「修学旅行」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 修学旅行とは

2018-09-24

anond:20180923163749

修学旅行ディズニーランドに行ったとき、一人で来ている男性の方がいて、驚いた記憶がある。けっこういるのね、おひとり様

一人永谷園がいけるなら、一人東海道中も行けそうだよね。

2018-09-22

修学旅行のノリでUNOがやりたい

負けた奴は好きな子を言う。

あーやりたいなぁ。

2018-09-21

わたもて読んでる

はじめて1巻から通して読んでる

最初のほうはずっと前に読んだけど、痛々しすぎて読んでられなくてやめてたか

今読むとそうでもなかった

百合マンガと言われて久しいけどどこからそうなったんだろうということを気をつけながら読んでる

修学旅行ですこーしウォーミングアップで運動会で助走って感じになってきてるな

絵文字きもいといいながらももこっちから目が話せなくなってるのがそのへん

あと修学旅行終わってから面白さがじわじわ上がってきてる

もこっちのズレがまわりとうまく絡んでる感じ

2018-09-18

今日嘘松

2018-09-17

anond:20180917214138

これは個人体験で、他の女性たちがどうだったかからないんだけど、それでも私にとっては確かに衝撃を受けた体験だったから書き残しておく。

私がエロ表現に初めて触れたのは、十歳にならない頃、電車の中。向かいの席の男性が読んでいたスポーツ新聞こちら側にヌード女性が写っていた。多分ビデオの紹介とかだったのだろう「喘ぐナントカ…」みたいなコピーがついていた。体育の着替えが男女同室だったくらいの歳で、性的衝動存在を知らなかったから、そのヌードを見てただ驚いた。女性の裸が新聞に載って眺められる需要存在することを初めて知った。

意識して周りを見渡すと、それらしい気配は各所にあった。大磯ロングビーチ広告公衆電話ボックスに貼られた女子学生写真電話番号週刊誌中吊り広告に太字で書かれた「ついに脱いだ!」という踊り文句女性の外見、特に裸は世間から求められていて、しかもそれはあまり上品欲求をもとにした明るいものではなさそうだということに気がついた。(ちなみに当時は女性の幼さを強調したイラストはそう無かったように思う。覚えているのは「幼妻」という単語の衝撃くらい。セーラームーン月野うさぎちゃんが13歳とは思えないほど大人びたスタイルで描かれていた。変身シーンで一度ヌード風になる意味が分から何となく恐ろしかった。)

時を同じくして、電車の中で痴漢にあうようになった。隣に座って太ももを摺り上げてくる人、ぐいぐい押しよってくる人、自慰の様子を見せつけてくる人、色んなバリエーションがあった。特に自慰を見せつける人は印象に残っていて、膝の上で週刊誌を開き読んでいる風を装いながら、その下で性器を触っていた。時折目の前に座る私に視線を寄越すので、何だか危険な感じがして動けなかった。当時男性自慰をするなんて知識は全くなく、隣に座る友達と「前のお兄さん何してると思う?」と小声で話し合えるくらい、その行為はただの変な出来事だった。他の痴漢も同じくらいセクシャル意味はまるで理解できず、ただなぜ自分の体を触られているのかが意味不明で混乱した。

そんな鈍感な私も、身体もやがて第二次性徴を迎え、初潮経験し、乳房が形になり始め、何よりアンダーヘアが薄く生え始めた。このとき一気に、大人お姉さんたちとそこに注がれる視線他人事ではなく、このあと私が受けるものであることを自覚した。振り返れば、太ももを撫でたあの人も、「セックスって知ってるか」と話しかけてきたあの人も、変な行為に目が釘付けの私をチラ見してきたあの人も、私をヌードお姉さんたちと同じように扱っていたのだと思い至った。私は一方的に慰みものになっていた。

それからしばらくは成長するのが嫌で仕方なかった。胸の膨らみを憎み、下の毛をカミソリで全部剃った。修学旅行ではこの成長を周囲に悟られたくなくて大浴場には入らなかった。成長が進んでしまったら、女性性的な部分を世間差し出し、あの水着お姉さんたちのように他者評価されながら生きていくしかないのだと絶望した。

やがて中学生となり男性に恋をして、女性であること・女性身体を持っていることへの嫌悪感は減った。男性がそれに魅力を感じること、またそれを上手く見せることで好意を引き寄せることができると学習たから受け入れられるようになったのだと思う。自分の体と社会の折り合いをつけるようになったのだ。その学習効果は、スカートを短くすることや、石鹸香り香水をつけること、唇をツヤツヤにして”キスしたくなる”状態に保つことなかに現れた。(当時、セブンティーンプチセブンはそういう指南に溢れていた。)

このあとは割愛。私は一般的な異性交体験を重ね、特にセクシャリティに関するトラウマを持つこともなく、平均的な年齢で好きな人と性体験をし、恋に悩んだり、遊んだりしながら結婚して母になった。

もしあの頃の自分に声をかけてあげられるとしたら、女性男性性的魅力を記号のように表現したり消費したりする文化の一段奥には、相手個人を切実に求める個人間の原始的な愛のやり取りがあることを先に教えてあげたい。それは人間(というか生き物)として自然欲望であり、それを感じる相手とだけでいいから、お互いに性的魅力を伝えあえる関係になることが大切なんだと安心させてあげたい。

幼い頃は健康で丈夫な自分の体をただそれだけで好きで信頼していたのに、チラチラと差し込んでくる性的ものたちに気を取られ、私はその信頼を疑ってしまった。スカートは膝上20センチじゃないと、ブラは2センチ厚のパッドが入っていないと、髪はセミロングを揺らしていないと、女子学生らしくないと毎日夢中で取り組んでいた。その呪いタイムマシンで解きに行きたいよ。

2018-09-13

大坂なおみ選手への何人?というハフィントンポスト質問について

ハフィントンポスト編集長がこの質問をした記者のことを大坂選手アイデンティティを聞き出すため、という言い訳をしてたけど、全く言い訳としてはお粗末だと思うよ。

修学旅行京都かに来た田舎の子どもたちが珍しい外人を見つけてwhat's your name? とか where are you from?っていきなり覚えたての英語で聞くようなもの。どれだけ不躾か想像できると思う。

本人のアイデンティティを聞きたかったのであれば何故それを聞きたいのかをまず明らかにすべきだっただろう。日本人の母とハイチアメリカンの父を両親に持ち、アメリカ居住活躍するあなたから自分ルーツについて何か意識することはありますか?というような感じの丁寧な説明必要だっただろう。最もそれを聞いたところで何か有益な回答を得られたとは思わないが。

実際大坂選手twitterには日本人のひとが親しみを感じて祝福もしてるし、同様にハイチの人も同じルーツを持つあなた活躍が誇らしいと祝福している。勿論他の国の人だって彼女が優勝に値する素晴らしいプレーをしたと称賛していて、喜ばしいと思うことに理由はいらないし、またそれはどんな理由からであっても構わないはずだ。

この質問をした記者には大坂選手活躍に乗じて国籍問題社会問題化させたいメディア増長した思い上がりを感じないではいられない。

2018-09-12

パジャマパーティーしたい

マンガに出てきてふと思った

一番は女の子になってすることだけど、2番めは子どもに戻ってすること

小学校修学旅行で夜同クラの男の子とふとんに入って好きな女の子を言い合ったことは今でも覚えてる

男でも夜好きな子トークするんだぞ!!!女の子専売特許だと思ってるやつは謝罪しろ!!!!!

きな子・・・ほんとは橋爪さんが好きだったけど恥ずかしかたから2番めに好きな小田さんって言っちゃったんだよなあ・・・

大体他のやつもそれで、なんとなくみんなが、ああ・・・ってなったあの微妙雰囲気・・・

小学校高学年の性に目覚めた男の子、いいよねえ・・・

パジャマパーティーしたいなあ・・・チラッチラ

2018-09-11

思い返すことばかり

別にそのアーティストさんが好きなわけでもないけど、昔見た動画に使われてたり、好きな人が好きだったり、色々なことが思い出せる曲って、思い出も含めて好きだからその曲だけは好き。って話をすると重いし長いので「アーティストさんはそんなに知らないけど曲が好き」で終わる。

物が捨てられないタイプだ。中学校修学旅行のしおり、海外旅行でした買い物のショ袋、誕生日にもらった手紙なんかの、まあ取っておく人もいるよなっていうやつから、そうでもないものまで。

忘れるってわたし的にはすごく怖い。確かにあるはずなのにいつのまにか自分の中から消えてしまう。すごく怖い。寂しい。

妹がもうすぐ中学生になる。制服お姉ちゃんお下がり着なよって母が言うから制服あげるつもりでいたけれど、いざ制服を出してきたら色んなことを思い出して寂しくなった。

制服リボン(うちはセーラー服タイプで、リボンを結ぶ。なぜかうちの学校ではリボンが短ければ短いほど可愛いという風潮があった。当然、短すぎると先生に怒られる)を可愛く結んであげると言って、クラスの派手めで苦手な女子リボンを結ばれ、結局卒業までそのままだったこと。退屈でずっといじってたら取れてしまった手首のスナップ。短くしたスカート制服を着て過ごした時間

かにあったのに、制服を見るまで忘れていた。泣きそうだった。

物や人を失うことも怖いけど、それ以上に忘れることが怖い。すべての記憶自分の手の届くところで大事に保管したい。

メンがヘラって忘れる寂しさで泣く夜。

2018-09-10

anond:20180910182936

露天風呂なんて旅館の主と組んだら盗撮し放題

逃亡ルートも確保してもらえる

修学旅行のJCJKを盗撮して売られていてよさそうなもんだが

日本過去にそんな事件は一度もない

2018-09-07

札幌故郷でいま東京住みなんだけど、

災害も大きい地震火山噴火本州出来事で、北海道でこんな大きな地震があるだなんて…みたいな気持ち

なんとなく北海道絶対安全、みたいな気持ちあったんだよね。

とりあえず家族友達も猫も無事みたいで安心した。

猫は地震にびっくりして漏らしたらしい……そろそろおじいちゃん猫なので心配だ。

今回の停電真冬じゃ無くて良かった、とはいえ今後冬に大きな地震が起こらない保証は無いから何か…何かどうにか出来るといいな。

東京もいずれ大きな地震が来るだろうし、とりあえず非常食と水と、家具が倒れてこないようにするやつ備えておこうとおもた。

———

7日 23追記

うおっ

何気なく書いたらホットエントリ入っててびっくりした。

20歳ちょい過ぎなんで物心つく前の事はわからないです。有珠山噴火記憶あるかな修学旅行立ち入り禁止になってたの覚えてる。

主語大きいのはごめんね!

ここ数年の大災害や、歴史に残る大きな地震って本州殆どだったのでその印象でした。

2018-08-28

あかん ちんげ生えてきた

どうする?

チクチクする

これじゃ大人なっちゃ

まだ子供でいたい

修学旅行までにどうなってんだ

剃っていいのか

2018-08-17

anond:20180817004648

主婦のおばさま女子会が許されてこういうのが許されないのは理不尽やなあ

30歳ごろ当時まだ未婚の友人と男3人で三日ほど東京から長野まで行ったのは、いい大人でも修学旅行気分ですげー楽しかったが、最後にその手のレジャーが楽しめたのがもう20年近く前…

2018-08-15

anond:20180815203358

修学旅行とかの雑魚寝でイチャコラしてたけど、

女子以外には気づかれないものよん、匂い

2018-08-03

anond:20170918160708

書いたやつが市民ではないのがわかる

平和公園観光客団体ファミリーもいろんな人種春夏秋冬で見るし修学旅行生も通年いる

8月だけ特別に人が増えてカオスになっているなどという書き方を見ると政治的に思惑がある人なのだなと率直に思う

ネトウヨみたいな中国憎しのビラを配るバーさんも見るしキリスト教文句を掲げた看板持ってる白人も見る

8月だけ特別にどうとかいうことはない

2018-07-26

小学校しんどい

昨日、仕事教師相手の授業をしてきたんだけど、そこに小学校五年生の時の担任が来た。六年生だったかな、もはや記憶がないんだけど、下の兄弟と一緒にもろもろ迷惑をかけた人だったのでよく覚えている。

途切れつつ二十年余り年賀状を送ったりしているし、多分来年も送る。

名簿はあとから確認させてもらったんだけど、顔を見たら「見覚えがあるな」って思うし、実際合ってた。帰るところを呼び止めて二言三言会話した。

どうやら向こうも「増田の親に似てるな~」って思ってたらしく、じゃあ声かけてくれよ、とは思った。まあこちらも名簿確認するまでは確証が持てなかったかお互い様ですね、はい

田舎小学校での思い出はろくなものがない。小学校時代、と区切れば別に楽しい思い出も沢山あるんだけど、小学校に限ると本当に楽しい思い出が見当たらない。

学習発表会で主役をやる羽目になったとか、運動会応援隊長に据えられたとか、華々しい役割の裏でしこたまdisられたり、再会した先生担任の時は修学旅行に行ったとか、弟のクラス学級崩壊してそこの担任が心を病んで辞めていったとか、それを嬉しそうに誇らしげに語る母が気持ち悪かったとか、芋づる式にしんどかった記憶が出てきてやってられない。

今も診断受けるのが怖くて病院に行ってないんだけど、自閉症スペクトラムのクチで、周りとうまく馴染めなくて、いじめられたわけではないけど不登校になったり、いい思い出が特に見当たらないのでひたすらにしんどい。

図書室と保健室けがオアシスだった。本がたくさんあって、司書さんとも保健の先生とも相性が良くて、多分この二人がいなかったら六年通いきれなかった。

ただやっぱりそこには同級生の影があったりするわけで、思い出すのはつらい9割美しい1割みたいな感じで今すごくしんどい

再会した先生は一ミリたりとも悪くないんだけど、付随する思い出がしんどい

いい大人になったのにたった一人が切欠になって食欲が失せて生きる気力が削れていくし精神的に不健康になってしまうの、しんどい…。

https://togetter.com/li/1250278

中学修学旅行で、押し入れの天板を外すと天井裏に抜けられるのを発見して、女子の部屋に向かおうとして、石膏ボードを踏む抜いたことを思い出したw

昭和男子あるあるじゃねえの?

2018-07-24

anond:20180723233845

もし買うなら修学旅行編以降がオススメ

それ以前はウジウジしててつまら

2018-07-19

枕投げで喘息

フィクションで枕投げのシーンを見るたびに思い出す

中学生修学旅行だったか同級生が枕投げをしだした

飛び交う枕からなんらかのアレルゲン物質が出たのだろう、俺は瞬く間に、とびきり重い発作になった

思い出しただけで喘鳴しそうなくらいのトラウマ

ある人にとっては純粋な娯楽でも、別のある人にとっては地獄になりうるのだ

そんなことを枕投げのシーンに思う

まり関係ないけど、昔は喘息といえば発作が出たら対症療法的に吸入器を使うか、点滴を打つかしかなかった

今は発作そのものを予防できる薬がある

おかげでスポーツも人並みにできる

現代医学万歳

2018-07-11

anond:20180710225920

学校特別授業や修学旅行で聞かされた戦争語り部みたいな扱い

実際に自分体験したくはないし教えてくれてありがとうしか思ってなかったんだが。

なんで自分他人を同じ価値観だと思いこんでんのこいつ。

2018-07-10

オウムと言う共通体験ノスタルジーで盛り上がりたいだけの人々

なんでわざわざオウムを語るときに「若い子は知らないだろうが」とか「これは教えなくてはいけない」とか、微妙若い人を小ばかにした態度で語り始めるんだろう。

その時点で、相手は話を聴く気を失くすだろうし、単純に「お前は知らないだろうけど俺は知ってるぞ」ってマウントを取りたいようにしか見えない。

即売会サークル参加してたら、妙なオタクが寄ってきて「俺は作者の○○さんと話したことがあるんだけど」とか言ってくるようなもんだろ。気持ち悪いじゃん。

若い人には知ってほしい」とか「若い人は知らないだろうから」とか「若い人」をわざわざ指定しなくて良いんだよ。

そう言うこと言えば言うほど、学校特別授業や修学旅行で聞かされた戦争語り部みたいな扱いになるんだから

anond:20180709215721

中学時代に、修学旅行で行きました。5合目まではバスだったような。

制服着てた気がするんだけど。(スカートブラウス+ブレザー)

3合目まではバスガイドさんと一緒に歩きで登ったよ。

2018-07-04

無趣味

したいことも欲しいものもない。会いたい人もいない。

捻くれた人、暗い人のように思われるかもしれないけれど、そのような特徴すらない。と思う。

営業職でそれなりに評価されているので(必要がある場合の)対人能力は恐らく普通学生時代は少ないながら友達もいた。

でも休日、家から出られない。したいことがなにもなくて家でスマホをいじり映画を観て過ごす。その映画Netflixが私にすすめるさして興味もないもので、観てすぐストーリーほとんどを忘れる。友人たちと疎遠になっていくのが怖いのに、結婚式の誘いすら断ってしまう。趣味をつくる努力をしてみたけれど熱中できない。

昔々買った服をずっと着ている。食欲もない。お酒も飲まないしたばこも吸わないしギャンブルもしない。恋愛体質でもない。安いアパートに住んで、貯金ばかり増えてなんのために生きているのか分からない、と時々思うけれど、なにか嫌なことがあるわけでも、なにか具体的に変えたいものがあるわけでもない。満足して(しまって)いる。

旅行もしない。人と一緒だとなおさら億劫修学旅行は仮病で休んだ。卒業式の後のパーティー成人式も行かなかった。後悔もしていない。

イベントごとは苦手、人混みも苦手で、でも知らない人と話すのは好き。でも数度会って話すとそれでもうよくなる。友人未満で自然消滅

行けば楽しいかもしれないと思って行った旅行は思っていた通りの楽しさ具合で、早く帰りたいと思った。仕事で行った海外も知り合ったたくさんの人たちも人生観を変えてはくれず、とにかく時間けが過ぎて、なにを得ているのか、なにを得そこねなにを失っているのか、よくわからずに漠然不安不安?退屈?さみしい?と、いつか思うことになる予感で不安

労せずに得られるインプットだけで生きている自分の浅さがいやなのかと考えた。アウトプットするものがなにもない。話したいこと、言いたいことが特にない。語るべき自分がない。

でもじゃあたとえば休日フットサルをするとして、そこでできた仲間が、その時間が、私にとって私のなにになるんだろう。ぜんぜんおもしろいと思わない。なにもそんなにはおもしろくない。

子供用のスピログラフセットを買った。

何度目かの、趣味づくりトライ

ももうすでに、自分幾何学模様を描きたいわけではないことに気づきつつある。

一体なにが好きなんだろう。小学生の頃は父親何気なく口にしただけの「将来の夢」を語って、中学の頃は誰のことも好きになれずつらかった。高校記憶ほとんどない。大学は楽しかったけれど、ずっと一緒にいなくても会えば笑いあって過ごせる「友達」ができて、その関係の気軽さと、学生という身分の気軽さと、それが心地よかったのだと思う。ずっと一緒にいなくてもいい友達とはずっと会わなくてもよくなってしまった。もう学生はいられない。

でも会えば笑いあえる。ときどき誘ってくれるし、友達だと思う。仕事に不満があるわけじゃない。不満さえない。なにもない。

2018-06-30

anond:20180630233815

俺は高校修学旅行ってやつに参加してないんだよ

修学旅行という制度自体がない高校でさ修学旅行については入学する前から諦めてたのよ

でも修学旅行って羨ましいんだわ

きっとそれは修学旅行というイベント自体価値があるものだと何となく思ってるからなんだと思う

結婚というイベント価値あるもの自分に聞いてみたらわかるんじゃね?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん