「ひぐらし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ひぐらしとは

2017-06-21

https://anond.hatelabo.jp/20170621020822

私は西アフリカ農村部特に農家の方々と働く仕事をしているが、アフリカだろうがインドだろうが、みんな必死で生きているよ。資材へのアクセスが非常に悪いせいで、自然のままに動物のようにそのひぐらしをしているかのようなイメージを持つ人も多いけど、生産物を売るためにトレーダー交渉したり、地域に1代しかないトラクタのやりくりをするために会合を開いたり、みんな忙しくしています

思い出したい人間であることはこういうことなのかな?

2017-06-19

働きすぎると雛見沢症候群みたいになる

ニコ動ひぐらし無料配信やってて久々にみたんだけど

まるで普段の俺みたいでワロタ

 

L3 月260時間労働くらい

L5 月330時間労働くらい

2017-06-17

ひぐらし無料配信キャンペーン中なので見ているのだが

魅音が一番L5から遠いまともな性格してるけど

一人称がたまにおじさんだったりゆっくりぶりぶりしておいで~とか言うせいで一番萌えない

たとえキチガイだろうと主人公以外の男を愛していようと詩音の方がかわいい

という評価だったと記憶しているのだが

今は詩音普通にぶっ叩かれてて時代の流れを感じた

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615105537

2008年ごろだったかなあ、中高生殺人が頻発して、そのほとんどがひぐらし持ってた時代があったんだよね

マスコミが無理にこじつけて盛大に叩かれたやつだろ。しか漫画

結局二、三件ほどの事件で他の漫画と一緒に押収されたというだけ。頻発?

アニメ漫画表現規制なあ

コンテンツも、子育てと一緒だと思うんよ

子供が一度何かやらかしたからすぐさま全面外出禁止、とかにしちゃうダメだと思うんよ

でも、再現性高く、子供に悪影響与える事象があるなら、親はそれを隔離しなきゃならない

何度も門限破るなら外出禁止

特定やばいやつと付き合って犯罪行為してるなら、そいつとの交友禁止

ゲームばっかして勉強しないなら、ゲームは1日1時間にする

刺激の強い漫画アニメも一緒だと思うんよ

世の中で何の事件も起きてないなら、できる限り表現自由であるべきだと思うん

でも、行動に移しちゃうつがいるならそいつはその表現に触れるべきでない

そこに反対する人はいないよね?

でも、現実的に、やらかすやつはダメ、とか言って購入者制限をかけられないなら、表現のもの規制する方向に動くこと自体全然おかしな話じゃなくて、ひとつ対策ではあると思う

言わば、好きじゃないけど、連帯責任だよね

今はそういう嫌な動きがあるってこと

クラス特定のある子が、ボールしょっちゅうガラスを割りました、このクラスは1か月ボール遊び禁止処分

えー!なんでー!俺関係ないじゃん!って言いたくなるよね

俺もそういう連帯責任は好きじゃないけど、クラス管理として、先生からしたら1番楽で確実な方法なのはわかるから理解は示してしま

でも、いやだよね、ベストじゃないよね、こんな方法

それならやっぱり、ガラス割るやつをクラスとしてどう扱うか考えなきゃいけないんじゃないか

こいつがいときは校庭の真ん中で遊ぼうとか、こいつ1人の時にはボール触らせないとかさ

漫画アニメ犯罪を起こすやつは一定数いる

これはまぎれもない事実だ、ってのをまずは認めなきゃ何も始まらないんじゃないか

べつに、表現規制は正しいって言ってるんじゃないぞ

例えば今のペットショップ知ってる?

生き物買うときは、法定の資格のある店の店員から、法定の説明を受けて、購入者は住所氏名書かなきゃいけないことになってるんだ

エロ漫画も、そのくらいできるんじゃないかな?

表現規制絶対絶対に嫌だとしても、法定説明と住所氏名サインくらいは義務付けてもいいんじゃないかな

表現を続けたいなればこそ、そう言う話を、愛好者の中からさないといけないんじゃないか

個人的には、アニメ漫画がそこまで影響しねーよ、って思ってた派だったけど、ちょうどいつだったかな、2008年ごろだったかなあ、中高生殺人が頻発して、そのほとんどがひぐらし持ってた時代があったんだよね

あれがあってから、あー、やっぱ影響あるやつはあるわ、さすがに特定の1タイトル殺人起きすぎやわ、って思ったことがあったな

表現規制のものは賛成はしてないけど、同一タイトルが関連した認知された犯罪が5件以上起きれば発禁処分、とかはあってもいいと思うかなー

2017-05-18

このあい

胎界主

アリュージョニスト

メイジの転生録

がワンセットで紹介されていたけど

FFS

SCP

あたりを加えて

なんか共通点分からんけど

なんとなく共通点があるような作品群になって

具体的にはアマチュア志向とかヘタウマとか(裏)設定が多いとかになるんかなあ

月姫

ひぐらし

東方

はヒット作だけど本来ならそれっぽいよな

最近ならやっぱり忍殺かな

ガンパレ無名世界観とかも似たような匂いがあるし

その前だと蓬莱学園とかもそうだったんかねえ

この文脈だとエヴァガンダム

海外におけるスターウォーズスタートレックなんかは

どういう扱いになるんだろうねえ

アマチュア性(というよりは内輪っぽさ?)という点ではクトゥルフあたりのほうがそれらしいか

2017-04-25

あの頃わたしは外部実況板にいた

Twitterを始めてから何年経つのだろう?と調べてみたら、8年が経っていた。

Twitterの前は、外部実況板がわたしネット上の居場所だった。

外部実況板というのは、2chの実況板・野球chから派生した外部の実況板のことで、昔は各チームごとに外部実況板があった。まだ、なんJなんてない時代のことだ。

野球chはスレ落ちしやすいし、また他ファンから煽り合いも多く、不人気球団のファンだったわたしには居心地が悪かった。

行きついたのが外部実況板である

特にわたしのいた外部実況板は野球の話ができる雑談板といった雰囲気で、試合時間以外はアニメゲーム話題が多かったし、采配批判選手批判も少なかった。

大学生だったわたしは一日中その板にへばりついていた。ひぐらしとかハルヒとかを見るようになったのは間違いなくその板の影響だったし、一人で観戦に行くようになったのもその板の影響だった。

世間ではTwitter流行りはじめていたけど、最初はその板がある限りTwitterなんかやらないな、と思っていた。

でも、なぜTwitterを始めたかというと、匿名でのやり取りが限界に来ていたんだと思う。

日中板にいると、コアなメンバーというのは決まってくるもので、○○が好きなあの人とか、○○の人とかだんだん互いを意識し始める。一方で馴れ合いキモいという人も出てきて、だんだん雰囲気がギスギスしてきた。最初ブログをみんなやりはじめて、2009年ごろからTwitterに移っていった。

あれから8年、Twitterもそんなにべったりやってないけど、今でもやりとりするのは最初フォローした、あの板出身メンバーが多い。みんなあのときほど、野球の話はしていない。わたしも昔ほど野球を見なくなった。でも、ときどきちょっとしたことでリプライをしては、あのふんいき(なぜか変換できない)を懐かしく思い出す。

2017-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20170410151001

すみません、『ひぐらし』というアニメは知りませんでした。

それも候補に入っているかもしれません。

まり自分からアニメを観る感じの人ではないので、自分が観たことのあるものだけかな、と思っていました。

視野が狭かったと反省しています

2017-03-26

メッセージ性もなく意味のない残虐さを売りにするうえに面白くないカオチャやひぐらしディスるな!

2017-02-23

CHAOS;CHILDひぐらしツイート検索したら案の定たくさん。

1話で駄目かなこれという感じはしたけど。古いんだよなあ。

手法からデザインまで全部古い。

2017-02-13

清水富美加ネタに乗っかる感じで前から思っていることを書いてみる。

本人コメントにあった人喰いをする役が云々ってあった。

役に入らなきゃいけないのに、明るいキャラクターのあの子がやるのはキツかったんじゃないかなと思う。そのギャップを狙ってのキャスティングだったのだろうけど、どうしても相容れない部分があったんじゃないかと思ってしまう。

なんで彼女クラスの人がキャスティングされたかと言えば、それだけの収入が見込める人気作品からで、それだけ観る人がいるって事だ。

ダークファンタジーっていうらしいけど、ひぐらし辺りからメジャーになってきたと思うのだけど、自分はどうもこのジャンルが好きになれない。心が弱いんだろうか。

スマホ広告でもエロの次にこのジャンルが出てくるけど見るたびにウンザリしてしまう。

これが好きな人はスプラッタな画面とか見てて楽しいんだろうか。美少女にグサってやられたり、美少女が血みどろになるのが何が楽しいんだろう。

アメリカにも金髪プラッタとかあるけどB級イメージなんだよなぁ。

2017-02-04

プリティリトルライアーズって

ようするに、ひぐらしだろ。

俺は信頼できない語り手に関してはアガサクリスティ並みに詳しいからわかるんだ。

わかるから田村ゆかりとか出てこねえかなあ。

俺は桑谷夏子に逆アナルされたいだけの生き物なんだ。

2016-12-20

[][]買った・プロローグクリア

DL版がセイレンアニメ記念セールで安くなってたから昨日買ってはじめた

プレイ

裏表のない素敵な人ですくらいの名台詞があるのは知ってる程度

OPタイトル画面で待ってたらなんか始まるかと思ったけど何も始まらなくてちょっとがっかり

しかし久しぶりにこてこてのテンプレギャルゲをやってる感じがするw

さえない主人公とやたら気のいい男友達・・・

口パクと外の台詞ときに白い息のアニメが一瞬でるのが地味にいい

主人公名前自分名前にした

でも主人公の人のよさ、もしくはゲスさのなさが台詞からにじみでてて、嫌悪感はないけどこれ俺じゃねーな・・・俺には無理・・・みたいに思って微妙気持ちになった

ひぐらしとかセカンノベルみたいなTipsっぽい感じのやつが最初に表示されたりして、ただの選択肢だけのADVとはちょっと違うなと思った

PSストアでウィッチャー3もセールしてて買おうかまよったけど、

ハード持ってなくて買う予定もないPS4ソフトよりも、

持ってるvitaアマガミをやってたほうがいい気がするから買うのやめた

セールで安いといわれるととりあえず買っとけと考えてしま貧乏性なおしたいからそのリハビリのいっかん

閑話休題

ちょこちょこやってくかな

まだネットハイも終わってないし

とりあえずだれからいくか・・・

水泳部の子かなー

2016-11-22

エロゲの名作と呼ばれているものを一通りさらってみたい

便乗して。

タイトル通り。

一応そこそこ評判のいいエロゲさらってみたつもりだけど、何か大きな取りこぼしがないだろうか?

そろそろ自分エロゲやるもの締めようと思うので、自分がやっていない名作があったら教えて欲しい。

(できれば2000年代後半以降のやつで)

今までやったので、そこそこ印象に残っているのは以下(ファンディスク等含む)↓(思い出したら追記するかも)



あと、個人的感想として、

エロゲ音楽や絵の演出(とプレイ時間の長さ)で底上げしている部分があるので、シナリオ単体で見れば他の文章媒体よりも名作は少ないとは思う。

まーでも、SWAN SONGあたりはシナリオ単体でも普通に名作に入れられるんじゃないかなぁと思うけども。

というか、シュタゲを名作と呼ぶのならば、まずスマガ村正も同じ域にはいってると思うし、

ひぐらしまで名作扱いするのならば、上に挙げた作品の過半が名作になると思う。

http://anond.hatelabo.jp/20161121210141

2016-11-21

エロゲー界って名作のハードルが低すぎないか

エロゲー界隈のコミュニティで言われてる名作、良作、人気作は大体やってきたつもりではあるんだが、

エロゲーでいう『名作』のハードルというのはアニメ漫画などに比べるとかなり低めに設定されているのでは?

という気がしてならない。

こう言ってるのはただの自分直感しかないんだけど、

まあ、根拠を上げるとしたら、2010年以降、エロゲ原作アニメ化された作品

売り上げを見てみると、Fateという例外を除き全て爆死している。

爆死、とこき下ろすほど売れてないわけでもないアニメもあるにはあるが、まあ2期が期待できる程度に売れたアニメは0に等しい。

2010年以降、と言ったが実際人気が出たエロゲアニメを見つけるとなるとSHUFFLE1期とかAIRダ・カーポ辺りまで遡る必要がある。

エロゲ界ではアニメ化を待望されるほどの人気作でそれなの?」と何度思ったことか。

エロゲアニメ化しにくい媒体であることやアニメの人気が作品面白さに必ずしも直結しないことはわかるが、

ADVという媒体まで広げればシュタゲひぐらしみたいなアニメの人気がある上に名作と名高い作品

存在している以上、この打率の低さは単にアニメスタッフセンス所為とするのは違う気がする。

あと、エロゲユーザー増田で名作やオススメを語ってるのを見ると、未だに

沙耶の唄とか家族計画を挙げる人が多いというとこだ。

自分もそれらは非常に好きな作品ではあるんだけど、「そこまで遡らなきゃ人に勧められる作品がないの?」って思ってしまう。

あ、ちなみにこれは抜きゲーは除く話ね。

人の性的嗜好って多種多様過ぎて他人評価とか全く当てにならないので。

2016-10-25

ニコニコで思う事

去年、夏から年末までにかけニコニコ動画というサイトは異常に荒れ果てた状態であったといえる。

実況者の顔ばれからマリオメーカー問題、それを煽るかのように作られる動画

それら問題を取り上げた動画で一時ランキングは騒然としていた。

ランキング民の自分としては、そんなマリオメーカー問題やらなんやらは勿論問題の内に入ると思っていた。

しかし、ランキング民じゃない他の奴らにとってはどうだったのだろう。

ただでさえ、ニコニコ運営ピックアップする動画自分の好みの動画ではないことが多かったりするのにも関わらず、

そんな自分には関係ないような動画ピックアップされて、自分守備範囲である全く関係ない動画までもそんなコメントがちらほらある。

そんなランキングを気にしない人たちは我々をどう思ったのだろうか。

あんニコニコ動画最悪期から一年が立とうと刻々と時間が進んでる。

そんな今、一部のもの問題にしているのが、「1.5GB再エンコード問題」。

これはおそらく、気づいたうちには全ユーザーが巻き込まれ問題だ。

ニコニコ動画動画サイトなのだからもちろん、動画をアップしたり、見たりするのがサイト目的だ。

しかし、この問題はそれらに支障をもたらしている。

運営規制緩和のつもりで実行したと思われるが、実際はこの仕様変更投稿者にとって有難迷惑であった。

その一人に自分がいる。

何度やっても画質が良くならず、視聴者には迷惑をかけ、技術部などが最善のエンコード方法特定するまで動画うpできなかった。

ニコニコ動画も十年となる。

もう十年だ。

十年前といえば、ハルヒひぐらしPS3Wiiなど今に残るものが多く生まれたころだ。

しかし、ニコニコはこのままでは残らなくなるだろう。

動画をちゃんと投稿できない動画サイト未来などない。

改善のないサービス未来などない。

意見を聞かないサービス未来希望もない。

2016-10-17

http://anond.hatelabo.jp/20161017161706

ゲームだとデッドエンドコンティニューっていう死に戻りのシステムが初期段階で実装されているけど

ゲーム内の登場人物無自覚でも、プレイヤーには経験が蓄積されていくシステムというものからYU-NO みたいにゲームという媒体特性をうまく活用したシステムを構築したものまで含めて)

小説マンガみたいな媒体だと基本的に「成功したルート」だけしか書けなかったのではないか想像する

ひぐらしマンガ化したときに○○編みたいにルートごとに分けて並列進行してたけど

直列で何度も繰り返す、

それも主人公が生きたままではなくて、死んで繰り返す、というのはあまり無かったのかもね

ALL YOU NEED IS KILL も同じ系譜ではあると思うが

いずれにせよ、ゲームの界隈である程度ループもの熟成されてきて

それが小説の側に展開され始めたという見方はできるのかもしれない

ゲームブックとかTRPGリプレイとかでも既にあったかもしれんけど、そのあたりは守備範囲外なので知らない

http://anond.hatelabo.jp/20161017161706

すまない、リゼロは読んでないんだ。


要は、大きな事件の渦中にある主人公が、その事件をくり返し体験し、その中で断片的な情報を集め、その情報から全体像あぶりだす、というもの

それ、うみねこ方法論なんだよね。(ひぐらしのりかちゃまは、最後最後まで主人公じゃないから)

うみねこ面白いところは、「魔法」として不可能殺人をして、それをただのトリックとして魔法を破ってみよという所。

だったんだけどねぇ・・・・・

あれは、「すべての事象魔法ではない」という大前提を共有し、そして読者が推理可能犯罪を構築する必要がある。

読者と作者の契約みたいなもので、作者はそれに失敗した。

あの作品の「魔法」は、それこそ何でもアリだからね。


ひぐらしは、EP1で『東京』を推理するのは不可能で、裏に組織いるか?すらも難しい。

最後注射が実はマジックで、主人公発狂していたんだ、に近い推理が一発出ただけだと思う。

あの作品も「雛見沢症候群「東京」は、多くの人を怒らせた。

キャラ愛で入った人や、最後から入った人は「ネタ」として消化できたみたいだけれどね。

てか、俺が何に感心したかっていうと。「死に戻って事件を再体験する」という方法をとる限り、ネタなんかほぼ考えなくても、話がミステリ的になるってことなんだよな。

ならないんだという事を、ひぐらしうみねこ提示してくれたのが竜騎士先生なのですよ。

だって、途中までさんざん悩ませたトリックが、終盤で「空間転移もあるで~」ってやったら醒めるべ?

主人公が見た人物が「変身した別人でした」ってやるとしたら、それを読者が気付けなきゃいけないが、読者が気付けた時点で、すべての主観表現意味をなくす。

どんな人物が何をやってようが、それは幻影かもしれないし、変装した別人かもしれない。

とすると、読者に対しては、『そんなことは絶対にない』と、うみねこの赤文字レベルで前提共有しなくちゃならん。

ミステリ「風」作品なら良いが、ミステリとしてはどうだ?

http://anond.hatelabo.jp/20161017134700

うん、まあ俺もそう思っていた。

が、リゼロを読んで「なるほど、こういうやり方があったか!」と感心したんだ。

ゼロは読んだ?

これは、うみねこやらかした作者がひぐらしでやったやり方に近い。

要は、大きな事件の渦中にある主人公が、その事件をくり返し体験し、その中で断片的な情報を集め、その情報から全体像あぶりだす、というもの

密室アリバイトリックのような不可能犯罪を解くタイプではなく、「あのとき本当は何があったのか?」を探る歴史ミステリSFでいえば「星を継ぐもの」に近い構成になっている。

俺が面白いなと思ったのは、不可能犯罪証拠というのは、一般的犯行後に残されたものしかないところ、主人公視点地の文)で何があったのかを書けるところ。

歴史ミステリ等は、どうしても情報小出しに恣意性が見えてしまうけれども、このやり方だと、主人公一人称視点で書くだけで、自然情報小出しができる。

そして、事件の発生までに出した情報範囲内で魔法を使うなら、そこにアンフェアな要素はなく、魔法存在することのデメリットはほぼない。

そもそも魔法存在自体ミステリに組み込むことができる(「六花の勇者」とかそんな感じやったで)と考えるなら、ほぼ出尽くしたと思われているトリックを新たに発見・組み合わせるよりも容易ではある。おそらく「おっ」と思わせるトリックを考えるよりも、魔法世界ルールにおけるフェアネスを通すほうが簡単


てか、俺が何に感心したかっていうと。「死に戻って事件を再体験する」という方法をとる限り、ネタなんかほぼ考えなくても、話がミステリ的になるってことなんだよな。

こんな簡単ミステリ創作方法が残されていたことに感心したわけ。

2016-10-11

デフォルメキャラへのリビドーをどう対処すべきか

信長の忍び望月千代タンがかわいすぎる

ジト目巨乳ムチムチスパッツちょっととぼけもある(しびれ手裏剣自分でなめてしびれちゃうところはもう薄い本ネタしか想像できなかた)

しかも声が田村ゆかりらしい

多分ひぐらしのりかちゃまのシリアスモード時みたいな感じになるんだろう

幼さは消すんだろうけど

トーンおさえたけど可愛さは隠しきれない声ハアハアハアハアハアハアハア

顕如の妻の如春もかわいい

ロリツインテ八重歯巨乳めっちゃ顕如を愛してるところもNTR甲斐があるハアハアハアハアハアハアハア

ねねもかわいい

テンプレツンデレ世話焼き料理下手ハアハアハア

ヤンデレ瀬名・・・たまにはいいかハアハア

いまんとここんくらいか

でだよ

めっちゃかわゆすえろすと思ってるけどいかんせん発散先がねーんだよ

一応作中で温泉シーンあったりするけどもちろんタオル?で隠してるし、胸の谷間みえるけどデフォルメだし

でもデフォルメエロさを感じるからリアル等身に書き直したらもうそれはなんか違うんだよなあ

かといって実際にあの絵柄のまんまエロやられたらどうかって言われたら・・・

うーんデフォルメ場合はセリフ・説明つきイラストっていう同人ジャンル本領発揮してもらうのがよさそうだな

2016-10-07

君の名は。』に限らずアニメ絡みの地方論が置き去りにしていること

君の名は。」が物凄い勢いで流行っている。

興行収入は遂に風立ちぬを越え、もう上にはジブリ映画しかいないという状況だそうだ。

 

それ故に、作品情報ネットをやっていると否応なしに目につく。

ツイッターでは「もしかして」「入れ替わってる!?」のコピペが大量に作られ、

pixivニコニコ静画など画像投稿サービスではイラストがひっきりなしに投稿されている。

当然、各種論評も多く、肯定的ものから否定的ものまで、

演出に注目したものから制作体制スタッフ登用など組織論なような話まで、数数多の記事が出ている。

自分ネタバレの類を全く気にしない人間なので大丈夫だが、

事前に情報を触れてしまうことに抵抗がある人はなかなか大変だろうなぁ、と思う。

 

さて、そんななか自分ツイッターとある記事が流れてきた。

記事の名は、こちら

 

君の名は。』が、感動のウラで消し去ってしまったもの

無邪気にこの作品を楽しむことへの疑問

現代ビジネス 貞包 英之氏)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49807

 

「興味深い見方だった」という肯定的コメントがつけられていたことと、

サイトランキング1位(10月1日当時)に釣られて読んでみたものの、

いざ読んでみると、

 

「ふむふむ。」

「……ん?」

「はぁ!?何言ってるの?」

 

となってしまう、久々に猛烈に反論したい記事内容だった。自分君の名は。」未視聴なのに!

そして、この気持ちをぶつけるところがなかなか見つからないため、

ここでひっそりと所感を書き連ねることにする。

 

※取りあげる記事ネタバレ前提で書かれているため、この記事ネタバレ全開です。

また、重ねて申し上げますが、筆者は原作未視聴です。

公式サイトなどで可能な限り情報収集しましたが、至らぬ点がございましたらご容赦ください。

 

記事主題について

序盤・中盤で「君の名は。」について色々分析しているものの、

この記事の主点はあくま地方論であり、作者の主張はこうである

これはなかなかツッコミを入れたい主張である

特に後半。地方を暗く扱った作品は確かに探せば存在するだろうが、

戦後サブ・カルチャーの潮流として、地方への鬱屈や屈折の描写が常に存在していたかというと、そうは思えない。

地方を賛美することへの反省」など、なおさらである

片方で「地方賛美系のご当地アニメ」を取り上げ、批判しておきながら、

というか、自らが「地方の賛美・消費と並行して」と言っているのに、

さも、地方鬱屈を描き安易地方賛美にNoと主張するのが、

戦後アニメマンガの主流であるかのように扱うのかいかがなものだろうか。

 

アニメ漫画地方を描くということ

アニメ地方を考えた論評は、この記事に限らず最近は非常に多い。

実在風景を背景とした漫画アニメが増えたこと、

それに伴い、聖地巡礼アニメによる町興しが注目されていること、

経済停滞や少子高齢化により地方のあり方の議論が盛んであること、

などが理由として考えられるだろう。

 

しかし、それらの論評で見過ごされていると見過ごされていることがある、と私は思っている。

それは「地方であれ、都会であれ、あくま舞台舞台」ということである

 

原義通りの舞台、つまり演劇での壇上を想像してほしい。

細やかな小道具があり、大きな絡繰りがあり、巧みな照明効果音響がある、

それらが充実しているか、特色だっているかは、作品評価を左右する一要素かもしれない。

しかし、それはあくまで一要素であり、舞台の上で演者が動かない限り作品とはならないのが通常である

 

まりはこうである

地方である、都会である、ということは物語の展開に大きく絡む。

しかし、作品のメインテーマになるまで比重が高くなることはそこまで多くない。

 

ペルソナ4という作品を例に挙げよう。原作ゲームで、アニメ化されている作品である

この作品舞台とある架空地方都市

そこは大型総合スーパー進出し、地元商店街がその影響で衰退している。

要人物の中には、周囲との軋轢が生じている総合スーパー店長の息子や

実家のために地元から離れられない旅館の娘がいる。

こう見ると、まさにこの作品地方の屈折した部分を描いた作品である

 

では、これは記事作者が主張する「地方の軽薄な理想化に一定留保を付け加える」作品だろうか。

自分はそうは思わない。

 

ゲームプレー済・アニメ視聴済を知ってる人なら分かると思うが、

この作品リア充ゲーム揶揄されることがあるくらい、終盤になると仲間の結束が固くなる。

主人公が転校してきてから去るまでの1年間で、彼らは忘れられない思い出を作り、心を強くする。

 

ならば、この作品は「地方暮らしもすばらしい」的な地方賛美の作品だろうか。

それも違うだろう。

 

この作品テーマ公式サイトに明確に書いてある。

「“推理サスペンス”を題材にしたRPG」だと。

まり地方都市性質描写は極めて重要位置にあるのは確かだが、

それとメインテーマ別にあるのである

 

このように、地方である・都会であるというのは、

舞台の基本設定として極めて重要であると同時に、

舞台の基本設定であるが故に、物語主題にまではなかなか上り詰めないことが多い。

その舞台登場人物がどう動くか、どんな出来事に遭遇し、乗り越えるか、

そのような舞台設定以外の重要事項が大抵の作品には存在しているのである

(もちろん、舞台設定全押しのご当地振興系作品もないわけではないけども)。

 

また、舞台装置であるが故に、物語の展開に応じて描かれ方が変わる、ということも起きる。

良い出来事が起きればその背を押すように明るく描かれ、

良くない出来事が起きればその気持ちを代弁するかのように暗さが出るが舞台装置である

そのため、後味が良いラストとなる作品ならば、当然その舞台地域は後味よく描かれることになる。

そして、娯楽作品である以上、漫画アニメで後味が良いラストと後味が悪いラスト

どちらが多いかといえば、それは前者の方である

 

これに加え、

人間、そう簡単地元から移動しない。両親に頼るところが大きい高校生以下ならばなおさら

ということも多くの場合、見過ごされていると感じる。

高校生以下の場合、特段な理由がなければ通学範囲+αが彼らの行動範囲となる。

背景が実在場所に忠実で、聖地巡礼が盛んに行われる作品の中で、

一番舞台が全国に分散している作品として、私は咲が思いつくが、

それは、「全国大会に各地から集まってきた女子高生」を描いているからであり、

個々の人物を見ると行動範囲はそこまで広くない。

 

旅行登山ツーリング即売会遠征趣味である

学校行事である修学旅行部活全国大会など)

・身内の都合です(転校など)

・突然ワープしてました

 

これらのような特段の理由がなければ、登場人物はなかなか生活から離れて動かない。

からそこ余計に、舞台の明るさ・暗さは展開の明るさ・暗さに密接にかかわる。

描かれる街が単一都市圏に絞られるのだから、バッドエンドを目指してない限り、

舞台となる地方物語の展開に連動して明るくに描かれるのである

そこに舞台となる町が素晴らしい、というメッセージが入るかどうかは作品それぞれだが、

記事のようなアニメ地方を考えた論評にありがちな

舞台である=描かれた地方作品の重大なテーマである、という構図は

必ずしも成り立たないと思うのである

 

東京vs地方という二項対立

この記事に対して気になるところがもう一つある。

というよりも、先述した結論としての主張や「君の名は。」の分析よりも

違和感を感じ、反論したい部分がある。

 

それは、全体として東京仮想敵としている所である

君の名は。ハッピーエンドの場が東京であったことの不満、

東京が揺らがなかったことへの不満、

壊滅した糸守の人物たちが東京へ移ったことに対する不満、

そういう東京が良く描かれていることへの不満が文章の端々から漏れている。

東京隕石が落ちて壊滅することを期待してしまった」までくるともはや怨恨の類すら感じる。

 

この観点において、もっと瑕疵があると思えるのは3ページ目のこの部分である

 

物語あくまで散文的に見直せば、『君の名は。』は、故郷のない男と、故郷を失った女が、東京故郷幻想特別な異性を妄想する話といえるのかもしれない。

 

これはもう、誤読していると扱ってしまっていいのではないだろうか。

瀧は東京まれである高校には友人がいて、バイト先もある。

それに付随した人間関係や馴染みの店もある。

ならば、彼の故郷新宿区であるのは明白であろう。

 

東京という町が生まれて150年弱、

高度経済成長期に断絶しているという最も日の浅い解釈をしても40年の歴史がある。

当然、そこで生まれ、育ち、その場所愛着を持っている人が存在する訳であり、

東京まれ故郷のないという構図は非常に抵抗を感じる。

 

というよりも、この作品地方東京の対比が大きな要素でもあるのだから

双方ともに住んでいる街を故郷と思えるような愛着知識

人間関係や行動範囲があるからこそ成立している作品だと思うのだけれども……。

 

もしテロ地震があり、瀧自身や近い関係人物危害があったら、

もしくはアトラス的何かで新宿が壊滅したら、

それこそゴジラが来て東京全部焼き払ってしまったら。

そして、惨事を避ける手段が目の前に提示されていたのなら。

 

きっと、瀧も三葉もお互い逆の立場必死に動くと思うのだが、いかがだろうか。

さも片方に地元愛がないような表現は、私はどうかと思う。

 

地方物語に都合よく変えて消費するな」という意見は、

地方研究している人ならば主張することは正しいと思う。

規模が小さい、独自性があるなどの性質から創作世界において、

物語を進めるための非現実的な設定を地方押し付けられる傾向が強いということは事実である

 

君の名は。においても、神事伝承隕石自治体消滅など、

ファンタジー色の強い部分はほとんど糸守町が担っているし、

栃木弁とも茨城弁とも福島弁もつかないようなアクセント

パロディに満ちた謎の施設人物がやりたい放題するTRICKのような作品は極端だとしても、

地方賛美という面ではこれ以上に多くの意見が出たサマー・ウォーズなど、

悪い言い方をすると、ご都合的に地方が歪められて描かれることは多々ある。

地方を味方する立場活動を行っている人からすれば、良い思いはしないだろうし、

作品に反映するかどうかは別にして、そのような不満があることは受け止めるべきである

 

しかし、それを受け止めるのは制作サイドであり、東京ではない。

そのような設定を組んだのは新海氏、堤氏、細田氏であり、東京が作ったわけではない。

批判の向きは新海氏、堤氏、細田氏、もしくは各委員会、はたまたワーナーテレビ朝日東宝に対して

向かうべきであり、東京に矛先を向けるのは間違っているだろう。

地方を「消費」可能商品に仕立てているのは、(所在大都市かもしれないが)

作者および制作組織であり、大都市のものでは決してないのである

 

地方大都市という二項対立は、研究においても創作においても非常に分かりやすいしよく使われる。

しかし、本記事のように地方の不満は全て大都市が起こしているものだ、

という構図にまで落としてしまうのは、単純化が過剰であるだろう。

不満の捌け口をほぼ全で大都市東京に向けている所が、非常に鼻につく記事であった。

 

まあ、ガルパンひぐらしの扱いもそれ以上に気になったんですけどね。そういう作品じゃないでしょw

2016-09-15

君の名は。アラサーが見たけど刺さらなかった

ネタバレを多分に含んでおりますので、ご注意ください。





全体的に錆び付いてしまった私の感性では泣くほど感動できませんでした。

2016-06-27

[]PSP「セカンノベル彼女の夏、15分の記憶~ 」プレイ開始

前置き~いか積みゲーと化したか

から6年前に発売されたアドベンチャーゲーム

ミーハーエロゲライターヲタだった俺は、あの「書淫、或いは失われた夢の物語。」のライターの新作!?しか予約特典小説ロミオ瀬戸口廉也!?ってだけで、後でプレミアついたら困る!!!と思って、

まれてはじめてPSPゲームを新品で予約した

基本すげーケチ中古しか買わん自分からしたらすげー思い切ったよ

まあ結果がどうだったかっつーと、プレミアどころか値崩れしまくりングでただのカネドブだったんだけどね・・・

今じゃ特典つきで1000円くらいだもんなー・・・

結局買うことが目的で、当時は他にいろいろRPGとかもやってたからずっと積みッパだったんだよね

それからずっと長い月日がたって、ようやくやるべきときがきた

他に買ったやつはあらかたプレイ終わったか

うPSPでやる最後ソフトになってしまったww

これ終わったらpsp処分する予定だから

後回しもここに極まれりって感じだな

プレイ開始

まず思うのは「解像度荒くて文字読みづらい」っていうことね。

パソコンiphoneアプリギャルゲーに慣れてるせいか、すげードットが荒くて字が読みづらい

そんで立ち絵とかSEとかBGMが切り替わるときにシャーシャーロードがうるせーしおせーしのダブルコンボがすげー地味にストレス

PSPギャルゲーやるの初めてだけどこんなうざいもんだったのか・・・

10分プレイするのが限界ですぐ飽きる

なんかひぐらしtipsみたいなちゃちいゲーム性があって、ただ読めばいいってだけじゃなくて地味にめんどいのもストレス

でもこれだけはクリアしたい

正直書淫は高くてプレイしたことないんどす

書淫のライターの書くものを、別作品でもいいから味わってみたいんどす

いったいクリアまでどんだけかかることやら・・・

ストーリー忘れない程度にちょこちょこやるしかないんだけども。。。

2016-06-05

双子なんだけど

※若干「狂い月」のネタバレ?有

現在双子の妹と喧嘩して冷戦中。

んで「狂い月」っていうフリーゲームの実況動画見たんだけどトゥルーエンド怖すぎワロタ

今の自分の状況的に怖すぎ

私も妹にハメられるかもしれん

子供とき、私には友達居たけど妹には居なかったし

っていうのは冗談だけど

ひぐらしとか紅い蝶とか、双子が不憫なホラーゲームって多いよね

普段別にフィクションとして楽しめるんだけど

今はこう、ああ、双子でもそっくりでも、こうやって状況が変わるとね…

みたいな、なんか、感情移入???みたいな。

しかし狂い月、演出すごいわ~絵も綺麗だし。

普段は、こういう、ゲーム感想みたいのも妹に言って、2人で騒ぐんだけど

今は話しかけられないので吐き出し。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん