「専門用語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 専門用語とは

2022-05-15

anond:20220515073355

日本語に無い専門用語を無理やり日本語にしようとしても誤解するだけだぞ

マイクロアグレッションの意味知らんけど

2022-05-14

ヤクの売人には人権がある。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/kabumatome.doorblog.jp/archives/65995151.html

たぬなか氏による「人権ない」発言吉野家による「生娘をシャブ漬け」発言。どちらも「字面通り解釈すると一般人にはその対象を非常に貶める言葉に受け止められるが、一定の界隈では違う意味、狭い世界での専門用語たりうる表現」だったかと思う。

人権ゲーム界隈では人が生まれながらに持っている権利ではなく、ゲームを有利にする物を持っていたり必須品があったりという快適やスタートラインに立っている、などといった意味から薄く広く活用されている用語。だという。

シャブ漬けもコンサル用語の側面があり、その業界での夢中にさせると言った意味の悪ふざけがある言い換え表現だろう。この程度の表現は様々なコミュニティ無限に(しかしみんなの意識改革で減らしつつも)存在しているものだろう。

別にシャブけが炎上するほどのものではなかったと言いたいのではなく、シャブ漬けや人権無しがダメだというのなら、肯定的否定的関係くそ対象一般とを誤解させる、不快にさせる言葉遣いはダメなんだな。と俺は解釈した。

ところで。

「ヤク」

という言葉からあなたは何を連想するであろうか。自称は憚れるが一般人たる俺には「麻薬違法薬物」を第一連想する。

「ヤクの売人」

という言葉からあなたは何を連想するであろうか。俺は「麻薬違法薬物を売る犯罪者」を第一連想する。

あなたは今までに何度ヤクルトをヤクと略したことがあるだろうか。申し訳ないが俺はヤクルトを愛飲しているわけではない。しかし飲んだことはある。そんな俺は今までヤクルトをヤクと呼んだことは一度もない。

自体はそんな認識である。そんな認識の俺がもう少し考えてみるよ。

株式会社ヤクルト本社が、あるいは日々精一杯働いている従業員ヤクルトレディが「ヤクの売人」と呼ばれて喜ぶだろうか?親しみをこめて呼ばれていると感じるだろうか?

もう一歩。仮に喜んでいたとして、外野から見るとどうだろうか?ヤクルトとヤクを掛けているのは誰にでもわかるだろうが、そこに侮蔑的ニュアンスを一切感じないと言う人はどれぐらいいるだろうか?

ヤクルトを売っているだけでヤクの売人と呼称することと「人権がない」と「生娘をシャブ漬け」にいったいどれほどの差があるというのだろうか。

俺にはこの中のどれかを軽蔑しつつどれかを許容するという態度は取れない。

というかもっと簡単に言うとだな。

人や物の名前をイジって遊ぶのは小学生卒業しなさいってこった。

イジりってイジメとほぼ同質だからね?ほかならぬヤクルト他人はてなの皆様ならなおさらね。

お前らヤクルト本社内やヤクルトレディさんの前でヤクの売人さーん!って大声で叫べるんか?

毎度のことながら総体としてのはてな民などと言及するのは、だとかしあれに反応してこれに反応しないのはおかしいなんていう指摘はおかしいだとかを論じるつもりはない。しかし今のところ、ブコメで苦言らしきもの

シャブ漬けは駄目でヤクの売人は良いのか。パターンがつかめんな。

emushi36emushi36 2022/05/14 13:07

その他

このブックマークは合計

Normal Star 7

スターを獲得しています

kaminashikoさん がスターを付けました。

powertankさんスターを付けました。

kirifuuさん がスターを付けました。

junmk2さん がスターを付けました。

powertankさんスターを付けました。

t1mvverrさん がスターを付けました。

honeshabriさん がスターを付けました。

ぐらいだよ。

俺がわからないのはただひとつ記事本文のメインテーマでは無いにしても、トップブコメに入っているこの表現にほぼなんの反応もないその感性センサーだよ。

記事を読んで、ブコメ見て、ヤクの売人という表現になんにも感じないのかい?それよりもっと他に書きたいことがあるのかい

160件もコメントがあってほぼ肯定的に受け取られてるって不思議じゃないか

実は俺がヤクをキめておかしくなってんのか?それとももともとおかしくてヤクをキめれば改善するんか?

2022-05-10

anond:20220510133248

言葉実在してるものだけど、それを登場させる時のリアリティがないか

専門用語だけ見聞きしたやつをくっつけたのかな。って感じはある。

詳しいならもっと違和感なく出せると思う。

2022-05-09

anond:20220509214817

vTuberの件だと、事務所側に問い返されてフェミ議連は逃走したからなぁ。

仰々しい専門用語風のワード権威めいた組織名を出して、

脅迫的なコミュニケーション要求を飲ませようとする手法って特殊詐欺と一緒だよね。

幸いにもあれ以来フェミ議連類似活動確認されてないけど。

2022-05-08

anond:20220508104059

フェミニズムジェンダーオタク向けにどんどんマニアックになってきてる気がする。

表自とフェミバチバチにやりあってるのはいいけど、

流石についてけない、って冷めてきてる層が増えてるんだと思う。

一般人からしたら神学論争の域に入ってる。

もう相当高いレベルで戦ってる。

こんな大量の専門用語抽象概念でガッチガチに固められてる属性なんて女性をおいて他にない。

2022-05-03

いい加減に使う奴が多すぎて、本来意味が薄れつつある専門用語

共感性羞恥

本来意味:人が恥をかくシーンを見て自分も恥ずかしくなる、という感覚

特に恥をかいてない相手にも「共感性羞恥ヤバい」と言うようになった。

自分から見て恥ずかしいと思ったコメントには、単に「恥ずかしい」「見苦しい」と言えばいい。

集合知

本来意味:たくさんの人の知性を集めると、より優れた知性が登場する

お客様の中にお医者はいらっしゃいますか?」と聞いて医者を呼ぶ方法ではない。

ゲーム脳

本来意味ゲームしすぎると頭が悪くなり、認知症に似た状態になる(※似非科学

FPSをやりすぎて日常でも「あの角に敵が潜んでる?」と考えてしまう、という話ではない。

本来意味で使ってる奴はほとんど見ず、「なんでもゲームで例える人」「攻撃的な人」の意味流通している。

2022-05-01

anond:20220430203312

こういうので小説好きの助言を真に受けちゃダメ

彼らとは基礎体力が違いすぎる。

描写象徴による心象表現とかがめちゃくちゃ上手い小説でもその妙が感じ取れなかったらだれたパートに見える。

特に後々重要になってくるミステリ描写とか、時代物とか、何十年も前の文学だとか、海外文学とかイメージしにくい描写が長く続くのはつらい。

SF小説も、雰囲気を出すために存在しない専門用語ガジェット名などを多用して世界観を作る手法が多く、そこで引っかかる人は置いてけぼりにされる。

から、とにかく凝った表現が少なく、世界観現実自分に近く、ストーリーがわかりやすくて魅力的であること、展開が早くスピード感があること

という条件で助言を仰ぐのがいいと思う。

今のアマゾンオールタイムベストからだと「下町ロケット」とか「ハリー・ポッター」とかかな。

昔だったらシドニィ・シェルダンの「ゲームの達人」とかが定番だったんだけど。

この辺は小説好きからすると、恥ずかしくてなかなか好きとは言えないので推薦されにくい。

2022-04-25

シーバス初心者が独学で1匹釣るまででの振り返り (10日)

やったことと雑感

道具についての雑感

最後

2022-04-23

オタク特有の大声早口専門用語喋り

ドルヲタ♀が気持ち悪い

隣近所の迷惑考えず、ホテルガンガン動画流して大声で話すし

電車の中でも大声だし

追っかけて、それ犯罪やぞ?ってことを公共の場で話してるし

顔がブスだから露出高めの服着てて、推しに谷間とか内腿ジロジロ見られて興奮する!ってめっちゃ気持ち悪い

迷惑だわ、まじキモい

Twitterサードパーティークライアントに欲しい機能

はいっても、もう殆どサードパーティー死んでるんだけど。

でも、本家絶対搭載しない機能なので書いてみる。

話題ごとミュー機能」が何よりも欲しい。いろんな人をフォローしてると、自分が興味無いカテゴリツイート邪魔しょうがいから、見たくないので、専門用語的なワードをどんどんミュートしていく。ただ、こういうのなかなか効率が悪いし、何より画像には効かない。

機械学習を利用すれば恐らく実用可能なのではないかと思うが、PCはともかく、スマホアプリなんかで実装できるレベルなのかな。

例えば「野球」に興味が無いか野球関係話題を全部自動的ミュートしてくれる機能があれば俺は物凄く喜ぶんだけども。例えばそれがソシャゲだったり、特定ソシャゲだったりしてもちゃん機能するやつ。

2022-04-22

ジェンダー用語って学術用語なの?

はてなーのお陰で色んなジェンダー文字用語を覚えたけど、よく考えたら学問学術専門用語としておかしくね?って気がしてきた。

100歩譲って「これこれこういう状況をこう呼びますよ」、ならいいんだけど、自分が目にするのは批判したら反論されて「トーンポリシングやめてください」「それはマンスプレイニングだ」「これ以上はシーライオニング」みたいな議論逃げ口上としての使い方ばっかじゃねーか。こんな使い方される学術用語、他の学問じゃ聞いたこと無いんだけど。

議論対話自体非難するために学術用語使って拒否するようなのが、本当に学問なのか?それともそういう使い方をしてる社会学者研究者が特異なだけなのか?

2022-04-20

anond:20220420004625

opacityとか専門用語使ってちょっとシャレ言っちゃうのすげーチー牛っぽい

2022-04-19

anond:20220418214932

ちゃん勉強したときに一番面食らったのは「自分の陣地を守ろうとすると点数が減る」だったな(日本ルールだと)。

あれが直感に反してるのがきつい。せめて中国ルールにしよう。

あと専門用語多すぎ&使いすぎ。解説とか実況聞いててもお前ら普及する気ないだろって思っちゃう

あと基本ルール覚えたら暗記が必要になるのに、その作業が1mmも楽しくない。(将棋はまだちょっと楽しい

付随して詰碁が詰将棋に比べて圧倒的につまらない。ただの勉強

このご時世に19x19=361の19路盤なんて流行るわけがない。みんな忙しいの。

(ただ9路盤で対局できるのは将棋にない利点&スマホ向けなので活用すべきと思う)

まあ勉強すればするほどこんなん流行るわけねえって思っちゃったよ。

まだまだ思いつきそうだけどこれぐらいで。

あ、あと「囲碁簡単です」って本当に言わないほうがいいと思う。反感買うだけだから

2022-04-11

anond:20220411032941

こういう、それっぽい専門用語を雑に持ってきて適当にくっつけて意味をなさな議論を繰り広げる人たちってやってて虚しくならないのかなって思う。

2022-04-06

anond:20220406180519

世間の風潮に逆張りすることが前提で、そこにどっかから聞きかじってきたちょこっと専門用語が混ざる一見小難しそうな理由付与する。

それによって「自分は流されている一般人間とは違ってきちんと自分で考えて人とは違う意見を持って生きている」という自己肯定感を得ることができる。

一種自己催眠

2022-04-03

イクニの炎上、訳わからん

カミングアウト文脈を使った!って騒がれてるみたいだけど、普通言葉じゃ?

軽く検索かけたけど、おそらく共感を集めてるRTいいね多いツイートとか見ても訳わからん

普通言葉をいつのまにか私物化してるようにしか見えないんだが

自分に正直に生きる」って文章はいトランスジェンダー専用になったんだ?普通言葉だって

発表した3/31が「国際トランスジェンダー可視化の日」とやらにされているらしく、それで騒がれているっぽい

けど正直言って関係者しか知らないような記念日?だし

クィアベイディングって専門用語を多用してるあたり、普通一般人に伝えようって意思もなさそうで、訳わからん

とりあえず普通言葉と日付を当たり前のように私物化するのやめてくれー

2022-03-29

anond:20220328213217

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/sci/1647778800/354-357

357ご冗談でしょう?名無しさん2022/03/28(月) 07:10:44.33ID:???

354へ

回答者が小卒。

他の質問回答も酷過ぎ。yahoo 知恵遅れ並みだわ。

小卒ってようは中学校の時点で学習内容がまるで理解できなくなってた劣等生だったみたいに言いたいんだろう。

でもそんな奴が曲がりなりにも専門用語使って知ったか回答するのかなあと。

成績で明確な格差が出始める中学では(もちろん公立)ではオール5かその手前ぐらいには優秀だったやつの方がコンプレックスこじらせて自分は今でも得意教科だけは誰よりも優秀なんだという自信過剰に陥りそうだ。それでネット知ったか回答するようになると。

いやー慶應でも雑魚呼ばわりだしかたや中学で優秀だっただけで尊大になるやつもいるし価値観千差万別だわ

2022-03-21

俺がシュタインゲートを未だに見てない理由は3つ。

2012年

僕の場合シュタゲAKB48がそうなんだけど、見る前からどうしようもないファンを見て「絶対にこのアニメ見ない!頭の弱い人がはしゃいでるだけで、彼らに比べたら多少頭のある人が見れば楽しめないから見ない」と決めちゃった作品がいくつかある。ファンって大事だなぁと思う

僕が大して見てもないのに、シュタゲを(腹の底では)バカにしてる理由は「だが男だ」が出て来ちゃったから。…あれだけでもう嫌になった。頼まれるか、よっぽど暇か、好きなクリエイターに薦められない限り見ないと決めてる。岡田斗司夫ハルヒ見た時の感想じゃないけど「あれ見るとバカになる」と…

2014年

僕の1話切りしたくなる「バカじゃないの」と思う作品の条件は主に2つ。①ファンタジーでもないのに、どう見ても頭のおかしい設定が出てくる。(パパ聞き・シュタゲなど)②いきなり痛い専門用語・設定を連発する作品(AB、シャナなど)…この手の作品見ると「バカになるから辞めよう」って思う

2016年

俺がシュタインゲートを未だに見てない理由は3つ。

信者キラ

男の娘という文化が未だにキラ

・ちらっと見た時に「あの空回りしたノリについていける自信が俺にはなかった」

…でも、ネットアニメランキング作るブロガーってみんなシュタゲを入れる。そこがすごく俺には辛い

そこまで気になるなら見ろよ

2022-03-20

anond:20220319212947

男性性は強者である」ことと「男性強者である」ことは全く異なるのだが、まあ社会学専門用語として後者の一文が前者を表していることはありうるのだろうが、この違いをフェミアンチフェミ社会学者でさえ理解してないのが残念よな。

2022-03-14

当用漢字(1948)から常用漢字(1981)へ

1946 年の内閣告示により 1948 年に制定された「当用漢字」は、

1973 年に改訂され、1981年に「常用漢字」の制定にともない廃止されました。


1973 年の改訂では、添付文書改訂趣旨について以下のように述べています

改定に当たっては,昭和23年内閣告示当用漢字音訓表の持つ制限的色彩を改め,当用漢字改定音訓表をもって,漢字の音訓を使用する上での目安とすることを根本方針とした。


これは、1946年~1948 年に制定された「当用漢字」には制限的な意味合いがあった

ということを公式に認めたものだ、と読むこともできます表現規制だぁーww)。


では何故、「制限的色彩」があったかというとあったかというと、

政府公式見解では穏便に:

わが國において用いられる漢字は、その数がはなはだ多く、その用いかたも複雑であるために、教育上また社会生活上、多くの不便があつた。


と言っていますが、当時の人々の本音としては、

大本営発表をはじめとする政府特に軍部から出てくる公式文書や、

戦中の御用メディア(当時の新聞)の文章大袈裟難解な漢語表現ばかりで

「なんかスゴそうだけど、よく考えたら意味不明だった」「あの表現に騙された」という感覚だったんだろう。


まり、大きな流れとしては、1946 年に戦中の反省から当用漢字」ができて、

1973 年に「そろそろ戦争反省より実用性かな」というノリになり、

中曽根康弘総理大臣になる(1982年)ような時代になって廃止されたということですね。


というようなことを週末に家族と話してたんだけど、

月曜の朝にミリタリークラスタが「鹵獲」なる言葉を使ってるのを見てモヤった次第です。


なんで「捕獲」や「接収」じゃダメなの?

英語だと「キャプチャー」という日常言葉と地続きのフツーの言葉なのに、

日本語の「鹵獲」はどの辞書を引いても戦争軍隊という文脈限定

特別言葉」なんだよねー(専門用語ともいう)。


自分は(他人もだけど)専門用語を多用したくなったら要注意だと思ってる。


専門用語を多用したがる「気持ち」はどこからやって来るんだろう?


自分が(他人でもいいけど)専門用語を多用しちゃうのってどういう時かな??

2022-03-11

公式勝手に言ってるだけ」からはじめる文学理論半世紀

最近二次元に魂を奪われ二次創作萌える二次豚とでも呼ぶべき存在どもが、「公式勝手に言ってるだけ」「原作アニメで言ってないだけ」という種類の鳴き声を発明した。

歴史学などの一部学問においてはこうした態度が倫理的要請されてきた、ということはニコニコ大百科でも指摘されているが、そもそもこうした態度はここ半世紀ほど「文学」「テキスト」「作品」といった物事専門家が語るために用いられてきたものがほぼ起源であろうと思う。「テクスト論」と呼ばれるものがそれである構造主義の話はしません)。

すなわち「勝手に言ってるだけ」「言ってないけど言ってる」は、文学者がこの半世紀格闘し続けてきたテーマなのである。ちなみに本稿は、加藤典洋テクストから遠く離れて』をなんとなく参考にして書かれたので、興味のある方はそちらも読まれるとより楽しいかと思う。

さて、半世紀ほど前まで、たとえば夏目漱石作品批評する、ということは「それを書いた当時の夏目漱石思考に限りなく接近する」ということとほぼイコールであった。平たく言えば「作者の気持ちを考える」ことが批評家の仕事であった。友人の噂話やら本人の秘蔵のメモ書きやら、ちょっと引くくらいの何もかもを動員して「唯一の答え」=「漱石意図」に接近しようとした。

これは当時に特異な現象ではなく、それまで人間と「ことば」の関係は大体においてそんな感じであった。人類史上のベストセラーである聖書の読み解かれ方を考えてみればわかるだろう。聖書には○○と書いてあるが、これは当時の××という慣習を踏まえなければ正しく読み解けず、「正しい教え」は△△せよ、という意味になる、という研究は数限りなくされてきたし、今も続いている。

聖書にせよ漱石にせよ、ここでイメージされているのは「正解」というもの(難しく言いなおせば「真理」といってもよい)が遠くにあり、我々は「ことば」というヒントでありフィルターでもあるものを通してそこに接近していく、という構図である

これは我々の日常的な「ことば」の使用から考えてもごく自然なことだ。たとえば日本語話者あなたが「八百屋さんの隣にあるポスト手紙を入れてきて」と日本語話者である子供に頼んだとき、その場で子供八百屋と反対方向に歩き出したら、あるいはその場で手紙を破いて食べ始めたら、あなたは「言葉の正しい意味」「子供がたどり着くべきだった正解」についてこんこんとお説教をすることになるだろう。

これまでの「公式」に対するオタクの態度もまた、まさしくここに連なるものと考えてよいと思う。たとえば「エヴァ世界公式に起きたこと」にアニメ劇場版を通してよりよく接近していこうとする、というのは聖書研究者の態度そのものである(ちなみに「公式」とファンダム関係をもってしてオタク文化を特異なものとする東浩紀データベース消費」などの理論もありますが、例も反例もいくらでも出てくる類の話なのでここでは触れません)。

話は半世紀前の文学研究に戻る。ソシュールという言語学者が「一般言語学講義」という10人くらいしか出席者のいない講義を行い、ソシュール死後、その講義にも出てなかった全く関係ない奴が学生ノートをもとにソシュール一般言語学講義』として出版し、これがコペルニクス的転回にもならぶ「言語論的転回」のはじめとなった。

聖書漱石研究など、ソシュール以前は「世界言葉を作った」とされてきた。されてきた、というか、それ以外の考え方が無かった。わたしたちが「あの赤くて木になってかじると甘いやつ」に「りんご」と名付けたのであって、「りんご」という言葉がまずあって「あの赤いやつ」が後からついてきたわけではない(全くの余談だがりんごと机はこのジャンル議論酷使されすぎだと思う)。

それに対して、「言葉世界を作った」と主張するのがソシュールを祖とする「言語論的転回であるソシュールが言ったのはあくま言語の話で「あの赤いやつと『ri-n-go』の結びつきって別に絶対的じゃなくて、appleとかpommeとか見ればわかるけどたまたまだよね」という程度のことではあった。しかしそれは十分に革命であった。あまり革命的だったために世界が驚くまでに半世紀を要し(講義1900年代はじめだった)、さらに半世紀経った今ようやく振り返りがなされつつある。本稿で扱うのは、世界が気づいてから文学理論最近半世紀である

それまでの哲学世界観と言ってもよい)においては、言語研鑽によって「正解」「真理」にたどり着けると思われていた。しかし「たまたまのものいくら研ぎ澄ませたところでその高みに至る日がくるものだろうか?

よく言われるように、日本人は虹を7色で数えるが、外国人は5色で数える。この差の2色というものは本当に「ある」のだろうか?といった問題一見トリビアルで退屈なものである。だがさらに進めて、そもそも日本人」というものは「日本人」という言葉よりも前から「あった」のか?と問うと大昔の言語学講義がいまなお強烈に突き刺さってくる。

これは今日でも大問題ではあるが、半世紀前の文学研究にとっても大問題であった。確かに、それまでも言語というものがそんなに主人に忠実でないメッセンジャーであることは知られていた。しか言語論的転回は、メッセンジャーこそが主人である、としてしまったのである。その理由は以下のように明快である。我々は言語の向こうの対象(「真理」)に近づこうとしてきた。しかソシュールいわく言語対象の結びつきは「たまたまである。我々が触れることが出来るのは言語のみである。ならば、「たまたま」で検証不能な真理などというものを求めるのではなく、言語言語として我々に何を訴えかけてくるのかこそをガクジュツテキにケンキューすべきである!と。

冗談のような本当の話なのだが、ここ半世紀、世界中の文学研究者はこぞって「公式勝手に言ってるだけ」「原作アニメで言ってないだけ」と言い続けてきた。専門用語でこれを「テクスト論」における「作者の死」という。本当にそういう専門用語がある。

もはや書きぶりから嫌いと蔑視がにじみ出てしまっているが、しかしこの半世紀くらい、この潮流は世界中の識者におけるブームないし真理とされつづけ、最近になってようやく揺り戻しがきている。

二次豚でも簡単にわかることだが、これを言い始めると「公式見解」が意味を成さなくなり、要するにきりがなくなる。しかしこれはある意味正当なことでもある。「全ての『公式見解』が正しいか」と問われれば、とくに今日であれば即座にNOと答えることができる。なぜならもはや「公式」と呼ばれる以上はもはや庵野富野といった個人ではなく、分業化された組織であるからして、そこには作品世界という真理からの誤差、ノイズエラーが当然のものとして含まれうる。最も軽薄でありがちな事例として、公式Twitter担当者調子に乗って後に撤回する、という事例を挙げておけば十分だろう。

しかし、かつてのテクスト論者たちが正当にも考えたように、庵野富野すなわち「作者」個人だってべつに無謬ではありえない。すなわち彼らとて(限りなく比喩としての意味合いが薄くそのままの意味での)「神」ではないのだから、それを絶対視する必要は無くなる。むしろ作品」は1文字、1フレームに至るまで確固たるものとして存在するのだから、そちらから何を導けるかが重要である、とテキスト論者は考えた。さらには一歩進んで、「作品から導かれたわたし感情」が重要だと考える「読者反応理論」というものも生まれた。

上で「きりがなくなる」と書いたが「何でもありになる」とは微妙に異なることに注意されたい。これまで「訴えかけてくる」「意味する」「導く」などとこっそりごまかして書いてきた部分についても、文学研究者は鋭くメスを入れた。すなわち形式としての言語がなにを「意味する」(またこ言葉を使ってしまった!)かについて、激しい議論が戦わされた。つまり、「シャミ子が悪いんだよ」は「原作アニメで言ってないだけで実際は言ってる」という解釈はまあアリだが、「桃が悪いんだよ」は「言ってないし実際言ってない」という我々の直観いか正当化するかについて、涙ぐましい努力が続けられた。

しかしそうした努力にもかかわらず、論理学数学(それぞれ「たまたま」じゃない言語として期待されていた)が発達した結果、クレタ人のパラドクスやらゲーデル不完全性定理やらでそこまで簡単ではないことがわかってきた(ここでは「簡単ではない」と注意深く言ったが、知ったかぶりで「数学は不完全だと証明されたよね」と言うと凄まじく怒られるので注意)。

かくして文学研究者らはそうした論理的数学理論縦横無尽闊達自在引用した結果、文学の「正解」を「何でもあり」にした。現在蔑称として使われる「ポストモダン」という思想潮流は、大体この辺のことを指していると思う。

しかし、文学の「正解」が「何でもあり」であっていいものだろうか。蔑称とか揺り戻しなどと何度か言っているように、今日文学理論は素朴な「作者の死」論には与せず、いくらかの距離を取っていることが多い(『テクストから遠く離れて』はまさしくそうした書物である)。しかし昔と違って「神」のことばこそが「正解」であるとも考えない。そもそも「正解」があるのかどうかもわかってはいない。いまの研究者は、グラデーションの中のどこかに自分場所を見いだそうと必死になっているのだと思う。

から、「公式勝手に言ってるだけ」「原作アニメで言ってないだけ」と2022年に言っている人がいても、笑おうとは思わない。「彼/彼女はこう思う、と私は思う」という感情想像力こそ、人間発明した最も大きな発明であり、誰しもまだそれを持て余しているのだから

 

最後

これを書いた人(@k_the_p)は無職で、仕事を探していますPythonとかほんの少しできますよろしくお願いいたします。

2022-03-10

恐縮する増田の返信新への出すマルスくゅし宇ょ気(回文

おはようございます

あのさ、

ツイッター適当なことつぶやいて言い放ってウエブの海にさらさらつぶやき流すことあるじゃない、

本当にどうでもいいこと。

ふと疑問に思ってふとつぶやいたら、

ガチのその分野の専門家の人にガチ返信ガチリプきて、

本域の知識解説してくれて、

す、すいません先生のお時間もったいないので、

ちょっと手軽な入門の本を読んでみます!恐れ入ります

ってマジ恐縮するような専門家に遭遇するときがあるから

なんのきなしに無責任につぶやけないと思ったらつまらなくなるのであんまり気にしない方がいいのかも知れないけど、

私もよく分かってないままつぶやいているので、

それにガチ専門家の人に構っていただいて、

本当に先生の貴重なお時間割かせてしまって申し訳ありませんって

猛省したしまうほど、

なにか世の中のリソースを人を巻き込んで無駄にしてしまったようで、

でも検索してみたらそのガチリプしていただいた先生書籍かいっぱい難しそうなのが出てきたので、

なにか手っ取り早い本を読んでみます!ってそこは収まったんだけど、

やっぱりその色々な専門家界隈の人って、

その専門用語を日々ツイート検索して

研究しているのかしら?

よく分からないけど、

きっとなにかその分野の新しい発見を探しているところに、

私のなんか適当つぶやきを本当に拾ってくれて返信してくれなくても良いです

逆にこっちが困りますってな勢いで

私も得意な飛び込み前転ができないぐらいにちょっと引くわ!

まりの本域の専門家だけに

優しく解説してくれるところなんかが本当に申し訳ないというか、

専門家リソースを割いてしまって。

普通に率直な初歩も知らないような毛も生えていない素人に付き合ってくれてありがとう!って

奥田民生さんと井上陽水さんの歌のように

素人に付き合ってくれる専門家の人ありがとう!って曲にしてもらいたいぐらいだわ。

早速その先生の本をダウンロードしてみたんだけど

なるほどさっぱり分からない分野で

とりあえず、

囓ってみる前に舐めてみました。

甘く見くびっているという意味で舐めていると行ってるんじゃないのよ、

囓るのも恐れ多いので、

ほんの少し舐めせてくれるだけでいいんです!って意味よ。

ちょっと舐めたところで

苦い味しかしなくてなんだか知識として得られた旨味の甘みの刺身の新鮮みのような感じではなかったけど

始めの数ページを開いてみて

そっと閉じてしまいそうな、

そう瞳を閉じて黄身だけを描くよ!ってやかましーわーい!って朝食のスクランブルエッグをみてそう思ったわ。

総じて今日論点としては

専門家無駄に使ってしまってごめんなさいと世間に表明を正真正銘行ったからこれで許してね。

ってことかしら、

専門書も専門すぎてあんまり読み込めてないけど、

最後までページをめくるめくめくるという行為好意的感情を持って

最後のページまでとりあえずめくってみて読んだ感じには

体裁を保ちたいところよ。

じょ冗談でつぶやいてるんですから

マジガチ知識論法で返信してくれなくてもって逆に恐縮よね。

今日恐縮したって話でした。

うふふ。


今日朝ご飯

喫茶店モーニングタマゴ2つ使いのスクランブルエッグが美味しいやつよ。

リッチタマゴのボリュームに思わずニッコリ!

朝の元気はタマから始まるって

ローマの道は1日で繋がる!ってことわざと全く同じ意味だわ。

デトックスウォーター

炭酸グレープフルーツフレーバーのものが新しく出たのかしら?

それ美味しそうなので、

って私がよくするやつじゃない?って思って

やっと時代が私に追いついたのかしら?って思うほど

グレープフルーツ炭酸ウォーラーが冷たくて朝起きた喉の乾きにもってこいだったわ!

爽快爽快。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2022-03-09

優れた社内システムノルマによってダメになった話

ナレッジマネジメントという言葉がある。

平たく言うと、社内に散逸している知識経験ノウハウ有効活用しましょうねっていう取り組みのことだ。

弊社も最近これに力を入れていて、ナレッジマネジメントのための社内システムを開発した。

この社内システムでは、共有したい情報資料にまとめてアップロードすることで、他の社員がその資料検索したり、閲覧したりできる。

この社内システム、俺はかなり良いと思った。

例えば、ある部署勉強会に使った資料アップロードすれば、他の部署社員もその恩恵が得られる。

例えば、炎上した案件とその後始末に関する資料を読めば、似たような状況に陥ったときに役に立つ。

俺はエンジニアだけど、営業活動案件受注するまでの経緯をまとめた資料を読んで、なるほど営業の人はこういう部分で苦労しているんだな~と思ったりした。

弊社の社内システムはあまりよろしくない(なんせ2022年3月になっても社内サイトIEしかアクセスできない!)けど、このときは凄いじゃん弊社と思った。

そう思っていた。

ある時からシステムを利用していて違和感を覚えるようになった。

謎の資料が多い。

有り体に言えば、他者と共有することを想定していないような資料が目立つようになった。

例えば、プロジェクト使用しているものを、ほぼそのままアップロードした資料

そのプロジェクトにいる人にしかからない専門用語ばかりで、外部の人が読んでもわからない。

例えば、タイトルと表紙は良さげだけど、中身がほぼない資料

(編集中)というカッコ書きがそのまま残っているものもあった。

俺はその理由をすぐ知ることになる。

ノルマ存在だ。

この社内システムにはノルマがあり、社員1人あたり一定数の資料アップロードしないといけないことになっていた。

俺がこのノルマ存在を告げられてから、その期限まで、わずか2週間。

担当しているプロジェクト慢性的にボヤが起きていて、資料作成する時間はあまり取れない。

そもそも他の社員に共有すべき情報すら見つかってない。

じゃあどうするか?

既存の有り合わせの資料ちょっと手直ししてアップロードするしかない。

こうして、俺も謎の資料アップロードする一人になった。

このノルマ問題点は2つある。

第一に、社内システムに対する社員の親しみが薄れることだ。

ノルマ押し付けてくるヤなサイト」という認識を持たれるようになると、積極的システムを利用する社員が減り、本来目的を果たせなくなる。

第二に、資料の質が下がることだ。

よく、Google検索劣化して使い物にならないサイトばかりヒットするようになったと言われているが、それと同じ現象が弊社の社内システムでも起きている。

興味を持ったトピックについて検索しても、あまり役に立たない「謎の資料しか見当たらなくなる。

弊社は比較歴史の長い企業で、社内のポータルサイトに年々「情報」が積み重なっている。

そのため、社内の規則などを調べるためポータルサイトアクセスしても、情報量が多すぎてよくわからないという意見中途採用者を中心に挙がっていた。

ナレッジマネジメントの社内システムは、それと同じ状況になりつつある。

もちろん、ノルマには良い点もある。

ノルマきっかけて社内システムを使い、そのままユーザーになる人も居るだろう。

また、仕方なくアップロードした有り合わせの資料が、実は他の社員にとって価値ある資料かもしれない。

しかし、それらを考慮してもなお、このノルマデメリットメリットを上回っていると俺は思う。

反省点もある。

俺は今まで、他の社員アップロードした資料を読むだけで、自分アップロードすることはない、いわばフリーライダーになっていた。

この手のシステム健全運用していくには、情報享受するだけでなく、自らも提供する必要があると痛感した。

というわけで、俺も「謎の資料」ではない、ちゃんとした資料を作ってアップロードしようと思う。

今のプロジェクトが一段落したら、だけど……。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん