど文筆活動も盛んに行い、野球の普及に多大な貢献をした。

11位 バド・セリグ(1934-)

元はブルワーズオーナー。MLB選手会オーナーの対立が激化していく中で、1998年実質的には1992年)に第9代MLBコミッショナーに就任。リーグの再編、収益分配制度の導入、オンライン配信の開始などにより、就任前と比較して5倍以上とも言われる空前の収益をMLBにもたらした。

12位 ウォルターオマリー(1903-1979)

ドジャースオーナー。冷徹な経営者であり、1957年に球団をブルックリンからロサンゼルスへ移転させた。それによりアメリカ西海岸における野球ビジネスを開拓し、経済的には大成功を収めたが、ブルックリン住民からは深く恨まれた。

13位 ビル・ジェームス(1949-)

1977年から1988年まで刊行した「Baseball Abstract」を通じてセイバーメトリクスを提唱した。米国野球学会(SABR)のデータと統計の手法を用いて、RCやRFなどの様々な新しい指標を作り出した。

14位 フランク・ジョーブ(1925-2014)

1974年ドジャースの選手だったトミー・ジョンに、自らが考案した靭帯再建手術を施し、それを成功させた。この手術は「トミー・ジョン手術」として、いまでは広く施術されている。また、1990年には肩再建手術も成功させている。

15位 ハンク・アーロン(1934-)

ブレーブスで活躍し、ベーブ・ルースの記録を超える通算本塁打755本を放った。黒人のアーロンが白人のルースの記録を破ることには反発もあったが、彼はそれを乗り越えた。通算打点2297点は現在でもMLB記録である

16位 ルー・ゲーリッグ(1903-1941)

ヤンキースに所属し、当時の記録である2130試合連続出場を達成して「鉄の馬」と呼ばれた。しかし筋萎縮性側索硬化症に苦しみ引退、そして37歳の若さで亡くなった。背番号の「4」はMLBで初めて永久欠番となった。

17位 ドク・アダムス(1814–1899)

野球クラブのニッカーボッカーズや全米野球選手協会(NABBP)において、チームの人数や塁間の距離、一試合のイニング数、バウンドルールの撤廃など、基本的ルールの策定に貢献した。遊撃手ポジション創始者とも言われる。

(野球ルールの策定に関してはアレクサンダー・カートライトの名前がよく挙がるが、現在ではドク・アダムスを評価する声が多いようだ)

18位 バック・オニール(1911–2006)

ニグロリーグで活躍した後に、MLBで最初の黒人スカウトとなり、最初の黒人コーチとなった。ニグロリーグ野球博物館の設立や、ドキュメンタリーへの出演、多くのインタビューを通して、ニグロリーグへの関心を高めることに尽力した。

19位 ロベルト・クレメンテ(1934-1972)

MLBにおけるヒスパニック系選手の先駆けであり、中南米出身で初めてMLB殿堂入りした。慈善活動中の飛行機事故により38歳で亡くなり、そのため慈善活動に貢献した選手に贈られる賞にその名が冠されることになった。

20位 ジェームス・アンドリュース(1942-)

肩、肘、膝に関する整形外科医。1985年ロジャー・クレメンスに施術した関節鏡手術で脚光を浴び、以降もスポーツ医学の権威として数多くの選手の手術を担当している。

21位 ジョー・ジャクソン(1888-1951)

シューレス」の異名で知られるMLB初期の名選手。しかし、MLB最大の八百長事件であるブラックソックス事件に巻き込まれ、MLBから永久追放された。ファンは彼に同情的であり、いまなお悲運の選手として記憶されている。

22位 ピート・ローズ(1941-)

最多安打4256本や最多出場3562試合などのMLB記録を持つ「安打王」。しかし、引退後の1989年に野球賭博に関わっていたことが発覚し、MLBからは追放された。

23位 ウィリー・メイズ(1931-)

走攻守すべてに優れたMLB史上最高のオールラウンダーであり、当時MLBにおいて台頭しつつあった黒人選手の代表格でもあった。オールスター24回出場は最多タイであり、「オールスターはメイズのために作られた」と評された。

24位 コニーマック(1862-1956)

1901年アスレチックスの初代監督に就任すると、それから1950年まで指揮を取り続け、5度のワールドシリーズ制覇を成し遂げた。もちろん監督の就任期間としてはMLB史上最長である

25位 ハッピーチャンドラー(1898-1991)

上院議員ケンタッキー州知事、そして第二代MLBコミッショナーランディスが黒人参加に否定的だったのに対して、チャンドラー進歩的であり、1947年ドジャースおよびジャッキー・ロビンソンを支持し、その契約を承認した。

26位 オリバー・ウェンデル・ホームズジュニア(1841–1935)

連邦最高裁判所の名判事として著名。1922年、球団が選手の移籍を制限できる「保留制度」について、それが反トラスト法に該当しないとの判決を下した。これにより、現在までもMLBは反トラスト法適用免除の特例として扱われている。

27位 バーニー・ドレイファス(1865-1932)

1900年パイレーツオーナーとなった。その後のナ・リーグア・リーグの対立を調停し、「ワールドシリーズ」を提唱して1903年の初開催に尽力した。また1909年に、鉄筋コンクリート製の近代的な球場を建設したことでも知られる。

28位 アレクサンダー・クリーランド(?-?)

スコットランド出身のビジネスマン1934年、野球発祥の地であるクーパーズタウン(これはスポルディングが広めたデマであるが)に野球博物館を作ることを思いつき、そのアイディアアメリカ野球殿堂の元になった。クリーランド自身は野球に全く興味がなかった。

29位 テッド・ウィリアムズ(1918-2002)

レッドソックスで活躍し、MLB史上最高のバッターの一人とされる。最後の4割打者であり、通算出塁率.482はMLB記録である1970年に刊行された、自身の打撃理論を記した「The Science of Hitting」は、後の多くの打者に影響を与えた。

30位 デビッド・ネフト(1937-)

大学で統計を学び、1969年スポーツ百科事典「The Baseball Encyclopedia」を、1974年からは「Sports Encyclopedia: Baseball」を毎年刊行し、高い評価を得た。他にサッカーバスケットボール百科事典も編纂している。

31位 トニー・ラルーサ(1944-)

ジョン・マグローらと並んでMLB史上最高の名将とされる。ホワイトソックスアスレチックスカージナルスの監督を歴任し、ワールドシリーズを3度制した。データを駆使した細かな継投を得意とし、現代的な「クローザー」というポジションの確立に貢献した。

32位 レフティオドール(1897-1969)

MLBで首位打者を獲得するなど活躍し、引退後は監督となった。1934年に日本の野球チームと対戦したとき、相手チームに「ジャイアンツ」というニックネームを贈った。1949年に訪日した際にはチームを率いて全国巡業を行うなど、戦後日本に野球を広めるのに貢献した。

33位 ロイ・ホフヘインズ(1912–1982)

アストロズオーナー1965年世界初ドーム球場アストロドームを建設し、さらにドーム球場では天然芝が使えないために、人工芝アストロターフを開発した。人工芝70年代に流行し、その走りやすさからMLBの野球をスピーディなものに変えた。

34位 ロバート・ボウマン(1955-)

MLBのインターネット部門であるMLB Advanced Media社(MLBAM)のCEO。MLB.comを運営し、試合のオンライン配信や、チケットの販売などを開始したことで、巨額の利益を上げている。

35位 マーク・マグワイア(1963-)

1998年サミー・ソーサとの最多本塁打争いにより、1994年ストライキで低迷したMLBへの注目を取り戻した。最終的に70本塁打を放って当時の新記録を作ったが、2005年頃からステロイドの使用が確実視されるようになり、その名声は失墜した。

36位 カート・フラッド(1938-1997)

1969年カージナルスに所属していたフラッドはトレードを拒否し、マービン・ミラーと共に「保留条項は反トラスト法違反であり、トレードは無効である」との訴訟を起こした。裁判には敗れたが、この事件をきっかけにFA制度が導入された。

37位 野茂英雄(1968-)

日本での任意引退を経て、1995年にMLBのドジャースと契約した。30年以上前の村上雅則を除けば、MLBで長年に渡って活躍した初めての日本人選手であり、その後も続々とMLBに移籍する日本人選手たちの先駆けとなった。

38位 メリッサラットク(1951-)

1977年ワールドシリーズで、当時のMLBコミッショナーだったボウイキューンは、女性記者であることを理由にラットクの取材を許可しなかった。彼女は平等な取材を求めて訴訟を起こし、勝利した。これ以降、全てのチームが取材に制限を設けないようになった。

39位 ビル・ドーク(1891–1954)

1920年カージナルスの選手だった彼は、野球用品メーカーとして有名なローリングス社に、グラブの親指と人差指のあいだに「網」を貼るべきだと提案した。これにより現在の形の野球グラブが完成した。

40位 セオ・エプスタイン(1973-)

2002年レッドソックスのGMに史上最年少となる28歳で就任する。2004年のWS優勝で「バンビーノの呪い」を打ち破ると、2012年には新たにカブス球団社長となり、2016年のWS優勝で「ビリー・ゴートの呪い」までも打ち破ってみせた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん