「ヒステリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒステリーとは

2019-01-17

仮にポリコレが全世界から排除されたとしてさ

黒人在日外国人は二等市民 女は性奴隷みたいなSF的状況になったら

当事者はどうするんだろ

 

古代ローマギリシャならそれでも社会は回ってたけど

あくまで当時の非効率的労働奴隷制が好都合だからって理由

仮に奴隷戦争が起こっても

知識文明の利器が使いこなせなかったって背景がある

 

でも今の時代老いも若きも知能労働必須になっていくし

先進国サービス業主体経済だと少子高齢化は不可避だ

スマホPC簡単マイノリティ同市国超えてすら連携できるし

銃を使えば子供ですら筋骨隆々の男を撃ち殺せるわけだ

女が海外亡命すれば、少子化社会の存続自体ままならないし

外国人労働者が消えれば当然労働力も無くなって国力は衰退する

 

マジョリティ男サイドはどう考えても多勢に無勢な感じある

まあそんときヒステリーになって核弾頭カーンするかも知らんけどねw

2019-01-13

テレビは黙って見たい

しかけてくるなよ今テレビ見てんだようるせえよ!!!大事な話かと思えば、近所の噂話と新しく出来た店がどうのこうのって全く興味ねえよ!!!かにドラマくらい見させてよーいつも話してるしドラマ終わったら聞くしさあ。って言うとヒステリー起こしてめんどくさいかテレビ消すしかない。この時ばかりは離婚したい。

問1.死刑賛成、少年犯罪厳罰化賛成の男さんが

痴漢免罪話題になると途端に人権派弁護士に擦り寄り

免罪の可能性について考え出すこの行動を何と呼ぶか?

以下の選択肢から選べ

 

1.二枚舌

2.オタクヒステリー

3.チ〇コで考える感情論

2018-12-28

褒められるんじゃなくて愛されたい

表題から察せられる通り、私は人から褒められた経験こそあるものの、他人から愛された経験というのが激烈に乏しい。

友人も少ない、恋人ができたことなんて一度も無い。

正直に言って、これがかなり大きなコンプレックスになっている。

こういうことを言うと、親はあなたのこと愛して…などと言う人がいる。

かに現在、両親との関係は悪くは無いが、ただこれまでに全く問題が無かったかといえばそれは違う。

どこのご家庭でも大なり小なり多少の問題はあると思うが、うちの場合はまず、母親がかなり不安定な人だった。基本的には大人しい性格の人なのだが、ヒステリーを起こしやすい一面があった。母といえど他人なので彼女の正確な心の動きが分かる訳ではないのだが、ストレスが溜まりカッとなる、という感じだろうか。そうなると家の中にある物、大体は家具に当たっていた。明確に覚えている範囲では、子ども用の小さい椅子リビングの壁に投げつけていたことだろうか。これは今でも壁に傷が残っているので、子ども記憶違いではないはずだ。

あと、これは記憶がおぼろげだが、家の中で母が私を足蹴にしたこともあった。実を言うとこの辺は直接その時の記憶がある訳ではなく、よそのお母さんは子供を蹴らないという事実を知り、子どもながらに引け目を感じたとき記憶があるため、多分そうなのだろうという感じだ。

他にも色々、あるにはあるが、とりあえず子供時代の私は母を非常に恐れていた、ということだ。

これはあくまで昔の話であり、今の母は年の功なのか、かなり穏やかな人になっている。その為、現在私と母はそれなりに良好にやれている。

次に父親だが、一言でいえばかなり自己愛の強い人だ。

子どもの頃は、面白い良い父だと思っていたのだが、成長するにつれ彼の精神的な幼さが目に付くようになってしまった。詳細は省くが、言うなれば自分の子相手マウントを取りたがる親なのである

しかすると、この程度のことはごく普通ことなのかもしれない。経済的には、豊かとはいえないまでも不自由しなかったので、その点に関してはありがたいことだと思っている。傍から見れば、大人しい母に明るい父、中流階級程度の暮らし。恵まれている方なのかもしれない。

ただ当人の実感としては、あまり愛情を感じることが無かった。産み育てて貰っておいて言っていいことなのか分からないが。

二人とも子供に対する愛情が全く無いわけではないのだろう。ただ昔の母にはその余裕が無かったし、父は子供への愛情より自己愛が大きかったというだけの話だ。

メンタルヘルス系の書籍を読むと、精神的に満たされない事由の原因は親との関係に起因することが多いらしい。だからといってすべてを親のせいにして良い訳は無いが、まあ納得してしまう部分はある。

恋人ができたことがない、と冒頭で述べた。それ以上でもそれ以下でもないただの事実なのだが、そもそも私は恋愛に縁遠かった。

最近小学生でも彼氏彼女を作ったりするらしいが、私の世代だと、恋愛ごとに興味が出てくるのは大体中学生くらいだった気がする。そして私の中学時代は少しばかり悲惨だった。

私はまあ、生まれ持った顔立ちが可愛くない。ブスなのである。そこに人の言葉額面通り受け取ってしまう真面目さというか馬鹿さが加わってしまった。

中学では制服校則といったものに初めて触れたが、厳しめに作ってある校則部分的には破ることが前提で、先生方もそれを黙認しているようなものであった。

しかし真面目というか、もはや空気が読めない私はそれらをきっちりかっちり守ってしまっていた。髪の毛はおさげ一本結びで一房も出ることの無いよう、前髪は目にかからないよう七三、顔の横にも当然毛は垂らさない。ただでさえブスな顔をフルオープンにしていた。ついでに眉毛も整えたりなんてしなかったため、ボサボサの眉毛晒していた。

そして人から、主に男子からブス、キモいという誹りを受けるようになるのに時間はかからなかった。暴言は常に、一応女なので暴力こそほぼ無かったが、消しゴムをちぎったのを背中に投げられる、くらいはされたものだ。個人的には、私や私が触ったものを汚いもの扱いされるのが心に刺さった。(これに関しては小学生の時にも似たようなことをされた。「○○(苗字)菌」といって人をばい菌扱いして擦り付けあったりするやつ)

中学三年間男からはそんな扱いを受けていたため、結果として男子というのは得てしてそんなものなのかという認識根付いた。

私を馬鹿にしていたのは、何も男子だけではない。

一年生のうちから男子には中傷されるようになったわけだが、そんな中でどうしてか私に親しげに話しかけてくれる女の子がいた。一応、友達グループのようなものがあって、私もその中の一つに所属していたため女の子友達はいた。

だがその子は私のいるグループより遥か上のグループに居る、所謂クラスボスポジションの子だったのである。どうして私なんかに声をかけてくれるのか不思議ではあったが、当時は単純にそれを嬉しく感じていたのである。当たり前だが、それには裏というか、そう呼称するにすらふさわしくないアレがあったのだが。

中学入学当初、私は成績が恐ろしく振るわなかった。そのため親の方針により二年生前から塾通いを始め、成績を向上させることに成功した。だがここで、勉強を始めたことにより脳がよく働くようになったのか、あの女の子が考えていたことにも気付いてしまった。

要するに彼女は、話しかけられた私の反応を見て面白がり、それを同じグループの子と一緒になって嘲笑っていたのである

その後、私がその子と会話することは二度と無かったが、一度そうした悪意に気付いてしまうと、芋づるのように過去記憶が掘り起こされ、疑心暗鬼になるものだ。

失礼を承知で言うと、同じグループにいた友達のことを疑うことは無かった。私と同じグループとは、つまり「地味」なグループのことであり、仲間内で結託しなければ教室内での最低限の権利的なものが危うかったかである

私の中学時代は大半の男子と一部の女子に蔑まれていた生活だった。

それでも友達になってくれた当時の友人には心の底から感謝している。私が中学校に通えたのは彼女たちのおかげである中学卒業と同時にほとんど連絡を取らなくなってしまったが。

中学がそんな環境だったため、私が初めて恋愛ごとに触れたのは高校でのことになる。

中学時代ろくに部活動に励まなかった私は、高校とある文化部に入った。

そして、そこにいた同級生男の子を好きになった。

彼が特別に頭が良かったとかかっこよかったとか、そんなことは無かったように思える。ただ、男子は皆私をキモいもの扱いするのだと思っていた私にとって、何を蔑むこともなく接してくれる彼は特別に見えたのだ。わりと人生最大級に浮かれていた気がする。

だが、彼も所詮男子高校生だった。いや男子高生全てがそうな訳ではないのだろうが、かいつまんで言えば彼は、可愛い女の子コミュニケーションを取れることをステータスだと思っているタイプの男だったのである

この表現で伝わるかどうか分からないが、自分を正しくブスだと認識している私は当然ショックを受けた。彼が可愛い女の子に対してする態度と、私にする態度が同じでは無かったことにも気づいてしまった。

それから程なくして彼は、同じ部活の後輩(可愛い)と仲良くなる。この時点で部活を辞めてしまうなりすれば良かったのかもしれないが、駄目な方に真面目な私は三年間きっちり同じ部室に通い、好きな人と後輩のイチャイチャを見ていた。

勝手に舞い上がった私が完全に悪いのだが、このとき受けた傷はちょっと今でも治っていない。

同じくらいのタイミングで、高校生にもなるともう勉強を頑張るだけでは認められないことも悟ってしまった。

基本的に真面目な生徒だった私は、試験前に先生のところに質問に行ったりしていた。そうした勤勉さを先生は褒めてくれる。それは私にとって少なからず嬉しいことだった。だが、先生別にわたしのことを特別好きではないんだとも思うようになっていた。先生方が好きなのは、成績こそ上位ではないが、愛想がよくて人懐っこい生徒だ。用事が無ければ話しかけられない私と違って、何は無くとも寄ってきてくれるような子が好きなのだ

学校先生だって人間なのだから好きな人とそうでない人とがいて当然だ。

高校で気付くなんて遅すぎたくらいだ。

学校先生だけじゃない、むしろ世の中の人間の大半が私みたいなのじゃなく、懐っこい子が好きなんだろう。

そういう子は、だいたい彼氏がいて、友人も多くて、幸せそうにしてる子が多かった。

ここで私は、ようやく自分の求めているもの理解した。

勉強して、それで褒められたり、評価を得ることは出来る。

でも、それで人から好きだと思われることは無い。

から向けられる愛情は、お勉強いくら頑張っても手に入らないのだ。

そういうのは、(いかんせん愛された経験に乏しいので憶測だが、)可愛い容姿とか愛想とか機転とか、あるいは自分への自信とか、大体私が持ち得ないもので得られるものらしい。

色々ある中で、気遣い笑顔を忘れないでいられるというのは素晴らしいことなのだろう。

だがどうしても意地悪く考えてしまうのである

愛されている彼女たちは、はたして容姿を貶されたり善意だと思っていたものが実は真反対のものだったり、そんな経験をしてきたんだろうか。

精神的に安定した大人が築く家庭で育ったんじゃないだろうか。

少なくとも彼女たちの顔は、私より可愛く見えた。

自分が触ったものを人が触るときに、いちいち怯えたりするんだろうか。

高校で気付いたこ事実は、高校卒業してからもだいたい事実だった。

ついに真面目の殻を破れなかった私は、愛されないまま今日に至ってしまっている。

そして今日も私の周りには、愛されている可愛い女の子がいるのである

の子たちだってそれぞれに苦労したり、努力したりしてるなんてことは分かってる。

でも、私だって少なくとも人並みには辛い思いをしてきた。

勉強も、高校を出てから仕事も、頑張ってきた。

なのになんであの子たちは愛されてて、私は誰からも愛されないんだろう。

この先頑張っても、私が欲している愛情を得るのはああいう子たちなんだろう。

欲しいものが手に入らないのに、頑張る意味ってなんなんだろう。

私が悪いのかな。私の出来が悪いから。真面目なばかりで空気が読めないからなのかな。

少しずつ、お洒落も化粧も覚えてきた。少なくとも中学の時よりはましだ。それでも私が誰かに愛されることは未だ無い。

ひたむきに頑張っていればいつかは手に入るのかな。

いつかっていつだろうな。

愛されないのに何で生きてるんだろう。

2018-12-23

親と話すとパニック発作が起きますが、実家に帰らされることになりました。

 タイトルが全てです。

 今の私には上手い対処法が思い浮かばないので、

おとなしく従おうと思います

以下はただの感情を宥めるための吐き出しです。

疲れて頭が回らないので推敲などはしていません。

再読すらしていない書きっぱなしなので読みづらいです。

わざわざ読んで時間無駄にすることはありません。

キチガイ勘違い被害妄想がたくさん含まれているので真に受けないでください。

1.経過

 幼少期から両親に苦手意識があり、情緒不安定子供でした。

理由不明です。

強いて言うなら、母は精神疾患持ちでヒステリックであり、

父は素面とき過保護なだけの良い父親でしたが、酒を飲むと意味もなく独り言暴言を吐き、大きな音を立てて扉を閉めるような人でした。

また、私は発達障害者なので、私のコミュニケーション能力などに原因があったのかもしれません。

(※発達障害の診断自体は成人後に受けました。

 (ADHDASD協調性運動障害

 しかし、小学生の頃には担任発達障害を疑われていたので、当時から難有りの子供だったのだと思います

変わったところはある家庭ですが、毒親とか虐待とかまではいかない微妙ラインだと自己認識しています

(※母に、子供日本語が通じなくて怖いから幼少期はネグレクトしていたと近年告白されましたが、単にほったらかして一人で遊ばせていた程度のことだと捉えています

 そもそもそれを私に告白してどうしたいのでしょうか。

 私の世話は父が主にしていたようなうっすらとした記憶はあります

 n年前、就職と同時に上京し、一人暮らしを始めました。

(※家族親戚一同から地元就職を暗に望まれていましたが、運良く東京配属に滑り込めました。)

就職直後は実家から解放された喜びもあり、調子が良かったのですが(躁転なので本当は良くない)、

生来不安性や情緒不安定さ、発達障害などのためか、次第に生活業務に困難を抱えるようになりました。

発達障害者社会適応、正直無理ゲーじゃない?)

一時期、プレッシャーの大きく、長時間労働を伴う業務に付いたこともあり、

それがとどめとなってか、

結果として最終的には重度の鬱状態に陥りました。

 診断は双極性障害の2型です。

現在の症状は典型的鬱状態のため、詳細な説明は省きます

なお、躁鬱の自覚症状自体はは高校生の頃にはあり、

ちょうど入社直後に大きく躁転したことを切欠に、

上手くコントロールできなくなりました。

 復職と失敗を繰り返した結果、

現在会社の方から1年以上の長期の休職命令がおりたところです。

 休職となると私が東京に留まる理由もなく、

しろ経済的に厳しくなるため、

帰省余儀なくされているところです。

(父がそういうふうに展開を誘導したことは否めません)

2.実家の現状

 現在実家の状況は、あまり芳しくありません。

 私が上京する少し前に、母は精神疾患により長期の入院となりました。

なお、この時に初めて私は母が学生時代から精神を患っており、独身時代入院歴もあったことを知りました。

それまではずっと、母に癇癪を起こさせるのは私がキチガイからなのだと信じていました。

母はその後入退院を繰り返し、今は入院中です。

(※母の疾患に関する詳細は省きます

 父は、平時は非常に優秀且つ良き父親でしたが、先述した様に、些か酒癖が悪いです。

般若面のような顔をして暴言を吐く父と二人で食事をするのは、正直少ししんどかったです。

また、無自覚ながらも高圧的なところが有りました。

彼の過保護さは抑圧と表裏一体でした。

部活で帰りが遅くなったからって、酔った父から数分間暴力を受けたこともありましたが、いつ思い出してもちょっとよく意味が分かりません)

そもそも何故か私は部活自体が禁じられていましたが、流れとゴリ押しで入部しました。部活動はとても楽しかったです)

 我が家では、父>母>私という明確なヒエラルキーがありました。

(遅くなりましたが、私は一人っ子です)

ただし、ストレスの発散方向は、

父→母→私で固定されていたので、

直接父からストレスの発散としての不機嫌さを向けられたことは少ないです。

もっとも、父の不機嫌さを受けることにより母のヒステリー悪化したため、

そのヒステリーを受ける私の精神ダメージは結局増大するのですが。

 また、父はもともと精神疾患者を迷惑がり、下に見ているところがありました。

休職中の同僚に対する悪態を聞いたことがあります

(なんで母と結婚したんだ?)

父は入退院を繰り返す母にあからさまにうんざりしており、

私が帰省したとき、父は明らかに母に精神DVを振るっていました。

正直ドン引きしましたが、当時の私にはそれを真剣諌める元気はなく、

少し口出しはしましたが、ほぼ見て見ぬフリをしました。

そもそも、あの人たちと真面目に会話しようとすると、平静を保っていられなくて怖くて、迂闊に行動できませんでした。

 この頃にはもう、彼らの顔を見たり声を聞くだけでつらく、真顔を取り繕うのも厳しかったです)

現在も母の病状は芳しくなく、父の酒癖やDVもそのままだと思います

 余談ですが、入社直後に大きく躁転したのは、

入社直前に起きた母の入院に伴う様々なトラブルに起因する、過去最悪の鬱転の反動です。

あの三ヶ月間の私は、道を歩いているだけで唐突に泣き出すような奇人でした。

(発生していたトラブルの詳細は省きます。思い出したくない)

3.懸念事項

 下記は、私が戻らなければならないことを前提として記します。

もっとも、父がそういうあらすじを書いた以上、ヒエラルキー下位の私は逆らえないのですが。

 まず、精神疾患者を下に見ており、なおかつ精神疾患者にうんざりしている父の元に精神疾患者の私が戻ることで、

父の不機嫌さがさら悪化する恐れがあります

父は私には甘いのですが、それでもいずれ我慢限界は来るでしょう。

 次に、母の入院によって、父のストレスの発散先が私になる可能性があります

正直この数年の母の精神疾患は、母のストレスの発散先である私の不在に加え、父からDVによって悪化しているのではないかと私は考えております

しかし、私が実家に戻ることで、おそらく日常の細やかなストレス解消は私の役割となるでしょう。

一々病院に行くより近いですから

ただでさえ日常生活も厳しいような状態の私が、父のストレス発散対象に選ばれることでどうなるのか、考えたくもありません。

療養は諦めて、修行と思って己を鍛えて克服するしかないでしょう。

再び家を出るにはなんとしてでも私の精神疾患を治さなくてはいけないため、

無理してでも治ってしまったら雨降って地固まるですね。

 3つ目に、母と日常的に接触しなければならないことが挙げられます

私は主に母のストレス解消の役割を担っていたため、父よりも母と接触するほうが情緒不安定になりやすいです。

また、私は自分を母と似たような人間であると考えているため、母を見ていると私を見ているようで非常におぞましい気持ちになり、自己嫌悪で居た堪れなくなります

父と会う場合にはその場はとりあえず我慢して、その後自室やトイレなどに籠もってから涙を流して受け流しますが、

母と会う場合にはそこまでの我慢もできず、その場で発作を起こしてしまうこともありました。

(なんで理由もないのに涙が止まらなくなるんでしょうか。正直、止めたくても止まってくれなくて非常に不便です)

 あとなんか他にも色々あった気がするけど忘れました。

雑多なところで言えば

・今の主治医とかかりつけ薬局を信頼しているため、転院に不安がある

地元気候身体に合わない。

地元友達が(東京より)少ない

そもそも東京のほうが圧倒的に住みやす

などがあります

全体的に、今の私には言う権利もないような我儘ばかりですね。

外出も覚束ない状態ではあまり関係のない話でした。

ここまで書き殴ったら少し気分が晴れました。

問題は何も解決していません。

 先程、父と2時間くらい会話した結果、

5時間くらい泣いたり過呼吸したりを繰り返して収集がつかなかったので、

文章に吐き出せて良かったです。

そもそも書き殴りなので文章の体を成していない)

肉体は疲れ果てました。

 パニック発作がここまで悪化してるとは思わなかったので、今までこの症状に関して主治医相談したことはありません。

流石にこの状態では色々と怖いので、主治医頓服精神安定剤など服用できないか聞いてみたいと思います

主治医には実家に帰ること自体、避けたほうが懸命だと言われましたが……。

お金がないのは仕方がない。

治療する気があるのかって叱られても文句は言えない。

 カウンセリングとかで解決しないかな、と思って提案してみましたが、

カウンセリングできる病状ではない

・傷を掘り起こすことで悪化する

のでやんわりと断られました。詰んでる。

 実は以前に2回、父との通話中に我慢できずに泣いたことがありますが、

父は、私が父を恋しくて泣いてると勘違いしてくれたので丸く納まりました。

私は父が怖いです。

 しばらく前に、母の蔵書の目立つところに

『「子供を殺してください」 という親たち』

が置かれていましたが、これが母によるなにかの意思表示、嫌味でないことを願うばかりです。

 余談ですが、この話の最大の被害者は父です。

本人が身体障害手帳持ち)というハンデを背負っている上に、

妻は精神障害者(手帳持ち)、

娘もどうなるか分からないと言うこの状況は流石に申し訳ないです。

私の将来の夢は、

私が責任を持って両親の介護をして、

解放されたあとはできる限り人に迷惑をかけないように一人で老い死ぬことでしたが、

それも果たせそうにありません。

(ここで書かなくても良い父の身体のことを書くのは、

本人に気づかれない程度のちょっとした嫌がらせです)

 最後に。

上京してから色々なことがありましたが、

基本的地元にいた頃よりもずっと良い事ばかりでした。

初めて生活が少し楽しくなりました。

初めて泣かない日ができました。

挨拶をしてもしなくてもランダム罵倒されることがないのは、とても快適でした。

残業帰りに近所のコンビニで買って歩きながら齧ったカロリーメイトも、美味しかったです。

東京趣味に関するショップイベントコミュニティ豊富だし、

社会に馴染めない変わり者にも寛容なコミュニティが多く、居心地が良かったです。

私の様子を見ておすすめ心療内科をこっそり教えてくれるような友人、地元で巡り合うのは難しかったでしょう。

もしも今地元で、あるいは実家で息苦しい人がいて、万が一この部分だけでも読むことがあったら、

家を出る、都会に出るという選択肢があることに気づいてほしいです。

手遅れになってからでは遅いので、一刻も早く決断してください。

都会、楽しいです。

実家の外は、安心できます

 主旨も何もないメチャクチャ駄文を吐いてしまって申し訳ありません。

以上、乱文失礼いたしました。

(これで文章を締める癖が抜けないちょっと昔のオタク

追記(1223-1910)

はてなに長文を書くのは初めてなので常連ではないです。

誤解を産んでしまったならごめんなさい。

証明する方法がないのですが、黙っておくのも申し訳ないので、一応宣言だけしておきます

強いて言うなら、私はAセクかつ性嫌悪なので、

彼氏旦那がどうこうと言う文章をかけるような想像力はありません。

というか想像すると気持ち悪くて無理。

なお、生活保護の方向も検討しましたが、父をどう言いくるめるか考えて諦めました。

アドバイスいただきありがとうございます

2018-12-14

anond:20181214174534

実際タバコがほぼ終了したら

ヒステリーの行き場をなくした人たちが次の獲物にすると思うけどねえ

2018-12-04

anond:20181204171123

帰ってくるまでに片付けておかないと産後ヒステリーでブチ切れられるから気を付けろよ

産前産後のことは女はしぶとく覚えてて何年たっても根に持たれて熟年離婚になったりするから

逆に言えばこの時期優しくしてれば後々楽

2018-11-20

anond:20181120161426

小学校教師って完全にキチガイ集団から

女性ヒステリー男性は高圧的

教室権力を振るうことを覚えるとそうなるのかな

2018-11-15

anond:20181115085831

まーたネトウヨヒステリーが始まってしまったのか

「(諸外国比較して)この国はおかしい」なんて誰も言ってないしそういう文面でもないじゃん

これだけ日本語の読み書きが出来ない馬鹿というだけでもかわいそうだが、被害妄想も併発してるのが哀れみをさそう

2018-11-11

荷物勝手に捨てられる。

タイトルママ。部屋に置いてある荷物勝手潔癖症の叔母に捨てられている。

叔母と言っても、色々な事情があり、私からしたら母親のような存在だ。

私の部屋はいわゆる「汚部屋」で、ドアを開けるとドアからクローゼットまでは獣道のようになっている。

床には大量のショップ袋やら鞄やら段ボールやら。中身が空のものは基本なく、それらの中にはまたCDだとか本だとか、整理するのが面倒で「とりあえず」その中へ保管している。

で、そういったものを叔母は私がいない時を狙い勝手に捨てていく。

見るからゴミだと分かるものならいい。しかしそれが自分の気に入っている服だったり、友人からプレゼントなど、叔母の好みでないものを捨てていくからタチが悪い。

綺麗にしたら勝手に捨てない、と言われ綺麗にしてみる。しかし、叔母の言う「綺麗」と自分の「綺麗」が違いすぎて、結局捨てられる。

プレゼントを除けば、全て私が給料で買ったものだ。綺麗にしてもしていなくても捨てられる。片付けに対するモチベーションが全くわかない。

叔母はものを捨てる時、私の部屋にあるゴミ袋にぽいぽい放り投げているのだが、最近はそれだと私がゴミを回収し元の場所へ戻してしまうからと、わざわざ台所ゴミ箱に捨てている。

もうどうしていいのか分からず、さっき部屋に置いているゴミ袋を床にぶちまけた。叔母はまたこれを広い集めるのだろうか。ずっとそうしていてほしい。

学生の頃は勝手に捨てられることはなかった。社会人になり、数年経っていきなりこんなことが起きた。最近になって著しく汚くなったわけではない。また昔からゴミが部屋から溢れ出て他の部屋を侵食する、といったこともない。

のものを、勝手に捨てていく。

私をバラバラにして、その一部を捨てていく行為しか見えない。

捨てられているのは、私だ。

なんかもう、そんな勝手に捨てるのなら、その代わりに自分宗教活動(よくネットで叩かれている某宗教法人だ)に自分を巻き込むなと言いたい。ヒステリー起こされて終わりかな。ウケぴよ。

2018-11-09

anond:20181109175257

アドバイスありがとう

女の上司から、きっと急にマスクしだしても機嫌を損ねるんだよ…私が病気を撒き散らしてるアピールなの!?みたいなヒステリー起こすタイプ

終業までの一時間地獄だった

2018-11-08

anond:20181108160445

三島も『普通』では無いよ(笑)

今ならポリコレ批判を受けるだろうが、当時、青島幸男が「おかまヒステリー」と言ったのも解らなくも無い

特に人並み外れた美意識があるような人はもう「普通」ではないんだと思う。

2018-11-06

おまえら無能いくらヒステリーを起こしても何も変わらない

無力な虫ケラが今日愚痴を言って「ガス抜き」して終わり。

明日奴隷として生きるの?嫌ならさっさと3億円稼いじゃおうよwww

ヒステリーを起こすバカは、利害関係を調整できない能無し

自分感情コントロールできない人間は、他人とぶつかり合って不幸になるね。

2018-11-04

anond:20181104025101

そうだね。ネット見てると男性リテラシーの低さ、知識の薄さ、文を書かせればヒステリーの起こしやすさ、どこ見てもダメなやつしか育成できてないもんね。

一生ママにぶらさがってエロ抱き枕買ってもらえ。

anond:20181104025036

実際自分が女で男にこびたくないからですがなにか。男のヒステリーは男だけでやれ。

2018-11-01

今日告白されて

知り合って3ヶ月くらい経つ男友達を振ったんですけど、なんでって聞かれて、私は彼に「君とは友達でいたいから」って答えまして。

でも実は、全部嘘です。

彼を振った本当の理由は、こちらのメンタル不安定ヒステリーがでやすくて、今日ストレス過多のために一人で部屋で泣き叫んで発狂していた、それくらい地雷の女だからです。

いつだったか彼に「貴女は穏やかで優しいね」と言ってもらえたのですが、正直それは線の向こう側にいるからそう見えるだけで、実際はよく部屋で泣いていて、キレながら頭を抱えながら絶叫してるんです。もういやだ、もういやだ、と。

友達が少ないのも、こんな自分の頭のおかしさに人を巻き込みたくなくて距離を置いてたら、親しい人が全然できなくなっちゃっただけなんです。

私は相手と会話してるふりして「自分の中にいる相手の像」とやりとりするタイプの最悪な女なので、相手がかわいそうな目にあってしまうのです。

などと、本当の理由告白できるほど、私の心は強くありませんでした。

から振られる時に言われる言葉No1みたいな「友達でいたいから」で濁しちゃったのです。

すいませんでした。

いやでも、むしろ地雷の方から避けたんだからちょっと感謝してほしいかもしれません。

いや、これも嘘です。さすがに傲慢ですね。

告白してくれたのは嬉しかったけど私じゃ幸せにできないので、私じゃないところで幸せになってくれ〜って思います

しかしたら一生独りかもしれなくてすごく寂しいけど、誰かの精神を酷い目にあわせるよりは100倍くらいましでしょう。たぶん。

2018-10-29

anond:20181029172757

フェミニストがこういう男に戦いを挑んだとしても、まず負けると思う。

ノンポリの同年代男女を巻き込んで味方にして、敵に負け組ヒステリー哀れ(笑)みたいなレッテル貼って、

集団で潰す雰囲気に持ってくのがあまりにも上手いんだよ。いじめの手練れ。

この巻き込んで扇動する力が営業にも発揮されてて、成績いいし出世もしそうなんだよ。勝てない。

2018-10-27

207号室の住人

今住んでるアパートの隣人について。

俺は社会人3年目で、会社の近くのアパートに住んでる。地方単身者向けアパート家賃5万の1K。レ○パレスじゃないが、壁がちょっと薄い。

はじめの隣人は見た目40代おっさんで、部屋の間取り上多分壁を挟んでお互いのベッドがあるせいか時々いびきがうるさかった。

それはまあいいんだが、2週間に3回ぐらいのペースで深夜にいきなり「ううーっ!!うぉぉー!!!おらっ!!」みたいな何かにキレてる大声をあげたと思ったら「うわーん!!!わーんわーん!!」って泣き出すんだ。

いいおっさんが何だ…大丈夫かよ…病んでるのか?と引いてたら半年ぐらいで引っ越していった。

それから数ヶ月後、つぎの隣人は俺と同じ〜ちょい上ぐらいの歳に見える男。彼女がほぼ毎日まりに来てて案の定イチャイチャがうるさい。

それもまあいいんだが、3日に2回ぐらいのペースで深夜に大喧嘩をする。

喧嘩の内容も丸聞こえなんだけど、死ぬほどどうでもよくってLINE既読無視したとか付き合いでキャバクラに行ったとか…

だってぇ〜〜うわぁ〜〜〜ん」

みたいに泣けば済むと思ってる甘ったれた泣き方したかと思えば

「おまえのせいやんけ!おらっ!!なんか言うてみぃ!!」

みたいにキレまくる方言が安定してないヒステリー女と、

あはは!?!ごめんね!?!?」(ドスンガタンという音)

とか異常なテンションで何かキメてるとしか思えない男。

大家には連絡したし(数日は静かだったけど特になにも変わらなかった)警察に言うか…?とか思ってたら、女が出ていったらしく平穏が訪れた。

スッキリしてたら、また女と半同棲を始め…

今度は5日に2回ぐらいのペースで深夜に大喧嘩

これは男がダメなやつだろうなと思いつつ、面倒なのでできるだけ隣の声が聞こえないように模様替えをして放置してた。

それからアパートの外壁工事で1ヶ月ぐらい足場やシートで覆われてて外からベランダが見えなかったのと、仕事が忙しくて帰って寝るだけ生活で隣に全く注意を払ってなかったんだけど、

足場が撤去されて今朝アパートの裏を歩いてたときにふと隣のベランダを見たら物干し竿もカーテンもなくなってて、多分2人とも引っ越していた。

鬱陶しい隣人だったけど、秋の冷たい空気のせいか寂しさのようなものを感じてしまった。

別れたのか、もっと広い部屋に移ったのか知らないが、次はうまくやれよ。

次の隣人はどんな人だろう。

2018-10-22

anond:20181021212341

就活でも恋愛でもその他の営業活動でも要求される一般常識としての身だしなみの最低水準を表す用語だろ。

ヒステリーによる言葉狩りはもういらん。

てかホント釣りじゃなくて成人でまだこれ言ってる人がいたら、ほんと朝起きた時点でクサくて大変なんだろなって思う。

anond:20181021093430

現代美術理解してることと頭の良さは関係ないんだけど、なんでこういう人が多いんだろうね。



一般人印象派以前の藝術も理解できないんだけど、あれらはまだ大衆的な要素を内在してるから、そっちだけを受け取ることはできる。

言ってることがよくわからない。理解っていうのは神話とかの寓意性のことかな?それとも絵画史の流れや歴史的な背景とかかな?研究者でもなければ解説で補えばいいんじゃないかな。


>それまで大衆的な要素+芸術的な要素だった美術絵画(彫刻)が、現代アートへと移行する時に大衆的な要素を切り捨てたのね。より純粋な藝術に進化するために。

さらによくわからない。コンセプチュアルアートミニマルアート派生してきたことについて言っているのかな。現代美術はどちらかというと、大衆的な美意識を取り込んできた歴史だと思うんだけどな。


>だから、それまで大衆部分だけを受け取って喜んでた一般人は急にわからなくなりヒステリーを起こした。

>だけど、藝術理解者は印象派以前にも藝術部分しか見てないか一般人が何を騒いでるのかわからない。

もっとからない…。歴史的に見ても、新しい表現表現がでてきて反発するのはまず芸術家というか、君の言う「藝術理解者」そのものなんだよね。



一般の人って、工芸品の凄いやつが現代アートになるとか勘違いしがちだけど(オタクアート論もその変奏)、全く質の違うもの

工芸品って、部屋をひすたらゴミひとつなく綺麗に掃除するようなものクリエイティブじゃない。

日本エリート(東大京大文系理系とか)って教養がない極東田舎者からクリエイティブ理解できない。すぐに「工芸品」を持ち上げる。怖いんだろう。自分理解できない藝術が。佐藤可士和デザインですら大多数は理解できないんだものあん教科書的なものですら。

うーん、話がごちゃごちゃだね。工芸品も現代アートになるよ。オタクアート論は関係ないよ。工芸ももちろんクリエイティブだし、掃除とは関係ないよ。

ただ、役所的なところで工芸というかテクニック重視のものが持ち上げられるのは仕方ないね、わかりやすいし理解も得られやすいからね。

佐藤可士和デザインは受け入れられていると言えるでしょう。個人的に残念だったのはザハかな。


>とにかくアジアって文化後進国なのね。トップ日本ですらこうなのだから東京"国立"博物館デュシャン日本美術脈絡なく展示してホルホルしてるレベルもの

アジア文化後進国と見なすような西洋中心的な視点から脱却しよう、というのがまさに今の現代美術のメイントピックの一つだと思うんだけど、大丈夫


>まず日本に生まれた時点で、現代アート理解するには圧倒的に不利。

それはそのとおりなんだけど、「アメリカに生まれた時点で萌えアニメ理解するのは圧倒的に不利」と言ってるのと同じなんだよね。それはそうでしょう。


アートって歴史上一度も大衆相手にしてないので。

>昔は王侯貴族宗教的権威で、今は超金持ち美術批評家

? 例えば聖人の像なんかは大衆啓蒙用だよね。想定してる歴史範囲が狭すぎるのかな。


民主主義恩恵で、一般人美術館で億の作品を数百円で見れるようになっただけで泣いて喜ぶべき。

? 民主主義関係なさすぎて泣いた。


>そしてあれは、将来のお客さんとアーティスト入り口としてやってるの。1000人に1人、将来アートに貢献する人材いるかもしれないと信じて。

そんなこと考えてる人いないと思うなあ。


金持ちにもアーティストにもなれない一般人はまあ、おこぼれで"文化的"コスプレしてインスタグラムでもやればいいんだと思うよ。

おこぼれ?文化的?の意味がわからないけど、コスプレいいよね。



アート勉強し始めの高校生とかかなあ。頑張ってね。

2018-10-21

一般の人はねぎだく絶対理解できない。

実を言うと、一般人つゆだく以前の牛丼理解できないんだけど、あれらはまだ肉的な要素を内在してるから、そっちだけを受け取ることはできる。

それまで肉的な要素+つゆ的な要素だった牛丼が、ねぎだくへと移行する時に肉的な要素を切り捨てたのね。より純粋牛丼進化するために。

から、それまで肉部分だけを食べて喜んでた一般人は急にわからなくなりヒステリーを起こした。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

まず日本に生まれた時点で、牛丼を食べるには圧倒的に有利。

吉野家恩恵で、一般人牛丼を150円引きで食べられるようになっただけで泣いて喜ぶべき。

金持ちにもアーティストにもなれないお前らド素人はまあ、牛鮭定食でも食ってなさいってこった。

anond:20181021093430

https://dic.nicovideo.jp/a/%E5%90%89%E9%87%8E%E5%AE%B6%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%9A

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん