「まおゆう」を含む日記 RSS

はてなキーワード: まおゆうとは

2020-08-13

ファンタジーアニメって戦ってばかりじゃないか

ファンタジーとか、そのパロディとしてのなろう系とかのアニメって、世界を救うとか戦ってばっかり。

まおゆうみたいな社会変革とか、アウトブレイク・カンパニーみたいな文化侵略とかさ、変化球なやつが見たいんだよ。

2020-08-01

なろうの魔王とか

愚痴です。

リンク記載方法を教えていただいたので訂正しました。

  

なろうでは魔王ラスボスであることはどちらかといえば少ない。

しろ魔王主人公の仲間になるか協力者になるといった事例が多い。

特に魔王が女の場合は、仲間になりやすく、主人公の嫁になることもある。

そのため、魔王が女ということが分かると筆者はまた嫁になるのかとため息がでる。

  

魔王勇者と戦う宿命にあるという設定が多く敵対していることは多々あるのだが

どちらも主人公の知り合いの場合、決着がつかずに曖昧に終わらせてしまう事が多い。

魔王平和的な人物場合は、勇者王族貴族に唆されて悪認定して戦うといったこともある。

この設定は「まおゆう」以降よくある設定で使われるようになったが、あまりにしつこいので

筆者は非常に不満がある。

  

スローライフ系のなろう作品では、主人公の実力があまり規格外のため、魔王の影が薄くなる

なんてことがある。魔王としてかなりの力を持っているはずなのだ主人公に全く敵わないので

敵対行為を一切せずに平和になっている。

魔王弱者として認定されるため、筆者はこうなってくるととても嫌な気分になってくる。

  

魔王の上に大魔王魔神なんて存在がいると、ドラゴンクエスト3バラモスのような中間管理職としての

扱いになるため、やはりこちらも不遇に感じる。

ダイの大冒険のハドラーのように超魔生物となって強くなって戻ってくるような展開はほぼない。

なんで主人公側は強くなるのに魔王は強くならないんだとまたしても筆者は不満が募ってくる。

  

主人公魔王場合がある。この場合かなりの力を持っているため、周りを支配していく事になる。

しかし、支配というかどちらかというと街などを発展させていくので、支配ってなんだったっけと

思う事もしばしばある。

こうやって支配していく事で、魔王様凄いです!と評価されていき、人間からも好かれていく存在

なっていく。そんなのはもう魔王ではないではないか

  

ブルードラゴンネネのように「貴様らムシケラなどに負けるわけがない!」とか人間を見下すような

態度をとって欲しい。筆者にとっては人間対魔族の戦争をやっているようなものだと考えているため

和平じゃなくてきっちり戦争して勝敗を白黒はっきりつけろと思う。

どうせ現実と同じように人種とかで醜い争いをし始めるのが生物なのだから、そんな生易しい考えなどより

弱者は淘汰されるほうが面白い

  

ダンジョン系の作品ダンジョン支配している魔王は、ダンジョンに来て命を落とす人間を虫けら扱い

している。そしてその人間ダンジョン死ぬ

魔王「死を覚悟してきているんだ。死んでも特に問題はない」

というような事を言いだす。しかダンジョン外では人間との交友をしていることも多く、

人間を殺しながら人間から糧を得てるというのが非常に自分勝手不愉快に感じる。

自分の気に入った人間は何もしないよーとかなんだそれは。

  

筆者が理想とする魔王ドラゴンクエスト7オルゴ・デミーラがいる。こいつの狡猾さと実力が高いところは

かなり素晴らしい。正に魔王と呼んでいい存在だ。

また、大魔王になってしまうが、ハーメルンのバイオリン弾き大魔王ケストラーも好きである

こいつのゲスっぷりはたまらない。

  

これらを見ると、なろう作品魔王が甘ったるい事をしているので、何が魔王だ!

おまえらあまおうだ!(福岡県で有名ないちご)なんて言いたくなる。

そうだ。筆者は甘ったるい事をしてなれ合いをしている魔王がでてくると実際に「またあまおうか!」と言う。

※この文章を読んでいる方はぜひとも甘ったるい魔王がでてきたらあまおうが!と呼んでいただきたい。

  

ここでシューベルト魔王を思い出していただきたい。魔王子供の命を奪っているのだ。

魔王邪悪のものだろう。よってやはり勇者などから討伐されるべき存在なのである

邪悪でないのなら魔王ではない。あまおうだ。あるいは別な存在だ。

筆者はなろうの魔王が確実に邪悪だったことをあまり見ない。

  

もっとゲスクズゴミで最低最悪の外道魔王にして欲しい。

それこそまさに魔王だろう。違うのなら魔王なんて名乗らないでほしい。

指輪物語では冥王サウロンなんているのだから魔王以外の王の名称を考えて欲しいくらいだ。

  

以上

  

貴族編  :anond:20200706225819

王族編  :anond:20200707102749

奴隷編  :anond:20200707174539

竜編   :anond:20200708062743

商人編  :anond:20200708131233

馬編   :anond:20200708203845

獣人編  :anond:20200709092800

エルフ編 :anond:20200709173538

勇者編  :anond:20200710134123

ドワーフ編:anond:20200710201957

神編   :anond:20200711222724

悪役令嬢編:anond:20200730063046

猪編   :anond:20200730172612

病人編  :anond:20200731072847

孤児編  :anond:20200731174859

犯罪者編 :anond:20200731230135

斥候編  :anond:20200801113918

2020-05-11

エロゲがなぜ衰退したかゼロ年代エロゲーマーだった俺が説明する

簡単に言うと、「世代交代に失敗した」。

エロゲ業界は衰退したというより、「ブーム」は起きたけど、「文化ビジネス)」には出来なかった。

ここでいう「ブーム」とはまぐれ当たりが出て業界に人が流入してくること。「文化ビジネス)」とは収益構造確立し、作り手や客が世代交代して持続していくこと。

蛭田エルフ)とか剣乃(シーズウェア)とかTADAアリスソフト)とかの活躍によって市場認知度を獲得した90年代後半の業界エロつきならある程度の売上が見込める状況だった。そこに髙橋(Leaf)とかだーまえKey)とかぶっさん(ニトロプラス)とかきのこTYPE-MOON)といったワナビーだった過去を持つ連中がそれぞれ得意とする世界観エロを足したゲームを世に送り出してブームが発生した。それによって新規メーカーユーザーが大量に流入したが、後が続かず一過性で終わった。

エロゲ衰退論の多くは何故ユーザーが離れたかという観点で論じるが俺は逆だと思ってる。ヒット作(ブーム)が新規ユーザーと次代の作り手を呼び込む(つまり世代交代)のであり、ブームが発生している間に次のヒット作が生まれる土壌を作っておく必要があった。蛭田らに髙橋らが続いたように。しかしそうはならなかった。

その要因のひとつに、若いクリエイターがよりローコストで、より好き勝手作品を発表できて、あわよくば儲かる場が他に出来てしまった、という点が挙げられるだろう。

それが2ちゃん(99年~。電車男まおゆう)であり、ニコニコ動画(06年~。アイマスP、ボカロ小説)、小説家になろう(04年~。さすおに他)だ。若いクリエイター作品発表の場をそれらに移した結果、サブカル最前線(今現在ブームになっている業界)がエロゲから他に移り、新規ユーザーも次代の作り手も流入しなくなってしまった(それに唯一抗ったのがニトロプラスだと思う。ネット作品を発表していた鋼屋ジン奈良原一鉄、下倉バイオを発掘して世に送り出している)。

企画シナリオの話ばかりをしてしまったが、原画音楽担当も同様だ。90年代後半から00年代前半はエロゲンガーがコミケの壁をはっていたが、pixiv(07年~)やTwitter(06年~)の登場でエロゲンガーは若いクリエイターの憧れではなくなり、サウンドクリエイターエロゲ同人音楽から東方アレンジボカロ曲をYoutubeニコ動で発表する形に活動場所を移していった。

これらの状況分析からエロゲの衰退を、安易スマホSNSフリーミアムの登場に結びつける論調には同意できない。

任天堂は未だに据え置き機兼ゲームメーカーだし、集英社週刊少年ジャンプを発行し続けている。それでいて『あつ森』や『鬼滅の刃』のような最新のヒット作を生むことが出来ている。それは次代を担うクリエイターを発掘・育成し、そのヒットによって新規ユーザーを呼び込むという世代交代ができているからだ。

任天堂集英社のような巨大メーカーと泡沫のエロゲ業界を比べるなよ、という意見はあるだろうが、ゲーム業界だって漫画業界だって最初は泡沫にすぎなかったし、スマホSNSフリーミアムの登場といった時代の荒波にさらされてもいる。しかビジネスモデルを作り上げて作り手と客が世代交代して業界が持続するようにしたから今があるのだ。ちょっと儲かったからって社長ランボルギーニ痛車にしてるようじゃダメなのである

結論エロゲ業界は衰退したのではなく、ブーム文化ビジネス)に転換させられる商才あるビジネスマンがいなかった。だから世代交代できなかった。以上(よく武内社長として評価されているが、きのこが死んだら終わりの状況から脱せてない以上ダメだろう。同様に、蛭田も剣乃もだーまえも後進を育てられなかった。この論で評価できるのはでじたろうぐらい)。

ところで鏡が定期的にエロゲ衰退論を語って耳目を集めようとする(https://togetter.com/li/1505761)のなんなの? 仕事ないの?

 

追記

jou2 抜きゲーと泣きゲーで完全に別れてたと思う。Fateとかエロゲーとしてはマジでエロに対して真摯じゃないからね。「絶対命令である令呪」をえっちな事に使うシーン一切無いという。選択肢選ぶタイプゲームなのに

なんでや! セックスで魔力供給するシチュ最高にシコいやろ! あとセイバーキャスターにとらわれてエロい格好させられるやつとかアニメで強調されてたけど、あれ若い子をリョナに目覚めさせるの狙ってるよね絶対

ところで抜きに関してもちょっと面白い観点があって、オタクエロ同人(ここでは二次創作エロを指してる)で抜くようになったってのもエロゲから客が抜けていった理由として結構あると思うんだよな。

もちろん当時からエロ同人はあったけど、当時はSNSがなかったか情報のものリーチしにくかったんだよね。個人ニュースサイトとかからたどる時代だったわけで。それでもアンテナ張ってたやつは即売会ショップ仕入れてたんだろうけど、それはそれで大変だし、特に地方民には厳しい。

今はSNSが発達してるから自分の好みの同人作家や本を探すのも容易だし、市場形成されてるから昔に比べて数も質も飛躍的に向上してる(昔は落書きみたいなのも普通にあったんだよ!)。ゲームソシャゲやって、抜きはそのエロ同人って人それなりにいるんじゃなかろうか。このへん、オタク白書市場規模を年次比較すれば見えてくるものがあるかもしれん。ないかもしれん。

まあエロゲは早い段階で回想をボタンひとつでフル解放できるようにしとくべきだったな(SAGAOに探しに行くのダルい並感)。

2020-04-06

自粛生活のお供に、おすすめWeb小説を教えてください

この自粛期間に、読みたい作品を見つけだせず困っております

みなさま、おすすめWeb小説を教えてくださると嬉しいです。

面白かった作品

無職転生

本好きの下剋上

幼女戦記

人狼への転生、魔王の副官

・ラピスの心臓

蜘蛛ですがなにか?

薬屋のひとりごと

駆除

異世界料理

異世界居酒屋のぶ

辺境の老騎士

死神を食べた少女

まおゆう

ハマらず、途中で挫折してしまった作品

転生したらスライムだった件

オーバーロード

盾の勇者の成り上がり

八男って、それはないでしょう!

異世界カボチャプリン

幻想再帰のアリュージョニスト

自分の好みの傾向として、オタクオタク趣味ゆえに転生先で無双してしまうようなものダメみたいです。

特にゲーム世界舞台になるようなものダメのようです。

なにか、面白おすすめ作品があればぜひ教えてください!

追記とお礼

おすすめありがとうございます

さっそく、教えていただいた各タイトルの、あらすじと第1-2話を読んできました。

どれも面白そうでしたが、特に自分が「ゲーム舞台が苦手」と言っているところへ、あえてオススメいただいた「くま クマベアー」に興味津々です。

1,2話を読んでみた手応え+興味の順で、

勇者クズ > くま クマベアー > 異修羅最果てのパラディン

という順番で読んでみたいと思います

ありがとうございます

2020-02-20

anond:20200220174035

悪を倒したら統治しないといかん。

 

このコンセプトあれだな。「まおゆう」だな

2019-11-19

anond:20191118123644

まおゆう魔王勇者が3種類出てた。

絵が一番下手で単価やすそう量産効きそうなのだけ18巻まで完走して、絵が一番上手いのは別の原作あり漫画に行ったのか雑誌が終了したのか、ネット掲載が終了したのか、追えなくなった。

編集漫画家も一番書きたかったであろう、メイド姉で後の勇者の「人間宣言」(声優朗読劇まであった)まで描けたから満足して終わったのかもしれない。

2chネットSSで、経済の話だとか通貨の減価や穀物価値の増加、四輪作だの騎士王政が終わるマスケット銃の出現などなど、ログホライゾンじゃなくて、こっちをNHK放送して最後までアニメ化してほしかった。

まれ脱税逮捕されなかったら、良い教材になれたのに。

2019-10-25

まおゆう面白い

改めて見直したけどやっぱり面白い

全体的に厳しくも柔らかい雰囲気も良いで、キャラクターデザインも良い、ストーリー開拓的で良い。

演説でおじさん泣いちゃうわ…こんなん。

少女が泣くシーンは釣られて泣いちゃうわ…。)

2018-10-31

anond:20181031123802

どの作品を読んだかわからないけど、現代リソースを持ち込むストーンワールドなのはまり多くないんじゃないかなあ

電化製品を持ち込むとか食べ物を持ち込むとかはあるけど、数としてはそう多くないと思う

いわゆる現代知識無双ってのは政治経済数学物理科学料理知識中世に持ち込むと強いね、って作品ではないか

わかりやすく有名なのはまおゆう』とか、転生じゃないけど現代知識中世世界に持ち込む話だし

あとはコミックス化されててみるのは、「現代世界で知っていた魔法概念」でその世界ルール効率よく知っていって、

新しい魔法を作ったり無双したり、ってのかなあ。だいたいチート能力とセットではあるんだけど。

この手合いだと『異世界転生したけど日本語が通じなかった』が一番凝ってると思う。

似たようなので『僕の妹は漢字が読めない』とかも1巻は名作だったんだけど

2018-07-24

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その2

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その1 からの続き )

 

あそびあそばせ

 きたないゆゆ式哲学ではない)。圧倒的なキービジュアル詐欺学校女の子達がふざける日常アニメ。基本はSS

 プレスコ収録のため、声優自由すぎる演技に合わせたキャラの表情が描かれているのだけれど、もはやキャラデザなんていらなかったんやレベルの顔芸アニメになっている。プレスコで作られたギャグアニメだと「月間少女野崎くん」がとても好きで、本作も野崎くんくらいボケとツッコミの勢いがすごい。1話は第1原画がたった一人だけれど、これからどうするのだろう。それからどしたの。

 

オーバーロード

 前回の続き。1話はナザリック地下大墳墓の日常回。ずっとこれが見たかったので嬉しい。

 

ISLAND

 ど田舎ミステリーモデル伊豆諸島新島)。原作フロントウィングノベルゲーで、本作の序盤も謎が謎を呼ぶ展開になっている。Steam版が出るらしい。ゲーム原作アニメ最近たくさん新作を観たけれど、特に最近ゲームシナリオボリュームがとんでもないので、必然的アニメシナリオ消化のために早足気味になる印象がある。オカルティック・ナインかめっちゃすごかった。翻って本作は心にフォーカスを当てたストーリーになっていて、ペル5みたいに事件が起きて解決して・・・と比べるとすごくゆっくりした展開になっている。風景描写が多く、BGMも控えめだし。そして各ヒロインの心情が丁寧に描かれていてすごくかわいい。私は荒川稔久の描くヒロインがとても好きなので(狼と香辛料のホロとかまおゆう魔王とかこの美のうさみさんとか)、本作のお澄ましした感じが凄く好き。

 シナリオ面白いのは、謎を解く鍵がSFでも村に伝わる言い伝えでもなく、心因性現象かもしれないというところ。「電波女と青春男」みたいな感じ?あっちはかなり文学的作品だったけど(主人公の語りでストーリーが進行していく)。

 ヒロイン役の田村ゆかりは直近だとLOST SONGでも歌姫役をしていたけれど、何歳の役をやっても違和感がないというか、「10代のキャラが歌う歌は10代の声に聞こえる」一方で「20代キャラが歌う歌は20代の声に聞こえる」みたいな魔力があるよね。

 

ちおちゃんの通学路

 陰キャ日常アニメ。全編通学路のみを舞台にしたコメディ。あの頃のあるあるがほぼ全て詰まっている気がする。スクールカースト気にするとか、それとなく気配を消して同級生グループから姿を消すとか、めっちゃ他人を見下す友だちがいるとか、変に正義感があるとか。

 本作は海外で「バリバリ洋ゲー好きの女の子が出るアニメ」と話題になっているようで、1話でも既にアサクリ脳全開になっている。オープンワールド洋ゲーを遊ぶ→通学中、「あそこの屋根、あそこについてるパイプに手をかけながらあっちに飛び移れば屋根伝いに移動できるんじゃね?」と思い立つみたいな妄想は誰しも1度は経験したことがあると思うけれど、そういうアニメである。出てくるタイトル多種多様で、ゲーマー向けのアニメ

 家に居場所がない、かつ学校に居場所がないみたいな人にとって、通学路って案外「すべてのしがらみから開放された、短い休息の時間」みたいなところあるよね。

 

はるかなレシーブ

 沖縄ご当地アニメ沖縄行きたい。今季唯一の飯テロ枠?沖縄行きたい。タイトル主人公ペアが”はるか&かなた”なので、はるかな。☓は↑る↓か↓な↑ ◯は↓る↑か↑な↑

 ビーチバレー初心者主人公ビーチバレーを始める話で、冒頭で最強ペアとの対決が示されている通り、最終的にはガチスポ根アニメになっていく模様。でもみんなかわいい特におばあちゃんめっちゃかわいいスポ根作品だけれど、主人公が非常に鋼のメンタルを持っているので、すごく爽やかかつ後味のいいシナリオになっている。というか主人公イケメンすぎる。2話とかかっこよすぎて泣いた。ちなみに「はねバド!」を観たあと日本作を観ると遠井成美がきっつい性格の子に見えるけれど、間違いなく気のせいである。

 1話の時点では初心者視点で「ビーチバレーとは」が描かれているので、同期のスポ根アニメはねバド!」と比べると競技初心者向けのアニメになっている(競技人口の差かな)。中学時代バレー部だった身としては、「へーこういうとこバレーと違うんだ」という気付きをちょっとずつ説明していくスタイル面白い

 ビーチバレーのシーンはとても作画熱量が高い。ビーチバレー水着で行うスポーツなので、他の競技を描くアニメと比べてラインがすごくきれいな体の動きが描かれている。特に2話のジャンプサーブを打つなるみちゃんの動きとかめっちゃすごい。あと、主人公のつけている水着、柄が細かいのにちゃんと動いてて地味にすごい。

 本作の世界は男女比100:0くらいでやや女性優位の世界(おじいちゃんを除けばかめきちが唯一の雄かもしれないけど、甲羅の形がメスっぽい)なのだけれど、予想としては”水着で行われるアツい試合シーンを丁寧に描くほどエロく見える→そういう視点をできるだけ排除するため、男性には犠牲となってもらうことにした”あたりだろうか。

 あと本作は音楽めっちゃ良い。担当したのはラスマス・フェイバー特に1話冒頭の曲とか。サントラ買うかも。

 

BANANA FISH

AmazonPrimeVideo独占

 アメリカアングラ界隈を描く作品。全24話予定。すごくマッチョ世界GTAってこんな感じのゲームなのかな。主人公がひょんなことから謎の薬物を手に入れ、そこからマフィアのゴタゴタに巻き込まれていくという話なので、いろんなクソ野郎が出てくる。1話ではシンプルなシーンチェンジを多用してどんどん話が進んでいったので、かなり駆け足で原作を描く感じなのだろうか。

 アッシュエロい。非常な才気を持ちつつもどこか危うさや孤独感がある感じとか、英二との対比によって強く印象に残った。作中でもよく綺麗どころ(?)としてイジられてるのも輪をかけて高嶺の花っぽさがある。

 空気としてのアングラ感という意味では先のアニメメガロボクス」よりもずっとリアルなダーディーさがあって、時代設定をベトナム戦争からイラク戦争に変更したのも、そういう「空気」をちゃん取材するために必要なことだったのだろうと思う。インタビューによると実際に現地を取材していて、いくつかのシーンは実在する場所とのこと。一度行ってみたいな。

 他の作品と比べて、舞台性質上、人種のるつぼ感がある描写がとても印象的。気になるのは、舞台イラク戦争後なのでアラブ系差別される描写の有無。リアルではさんざん差別されてる(現在進行系)みたいなので、それを反映していくのかどうか。そもそも社会派アニメじゃないから流石に無いか

 

プラネットウィズ

 かなり可愛い絵柄の割にハードSFアニメアリスと蔵六かな?かなり骨太ヒーロー物。シリーズ構成ネームキャラクター原案 - 水上悟志とある通り、本作のために大量のネームを書いた水上先生の完全新作。

 キャラデザ・作監岩倉和憲、美術ムーンフラワー音響監督岩浪美和プロデュース松倉友二あたりはJ.C.STAFFの名作でお馴染みのスタッフなので、本作も非常に楽しみ。

 1話時点では主人公動機けが不純(食欲とか復讐とか)なのも好き。

 

ハイスコアガール

Netflix独占

 ひたすらゲーセンとかでアーケードゲームするアニメ。台バンすんな。時は、世間が動いた1991年。当時のゲーセンってアングラ学生サンクチュアリだったのね(今もそうだけど)。

 とにかくアーケードゲームオンパレードゲーム画面がちゃんリアルで稼働している筐体を使って撮影したゲーム画面。そしてガチプレイ。各ゲーム解説(ハメ技とか)も付いてるので、初見にも優しい。けど今これを見てもリアルプレイできないじゃん!

 

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

 ゲーマー脳の異世界転生。もしノゲノラがエロアニメならこれはエロアニメ

 異世界転生アニメはたくさん作られているけれど、序盤の異世界転生プロセスはずいぶん多様化していて面白い個人的に好きな異世界転生プロセスは「灰と幻想のグリムガル」「ノーゲーム・ノーライフ」あたり。本作は必要最低限の尺で必要情報を描きながらちゃんギャグとして落としているのが好き。

 とても主人公可愛い。「オーバーロード」のヒロインことアインズ様並にヒロイン力がある。序盤の展開が似てる作品の中では主人公の心の機微を丁寧かつテンポの良いギャグで描いているので、主人公がとても魅力的。

 また全体的に作画熱量が高い。すごい。

 

Back Street Girls -ゴクドルズ-

Netflix独占

 地下アイドルお仕事アニメ。ひょんなことからアイドルになった3人組が、不条理と戦いながらどんどん有名になっていくサクセスストーリーだし、実質アイドルアニメ

 ブラックユーモアSSなので、気楽に見やすい。ほぼ会話劇になっていて、動きは少ない(原画は一人だけ)。全体的に漫画タッチの絵になっているのがとても奥ゆかしい

 一人のキャラ男性声優女性声優担当しているので、「魔法少女☆俺」とはまた違うテイストの好演を観ることができる。

 

京都寺町三条ホームズ

 ヤバくない「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」。京都舞台にした、骨董屋のせがれバイトちゃん日常アニメいい最終回だった

 櫻子さんは嬉々として人骨を鑑定していたけれど、本作の清貴さんは工芸品の鑑定。作中で登場する美術品については、エンドクレジット時代考証などがなかったのでよくわからない。櫻子さんも清貴さんも、いわゆるきれいどころなのにすごく人間味があるところがグッとくる。ちなみにこっちは割とハートウォーミングな話なので、いきなり人骨を見つけちゃったり、暴漢に殺されそうになったりとかはなく(と思う)、事件の内容がとてもはんなりしている。さすが京都

 1話では基本的にお店の中だけの話だったけど、そのうち京都をぶらぶらする話もある模様。楽しみ(2話は葵祭の話)。京都といえば、清貴さんを演じる石川界人方言がまた誰かの琴線に触れるのだろうか(彼の方言指導をしているのは同じく声優で、ウマ娘ではゴールドシップ中の人こと上田瞳)。

 

ぐらんぶる

AmazonPrimeVideo独占

 きたないあまんちゅ。大学ダイビング部を舞台にした、ヤロー特有のノリ全開な部活モノ。

 全編に渡って大学特有悪乗りバカマネが繰り広げられ、非常に銀魂みがある(1話監督脚本絵コンテ高松信司)。それにしてもOPEDがとても良い。

 非常に危険なので、決してマネするのはやめましょう

 

七星のスバル

AmazonPrimeVideo独占

 VRMMO群像劇異世界の話でもなく、リアルの話でもない出来事の話。仮想現実世界の話で近いのは「.hack」とか?

 惚れた腫れたでチームの危機とか、イベントでうまく行かなくて犯人しからのチームの危機とか、概ねMMOあるある踏襲していくストーリーにわかり味が深い。加えて主人公が(1話時点では)小学生なので、より群像劇感がある。見た目が小学生じゃないからこそ感情移入やすいのだろうか。

 本作の「センス」というモチーフが好き。センス努力では超えられない壁みたいな意味合いで使われるワードで、スポ根アニメにおける才能に近いかも。でも決定的にスポ根アニメと違うのは、例えば今期の「はねバド!」「はるかなレシーブ」ではその競技に拘る理由が「楽しいから」なのに対して、本作ではゲーム=選ばれし者の遊び=ステータスとして描かれていて、誰も「楽しいから」という理由ではゲームをしていない。主人公たちが小学生時代ゲームを遊ぶ動機は「名声を上げるため」であり、そのゲームから遠ざかった主人公たちのことを考えると、本作のテーマは「自己肯定」とか「自己否定」なのかも。

 ゲーム世界作画熱量は高く(特にアクションシーン)、スタジオちゅーりっぷ美術もすごく綺麗。BGMゲーム風サウンドも相まって「ゲームやってる感」がある。

2018-07-22

ネットの薄暗い所から出てきたという事実をせめて知ってほしい

保育園落ちた日本死ね」が流行語大賞になった時、一部では「ブログ文章が元」と完全に勘違いされて紹介され、

ブログじゃねーよ増田だよ!!と憤慨した人も多いだろう。

同じように、最近流行の中にはしれっと一般向き、ウェイ向きに再解釈されているものの、

元を辿ればネットのこんな見向きもされないような所から出てきたんだってものが割とある

君の膵臓をたべたい」は「小説家になろう掲載Web小説である

幸色のワンルーム」は元はTwitter連載漫画「世の中いろんな人がいると言う話」である

米津玄師」はニコニコの初期から人気だったボカロPハチである

ワンパンマン」の原作個人サイト掲載しているクソ雑な絵のWeb漫画である

他にも、岡崎体育(元ボカロP)、SAO個人サイト発)、勇者30個人サイト発)、まおゆう2ちゃんSS発)、…

ちょっと最後の方オタク向きになりすぎたが、まあこういうものは幾らでもある。

元はすべて無料で読めたり、聴いたり、プレイできたものだ。

原作を見ろと言っているのではない。ただ知識として、事実として知ってほしい。

からこんなもの評価するなというわけではない。

言いたいことは逆で、ネットの薄暗い所から出てきたこれらの作品群を一般人がこんなに評価して、

こんなに見向きしているのだから

「見向きされてこなかったこれらの場所にも十分見向きする価値がある」

「もはや薄暗い所なんかではない、立派に光が当たって良い所」なんだと知ってほしい。

知ってどうしてほしいというわけではないが、ただ知ってほしい。その過去方面を無かったことにしないでほしい。

それだけだ。

2018-07-11

ようは「劣等生」とか「まおゆう」と同じパターンってことだよね。

anond:20180709094503

左右が違うだけで製作者の思想が透けて見えて鼻につくってやつ。

ただ作者の思想開陳したいだけっていう。


作り方が下手糞だとこうなるんだよね。

2018-05-02

いい感じのアニメ教えてよ

ゼロから始める魔法の書」っていうアニメを1年遅れで一気見して、とっても良かった

感想はまた別の記事で書くとして、久しぶりに視聴が止められないほど熱中して見れたよ

ヒロイン笑顔可愛いし、魔法が強いし、傭兵を護る優しさもあるし、こういうのってすごくいいよね


コレまで視聴して同じ系統だなと思ったのは

棺姫のチャイカ

アウトブレイクカンパニー

まおゆう

くらいかなとおもう。GW後半にもう一本くらいアニメを見たいのでこんな感じの似たようなアニメを教えてくださいまし






  • 2018/05/06 追記 ---

コメントに挙がっていたアニメメモ

みんなありがとう

<視聴済み>

メイドラゴン

スクラッププリンセス

クジラの子らは砂上に歌う

はたらく魔王さま

<未視聴>

デスマーチからはじまる異世界 狂想曲

魔法使いの嫁

ガンゲイルオンライン

狼と香辛料

ゼロの使い魔

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

墓場鬼太郎

聖剣使いの禁呪詠唱

魔法戦争

DYNAMICCHORD

アスタロッテのおもちゃ!

機巧少女は傷つかない

舟を編む

オーフェン

スレイヤーズ

六花の勇者

ログホライズン

灰と幻想リムガル

Re:ゼロから始める異世界生活

神さまのいない日曜日

GATE

ストレイト・ジャケット

このすば

オーバーロード

落第騎士の英雄譚

グランクレスト戦記

2016-10-17

http://anond.hatelabo.jp/20161017025213

まおゆうよく知らないけどあれってタイトル文字通り「勇者魔王」系じゃないのか?

中世世界観だけど特に勇者とかじゃない「男」とか「女」とかが主人公SSとはちょっと方向性違うってことでは。

まあ背景の世界は確かに似通ってるし元増田は気にしてないだろと解釈されるかもだけど、なんとなく差異があるんじゃないかなあと思った。

2016-07-21

[]まおゆう魔王勇者 感想

以前から気になっていた「まおゆう」を見た。駄肉と取り外し可能な角しか知らなかったけど、結構考えさせられるアニメだった。

たぶん、監督原作で下敷きになっている背景を知らないで作っているのではないかと思った。シーンがぶつ切りでどうなっているのか分からなかったし、特に戦闘シーンはどんな舞台がどこに向かっているのか全然からポカーンだった。

物語の下敷きになっているのは歴史なんだろうけど、経済の部分だけよく分からなかった。奴隷の成長は人権の萌芽を描いているんだろうし、その過程世俗教会の2重権力描写してるしとても面白い素材ではあるけどそれを生かしきれてないという印象。

登場人物役割職業別にうまく分かれていてわかりやすかったので、この点は良かった。商人軍人役人農民政治家そして魔王学者思想家という立場か。魔王だけはチート技術未来技術バンバン導入してるので学者というのはちょっと違う?

特に商人見方でも敵でもない、儲かることが正義という精神体現する非常に面白いキャラだった。儲けるためには敵とも手を結ぶ、戦争商機と見る悪人か、それとも経済交流相互依存を通じて戦争を遠ざける平和使者

この物語を通じてなにが言いたいのだろうか? 魔王が「あの丘の向こう側が見たいんだ」といったことが、「技術文化の発展によって戦争のない世界を目指す」という意味なら、それには望みがない。技術の発展はむしろ大量殺戮可能にした。経済発展貧富の差を作り出し社会の混乱を生み出した。人間欲望が限りないことを考えれば、戦争は食えないからするというのは単純すぎるといえないだろうか。

なぜか最終話火縄銃が登場して、はなしの展開を描く気がないでしょと感じざるおえない。史実では火器歴史を動かす重要役割を演じているので面白いネタを前にして最終回とは、非常に惜しい。2期がないのはわかっているが、このアニメ面白さに気づいてくれる人が多く現れることを望む。

2016-06-19

オタクマインドってのは文学至上主義なだけ

http://anond.hatelabo.jp/20160618201958

からアニメ漫画ゲームの題材として面白く使えればなんでもよくてそこに政治的正しさも右も左もない。

アニメ漫画という創作が何かの役に立つ、世の中の為になるかとかに興味がなくて「意識が低い」とも言える。

から創竜伝」「まおゆう 魔王勇者」みたいな左翼ネオリベ作品もあるし

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」に代表される「右傾エンタメ」とされるものも認める。

二次元萌えエロ表現もそれ自体価値を見いだしていて意識が低いか政治的正しさは気にしない。

面白い面白くないか、それだけ。

ただ元増田の言うとおり兵器活躍したりする右寄り作品のほうがエンタメとして扱いやすいので自然右寄りのものが多くなる傾向はある。

だがそこに政治的スタンス存在しない。

面白いか、面白くないかだけ。

2016-04-03

http://anond.hatelabo.jp/20160403200929

棋譜が展開と一致する

わからんヒカルの碁しおんの王

市長人間

寄生獣? 

親父の血を引いてる格闘家名字

グラップラー刃牙ジャック・ハンマーかな?

私には興味がない、お前には才能がない

全然からない。

主人公と姫(魔王)は初対面ではない

まおゆう

単行本の表紙で二人だけが逆さま

→?

ドアをあけてはいけないのは箱庭治療をしてるから

かってに改蔵

父親名前アナグラム

→?

タイトルが指しているのは人間

寄生獣

息子ではないときは息子の名前を呼んでない

ブリーチかな?

2016-02-16

http://anond.hatelabo.jp/20160215215333

いや、火星の人って内政系でしょ?

まおゆうとかヒモ生活みたいなさ。

火星の人となろう小説との差は知識の精度だけで、

根本的にはどちらも同じ、作者の趣味全開の代物だよ。

2016-02-13

http://anond.hatelabo.jp/20160213031950

そこだけじゃねーか

じゃあ「何も出来ないし泣き虫だし構ってちゃん」ってどっから出てきたの?

てかまおゆう魔王は「主人公が手助けするとコロッと惚れる」キャラじゃねーよ

http://anond.hatelabo.jp/20160213023618

それだけ?

じゃあ幼女魔王って何?

ていうかまおゆうっていうなら「何も出来ないし泣き虫だし構ってちゃんだし主人公が手助けするとコロッと惚れるチョロインだし」って何?

全然まおゆうそんな話じゃないよね?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん