「蕎麦屋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 蕎麦屋とは

2017-12-01

anond:20171201005450

なお江戸時代年越しそば蕎麦屋で食べるものだった場合

夜は基本外出禁止なので昼に食ってたことになる

なので「江戸時代か!」ではなくて「伝統無視か!」と言うべきかもしれない

anond:20171130223335

年越し蕎麦江戸時代から風習

では江戸時代の人は蕎麦をいつどこで食べたのか?

スーパーコンビニの無い時代

家庭でそば粉をこねて作って、そばつゆも自家製だったのか?

それとも蕎麦屋で食べたのか?

蕎麦屋で食べたんじゃないかと思うんだけど検索しても確かな情報は見当たらなかった

農村の人はどうしてたのか?そもそも農村風習があったのか?

なんてことを調べて本にすれば売れるかもしれない

俺はやらないけど

anond:20171130223335

みんなが日付が変わるあたりで食ってたら

蕎麦屋が儲からないじゃないか

2017-11-29

anond:20171129122040

ファッションとしてのTシャツを、各語ロゴデザインと言い換えることは可能

可能... と言いたいところだけど、

例えば、和菓子書道道具みたいなメーカーロゴまで含めると、

逆に日本語じゃないとしっくりこないのも多いから、

Tシャツの件とは、少し話が変わってしまうのかな。

例えば街中で目に入ってくるロゴデザインの各語の数を比較するとどうなんだろう。

自分で身に着ける前提のTシャツデザインの数と比例してたらおもしろいですね。

→ 街の看板とかは、日本語自然なのも多い気がするね。

蕎麦屋寿司屋看板英語だったら、絶対入りたくないし。

日本って、デザイン化したときに、意味が直接響くより婉曲表現になるほうが美的効果が高いと感じる文化圏なのかもしれないですね。

→ 確かに

平仮名片仮名で読みをそのまま書くと

稚拙な印象があるね

2017-11-15

anond:20171114201618

近所の蕎麦屋醤油ラーメン冗談抜きで世界一クソ不味いが、その不味さが懐かしくなってたまに頼む俺は玄人

2017-11-14

蕎麦屋蕎麦を頼むやつは素人

近所の町の蕎麦屋で食べる味噌ラーメン野菜たっぷり、肉たっぷりでありがてぇ。肉野菜炒め定食うめぇカツ丼たまご丼もうめぇ

地元の評判によると、そばもうまいらしい。でも俺はその蕎麦屋蕎麦を食べたことがない。なぜなら俺は玄人から

素人おかめそばでも食ってろってこった。

2017-11-13

満島ひかりがだいぶ好き。

初めて見たのはトットてれびでの黒柳徹子さんだった。

チャキチャキとよく喋りよく動くジェットコースターみたいな徹子さんと、親愛なる人を亡くしたあとの孤独感とか消失感をまとった雰囲気とのギャップが格別だった。

次に見たのは駆け込み女と駆け出し男だった。

声の出し方がふわふわしてるけど、この人にしか出せない雰囲気があるよなあ〜と見入った。

その次はカルテット

す、すずめ〜!!!!すずめ、、、ば、ばか〜!!お前自分のために幸せになっ…すずめ〜!!!

蕎麦屋のシーンとコンビニ前でまきさんに「行かないで」って言うとこ最高だった。

今は監獄のお姫さま見てる。

満島ひかりにされたいことが詰まってる作品である満島ひかりの指令でキビキビ動きたい。

https://anond.hatelabo.jp/20171112223020

2017-10-30

anond:20171030163639

コンビニ弁当の唯一絶対的に悪い点は

の2つだ(あ、2つになっちゃった

でもじゃあかわりに蕎麦屋で冷やしたぬきそば食ったほうがマシなのかというと正直微妙塩梅なので、言わせたい人には言わせとけって感じではある

コンビニ弁当よりマシな外食ってなかなかないのよ

2017-10-29

ヌーハラ

まれも育ちも日本で、

両親も日本人だけどさ、

ときどき蕎麦屋にいる、

すごい勢いで強調するように啜ってる

おっさんの出す音が苦手だわ

啜る音自体は嫌いじゃないけど

何でだろ?

2017-10-24

anond:20171023235030

文字通り東京排水溝とかドブの中でめっちゃ繁殖してるよな。蕎麦屋で出現して店内パニックになった

anond:20171023235030

文字通り東京排水溝とかドブの中でめっちゃ繁殖してるよな。蕎麦屋で出現して店内パニックになった

2017-10-14

anond:20171014010218

安倍政権になり飲食店スーパーパン屋さん、蕎麦屋さん、と次々に閉店した。

豊かさは実感できない。

しろアベノミクスで、みんな苦しんでいる。自民党に勝たせてはいけない。

自民党に勝たせれば、また安倍総理のお友達けが得をする政治が続いていく。

2017-09-29

保毛尾田保毛男の件でいろいろ騒いでいるが

さて先日放送され、保毛尾田保毛男が登場したとんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP

これが同性愛者に対しての配慮を怠ったとかで問題になっているらしい。

自分もなんとなく家事をこなしながらテレビをつけっぱなしにして観ていたが別にそんな事には気にもとめず、むしろビートたけしの文春の話の方が気になるくらいだった。

そもそもロケ番組なので自分の覚えている限り出だしはキャラクターを強調したものの後は普通に会話しながら3人で街を歩くという展開だった(蕎麦屋撮影許可を取ろうとする場面では完全に素に戻っていた)

だけれどもツイッターなどでは支援団体フェミニストや実際にカミングアウトをした人たちを中心に批判的な意見が多く流れている。

さて、まぁホモがどうだという話は色々な所でやられているので別の視点から見てみようと思う。

例えばこれが保毛尾田保毛男以外でも炎上したのだろうか?

テルと泰造、轟さん、のような同じフジテレビの他のヒットキャラでもやはりこうなったのか?

ガキの使い遠藤同性愛ネタや昔懐かしいウリナリホワイティでも炎上したのか?

逆に実際にカミングアウトした人のネタなら笑っても良いのか?

そう結果として笑いに対する線引きが非常に難しい。

こういった批判を展開している人たちの中には「保毛尾田保毛男を見て、懐かしいとか肯定的意見をしている人は信じられない」とまぁこちらを全否定している物すらある。

それはそれでどうなのか?と思っていた中、見つけたのが下記のブログ

ttp://futaripapa.com/2017/09/29/tegami-293/

実際にスウェーデンで同性同士の結婚をしている男性ブログである

ブログ見出しには

「息子くん、日本ではホモバカにしたテレビがいまだにやってるんだって、まじ古いね。」

となかなか辛辣見出しとなっている。

その記事の中ではゲイ同士の結婚に対しての取材を受けたエピソードが書かれ、実にほのぼのとした内容で書き綴られているがブログの中盤から保毛尾田保毛男の話になるや状況は一変する。

要約するとこの著者が子供の頃にこのキャラクター流行っていてその時期から同性愛感覚があったこの著者はクラスで「ホモきもい」というイメージ侵食していく中でとても傷ついたという。

またそういった中でナヨナヨした男子は保毛尾田と呼ばれたりした。

子供残酷だった。

こういった話が展開されそのラストには

未だに保毛尾田保毛男のようなキャラを登場させて笑いが取れると思っていると笑ってしまう。

スウェーデンから見た日本古代しかない。

人をバカにすることでしか笑いをとれないのはそれだけ笑いのセンステクニックがないということ

という言葉

(注:あくまで掻い摘んで書いているので実際に記事を読む事をお勧めします)

最後自身の息子に対しての温かいメッセージでこの記事は締めくくられるのである

ここで思った、ではその言葉で傷つく人間はいないのか?

少なくともこの記事を読んで自分は良い気分ではなかった。

自分アメリカで数年間生活した経験のある人間だがそれをどちらが上でどちらが下などと考えたことはない。

ぶっちゃければ楽しい事より辛い事の方が多かったが(飲み屋で突然FU◯K Japanese monkeyなんて言われたこともあった)結果アメリカが嫌いになる事はなかった。

勿論この著者もそんな事を思って書いた訳ではないのだろう。

しかし結果として保毛尾田保毛男の登場が悪意と感じたのであれば、彼はそれに対して悪意のある言葉で返してしまっている。

言うなれば問題定義を悪意のテフロン加工で塗り固めただけである

この著者だけではなくインターネット上には大なり小なり解決に至らない罵詈雑言が溢れかえっている。

それで解決が出来るのだろうか?と改めて問いたい

2017-09-28

関西人蕎麦

この前梅田駅阪急そばに行ったら全員がうどんを食べててびっくりした。関西人全然蕎麦を食べないし、お陰で蕎麦屋レベルも低い。

この前なんか、京都で良さげな蕎麦屋を見かけてふらっと立ち寄ったらにゅうめんの店だった。

2017-09-11

anond:20170911135031

会社存在意義利益を出すためにあるけど、

溺れる人間を叩く傾向のある日本社会では

コンプライアンス違反利益が吹っ飛ぶどころか

会社の存続に関わる事もあるじゃん

例えばバカッター1人のためにつぶれた蕎麦屋とかな

2017-08-23

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン審査が控えめに言ってひどい

表題審査過程で、あまりに腹に据えかねる扱いを受けたと感じた。

この記事を書く主な目的はもちろん憂さ晴らし。まあ、他の人にとっても何かの参考になればいいな、くらいの気持ちはある。

なお、正式審査申し込みからとうに一か月近くが経つがまだ結果が出ていないということもあるので、なるべく中立的に、感情的にならないように書くつもり。

当方スペック

30台後半、男

妻子あり(子供複数

会社勤め(正社員

東京都に隣接する県に在住。

ことの始まり

現在住んでいる家は5年半ほど前に買った持ち家(新築建売の一戸建て)。

しか子どもたちが成長するに連れて、早くも手狭になってしまった。

言い訳をさせてもらうと、この物件を購入したときはある事情物件をあまり選べなかったというか、限られた選択肢と限られた時間の中で住む場所を決めなければいけない状況だった。

その条件の中では最適な物件を選んだつもりだったのだが、いろいろ妥協した点もあったし、いつかはこうなる(手狭になる)ことは予測できてはいた。

それで主にネットを使って新しい家探しをしていた。

いい物件を見つけると不動産屋に連絡して何件かを内見したりしていた。

現在住んでいる物件を売りに出すとしたらいくらで売れるか、複数社に見積りをとったりもした。

結果、購入時の金額よりも高く売れそうということがわかった。控えめに見ても購入時と同じ金額で売れそうだという見積りだった。

そんなある日、妻がものすごい物件を見つけてきた。

20年の中古戸建てだが、間取りや立地、金額などの条件がほぼ完璧物件だ。

すぐに内見の申し込みをした。

2回の内見家族全員が物件を気に入った。

住宅ローン審査

この物件を購入するつもりで、住宅ローンの仮審査を行った。

複数銀行に一括して仮審査を申し込めるというサイトがあったのでそこを利用した。

住信SBIネット銀行と、都市銀行一行、地銀一行を選んで仮審査の申込みをした。

これが2017年7月9日

住信SBIからは翌日すぐに仮審査 OK の返事が来た。

地銀から電話で連絡がきて、「新しい家の住宅ローン融資実行前に、現在住んでいる家の住宅ローンの返済が済んでいないとお貸出できない」とのことだった。

それは無理なのでお断りした。

都市銀行からはついに連絡が来なかった。

地銀と同じような条件(融資実行までに現在住宅ローンを完済)が住信SBIにも無いかどうか、Web サイトをくまなく探し回ったがどこにも書かれていない。念のため住信SBIカスタマーセンターに問い合わせたところ、そのような条件はない、完済予定という旨を正式審査申込書に一言書き添えてあれば問題ない、との回答を得た。

ということで住信SBI正式審査を申し込んだ。(7月10日

同時に、仮審査が通ったということで物件の購入を正式に申し込んだ。

正式審査用の書類がなかなか届かないな、、、と思っていたら、7月14日住信SBIカスタマーセンターからメールが来た。自宅住所の件で確認したいことがあるから電話しろとのことだった。

電話をしてみると、住所が見つから書類が戻ってきたというのだ。

一括申し込みサイトでの記入時に現住所を書き間違えたのだろうかと思ったが、カスタマーセンターの方と話してわかったのが、「丁目」が抜けていたとのこと。

一括申し込みサイトでは郵便番号から丁目まで自動入力されたのでそれは無いのでは、、、と思ったが、先方がそう言うので仕方がない。

このため、今回の正式審査申し込みはいったん取り下げ、もう一度正しい住所で仮審査申し込みから行う必要があるとのことだった。

しかし、同じ氏名・生年月日で審査の申込みは(バッチが回って既存レコードが消されたあとの)翌営業日でないとできないとのことだったので、連休明けの7月18日まで待った。

7月18日に再度仮審査を申し込み、同日仮審査 OK が出て、今度は申し込み書類が自宅に届いた。(記憶によれば、7月21日に届いた)

書類を揃え、翌月曜日7月24日に郵送した。

7月25日正式審査開始のお知らせというメールを受け取ったので、先方に書類が届いたと判断した。

住宅ローン正式審査開始

この時点では、こんな酷い目に遭うことになるとは思ってもみなかった。

7月27日住信SBIカスタマーセンターから電話があった。

追加で提出してほしい資料があるとのことで、FAX か郵送で送るようにと言われた。

少しでも早い方が良いと思い、FAX 番号を教えてもらった。

7月27日出張中だったので、帰宅7月31日FAXを送付した。

8月7日FAX を送ってから(おそらくすべての必要書類が揃ってから)一週間、正式審査開始からだとそろそろ2週間になるが何の音沙汰も無いので進捗状況が気になったのと、もともと売買契約上はこの日までに住宅ローン審査が終わっていなければ自動的に解約になってしまうということだったので、カスタマーセンターへ問い合わせた。

すると、こちから送ったはずの FAX が届いていないという。

FAX が届いていないのに1週間以上も放置されたことに非常に気分を害したが、すぐに同日 FAX を再送付した。

また、不動産屋に事情を話し、売買契約の期限を延長してもらった。

翌日、FAX が届いたかどうかカスタマーセンター確認。届いたとのこと。この時点で、「3〜4営業日以内には結果が出る」とのことだった。

ちょうどお盆休み期間だが、その影響は無いかどうか聞いたところ、暦通り営業するので問題ないとのことだった。

8月14日FAX を送付した日から 4 営業日目だが、午後になっても連絡がなかったのでカスタマーセンターに連絡。

蕎麦屋の出前の如く、「あと3〜4営業日で結果が出る」とのことだった。

FAX が届いてから待った4営業日は何だったのだろうか?

この時点でかなり不信感が募る。

仕方なくさらに4営業日待った8月18日、再度カスタマーセンター電話

すると、今更になって「確認させていただきたいことがある」とのこと。

なんで確認したいことがあるのに連絡してこないのだろう???

なお、確認たかったことというのは、送付した売買契約書に書いてあることで、わざわざ確認するまでもないことだった。

8月22日不動産屋さんもさすがにしびれを切らし、住信SBI電凸したらしい。

すると、私に確認したいことがあり、私のせいで審査が止まっているというようなことを言われたようだ。

私の認識では8月18日電話で済んでいると思っていたのに、ここで私が悪いような言い方をされ、さすがにキレ気味にカスタマーセンター電話をした。

確認すると、8月18日の件は確認済みで正式審査を進める上で必要情報は揃っていたと住信SBI側にも記録があった。その上で、念のため他に確認事項が無いかどうかを担当部署確認するとのこと。

意味がわからない。

すると担当部署から現在住んでいる物件の売却予定額と売却予定時期について確認したいと言ってきたそうだ。

地銀が仮審査時点で確認してきたような基本中の基本を、1ヶ月近くも待たせた今になって今更訊くか???!?!?とキレそうになったが、可能な限り怒りを抑え、「オペレーターの方は何も悪くない」と自分に言い聞かせながら話した。

すると、「現在住まい物件が売却済みでない場合審査結果に影響が出る(=審査が通らない)場合があることをご承知おき下さい」とのことだった。

審査時点で確認したことと矛盾しているのだが。

電話を切った数時間後、住信SBIカスタマーセンターから電話があり、「不動産屋さんから営業日までに審査結果を出すように言われたが、無理なのでその旨お知らせください。また、審査が通ったとしても、満額回答ではない場合や、支払期間を短くしてもらう場合があるのでご承知おきください」とのことだった。

この人達は今更何を言ってるんだろう。。。という感想しか出てこなかった。

明日8月24日売買契約の期限

明日売買契約の期限で、これ以上の延長は無理と売主様に言われたとのこと。

通常7日から10日で審査結果が出るはずのものが、一ヶ月近く経って結局審査結果が出ないまま強制終了ということになりそうな感じがしている。

私のケースが「通常」ではなかったのかもしれないが、今回の結果がどうあれ、二度と住信SBIを使うことはないだろうと思ったし、銀行として大丈夫かな、と心配になるレベルだった。

カスタマーセンターへの電話がいつもつながりやすい点だけは評価するw

2017-07-30

家族の思い出

 風呂掃除をしていてうっかりゾーンに入った。

タイルの目地を狂ったようにタワシで磨く行為を1時間程続けていたのだ。汗が眼に入った。脇から流れた汗がTシャツを通って腰に伝った。今日はよく晴れていて、風呂の窓からは蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。頭の位置を変えたら酷い立ちくらみがして、大きく長い息を吐いた。

普段まったく家事をしない。必要に迫られないとしない。そして「必要に迫られている」と感じるのが人よりだいぶ遅いようで、自分でも呆れる位、家事をしない。

今日、年に何度か訪れるこのうっかりゾーン最中、あることを思い出した。

以前、同居人がいた。2年と少しくらい一緒に暮らしていた。

同居人家事全般、とりわけ料理が得意だった。事情があって一緒に暮らしはじめ、事情があって家事はあまり分担せず同居人が一手に引き受けていた。家事が好きだから、好きな方がやればいいじゃない、と同居人はよく言った。色んな事情があったので、バランスを取るために自然とそうしていたのだと今では思っている。そして実際うまく機能していたと思う。

それでもたまに、何から何まで申し訳ないなと思うことがさすがにあった。そんなとき今日のように風呂タイルの目地を磨いたりしていた。家事が苦手な人の特徴なのか、自分の特徴なのかは知らないが、いったんやり始めると今日のようにうっかりゾーンに入る。一時間や二時間、平気でタイルを磨いていた。

そんな時よく同居人背中から声をかけてきた。「お茶のみませんか」「居酒屋さんごっこしませんか(揚げ物とビールを準備しているとき)」「お蕎麦屋さんごっこしませんか(日本酒卵焼き、板わさを準備しているとき)」。

背中から鬼気迫るものを感じていたのだろう。無理にとは言いませんけど、区切りませんか、そんなニュアンスだった。そんな時はたいていハッと引き戻されて「するする」と犬のように尻尾を振ってタワシを投げ出して、いい匂いを嗅ぎながらタオルで濡れた身体を拭いた。

今日タイル磨きをやめるタイミングを掴み損ねて、立ちくらみを味わいながらそんなことを思い出した。

 かつての同居人とは、何故かあるタイミングでお互いの事情が一致して暮らし始めた。

行為は付かず離れずしていたが、恋人ではなかった。友だちとも違った。同じ家で暮らして、一緒に起きて、一緒に食べて、一緒に眠る人だった。子供ができたらいいね、と年に何度か言い合うことがあった。動物として自然の流れでそうなったらいいね、という意味だ。自分同居人も、お互いについての感情は「たまたま一緒の檻になったライオン」のような温度だった。

恋愛感情が無かったわけではなくて、持っていた頃も多分あった。お互いそうだと思う。ただいろんな事情理由があって、結婚選択肢に入らなかった。それぞれが別の異性と遊んだりすることもあった。「浮気してくる」「異性と交遊してくる」と言って出かけることもお互いあった。気をつけてね。何時に帰るの。お互い自分自身をそんなに素晴らしい人間だと思っていない同士、そんな生活に不満は無かった。一緒に暮らし続けた。

 もちろん人間感情はそんなに陶器のようにツルンとしてないようで、色んな諍いはあった。お互い思った事を口に出す人間では無かったので(悲しいことだと今では思う)、喧嘩にはならなかった。言い争いの代わりに、子どもや猫のような抗議をお互いよくした。突然夜中に居なくなったり、家に帰らなかったり、メールに返信せずに心配させたり、寝たふりをして返事をしなかったり、料理をしなかったり、料理を食べなかったり。そんな小さいギザギザは数ヶ月に一度あった。それでも同居人とは同じ檻同士、基本的に信頼しあっていた。お互い求められた通りの心配をした。夜中の公園真冬に探し回ったり、帰ったら好きなお酒料理音楽が準備されていたり、心にもない優しい言葉をかけたりした。どうせ仲直りするのはお互い分かっていた。早くしたいとお互い思っていたのだ。諍いに限らずあらゆる事が、始まり方は子どもでも終わり方は大人だったと思う。

 一緒に暮らしから色んな事が変わった。そして、これは自分にとって驚くべきことなのだが、色んな事を学んだ。

まず、健康になった。皮膚や髪の毛の質、睡眠の質が変化した。これは食事がガラッと変わったので当たり前なのかも知れないが、自分には驚くべき事だった。風邪を引いたり、一日寝て過ごす事も減った。同居人が酒好きだったので、自然自分の飲む量は減った。酔っ払いが二匹居ては収集がつかないと思ったためだ。伴って体重も減った。

趣味世界物事視野も広がった。同居人にとって当たり前のことは、初めて知る事ばかりだった。色んなモノが世の中にはあること、それぞれの用途のこと。野菜ジュース野菜代替にならないこと。直火炭火焼きの違いのこと。季節の食べ物のこと。いろんなお酒が世の中にあること。いろんな方言のこと。悲しいとき運動をするといいこと。泣きながらご飯を食べられないこと。スーパー鮮魚を買うと捌いてくれること。沖縄本州で畳のサイズが違うということ。島の暮らしのこと。革製品の手入れのこと。

そして、自分にとって当たり前のことにも興味を示された。テクノエレクトロニカのこと。色んな漫画や本のこと。映画や芝居のこと。旅行海外のこと。色んな動物のこと。身体の変化のこと。変な服のブランドのこと。仏教イスラム教ヒンズー教のこと。お互いの好きな物を教え合ううちに教えられた方が詳しくなって、それが原因で諍いになることもあった。ばかっぽい。村上龍キャンプについてはそうだった。だいたい土日の昼間に料理を作っている同居人の周りをチョロチョロしながら様々な話をした。自分がこんなに話をする人間である事や、甘えたがる人間である事、そして人間に救われる人間である事。ある業界仕事をしていた時期から人間を信頼することは自分とあまり関わりがないと思っていた自分にとって、これは大きな発見であり変化であった。アルキメデス浮力発見した事に次いで偉大な功績だった。ユリイカ

そんな暮らしの中であっても、人間は変化する生き物なのだった。自分にも、変化のスピード生活を合わせたいと思う時期が訪れた。それで、同居はやめた。自分が変化したのは同居人との暮らしのお陰だった。それはとても辛かった。それでも、時間が経った今はあの決断をした自分は偉かったと思う。偉大な功績だ。ユリイカユリイカとして、正しいか死ぬ時まで解らない。

 多分ここまで読んで、同居人との関係性について嫌悪感を示す人もいるだろうと思う。我々は少しネジの緩んだ同士だった。誰にも理解されないような、子ども同士の暮らしみたいな生活が好きだったのだ。毎日親がいない家みたいだった。ヘンゼルとグレーテルのようだった。一般的理解できないものを受け入れることが、わりあい得意な人間同士だったんだろうと思う。人間は変化するので、多分いま暮らしても同じふうにはならない。でも、かつての同居人は今でも家族のような感じがする。かつての同居人もそう思っている気がする。うまい言葉が見当たらないが、belongしあっているという感じ。今でもたまに顔を合わすと、たまに会う親戚のような顔をされる。元気にしてるの、ごはん食べてるの、ちゃんと洗濯してるの。言葉にはしないけれど眼から発信されてくる。

 先日、会社女性に「彼氏同棲しようかなって話してるんです」と言われた。相談ではなく背中を押して欲しいだけなんだと表情から伝わった。なので、「同居はいいよ」と無責任なことを言った。こいつの責任を持つ筋合いはない。「同居はいいよぉ、まいンち、楽しいことしかないよ」。

 同居はいいよ。毎日楽しいことしかないよ。

 家族になるっていいよ。

 同居をやめたのは、今日みたいな夏の暑い日だった。突然ひとりにした。突然ひとりになった。「素直に言ってくれてありがとう」という言葉。「がんばったね」。依存しあうものが無くなったあの開放感と、途方もない悲しさ。同居人が見えなくなるまで距離を取ってから階段でめちゃくちゃに泣いた。部屋に入るまでもたなかった。汗と涙と鼻水がごちゃごちゃになった。蝉の声がシャーシャー聴こえてきた。鼻の奥がずっとツーンとして、酸欠になって頭がくらくらした。一人にしないで一人にしないでと布団の中で喚いた。相手のほうが思っていただろうと思う。だから相手には言えなかった。血縁上の家族以上に大切だった。人工の家族だった。相手可哀想から、という感情共依存だと知っていた。お互いの変化を阻害すると知っていた。だから行動に移した。自分のために手放した。相手理由にするのは相手を一番傷つけると知っていた。対等な人間関係でありたいと願う、自分に残った唯一の正義だった。

何を見ても同居人連想する日々が続いた。何をしても楽しくなかった。食事の質が落ちたせいで体調も変わった。それでも不思議と、死んでしまいたいとは思わなかった。悲しい事に集中すると、他の事に集中しすぎずに済んだ。なんていうか色々捗った。ロボットのように仕事食事や人付き合いをこなした。こんな辛いことを乗り越えたのだから、何があっても生きていけるだろうと、直感理解した。悲しいとき運動をした。泣きそうになったらご飯を食べた。あれからだいぶ時間が経った。何かを見て同居人を思い出すことは、今では殆ど無くなった。

それで今日風呂場でうっかりゾーンに入って思い出した。

人間記憶はすべて熱量だと思っている。同居をやめてから、変化に対応していくなかで、たくさんの記憶熱量エネルギーに変換して生きてきた。変換したら消えていく。記録と事実は残るが、涙が出るような、胸が痛むような熱量は、失ったら二度と戻らない。

あらゆる事について、もう少し若い頃はこの「失っていく感覚」「燃えていく感覚」を怖いと思っていた。なるべく残したくて、よくテキストにしていた。いつからかそんな執着は無くなり「燃えているな」「もう二度と会えないんだな」とまっすぐに見つめるようになった。何かを決断した自分が得た変化の一つだ。燃えエネルギーを、これから別のなにかに注ぐ事。もう二度と出会えない分だけ、新しい事が入る余地が出来るんだろう。望むと望まざるに関わらずだ。

もう思い出す種火が少なくなっているのかもしれない。タワシを洗いながらそう感じた。消える前の焚き火を思い浮かべた。少しくらい残したっていいだろう。それくらい愛していた。自信をくれたのだ。自分で作った人工の家族の思い出の事。嘘は一つも書いていないが、自分同居人性別や年齢や重要なことは書かない。

同居はいいよ。毎日楽しいことしかなかったよ。

2017-07-25

しょうもない嘘をついてしま

かなり真面目な相談なんだけど。

「お正月に近所の餅つきに参加したんだけど、つきたての餅って超うまいのね。きな粉とか醤油とかもそりゃいいんだけど、意外とキムチが美味しかった」

「昨日、パン焼くときトースターの熱いところ触っちゃって「あつ!」ってなった拍子にマーマーレードのビンを割っちゃってさあ」

「さっき、コンビニでお釣りが五円多くてちゃんと返したんだけど、よく考えると別に多くなかったんだよ」

こういう、もう本気でどうでもいい話を作ってしまう。

嘘松とかハゲックスみたいな面白い長文ネタを作れば、まだ自己顕示欲とかが満たされるのかもだけど、

もうなんか、年取って来るとああいう濃い味のネタダメなんだよね。

こうさ、若いころって、蕎麦屋行っても「天ぷらそば」とか「とろろそば」とか「鴨南蛮」みたいな、盛り盛りのを頼んじゃうじゃないですか。

もうね、歳だから、おいら歳だから、もりそばだけで十分なのよ。

それも、ワサビはもちろん、汁すら使わないからね。

塩。

そばを手の上にちょこんと乗せて、塩をもう二粒から三粒。

これだけで、美味しいから。

あー、そばの味!

ってなるから

はーーーー、セックスしてええええなああああああ。

うそうそ、ぜーんぶうそ、濃い味大好き、さっき天一唐揚げと、こってり食べて来たからね。

もうね、80kg〜100kgぐらいの脇毛剃らない派の女の脇を舐めながら正常位ではめたいね

チンコはもちろん、もろちん、玉もアナルもしっかり舐められてえなあ。

「ふははは、無様だな増田!」

な、なに、この声は……

もしや、貴様は!

「そう! とめきちだよ!」

とめきち先生お疲れ様です!

「すわっぷ⇔すわっぷ、連載中です」

とめきち先生今日は何をしにこちらへ?

「もうさあ、増田くんちょっと、最近濃い味が好きすぎない?」

そんなことないですよお(へごりながら)

「じゃあ、昨日のオナニーのおかずは?」

椎名波わたしたちのひりだす快楽ですけど?

「ほらもう、濃すぎるよ、そんなの中学生が見たらシコらず射精できちゃうよ」

そ、そ、そんなことないやろ!

もっとこう、薄い味で満足しようよ。重度の素人童貞なんだから

ど、ど、童貞ちゃうわ!

だいたい、薄味のエロ漫画ってなんですのん

遊人とか」

水やんけ!

糖尿病患者でも、もっと味のあるもん食べとるわ!

「はあああああ???? 味するんですけど! 校内写生ピザデリバリーの回とかちょう味するんですけどおおおおお!!!

「ふはははは、無様だな、とめきち

「そ、その声は! 貴様は!」

「そうだ! 黒田bbだよ!」

あーもう、めちゃくちゃだよ。

そもそも、これ男の娘漫画つながりで展開していくんじゃなかったの?

きゃらっとつながりじゃん。

女性声優温泉行くのたのしいいいい!!!

くそおお!! 私も、私も女性声優と遊びたい!!!!」

ぴんぽんぱんぽーん。

ぴんぽんぱんぽーん。

ぴっぴっ!

ここで番組の途中ですが、僕の考えた、ちょぼうらにょぽみと女性声優百合ックスシチュエーションベスト3を発表します。

1位「子供が寝てる横であやねるとずこばこ」

2位「まれいたそに水素水を浴びせながらのメッシープレイ

3位「天津向LINEで会話している三上枝織を後ろからいじり倒す」

です!!!

完璧ロジックを元に導き出したので異論はないはずです。

それでは、最後世界で一番可愛い女性声優名前を書いて終わります







井上喜久子

2017-07-24

ちょっと、おしゃれなインスタに載せたくなるような蕎麦屋ラーメン屋に連れて行くでいいじゃん。

2017-07-05

うずらの卵

初めて入った蕎麦屋

ざる蕎麦を頼むと薬味皿にうずらの卵があった。

私はそれをお盆に置きわさびねぎ蕎麦猪口に入れた。

食べ終わると卵を写真に撮った。

卵の殻は全て違う模様だという。

この卵は次の客に回されるのだろうか。

私はまたこの卵に巡り会えるだろうか。

2017-06-28

蕎麦屋バイト

毎日毎日電車乗って蕎麦屋実家の往復だよ。馬鹿みたいだよ。空しいよ。

友達はいない。やっぱ友達の一人もいないっていうのは頭おかし証拠だよね。

徹底的に人に好かれないっていうか。友達のいない当人が言うんだから間違いないよ。

彼氏もいないしいたことないし。ブサイクだし性格悪いししょうがない。こんなに信用できる自己申告ってないでしょ。

本当は、友達彼氏も一生いらないから、ちゃんと自立したい。家を出てどっかで正社員になりたい。

でもどうしたらいいんだろうね。

通信制高卒の職歴なし、資格なしの人間仕事なんてないでしょ。

何か特技とかあれば別だけどさ。馬鹿だし。馬鹿丸出しな文章でわかると思うけど。学がないって意味でもそうだけど単純に頭が鈍い。

引きこもってた時に脳みそが壊れてしまったのかと思うレベル。でも前から頭良かったわけでもないしなあ。生まれつきかなあ。

弟は出来悪くないんだけどなあ。出来といえば上の弟がデキ婚するんですよ、私叔母さんになるんですよ。怖いなあ。。。

でもこれで私が孫を見せられなくてもいいわけだ。

とにかく日々虚しくて悲しい。先がない。どうやって生きていけばいいのか分からない。

蕎麦屋バイト最低賃金で、手取り11万くらい。

だってできる仕事なんだろうけど、私は毎日必死で疲れ切ってる、今月なんて月20しか働いてないのに。

仕事は嫌いじゃない。向いてるとは思えないけど楽しい。みんないい人だし。

でも上の人の異動があるみたいで、これからはどうなるかわからない。シフト削られたら困るなあ。

ていうか10日も休んだのかあ、休みの日に何をしていたのかも思い出せないや。

2017-06-10

http://anond.hatelabo.jp/20170610095603

ごめん何に憂いているのかまったく分からない

蕎麦屋のなめくじ、店員DQN行為など。

他人ふんどしを焼き尽くしてしまった実例として、2013年都内飲食店で起きたバイトテロ事件が挙げられる。

この事件は、その飲食店働く男大学生が、店内での悪ふざけ画像SNS上に公開したことがきっかけとなり、瞬く間に世間に知られ炎上することになる。

しろ今までこういったバカが野放しになっていた世の中の方がクソだと思うし、

SNSの普及でそれが可視化され大勢からNOを突きつけられるようになったこと、俺は心から喜ばしく思ってるよ

SNS炎上してるケースを何度か見たけど、俺は当事者言動理解出来た事など一度もなかった

どうしてこんな野蛮な事をするのだろうか?どうしてこんな心ない発言をするのだろうか?未だに分からないままでいるよ

SNSのせいで基準を上げていないか

ツイ廃を見ているとさ、人と話している時も呟いてるの?って思う。

蕎麦屋ナメクジの奴とかさ、口論なうとか言ってるじゃん?

人と口論している時もスマホいじってるの?って思う。

なんか無駄基準が上がってない?

この世の振る舞いやサービスに対して求めすぎじゃない?

ツイッター退会しようかな。

追記

甘やかすわけじゃないよ。

極端に言えば、物事を切り取ってPV数を稼げるってこと。

恣意的でいられることを否定されない。

SNS日本社会ゴミ溜めにした

最近は何かと言えばすぐに炎上してしま

蕎麦屋のなめくじ、店員DQN行為など。

炎上歴史

から炎上というのはあった。しかしそれは特定掲示板などごく一部のコミュニティー内でだけのもので、世間を賑わせるほどの炎上というのはそこまで多くはなかった。

しかTwitterFacebookといった文字通り世界規模のSNSの登場と、スマートフォンという今や小中学生でも持っている携帯端末の登場で、炎上は一気にその範囲を広げることになった。

■何をするにも息苦しさを感じる

もちろん炎上するからには相手にそれなりの非がある場合殆どで、そういう意味ではSNSなどを通して社会監視するというのはとても良い行動のように思える。

しかし、私はそこに危うさを感じるようになってきた。

SNSのようなメディアというのはいわゆる虚業にあたり、良くも悪くも他人ふんどし相撲を取って生きている分野。

あろうことか、その虚業の側にいる人間が、目についたふんどしを全て焼き尽くそうとしている。

■そして悲劇は起こる

他人ふんどしを焼き尽くしてしまった実例として、2013年都内飲食店で起きたバイトテロ事件が挙げられる。

この事件は、その飲食店働く男大学生が、店内での悪ふざけ画像SNS上に公開したことがきっかけとなり、瞬く間に世間に知られ炎上することになる。

この時、炎上したのは当の男子大学生だけではなく、飲食店側にも非難電話などがひっきりなしにかかってきたという。

結果、店は閉店し、その後は営業を再開することもなく破産に至ってしまったというもの

もちろん店側の監督不行き届きだという意見も分かるし、不衛生さを感じるというのも分かる。しかし、この結果は果たして本当に正しかったと言えるのだろうか。

と、ここまで書いて、まとめるのがめんどくさくなった。曰く駄文である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん