「書き言葉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 書き言葉とは

2022-07-23

翻訳言い回し勉強するために、少納言ってコーパスサービスでちょいちょい言葉検索してるのだけど、文脈データベース執筆者や生年月日、性別って項目があって、ん~って考えておぢさんとお兄さんの書き言葉って違うわなってはっとなった。本人が変わってなくても世代差ってあるものね...

2022-07-11

anond:20220711150636

現代において氏は書き言葉であって話し言葉ではなくなってるんでは?

2022-06-05

anond:20220605103001

ええと、

これ書き言葉なんだからいらなかったよな?

なんで書いた?

陰キャからだよな?

キッショお前キッショ。こんなキッショいオッサンが物言うなや。いい加減にしろよお前ほんまマジで

2022-05-27

性癖という日本語の使われ方について

どうやら5chの言語板では推測を書いてはいけないというどう考えても科学の発展の妨げにしかならないような謎ルール存在するので、以下、スレに書き込もうと思っていたことをまとめてここに書く。

性癖性的な癖に言い替えられるような使い方で使っているのはネットかつオタク文化圏に集中していることは疑いようがないことだと思う。

まずツイッターのbioがそうだ。

これを言ったらツイッターのbioとオタクがどう結び付くのか分からないし視野狭窄しか思えないって言われたけど。

なので他にも例をあげていこう。

booklive

cmで有名なシーモアやめちゃコミやrentaよりも蔵書が多い電子書籍サイト

ここでは商品説明も含め全文検索ができる

とりあえず前から5作品の該当文を順にあげる

もっと抵抗してくれよ 爽やか王子の歪んだ性癖

性癖が暴かれる!? 新感覚オフィスラブ!(中略)彼女のヒミツは…「アレ」に人一倍興味があること・・・!?

性癖ヤバめなオトコに狙われました。

・彼の性癖は歪んでる。~聖母エリート悪魔的とろとろ溺愛セックス

・ひなこは今夜も鷹臣先生を困らせたい おしどり夫婦のナイショの性癖

全て性癖を「性的な癖」と置き換えても成立する文脈で使われている

1000件以上ヒットしたが5件連続でこうなのだから漠然有意性が感じられるとは思う

全部検証するのは大変骨が折れるので興味がある人がすればいい

pixiv

イラスト投稿サイトとして最大手

また似たような引用方法をしてもくどい感じもするので検索結果のリンクだけ貼っておく

https://www.pixiv.net/tags/%E6%80%A7%E7%99%96/novels

あえて小説を選んだのはより検証がしやすいからだ。

なんか最初のあたりで中国語のものが目立つが、日本語作品ではやはりそういう性癖の使い方が目立つと思う

とまあ最大級文化圏を二つも押さえば十分だろう。

以下ではなぜこのような性癖の使い方が行われるようになったか推測、かっこよくいえば仮説を書く。

動詞名詞で書けるから

「○○をする性癖がある」があるというのは、一部の国語教師面をした人間からのウザ絡みを避けられるという意味でより無難な書き方をするなら「○○をするのが好き」と言い替えられるだろう。

しかし単に「○○がすき」みたいにというふうに書くとなんか締まりがない感じがしなくはないか

なんというか名詞性癖を使うのと比べるとバシッと決まらない感じがするというか、読み手を想定してみればそういった文章は漫然と左から右へと意味内容が流れていくばかりその読み手の頭からするっと抜けてしまうような感じが俺はする。

それに比べて「性癖がある」というのは名詞的な表現だ。その言葉の前で受けている性癖の内容をバシっと捉えて概念化している。

概念化は名詞効用だと思う。動詞で終わる文章が単に事実や考えを伝えるのに比べると、文章全体ではなく、一つ名詞読み手意識が集中される。

名詞記憶のとっかかりにもなる。そういう意味でも読み手の頭により強く残る。

あとは内容が正確に伝わりやすいという効果もあると思う。

以前私は「漫画の魅力ってそれが二次元メタファーされるように」という文を書いて、ここで「そんなメタファーの使い方はしない」というふうに言われた。

しかしこうやって指摘するぐらいの人間はその言わんとすることが伝わっているからこそ、その意味用法がずれているということに気付けることが指摘の動機となっているはずなのだ

完璧に正しい用法かの確証はないがおぼろげに自分の伝えたいことにかすっている程度ぐらいの可能性でも感じるなら、少し小難しくてもそういった名詞特に術語を使うほうが、読み手は「あああのことが言いたいのね」となるのだと思う。

性癖本来は単に癖と言うのをより生硬にした表現だ。そういう日常的にあまり使われてなかった言葉をあえて使う場合日常的に使われる言葉多種多様な場面で使われるためにぱっと読み手の目に入って来てもその言葉だけでは文脈が絞り切れないという意味ではニュートラル認識されるのに比べれば、そういう言葉特定ミームというか匂いを帯びやすい。

性癖」の意味をひとたびずらして「性的な癖」という文脈で使うようになると、もうそういうミームで固定される。

からそういうミームを共有し合う人間にとっては性癖という言葉を出すだけで、みなまで言わなくても何が言いたいのかなんとなくわかるというか、そういう読解の省エネ的な効果が認められるのだと思う。

とにかく、単に何々が好きというのが読み手に「なんの意味で好きなんだろう」とその実態のより詳しい限定化を課す、すなわちボトムアップ式の理解を課すものだとすれば、性癖概念で言ってしまえばトップダウン式に何が言いたいのか理解されるという点が便利なのだ。その代償として国語教師面した人間に噛みつかれるリスクを負い得るだけで。

俺がメタファーという言葉を使ったのもそういう効果を狙ったものだ。そもそもメタファー以外に自分の伝えたいことにあてはまる表現が見当たらないって理由も大きかったはずだけども。

(アスペは会話をあまりせず書き言葉友達から難しい言葉と思われているもののほうがアスペにとっては身近というのはアスペの悪い癖だ。もちろん俺の「メタファー」は他の定型から見れば理解の浅いずれた使い方なのかもしれないけど、俺にとってはメタファー理解度という点で使うべき一番ましな言葉だったのだ。そもそも言葉の難しさとは何なのか。たかカタカナ文字言葉の難しさをどう規定できるというのか。正も凸も小学生で習う同じぐらいの画数の漢字だが習う時期が全く違う。俺はこれにも納得できないがそれは上記のことに通じる話だと思う。凸が身近な人間にとっては普通の人にとっては正の方がやさしい漢字に思えても、その人にとっては凸の方がやさしいのだ。)

名詞は特技、趣味性癖というように表とかの項目にするにも都合がいい。

これが一つだけ「性的に好きなこと」とかだったら統一感もない。

ノニムの定着に立ち会っている。

角川類語新辞典には「手癖」「尻癖」「酒癖」と○癖という言葉がたくさん載っている。

癖をへきと音読みする言葉は実はそんなに多くないが、それでも日本語、いや日本人伝統として○+癖という造語法で言葉を作っていく造語意識が背後にあることを伺うことはできる。

基本的に癖の内容を象徴し得るような漢字+癖という組み合わせて作られていることは明らかだ。

酒癖はそのままだし、尻癖は失禁する癖のことで、その現象が起こる場所を示す漢字を使っているという点でちょっとひねっているが、根本はおなじだ。

そんなわけで、もとの性癖は性も癖も似たような意味で使っている漢字を組み合わせた熟語だけども、それとは独立して性的な癖という意味での、酒癖等と同列な「性癖」が今作られるようになっていったとしても、日本人の背後にはそうおう造語意識がずっとあったわけだから、何もおかしくないわけだ。

まり両国には地名と両者の国という二つの意味が考えられるがこれらは辞書では別の言葉として別別に立項されているように、あの性癖とこの性癖辞書で別扱いするべきぐらいに全く別物の言葉なのだというのが私の仮説だ。

よって性癖性的な癖と言い替えられる文脈で使ったときに「誤用だ」とかいうのは全くずれていて、単なるシノニムとしての衝突に翻弄されているだけなのである

日本語だとちょっと突拍子なく感じる意見かもしれないが、英語ではスペリングが同じで別の概念として複数立項されている言葉は何も珍しくない(無学かつ個別の事例を覚えてられるほど記憶力よくないので例はあげられないけども)。

まり我々は新しい言葉としての「性癖」の定着過程リアルタイムに立ち会っているというわけである

2022-05-08

知り合いの環境団体HP更新金もらってやってるけどマジで反吐出そうなキラキラ活動陰キャ俺マジ不安になってきたし上げてくれって持ってくる原稿全部「ら」か「い」抜きか「れ」入れ言葉だし「言ってました」を「ゆってました」って書いててキレそう 百歩譲っても書き言葉なんだから漢字変換しとけや

2022-03-25

anond:20220325175632

話し言葉

弾頭の重さによるが射程が1万5000kmを越えている可能性がある。その場合ワシントンも射程に入る可能性がある。

書き言葉

弾頭の重さによるが、射程が1万5000kmを越えワシントンも射程に入る可能性がある。


理解しろよ!

2022-02-24

彼女は悲しい」she is sad.「彼女は悲しんでいる」

このブログについての話だが。

彼女は悲しい」は「she makes me sad」か?

https://nakaii.hatenablog.com/entry/2022/02/22/210429

タイトルだけ見て何じゃこらと思っていたのだが、読み進めるうちになるほどなるほどと引き込まれる内容で面白かった。


ところで、she is sadの「自然日本語訳」として、ブコメでは「彼女は悲しんでいる」という訳があがっている。

自分もそれなら自然だなと思ったのだが、実はこれは純粋な形容詞?ではなく動詞?なので、「日本語形容詞の特徴」を説明してるブログとはまた話が違うらしい。

悲しい、が形容詞で、悲しんでいるは悲しむという動詞から文法的に違うという事っぽい。

(こういうことを細かく考え始めたら、「でいる」ってなんだよと混乱しかけたが、助詞の「で」と補助動詞「いる」らしい。「飛ぶ・飛んでいる」と同じような関係か)

この辺の国語は昔から全く理解できなかったので間違ってたらすまん。


とにかく、「悲しんでいる」はちょっと違うらしいので、他に何かしっくり来るものはないかと探していて見つけたのが、

説明文としての「彼女は悲しかった」。

書き言葉としてはこれがいちばん自然そう。


かなり客観的説明調で口語ではまず使わなそうだが、「彼女は悲しい」ほど違和感がない日本語として成立していて、

she makes me sad. とは取られない文章だと思うが、どうだろうか。

小説の文中なら、恐らく「彼女は悲しい」は使わないし、「彼女は悲しんでいる」というストレートすぎる記述もあまりしなさそうで、

多分「彼女は悲しかった。なぜなら〜だからだ」というような形がいちばん自然な気がする。

「悲しかっ-た」で、ちゃん形容詞連用形?のはず。

赤かった、寒かった。

(またしても「〜った」って何だよと思ったが、形容詞連用形に対する、助動詞「た」の接続用法らしい)


上記ブログ文中の例「彼は楽しい→彼は楽しかった」「彼は怖い→彼は怖かった」などでもイケると思ったのだが、誰も指摘していないようなので、もしかたらこれも何か間違っているのだろうか?

こういう事を考え始めるとゲシュタルト崩壊的な状態になって判断がつかなくなる。

(「彼女は悲しい」も、自然な気がしたりしなかったり訳がわからなくなってきた。「彼女は悲しかった」も変な日本語か?)

先ほども書いた通り、小中の国語の授業で躓いているので自分では何が間違っているのかもよくわからない。

誰か詳しい人がいたら、おせーて。

2022-02-16

anond:20220216212852

>男の擁護

…(苦笑)ちな女の擁護者て、どんな書き言葉でしゃべるんや?

2022-02-10

ネット上の書き言葉じゃなくて

普段生活で口に出して「彼ぴ」「ぴ」って使う人いるのかな?

2022-02-07

先延ばしし続けて寝坊しちゃいました

↑しちゃいましたは書き言葉じゃないよ!

2022-01-20

anond:20220120210228

元増田のように会話のない仕事が合わない、という人はいるんだろうね

自分は黙々と作業する仕事は苦じゃなくて、逆に会話を求められる方が困るタチだから元増田の思いは分からないが

しかに会話をする機会が減ると、会話脳は退化する

テレビを付けなくなった事でも会話理解脳みたいなものは落ちた

久しぶりに会話のようなことをすると、ドギマギと下手くそな、書き言葉っぽい返事をしてしま

anond:20220119235339

すまん →スマ

ねらーか…

書き言葉ならともかく、癖になるまで喋る人いたんだ…。

2022-01-19

追記

旦那のこと大好きでなんの不満もないんだけど

頑なにンをソに、ソをンに変えることにいまだに戸惑う

例:おでん→オデソ

ちなみに話し言葉でも書き言葉でも

聞いてみたらもうクセになってしまってるらしい

職場では頑張って抑えてるそう

たまに何言ってるかわからない

他にこういう人いるのかな

追記

たくさんの人に見てもらっててびっくりした

本人は面白いと思ってやってるわけじゃないんだよね

一人で過ごしてる時に自分の中だけでやってたらクセになってもうなかなか戻せなくなったみたいな…ちょっとかわいそうな感じ

ちなみにアンパンマン普通にアンパンマンって言う

パンはパソって言う

カレーパンカレーパソ

別に俺はパンのことパソって言ってるよ!っていう意識はないと思われる

このパソ、めっちゃ美味しい!わざわざ買ってきてくれてありがとう!みたいに普通にナチュラルに会話に組み込まれてる

なんだろうね…わかんないけど…

説得力いかもだけどすごい人格者だよ、本当だよ

2022-01-17

すべからく」は「全て」のカッコイイ言い方ではない

「須らく」の誤用の話は呉智英が随分前からやっていて、高島俊男先生も「お言葉ですが」で「予告語」という概念を作って説明したりして、「須らく」を「全て」の意味で使うのは誤用であるということ自体は広く知られる様になっていると思うのだけれど、結局の所、ネットで目にする文章では誤用の方がずっと多いのよな。

 

書かれた文章読んでいると、呉智英侮辱する様な「無教養知ったかぶり馬鹿」ではないと考えられる人たちでも誤用している例が多くて、これは書き手の知性とは別の部分に原因があるんじゃないかとも思えるのだよな。

  

「須らく〜〜すべし」が使われる文章ってのは、要するに漢文調の書き言葉って事になろうかと思うけれど、そういう文章が書かれる機会が減り、今の時勢で普通書き言葉ものを書く時には、むしろ誤用である「全てのカッコイイ言い方」の方に耳馴染みが出来てしまっているということじゃないかとも思えるのよね。

2022-01-09

漫画を描く人たちが性別を変える理由

最近TwitterなどSNSではエッセイ漫画流行っている。

ここ2、3年で、本職の漫画家に限らず、個人趣味で書いてるエッセイ漫画も頻繁にリツイートなんかで回ってくるようになった。

漫画を描いてる人本人に興味を持って調べることも多いが、そこで気づくのは、性別男性女性かに関係なく、自画像女性の人がほとんどだということ。

美少女とは限らず、地味な見た目だったり、おばさんに見えるような自画像も多いが、女性男性自画像を描いているパターンは今のところ見たことがない。

この現象を見て思い出したのは、1020年ほど前の2ちゃんねるに書き込むとき作法だ。

当時、2ちゃんねるのような匿名掲示板では、一部の板を除いて男女問わず男性のような書き言葉を使って書かないといけない暗黙のルールがあった。

それを守らないと、女だと分かると馬鹿にされたり真面目に取り合ってもらえないような雰囲気があった。

20年経った今の5ちゃんねるではそんな雰囲気は消えていて、男も女も楽しく平等罵倒しあっている。

現在SNS界隈では、その逆の現象が起きている。

そもそもどうしてエッセイ漫画自画像性別女性ばかりなのか?

一つに、可愛いものがもてはやされるからというのがある。ここ最近企業広告なんかでも堂々と美少女二次元キャラを起用していたり、オリジナル二次元キャラを描いていたりする。街中でもそういうものをよく見かけるようになった。

オタク的なもの嫌悪感を持っている人たちから批判を受けることがあっても、そういう広告が多く存在するのは、それだけ可愛いものがもてはやされていて、広告効果もあるということなのだろう。

しかし、自画像美少女ばかりではない。一番の理由として言えるのは、男性がやると非難されたり気持ち悪がられるようなことでも、女性がやると許される、受け入れられることが多いから、だということ。

実際、ちょっとした言動でも、男性がやると気持ち悪いなどという誹謗中傷を浴びることは今では珍しくない。

そして、男性の絵日記というものには誹謗中傷を浴びせる余地が山ほどある。

以前、爪を噛む癖がある、と描いた絵日記に、女の子から良いけど男がこれやってたら気持ち悪いな、などという意見がついていたのを見たことがある。

かい癖に限らず、ちょっとしたこと気持ち悪いなどと言われることは男性なら多くの人が経験している。

女性場合は、よほど悪いことをしていない限りは、本人に癖があっても大抵は自然に受け入れられることが多い。

何故か、男性が向けられるこういう誹謗中傷は、当たり前に受け入れなければならないという空気蔓延している。

から結局、自画像男性にして描いても、誹謗中傷を浴びて傷つくだけでしかない。

インターネット上の雰囲気が、20年前と真逆になってしまっているのは、結局この20年間で、女性地位が向上して、男性地位が下がって、それが行きすぎて男性の方がむしろ生きづらくなってしまたことを表しているのだろう。

2022-01-06

プレゼン終了。

準備しても準備しても形にならず、作っては壊し作っては壊し。

喋るためのメモも書いたが、うまく書けてない。どこで質問タイミングとろうか、まとまりがわからない。

ああもう時間になってしまう、緊張で心臓バクバクする。声が震えそうだ…

不安ばかりだったが。

はじめてみたら、なんかトントンとうまく説明できた。

プレゼン中に質問ツッコミも多くもらえた、ちゃんと内容が伝わってた、ということだと思う。

わかりやすかったとお褒めの言葉もいただいた。

アップした資料についての指摘などもきた。食いついてもらえた、ということだ。

なんかもう、達成感、満足感いっぱいだ。こんなにうまくやれて満足できたことって無かった、と思うくらい。

勝因は、やっぱり準備の量、時間だと思っている。

説明する内容についての理解にかなり時間をかけた。

台本も作った。結局は使えなかった、書き言葉冗長で分かりにくい、だけど書くことで頭に入った。

人に2度、聞いてもらった。詳しい人とそうでない人。実際にプレゼンしてみて、気づいたことは多かった。2回やったことで少し慣れた。

がんばった分だけの成果が出せた、と思える。

がんばったからこそ、結果を出せたと思う。

ということで今日一番の仕事は終わり。あとはゆっくりやる。

2022-01-05

プレゼン台本にしてあるものを読むより、目の前のあるものアドリブで読んだ方がうまくやれることに気づいた。アドリブというか、プレゼンのために頭に入れた知識文章をその場で組み立てて話す、というか。

台本を読むと画面を操作できない。読み上げる事しかできなくなってしまう。

あと、台本書き言葉で、音にしてみると冗長というか、分かりづらくなる。正確だけど伝わらない感じ。

2022-01-03

休みからって小学生中高生が来てるようだが

熱意と意欲があるのは認めてやろう、だけど書き言葉勝負するんなら、「てにをは」ぐらい間違えずにやれや

2021-11-20

「じゃない」は方言

「じゃん」が方言なら「じゃない」も方言なはずだよなあ。

どっちも普通にネット書き込みに使っちゃってた。

書き言葉方言は使うものではないというのが暗黙の了解だと思うけどそれ破ってる痛々しい奴だと思われてたのかな。

2021-09-30

にさんにち問題

小説中で「にさんにち」を記述するのは難しい。

「2~3日」と表記できればいいが、小説中における数字表記は、レーベル等の方針算用数字は使わず漢数字表現されることがほとんどだ。

「二〜三日」は漢字記号ミスマッチ感があり、あまりこの字面を見たことがない。

「二三日」はたまに見るが、二十三日みたいで誤解を招く。

「二、三日」というのも見るが、これは周囲の普通の読点と区別がつかず「二、」のところにセンテンスの区切りがあるように見える。

「二・三日」は見た目が気持ち悪いし、小数点にとれてしまう。

もはや書き言葉において「にさんにち」は実質的には非推奨の日本語となっている気もする。

かと言って「数日」だと感覚的には5〜6日くらいで、ニュアンスが変わってしまうし、なかなかい言葉がない。

「二日ほど」くらいが妥当な落とし所か……。

2021-09-27

anond:20210927114735

間違ってないとしても書き言葉として避けるべきなのは教育を受けてたり活字に親しんでいるなら明らか。

それにも関わらず書き言葉として使っているので、そこに”違和感を感じない”タイプ馬鹿であることが明らかなんだぞ。

2021-09-23

anond:20210911152616

大学ドイツ語フランス語イタリア語勉強して、どの国も旅行したり住んだことあるけど、フランスだけはマジでやめておいたほうがいいよ。ドイツが嫌になったならイタリアチェコに行くといいと思う。ドイツ人が原始人(ジャイアン)だとするなら、フランス人は全員スネ夫性格が曲がってるし人の言うことは一割も聞かない。話聞かずに自分の主張だけものすごい大声or早口でまくしたてる。ひねくれ方が言語にも現れてて、書き言葉話し言葉が全く違う。書き言葉江戸時代みたいなくせに話し言葉はおばさん・おっさん。まじでフランスだけはやめといた方がいい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん