2016-12-18

はてぶのカス共が一生わからないありがたい話をしてやる

よお、インターネットに運びいるカス

てめぇらが一生体験体感することができないありがたい話をしてやるから

その腐った耳と目を使ってよく聞け、できねえならそのまま死ね

はてぶ、増田だけじゃねえ。

インターネットに運びいる有象無象の陰キャのカスオタク共。お前らもだ。

てめぇらゴミが「一生」かかっても体験できねえ話と感情だ。

その腐った耳使ってしっかり聞いて額縁にいれて毎日見ろ。

まずな、インターネットに運びいる可愛そうな陰キャのお前らに教えてやるよ。

「お前らはステージにあがれないゴミ」だ。

自覚があるならまだいい。無いなら、そのまま死ね



まずお前ら、自分がクソダサイ自覚ある?

お前ステージにあがってんの?

上がってないよな、毎日毎日観客席の下からうんこ垂れ流してご苦労さん。



お前らはな、一生「ありきたり」で終わるんだよ。



俺はな、めんどくせえから言わねぇが、テメーらゴミと違って

ステージに立っていた人間だ」



お手軽に毎日毎日やってんな。引用して、話して、コメントつけて。

ライフハック?紹介記事ブログ収益

意見論理性?会社キャリア

ジェンダー宗教プログラム英語





は、、、、、、






ダッッッッサ!!!!!!!!!!!!






お前らはさ、自分人生を生きてねえんだよ。

毎日毎日ありがたい他人の作ったものを食ってうんこしてるだけ。

ゴミ。手のひらの上で踊ってる。

はてぶだけじゃねえ。ツイッターに運びいるカス。お前もだよ。

つーか、つまんねえ人間代表のお前らだ。

「お前ら、誰の人生を生きてんの?」



えらそーに毎日コメント引用。ご苦労様。

クソつまらんな、お前。



お前がひところ偉そうに言ってるそれ、「お前が作れるの?」

お前、ステージにあがったことある


作ってる。書いてる。ブログ書いてるもーーん!!

じゃ、ねえんだよカス



てめーらのブログの大半は他人の話をしてるだけだろうが。

ライフハックだかキャリアだか論理性だか紹介だかしらねえが、

他人の作ったモンにクソを塗りたくってるだけだろ?

他人存在の上にお前が存在してるんだろ?





お前らは、なーーーーーんにも、何一つ生み出せてない。






偉そうに、ステージの下で騒いで、ステージの下で馴れ合ってるだけだ。






作れねえじゃん。

毎日毎日他人の話して。


welqだかなんだかキュレーションだか、それ、お前自身の話じゃねえじゃん。


いつまで他人の話してんの?地位名誉肩書きキャリアも全て奪ったとき、残るお前ってなに?

自分自身100パーセントでお前が生み出せるものなんて、なんにもねえじゃん。


そのくせ偉そーーーに、「つまんない」だの、ジェンダーだの、クソみたいな事を撒き散らす。

世代論?論理性?そんなもん、お前に関係ねえだろ。


その話知って、お前に、お前の人生に、関係あんのか?




いか、お前らはステージ上じゃ無力なんだよ。



一生瞑想してライフハックやって量産型人生を送っておけ。

お前らはgoogleの先に見えないものを知らない。

語らない価値を知らない。






語れば、言葉質量を失って、ふわふわと軽くなる。

語らないことの意味を知らず、一生他人人生を行き続ける。

そうやって、誰にもなれずに、クソみたいな小金だけを得て


誰かの作った料理を食って

誰かの作った音楽に踊って

誰かの作った物語に感動して

誰かの作った話に「感動した」だなんて、他人の話に尻尾振って

誰かの作ったものを、偉そうにレビューを垂れ流す

そうして、金を得て上質な何かに触れて、消費して、その上質な何かに触れている自分価値があると錯覚する。

誰でもできることを、一生繰り返して、他人のものを食ってうんこを吐き出すだけの、クソ生産機だ。

お前らは「みんなの誰か」にはなれない。

お前は錯覚したまま、踊ったまま、死ね


予防線を張って、偉そうにまとめて、お前らはステージの下から、下から、全てが見えると思っている。

誰の話をしてんの?お前の話は?

消費したところで、レビューしたところでお前の価値はあがらねえよ。

お前は、カラッポでありきたりで、クソなんだよ。はげば何も残らない。


お前らは知らない。



注目を集める人間の苦悩を。唯一性をもって自分自身勝負している人間の苦悩を。


才能を信じていいのかわからず、不安になりながら、自分自身だけで戦う人間の苦悩を知らず、

何も生み出せないまま、他人の作ったものを食ってクソをはきだすだけだ。

現実ステージに、立てない。

探せばgoogleにあると思っている。

お手軽にお前が批判する人間が、なぜ「反論しないか」知っているか

クソダサイって知ってるからだよ。

お前らみたいなカス一言にいちいち反応して反論するのがダサいって、知ってるんだよ。

その代わりに作り出して、それを無言で叩きつけるのが一番かっこいいって知ってるからだよ。

作り出す唯一名人間のほとんどがそうだろ?

googleにないものを、そいつらは自分自身勝負してるから知ってるんだよ。


まぁ、わからないだろうな。ステージに上がらなきゃ、わかんねえよ。

引用して引用して論理性を求めて、その分自分人生から一生剥離して、

他人の上で踊れ。

他人の上に成り立っているお前の上位互換は、腐るほどいるからな。




お前らはわからない。

ステージに上にあがれない。

上がったことが無い。


論理性を追い求めて、クソみたいなコメント毎日つける。

自分人生を生きれない。

会社仕事ネットじゃない、多くの人間にその場の現実でみつめられて、

パフォーマンスをしたことがない。何かを盾にしている。

自分は何もできないくせに。


誰もお前のことを認知できない。

肩書き年収キャリア学歴他人の話も奪われたとき、お前は存在しない。

誰もお前のことなんてわからないし、一生他人の話をする

せいぜい誰かにとっての誰かで終わる。

みんなの誰かにはなれない。

お前はマイケルジャクソンになれない。

マイケルジャクソンを目指してるわけじゃないとか言い出す。





よかったな。




そのまま、一生やってろ。




何もできないまま。



生理解できないまま、ステージの下の観客やってろ。

一生論理性を追い求めて、予防線を張って、他人の話をして、検索してろ。

ステージの上に立つことがいかに恐ろしいか。それでも全てを捨ててでも。

フランチャイズされた人生

語らないことの価値を知らないまま、大声あげて死ね

からないなら、そのまま死ね


そうだな、人それぞれの幸福価値観があるからな。

それを尊重しよう。お前の幸せを追い求めろ。






そして、そのまま死ね









ーーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーー

よぉチンカス共。

あがると思ってたよ、ホットエントリーに入ると思ってたよ。

お前らカスは、真実を突かれるとギャーギャー騒いで、誤魔化して、煙に巻いて、笑いものにしてなかったことにしようとする。

コンプレックス丸出しの、結局俺の言葉に、揚げ足取り繕って、そして下でギャーギャーやるだけのカス

お前らみたいなカスは、どうでもいい。

「一生他人言葉茶々を入れて、終わる。」

そういうカスだ。


目に見えている物が全てじゃない。


コメントをつけないだけで、黙ってみているお前。

そういうやつだって、圧倒的に多いからな。

お前。「しゃべらなかった。コメントをつけなかった。つける気にならなかった」お前。

お前に向けて話をしたい。


これにギャーギャー言って騒いでるゴミはもう手遅れだ。

あいカスのいう事は、気にするな。

所詮自分人生を生きれないカスだ。


お前はまだ間に合う。


お前が、大事な何かに気づきたいのなら、耳を傾けろ。

ケツの穴を俺に差し出せ。


お前は、熱量を信じるか。



まだ、熱量を信じることができる心を持っているか


論理性を捨てることができる、自分自身の話ができる熱量を、持っているか



お前が何を望んでいるかはわからない、

何をしたいのか、ステージにあがりたいのが、それとも、別に望んでいないのかは知らない。



信じろ熱量を。

信じろ。見えないものを。

望む何かがあるのなら、このコメントに沸いてるカスを見て

「こんな風になりたくない」と思ったのなら、自分熱量信じろ


お前が何かで戦おうとして、不安になったとき

方法論が知りたくなる。

googleで、検索をかけて情報を知ろうとする。

ステージの上での、認められ方は、googleには乗っていない。

そのとき、そのときからお前の自分自身が始まる。

他人の話をするのでもなく、瞑想方法論に頼るのではなく、自分自身の道を切り開くとき、お前の話は始まっていく。



そして、結果を残さなければ、目立たなければ、わかせられなければ、そのまま、降りて、またステージの下に還ることになる。



たくさんの批判がつく。たくさんの評価が出る。

お前は、どれだけボコボコに殴られても、それでもビッグマウスでいられるか。

観客は忘れっぽい。動かなければ、すぐに忘れ去られるぞ。






お前が何かを叶えようとしたときgoogleに頼るのを、辞めろ。

toeicの点数を上げたいときに、方法論を知ろうとするな。

自分で、ただガムシャラにやれ。

遠回りでも、遠回りでも、その道を選べ。

自己啓発書を読むな。

読んだところで、お前はそいつには、なれない。

お前の道は、その本の先に乗っていない。

ステージに上がる前の、どこにも答えが書いてないものを探すとき、そのとき、己自身に答えがある。

血が冷えていく前の一瞬を信じろ


無理をするな、休めといわれたときにこそ、手足が引きちぎられても、もがけ。

その先に見た答えが、お前の唯一性だ。

甘えるな


熱量を信じるか。熱量を信じるか。熱量を、信じることができるか?


どれだけ馬鹿にされても、最後ビッグマウスでいろ。それを、貫け。

周りに、だんだん自分より、「刹那的な誰もが体感できる娯楽を振りかざす連中」が出てくる。

金、恋、セックス他人の話、俯瞰、、、キャリア、、


惨めな気分だろう。惨めな気分になるだろう。

そのときこそ、何も語るな。




ビッグマウスでありながら、堅く口を閉ざせ。




その刹那的な娯楽よりも、お前が望んだ道の方が、誰もなすことができない瞬間だ。


いか現実の基本は、現実だ。


インターネットじゃない。




全てを捨ててでも欲しい何かを得るためのの答えは、100億年経っても、googleには乗らないんだ。

そのとき、それを探し出す過程においてお前は存在している。





自分自身で100回戦え。そして100回負けろ。

0戦0敗よりも、自分自身で戦ったお前は、誰よりも何よりも美しくかっこいい。

50点でも、60点でもいいから、お前の中にある自分自身を出せ。

頭の中じゃ、あらゆるものは傑作なんだ。

外に出さなければ、評価すらしてもらえないんだ。


そうして、50点で笑われたら、そのことを、誰にも漏らさず小さく誇れ。

いつかの一回が、全てを。全てを。



熱量を信じることが出来るか。

熱量を信じることが出来るか。





論理性を捨て去れ。予防線を張るな。今まで身に着けてきた防具をはずせ。



語らないことの価値を知れ。


熱量を、信じきることができるか?

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん