「ビール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ビールとは

2019-01-21

人と酒を飲むこと

大事なのは何を飲むかじゃなくて、誰と飲むかだ」

みたいな言説あるじゃないですか。

楽しいと美味しいを勘違いするような舌で育ってねえから全然からねえ

一人で飲むビール夜景の見えるレストラン彼女と飲むビールも同じ銘柄なら同じ味がする

2019-01-20

鳥貴族で4皿8本とビール胃もたれ胸焼けがひどい

3皿でじゅうぶんだったし

2皿でとどめておけたら胃もたれもなく快適だったと思う

次回のオーダー時のために覚書

四国、寝台

寝台では浅く眠っただけだった。起きるとそこは横浜駅を発車したばかりで、車内は人々がまばらに朝の眠気を横たえていた。

金曜、仕事が定時を少し回って終わった。

エンジニアとして現場研修をしている私は、帰路につくためバスから電車へと乗り換える赤羽駅にいた。

――どこか遠くへ行きたい

そう思いたち、改札を抜ける前にみどりの窓口へと向かった。

「22時東京発、寝台券はまだありますか」

用意されたのは、琴平行きの座席特急券。それを手にしたあと、大宮にある自宅へ一旦戻って、身支度を始めた。

最低限の替えの着替えと、歯ブラシタオル文庫本リュックサック突っ込み、口座から少しだけ金を引き出し、気付くと東京駅9番線ホームサンライズ瀬戸を待っていた。

人生初の寝台列車だ。

入線してきた赤色薄茶色の車体に乗り込み、間もなく発車したサンライズ瀬戸号の車窓へ目を向ける。

通過する品川駅にはまだ多くの通勤客が帰路を急ぐ。彼らを裏切るかのようにして、私は東京を離れた。

小学生遠足ときのように、興奮で眠りは浅く、然し心地の良い揺れはまるで子守唄のようだ。

沼津を過ぎるまではそんな調子で、しかし体がいよいよ慣れたのか、それから岡山出雲市行きと分割するまでぐっすり眠った。

瀬戸大橋線に入り、車窓には瀬戸の島々が並ぶ。それまで横になっていた私は、その時を待っていたかのようにすぐさま体を起こし、洗面台で丁寧に顔を洗い、歯を磨いた。高松では多くの乗客が下車し、それから延長運転を行う琴平行きの車内は伽藍であった。

定刻で琴平に到着したサンライズ瀬戸は、しばらくホームに身を横たえ、旅を始める我々を見送っていたように思えた。

観光案内所も閉まっている。まだ9時前だった。

急ぐ必要もない私は、とりあえずその足で気の向くままに、初めて足を踏み入れた四国の道を歩き出した。

金比羅山の長大で急な階段参道はやはり足に堪えたが、御本宮からの眺めを見てそれも消えてしまった。

初詣からまだ数週間足らずで再びお参りをするのは変な気分だったが、この旅の無事を願い、参道列に加わり手を合わせる。

いきあたりばったりでこのあとの予定も何一つ決まってはいない。不思議とそれが心地よかった。

来た道をそのまま下り琴平駅に戻る間に土産の品をいくつか買った。飴、手ぬぐい(今治のものだ)、饅頭

すれ違う人々は意外にもスーツ姿の団体が多く、1人の私は割に目立った。それもまた不思議と気分を高揚させた。

琴平から土讃線上り特急に乗り、松山を目指す。

予讃線に乗り継ぐ多度津駅で近くの食堂に入り、日替わりの昼食を注文した。

予想はしていたが、メニューにはナチュラルうどんが設定されていた。かき揚げおにぎりと一緒にいただく。もちろんとても美味しかった。

予讃線下り松山行きの特急いしづちしおかぜ自由席は半分ほど埋まっていた。

空いている窓側席に腰を下ろし、金比羅山で蓄えた疲労をしばしの間、癒やす

文庫本を開いてすぐ眠ってしまい、松山駅の到着案内で目を覚ますことになった。

松山駅を降りると、失礼ながら想定していた風景とはだいぶ違った街並みが広がった。

すぐそば伊予鉄道路面電車が走り、人々が休日らしい顔持ちで道を往きかっていた。

バスターミナルにて1Dayパスを購入し、中心市である大街道電停に向かう。

大街道電停松山城の目と鼻の先にあり、電停を降りる瞬間、目に入った。

琴平駅では松山方面に向かうか、高知方面に向かうか一寸悩んだのだが、松山に来て正解だったようだ。非常に立派な天守閣だった。

城を横目にマンホールカード収集のため坂の上の雲ミュージアムに赴き、1時間ほど観賞したのち、喫茶店に入りたばこを吸った。

道後温泉行きの時刻に合わせて喫茶店を出て、再び路面電車に乗り込む。

きっとこのまま温泉宿に泊まるのだろう。車内は温泉客でほぼ席が埋まっていた。

道後温泉街は本当に賑わっていて、改めて今日土曜日だということを私に再認識させた。

――少し急がなければ。

人混みを縫うようにアーケードを抜け、道後温泉本館で湯に浸かった。

復路の寝台が高松駅を21時半前に発車する。

琴平駅のみどりの窓口ですでに確保していた、その列車のことを念頭に置きながら、再び路面電車に乗り、JR松山駅前電停で降りる。

駅前キオスクで少しのビールつまみを購入し、もうすぐ発車する高松行きの特急に乗り込んだ。

もうこの旅も終わりだ。

余韻と若干の寂しさを感じながら、日が暮れかかっている四国風景を見て、ビールを飲んだ。

2時間以上瀬戸内海のふちを走りきり、降り立った高松駅は、高層ビルがいくつかそびえ立つ、立派な港町だった。

連絡船時代面影をほんの少しだけ残したホームでまたうどんを食べ、キオスクビールつまみを買い足す。最後の晩餐ともいえるような光景だった。

もう少し、ここにいたかったな。

そんな気持ちを奪い去るようにして、寝台特急サンライズ瀬戸高松を出発。途中の岡山出雲市から来た列車と連結し、東京に私を運んだ。




追記

座席特急券

往路はノビノビ座席を、復路はソロ寝台券を取りました。

座席特急券」と書いたのは、ノビノビ座席について、寝台券必要がなく座席として発券される特急券というニュアンスを込める為です。

高知について

今回でサンライズが大好きになったので、また近いうちに乗って、高知城も見てみたいです。

あと、四万十川も。

金髪ハイネケン豚野郎絶望女性の夢を見ない

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59443

まず、この文章論点がとっちらかっていて何が言いたいのかわかりにくい。

「大柄」は、そこに恐怖を感じたという表現が後に出てくるからかるとして、「40前後」「金髪」という形容必要か。

こうした特定の要素を持ち出すことにより、「40前後」「金髪」というクラスタ攻撃する意図を感じてしまう。

このように書くと、「40前後」「金髪」が問題であるかのような印象を受けてしまう。ITジャーナリスト金髪豚野郎を思い浮かべてしまい、頭から離れなくなってしまった。

ハイネケンを飲むような金髪豚野郎は許せない。筆者のそんな強い思いがビンビンに伝わってきた瓶ビールだけに。

ハイネケンを飲むようやつは最低である。男は黙ってバドワイザー? よほどハイネケンに恨みがあるらしい。

無駄クラスタ特定して恨みを飛ばすので、本編に入る前にうんざりしてしまった。もう「ハイネケンを飲んでる金髪豚野郎は最低だな」で終わらせても良いかと思ったくらいだ。

まあ、めげずに読みましたよ。しかし、終始主観的感情しか語っておらず、筆者自身もおっしゃる通り「それが何か?」としか思えなかった。

私ですらそう思ったのだから、この方が怒りをぶつけたい「女性をモノ扱いする男性」たちからすれば、「女に生まれたことを自己嫌悪しているのかな?お気の毒さま」くらいにしか思わんのではなかろうか。

少なくとも、何を怒っているのかわからないはずだ。そのくらい常識で考えろ? 空気を読んで察しろ? 無理でしょう。それができるくらいなら、彼らは最初から女性無礼などはたらかない。

もし、私が筆者の立場だとしたら、酔っぱらい中指で差されて「3番」と言われたら、「酔っぱらいウゼえ」と顔をしかめて終わりである

こんなに何日も何日も恨みがましく思い続けて、あまつさえ文章に起こしてハイネケン名誉を傷つけてまで記事にしたりはしない。

私が男だからからない? 他人から? そりゃそうだ。他人が何を感じたかなんてわかりゃしない。男だ女だというのは大して関係ない。他人気持ちはわからない。

もちろん金髪ハイネケン豚野郎にもわかるはずがない。ましてや、そいつ酔っ払いだ。自分自身言動さえも制御できていない。もしかしたら記憶にすら残っていないだろう。

これは、ハラスメントにも通じる。ハラスメント加害者は、その多くが自分行為ハラスメントだと理解していない。自然生活する中で、ハラスメントがにじみ出るのだ。

なぜなら、何をもってハラスメントなのかは、時代によっても違うし、環境によっても違う。それを受け取る人によっても違ってきてしまう。

例えば、私が生まれるずっと前の通勤電車は、女性が一人で乗ることはほとんどなく、もし乗車したなら100%痴漢に遭うことを覚悟しなくてはならなかったそうだ。

電車に乗った時点で周りの男がほとんど全て痴漢をしてきたらしい。それは、悪いことだと考えられておらず、一人で乗ってきた女性が悪いという感覚だったらしい。

私が若いころでも、未婚の女性に対して「行き遅れ」みたいなことが会話の中で普通に出て来たりしていた。女性の前で卑猥なことを言ったりね。

今だと「女子力がある」みたいな言い回し普通に使われているが、これもセクハラ発言と言われるようになってきている。(LGBT的にも問題がある。)

何が言いたいかというと、ハラスメントは、被害者が「嫌だ」と意思表示をしないと改善していかないのである

「察しろ」とか「空気嫁」とか「こんなに呪っているのに」とか、そんなもの通用しない。

怖くても気まずくても、泣き寝入りせずに意思表示していかなくてはならない。

もっとも、ハイネケン豚野郎は酔っていたようなので、言っても無駄だったかもしれないが。

そういう意味では泣き寝入りしたくなかったからこのエッセイを書いたのかもしれないが、こうやって感情的になって呪詛を吐き出すような文章は、読み手が素直に受け入れ難い。

ましてや、増田などではなく歴としたゲンダイ記事である。しっかりと要点を整理して、他人にも何が問題かわかるように論じるべきではなかろうか。

ぶっちゃけて言ってしまうと、「やはりフェミニストヒステリックで話しても無駄」と感じてしまった人もいるのではないか心配している。

世の男性の多くは話してわからないケダモノではない。

話せばわかるが女性が話してくれないかわからんのだ。

私たちエスパーではないから、他人の心の中は容易に理解できない。

ちなみに、私の元カノはMっ気があったので、「もっと乱暴にしてほしい」とか「縛ってほしい」とか「なじってほしい」とか、よくリクエストされていた。

そういう女性がいるのも確かで、そういう女性とばかり交際している男性がいたら、そりゃ女性に対する敬意が失われていくのも無理はない。

やはり、一人ひとりが嫌なものは嫌だと意思表示していくことが重要ではないかと思う。「言わなくても察しろ」は乱暴

2019-01-19

お酒飲み過ぎはよくない

とはいえ昨日はビール1本チューハイ2本

たいして飲んでない

にもかかわらず、朝 微妙テンション落ちてた

若干の体調不良もある、気づかないレベルだけど

飲んでテンション上がるのはいいが

翌日反動で上がった分以上に下がる気がする

上がってるのは一瞬だが下がったら長い

2019-01-18

宮崎県のことを想うとき

あゆやな

ひでじビールと都農ワイン

高千穂

タルタルがかかってない元祖チキン南蛮

洗濯

チーズ饅頭

水泳松田悟志

彼岸花越しの彼


北の国から嫁に行こうと思ってたのになぁ

きっと良いパパとかやってるんだろうなぁ

バイクタイヤパンクするくらいの痛い目に遭え

でも死ぬ

子どもが泣くのはいかん

嫁は知らん

ノンアルコールビール存在意義

アルコールが入っている以外の美点が何もないビールからアルコール取り上げて何がしたいんじゃ

2019-01-17

不思議ダイエット目標が続いてる

ビールは500ミリ缶2本から1本にする

ポテチ等食べ切らずにお腹いっぱいなら袋を折る

・昼食は社員食堂定食を選ぶ(カレー麺類ではなく)

どれもあんまり効果の強くない、できる範囲での目標なのがよかったのか

まあ上3つきちんとやれたとしても、そこまで痩せる気はしないが

健康的にはなるだろうし

ゆるく頑張ろう

anond:20190116180930

真夏そもそもラー使っても冷えなくないですか?カウンターフローラー使えば別だと思いますが。

いや、適切に管理されたチラーが良いのは重々承知なのですが、狭いアパート風呂場でアレを振り回すのがめんどいという理由で、風呂場ドブ漬け方を推奨しています。今回の話は「楽」を追求しているので。

澱引きは個人的必須だと感じています。瓶内二次発酵炭酸供給する自作ビールでは、澱をできるだけ瓶内に入れないことが味の決め手となります。逆に酸化危険性については、澱引きの段階ではまだ微発酵が進むので、ほとんど心配がないというのが個人的所感です。実際、今まで作ったビールも4ヶ月-1年ぐらいの間はピーク時の味が維持できていましたので、酸化よりも澱のほうが味に与える影響はでかいと、個人的には結論づけています。ただ、シリンドロコニカル容器なら、そのままでもいいかなと思いますが。

anond:20190117012533

くっそまじかよ、こんなアプリ対応してないもなにもあるか?ふざけんなよ永久に買い物しねえわクソゲ屋が。まあ一応値段調べたろ。なんや結構安いやんけ。よく考えたらもともといらんかったわ。いらんわボケ。あーなんか増田に書こ。全然いらねえから増田に書こ。ビール飲も。

2019-01-16

anond:20190106202059

市販ビールキットにはアルコール度数1%未満にするための方法が具体的に示されている

自分知識を世に広めたいならこのエントリでもそこは明記するべきだが、こういう奴に倫理観求めても無駄だろうな

自家醸造1%未満ビールって

どれくらいおいしいの?

https://techable.jp/archives/90817ホッテントリに入ってて興味出てきた。

ブコメ酒税法とかでもりあがってるけど、仮に合法1%未満のビールをつくったとして、市販のノンアルビールに比べて味的にどうなの?

それなりにおいしいならコスト度外視自家製清涼飲料水として常備してもいいので、醸造キットとか買おうかなと思う。

夜行フェリー話題になっとるが

かに船の中で入る風呂は最高

夏にいくといいぞ~、でっかいガラスから見える海は青くて

風呂から上がるとでっかいモニター甲子園やってるんだよ

その後ろもでっかいガラスで海が一望できてな

それを交互に眺めながら船内の自販機で買ったビールを飲む

朝日夕焼けもとてつもなく綺麗でな

あ~

2019-01-15

成人式で未だに思い出すのは

招待状と共に地元で有名な店で使える「ビール一杯無料券」が付いてきたんだけど、その券の期限が1月末までで

早生まれで(自分含む)2.3月まれの人は使えないという券が使えないという謎の理不尽を味わう事になった事。

何故、新成人対象とした無料券なのに最低でも3月末まで対応してなかったのか未だに不思議でならない。

まぁ私ビール嫌いだから飲まないんだけども。

2019-01-14

山の手大塚駅前にはち八というたこ焼き屋がある。

よっぴーさんの記事名前を知って以来、東池袋近くに住んでいる自分ちょっと遠回りをしても食べたい大塚のお店第一位なのだ。(二位は関西うどん屋さん、三位洋食屋が続く)

月2ぐらいで週末によく行くお店なんだが、微妙に客が少ない。自分を除いたら客がいなかったか閑古鳥が鳴いているといってもいい。

イカ焼きは美味しいし、明石焼きのつゆは飲み干せるし、締めのたこ焼きヤングB とビールと共に食べると最高にうまいのだが客がいない。

どうしてかな、成人式の夜だし祝日最後は人が来ないのかなと思ったら、お店から歩いて一分のところに銀だこができていた。客もそこそこいた。

銀だこかよ、銀だこ美味しいけど、新宿御苑近くで打ち上げおっさんだけで安くすませたいときに利用するけど、まじかよ。出店するなよ。

都心住まいだし、無縁だと思っていたイオン帝国地元商店街の攻防を見ているようだった。

そりゃさ、利用する客の気持ちはわかるよ。たこ焼きお酒ははち八のほうがちょい割高だもんな。でもさーそれはどこでも食えるんだよ。

あのバリカタの皮を崩せばイカがこぼれ落ちるイカ焼きははち八でしか食べられねーんだよ。

ふわふわの卵のやわはだを崩しながらおつゆと一緒に飲み干せば、なにを食べていたのか忘れそうになる明石焼きははち八でしか食べられねーんだよ。

舌がやけどしそうになるのをこらえて口の中でとろけるたこ焼きを、その日の気分でソースを入れ替える楽しさははち八でしか味わえられないんだよ。

そう内心で激昂してもなにも変わらず。

から知っていたお店が全国区になって賑わいを見せるのとは違って、こっちは切ないな。。

ベトナム屋台卵焼き

1.油揚げフライパンで両面焦げ目がつくまで焼く

この料理には薄い厚揚げっぽいやつの方が合う

2.卵を2個割り入れ、適当にほぐし、あればナンプラー、なければ醤油鶏ガラスープの素を少量加える

3.ひっくり返して両面を焼く 風味付けに油を少し入れ、両面がこんがり焼けたら皿に移す

※ここでしっかり火を通すのが現地風に仕上げるコツ

4.黒胡椒マヨネーズスイートチリソースをかける あればパクチーとかネギとかかけると尚よし

5.完成 完全に軽いビールに合う

ちなみにベトナムへは行ったことがない

コーヒー抗う作用があるとかないとかいうしオススメ

ビールサラリーマンに良いとかなんとかいうしオススメ

でもアルコールの多量摂取は飲んだ一瞬しかハイにならないのでオススメしない

飲み過ぎて翌日以降はテンション下がりすぎて辛すぎる

体調の悪さだけが理由じゃなく気持ちが下がる、鬱に近い状態にまで下がって長引く

なんの気晴らしにもならない

2019-01-13

のらやん、あるいは

学生時代からの友人に金を貸していた。

やっと返せるとLINEがあったので、よく一緒に飲んでいた東梅田居酒屋まで足を運んだ。

「すまんな」と私の姿を見るなり彼は謝った。「これきっちり返す。ほんますまんかった」以前より痩せて、顔色が悪くなっていた。

目が血走っている。「東京行ってたんや」そういうとビールを飲み干した。

「そうか。まあ返してもらうつもりもなかったんやけど。仕事見つかったなら何よりや。今何してるん」

「あ、また仕事なくなってもたんやけど・・まあ当分金あるから・・」「いや金あるからって」なかなか本心を話さない男だ。昔からそうだけども。

退職金結構な額でな。」と薄く笑う。「いや、お前何してたん?東京で。」「あ、うん、俺、実は…やっててん…」「ハイボールお待ち!」どでかい声の店員に音声を消される。

ちょっと聞こえへんかった。何やってたん」「ん…単語ではわからんと思うから説明するわ」そういって彼はポツリポツリ話し始めた。

派遣先東京仕事があると言われ、彼は新幹線で向かったが数日でミスが多すぎてクビになってしまった。派遣会社とも揉めて、そのまま無職になり。

持ち合わせていたお金で酒を飲み、ゴールデン街入口で座り込んでいたという。

「ほなら、ええ服来た若いちゃん声かけてきたんや。君、うちにけえへんかって」

彼は、怪しいと思いながらも、男についていくことにしたのだった。

男はマンションの一室の鍵を開け、大声で叫んだという。

「大変だお母さん!てね。なにゆうとんねん思ったんやけど。ほなら女の人が出てきてな。手にぬいぐるみ抱えてるねん。ほんでな。裏声っていうんかなそれで、おかえりとかいいおるねん」

彼はどうふるまっていいのかわからなかったので突っ立っていた。すると、男に別室に連れて行かれた。

「今から約束を守ってもらう。君は一切彼女に話しかけてはならない。そしてぬいぐるみにもだ」

そして黒いぬぐるみを渡された。「これを私の言うとおりに動かしてくれ」と言われた。

意味が分からなかったが、男の言うとおりすれば、金ももらえる。

彼女はどうやらぬいぐるみ子供だと思い込んでいたらしい。そしてその子供にいろんな経験をさせてあげたいと考えているそうだ。

男は少し涙ぐんで彼に伝えた。

彼は男の指示どおりふるまった。ぬいぐるみを男の言うとおりセッティングする。時に男は写真を撮った。

しかしそれを何に使うのかは聞いてはいけなかった。スマホも取り上げられていたのだという。

そしてある日突然、帰っていいよと言われたのだった。男に聞いたが「ストーリー上の都合でね」という返事があったのみで、

ここでの出来事公言しないことを条件に、金とスマホを渡され、彼は大阪に帰ってきた。

「ほんでな、まあこないして自分に金返せたわけやねんけど」「ようわからんけど、なんやてんやろな」

「さあ…あ、ちょっと待って」そういうと彼は椅子から降りて廊下に出た。

しばらくして戻ってきた彼は支払いを済ませようとする。「ありがとうな、いやアニキが迎えに来たよってに」

「え、アニキって?」「うん、なんかごめんとかかっこええお兄ちゃんになるとかいうてる。入り口のとこで待ってるやん、ほら」

彼の指さす先は、立ち入り禁止のボイラー室への入口だった。

階下は真っ暗で人の気配もない。

彼は嬉しそうに階段下りて行く。

「おい、待てや、どこいくねん」返事がない。

「おい」私の声は闇に吸い込まれていく。

下の方から、ヒタヒタ…という音が聞こえた。

彼の足音もそれに同調する。

女性裏声がとぎれとぎれに響く。

「はぱ!」彼の元気な裏声が聞こえたようだが。

私はどうしても降りることができなかった。

本来ビールつまみ無しで飲めるもの

先週から単身赴任ドイツに来ている。

同僚と酒を飲む機会が多いんだけど、みんなつまみとかなくビールだけ頼んで飲んでる。

そういうもんか。確かにうまいビールだけでいいやって気になる。

彼らが言うには、アサヒビールうまいらしい。

そういうもんか。

昨日は久しぶりに不摂生していい日にした

アイス2個食べてお菓子も食べて

ビールお酒制限なくダラダラ飲んで

ごはんは作らず残り物のスープ少し

息抜きにこんな日もあっていいよね〜とか思いつつ酔っ払ってたけど、

お腹は壊すわ飲み過ぎて気持ち悪くなるわ

今日も起きたら微妙二日酔いだるい

なんかいいことあんまりない

きちんとごはん作ってお酒ほどほど、お菓子もほどほど にしていた平日はすごく調子良かったし

気分も良かった

摂生ってあんまり意味ないなと思ってしま

飲んだ時食べた時のいい気持ちとその後の不調が割に合わない

2019-01-11

知識労働不思議

情報と呼ばれる実体のないものをうまく扱うと肉体労働をする人より裕福な暮らしができることが不思議で仕方ない。汗水たらして働いて仕事終わりにビールを飲むと言ったような世界が頭の中にあるから知識労働で稼いでいる自分違和感がある。汗水たらすほど頭を使えば仕事をした気持ちになれるだろうか。

anond:20190111115242

サンキュ。コンビニ菓子パンは基本買わないか

焼酎ビールウィスキーが好きだからそれでめちゃめちゃ冷えてたか

2019-01-10

パンと肉とぶどう酒

赤ずきんがおばあさんに持ってったもの

童話を読んだ当時はなにか美味しそうに思えたなあ

ビールと肉とパンの夕食をしながら思った

ビールパンはあれだ、実はかぶってる

麦という穀物だ、炭水化物

ビールと肉、パンと肉はそれぞれ合うけど

ビールパンダメだな カロリー的にも

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん