「マンネリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マンネリとは

2020-05-30

anond:20200529124907

MLPはよくプリキュアに擬えられるけどちょっと違うと思う。

プリキュアニチアサ文化ってものベースにあってそれありきで支持されてる。

一方MLP80年代ブームを起こし定着したのち(この頃から何度もアニメ化はされてきた )、だんだんマンネリ化し一時下火になったものの、

2010年から始まったアニメ、「〜トモダチは魔法〜」シリーズがその骨太ストーリーキャラクター造形から幅広い層から支持され空前絶後の人気となった。

ネトフリのドキュメンタリーシリーズ「ボクらを作ったオモチャたち」のマイリトルポニー回を見てもらうのが手っ取り早いだろう。

無理やり日本コンテンツに例えるなら、

昭和に一斉を風靡し何度もアニメ化されつつ、平成に入ってからは全く存在感のなかった「おそ松くん」を、

とっつきやすキャラクター設定、練り込まれサブカルネタが炸裂するギャグセンスで「おそ松さん」としてリブートし、腐女子という、今までの赤塚不二夫作品には見られなかった新たなファン層を獲得した事例に近いのではないだろうか。

「〜トモダチは魔法〜」の作風自体は強引に言ってけものフレンズに似ていると思った。

2020-05-11

anond:20200511081541

理由簡単だよ

90年代当時の男の子向け主流コンテンツには圧倒的に恋愛要素が足りなくて、それがまずときメモ代表されるギャルゲーブームにつながったのさ

で、CS表現規制が厳しくてセックス描写できないから、そこに物足りなさを覚えた層が90年代後半からエロゲに流れてくる。

WIN95から始まったパソコン一般家庭への普及も追い風になった

2000年代に入ってありきたりな恋愛ものに対するマンネリ感を覚えていたユーザー表現の場を求めいてた若いクリエーター化学反応起こしてエロゲブームが花開いたのさ

このとき参入した若いクリエーターたちが、大手少年漫画地上波ゴールデンアニメのような主流オタクコンテンツとは違う、少女小説一般エンタメ小説純文学といったこれまでの男性向けオタクコンテンツにはなかった文脈を持ち込んだのもエポックメイキングだった

やがてそれらが物珍しくなくなるにつれて、エロゲ神秘性も薄れていったというだけの話

あとはまあ、世の中全体の傾向としてリーマンショックの前ぐらいまでは娯楽コンテンツへの金払いがまだわりとよかったのもある

2020-05-02

Reiwa 0368

今日は令和368日目。

前の記録から50日ほど経った。

NHK Eテレの、「100分で名著・ペスト」の回を見ながら、これを書いている。

Reiwa 00001から始めた飲酒レコーディングは、ずっと続けている。

少しマンネリ気味だったのだが、この自粛で外に出られず、毎晩の飲みに逃げつつあるのか、2本で済ませていたのが3本目に手をかけることが出てきた。

良くない兆候だと思う。

月 / 月間飲酒量 (ℓ) / 休肝日

1905 / 23.3 / 3

1906 / 18.3 / 3

1907 / 20.3 / 3

1908 / 21.1 / 1

1909 / 20.9 / 0

1910 / 18.2 / 5

1911 / 20.3 / 1

1912 / 19.4 / 5

2001 / 20.1 / 4

2002 / 21.1 / 1

2003 / 22.0 / 0

2004 / 19.9 / 2

グラフにしてみるとよく分かったが、月間量は18L強を下限にして、山形状になっている。

休肝日の方は、0〜5日の間、あまり傾向は見えない。

まずは月間15Lを目標にしてみようか。

15リットルで1日700ml(2本)とすれば、9日間飲めないことになる。

2日飲んで1日休み、だと、丁度15L弱。

とりあえずまずやってみるず。

2020-04-10

執筆経験なしアラサー半年間で二作完成させて電撃小説大賞投稿するまで

思った以上に非日常体験だったので、共有したい。

スペック

30代前半・独身・男・非正規年収

小説執筆経験を含め、創作経験は無かった。仕事文章を書くことはあるが、クリエイティブものではない。

読書家と言えるほど読む量は多くないし、映画アニメマニアなどに比べれば全く観ていないが、フィクションは好きな方だと思う。

結果は?

投稿締切が今日だったので、まだわからない。1次選考の結果は7月で、最終選考結果発表10月らしい。

結果が出た後だと、良くても悪くてもまとめる気にならないし、変に情報を取捨選択してしまうと思うので、このタイミングで書き残しておく。

どうして小説を書きたいと思い、電撃大賞に応募しようと思ったか

小説映画漫画アニメなどの作品をみてストーリーについて「こうすればもっと面白くなるのに」と思う時が多かった。

あわよくばいろんな人に読んでほしいし、収入源にもなればと思った。ただ、今は普通に小説を出しても売れない時代アニメドラマ映画化などのメディアミックス選択肢が多いライトノベルは、まだマーケティング的に強いと思った。電撃を選んだのは、単純に最大手から

仕事マンネリ感があり、毎日に変化が欲しかった。

絵が描けない(ありがち)。

スケジュール

11月-12月: プロット

物語の作り方を勉強しようと思い、脚本についての本をいくつか読む。ここ最近受賞作品や売れている小説を読む。ネット情報も調べる。

その後、まず100字以内でどんな物語かをあらわす文章をたくさん作る(ログラインと言うらしい)。この時点で早速、創作の難しさに気づく。思いつくのはありきたりなストーリーばかり。

ゼロからアイデアを出していると、似たようなものばかりになることに気づく。自分がどんなストーリーを考えるのが得意かわからないし、この段階ではある程度多様性があった方がいいと思い、SF現代青春もの戦記物、みたいにカテゴリでわけて、その中で考えることにする。それぞれのカテゴリの中でまだマシと思えるログラインを、800字程度のあらすじに膨らませる。

なんとかかんとか、4本分ひねり出し、この段階で一度友人に見せてみる。わりと恥ずかしかった。

1月: ドラフト

友人に見せた4本のあらすじがそれなりに評判が良かったので、キャラ世界観の設定を深めていく。ここで、あらすじごとに考えやすものと考えにくいものがあることに気づく。わりとスムーズキャラや設定を考えることができた2本を使って、書き始める。

いざ書き始めて、これは長期戦になるであろうことを瞬時に悟る。自分夏休みの宿題を直前まで放置するタイプだが、それでは到底太刀打ちできない。そこで、毎日起きてから3時間執筆にあてることにする。3時間にしたのは、仕事との兼ね合いと、これ以上は創作力が続かないから。土日だけは3時間x2スロットの6時間にした。また、毎日同じ小説を書いていると自分自身がその物語に飽きることに気づく。自分が心から楽しめないのはまずいだろう。なので、二作品を一日交代で書き進める。

電撃大賞には、全体で80ページ以上130ページ以内という規定がある。自分執筆ペースは、エピソードの流れが頭にできていればだいたい3時間で8ページぐらい。文字数にすると約6000〜8000字。だがこの「流れが頭にある」というのがくせ者で、最初に作った800字程度のあらすじだけでは、一つ一つのエピソードが書き進められない。つまりエピソードごとに、もっと細かなプロット必要だった。なので、3時間執筆時間以外でも、通勤時間を使って次に書くエピソードの流れを頭で考えて、スマホメモを取っていった。

また、書いている途中は一度も推敲せずに一気に最後まで走るのが良いというアドバイスネットにあったのでそれに従う。結果的にこれはよかったと思う。とりあえず終わらせるのがモチベーション的に非常に大事だと思った。特に序盤〜中盤あたりを書いているときは、本当に最後までたどり着けるか結構不安になった。その辺で行ったり来たりするのはあまり良くないのではないかと思う。

月末に二作分のドラフトが完成する。この段階ではまだ人に見せられるようなものではなく、第ゼロ稿というところか。

2月: 第一稿

ドラフトが完成してから、1週間寝かせて、再度最初のページから直していく。

上に書いたとおり、一切途中に推敲は入れていないので、矛盾が生じていたり、伏線をまったく張っていない設定がたくさんある。他にも、安直でつまらない会話や、適当人物風景描写冗長な文だらけ。まずは全体を見てそれらを洗い出し、一つ一つ潰していく。

細部の推敲と並行して、改めてプロットを見直す。物語全体の流れがほぼ確定したので、章立てを決める。各章内に、盛り上がる部分・落ち着く部分があって、最後に引きがあるかを確認する。うまくまとまっていない章については、エピソードを追加・削除・移動。また、全体をとおしてテーマ一貫性があるか、最後まで引っ張る謎や問題があるか、改めて確認する。

これも平日3時間休日6時間スケジュールで進める。「自分はこの小説を完成させられる」という自信のようなものがようやく出てくる。

第一稿が完成する。プロットを見てもらった友人に完成版を見せる。かなり恥ずかしかった。

3月: 第二稿

1週間ほどで友人から感想をもらう。自分では気づかなかった有益視点が多くもらえる。特に物語最初テーマ放置されて途中からのものに変わってしまっていたり、せっかく魅力的なキャラがいるのにそのキャラエピソードほとんどなかったり、そういうのこそ案外自分では気づかない。

感想を踏まえて、ぶれている部分を直したり、キャラエピソードを追加したり、不要キャラを削除したりする。

月末に再度友人に見せる。これぐらいになると、あまり恥ずかしくもなくなる。

この月もやはり平日3時間休日6時間は守る。

4月: 推敲

最初から最後まで、何回かにわたって見直す。

漢字の使い方を見直したり、改行の入れ方を変えたりと、読みやすさやテンポに気をつけて変更していく。

脚本術の本に、「審査員ランダムにページを開いてそこが面白いかどうか見る」と書いてあった。なので、自分でもそれを試した。これは良かったと思う。通しで読んでいると良くも悪くも物語に入り込んでいくので、細かい欠点に気が向かなくなる。あと、無意識自分が気になる部分ばかり直してしまうのも防げる。

10日が締め切りだったが、さすがに直前は結構時間を使った。コロナの影響で使える時間が多くなったこともあった。

やってよかったこ

過去受賞作品を読む

受賞作の傾向をつかもうと思って読んだが、ストーリーという点では傾向はあってないようなものだと思った。文体も多様で、地の文多め漢字多めのものから、ほぼ会話文で構成されてるものまで。そんな感じではあったが、ある意味傾向がないのが傾向と言えるので、それがわかったのは良かった。

脚本術の本を読む

どう作れば失敗しないかアンチパターンを学べた。当たり前のことを網羅的に並べてあるような印象は少し受けた。結局、面白ストーリー方法なんてないのだろう。

ドラマアニメの一話を観る

序盤で一気に引き込むのが大事、というのはどんな指南書にも書いてあった。つまりそれぐらい難しいということなんだと思う。実際、キャラ紹介や世界観説明必要な序盤は、面白くするのが難しいと感じた。

よくできているドラマアニメの一話は、テンポ良くこれらをこなしている。映像があるドラマアニメと違い、小説文章だけしか使えないのでそのまま真似はできないが、構成などは参考になる。

書くにあたってした工夫

常に全体の流れを考える

どこで盛り上げてどこで落ち着かせて、どこで困難にあわせて、、、とかの流れは常に意識した。二作品とも六章構成だったため、全体を六話構成アニメだと考えて、各話の中できちんと盛り上がりポイントがあるか、全体の中でどういう位置付けか、などを意識した。そのために、定期的に全体の流れをノートに書き出した。

音楽意識して、横軸に時間、縦軸に盛り上がり度、みたいなグラフを何回も描いた。可視化すると、ずっと盛り上がってばかりの章や(つまり盛り上がってない)、ずっと平坦な章があることに気づく。

とにかく文章シンプル

過去受賞作品、あるいは売れているプロ作品を読むと、文体に正解はないことがわかった。読みにくく目が滑るな、と思うような作品もあるが、それはそれで作品雰囲気を作るのだと思う。ただ、自分にとってはやはり読みやすい文がよいと思った。なので、とにかくシンプルに読みやすく、を推敲時には心がけた。

意外だったこ

小説を書くことは難しい

普段読んでいる時は意識しなかったが、一つ一つの仕草や会話文の後に続ける文書ひとつとっても、無数に可能性がある。正解なんてないから、すべて自分で考えないといけない。ストーリーにしても、少し気をぬくとありきたりな展開になるし、会話文も安直切り返しばかりになってしまう。少しも気が抜けない。

書き始めるまではいろいろなキャラや展開があったのに、書いていくとそれらをどんどん切り捨てる必要が出てくる。ページ数の要請ももちろんあるが、実際、切り捨てた後に読むと、そっちの方が大抵の場合面白いし読みやすい。熱くなれるはずと思ったシーンや、魅力的なキャラを、どんどん消していく。そうした決断をいつ、どうやってするかには常に悩んだ。

小説を書くことは楽しい

仕事息抜きになるだけでなく、毎日の生きがいになる。普段生活では辛いことも多いが、小説を書いている時間はそれらを忘れて空想世界に浸れる。熱いシーンや悲しいシーンなどは泣きながら書くことも多く、そのあとには不思議な充実感が得られる。

自分はあまり人と喋るのが得意ではない。人と会話しないといけない時は、単なる雑談でさえ、そのシミュレーションをしてから参加してしまう。それでも失敗ばかりである。会話の後に反省会をすることは、もはやライフワークだ。ただ、人と会話するのが決して嫌いではないし、むしろ人が何を考えているのかにとても興味がある。小説ならば、いくらでも時間をかけて会話をすることができる。これはとても心地よいものだった。

こんなところだろうか。良い結果が出ればいいな。

2020-04-08

セーフワード

新型コロナでの外出自粛なので、頻度が上がった室内運動マンネリ化防止に、少し内容をハード化したい。

と言う訳でセーフワードを決めておきたいんだけど、何にするのかがなかなか難しい。

雰囲気をぶち壊す言葉の方がいいとも聞いたんだけど、あまりにも日ごろ言わない言葉だと言えなくなってしまいそう。

みんなはどんな言葉をセーフワードにしてるの?

ちなみにパートナーとはお互いにスイッチです。

2020-04-07

友達以上恋人未満(恋人もいる)

わたしには付き合ってもうすぐ4年の彼氏がいる。それまで付き合った人も1人(半年くらい)だけなので、初めてと言ってもいい。長くお付き合いをした経験がないので分からないが、たぶんマンネリ化していると思う。付き合った当初は、LINEで逐一あったことを報告して夜は電話して、週に1回は会って、みたいな感じだった。今もLINEしない日はないんだけど、挨拶だけで終わる日もあるし、何をやってるか知らない日が増えた。仲が悪くなったわけではないけど、いちいち心配したり気にかけたりはしなくなったし(信頼している部分もある)、個人的には前より優しくなれなくなった感じがある。

そんなこんなを過ごしていて、新しく仲良くなった一人の男の人がいる。彼氏と同い年で、趣味も似てる。ちょうど話題になっていたバンドアルバムがあって、その話をしませんかと向こうから遊びに誘ってくれた。今まで男友達もそんなにいなかったので、男性から誘われることが新鮮で嬉しかった。初めて飲みにいった日、わたしはかなり酔って半分以上記憶を飛ばししまい、帰りに一人で転んで流血して歯が欠けたりしていた(何やってんだ)。その人とはTwitterで知り合ってDMをしていたんだけど、心配してくれてLINEを送ってくれた。そこからちょこちょこLINEをするようになって、遊んで、を繰り返すようになった。

先に言ってしまうと、その人のことがかなり好きになっている。以降、Aさんと呼ぶことにする。

Aさんは、わたしの考えや仕事に対する姿勢をなぜかとても尊敬してくれて肯定してくれる。(同じ職場の人じゃないのに)

彼氏とは話せないことがないくらいなんでも話せるけど、仕事やその他諸々干渉しすぎないところがあって、お互いに愚痴を話してもまあ人それぞれだよね、みたいに終わることが多い。

一方、Aさんと話していると、いろんな話をしても全部受け止めてくれてめっちゃ褒めて励ましてくれる。で、結局人生とか家族とか、価値観とかそういう大きな話になって、そのままでいいんだよとかここは大切にしたほうがいいよねとか、とにかく求めている言葉を言ってくれる。自分も大変なはずなのにそういう話は一切せずただただ受け止める。もはやお母さんである。そのくらい包容力があって認めてくれて優しくしてくれたら、好きになっちゃうじゃん...。ましてや彼氏マンネリ化していたらなおさらだ

いろんな背景がありすぎて、ここまで書いてダルくなってしてしまった。(わたしと彼は若干セックスレスになっている、Aさんは今まで恋愛感情を持ったことがない、なのにやたら"かわいい"って言ってくる、とかいろんな問題がある。)


何が言いたいかと言うと、マカロニえんぴつの「たしかなことは」という曲を聴いて欲しい。たぶん浮気の曲。

わたしは、今の関係が心地良すぎてやめられない。彼氏はそのことを知らない。Aさんと体の関係は全くない。彼氏がいなかったらわたしに好きって言ってる?って聞いてみたいけど、聞いてどうするんだろう。うんって言われたらAさんのところに行くわけじゃないし、そんな訳ないじゃんって言われるのもフラれたようで嫌だしこの関係が終わってほしくない。どっちといたら幸せになるのか分かんないし、どっちも大好きで、どっちも幸せになってほしい。今は良いとこどりをしている。

関係言葉にしちゃったら終わってしまう気がして明言なんてできないし、きっとただの"仲良し"なんだろう。わたしの考えすぎで本当に良くしてくれる人ってだけなのかもしれないしね。(でも普通はやたら女の子扱いしてくれたり、他の人には言わないんだよとか貴方から優しくするんだよとか言わないよね)(好き)

コロナで会えないから、早く会いたいな。酔った勢いちょっと手くらい繋いでみたい。AさんとのLINEを遡ってはときめいたりして、外出自粛期間を乗り越えている。

2020-04-01

35歳webプログラマプロマネに転身するべきか

10年くらいPHPとかRuby受託で小規模から中規模のシステムを作ってきた

要件定義は参加はするけど、特に発言権はなく詳細設計からおれの出番

DDDっぽいことしてるけど最終的に気合根性で納品まで持ってく

技術は昔は好きだったけどここ最近は惰性仕方なくやってるかんじ

なぜか社長が未経験の子をやたら採用するから彼らの教育もやるんだけど

なんか思ってたのと違ったのか1年くらいでやめてくから正直もう相手したくない

要はマンネリ気味で、かといってレベルの高い職場で働ける自信もない

結婚して子供もそろそろだから勉強する時間も取れなくなる

この先のことを考えると50歳になった時に

低単価の保守仕事をするかプロマネになるかの二択

そう考えると後者なんだけど手を動かす仕事に比べて潰し効かないし

そもそも立場的に客とプログラマの間に入ってかなり辛いのは目に見えてる

転職するなら40前なんだろうけどどうするのがいいのやら

2020-03-24

anond:20200324153823

・周りを見てるとそこまで育児大変じゃなさそう(相談できそう)

リミットがあるものから作れなくなってから欲しくなるより作れるなら作った方がいいのかも

増田との結婚生活マンネリ化してきて飽きてきた

このへん

2020-03-17

anond:20200317122410

マンネリなのか新作やってるのかどっちだよ

anond:20200317121054

それは違う。コロッケだけじゃなくて彼と同時期のものまね芸人共通していることは「デフォルメ面白み」だから。もともと似せることだけ追求しても本物にはかなわんのよ。一瞬はっとさせるリアルさと、それをある意味ぶち壊しにするボケ、そしてキャラクターを外挿して脈絡のないものにつなげる笑い……たとえば五木ひろしロボコップとか……な。

あと、マンネリって別に悪いことではないんだわ。演芸場に来る客が最新のネタを求めてるのか、って話。むしろ懐かしいものとかを求めてるのだからマンネリはむしろ定番安心感を与えられる。プロの芸はコンクール上位狙いの芸じゃねぇんだ。人を呼べて金を取れるのがプロの芸な。

攻殻機動隊原案にしたクソ漫画があるんだが、

アニメ化されて押井版はまだしも神山版にも共通するかもしれない

根本的なところで勘違いしてないか

シロマサ漫画右寄りだと言うことを

アップルシード原作OVAもそうだが、OVAテクノロジーを脅威みたいに描きがちである

まりバイオロイドガイアタルタロスなど=間違った科学である

シロマサ漫画の斬新だったのは、

巨大コンピュータが登場すれば人間に反乱するし、人造人間バイオロイドターミネーターのように反乱するし、いきすぎたテクノロジー人間マイナスになる、

といったようなマンネリパターンをなくしたことだった

人間はどこまでも欲望に忠実に際限なく技術を進め、資源を貪る

その辺、ドミニオンでさえマイナスに書かれることはなく、ブアクはグリンピースクローリスを奪って自分だけの地球を手に入れたが、それだけである

どこまでも人間は愚かだが、だからと言って破滅の日が来るわけでもなく、ウイルスや菌、科学物質大気汚染された街をマスクをしたタンクポリスが、ボナパルトが駆け回るだけである

どこまで行っても、我々には目の前の仕事日常しかないのだ

大友は左寄りだった

AKIRA雰囲気マンガだが、テクノロジーをどこか悪しきものとして描いてる

アップルシードガイアを含むコンピュータ群は人間を守るために、人間が創ったバイオロイドを失敗作と考え処分しようとした

ここでも人間はどこまでも守られてる

そして、人間である主人公の二人はバイオロイドを、というよりは秩序、天性の警官職務義務感のようなもので動き出す

シロマサ漫画主人公は圧倒的に警察、軍、公僕、暴力装置である

そして、主人公はそこに疑問を微塵も感じない

その徹底した人間賛歌と言えば聞こえはいいが、人間エゴの側なのだ

シロマサ漫画では逆襲のシャアなんて成り立たない

攻殻機動隊も、そもそも義体という発想にマイナスな反応をする人が多い

端的に言えば、シロマサ漫画は楽観的なのだ

人類の将来に徹底的に楽観的だ

必ず人類科学技術で神が与えし困難を打破し続けると考えている

それはキリスト教的にもおかしくないもの

しかし、攻殻機動隊原案にした作品群は暗い、なぜここまで悲観的になるのかというぐらい暗いのだ

科学技術の負の側面だけに注目しすぎだ

シロマサはそういったマンネリを打破したのに、原案にした漫画で逆にテクノロジー=悪みたいに描かれてしま

非常に悲しい

自分は、原発事故科学=悪ではなく、管理杜撰さ=悪であって、前者の考えの人が非常に多いことにあらためて驚いたが、だったらガスも水道もなしで生きてみろである

もう、逆戻りはできないのだ

そのジレンマから原発や、それ以外のアプローチが考えられ、スリマイルもあった、仕方がないことだ

しかし、金で誘致するだけして、場当たり的な対応を繰り返し、レガシーシステムを維持してきたフクイチは、震災関係なく、どこかでこうなる運命だったのだ

神が与えし知恵、科学杜撰傲慢に扱えば、そのしっぺ返しはあるだろう

科学問題があるのではない

問題があるのは人の管理、知恵との向き合い方だ

anond:20200317074301

中だるみ繰り返しマンネリ終盤たいして盛り上がらない作画低調についてはザブングルダンバインにも言えそう

エルガイムについては最初から富野監督zガンダムの準備してたらしい

追記

ザブングル見返したら

終盤面白かったわ

2020-03-08

二十三にして不勃

20代前半ってわりと精力ありあまってるイメージなんだけど、最近からさまに性欲が減退してる

最初彼女に対して性欲が湧きにくくなったことで不安感を覚えてたんだけど、ここ最近オナニーをしたいという気持ちすらなくなってきた

セックスで勃たないだけならマンネリからくる興奮不足ってことでいける、でも特に決意を固めないで1週間オナ禁継続ができるようになってるのは異常だ

いやこんなもんなのか?性欲のピークは19歳くらいって話も聞いたことはある

でもやっぱ毎日ペースからいきなり(惰性での)週一以下ペースに落ちるとビビる

2020-02-29

朝ドラってなんでああいつも地味で泥臭く苦労話みたいな物語が多いの?

から見てて辛気くさい。

たまにはスカップラネテスみたいな近未来とかSF朝ドラとかあってもいいんじゃない

もうマンネリなんだよ。

2020-02-18

業務機器買ったら生活変わったって記事オススメある?

「買ってよかったもの」を定期的にチェックするのだけど、Apple製品だったり、Kindleだったりで、マンネリ化してる。

レーザー変位計買ったとか、遠心分離機買ったとか、タカラバイオPCR買ったとか、そういうのないだろうか。

2020-02-11

anond:20200211224616

新しいものを吸収してる時期は時間が長く感じるらしい。だから年齢を取ると時間を短く感じるんだって。まあマンネリ毎日ってことね

2020-02-05

中学同級生から好意を寄せられる夢を見た。

私は夢占いが好きなので夢を見た日はネット夢占い検索するのだが、好意を寄せられる夢は実際に自分好意を寄せてくれている人がいる、新しい恋の予感と書いてあった。

現在1年半くらい付き合っている彼氏がいるのだが、ちょっと期待してしまった自分がいた。

別れたいとか思うわけではないが、ここ最近は一緒にいる時間が長いのでマンネリ化しているところはある。

正直ドキドキとかないし、好きだと舞い上がることも今はない。

これを彼に伝えたことはあるが、彼はそうでも無いらしくピンと来てなかった。

優しくて素敵な人なのだが、若干人の気持ちが考えられなかったり面倒臭がりな所があるので日々一緒にいるとすれ違うことも少々あったりする。

からだと思うが、ドキドキや安定感を求めて新しい恋や出会いに期待をしてしまう。

でも別れてこの人が傷付くのはとても嫌だ。

もっとキドキさせてほしいなと思うし本人にも伝えてるけど一緒にいるのが当たり前なので全て日常になってしまっているあたり難しいなとも思う。

でもこんなワガママを毎度毎度受け入れてくれて、頑張ってくれて、ゴミのような私を好きと言ってくれる人なんてこの人しかいない。

まとまらないけど、こんなこと誰にも話せないからこのまま置いておきます

2020-01-14

もう中華のように日本風海外料理って劇的に生まれないのか

海外kindleレシピ探しやすくなってるんだけど、昔あった中華料理日本版みたいなこと起きないもんなんだね。

マンネリ化しやすいから、他の国の食事知りたいんだけど。

2020-01-09

食事の味に飽きてくる

毎日食事の味がマンネリ化していて飽きている。

スーパー調味料を見ても使ったことがあるものばかり。

レシピサイト探しても似たりよったりになる。

2019-12-19

はてブコメントについて

はてブコメントを見てると、同じ人が同じスタンスコメントしてるのが毎回目に入って、またこの人か……と思うことが多い。

政治系なんかとくに酷くて、安倍総理擁護安倍総理叩きで、俺の知らないところで役割分担の密約でもしてるのかよ思えるくらい、同じ人が常にポジションを崩さずにコメントしててさ、なんかこうマンネリ感がある。

個人的にはアイコンがあると、簡単に個を特定やすいから、アイコンなんてない方がいいんじゃないのと思う。個を特定できる状況だと、どうしてもこの人はこのスタンスから、こう言ってるだけみたいな先入観が働くからね。誰が言ってるのかわからない状況の方が、例え同じ人が言ってたとしても、先入観が働かない分、ちゃん意見として考えようって気になるからね。

2019-12-16

転職って何となくしちゃダメなん?

最近何となく仕事マンネリだなーと思って転職活動した。

幸いサクッと決まり、いざ退職交渉しようとしたらすげー止められた。

「なんかパワハラでも受けたのか?」とか、「その会社に決めたのは何故だ?うちでは出来ないのか?!」とかやたらめったら質問責め。会社とは関係ない両親とか友達かに話しても似たような感じ。

いや、、、そんな大層な理由なくて、特に何かやりたいことがあるとか、今の会社に強い不満があるとかでもない。

強いていうなら「何となく」なんだけど、それを言っても全く信用してもらえなかった。

日本って転職に対して過敏すぎないかもっとこう、「今日はいい天気だから散歩するか!」くらいなノリで「転職するか!」みたいに思ってもいいと思うんだけど。

2019-12-11

anond:20191211161729

俺も楽しみにしてたのに、唐突に終わっちゃったね

ただ、バトルの絵面がマンネリ化していたのと、ラップ部分にごまかしが効かないのと、単行本が秒で読み終わるので先々辛そうな気はしてた・・・

2019-11-26

anond:20191126151230

なんかテレビに移った瞬間に人気が落ちたような書かれ方だけど

70年代80年代時代劇ドラマ高視聴率を取ってたのは事実なんだよなあ。

マニアの指摘で時代考証ハードルが上がったとかいうのも実感ないし。

(そんなリアル志向だったか?)(暴れん坊将軍の有名な彗星回も90年代末だろ?)

因果関係が逆で、人気が無くなったせいで一部のマニアの声が目立つようになったし、

時代劇が減ったか役者時代劇の演技ができなくなったし、

時代劇が売れないから手堅いマンネリ作品企画されたんだろ。

まあおまえに言っても仕方ないからその本をこんど読んでみるよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん