「ちはやふる」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ちはやふるとは

2022-08-10

子供達を連れて少女漫画を買いにゆく。

 お買い物の練習と称して、小学生の娘らとともに、地元いちばんデカTSUTAYAに行った。子供を口実にして、私自身が少女漫画コーナーをうろつきたいだけだったのだが。

 先週だかもっと前だかに増田恋愛をしていない少女漫画ってある? 的な事を書いてたエントリがあったじゃん。それを見て、現実にはどうなんだろうと思って見に行った次第。

 どうだったか? ほぼ恋愛ものやね。パッと見で恋愛がメインテーマではないと分かるものは『ちはやふる』と『群青にサイレン』と『東京ミュウミュウ』だけだった。

 出版社関係なく、どれもこれも恋愛してるし、あと結婚する話が多いみたいだなーという印象。ラノベで嫁入りもの流行った影響だろうか。

 恋愛をする女の子がメインの話というより、主人公に絡んでくるイケメンがメインみたいな話が多いのか、それとも単にイケメン特集だか推し特集だかっていうコンセプトで本が陳列されているだけなのか……。『蝶か犯か』がその特集本棚に陳列されていた。うちの上の娘が好きなやつ。本にイケメンプロフィールが同梱されている。

 『蝶か犯か』もだけどヤクザ物も人気があるらしい。タイトルは忘れたけどヤクザお嬢さん付き人の話とか……それは組長にバレたら付き人は小指を詰めるどころじゃ済まないやつではw

 現実にあったらヤバそうなものといえば『弁護士17歳』というタイトルを見かけた。イリーガルラブ……ものは言い様だ。

 ヤンキーものも人気。極道やらヤンキーやら、裏社会人間裏社会に片足突っ込んでるような人間はもはや空想上の珍獣のようなものなのかな。

 少女漫画領域がうっすらBL侵食されている。『消えた初恋』はシーモアかどこかで1巻無料の時に読んだがすごく面白かったんだけど、娘にこれ超おもしろいよって勧めたら男だらけの表紙がウケず「いらなーい」と一蹴された。KADOKAWAの出してるBLボーイズライフ漫画少女漫画の棚に。

 ガチBL棚もちょっと見てきた(一人で)。おすすめ本のコーナーに『春と夏となっちゃんと秋と冬と僕』がある! それは名作なのでいいけど、発売からけっこう年数経っているような。4コマ漫画で、確か修正の入るほどのやつではないが、ガッツリBL文化作品なので、取っ付きはよくないだろう。それより『じじいの恋――命短し恋せよ老人』はないのか……面白いのに。

 少女漫画・レディコミ・TL・BLとは別に大人女子向けというコーナーが一列ぶんくらいあった。『異国日記』『さんかく窓の外側は夜』が目立つ感じに平積みされていた。

 あとタイトルは忘れたけど捜一の刑事主人公っぽいグロそうなやつが、けっこうなスペースを占有していた。よほど人気があるのかな。他に目に留まったのは、ウサギ飼育する漫画と、猫と暮らす人の漫画。癒されそうー。昔『ぴくぴく仙太郎』が好きだったなぁ、と思い出に浸るなど。

 各自買いたい本を手に取り、会計に向かう途中に漫画コーナーの手前のところに『ときめきトゥナイト』が陳列されているのが見えたんだが、新装版でも出たのか?

 長女は『千紘くんは、あたし中毒』(伊藤里)、次女は『新婚だけど片想い』(雪森さくら)、私は『山口くんはワルくない』(斉木優)を購入――☆

『千紘くんは、あたし中毒』―pixivコミック

https://comic.pixiv.net/works/6558

『新婚だけど片想い』―pixivコミック

https://comic.pixiv.net/works/7351

山口くんはワルくない』(斉木優)―コミックシーモア

https://www.cmoa.jp/title/189816/?adme1014=11451_Cj0KCQjwrs2XBhDjARIsAHVymmR5wpxagyVBS6f_D-MVdnaxHEsgVkjDJfHBtY9TTYFXmJ7GEdViHqkaApPDEALw_wcB&utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=4_new_sp_dsa_202107&utm_term=adme1014&utm_content=tittle&gclid=Cj0KCQjwrs2XBhDjARIsAHVymmR5wpxagyVBS6f_D-MVdnaxHEsgVkjDJfHBtY9TTYFXmJ7GEdViHqkaApPDEALw_wcB&cmoa=lp&lp_fol=fld04

2022-08-04

無料になってたので「ちはやふる」読んでみたが

とりあえず千早と真島の試合のところまで読めたけど、とんでもなく面白い作品だな。

少女漫画に疎くて作者の人トレース事件のことくらいしか知らなかったんだけど、元々力のある作家だったんかね。

ちはやふる最終回ネタバレ

まじで最高だった

いろいろTwitter批判的な意見いかTwitterで書けないけど私としては最高の最終回だった

千早にとって新はかるたがあれば会えるから大丈夫って認識太一かるたがないと会えないのは嫌だって認識だったんだろうな!最高か!

千早にとって新はかるたがあって繋がっている相手だけど太一かるたがなくても繋がっている相手なんだろうね好きだ最高すぎる

太一推しでも新推しでもないし作品として愛していたからとっっっっても最高な最終回しか言えねえわ〜

最高の作品の最高の最終回を生きてる間に読めてよかった

最高って言葉何回使っとんねんって思うくらい使ってるけどマジで最高でした

あと個人的Twitterで気に食わない最終回からって言っていいことと悪いことがあるだろってほど強い言葉使っている人いてめちゃくちゃ不快だった

2022-08-02

anond:20220801231743

元増田には

組織リーダーとして面倒くさいことを描かずに

まわりが勝手に持ち上げてくれる「姫」の物語しかなくね

しか書いてないので、だから俺は「姫」を「特に組織運営の面では有能じゃないけど、周りが全部やってくれる言わばカリスマ型のリーダー」と解釈して、そうじゃない例としてちはやふるを挙げた。

その上で、そういう千早をも「姫」と定義するならできるとも思うけど、そこまで攻めるならルフィ船長も十分に「姫」に該当するようになるでしょ、という意味でこう書いた。

このたび完結したちはやふるは、部活の規模だけど組織や人のマネジメントするリーダー描写ある。これを「姫」とするならルフィも姫だと思う。



で、返事がこれかよ。

一瞬納得しかけたけどルフィが「姫」はやっぱりないわ。腐女子的な目線で見るとルフィ総受け愛され船長に見えなくもないけど、太一的な理解ある頼れるルフィ事大好きな異性の副官居ないじゃんあの一味。

組織リーダーとして面倒くさいことを描写していたとしても、主人公大好きな頼れる異性の副官がいれば「姫」! いなければ違う! って、話が全然変わっとるやん。

そしてダイ君が戦いに専念できる様にバックアップやってくれる理解ある彼女ちゃんこレオナ姫との整合くらい取れよ。ドラゴンボールブルマとかも番にならなかっただけで基本このポジションやぞ。

こういうところでジェンダーバイアスみたいなものが育っていくんじゃねえかな

ジェンダーバイアスと、ついでに言えば少女漫画に対するバイアス偏見)が育ってるのはお前。そしてそのバイアスが間違ってない「という事にしたい」からから彼氏限定とか言い出すお前は、主人公が正々堂々と戦う少年漫画ももっと読め。

少女漫画エアプじゃないんよ。「漫画」エアプなんよ。

anond:20220802015250

ちはやふるって途中から美貌があって聡明で家柄もいい全てを持ち合わせたような太一と生まれながらの天才で常にカルタにひたむきな新が千早に執着して狂う話じゃん

スポーツとしてのカルタ部分が異常にディティールが細かいだけで話の本筋は姫を取り合う王子の話でしょ

anond:20220802011532

ちはやふる王子様二人がいるから成り立ってる部分強くない?

熱血ではあるけど千早属性は姫だよ

anond:20220801153406

ある?という問に答えるなら、「割とある」になるんじゃないか

●「ちはやふる

ブコメにもあったが。かるた部の部活動ものでもあるので、部活という組織を築いてそのリーダーとしての悩みも描かれてる。

●「海月姫

タイトルは姫だけど、ファッションブランドリーダーとして、しか協調性のないオタクたちを取りまとめていく物語だよね。

●「のだめカンタービレ

主人公より真一を通してだけど、指揮者としてオーケストラを率いる葛藤とか描かれてる。

●「かげきしょうじょ!」

宝塚学校の話だから、女だらけの組織の中でどうステップアップしていくかの話が描かれてる。

●「大奥

男女逆転した江戸幕府というファンタジーかのような設定でありながら、女性リーダー葛藤リアルに描いてる名作。

●「株式会社マジルミエ」

魔法少女会社に入った新入社員の話。ジャンプ+で連載されてるので少女マンガではないが、増田が望む、少年マンガが描く女子組織で力を発揮していく物語なんじゃない?

自分の知る範囲なので、他にも部活動ものスポーツもの生徒会ものとか、他にも沢山あると思う。

学園恋愛ものでも、話の主軸じゃなくても、主人公学園祭実行委員になったり、修学旅行班長になったりとリーダーとしてチームビルドする話は割とよくある。

しろ女子のが集団行動しがちなので、組織を描かれること多いように思う。

2022-08-01

anond:20220801153406

やっぱりお姫様よりリーダーになりたい願望がある女性って殆ど居ないんじゃねえかな

c_shiika 組織リーダーとして疲弊した姫が華麗に退職届召喚するレイアースの話?

あれは政なんてもう嫌だ私だって一人の女だし好きな男性恋愛に殉じたい!って姫の話だよね

AQM 王宮貴族市民軍隊のしがらみしか描いてない『ベルサイユのばら』って少女漫画があってだな

mahal もしかしてお前は、ベルばらオスカルがどっかのお姫様だと勘違いしてはおらんかね、増田

あれ主人公オスカルじゃなくてマリー・アントワネット王妃の方で

しか男装の麗人オスカルの方も結局は幼い頃から一途に自分を想っていたアンドレと結ばれてから露骨に「女」に目覚めてたよね

kotobuki_84 このたび完結したちはやふるは、部活の規模だけど組織や人のマネジメントするリーダー描写ある。これを「姫」とするならルフィも姫だと思う。/ダイ大での世界リーダーレオナ姫で、ダイはむしろ装置という印象。

一瞬納得しかけたけどルフィが「姫」はやっぱりないわ。腐女子的な目線で見るとルフィ総受け愛され船長に見えなくもないけど、太一的な理解ある頼れるルフィ事大好きな異性の副官居ないじゃんあの一味。

haniwa75 黙って少女ファイトを読め。

正に姫じゃんあれ。主人公事大好きな頼れる医者の息子が常に主人公の事を心配して何かあるとすぐ助けに来る姫じゃん主人公

何か困った事があったら解決してくれる頼れる彼氏ってケツ持ちが居ない主人公って少女漫画にはマジで居ないんじゃねえのか?

anond:20220801153406

ちはやふる』がブコメに上がってるけどまあ姫だよなあ

それを言うならルフィだって姫だが

anond:20220801153406

ワンピースも「姫」の物語じゃん。

食事メンタルの世話→サンジ

モノの手配→ウソップ

勘定航路判断→ナミ

医療マスコットチョッパー

ワンピース探し→ロビン

船の用意→フランクリン

伏線回収→ガイコツ

鶴の一声方針決定に関してもルフィ最後に叫ぶだけで基本的風向きゾロがレール引いてくれてる。

ルフィマジで要所要所で「何が嫌いかより何が好きかを語れよ」「仲”間”が”い”る”よ”」「うるせえ!」「ドン!(ボスを倒す音」「宴だー!!!」してるだけ。

美味しい所だけごっちゃんですがすぎる。

ダイ過酷環境に置かれてはいるけどリーダーとして引っ張ってるってより「勇者魔王討伐ツアー」を淡々と進めてるだけな感じ。

過酷決断を伴いながら組織運営してる話じゃないよね。

これならまだ「ちはやふる」の方がリーダー物語なんじゃね?

2022-07-18

anond:20220718174150

競技かるた百人一首は「ちはやぶる」って読むよな

漫画の方は読んだこともないけど、今気になって映画の予告動画見てみたら「ちはやふる」って発音してた

理由はわからないけど実態はそうらしい

ちな、万葉集の頃から清濁両方ありだったらしいし、なんなら競技かるたも濁らせないほうが正しいと言ってた時代もあるらしい

結局明確な答えはないとかいうはっきりしないオチになってしまったが、おかげで勉強になった

ちはやふるを「ちはやぶるchihayaburu」と読むと言っても信じてもらえずみんな「chihayafuru」って読んでる

漫画の『ちはやふる』は読みがなを付けるとしたらどっちが正しいの?

2022-05-18

anond:20220518132542

お前の基準では、ワンピースとかナルトレベルに売れないとザコなんだろうなぁ。 ちょうど歴代100位がちはやふるか。 知る人ぞ知るとはいったい・・・

anond:20220518132335

お前の基準では、ワンピースとかナルトレベルに売れないとザコなんだろうなぁ。

ちょうど歴代100位がちはやふるか。

知る人ぞ知るとはいったい・・・

2022-05-10

anond:20220510184805

これ結構納得感ある

特にヒカルの碁GANTZ

ヒカルの碁の影響は業界への影響だから読んでなくても影響ありそう、それこそちはやふるなんかそうだしな

それに影響度って意味だとGANTZ…というか奥浩哉の功績って凄いのかもなぁ

anond:20220510105802

おれならこれを入れるね!

ヒカルの碁

ネーム原作と技巧派作画作品における頂点

・『ヒカルの碁』の成功以降、マイナージャンル少年漫画が急増→青年漫画にも波及

・極論を言うなら『ヒカルの碁』がなければ『サ道』は存在していないと思う

GANTZ

漫画制作におけるPCCGの導入の功績でランクイン

・当時のリアルタイム基準だと『ネギま』もすごかったけど、まあ、やっぱり『GANTZ』かなと思う

・『おやすみプンプン』の背景作画における影響はものすごいと思うけど、水木しげるという怪物昭和にいるので除外

●岳

・第1回マンガ大賞の受賞作

M-1グランプリとか、日本ファンタジーノベル大賞とかを見てもわかるように、賞レースの格は第1回の勝者で決まるじゃないですか

・第1回マンガ大賞『岳』、第2回マンガ大賞ちはやふる』って完璧な流れですね

東京ラブストーリー

漫画映像化の特異点

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アニメ漫画テレビドラマ化作品一覧

・↑これを見れば、いかに『東京ラブストーリー』のドラマ成功特異点だったかが一目瞭然にわか

・影響力を評価基準にするなら、トップ候補じゃないですかね

—————

「じゃあ何を外すか」と聞かれると答えられないので、ベスト50まで拡大しよう

2022-03-19

世にトレパクの種は尽きまじ?

二次元関係コンテンツで幾度となく繰り返されてきた炎上ネタに、トレパクは確実に含まれるだろう。

ここでいうトレパクというのはpixivの解説の中にあるような、

を指している。

このトレパクだが、少なくとも日本ネット界隈では非常に忌み嫌われている。

その悪印象たるや、一度でも発覚すれば、恐らく一生言われ続ける汚名になりかねない。

というか発覚後に、絵を描く系のクリエイターとして食っていくことはほぼ不可能

言うなれば界隈から永久追放みたく扱われることになる。

(ちはやふるの作者は奇跡的に再起できたケースだろう)

多分、世間一般芸能界での不祥事に置き換えたら、不倫に近いレベルだと思う。

しかし残念ながら、トレパクは今に至るまで根絶していないどころか、定期的に散見される。

過去に何度も炎上事件が起きている時点で、知らないはずはないのだが、一体どういうことなんだと首を傾げてしまう。

しろこれだけデジタル技術が発達した昨今なら、こんなのすぐバレるわけで。

それこそ「フリーハンドで模写したくらいじゃ、絶対にあり得ない一致」とか、たちまち露見してしまう。

しかも有名になればなるほどトレス検証される可能性は上がるのだから、長期的に見れば自分自分の首を絞めているのに。

でも無くならないのは、やっぱ自己顕示欲リブンの行き着く結果?

実際、悪質性が高いケースになればなるほど、当事者がまともに謝罪しているのを見たことがないので、プライド高すぎて謝ったら死ぬ病に罹るくらいには自己顕示欲旺盛と感じてしまうし。

(まともに謝罪しない点は不倫より酷いかも)

そして絵描きさんの名誉のためにも、こんなことを疑問に持ちたくはないのだが、もしかして現状トレパクって、相当カジュアルに横行していたりする?

もちろん

「そんなわけねーじゃん」

という答えを期待したいが。

2022-02-25

女性向けの漫画セクハラ肯定的に書かれるのが理解できない

のだめカンタービレ新装版でのだめセクハラを受けるシーンがマイルドに変更されたそうで、それ自体時代に合わせて変えたんですね。って感じで別に良いんだけど

そもそもなんで女性が書いて主に女性が読むであろう漫画あんな激しいセクハラ批判的な文脈でなくギャグとして描かれてるのかが理解できない。

男性向けの漫画ラッキースケベ的な描写があるのはまあ需要あるよね、ってわかる。あかんけど。

七つの大罪とかキッツいよね。はてぶでも叩かれてた記憶があるけど

普段女性向けの漫画は読まないんだけどのだめちはやふるだけは超大ヒット作ということで読んで大変面白かったんだけど、そういえばちはやふるもなかなかアレなセクハラ描写がでてきたよねたしか

あれも、なんかギャグとして処理されてたけど

あいうのって女性はどんな感情で読んでるんだろう

2022-02-11

ちはやふる」ってやっぱ少女漫画とは違わねえか?

系統としては月下の棋士や咲の方が絶対に近いだろ。

バリバリに盤面上で殴り合って、殴り合っていく中でなにかに気づいて、それを戦場からの帰り道にふと語り合って、気づいたらその帰り道が次の戦場に向かうレールになってる。

とにかく戦いの中に青春の大部分が有るじゃん。

愛も恋も、全部戦いの中で産まれてるじゃん。

最高のライバルだったから好きになって、最高の仲間だったら恋をして、そういう奴らばっかり。

恋愛から始まってるキャラもいるけど、皆戦いの中に巻き込まれて、戦いの中で恋を深めてってる。

ずっとずっと戦ってるよこの漫画

恋が動くとき、いつもそれは戦いの中で形を実らせてるよ。

好きな人に伝えたい気持ちがあるから強くなって、伝えられた気持ちを受け止めきれなくて弱くなって、そこから一周りして戻ってきてまた強くなる。

ずっとずっと、どうやったら強くなれるかしか描いてないとさえ言っていい。

それぞれの目指す強さの中に、思い出作りだとか人生だとかないまぜになってるんだ。

百人一首っていうのがそもそもそうだったんだよな。

俺の歌を聞けって思いの積み重ねが、歌人として強くなろうっていう気持ちになって、そうして産まれた強さが人生解像度を変えてきた奴らの足跡なんだよ。

強くなりたいって気持ちが、もっとちゃん自分らしく生きたいって気持ちを生み出し続けるんだ。

ちはやふる世界はずっとずっと戦いの中にある。

辛くて苦しくて幸せな戦いを繰り返す人達の戦いの漫画だ。

これって少女漫画なのか?

幸せな恋をしたり、甘酸っぱい気持ちになったり、そういう話なんて脇道としてしか扱われてないだろ。

強くなって強くなって、強い人の見ている景色を強い相手と向かい合いながら一緒に見たいって話じゃん。

セックスしたい相手ときれいな夜景を見ながら素敵なデートを目指してないじゃん。

殴り合いたい相手と同じリングの上で最高のパンチを叩き込み合って認め合おうって話じゃん。

これ本当に少女漫画なのか?

2022-02-07

そもそも漫画家著作権全般への意識が緩い人多いからね

 

それでも、ちはやふるの作者のように断筆間際まで追い詰められる例もあるし

出版社対応がマチマチなのは気になる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん