「アカデミー賞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アカデミー賞とは

2020-06-16

アメリカ黒人差別問題適当解説

勤勉で人格者黒人黒人と言うだけで同ランク白人と比べてキャリア形成が難しいというのは差別だと思うし今すぐなくなって欲しいと思う。

TVで流れているような暴徒と化したり犯罪を犯す黒人逮捕する事のどこが差別なのかさっぱりよくわからない。肌の色関係なくやっちゃいけない事したら捕まるでしょうよ。

適当解説しよう。間違っていたら各位補って欲しい。

 

前者が実は滅茶苦茶大切である。ところが、これが今すぐだなんてずっと前から延々言ってるくらいになかなか解決しないのだ。何故解決しないかと言うと差別アメリカ社会の中で最早システム化されてると言っていいくらいなレベルからだ。その大前提にはアメリカは強烈な民主主義資本主義社会だということがある。要するにエゴがぶつかるのだ。

金持ちはお前ら頑張ればチャンスはいくらでもあるじゃないかという。しか貧困者はチャンスは金持ちしかないという。教育を見れば分かる。日本だって同じことが起きている。アメリカは超絶酷くて貧困解決しない限り、あんなクソ高い学費貧困者に払えるわけがない。その他諸々、強烈な貧富さをどうにかしないとどうにもならない。だから殆ど貧困黒人は諦めるしかない。

スポーツ選手音楽黒人が多いのは、それが得意だからじゃなくて、そっちの分野だとそうした問題にあまり囚われずに済むから、という理由が大きい。だからジャズブルースなど優れた音楽が発達し、バスケアメリカンフットボールなのであるしかしそんなの一部の黒人しかチャンスは得られない。そんなこんなでずっと差別状態のまま生きていなければならないという厳然たる事実がある。

これが白人社会への恨みつらみの基底にどかっと居座り続けている。あいつらだけ結局いい思いをしていると。フェミニズムが言うよね? 男性優位社会だって。それとほぼ相似形。ともあれそんなだから実質的差別解消なんて全然無理な状態なのである。だからアファーマティブアクションなんて無理からにでも雇用格差や就学格差をなくそうと、人種(だけじゃないけど)で採用人数を人口構成に応じて平等しろなんてやってる。

ところがこれが白人層に反発を受ける。白人だって貧困層はあるからだ。だからなんであいつら黒人けが得するんだ? とこうなる。そしてまたそこで対立するので、トランプが今度は少数派優遇をやめると言い出した。

 

こんな感じで超絶ややこしいのである

  

そんな差別状態の中で、繰り返し繰り返し何度も何度も警官黒人暴行を受け殺されたりする。理由などどうでもいいのである。結果が差別的だから黒人たちが怒る原因になってしまう。アメリカ銃社会からとにかく警官自分たちが殺されないように、日本より遥かに神経質なのである

逆らったら殺されるというのは、逆に言えば警官自分たちが殺される可能性もあるからである黒人犯罪比率が高いというのは、当然貧困からだ。刑務所に行ってみると分かる。どう考えても人口比率から考えれば黒人はほぼ倍くらいいる。そして次が大事だけれども黒人被害者も多い。

から白人は、黒人ばっかり問題を起こしていると思ってしまう。お前ら黒人同士で問題解決しろだなんて思っている白人は山ほどいる。しか犯罪比率などが黒人に偏っているのはそもそも差別があるからなのだ

これを全然白人層は理解しようとしない。調べてみたら、差別などないと思っている白人は凄く多いのだ。何故か分かるだろうか? もう差別ことなどややこしいから考えたくないからだ。だってなくならないんだもん。知らんやん、悪いのは黒人だろ? とこうなる。するとそこでまた黒人は怒る。差別はまるで解消していないのに何故白人層はそんな身勝手なことを言うのだ。お前ら白人奴隷としてアフリカから無理やり連れてきたからこうなったんだろう、と。

こうした、滅茶苦茶意識差のある黒人層と白人層が共存し、かつ実は共存できていない現実がある。そして、コロナイライラしているところにまた黒人警官に殺された。延々とずっと問題になってて警官はボディカメラまで付けて、何か問題があればすぐ公開しなければならない状態になっているのに、そんな事お構いなしに殺されるのである

もちろん、それは実際には職務からそうしているのだけど、そうした差別社会という前提で見ると、結局突き詰めると差別があるからこんなことになるとしか思えないのである。で、最早限界だと、デモ自然発生し、それに乗じて暴動まで発生する始末。

  

何年か前にクラッシュという映画が公開されてアカデミー賞を取った時、黒人層の多くはこの映画批判した。見方にも依るのだけど、差別問題のものを正面から扱っていないのは明らかだったからだ。差別のものを解消しない限り、こんな映画は何の意味もない、解消しなくったって良いのか、と言わんばかりにしか見えなかったかである。のほほんと白人黒人交流を描いている映画はほんとに黒人社会に嫌われている。総じて言えば、だけど、あまり良く思っていないのは事実だ。

 

以上ざっくり、ほんとにざっくり説明してみ増田

丁寧な説明ネットいくらでもあるぞ。

でもめっちゃ難しい。適当にまとめないとわけわからん

anond:20200615201918

2020-06-14

アメリカ黒人問題についての理解のなさ

それは仕方ない。実感を持っている日本人なんて少数だからアメリカ在住の日本人だって分かっていない人は結構多いだろう。

米でまた黒人男性死亡 ドライブスルーで警官に撃たれる:朝日新聞デジタル

この記事に現時点でついてるブコメ象徴的だ。

仮に、飲酒運転して警察に捕まりそうになったのを拒否して武器を奪って抵抗した結果、警察に射殺された日本人アメリカに居たとしても、僕はそれを人種差別とは思いませんし、警察署長に辞めろとも言いません

もちろん私だって個人的意見だし、これを正しい理解と思う人がいたっていいだろう。私はこれは違うといいたいだけだ。

黒人差別問題があるからこんな不幸な事件が起きたと見なければならないのであるそもそもの前提が人種差別なのだ。だから暴動に発展したのだ。

チャイルディッシュ・ガンビーノを覚えているだろうか?

 

チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」の衝撃 なぜ話題になったのか?MVを解説 | ハフポスト

 

この動画は、見れば分かるというくらいに、現代黒人問題露骨なまでに表現していると評されている。

ラストを見れば分かる通り、逃げたくても逃げられない白人が作った工場のような、酷い世の中で黒人は生きていると主張しているのだ。

そう思っている黒人は多い。

この世の中を変えてくれと叫んでいる黒人男性を中心に、若い男性と年配の男性が写った動画拡散されたツイートを知っている人もいるはずだ。

黒人は油断したら殺されてしまうのである

そんな風にアメリカで思わされている人種黒人だけなのだ

そりゃ実際には、同様に抵抗したら白人だって死ぬ恐れは高い。でも何故抵抗したのかまで考えなければならない。

白人警官だって黒人差別をしているわけではない。黒人からぶち殺していいだなんて思ってはいない。

ただ、黒人は長い間、貧困率が高いのが影響して犯罪率も高く、白人警官黒人を逆にこれまた恐れているという悪循環が起きているのである

から黒人必要以上に恐れてしまい、暴力的行動に出ないかどうか不安になって、過剰反応を起こしてしまうのだ。

で、結果的警官のほうが強いから、黒人暴力を受けたり最悪殺されてしまう。

それで「俺たちはいつ殺されるかわからない」となってしまうのだ。

そんな不安がずっと黒人は拭えないまま日々を生きている。

日本戦後がなかなか終わらないとしばしば言われるのと同じで、黒人差別問題はまだまだ全然終わっていない。

誰も差別なんかしたくもないのに、どーしてもそうなってしまうというアカデミー賞映画もあった。

誰が悪いわけでもないかものすごく複雑になってしまっているところに、とうとう差別問題に疲れ果てたアメリカ国民トランプなるヘイト大統領当選させてしまたからさあ大変。

そんな折にコロナで大量感染者に死亡に失業者

そしてジョージ・フロイドの死。

爆発の伏線はずっと前から続いていて、何人も同様に黒人が殺されて命を落としその度に大問題になって、国民議論もしているのに何も解決しない。

要するにだ、一度差別問題を生じさせてしまうと、めちゃくちゃ大変なことになってしまうという一つの教訓でもあるわけだ。

それを今、世界中が固唾を飲んで見守っているのである

 

・・・と俺は思うぞ。

2020-03-20

ブラックパンサーまらないんだけど

なんだこのアメリカ人が考えたアフリカ儀式黒人像のテンプレ

敵が黒人ってのもただの内輪揉めお家騒動スケール小さいし。

テンプレなアホ白人じゃなくて金持ちイケメン白人を敵にしろよ。

あとメカスターウォーズに寄せ過ぎ。

技術使って肉弾戦とかアホなのか。

銃作れ銃。

こんなのがアカデミー賞受賞してるって黒人メイン映画ってだけで満足し過ぎだろ。

アカデミー賞の別名

差別描いて愚民説教したろ賞

こんな感じか?

2020-03-14

フェミニズムに少し関わると見えたこ

ポール・ハギンズ監督による映画クラッシュ』という秀逸な映画がある。アカデミー賞を取っている。

この映画簡単にいうと、

人種の坩堝であるアメリカにおいては、日常様々なところで人種差別があるのは当たり前の日常になっていて、差別する方もしたくない方も疲れ果てている。しかし一旦大変なことが起こると、人種の壁など一瞬で超えることが私たちは出来るじゃないか。という主張の映画である。もう私はこの映画に感動しまくって、涙が止まらなかった記憶がある。批判もあった。そうはいっても差別をなくさなければならないのだから、この映画のように差別なんかどうでもいいじゃないか、という主張なのでは問題解決にもならない、など。

どちらの意見整合的ではあるとは思った。が、どっしにしろ私たち人間は協力しないとこの世界では生きてはいけないという、赤裸々な真実はあって、目をそらしていいわけではないのである。どちらの意味においても、である

さて、フェミニズム話題として、最近はあの石川優実さんによる#KuToo が話題をかっさらっている感がある。華やかな表舞台では#KuTooは石川優実さんとともに世界的に評価されつつも、その裏側では石川優実氏のあまり矛盾した態度とそれをよく表した#KuToo本(靴から考える本気のフェミニズム)に対する猛烈な批判である

私が気になったのは、どちらが正しいかなのではなく、どうしてそんなに極端に矛盾した状態になっているのか? であった。これは一旦はいってみる価値があるのではないかと、フェミニスト側の立場仮面を被ってTwitter上で観測を始めた。

こうした問題は、双方の目を持たないと、実はその真相が見えてこないのである。実はこれ、全くの単純な考え方であり、例えば子供二人が喧嘩していた時、仲裁に入る人はどちらの目線にも立つはずであろう。別に仲裁たかったわけではないが、一方の側にばかり視点偏重させると結局、人はため息か悪態をつく以外になくなってしまうのである。その視点を私に与えたのが、昔見た映画の冒頭の「クラッシュ」だった。

で、どうだったか

結論を言おう。

#KuTooはそんなこと無関係に大いに役に立っている、それは間違い無いという単純な事実が一つある。石川優実さんがいう通り、少しずつ労働現場では強制がなくっていているなどということの他に、安倍首相共産党小池氏が、日々国会で厳しく論戦を繰り広げていたのに、#KuTooの話で、小池氏が安倍首相の言質をとって、一時予算委員会拍手と笑いに包まれたという名シーンであるあんな和やかなシーンはあまりたことがない。

だが、一方で、KuToo本は最悪の駄本であるあんな酷い本もない。たとえ敵側の人たちをクソリプする人達と罵ろうとも、やってはいけないことのオンパレードで、現代書館までその人たちをなんの根拠もなく犯罪者呼ばわりするのである。やってはいけない改竄捏造・酷い引用の仕方、到底倫理観のかけらもない行為しか思えないものである裁判になりそうなので、そうなったらコテンパンにやられて欲しい。

そして、石川優実氏は相変わらずで、クソリプ攻撃応酬に疲れ果てたのか、とうとう「死にたい」とまでTwitter上で公言する有様。それをみる味方側も誰も批判しないという異常な光景、私はもはやこれはただ事ではないとしか思えなかった。

死にたい、と公言したのは、いわゆる死ぬ死ぬ詐欺である。あのねぇ、石川さん、それ女の弱さを利用する、フェミニズムに最も反する行為じゃないか。信じがたい暴挙である

そして彼女はすぐさま、ハングル韓国応援要請(これは彼女が心を落ち着ける以外の目的はないと推測)、英語で同様にTweet拡散。あまりにもこれは自己本位であり、あんなのを許す味方も含め、頭おかしいとしか思えない様相

私はその時点ではまだよくわかっていなかったが、何れにせよ、#KuTooを崩壊させかねない、愚行そのものであった。

どうしてそこまでに至ったのかについては、理由簡単である。「怒り」に任せたかである。KuToo本ではっきりそう言っている。彼女原体験は、彼氏にブチ切れて彼氏に女の苦労を認めさせた、そこにあるからだ。

から怒りは一番正当であり、怒ってさえいたらなんとかなる、と。しかしそれは、あまりにも無知であり、彼女が受けたMeToo被害だって、失礼だけど有り体に言って無知だったからに他ならない。もちろん男が悪いのではあるが。

宇崎ちゃん騒動や、ラブライブ騒動も実は全てそれで、あまりに「怒り」に任せすぎるのである

何故なのか。

それはもう、はっきりしている、女性差別が現に存在するからである彼女無知ながらも自分一人で「女性けがどうしてハイヒールを履かねばならないのか」を発見できたのも、女性差別が現に存在するからである。そうした認知がなければ彼女は静々「ルールから仕方がない」と大人風に冷淡にただ納得していただけであろう。

他にもある、トランスジェンダー女性に対する差別である

結局は、怒りに任せないと、理解させる方法がないのだ。少年ブレンダさんも、怒る以外に方法がない。どうしてもわかってもらえない。

ーーー追記

他にも女性差別に関し様々な怒りの声が世界で沸き起こっている。真っ先に思いつくのは前述した#MeTooでもある。

あるいは視点を変えて女性教育重要性を主張するマララさんであったり、アメリカ女性トップレスでも良いじゃないかと主張して上半身露出デモを行う人たちもそうであろう。多くの女性差別への怒りに対する声はもう止められない。

それでもなかなかそれら勢力と反対側にいる人たちは理解しないのだ。

もちろん現実には共感して支持する人もいるにはいるが、それらは彼女女性が「怒る」のは差別の大きな枠組みとして「女性差別」があると言うことをどうにか認めてほしいと言う切なる願いに他ならないとしか思えないのである

本当に理解の壁というのは高過ぎて絶句するほどに思えることすらあった。

ーーーー

これがフェミニズムにまつわる悲しい、しか事実であった。

彼女たちに怒る理由は十分すぎるほどある。それは決して「あなたたちそんなに怒るな」なんて到底言えるレベルの話ではない。差別とは何か、もう一度原点に戻って考えるべきではあるが、冷めた目で事態をを見つめるのは、例えばブコメなどで、適当意見をいう程度で済ませるのは、関心を持つのであれば、できたらやめて欲しい。

言論の自由はある。

だって、そうした問題を見つけられたのははてブコメントTwitterなどで、騒ぎになって可視化されたからそれは否定しない。

だけど、そうした悲しいフェミニズムの持つ現実女性差別があるというのを少しでもいいから、どうしてもわかって欲しい。

考えてみて欲しい、極端な話だけど、何年も何年も女性男性の下に置かれて奴隷のように暮らして来たのである

女性奴隷ではない。一刻も早く解放させてあげたい。

これが私の見えたことであり、お願いである。

2020-03-07

あかでみーしょう

日本アカデミー賞最優秀作品賞がアレでアレだったということでアレなんですけど。

本家アメリカアカデミー賞パラサイト作品賞を取ったときは、ノミネート作品ラインナップを見比べて「日本アカデミー賞レベルが低い」みたいなことを言ってた人たちの評価がガラッとかわって称賛してるのを見ると乾いた笑いしか出ない。

みんな見たいようにしか目の前の現象を見ようとしないものなのだのう。

2020-03-06

片渕監督だけではない噛み合わないインタビュー

日本アニメ世界の潮流から外れている 片渕須直監督が本気で心配する、その将来

https://globe.asahi.com/article/13185352

絶賛炎上中だけど他に思い出せるのをちょっと挙げてみる。

バックグラウンドの違いによる悲劇とでも呼べばいいんだろうか。

加藤久仁生監督に聞く、ネットアニメ現在地

https://ascii.jp/elem/000/000/211/211293/

ギリギリ問題なさそうな感じだけど配信プラットフォーム

話まで加藤さんに聞いてどうするんだよというのがなくもない。

しかアカデミー賞ノミネートされてたのに(そして受賞)。

アートアニメ商業アニメ不思議越境URAHARA久保亜美監督スタッフインタビューhttps://web.archive.org/web/20180111123402/https://jp.ign.com/urahara/20853/interview/urahara

記事が消えてて掘り起こしたら10日くらいで消えたらしい。

長編アニメーションの新しい景色主催土居伸彰氏が語る21世紀アニメーションの世界とは?

https://jp.ign.com/anime/20984/interview/21

同じ時期に載せた土居さんのインタビューに「僕はアートアニメーションという言葉

使わないようにしてる」ってあるんだからそれに準じればちぐはぐにならなかったのでは。

まず「商業」と「アート」って比較が現状にそぐわない事を知らねばならないような。

妥協は死」が社訓 「ポプテピ」で話題CGアニメスタジオ神風動画社員はなぜ徹夜をしないのか

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1803/05/news042.html

こちらは特に問題ない気がするけど当初に聞きたかった事とは

違うインタビューになってるんじゃないかというのが透けて見える。

神風所属じゃない青木純さんにも話を聞くつもりが最終的にこうなった的な。

2020-03-03

ポン・ジュノの「グエムル」が面白すぎた

GYAO無料配信してたから全国一斉休校をチャンスにおっさんだけど昼間っから見てみたけど、すげーなこの映画

 

グエムル漢江怪物- | 韓流 | 無料動画GYAO!

https://gyao.yahoo.co.jp/p/00449/v02981/

 

怪獣映画でなくて家族映画じゃん。パラサイトと同じ社会底辺層の。今の時代に公開してれば、この映画でもカンヌアカデミー賞取れたんじゃないか

とにかく面白かった。

2020-02-21

トランプアカデミー賞にもキレるのか

そういう芸なんだろうけど

2020-02-18

anond:20200218115731

アカデミー賞特殊メイクノミネートされてたけど受賞しないでよかったよ

アメリカの全体のレベルはともかく

正しくあろうとする姿勢は素晴らしい

2020-02-17

パラサイト見たけどこれなら日本映画でもできるだろって思った

パラサイトを腐してるのではなく日本映画でもアカデミー賞受賞できるぞって希望意味で。

前半のパラサイトしていく過程とか三谷幸喜とか本広克行とか日本テレビマンが作った映画ともクオリティはそうそう変わらないだろう

2020-02-14

韓国人って日本ネトウヨ並に馬鹿なんだな

アカデミー賞受賞したのを国民全体で喜んでる

監督映画関係者が凄いんであって、お前ら韓国人は1ミリも凄くねーよ(笑)

お前ら日本ネトウヨ

はてなのみんなもこういう馬鹿嫌いだろ

一緒に馬鹿にしてやろうぜ

2020-02-13

日本に入ってくるとポスターがダサくなるって言うけど

たとえばパラサイトアニメだったら抽象的で文字のないままでも受けいれられたと思うんだよね。

この国はアニメに関心を持つ人が多いから、「お、なんだろう」と思う人も少なくないだろう。でも本邦は映画に興味のある人が少ない。だからパルムドールとかアカデミー賞とかたくさん書かないと興味持ってもらえない。そりゃあ配給だってポスターローカライズコストを削減できるなら削減したいっしょ。でもダメからずっと続いてるわけでさあ

アカデミー賞視聴率低下について日本メディアが何も言わない

CNNは前年比で20%落ちたと言っている

https://edition.cnn.com/2020/02/10/media/oscars-ratings/index.html

毎年わりと視聴率については日本ニュースでも取り上げられるのに今回はそういうのがまったくない

韓国作品賞取ったからなのかな

そこまで韓国の手が伸びてるとか考えると恐ろしい

メディアに公正性はあるのか

2020-02-12

パラサイト 半地下の家族感想メモ

アカデミー賞を取ったとのことで便乗して観に行ってきた。

映画を見慣れている人は面白いのかも(そういう人のコメントパンフに並んでいた)しれないが、あん日本じゃ受け入れられないかもとも思った。

テンポよく話が進み、最後最後までどうなるのか分からないストーリー金持ちと半地下の高さの差を描いたシーン、俳優陣の演技、セリフ回しなど確かに良い作品だなぁと思った。

1番お気に入りは溢れかえる便器の上でタバコをふかすシーン。

反対に次が気になった。

1. 韓国社会との構造の違い。「有名大卒の家庭教師」という設定に最初引っかかり、家庭教師=大学生アルバイト前提の自分には違和感があった

2. 貧乏レベル格差レベルがよく分からない。金持ちの家に行くにはそれなりの服で行くと思うが、その服はどこで手に入れたのか

3. 半地下の家族は内職をしているほどの貧乏だが、家族崩壊していない。家族愛が前提だとは思うが、欧米日本ドラマならばらは貧乏な家は大抵崩壊寸前だったりするのだが、彼らは助け合っている

4. 息子は大学に行きたいらしいが、その金はどこから出るのかわからない。つーか、勉強しろ

他にも全員の設定が都合良すぎるとかあるが、それはこの際置いておいて、ラストシーンの捉え方含めて"まだ""ギリ"格差の広くない日本の観客には解釈が難しいのではないか

面白いと思えるシーンもそんなになくて、次から次へと面白いシーンって書いてあったけど、そうは思えなかったなぁ。個人的にはジョーカーの方が面白かった

あと、チョン・ジソ超かわいい

anond:20200210181720

すべての賞レースが「ほんとうに面白い○○は選ばれない。」なんてことは自明じゃないの?

まさか直木賞日本アカデミー賞が最も優れたエンタメ小説日本映画を選んでると思ってた?

まさかノーベル賞が最も優れた研究に与えられると思ってた?

すべての賞レースは、審査員の好みやその時々の社会性を反映するものですよ。

みんなオスカーがどういう性質のもの理解した上で、議論してますよ。

社会派のメッセージを混ぜた小難しくて立派で、いわゆるインテリリベラルが喜びそうな作品が選ばれやすい。」

うん、そうよ。その通り。

で、パラサイトが選ばれたから、意外ね、全編英語以外の映画が選ばれるなんて驚きね、

という話をしてると思いますけど…

JOKERは、アカデミー賞を喜びそうな人間の逆を行く映画だ。要するにアカデミー賞の会員の取り澄ました顔の横っ面をひっぱたく映画だった。」

パラサイトでも最後アカデミー賞の会員のような善良な上級市民を刺してますけど。

表立って侮辱したわけでもないのに。あの社長、そんなに悪者だった?

アカデミー賞であれ、カンヌであれ、あぁいう映画賞で選ばれた映画を「面白い映画を観ようと」するやつなんていないだろ…

ミリオンダラー・ベイビーなんてクソ陰気臭い

anond:20200212104901

https://theeigadiary.hatenablog.com/entry/2020/02/04/110637パラサイト 半地下の家族』:「格差社会」を描くことには失敗していないか

"この作品ハリウッド映画差し置いてアカデミー作品賞を獲得することは勘弁してほしい。"

https://theeigadiary.hatenablog.com/ 

”スコセッシが監督してロバート・デ・ニーロが主演した作品がいまさらアカデミー賞を取ったところでテンションの上がる人間がいるだろうか?”

こういうの

2020-02-11

別に邦画アニメ映画でいいじゃん。

肝の小せえアカデミー賞ディズニー支配されたアニー賞否定して「宮崎賞」みたいなの作ろうぜ。

アカデミー賞きっかけの邦画論争

めっちゃオタクVSサブカルっぽいな。

安直邦画低俗論には与したくないが

アニメ漫画原作映画覇権を握った現状の邦画肯定したくもない

サブカル断末魔が聞こえる。

自分にはあわないものが大々的に取り上げられるという意味では、アカデミー賞日本アカデミー賞レコード大賞本屋大賞芥川賞直木賞も、自分にとって受賞後の取り扱いが邪魔という意味で等しい。

2020-02-10

ネトウヨ発狂で飯がうますぎた

今日韓国映画アカデミー賞受賞&元日本人メイクアップアーティストの「日本が嫌い」発言で一日中ネトウヨ発狂し続けててマジでご飯が美味しかった。今日一日の充足感たらなかった。

今日ホッテントリに上がってたジャップがどうたらとかい増田も、おそらくこのアカデミー賞の一件で発狂して、悔しすぎてあんストーカーじみた増田書いちゃったんだろうな。哀れw

最近ネトウヨが嫌いすぎて、早く日本滅びないかなと思う毎日だったけど、今日は久々に気持ちよく過ごせた。ありがとうアカデミー賞

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん