「あじゃ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あじゃとは

2022-11-23

anond:20151214000631

政治家は男女ぺあじゃないと立候補できない仕組みがいいと思う。

2022-11-05

いよいよ流行語大賞とか形骸化してない??

2022年ノミネート語なんだけど。。。

1.インティマシー・コーディネーター

あ?は??

2.インボイス制度

会社員は知らんわ

3.大谷ルール

増田に籠ってる奴に野球の話はするな!

4.オーディオブック

ん?今さら??

5.OBN(オールド・ボーイズ・ネットワーク

すいません、聞いたことないです

6.オミクロン

流行語なの?

7.顔パンツ

去年から言っとるやろ!

8.ガチ中華

ガチク○ニとかで前から使ってる

9.キー

もはや元の名前知らんわ

10.きつねダンス

から増田に籠ってる奴に野球の話はするな!

11国葬

流行語??

12.こども家庭庁

けっこうまだ誰も知らん

13.宗教2世

あー まぁギリかな

14.知らんけど

知らんけど

15.SPY×FAMILY

あじゃじゃすっ

16.スマホショルダー

オッサンオバハンが知るわけなかろう

17青春って、すごく密なので

は?誰がいつ言ったの??

18.#ちむどんどん反省会

何の反省会だよ

19.丁寧な説明

一体全体何が流行語なのか丁寧に説明してほしい

20.てまえどり

せどり友達??

21.ヌン活

誤字?

22.BIGBOSS

しつこいな!増田に籠ってる奴に野球の話はするな!

23.村神様

もう○すぞ!!増田に籠ってる奴に野球の話はするな!

24メタバース

こんなん流行んねーっの

25.ヤー!パワー!

知らんわ

26.ヤクルト1000

悪い、R-1派なんだ

27.リスキリン

意識高い系なんでね、とうの昔から取り組んでるわ(キリッ

28ルッキズム

増田に引きこもってるやつに顔面の話するなよぉおぉおぉおぉうええぇぇぇっぇぇんんんっっ

29.令和の怪物

はぁ、、、増田に籠ってる奴に野球の話はするなと何度いったら、、、

30.悪い円安

良い円安時代知らんから何の感想もない

30語もノミネートされてて、共感できるものが一つもない。

これっていったいどこの誰が決めてるの??

ま、ユーキャン主催からただの宣伝なんだろうけど。

2022-09-06

スクワット

スクワットは家でできますよって言うけど正しいフォームとるの激ムズだろあれ。独学では無理、トレーナーに習えば行けると思ったけどできねえよ。うーん、効かないですかあじゃねーよトレーナー。なんのために体育大学出てるんや。裏ももなんかに負荷がかかる一生ムリポ。後ろ重心にしたらモーメントの均衡が崩れて倒れるんですけど

2022-09-01

またまた40歳マッチングアプリ増田ですやで

3人目の人は会った後しばらくやり取りしましたが2回目はなくフェードアウトしました

べ・・別にこっちもそんなに乗り気じゃなかったんだからね!

そして4人目、5人目と会う約束しました

メッセージをやり取りしたのが20人くらいで会った(会う予定)の人が5人というのは打率的にはまあまあじゃいか

面接に関しては経験があまりにもなくて普段通りのコミュニケーションもままならない状態なので場数踏むしかいね

一番の問題マッチング率の低さ

pairsが業者排除に力を入れたらしくて業者からいいね水増しが亡くなった結果いいね10のクソ雑魚であることが露呈しました

やっぱ写真だろうなあ~プロに撮ってもらうとかあるらしいけど公園とかで撮るみたいなんで

公園カメラマン写真撮られてる自分とか想像するだけで死ぬので無理無理かたつむり

友達いねえしどうすりゃいいのさ

2022-08-08

anond:20220713103632

なんだかなあじゃないんだよ。お前は脳みそ空っぽ他人の言う事しか聞けないスカスカ人間だってことを理解しろよ。もっと頑張って自分で考えろよ

2022-08-02

野党支持者の人達って選挙で立憲・共産惨敗するたびにどう考えているの?

私自身は自民党にずっと投票し続けてきて、たまに維新に期待している程度の投票傾向の人間

選挙開票速報では「300議席越えしないかな~」「280か、まあまあじゃん」「公明足引っ張んなよ」くらいの気持ちで楽しんでいる。

でも立憲民主共産党を支持している人達って、開票速報を見るたびにいつもどん底気持ちになっているのではないか、とも思っている。

2012年の政権交代以降、ずっと自民公明連立政権が続いている。

自民党支持者からすれば「当たり前」の雰囲気なんだけど、毎回毎回選挙惨敗している野党支持者って、何を考えているのだろうか。

私が立憲支持者だったら、午後8時5分の時点でテレビ消しちゃうよ。

2022-07-08

anond:20220706132048

麻雀入門」の「まあ」くらい? それとも「まあじゃん」くらいまでは覚えられたの? もうすこし頑張って「にゅうもん」まで全部覚えられたらよかったのに。

2022-07-03

anond:20220701203714

史上最も偉大な日本サブカル漫画家100人

知名度、後世への影響、漫画史的意義などを独断偏見考慮した上でサブカルくそ野郎フィルターで濾した二番煎じを俺も作ってみた増田

作家デビュー代表
田河水泡1929年のらくろ
手塚治虫1946年新寶島』『鉄腕アトム
藤子不二雄1951年オバケのQ太郎
藤子・F・不二雄1951年ドラえもん』『エスパー魔美
藤子不二雄1951年笑ゥせぇるすまん』『まんが道
石ノ森章太郎1952年サイボーグ009』『さるとびエッちゃん
松本零士1954年銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト
つげ義春1955年ねじ式』『ゲンセンカン主人』
楳図かずお1955年漂流教室』『まことちゃん
赤塚不二夫1956年おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん
水木しげる1958年河童の三平』『墓場鬼太郎
谷岡ヤスジ1959年ヤスジのメッタメタガキ道講座』
山上たつひこ1965年光る風』『がきデカ
佐々木マキ1966年『うみべのまち』『やっぱりおおかみ』
林静一1967年赤色エレジー
宮谷一彦1967年『性蝕記』
竹宮惠子1967年風と木の詩』『地球・・・
東海林さだお1967年アサッテ君
萩尾望都1969年ポーの一族』『11人いる!
吾妻ひでお1969年ふたりと5人』『失踪日記
諸星大二郎1970年暗黒神話』『夢見る機械
植田まさし1971年かりあげクン』『コボちゃん
山岸凉子1971年天人唐草』『日出処の天子
谷口ジロー1971年孤独のグルメ
蛭子能収1973年地獄に堕ちた教師ども』『私はバカになりたい』
魔夜峰央1973年パタリロ!
大友克洋1973年童夢』『AKIRA
いしいひさいち1972年がんばれ!!タブチくん!!
鴨川つばめ1975年マカロニほうれん荘
高橋葉介1977年夢幻紳士』『学校会談
江口寿史1977年すすめ!!パイレーツ!!』『ストップ!!ひばりくん!!』
吉田秋生1977年BANANA FISH
中崎タツヤ1978年『じみへん』
高野文子1979年絶対安全剃刀』『黄色い本
いがらしみきお1979年ぼのぼの
とり・みき1979年クルクルくりん』
山下和美1980年天才柳沢教授の生活
丸尾末広1980年少女椿』『芋虫
佐々木倫子1980年動物のお医者さん
あさりよしとお1981年宇宙家族カールビンソン
山田花子1982年『神の悪フザケ』『魂のアソコ
宮崎駿1982年風の谷のナウシカ
日渡早紀1982年『僕の地球を守って』
岡崎京子1983年リバース・エッジ』『ヘルタースケルター
山野一1983年『四丁目の夕日』
浦沢直樹1983年YAWARA!』『20世紀少年
岡田あーみん1983年『こいつら100%伝説
山本直樹 a.k.a. 森山塔1984年Blue』『レッド』『よい子の性教育
高河ゆん1985年アーシアン』『ローカライザー
矢沢あい1985年NANA
吉田戦車1985年伝染るんです。
望月峯太郎1985年ドラゴンヘッド』『ちいさこべえ
安達哲1986年さくらの唄
桜玉吉1986年しあわせのかたち』『漫玉日記
伊藤潤二1986年富江』『伊藤潤二傑作集 3 双一の勝手呪い
松本大洋1987年鉄コン筋クリート』『ピンポン
西原理恵子1988年『まあじゃんほうろうき』『パーマネント野ばら
山本英夫1989年殺し屋1』『ホムンクルス
榎本俊二1989年GOLDEN LUCKY』『えの素』
新井英樹1989年宮本から君へ』『ザ・ワールド・イズ・マイン
安野モヨコ1989年働きマン
CLAMP1989年カードキャプターさくら』『XXXHOLiC
漫☆画太郎1990年珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-』
今敏1990年『海帰線』『OPUS
高橋しん1990年いいひと。』『最終兵器彼女
ねこぢる1990年ねこぢるうどん
田丸浩史1990年ラブやん
冬目景1992年羊のうた』『イエスタデイをうたって
サガノヘルマー1993年『BLACK BRAIN』『ボーラーズ』
沙村広明1993年無限の住人』『波よ聞いてくれ
黒田硫黄1993年大日本天狗党絵詞』『セクシーボイスアンドロボ
五十嵐大介1993年『はなしっぱなし』『海獣の子供
古屋実1993年『行け!稲中卓球部』『ヒメアノ~ル』
あずまきよひこ1994年あずまんが大王』『よつばと!
玉置勉強1994年東京赤ずきん
木尾士目1994年げんしけん
古屋兎丸1994年ライチ☆光クラブ』『帝一の國
こうの史代1995年夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に
カラスヤサトシ1995年カラスヤサトシ
町田ひらく1995年卒業式は裸で』『少婦八景
大石まさる1996年みずいろ』『水惑星年代記
押切蓮介1998年でろでろ』『ハイスコアガール
清野とおる1998年東京都北区赤羽
東村アキコ1999年海月姫』『かくかくしかじか
クリムゾン1999年蒼い世界の中心で
石黒正数2000年それでも町は廻っている
ばらスィー2000年苺ましまろ
浅野いにお2001年ソラニン』『おやすみプンプン
押見修造2002年スイートプールサイド』『惡の華
華倫変2003年カリクラ 華倫変倶楽部上下』『高速回線は光うさぎの夢を見るか?』
蒼樹うめ2004年ひだまりスケッチ
花沢健吾2004年ルサンチマン』『アイアムアヒーロー
鮒寿司2005年『胎界主』
阿部共実2005年空が灰色だから』『ちーちゃんちょっとたりない』
谷川ニコ2007年私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!!』
クジラックス2008年『ろりとぼくらの。』
panpanya2008年『蟹に誘われて』
宮崎夏次系2009年あなたはブンちゃんの恋』『と、ある日のすごくふしぎ』
九井諒子2011年ひきだしにテラリウム』『ダンジョン飯
藤本タツキ2013年ファイアパンチ』『チェンソーマン

2022-06-11

anond:20220610204001

関係いかエントリ分けるけど、このブコメムカつく~~~~~~!!!!!

それって「ANYCOLORがVtuber可能性を閉ざしてしまった」のとは別の話では?CTuberはそもそもゲーム部の運営が言い出した言葉だし。結局色々と認識が雑なのよね。

どーーーーみたって別の話だろ。「こういうむなしいすれ違いが起こるの…」の書き出しで分かるだろ。元増田話題を一歩俯瞰しますよ、元の議論には立ち入りませんよ、の宣言だろ。

なんで冒頭に書いてあることをしたり顔で指摘できるんだ。

で、CTuberの議論ですか…

認めてしまうと自分の論にも隙はあって、ハローキティ最初にCTuberを自称して自らVTuberとは別のポジションを取りに行ったので、オタクによって隔離されたかのような言いぐさは誤り。

一応、この手の"真のVTuber"論でほとんど言及されておらず、真にバーチャルなのにオタクから無視されてるな…という感覚があったので取り上げたが、明らかに説明不足だった。

…って、指摘されてるのはゲーム部の方かい!!!

ゲーム部は確かに運営からCTuberと言い出したが、そこに至る経緯をまるっと無視してしまうのは、それこそあまりにも認識が雑だろ。

CTuberを名乗りだす前に、サイレント中の人を変更してただろうがよ。

そうしたら「別人になってしまった」「もうみりあじゃない」みたいな意見が止まらなくて、運営ブラック体質の問題とは別に独り歩きしてしまたから、その対処としてしぶしぶCTuberに乗り換えたんだろうが。

これが「オタクによってバーチャル看板を外された例」じゃなかったらなんなんだよ。

こういう文章も読めないし俯瞰もできないし突っ込むポイントも分からない、すべてがゆるゆるでふわふわな輩が「結局色々と認識が雑なのよね。 」の一言で全力マウント取りに来るの…ムカつく~~~~~!!!!!!!!!

大体「結局」ってなんだよ。お前の頭の中でどういう紆余曲折があったんだよ。

2022-06-06

anond:20220606193040

えーーーーー

お前も元増田もさあ、あの人がそんなに好きなら、そんなことずっと前から気付いてちゃんと向き合っておくべきだったろそりゃ

あのまあじゃんほうろうきとか完全にオタサーの姫のものじゃん

母親ネタにしても同じで、絶対自分」の共感する方向いてなかったって、わかりそうなものだろ

どんなに遅くたって、あのクリニックの人と付き合い始めた段階で、そんなこと気付いてなきゃおかしいよ

今時Vtuber信者より鈍い存在がこの世にいるなんて思わんかったわ

追記あり子供の頃、西原理恵子ファンだった思い出。

西原理恵子について、思っていたことを適当に書く。ちなみに私は1985年まれ東京僻地ぬくぬくまれ育った軟弱な人間

今手元に本がなくて時系列は間違ってると思うからその辺はいい感じに脳内保管してくれると助かる…。

西原理恵子との出会いはもうよくおぼえていない。多分ダヴィンチとかカルチャー誌に載っていたのを読んで興味を持ったんじゃないかと推測している。

はいろいろあって学校に行けない子供だったので、午前中に図書館に逃避し、そこで西原理恵子の本を借りたり、その帰りのブックオフお小遣いで買ったりしていた。なので、売り上げに貢献していない読者だと思う。本当にそれは申し訳ない。

話を戻すと、最初に買ったのは「まあじゃんほうろうき」だったと思う。何故これだったかというと、単純にブックオフで全部100円で買えたから。

中学生くらいの私(今から22年前だ…時間の流れ怖っ)にはめくるめく世界だった。一気に西原漫画に夢中になったし、彼女が大物とも臆せず交流する人間的魅力にも惹かれ、私も大人になったら雀荘で夜通し麻雀をする大人になろうと思っていた。

尚、36歳現在麻雀はできるが雀荘には一度も行ったことがない。

その次は「鳥頭紀行」に衝撃を受けた。なんだこれ。大人になったらこんなジャングルかにも行けるのか。幼少期から旅行記好きの私の心はがっちり掴まれた。

私も大人になったら世界中を飛び回りたい。しかお酒が美味しそう。西原は良い仲間に恵まれてて羨ましい。でも、それは本人に魅力があるからだろう。私も西原みたいな大人になって、楽しい仲間とさまざまな国でお酒を飲んでみたい。心底そう思った。

尚、36歳現在海外には一度も行ったことはない上に体質で酒は一滴も飲めない。

病気高校には行けなかったが、年齢が上がったことでネット環境を与えられ、もう時効だと思うから白状するが私は体調の良い日はブックオフで「せどり」をして小遣いを稼いでいた。そのお金で、西原の本を揃えられる限り揃えはじめた。

「ちくろ幼稚園」にはじまり「ゆんぼくん」「ぼくんち」などの叙情系を読み、「あの破天荒西原がこんなに繊細な漫画も描けるのか!!」と素直に才能に感心したし、それまでの彼女人生に思いを馳せたりもした。

その他、著作は書ききれないほど(この時点で2000年くらいかな)あったが、どれも思春期学校に行けず友達を作る機会もない私には輝いて見えた。こんな大人もいるんだという、一つのロールモデルとして彼女は私の中に刻まれていた。

もちろん、西原にはなれないのはわかっていた。それでも、世の中にはいろんな人がいる。そう思えるだけで、世界はいくらでも広がっていく。

そんな私が潮目が変わったと感じたのは2001年の「西原理恵子ブレークへの道」あたりからだと思う。既刊をあらかた買い読み尽くし、関連人物書籍も一通り読み終え、とうとう私はリアルタイム西原を追いはじめた。この頃はまだせどり可能で毎月一定の額を稼いでいた私は、とうとう西原の本を定価で買うことができるようになる。

少しそれるが、西原漫画コミックというより書籍扱いなので一般的漫画よりページ数が少なく、高い。

なので、いくら稼いでいるとはいえ(体調の良い時しかできないしな)合計しても小遣い程度の私には定価で買うのはまあまあ大変な額ではあった。でも、西原のことは信頼していて、躊躇うことはなかったと思う。

なのに、ちょうどこの頃の新刊あたりから内容がどこに向かっているのかよくわからない本が多くなった気がした。

加えて、2002年新聞連載をはじめると、必然的家族話題が中心になる。

私は西原作家としては信頼していたが、人間性まで盲信はできなかった。確か、「人生一年生」(1号か2号か忘れた)の中で安野モヨコが「西原漫画は好きだけど、友人として近づきたいわけではない」という旨のコメントをしていたのがすごく心に残った。

そうなんだ。西原漫画家としては才能があるけど、だから人間性もすべて素晴らしい人ではない。魅力的ではあるが、何かが欠けている。それが欠けているからこその魅力であり、埋めてしまうと彼女漫画を描けなくなってしまう気がする。

そういった私の中の西原への印象を、端的に言葉にしたようなコメントだと思った。

そこから新聞連載は興味があまりなかったこともあり、新刊を時々は買うものの「何か違うな…」と思うことが多々あった。おそらく、それは私が目まぐるしく成長していた時期だったからだと思う。

私の西原への熱量は冷めていき、一応情報を追ってはいるが興味が持てなくなっていった。

映画化絵本執筆

それは華々しいが、私が西原の魅力と感じていた部分がそれによって表せていたかというと疑問だ。

「大体、絵本とかで良い話描く際に必ず草原に青い空って手抜きじゃね?」

というくらいに、この頃から私の中で西原は「青い空の下草原をバックに良いこと言う作家」というイメージに変わっていった。漫画だと手抜きも笑えるけど、良い話、しか絵本になると「それでいいのか?」という気持ちになるから不思議

更にだんだん文化人枠に入っていくのも不思議ものを見ている感じだった。新聞連載は最初ちょっと読んだくらいなので、「良い母」としてCMに出る西原不思議な感じがした。だって西原ってあんなにめちゃくちゃやってる人なのになんでこんな綺麗にコーティングされているんだろう?

無頼派新刊も、かっちゃんマネー頼りの内容が多くなり、金で解決するオチが頻発して食傷気味になっていた。

そして20歳を超えた私は、新刊を諦めかつて夢中になっていた既刊を読み返すことにした。

しかし、それを読む私は確実に昔より成長していたらしい。

西原の本に出てくる友達男性ばかりで、特に仲の良い人はおそらく恋人だ。頻繁に出ていた人が急に出なくなるのは、きっと別れたからだろう。そう思った。そしてあんなに友人が出てくるのに、女性の友人は数えるほどしか出てない、もしくは出てもすぐに出なくなる。

それまでも、西原の本の内容が「嘘」であることは欄外などに語られていた。でもそれは面白くするための嘘であって、自分をよく見せるための嘘ではないんだろうと勝手に思い込んでいた。

しかし私が大人になったのか、女性の友人があまり出てこない事実に気付き、いろんなメッキが剥がれていった。

そして惰性で書店に行くついでに新刊をめくると、息子と娘の扱いに差がある気がする。

親との確執特に露骨に弟を贔屓し全肯定するのに私を全否定する母親との確執がある私にとって、それが気になった途端、新刊を追うことはできなくなった。

それ以降は聞き齧りなので本当に時系列がよくわからない。

とりあえずかっちゃんとの交際が公になったまではまあ「ふーん」と聞き流していたが、その後のMXテレビでの女性発言をかっちゃん解決してもらうところはすごく悲しかった。

なんていうか、それまで強い男に媚びてのし上ってきたんだろうなと気づいてはいものの、なるべくそこは見ないようにしていたのに、鼻先に思い切り突きつけられた気がして。

それでもまだまだ西原アル中鴨ちゃんを看取りシングル子供2人を育てた良き妻、良き母。かっちゃんとの関係はまだ女を捨てていない素敵な関係。そういうイメージ媒体を見るたびに悲しくなってしまった。そこには、私の好きだった西原が小さくなっていて、よくわからない素敵そうなものが大きな顔をしている。そういうふうに私には見えた。

とどめを刺したのは、「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」だった。

私の中で、女性作家若い女性に向けた提言本を出すと、それはもう終わりの始まりだという謎の思い込みがある。

(男性作家にも一部そういう人はいるが、どういうわけか面白く書く人もいて、この辺はいつも不思議。要するに成功した男性ロールモデルは数種類いるのに対し、成功した女性ロールモデルは種類が少なく画一的からだろうと思っている)

結婚子供を産んだ。金も男も手に入れた。確かに、そういう意味西原に憧れる人もいるんだろう。そして、この本が響く人もいっぱいいるんだろう。

でも私は病気学校に行けなくて、どんなに頑張っても今の世の中だと普通に働いて結婚して子供産むとかすごくハードなことで…。そんな私のコンプレックスなんて西原にはなんにも関係ない。でも、かつての本には弱者への目線も書かれていて、その人たちを笑わそうと体を張っているすごい人だと幼い私には見えていた。

それだけに、いわゆる「成功した作家」が提言本を出すのが、私には作家として何かを手放しているように思えて仕方なかった。

そんでもって相変わらず「青い空の下草原をバックに」表紙だしな!

(別に丁寧に細密な絵を描いて欲しいわけではない)

これ以降は別に私が書くことではない。

ない、が、娘さんの告発を見て、「やっぱりなあ…」と思ってしまった。

家族のことを部外者がとやかく言うのは下品だと思うので差し控えるが、著作を買っていた私は娘さんを追い詰めた側の人間だと思うので、今後どんな形でもいいか彼女が満たされ幸せに生きていって欲しいと素直に思う。

それはそれとして、西原ならこの騒動あの手この手マネーに変え、何故か感動のラストに持っていくのでは…と危惧している。多分、この予想は高確率で当たると思ってしまうのがすごく悲しいことのように私には思えるが、西原には西原なりの大切なものがあるんだろう。今の私にはよくわからないけれども。でも、私は娘さんを追い詰めた加害者なので、その顛末を見届けないといけないと思う。だから、少しでも娘さんが救われる顛末であって欲しい。ここでこんなこと書いてもなんにもならないけどな!

今までお気持ち表明って冷ややかに見ていたが、自分で読んでも気持ち悪い文章になってしまった。

高かった熱が冷めれば冷めるほど、人は気持ち悪い文章を書いてしまうのだろう。

それでも、私は一時期確実に西原漫画を読んで生活が潤っていたし、その潤いがなければ生きてこられなかったと思う。

なるべくそのことは忘れないよう、これからも生きていけたらいいなと思い、私は明日行きたくない会社に出社してやりたくない仕事をするだろう。おしまい


追記

男性に伝わるか私にはよくわからないんだけれども、大体の女性にとって「やたらとわかってる風に振る舞う男性友達ばっかりで同性の友達がいない女性」ってなんか言動とか価値観?とかに違和を感じていて、直接的だったり間接的に嫌な目に遭うことがままある…気がする…あくまで私の周囲の女性意見だけども。

(そういう女性男性はいい顔するので、例の「女の敵は女」という言葉が出てきがちだ。そりゃ被害に遭わなきゃ女性だって高みの見物できるだろうと思う。往々にしてその手の女性好戦的なのがめんどい)

とりあえず愛ちゃんアシスタントだし、はせぴょんとか中瀬ゆかりさんはビジネスだろう。「毎日かあさん」のママ友の話はほぼ創作(むぎちゃんだっけ?あの人は多分いない)らしいので、若い頃の同性の友人の話も聞いた話を適当に盛ってほぼ創作なんじゃないかなと思う。

とにかく言いたいのは同性の友人がいないことは悪いことではないと思うけど、同性の友人がいない人が娘の母親としてどう振る舞うかというと…ということを言いたかった。

まあ、ぶっちゃけ私の母親がそういう感じなんだって話でしかないけどな。

追記2】

作品ファンだったと思うのが健全で、作家ファンだったと思うのはちょっと違うと思った方がいい、みたいな意見はすごく真っ当な意見だと思うし、私もそういう風に考えたいと思う。

でも、西原をはじめとした自分身の回りノンフィクションエッセイとして作品を発表する作家はある程度作者の魅力込みで読者がファンになる特殊ジャンルかなとも思う。

(さすがに盲信するのはどうかなという気がするし、きっと完全フィクション作家ならみんな簡単に割り切れるかなと)

そういう特殊で業の深いジャンルであるが故に、今回の娘さんの話題で様々な意見が出るというのが問題?の本質かなと私は思ってる。だからこそ、今後また西原が今回の話題も何かしらの作品昇華してしまいそうで怖いなと思っている。

(作家としてはそれが正解なんだろうけど、それ故に残酷というかあまりに業が深すぎる職業というか)

追記3】

今ざっくり自分文章読み返してみて、多分初期の方が弱者への視点が感じられ、更に作者本人が体を張って笑いをとりに行く様が魅力に感じられたように思う。

そして、よくある話ではあるが金や権利を手に入れたあたりでその魅力が感じられなくなったのかなと。

多分その魅力は彼女の中にまだあるはずだけど、今の状況だとそれで作品を作るのは難しそうだ。それはとても困難で手間がかかるし、素敵な女性として楽にいい感じの本出した方が売れるだろうしね。

追記4】

他の人の西原への感想などが読めてとても嬉しいです。もっと読みたいので書ける人は書いてくれるとすごくすごく嬉しいです。

しか新聞連載以降の作品ファンがあまりいないので、あの辺の作品を買った層と初期の作品を買っていた層はまったく違う層なのか?と新たな疑問が出てきた…。「上京ものがたり」あたりは私も結構好きでした。特にラストはすごく心に残っている。

追記5】

追記多いのマジで気持ち悪いな。でも本文から気持ちいからなんかもうええわ。

友達の多い少ないは少なくともこの文章においては問題ではない。実際私も学校行ってないか友達少ないし。そしてそこを語りたいわけではない。

では何が私が引っかかったかというと、私がこの文章を書いた発端が彼女の娘さんの文章を読んだこと。

何度か男性友達は多いのに同性の友達がいない、少ない女性と接した経験から、そういう人々はとても男尊女卑であると思った。要するに、大勢男性と親しくできる自分は「名誉男性」であり、同性とばかり親しくする女性を格下に見ている。そして、人間を上か下かでしか見られず、他人自分と等しい存在だと捉えることができない。男尊女卑は対男性には伝わりにくいが、対女性にはすぐ伝わってしまうので対女性とはトラブルが多い。

そういう男尊女卑内面は奇しくも本人が言う通り、男尊女卑のまかり通る環境で生まれ育ったことも関係あるのかもしれない。

(でも、そういう環境で育った人がみんなそうなるわけではないけれども)

そして重要なのは、ここが問題点なのではなく、本当に重要なのはここから

本人が自覚あるかないかに関わらず、男尊女卑思想のある女性男の子女の子を産んだ場合女の子にはどう接するだろうか。

ここからは私の知り得るところではないので差し控えるが、自身母親と照らし合わせると自ずと見えることが無きにしも非ず。

それはそれとて、そういうことを考える私もまたすごく嫌な女だということは間違いないだろう。

自分の周辺にそういう女性に心当たりがないという人はとても良い環境に恵まれた人だと思うので、それは自身の人柄によるもので、すごく誇っていい尊いことだと私は思う。

追記6】

私がこの文章で書きたかたことは、西原理恵子という作家の業と私という読者の業、そして何より娘さんについて。

なので差別云々というのは私の文章力とか私の考え方に問題があるのは前提として、それを除けばここのコメント西原理恵子という作家や娘さんのことを触れないのは片手落ちに感じる。

(もちろん、100文字という制限がある以上それは仕方ないとは思う)

そして、私はその業や娘さんに関係ないことはこの文章の中で書く気はないし、責任もとる気がない。

私は誰しもどこかに他人差別してしまうところがあって、多分そこを言及されていると思うけれども、他人に「絶対差別するな」って押し付けたり、「自分絶対差別してない」って言い切る人は理想主義過ぎて少し怖い。

から、その辺が気になる人は、自分でそういう差別についてのエントリを書く方が満足できるし有意義だと思う。

追記7】

差別が〜って言う人は西原漫画読めるのか…?とずっと考えていたが、よく考えたら西原漫画を読まずにこのエントリだけ読んで「差別が〜」と言っている可能性もあるのか!とはたと気づいた。

知らない人に説明すると、西原理恵子という人の芸風は人種差別女性差別弱者差別などあらゆる差別を笑いに昇華していくものである。実際、女性の友人をデブだのブスだのヤリ○ンだと罵ったり、子供を産んでいない女性専業主婦へのヘイト発言なんて日常茶飯事だ。しかも、この何十倍も汚い言葉でそれを言う。

(改めてこう書くと本当酷いな…)

もう本人の作品自体ミソジニーだのホモソーシャルだのが真っ青になるくらい、差別問題発言の坩堝なのが西原理恵子漫画だ。

(今のポリコレではアウトでしかない…だから改めて差別とかホモソーシャルとか言われると「いやもっとアウトな発言いっぱい出てくるから!」ともうどこから突っ込めばいいのかもうよくわからない)

ところが、それがものすごく面白くて笑えるから始末が悪い。そして、それを読んで笑う読者ももれなく下品である。それが、西原理恵子と読者の業の深さの一端だ。

私は西原理恵子という作家について書くにあたって、そういう彼女や読者の中にある「差別」は切り離せないものだと思ってこの文章を書いた。そして、その「差別」がどの程度彼女の娘さんに及んでいたのか(あまり詳細が書かれなかったこともあるが)読者にはよくわからなかったところが例の娘さんの件で露見したように思う。

(更に補足すると、彼女差別する人間からこちらも差別していいとかってそういう話ではない)

なので西原理恵子を知らない人は、とりあえず図書館にも置いてあるしブックオフで叩き売りされているので読んでみて欲しい。私のおすすめは、コメントでも人気の高い「鳥頭紀行」とか「ぼくんち」あたり。

実際の西原漫画を読んで、差別だとかそういうもので頭がクラクラするのにギャグが強烈に面白いという奇怪な感覚に失神するがいい!

(ただし、合わない人には本当に合わない)

結局、何があっても私は西原理恵子漫画のすべてをきらいになれないし、機会があれば好きな作品を未読の人にも読んでもらいたいのだ。

Permalink | 記事への反応(22) | 17:22

ありがちな風俗女(ホテヘル編)

会話はそこそこできる〜いい雰囲気

シャワー浴びてる時もいい雰囲気〜ええ娘や〜

ベット

キス〜、けど口は開いてくれない。

じゃあおっぱい〜、けど無言。

もうちょっと舌でクリッ、「痛いです」

じゃあそろっと下触る〜「痛いです」

じゃあじゃあ下舐める〜「痛いです」

手コキと単調なフェラ

無理やり美少女想像してイク。


半分くらいはこんなもんやと思っといた方がいい。

ランキング上位はまだマシ。

2022-03-16

anond:20220316171832

あじゃあそういう重きを置く場所が私とは合わなかったんだな。

なんとなく納得した。ありがとう

2022-03-03

サザエさん主題歌って発達障がいを歌ってるの?

さかな咥えたドラネコ追っかけてはだしで駆けてく陽気なサザエさん

買い物しようと街まで出かけたら財布を忘れて愉快なサザエさん

この二節は典型的な発達障がいなんだよね。

一つ目は、一つの事に集中して他の事をおろそかにしてる状態

二つ目は、片付けられない人と同じ性質がある。前もって確認せずに出かけてるのでつい忘れたではない

現に先月の放送でも財布を忘れて街まで出かけてたサザエさんなのだ

サザエさんってADHD(注意欠陥多動性障がい)なのかな?とふと考えさせられた。

そもそもこのアニメ主題歌は今でこそ障がいの程度とか内容とかが事細かに調べる事が出来るので色々知識としてこうじゃないああじゃないって出来る訳だけど

それがない時代にここまで発達障がいに関する詳細な情報歌詞にあらわれてるのは中々ないと思う。

サザエさんすげえよ!時代を先取りしてるよね。

2022-01-24

美容院を変えたい

元々同じところでずっと切って貰う人ではなくクーポンを使って割とコロコロ変えてる人だったけどいちいち口コミ気にしたりするのがめんどくさくてここ10年くらいは同じところで切って貰ってた。

夫婦でこじんまりやってるところで最新の技術があるわけでもなくカットが際立って上手なわけでもなく…

だけど別にすごい下手なわけでもないし共通趣味があったり住んでいるところも近かったり、何より話しやすかった。

緩い感じで子供達連れてっても遊ばせててくれるし一緒に子供の髪も切れるところも良かった。

でもちょっとずつ引っ掛かるところはあって、気にしないように気付かないふりをしてたけど同じ美容院に通う知り合いが同じことを思っていたのを口に出した瞬間ダメだった。

もう通うのが嫌になってしまった。

子供達も通ってるから次探すのが面倒で仕方ないけどもう行きたくなくなってしまった。

いつも「コレ!」っていう髪型がなくてでもなんか変えたくて口で説明できないか雰囲気だけでも伝えたいと思って必死画像とか探してくのに「この髪型は巻いてるから。この子も。同じようにするのは無理」って言われるのとか。

わかってるけどさあじゃあ巻いたら同じ感じになるようにしてよ的な。

右と左の長さ違うかもって思ってもいやプロだしそんなことないっしょと思い続けてきたけどある時ショートにしたら明らかに2,3cm違って、プロに向かって言いづらいけど伝えたら「いつもは白い服だけど今日理由があって黒い服にしたかちゃんと見えてなかった」って言い訳されたところとか。

その理由だってなんか意味わかんなかったし。

夫と仲が悪いのを知ってるからなのかカット中の会話ですぐに周囲の人の不倫話題出してくるところとか。

私は夫と仲は悪いけど不倫は嫌いなので絶対しませんが。

つうかぼかしてるけど他のお客さんの不倫事情とかペラペラしゃべっちゃっててちょっと個人情報どうなの?

私が夫と喧嘩して痣作って来店したこととか絶対他の客に喋ってるよね?

そしてワクチン反対派であること。

私はワクチン賛成派…っていうかもうそしか防ぐ方法がないなら進んで打つわ派なんだけど、美容師さんは嫌なんだって

コロナなんて風邪みたいなもんでしょ,自分の周りにコロナで死んだ人はいないけどワクチン打って死んだ人何人も見てるし。っていうのと、出掛けたいのにコロナのせいでどこにも行けない大したことないのにってのが理由らしいんだけどさあ。

まぁわかるけどワクチン打った後に死んだ人だってワクチンが原因で死んだかどうかはわかんないよね?

そして「もうディズニーランドとか行っちゃおうかと思って。」とかしゃあしゃあと言ってのけてるけど接客業だよね?いいの?客にそういうこと言って。

万が一のことがあった場合来店した客があなたのせいで感染する危険だってあるんですけど。とか思ってたらなんか嫌だなと思い始めてきちゃって。

そんなところに、本業ヘアーサロン)以外の美容系の機械導入したりマッサージやりだしたりして、美容師としての予約が入らないからそういうところに手を出してるんじゃないの?と思い始めてきちゃった。

まあ昔からシャンプー売ったり化粧品扱ったりしてる美容院なんて沢山あるけどあくまでも本業は髪切りジャン普通

だけど美容系を破格の値段設定でやってるのをみると技術がないからそれを餌に客を取ろうとしてるんじゃないか邪推してしまう。

10年ぶりの美容院探しは結構めんどくさいしそもそも合う美容院が見つかるまでまたジプシーしなきゃならないし子供の着る場所どうしようって言う問題もあるけど、変えるならばつんと全員一気に変えないと気まずいからもう今の美容院に行く気はない。

良いお店見つかるといいな。

2021-11-04

[]野菜たっぷりスープカレー惣菜

半額で230円だったから買った

野菜全然たべてないしいいだろうと思って

そしたらごはん入ってなかった

いや確かに商品名スープカレーだけど、カレーならごはん入ってるもんやろ?

まじでショックだわ・・・いやまあじゃがいもはいってるから炭水化物あるっちゃあるけどさあ・・・

まあ炭水化物は太るしな

それにおなじものまだあと2つ買ったし

弁当も1つあるからそれたべる

はーあ

2021-08-17

anond:20210814113331

文句じゃなくてああじゃいかこうじゃないかって言い合って楽しんでる人はたくさんいるよ

カット構成するという表現性質と実写ベース映像世界になったこからそういう物語上の世界のつながりを確定させることは不可能だし、なんならそれは重要問題ではないという形式だったのだと思う

(つまり観客の解釈に間違いはあるが正解はないタイプ作品だったということ)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん