「ヒステリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヒステリーとは

2018-02-18

痴漢と、ヒステリー男と、ヒステリー女ども、

おまえら全員、存在自体が丸ごと迷惑から

まとめて時空の狭間にでも、消滅してくれよ。

そうすりゃ混雑も解消されるし良い感じだ。

2018-02-17

https://anond.hatelabo.jp/20180217103357

ヒステリー隔離をすることでそれ以外の全員が安寧を得られる施策を「ヒステリー以外の全員に対する差別だ」って言われてもあんまり納得できない。

男のヒステリーも同じように隔離してほしいとは思うが。

櫻井よし子はヒステリーネット極右。以前韓国ドラマをやってるフジテレビは「韓国電波ジャックされてる」と大騒ぎ。

櫻井よし子はヒステリーネット極右。以前韓国ドラマをやってるフジテレビは「韓国電波ジャックされてる」と大騒ぎ。

2018-02-14

anond:20180214022633

空間把握能力が劣っている≠馬鹿

空間把握能力が劣っていることを認めない=馬鹿

男なのに子どもを産む能力がないことを認めない=馬鹿

男は陰キャ傾向が強くサイコパス犯罪者が多い傾向にあることを認めない=馬鹿

女はきれいごとを並べても結局マッチョしか股を開かないのを認めない=馬鹿

生物学的な差異を語ると女性差別男性差別ヒステリーを起こす=馬鹿

ポリコレ馬鹿

和製フェミニズム=クソ馬鹿

女性専用車両うんこ運搬車

2018-02-13

みんな領土問題なんて分かった気になってるだけ

どうして尖閣諸島日本領土と言えるのか。どうして竹島日本領土と言えるのか。

実は誰もが「だって日本政府がそう言ってるから」としか答えられないのではないか

本当にみんな、領土問題を分かっているのか。

政治に疑問を持つことができても、領土問題日本の主張の正統性に疑問を持つことができない。

だって日本人から」という単純な理由で、日本領土であるという日本政府の主張を疑いもなく受け入れ、加勢してしまう。

そういう人たちは、同じ構造相手の国でも起きていることに思いが至らず、相手領有権を主張するとヒステリーを起こしてしまう。

向こうだって、「韓国人から竹島韓国のものだと疑わないし、尖閣も「中国人から中国のものと疑わない。

そして中国でも韓国でもない第三国からすれば、日本とてどっちもどっちなのである

2018-02-11

女になりたくなかった

幼少期に女嫌いをこじらせすぎた。

原因は母親ヒステリー

毎日夫婦喧嘩は絶えず、家ん中じゃ麦茶が飛んで皿が割れた。

喧嘩の発端は、毎回、母親が突然に不機嫌になる事だ。

母は人付き合いが壊滅的に苦手だったが、父の仕事関係で、妻として表に出る事が多かった。

その中で生まれネガティブ感情が、大体二週間ぐらいかけて『そもそも結婚なんかしなけりゃ』という不満に発酵し、その後は『超不機嫌モード』に移行する。

そんな母の態度に、生来短気な父の堪忍袋の緒が切れると、家の中で怪獣大戦争が勃発するという仕組みだった。



──と気付いたのは大人になってからで、幼い私は兄と抱き合って震えながら、『うちのおかあさんは何故急に怒ったり不機嫌になったりするのだろう』と考えていた。

喧嘩が終わった後、私たちはよくベソをかきながら父に聞いた。『なんで母さん、ああなの』と。『気に入らないことがあるなら、言葉で言えばいいのに』と。すると父はこう返した。

『母さんは女だから。女の人は男の人と違って理論的じゃないから、よくわからないところで感情的になるんだ』と。

私は兄と一緒にふんふんと聞きながら思った。

『そうか、女だからか。女ってクソだな。』

健全な性の道を踏み外し出す、記念すべき第一歩だった。



第二ステージ

母親を疎み、兄や父と主に過ごしてきた私の読書習慣が、歪んだ固定観念をより強固なものとするに至った。

少年マンガの購読である

(先に断っておくが、私は少年マンガ糾弾する気は一切ない。ただ事実ありのままに書き記していくだけである。そして私はありとあらゆるジャンル漫画が大好きだ。)



兄弟と育った私は、コロコロを読み、ジャンプを読んで育った。父のコレクションである少年漫画に手を伸ばし、特にドラゴンボールを好んで読んだ。

しかし私はドラゴンボールブルマちゃんが嫌いだった。天才科学者とかそういう長所は、曇りきった私の目には見えておらず、『何も出来ない癖にすぐ泣いてすぐ叫び、恋や欲求にすぐ目がくらむ、ヒーローの足を引っ張る存在』とそんな風に見えていた。『ああ、父を煩わせる母と同じだ。やはり女というものはこういうものなのだ』と。



同時に、私の性の芽生えの切っ掛けもブルマちゃんであった。

詳しくは割愛するが、あのマンガって結構えっちだよね。

とにかく女体に興味を覚えてしまった私は、こっそり父の読んでいる青年漫画に手を出した。前に一度ちらりと見えた時、なんだか非常にえっちっぽいページが見えたかである

親の目を盗み、どきどきしながらページを開いた。そこには大人世界が広がっていた。

どろどろとした愛憎入り乱れる大人世界だった。女はひどく誇張された化粧と共に描かれ、男相手に股を開いていた。

べっとりとした口紅と真っ黒な性器が、多大なる忌避感を私に与えた。



『おヴぁああああああああああああ』と私は心の中で叫んだ。

ブルマちゃんの可愛らしいお胸とは正反対のものがそこにはあった。

だがリアル調のその漫画の方が真に迫っているような気がした。

なるほどこちらが真実だったのか、と小学三年生の私は納得した。

『女はクソだ、内面だけでなく外面も。』

齢九、私は何処へも辿り着かぬ道へと順調に足を踏み外していった。

ついでに化粧が嫌いになった。



さて私はある時期より、重大な気付きに直面する事になる。

それは『自分も女である』という事実であった。

私は自分母親のようになる事を極端に恐れた。ゆえに『感情的にならない事、理論である事』を信条に掲げて日々を過ごしてきた。

また、既に女という性を軽んじていた私は、『女子なんか』と遊べば『女』になってしまうと思い込んでいた。

ここでの『女』というのは、しばしば侮蔑的な響きを含むあの『女』のニュアンスだ。『まったく女ってのは』というあの感じだ。



女子ままごと菓子を好み、恋の話に興じるもの男子は外で体を動かし、虫やボールを追いかけるもの。前者は幼稚かつ非建設的で、後者建設的なもの──。

私は男子に混じって遊んだ。虫をつつき、ボールを追いかけ、カードゲームに興じては『女子にはわかんねーだろ』と男子と一緒に男ぶった。

てめーも女子だろ。

ともあれ男女問わずパンを履きまくっていた時期にそれを咎められる事は一切なく、私はこのままずっと『男』に混じって生きていくものだと思っていた。



しかし年齢が上がるにつれ状況は変わっていった。



中学時代より、『女子』としての振る舞いをするよう諸所で注意を受けるようになった。

足を開くな、スカートを履け、髪を整えて身綺麗にしろ

私はその度に反発を覚えた。それが身に染み付いた女嫌いゆえであるというのには、未だ気付いていなかった。ただ女らしくしろと言われる度、いいようのない嫌悪が体を駆け巡り、肉体を引き裂きたいような衝動に駆られた。

父や母も男勝りな娘の教育ほとほと手を焼き、私を『反抗期』と称した。私もそうであると思っていた。

──『反抗期』という言葉に、ひどく感情的な、理論の欠如の時期、という印象を見出した私は、すぐに『反抗期』を終え、男らしく振る舞うのをやめた。

女らしく振る舞う事もしなかったが、それで周りは満足したようだった。



さて年月が過ぎ、こうして高校までをしのいで来た私であったが、大学へ出るに当たり、いよいよ『社会』という漠とした強敵対峙する事になる。

家族は言った。『お前もそろそろ化粧を覚えないと』。

Wait, what?

私は心の中で叫んだ。脳裏に浮かんだのは、幼少期に見た、あのべったりとした口紅と醜い性器映像だ。

あの醜悪気持ちの悪い化学製品を、醜い女の象徴を、私に塗りたくれと言うのか。

女は醜いものだと教え込んだお前達が、今度は私に女になれというのか。そりゃないぜworld。



齢十八。私は化粧から逃げ回った。

言わずもがな、最たる要因は、家庭環境の最悪だったあの時期に読んだ例の青年漫画だ。

あの裸の女が身につけていた口紅だ。自業自得はいえ、最早トラウマだった。

親はありとあらゆる手で私を説得しようとした。

『最低限のマナーから』『そんなんじゃ社会でやっていけない』『化粧は有害じゃない』

『今はただの練習でいいから』『ええい駄々をこねるのをやめろ!』。



さて、呆れた事に私は自分がなぜこんなにも化粧品嫌悪を抱くのかを、未だ理解していなかった。

いくら醜悪描写漫画で見たからといって、なぜそれが全てだと思い込む?テレビを見ろ、タレント達は男女問わず化粧をして美しいじゃないか。──』

その裏に繋がる根深い『”女性性”への嫌悪』に気付けなかったのは、外面的な事に関して言えば、私の嫌悪がごく限定的である為であった。

化粧、ヒール、裸体を連想させるような肌の露出。装いに関して嫌だったのは、この三点に尽きた。

別に女の肉体を持っている事について、不満はない。

男の肉体が欲しいとも思わない。

着物であれば女性のものを好んで着たし、ミニスカートヒールでなければ、多少はフェミニンな装いも吝かでない。

非常にややこしく凝り固まった嗜好がどこから来たのかと、私は大いに悩んだ。

こうして書き出せば理路整然としているが、書いていない様々な事ゆえに気付きは遅く、私は自分が一体何故こうも屈折しているのかと懊悩した。



齢十八と半分。ようやく気付いた切っ掛けは恋だった。

幼馴染に、太陽のような男がいた。

高い背とおおらかな心が皆を惹き付け、彼の周りには男女問わず人が集まった。

私と男は気安い仲だった。ある時、抱えきれなくなった想いを彼に吐露した。

彼は赤面していた。想いが伝わったのだと浮かれ、私は何度も愛を告げた。間違いなく、あれがそれまでの生涯で一番幸せな時だった。

やがて彼は真っ赤な顔をして、はにかみながら、人を惹きつけるあの笑顔でこう言った。



『お前も可愛いよ』



大抵の女性であればここで舞い上がったのだろうか。しかし私は違った。

『おヴぁああああああああああああああ』と心の中で叫んだ。待て、お前、可愛いよってなんだ。可愛いよってなんだ。

かにも、私はその瞬間まで気付いていなかった。男に慕情吐露する事がどういう事なのかを。人として心から愛していたから、それを告げたい。ただそれだけだった。無責任な事だったと今なら思う。

いや、私は付き合いたいとは思っていたのだ。だがそれが必然的に『女扱い』に繋がるという事に気付いていなかった。彼は私に化粧やお洒落を望むだろう。まだ若く健全な男として、『可愛い彼女』を会得する事を望むだろう。

私は絶望した。

私はこの男を愛してはいるが、彼の女にはなれない。自分の中で育ててきた固定観念が、私に盛大に牙を剥いた瞬間だった。

ようやく私は自身に深く根をはる『”女性性”への嫌悪』に気が付いた。



私と幼馴染はどうともならなかった。

幼馴染も馬鹿ではない。彼は『可愛い』という形容詞がおよそ私には合わない事にすぐ気付いた。



暫く友人以上恋人未満のような関係を続けたある日、彼は言った。

『やっぱ俺、お前を女としては見れない。』

私は返した。

『然もありなん。』



さて、ようやく氷山の全容を眺める事が出来るようになった私だったが、ぎちぎちに凝り固まった偏見を見つめ直し、途方に暮れた。どれだけ難儀な奴だと。

いっそ潔く『俺は男だ!』と思えたら楽だった。

いっそ『女は等しくクソだ!』と思えたら楽だったかもしれない。

だが私は男でないし、女はクソではないし、女友達普通にいたし、大好きだった。

『””』を使って『”女性性”への嫌悪』と書いたのは、この『”女性性”』が、『世間一般蔓延してはいるが真ではない、女性に関する漠然として、かつ悪意を孕んだ偏見』に過ぎぬ為だ。

ネット漫画で嫌という程に見る”醜い女像”など、現実人間関係では見た事がない。

強いて言えば母親ヒステリーぐらいだが、それもも母親を一個の人間として見られるようになってからは、『母は女だからそうなのだ』という訳でない事を知った。



全てが根拠なき偏見ゆえと気付けたのなら、何も気にせず、ただ己として人生を歩めるだろうと思っていた。

だが、最早これは理論ではなかった。『女』として社会に出る事を考える度、『女らしい』格好をする度、どこからともなく嫌悪と惨めたらしさが迫り上がった。

『女の格好をすれば、きっと皆私を”女”と見るに違いない。甘ったるい菓子を好み、ぺちゃくちゃと甲高い声で噂をし、感情的に泣き叫ぶ、あの生き物と同類に思うに違いない。──』

『あの生き物ってどの生き物だ。お前の女の友人に、そんな奴が一人でもいるか。あと誰もお前の事は気にしねえよこの自意識過剰野郎。』

絶え間ない反駁でどうにかその考えを埋葬しようとするが、気が緩むと、それは何度でも蘇っては私の前に立ちはだかった。

また、たちが悪いのは、偏見が純然たる嘘でもない事であった。

私が私の中に根付かせた偏見は、何も初めから私が生み出したものではない。

漫画文学ネット、口さがない噂。

母親の姿。

買い物に少々時間をかけて良いかと問いかけ『女の子ってほんと買い物好きだよね』と返された事。

転んで涙を滲ませた私に『女って何ですぐ泣くの?』と問い掛けたクラスメイト──。



世間”が私を『女』と見る。女として生きたくない。いやそれは偏見に過ぎない。お前は女の友人達侮辱するのか。だがこの先、私が囚われてきた偏見と何度直面する事になる?

いっそ男になりたい。いやそれは逃げで甘えだ。男達をも侮辱する考えだ。だが少なくとも、私が嫌悪してきた女性性を押し付けられる事はなくなるだろう?



一つ、確かな事がある。私に恋愛が出来る気はしない。

私は幼馴染を心より愛していたが、『女』として扱われるのは耐え難かった。いっそ最初から男であったなら、私は彼を友人として愛せていただろうか。

近頃、新たに気付いた事がある。寝台で、男に抱かれる女としての自覚を得た途端、私は完全に不能になる。



必ずしも恋愛がしたいわけではない。

ただ目の前の人々を愛し、尊重し、あとは流れるままに生きていければいいと思う。

反面、やはり人と愛し合ってみたいという願いも漠然と持ち続けている。



こうなりたくてなったのではない。だが後ろ向きでもない。

『女はこうだ』『男はこうだ』と括る前に、目の前の人間を、一個の人間として見る事、

己と違う、十余年、数十年の生を歩んできた人間を、ただ一人の、別個の人間として尊重する事を信条に、

取り敢えず前を向いて生きている。

2018-02-10

看護師彼女がとんでもないヒステリーなんだが、彼女の友人(看護師)曰く俺のことを好きだから色々ぶつけられるんだよって言うの。

これ本当か? 結局、俺といてもいらいらさせてるだけなんじゃないかと思うんだが・・・

2018-02-07

https://anond.hatelabo.jp/20180207094325

ごめん同棲してて事実婚だとおもってるレズビアンだけど生理でいらついててわるかったけどわかってもらえてヤバイというかそんなに簡単にわかるとかいわれたらすぐ惚れてしまうから注意して

いつもはヒステリーじゃないんだよ

anond:20180207094119

一文が長すぎるからヒステリー女子が書いているのはわかる。

2018-02-06

恵方巻ヒステリー

大量廃棄なんて恵方巻に始まったことじゃなくて、コンビニ日常的に廃棄しまくってる

なぜ恵方巻けが過剰に叩かれるのか

叩くならコンビニというシステムを叩くべき

2018-02-03

私の事に関しては何事も否定的な母。潔癖であることを理解していると口では言いつつも理解なんて示していない。老人と暮らしているんだから仕方がない・起こりうることだ・分かっているはずでしょと私にばかり我慢を強いる言葉しか出てこない。そもそも老人と一緒に暮らすことに賛成した覚えはないし、気がついたら勝手に決めていた(しかも日にちも早まったことも知らせてくれなかった)くせになぜふんぞり返ることができるのだろう。

今日は老人が粗相をした。汚れた手で家の中を滅茶苦茶にされた。我慢できずに使われた風呂場や床を掃除していると母は私に対してヒステリーを起こす。曰く私の気が違っているらしい。自分でも異常であることは分かっているが、口先だけでも分かっている(理解している)と言った母の口から出てくる私に対しての恨みつらみは散々たるものだ。自分たち(父母)が介護される立場になってもお前は何もできないんだろうなと、汚れ仕事こそが美徳であるがような口ぶりにぞっとした。この人は私を理解する気すらないんだろう、もしくは本気で解釈違いを起こしているか。どちらにしろ自分思考こそが正しいと思っている。苦労と恐怖を強いり、それこそが美しきかなと思って疑わない典型的日本人の考え方だ。理解しない人を誰が理解しようと思うのか。

そもそも私の事を抜きにしても母はその同居している(母にとっての)実母に対してのあたりが強く、ボケかかった老人に対して喧嘩腰、思考が回らない弱者相手に罵るなど介護者としての頭が足りていない。父も性格的に母が介護向きではないことは分かっているため介護施設などを提案したが、結局家に住まわせる結論となってしまった(ここまで私への相談はない。気がついたら決まっていたし、決定も面と向かって伝えられたことはない。なんとなく察して、分かっていただけ)。そうならなければこんなくだらん匿名日記も書かずに済んだのに。母は自分の首を自分で絞めている。実母とのいい思い出などほとんど聞いたことがない、帰省をしたら諍いばかりだった母がなぜ家で面倒を見ているのか私にはほとほと理解ができない。それでも自分が面倒を見なければいけないという使命感・同情があるのだろうか。使命感に殺される前に、死んでくれてよかったと思う前に何とかして介護施設に入れなければいけないと思う。私は最後記憶を憎しみで終わらせたくない。祖母に対しても母に対しても。

2018-02-02

親がめんどくさくて対応に困っている。

そのまま。

事の発端は今日の朝。

関東は雪の予報だったので、もし積もったら歩きで仕事行かなきゃなーとかは思っていたのですが、

今日の朝窓を開けたら道路は全く積もっていなかったし、凍結等もしていなかった(一応外に出て確認した)ので、これなら車でいけるなーと思って準備をしていました。

そうしたら後から起きてきてニュースを見ていた母親が「すごい雪だ!これじゃお前が車を運転するなんて到底無理だ!歩いて行け!もう間に合わない?お前が早く起きないのが悪い!」とかなんとかわめき散らしてきました。

いやいや、あんたが今見てるのは関東でも雪が多いところの映像から。外見てみ?

と言ったのですが、一度言ったらもうヒステリー起こすだけなので全く効果なし。

父親父親で「車で行きたいんなら別に行けば?お前みたいな奴は事故起こさなきゃ分からないんだ」とかなんとか。酷いとき勝手に人のもの破壊したり。

笑顔で「じゃあ死んできまーす」

って言って家出てきたけど、雪だけじゃなく親の意見に逆らおうとすると毎回こんな感じ。

親元から離れたほうがいいのも十分理解しているけれど、ワープアだし家―職場まで車で5分なのでわざわざ引越するのもなんだかなあ。

さっさと結婚してしまえばいいのだけれど。相手もいないし。

車に乗ってたらなんか泣けてきた。

そもそも泣くのも我慢したら偉いって言われて育てられたから人の前で泣けなくなってしまった。

泣くの我慢したら偉いの?なんか違うよね?

前に一度精神科受診しようとしたこともあったのですが、3ヶ月待ちと言われて諦めてしまった。

普通は~」って散々母親から喚き散らされたけど、あんたたちの子から普通じゃないよ、ごめんね。

どうしたらいいかなあ。

追記:説明上わかりやすいのでワープアと書きましたが調べたらワープアって年収200万未満なんですね。

一応230くらいは貰っているはずなのでぎりワープアではないのかな。

そして転職ですが高卒就職し、転職2回目なのでこれ以上の年収アップは望めませんごめんなさい。

てかこういう親って普通なの?そこが一番知りたい。

2018-01-30

anond:20180124190357

この人は単純に「刀ミュ」が気に入らなかっただけだと思う。

舞台うちわペンライトを振る文化なら刀ミュよりも前にネルケドルステを始めていたわけだし、

「こんな文化が出来ていいはずがない!」ってあなた舞台文化にどれだけ貢献されてきた方なのだろうか。

もっと言うなら、舞台ライブを合わせた公演はブリミュの頃からあったし、

テニミュアンコール曲のように「舞台関係ない曲でファン演者が盛り上がる」スタイルについては

この方は「それはそれ」と言うのだろうか。とても疑問。

自身が「刀ミュ」を観て、そういう舞台が気に入らなかった。合わなかった。それなら理解できる。

たった数作品で「2.5作品」をくくってシャットダウンしてしまうのは大変もったいない。狭量で浅はか。

ただファンサ系の2.5作品が合わなかっただけで、そのジャンルすべてを否定する、

固定概念に凝り固まったオタクヒステリーだなと思った、

2018-01-27

anond:20180127142459

まあまあヒステリー起こさないでよおばさん。

大丈夫だよ、おばさんにはその街に住めって言ってないから。

2018-01-20

anond:20180120153230

いつどこで誰の朝立ち見てるんですか簡潔にお答えください

お答えできないならいものヒステリーと見做しま

anond:20180120151907

どうにかならりませんかねこヒステリー具合

正直聞く耳が腐る

誰に話しかけてもおんなじじゃん

あーやだやだ

2018-01-18

そんなにえらいのかな?

ノーベル賞をとると、神様みたいに素晴らしいことになるのかしら?

今回来日したICANの人の発言が、あまり上から目線で一気に品位が無くなったよ。

一国の代表よりえらいんだねー

方針には賛同するけど、非常識要求批判をすると、ヒステリーかっ!て興醒めする。

尚かつ、これ幸いと、批判だけしかしない女性議員を見ると悲しくなるよ。

同じ女だけど、だから女は・・・

って、思っちゃう

もっと優秀な女性が、ちゃんと発信しないと、単なるイベントで終わってしまうと思わない?

2018-01-14

anond:20180114103608

ヒステリーで話蒸し返すのやめてね

お前の落とした話のタネで迷惑する向きもあるし

2018-01-09

成人式に行かなかった勢

なわけですけども、理由は晴れ着を着たくないからだった。

友達いないのもあったけど。
醜い自分が綺麗な着物を着ているのはひどく自分の醜さが引き立って気持ち悪いのが想像に難くなかった。ブスはロリータを着たらモンスターだろ?馬子にも衣装なんてのは迷信。


成人式は逃げられたが大学卒業式の袴は逃げられなかった。卒業式には出なきゃまずいし、でもスーツだと浮くから目立ちたくなかった。トイレで見た自分の姿がえらくブサイクだった。
式後の懇親会にも出ず(友達いないからね)、速攻着替えて電車で帰った。髪だけはセットされてる状態のままだったから、えらく奇妙な格好で帰った。

帰りの電車の中で彼氏から懇親会場にクルマで送ってやるというトンチキなナルシストメールが来たが、帰ったと言ったらキレられた。モラ男だったのだ。

もちろん結婚できてもウエディングドレスなんて着たくないと思っていた。

ここまで書いたのなら鋭い読者なら私が毒親育ちなのは想像つくだろう。ご明察の通りです。憎んでいる両親はお世辞にも美しいといえる容姿ではないし、その遺伝子を引き継いでいる自分が大嫌いなのだ

しかし妹は母親譲りの頑固さとヒステリーを持っていたにも関わらず大変可愛らしい容姿で周囲から愛され、素敵な相手結婚した。

30すぎた今、私は当然結婚もできず、ウエディングドレスの気配はない。悲惨さはない。むしろどんどん醜くなっていく容姿安心すら覚える。

2018-01-03

anond:20180103001849

そういう男性二面性が酷いタイプかもしれん

うちの父も毒親持ちだけど家族に見せる不安定ヒステリックな顔と外の明るく人好きな人気者顔が全く違う

家族入院したらヒステリーを起こして金がどうこう責め立てたりイライラして家具壊したり子供の髪掴んで引きずったりする男が外には家族が酷くて苦労してる被害者アピールしてるらしい

職場にも毒親から仕打ちアピールが好きな明るい人居たけど一人ターゲットを決めて潰すイジメが好きだった

2017-12-31

男はもうこれ以上被害者ぶるな

ネット中で女叩きしまくって、女性被害報告には嘘松だの男のほうが辛いだの噛み付いてきて、関係ない話でもいきなり女尊男卑ダァと喚き散らして被害妄想被害者面して

今まで散々苛々してきたけど、こないだの、ゲーム男が邪魔から肘で押し返したら殴られた女性ニュースでもう我慢ならなくなった。

まとめサイトコメ欄見たら本当に頭がおかしい奴らばかり

肘で押し返すのを肘鉄!暴力!と拡大解釈し、男は正当防衛!押しただけ!と擁護され、加害者のくせに被害者ぶるな!殺されなかっただけ感謝しろソマンコ!と女叩きしまくり。そんなコメントが何千もあった。異を唱える意見基地外扱いだった!

先に男の方が肘当ててきたのに押し返したら暴力??

それを言ったら「女にとって都合のいい偏向報道」だとよ!

先に男がゲームしてぶつけてきたのはスルーされ、女が押し返したら「肘鉄!エルボー暴力!男可哀想!」と言い立てられ男が庇われ、全治三週間の怪我を負わせるほどぶん殴るのが「正当防衛、押しただけ」と正当化される。

これが男女逆ならやっぱり、女はヒステリー感情的女尊男卑!と女が叩かれていただろう。

男が女に暴力振るっても庇われて女が悪いことにされる国。こんな国が日本以外にあるだろうか?

こんなにまでミソジニーに満ち溢れ男が甘やかされ庇われまくる国に生まれたくせにミサンドリーとか言って被害者ぶるなよ。一切被害者ぶるな、黙れ。それくらいじゃ無いと釣り合いが取れない。

日本フェミニズムは行き過ぎどころかマイナスだ。そのうち女の扱いがいきなり殴られるのが日常になる。

だってこんな奴らが、本来ならマイノリティでなければならない奴らが、マジョリティで街を歩いているのだもの

とりあえず、被害者女性まとめサイトを見ないように願うしかない。

2017-12-30

女が男に殴られても女が悪いことにされる日本には絶望しかない

スマホゲーム男の肘当たって迷惑から肘で押したら殴られたニュースまとめサイト、どれもこれも被害者女性が叩かれていた。

「先に肘鉄食らわせた女が悪い!男は正当防衛!」

「先に手を出した女が悪いだろwww

暴力振るったのは女!殺されなかっただけ有難いと思え!」

「ま〜んwww最近の女は調子に乗ってるからザマァwww

加害者の分際で被害者ぶるな糞女

「男がそれだけ切れるんだから女がよっぽど糞だったに決まってる!」

「男よくやった!逮捕されて可哀想女尊男卑の世の中!」

等々…読んでて頭がおかしくなりそうだった。

なんでスマホゲーム男の肘が当たって押し返したのが「先に肘鉄食らわせた!」になるんだ?肘で押したのが暴力なら、スマホゲーム男が先に肘ぶつけたのは?

それを言ったら「女の言い分だけで決められない!女は自分被害者のように脚色する!」「スマホゲーム男はわざとじゃないが女はわざと押したか暴力!」だとよ。

こいつら男女逆でも「ま〜んはすぐ切れるヒステリー!女だから殴っても許されると思ってるんだな女尊男卑!」って女叩きするんだろうな。

しかも、はてブでは「女が悪いに決まってるだろ!」という意味どっちもどっち厨が叩かれていたが、

まとめサイトコメ欄ではあまり女性叩きが多すぎて「どっちもどっち厨」はむしろ女性擁護穏健派に見えた。

「いやいやお前らこれで女叩きとかおかしいわ」というまともなレスもちらほらあったが、「女擁護派」「ま〜んが発狂www」とレッテルを貼られ叩かれていた。

こんなの、流されやすキッズが見たら悪影響が計り知れない。コメ欄どっちもどっち厨も、女が悪いの嵐に流されただけの本来ならまともな感性の持ち主かもしれない。

こういうまとめサイトに染められたやつが第二第三のゲーム暴力男になるかもしれない

まとめサイトは全て閉鎖しろ

スマホゲーム男の肘当たって迷惑から肘で押したら殴られたニュースまとめサイト、どれもこれも被害者女性が叩かれていた。

「先に肘鉄食らわせた女が悪い!男は正当防衛!」

「先に手を出した女が悪いだろwww

暴力振るったのは女!殺されなかっただけ有難いと思え!」

「ま〜んwww最近の女は調子に乗ってるからザマァwww

加害者の分際で被害者ぶるな糞女

「男がそれだけ切れるんだから女がよっぽど糞だったに決まってる!」

「男よくやった!逮捕されて可哀想女尊男卑の世の中!」

等々…読んでて頭がおかしくなりそうだった。

なんでスマホゲーム男の肘が当たって押し返したのが「先に肘鉄食らわせた!」になるんだ?肘で押したのが暴力なら、スマホゲーム男が先に肘ぶつけたのは?

それを言ったら「女の言い分だけで決められない!女は自分被害者のように脚色する!」「スマホゲーム男はわざとじゃないが女はわざと押したか暴力!」だとよ。

こいつら男女逆でも「ま〜んはすぐ切れるヒステリー!女だから殴っても許されると思ってるんだな女尊男卑!」って女叩きするんだろうな。

しかも、はてブでは「女が悪いに決まってるだろ!」という意味どっちもどっち厨が叩かれていたが、

まとめサイトコメ欄ではあまり女性叩きが多すぎて「どっちもどっち厨」はむしろ女性擁護穏健派に見えた。

「いやいやお前らこれで女叩きとかおかしいわ」というまともなレスもちらほらあったが、「女擁護派」「ま〜んが発狂www」とレッテルを貼られ叩かれていた。

こんなの、流されやすキッズが見たら悪影響が計り知れない。コメ欄どっちもどっち厨も、女が悪いの嵐に流されただけの本来ならまともな感性の持ち主かもしれない。

こういうまとめサイトに染められたやつが第二第三のゲーム暴力男になる。

まとめサイトは全て閉鎖しなくてはならない。

2017-12-29

anond:20171228141916

しろ女性出世できるようになったことで無能自分の昇進のチャンスがなくなったと思ってそう。

わざわざこんなことを書くからフェミは糞だと言われるのがわかっているのだろうか?

馬鹿馬鹿といったら怒るし、閉経ババアに閉経ババアと言ったらヒステリー起こす

能力の有無の前に「謙虚さ」が無いやつは多くの人に支持されないよ

実るほど頭を垂れる稲穂かな、にならんと

2017-12-24

告発するのに潔白性が必要なら、ブラック企業批判者もよく省みるべき

例えばアリさんマークシュレッダー問題

あれも元は被害者男性が数分遅刻たことが発端だ

当然、遅刻しなければ彼はシュレッダー係に異動されなかっただろう

遅刻しなければ、企業側が男性の勤務態度に疑問は抱かなかったはずだ

 

男性擁護するような記事を連発する弁護士ドットコム

尻馬に乗ってビュー数を稼いでいるだけだし、黒い噂も聞く

テレ東が即座に男性パワハラ問題を取り上げたのも、実にあやしい

バックにあんな連中が居て、男性に潔白性があると言い切れるのか? 

明らかに告発者側にも後ろ暗い部分があるのに

企業だけ一方的に叩かれるのは理不尽まりないだろう

 

最近ヒステリー染みたブラック企業批判

フェミニストのMe Tooと同じような、魔女狩り様相を呈してきたと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん