「環境問題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 環境問題とは

2022-06-30

anond:20220630225446

環境問題は過渡期の科学経済の発達によって生まれものから

因果関係は間違いなくあるよ

このツリーの主の話は「お前らが汚した」ってのが主旨だから

その裏表の話

anond:20220630224916

因果関係的には、工場とかガンガン作って化学物質垂れ流しまくりで大量生産して

その結果公害とか起きまくって「あれこれやばくね?」ってなって「環境問題」って概念が生まれ

2022-06-29

はてなは気に食わない人間はどんな功績も認めないという過激派が少なくないか

表現規制絡みで名前出てたけど石原慎太郎現代視点からすると環境問題絡みに関しては大いに評価すべきなんだけどほぼスルーだしな

2022-06-27

動物園のエサ代問題解決する方法

動物園の餌代が高騰してるらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=2afFKcYUmj8

これを解決するためにすげえいいこと思いついた。

草食動物だけ飼うのよ。

それで、配合飼料とか穀物系のエサは全廃する。

牛・馬・ゾウ・ウサギ・一部のげっ歯類鳥類だけにする。

で、牧草地帯を整備して飼う。

基本的に放牧。

客はふれあいコーナーみたいなところでエサやりができる。

これで餌代も減り環境問題動物福祉問題解決

これ完璧じゃん。

なんでやらないのだろう。

2022-06-25

AIシンギュラリティが起きるとは思えない

物理的に不可能という話でなく、シンギュラリティを起こすほどの知能の発展には

やっぱり大量の知能を持ったAI相互作用必要だと思う

どれくらい大量かというと地球人口と同じくらいのオーダーだ

数十億の人間なみかそれ以上の知能を持ったAIコンピューター上で動かすには

ものすごいエネルギー必要なんだと思うがそのエネルギーってどっから持ってくればいいんだろう

地球上で大量のAIを動かすのに必要エネルギー供給するのが難しい、その問題を先に解決しないとどうにもならん気がする

これが例えばAI自動的ソーラーパネルを作って大量の太陽光発電施設を作れる…みたいな時代がくれば

エネルギーにも余裕が生まれるとは思うけど、そういう発電を全て自分で出来るほどのAIを生み出すには

やっぱり先に大量のエネルギー必要になるような…

結局エネルギー問題解決しようにないんだからシンギュラリティも無理じゃない?

逆にシンギュラリティが起きると考える人達は

それが起きるような世界ではもはやエネルギー問題環境問題なんて些細になっていく…

という状況が来る事も前提にしないとダメだと思う

2022-06-13

anond:20220613160528

子供いなくてもワールドワイド物事考えられる人いるよね?

若者世界環境問題を訴えるデモとか

この人は元々クズ思考だったのが子供できてちょっと変わっただけで

子育てをすると視点が変わる!!」

かいってテンション上がってるだけの人じゃん。よくいるよ。

 

元々が自己中心的なだけだよ。

ベース自己中だからそういう主張も平気でできる。

2022-06-12

anond:20220612120204

もし政治家情熱を語っていたら「環境問題に本気なんだな」とわかるけど、別にそうでもなく。

前任担当者がやったとか言い訳してるようで、これは人の上に立つものとして資質を問われる。

ふざけたオウム返しの答弁も政治をナメていると思われたのは必然だと思う。

2022-06-03

anond:20220603210000

実際「電気本位制」でググる環境問題ビットコイン関連の話題がいろいろ出てくるんやよなあ。

テクノロジーの発展次第、あるいは特殊な条件下で、本当に「電物交換」や「電気本位制」が実現する可能性があるとは思わんか?

なんてったってロシア金本位制回帰するかもしれん時代やで。

そういうものの実現可能性を真剣検討するのが科学的な態度なんちゃうかな。

もちろん大元増田科学的に分析しとるわけやなくて、ちょっとしたSF的な妄想にとどまっとるわけやけど、それも頭ごなしに否定するもんやないと思うで。

2022-05-26

anond:20220526132015

なるほどわかったわ。

せやかて「環境問題とか考えて肉食控えてこ!」という考えが「利他的」だというのは、ごく一般的感覚ちゃうんか?

言うとくけど「利他的から正しい」とか「利己的やから間違い」とかは今は関係ないで。

日本語として「利他的」っちゅうのはそういう考えのことやろ?っちゅう話や。

そんで「利己的」のわかりやすい例として「環境問題なんて俺には関係ないと言って肉を食う奴」を出しとるわけや。

これは「0か1かしかない」やなくて「典型例として0と1を挙げてる」だけやん。

典型例」ってのはそら分かりやすくないとあかんからな。

いずれにせよ、「利他的」という言葉解釈の話で、相手がようわからん重箱の隅つつきを始めたら、

議論の本筋である利他的」の解釈については合意を得られたということでよろしい?とは確認したくなるわな。

anond:20220526131157

レスバする気ないからここで終わりなんだが

人が持つ何らかの環境問題に対する興味って1か0かじゃないんよ

ヴィーガンではないか環境問題にも全く興味がありませんってなる?ならないっしょ

大体の人間は1から0の間で現実的ラインを見定めて折り合いをつけて生きていくわけ

んで元増田で言いたかったのはどんなに叫んだところで人は変わらないし人間社会で生きていく上ではいろんな人と関わらざるを得ないんだから折り合いをつけていくべきなんじゃねーのってこと

自分の考えが絶対的で正しいと思うのなら思想が違う人間と関わらずに生きていくか、戦争しかないんだわ

2022-05-22

なぜ貨物鉄道運賃は高いのか

https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1305/17/news007_4.html

 そして「貨物鉄道輸送の将来ビジョンに関する懇談会」の報告書には、荷主からもっとも大きい要望が反映されていない。荷主にとってもっとも関心の高い項目は、環境問題ではない。運賃である鉄道貨物は「輸送コストを下げたい」という要望に応えていない。これでは、いくら設備投資をしたって荷主は鉄道を使わない。使わないものに対する投資無駄になる。そのコスト負担JR貨物経営を圧迫するし、国から税金による設備投資運賃補助金などもきりがない。

 鉄道貨物効率の良さが特長のはずが、輸送料金面でトラックに負けてしまう。具体的な数字は見つけられなかったが、前ページにあるように「トラックから鉄道輸送に切り替えた場合に国が差額の半分を補助する制度」が必要なほど、鉄道貨物料金は高い。そのもっとも大きな理由は、JR貨物JR旅客会社第三セクター鉄道などへ支払う線路使用料である

 トラック高速料金こそ支払っているものの、一般道道路使用料は払っていない(自動車税や重量税などで間接的に払っているとも言える)。一方の貨物列車は、通過する線路の持ち主に対して線路使用料を払っている。これは旅客列車とバス飛行機との比較と同じだ。鉄道けがインフラの経費をすべて負担する必要があり、これが料金に反映される。

 その不公平感を解消するために、旅客鉄道場合上下分離という仕組みが考えだされた。線路設備自治体などが保有し、鉄道会社使用料を支払う仕組みだ。JR貨物上下分離と同じ構造であるしかし、JR貨物が支払う相手自治体ではなく、JR旅客各社や第三セクターなどローカル鉄道である線路自治体保有だったら、自治体鉄道会社支援のために線路使用料を下げたり、無料にもできる。

 JR貨物場合も、いっそ線路使用料無料にしたら輸送料金を下げられ、トラック競争できる。JR旅客会社ならマケてくれるかもしれない。しかし、赤字に悩む並行在来線ローカル鉄道会社場合JR貨物から線路使用料重要収入源になっている。

2022-05-18

anond:20220514105830

発達障害当事者だけど過去判断に後悔することなんていくらでもあるし、取り返しのつかないことだって普通にあるので、AVみたいに明らかに一般的職業よりリスクが高いもの発達障害女性だって選ぶ自由がある!みたいにキラキラした感じに語られる方が正直怖い。実際に性産業グラビアみたいな性的ものを売る仕事をした人が事件に巻き込まれたり、過去の後悔を語ると、そんな仕事をしていたお前が悪いとか自業自得とか、股開いて美味しい想いしておいて需要なくなったとたんに被害者ぶってる!といった凄い蔑みと暴言ぶつけられているのを目にするので…。それも女性AVに出るのも女性主体性だよ!みたいに応援しているような男性の口から。顔出し裸見せで不特定多数相手性交ありなただでさえハイリスク職業になると、出演する権力判断能力ばかりやたら前向きに高く評価されるの本当に怖い。普段発達障害だのメンヘラだのと女性ネタにしてバカにしている人達が、急に僕らは味方だよって顔をし出すのが本当に不思議。グレタさんみたいな環境問題などで訴えを起こす10の子ヴィーガンの人なんかは何かと発達障害から大人や周りに操られたバカなガキ、みたいに叩かれていたのに、なんでAV契約となると10代でも発達障害でもそこまでこちらの判断能力評価して貰えるのかよく分からないです。

2022-05-17

anond:20220517231232

でも

私を攻撃する映画が多い中で

環境問題映画であるといいつつも

私のため?に怒っているような場面がある映画に参加してくれたことは

ありがとうと思うべきであろう 

それ以上をギブできるものも何も無い人間が望んで相手を責めるのはおかしいのかもしれない

私にできることは仕事をすることであろう

2022-05-13

anond:20220513153529

せやね

局面的に情報の連結している部分と表現単語がちがうのだけど

「全部君の口からでた情報から君の話なのだろう」

という事でいうとその通りだと思うわ

ただ、私は「他人評価他人発言で他の事と評価している」という表現方法

自分価値観」という単体を文章化している部分もあるので


自分が受けた恩恵感謝するのはまず自分にそれを手渡しした直接対応者にしてもよいのでは

 結果神がそう計らってくれたとして神に感謝すべきだとしても、まずはそれを手渡ししてくれたその目の前の相手「ありがとう」と言っても「そいつはただの使者から感謝しても意味がない」と言う必要必要性がそこにあるのかという事

 別に言ってもよくない?だめかそんなに?

 その上、気づかなかったとかわからなかったしてなかったできなかった、それらが悪として悪を退治したのがどこかのだれかだとしても、その手の渡った施しは「その勇者のだれか」を個人感謝する必要があるのかと

 組織体系や社会としてその構造を良い物とするために偶像化したり構造に取り込むこと、勇者を表したり感謝の念を示すことは有意義価値再生産させる意味合いをもつとおもうけど「個人勇者感謝する」必要性があるのかと

 またその組織の未熟さを個人として非難する必要があるとすればそれは「勇者ポジションに名乗りを入れるわけでなければ「それをうまく利用して害悪をなそうとした」モンスターポジションになるのでは

 とりあえず、そういう構造性の指摘に例を利用したまでで、この情報を発信した私個人としては「市政がだめだと言ってくれた事に感謝」という言い方はどうなんだという事柄についてのみ発言した内容でした

 真に感謝すべきはだれかとか公務員とかの話は知らないしそういう話ではないです

 これあんまり掘り下げて話するようなことではないと思うのですが「桶屋の私が儲かったのは風が吹いてくれたからです」と発信して風を生んだ山や海の環境問題既得権益の話をしたりポジションや情勢の話をする必要性が個人からどこに必要性などがあるかって話です

 桶が売れて儲かったのは買ってくださったお客様のおかげですで止めてはいかんのか? 目をつぶしてくださった砂粒を巻き上げる風さまのおかげですっていうのが妥当なのかということで、そうだとしてもそれを発信するならば「目をつぶしてくれたのは事実から、それは私じゃないし私は事実を言っただけだから」という態度で逃げれるとは思わないでほしいという事です

 お客様ありがとうではなくてなぜ「目をつぶしてくれた風さま」とか選んだのかって事について、選ぶプロセス的にを加えたところがわかりにくさを伴っていたら申し訳ない

②いや例として価値観を例えたわけで

 その例えは表現の自由として許容の範囲を超えたか

 超えてたら申し訳ない

 ①の構造性を例えたらそうなった

 

③そう考えるのがおかしくないとしたら②も同じ用途で例えたものなので

 よしとはしてくれんか

 ①の仮想としての事例言及だったわけで

 ①の表現者や発想者がいてもおかしくはないと思うし、良いとも思う

 ただそれが問題視されることがあるならば、発言者は「元ネタソースをみて」といわず自己責任を取るべきだというのが私のスタンスなわけです

 

 

まり偽物が何人いようと偽ソースを何人が出してこようと、結果影響を与える発言をした人間が「だってそういうソースがあったから」と言ってもその責任を負えばいいし負うべきだろうと思うわけです

2022-05-04

地熱エネルギー、大期待だなあ。

水素エネルギーと同じくらいワクワクする。

地熱水素社会が来ればいいなあ。

https://www.smfg.co.jp/sustainability/report/topics/detail096.html

マグマから得られる地熱や、地表付近地中熱国内安定的に得られる国産エネルギー源で あるにもかかわらず、これまであまり利用が進められてこなかった。しかし、エネルギーの在り 方が抜本的に見直される中、あらためて地熱資源に注目が集まり始めている。

地中に眠る未利用エネルギー

東日本大震災地球温暖化問題を機に、エネルギー政策の抜本的な見直し議論されている。太陽光発電風力発電などの再生可能エネルギーが注目を集める中、新たな脚光を浴びているのが地熱資源だ。地熱資源は、マグマの熱に由来する高温流体を利用する地熱と、太陽熱に由来する地表周辺の地中熱の2種類に分類される。地熱地中熱実用化の歴史は長いが、国内ではあまり普及が進んでいない。本特集では、地熱発電と地中熱利用、それぞれの現状と普及に向けた課題、今後の展望考察する。

日本は、世界3位の地熱資源大国

地熱発電に利用されるのは、マグマから得られる熱エネルギーだ。火山帯の地下数キロメートルから数十キロメートルには、1,000℃を超える高温のマグマまりがある。このマグマまりで熱せられた岩石中に地下水が浸透すると、熱水あるいは蒸気を蓄えた地熱貯留層ができる。この地熱貯留層まで井戸を掘り、200~350℃という高温の熱水/蒸気を取り出してタービンを回すのが地熱発電の基本的な仕組みだ。その魅力は、24時間365日安定的に発電可能で半永久的に枯渇の恐れがないことと、発電時のCO2排出量がほぼゼロであることだ。

日本地熱資源量は2,300万キロワット超で、アメリカインドネシアに次いで世界3位を誇るが、発電設備容量で比較すると、1位の米国が309.3万キロワットなのに対し、日本は53.6万キロワットで8位にすぎず、豊富資源を生かしきれていない状況にある。

地熱開発の普及を阻む3つの要因

日本地熱発電が普及しなかった主たる要因は、「立地規制」「地元理解」「エネルギー政策」の3つといわれている。

「立地規制」とは、政府1970年代から景観保護などを理由国立公園国定公園都道府県立自然公園における地熱開発を制限したことを指している。国内地熱資源の7~8割は国立公園内にあるため、これが事実上の開発制限となってしまっているのである

地元理解」とは、地熱資源地区域に隣接する温泉地区事業者理解が得られないことである科学的な根拠や具体的な因果関係を示すデータはないが、温泉地に関わる観光事業者温泉源枯渇を理由に開発を拒否するケースは全国で起きている。

エネルギー政策」とは、政府による開発支援問題と言い換えてもいい。1974年に始まった「サンシャイン計画」では、地熱発電は主要な発電方法の1つと位置づけられ支援策も充実していたが、1993年の「ニューサンシャイン計画」以降、研究費が削減され、1997年の「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネルギー法)」では、「新エネルギー」分野の研究開発対象に選ばれなかった。さらに、2002年の「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法RPS法)」では、対象となる地熱事業は「熱水を著しく減少させないもの」という条件が付いたため、従来の発電方式では支援を得ることが難しくなってしまった。

そもそも地下資源は開発リスクの高い事業である。開発の際は、地表評価を行った後、地下深部に多数の坑井を試掘し、発電可能地熱資源を掘り当てなくてはならない。試掘とはいえ、掘削には1キロメートル当たり約1億円のコストがかかる。地中にはマグマがあるのだから、掘削すれば必ず地熱資源を得られるだろうとの推測は素人考えで、事実はまったく異なる。重要なのはマグマまりの探索というよりも地下水が貯まる地熱貯留層を掘り当てられるかどうかだ。現代の高度な探索技術をもってしても、地下1~3キロメートル分布する地熱貯留層を正確に検知することは極めて困難で、今も開発事業者の知見や勘に頼らざるを得ないというのが実情だそうだ。首尾よく掘り当てたとしても、高温蒸気を安定的に得られるのか、どの程度の発電ポテンシャルがあるのか、熱水の長期利用が周辺環境に影響を与えないのかなどを見極めるため、数年間にわたるモニタリングが欠かせない。そのうえ、資源を掘り当てても認可を得られなければ発電事業はできない。地熱発電の調査から開発までに10年以上の期間が必要とされるのは、このような理由による。ある意味油田開発と同等のリスクコスト必要とされながら、出口としては規制に縛られた売電しかないため大きなリターンも期待できない。こうした状況では、地熱発電事業への参入者が現れなかったのも、致し方ないといえる。

見えてきた地熱発電事業未来

しかし、地球温暖化東日本大震災の影響により地熱発電に対する風向きが変わってきた。地熱開発を阻んできた3つの要因すべてに解決の糸口が示されたのである

まず、環境省が、地熱開発に関わる自然公園法規制緩和に動き始めた。2012年3月21日には、第2種、第3種特別地域について、域外から斜めに掘り込む傾斜掘削を容認し、さら関係者地域との合意形成景観配慮した構造物の設置、地域貢献などを満たす「優良事例」であれば、技術的、コスト的にも負担の少ない垂直掘削も認められることとなった。これに加え、3月27日には「温泉資源保護に関するガイドライン地熱発電関係)」を都道府県に通知し、地元調整の在り方を具体的に示した。これらの施策により、立ちはだかっていた「立地規制」と「地元理解」に関するハードルが一気に下がったのである

さらに、経済産業省が、2012年予算地熱資源開発促進調査事業として91億円を盛り込み、地表調査費用の4分の3、掘削調査費用の2分の1を補助。資源開発のノウハウを有するJOGMEC独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)による開発準備段階の民間企業への出資や、開発資金を借りる際の債務保証ができるよう、石油天然ガス・金属鉱物資源機構法を改正する方針を示した。そのうえ、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、売電開始後15年間の地熱発電の買取価格(1キロワット当たり)は、1.5万キロワット以上で27.3円、1.5万キロワット未満で42円という価格提示された。こうした「エネルギー政策」の転換により、地熱発電事業を覆っていた分厚い雲の合間から、明るい光が射し始めた。

エネルギー地産地消

こうした流れを受け、10年ぶりに新たな開発プロジェクトが動き始めた。電源開発(J-POWER)と三菱マテリアル三菱ガス化学は、秋田県湯沢市葵沢・秋ノ宮地域で地熱発電所建設を進め、出光興産は他社と連携し、北海道阿女鱒岳(アメマスダケ)地域および秋田県湯沢市小安地域地熱発電の共同調査を行うほか、福島県磐梯朝日国立公園内に国内最大の地熱発電所をつくる方針を示している。

岩手県八幡平では、八幡平市と日本重化学工業、地熱エンジニアリングJFEエンジニアリングが出力7,000キロワット級の発電所2015年に開設すると発表している。JFEエンジニアリング エネルギー本部発電プラント事業部の地熱発電部長福田聖二氏は、「弊社は、全国18カ所の発電所のうち9カ所で蒸気設備建設してきました。その実績とノウハウを生かし、今後は発電事業への参入も視野に入れて開発に乗り出します。また、世界最大のバイナリー発電メーカーとも協業し、従来型より環境景観配慮した次世代型の地熱発電所の開発にも取り組んでいきます地熱発電は、一度開発すれば半永久的に安定稼働が可能というメリットがあり、太陽光や風力などの再生可能エネルギーとともに今後重要役割を果たすものと考えています」と話している。

福田氏の言うバイナリー発電とは、熱交換器を通して地熱流体(熱水、高温蒸気など)の熱エネルギーを低沸点媒体で回収し、それを沸騰させてタービンを回す発電法だ。使用した地熱流体を地上に放出することなく全量還元できるため、地下水減少のリスクが極めて少ない。また、発電設備から蒸気を排出せず、国立公園などの自然景観配慮した発電所建設できるため、環境省の定める「優良事例」に認められる可能性が高いとして期待されている。さらに、熱交換用の低沸点媒体の種類によっては、温泉水(70~120℃)の熱エネルギーを利用した温泉発電も可能だ。温泉発電は、既存の源泉と温泉井に手を加えずに発電ユニットを後付けするだけで実現でき、温泉地への影響も源泉枯渇の心配もない。JFEエンジニアリングでは、福島県土湯温泉町で2014年に500キロワット級の発電事業を始めるべく、計画を進めている。これは、震災の影響により温泉収入が減った同地で、地熱発電を地域活性化に生かそうとする試みである。このようにバイナリー発電方式は、大型の地熱発電所だけではなく、小型の温泉発電所にも適しており、地産地消型の分散電源として各地に広まる可能性も秘めている。

日本地熱発電技術世界

エネルギーとして世界的に研究が進む地熱発電分野では、高温岩体発電など新しい技術も生まれている。これは、水を圧入して人工的に地熱貯留層を造り、熱エネルギー抽出する方式で、天然の地熱貯留層を掘り当てる必要がなく、開発リスクを減らすとともにさまざまな場所地熱発電が可能になるため、大きな注目を集めている。しかし、人工的な地熱貯留層の構築が環境にどのような影響を与えるのかなど、検証データが揃っていないため、実用化にはしばらく時間がかかると見られている。

 

国際エネルギー機関IEA)の試算によれば、世界地熱発電量は2050年までに年間1兆4,000億キロワット時まで拡大すると予測されている(2009年地熱発電量は年間672億キロワット時)。現在日本企業は、地熱発電用タービンで世界シェアの7割を占めるなど、同分野で世界トップレベル技術を有している。今後、世界規模で拡大が予想される地熱発電分野において、日本企業が存在感を発揮することが期待される。

省エネCO2削減、ヒートアイランド対策効果を発揮

第2部では、もう1つの地熱資源地中熱」について考察する。「地熱」と「地中熱」の最大の違いは熱源であるマグマに由来する熱水や高温蒸気がエネルギー源の地熱に対し、地中熱は、太陽で暖められた地表付近の熱がエネルギー源だ。火山地域など対象地が限定される地熱と違い、地中熱は全国どこでも得られ、安定的に利用できることが特徴だ。

地中温度太陽熱の影響により浅部では昼夜・季節間で変化するが、10メートル程度の深度では年間を通してほぼ一定温度を保っている。その温度は、地域の年間平均気温とほぼ同等となっている。ちなみに東京地中熱は年間約17℃で安定している。四季のある日本では、大気は夏暖かく冬冷たいが、地中の温度一定であるため、この温度差を利用して冷暖房や給湯、融雪などを行うのが地中熱利用の基本原理である

地中熱利用にはいくつかの技術があるが、現在主流となっているのは地中熱ヒートポンプシステムである。これには、地下の帯水層から水を汲み上げて熱交換を行うオープンループ型と、水や不凍液などの流体を地中のパイプに通して放熱・採熱を閉じた系で行うクローズドループ型がある。オープンループ型は地下水を利用するため設置場所がある程度限定され、主に大型施設で用いられているが、クローズドループ型は場所を選ばず設置でき、環境への影響が少ないことから現在の主流となっている。

地中熱利用促進協会の笹田政克理事長は「地中熱ヒートポンプシステムは、省エネ節電対策および地球温暖化対策に極めて効果的です。このシステムは、気温と地中の温度差が大きいほど、通常のエアコンに対する優位性が高く、真夏真冬ほど高い省エネ効果を発揮します。地中熱を利用すれば、冷房使用率が最も高い真夏ピークタイムなどでもエネルギー消費を抑えられることから現在問題となっている電力供給量不足の解決策として期待されています。また、地中熱利用はヒートアイランド現象抑制にも効果がありますヒートアイランド現象は、建造物から冷房排熱が大きな要因とされていますが、地中熱場合冷房排熱を地中に放熱してしまうため、都市部の気温上昇を抑える効果があるのです」と語る。

国内外で進む地中熱利用

地中熱ヒートポンプによる冷暖房システムは、オイルショックを機に1980年代から欧米を中心に普及が進んだ。アメリカでは、現在100万台以上が稼働している。また、中国助成制度を整備したことが功を奏し、世界2位の普及率を誇っている。これに対し日本は、2009年時点の導入施設数は累計580件にとどまっており、海外と比べて普及が進んでいない。これは、地中熱認知されていなかったことや、掘削などにかかる初期コストの高さが主な要因と考えられている。

しかし、2010年政府エネルギー基本計画地中熱再生可能エネルギー位置づけたことや、2011年度以降に「再生可能エネルギー事業者支援対策事業」「地域再生可能エネルギー熱導入促進事業」などの支援策が相次いで打ち出されたこから国内でも急速に認知が進み、さまざまな分野で導入が検討され始めている。

コンビニエンスストア学校東京スカイツリータウン(R)も地中熱を導入

支援制度の拡充や節電意識の高まりを受け、近年、さまざまな分野で地中熱の導入が進められている。たとえば、羽田空港国際線旅客ターミナルビル東京中央郵便局の跡地に建設されたJPタワーセブン-イレブンIKEA店舗富士通長野工場東京大学駒場キャンパスの「理想教育棟」など、ここ1、2年の間に導入が続いている。また、旭化成ホームズLIXIL住宅研究所地中熱暖房システムを備えた住宅販売するなど、一般住宅でも地中熱利用が始まっている。

今、話題東京スカイツリータウンでも地中熱が利用されている。同地域エネルギー管理担当する東武エネルギーマネジメント Permalink | 記事への反応(0) | 19:37

2022-04-18

anond:20211217105221

俺は安楽死は当然の権利だと思う。まあ経済的にも人間的にも途上国日本でこの仕組みが理解されるころには環境問題人類滅んでると思うけど

2022-04-17

日本主導で世界に広がった取り組み

って何かある?

環境問題への取り組みは欧米からいろいろ生まれているけど、日本はかなり遅れている。日本は今更ビニール袋有料とか、何もかも遅いイメージしかない。

日本経済的にも人間としてのマインド的にもすっかり途上国として定着してしまった感は正直否めないが。

他にも、フランスかな?2024年までに犬や猫のショップ販売、ショーウインドウ禁止される。

新しい取り組みを真っ先に行い、それが世界に広がるような事例で、日本のものがあったら知りたい。

2022-04-15

そこ!?ってなる環境問題

・牛のゲップに含まれメタンガス地球温暖化

アボカド栽培水不足

こんな感じの「こんなことが環境問題に繋がるの!?」みたいな面白い事例を教えてほしい

2022-03-12

戦争するとインフレって起こるんやな

日本借金が膨れ上がっていることに対して、戦争でも起こって需給バランスが崩れない限り起こらないと言われていた。


ロシアを見ていると、戦争するとインフレするんやなって。

ニュースでは1日に2兆円の戦費がロシアとしてかかっているそうだ。

とはいえ戦争始まってから短期なので、弾薬戦争が始まる前から蓄えていたものだし、

SWIFT外貨準備凍結の方が今は効いているのだろう。


日本侵略戦争は今のところないが、全ての国際的な決まり批准しているわけでもない。

環境問題についてはつい先日までは、日本非難されていた。

EU各国は方針転換したが日本が正しかったなんて反省はしない。あくまで持続可能方針ではなかったという反省だけだ)

SWIFTのような仕組みで、日本排斥されたら終わるのは、前世紀でも経験したことだし、今回のロシアでもそうだ。


日本排斥されることはあるのだろうか?

欧州ほど建前や法律を作るのは日本は上手くないし、それを守ることも緩い。

外交上は同じ価値観を共有する西側諸国と言っているが、根本的な所で考えは異なり、日本が率先して同じ意見は出せず、欧米追随しか出来ない。

2022-02-07

anond:20220207004949

いや、うちは子供いないのでマイノリティ側なんだわ。俺も若い頃はお前みたいに「社会は少数派へも配慮するべき」みたいな考えだったけど、それなりに生きてれば自然理解できてくることだと思うが、社会多数派からすればそういうのは(少なくとも本音では)自分たち人生には全く関係ないと思ってるかそもそも多数派と異なる価値観存在すること自体認識してないかのどちらかで、ただでさえ自分達の(標準的な)人生について考えることが無数にあるのに、考えたところで自分達へのメリットが1ミリもない無駄バリエーションを増やすな面倒くせえとしか思ってないよ。

だってお前だって子供のいない夫婦については思い悩んだりするけど、ダウン症児を抱えてる家について考えたりはしないし「障害ある子供社会は受け入れるべきか」とか「障害があることが分かったら堕ろす、あるいはあえて堕ろさないことの是非」とかそういう議論配慮せよとか言われても困るだけでしょ。自分関係ないことまで考えたくないでしょ。子供関係から障害についてはもしかしたら考えてるかもしれないけど、じゃあ環境問題に関連して原発を再開するべきか否かとか、水産資源が枯渇するまで獲り続けている漁業に対してどういう態度でいるべきかとか、そんなことまでいちいち考えてられないでしょ。

社会多数派にとっては「結婚しても子供を持たない夫婦」のケースはそのレベルの話なんだよ。自分達が当然と思っていてそれ以外のことは「専門家に任せたい」くらいのレアケースでいちいち考えてられないということ。

2022-02-04

ヴィーガンの主張がいまいち要領を得ない

動物さんかわいそうならそれは感情の話でしかないのでご勝手にと言えるんだが(俺はかわいそうとは思わないですねで話し終わるんだが)

畜産環境に悪いとか豚に食わせる飯を全人類にいきわたらせれば食糧問題解決とか言われるとね

じゃあ魚釣り潮干狩りも罠でイノシシシカ捕るのも環境に負荷与えてないんだから動物を食ってもよくね?ってなる

さらに言うなら、環境問題派は別に今肉を食わないでいる必要がないよねっていう。そう主張しつつ当面は肉食ってればいいじゃん。明日明後日にすぐ畜産がなくなるわけじゃないんだし。

できることからコツコツと、みたいなこと考えてるの?クッソ無駄じゃない?お前ひとりが肉食わなかったところで畜産はなくなんねえよ。需要があるんだから。それとも、お前そんなこと言って肉ない生活送れんのかよ?みたいなレス論破するために前もって肉食ってないの?

別に動物さんかわいそうとかじゃないんなら、例えば友達がこれビーガン食らしいよって出した飯に動物エキスが入ってたとして、故意じゃないんだったら別にブチ切れたりしないんだよね?次から気を付けてくれよ、くらいで済ませるべきだよね?

動物さんかわいそう派がブチ切れるのは理解はできんけど納得はできるよ。感情の話でしかない分、この人はこうなんだと納得するしかいからね。環境問題派はまさかこのケースで、この程度でブチ切れたりしないよね?っていう…でもヴィーガンってこういうの絶対ブチ切れそうだよね。これは偏見だけどね

なんかもうヴィーガン一人一派みたいな感じになってんじゃねーのっていう。だからいまいち要領を得ないというか、この人たち何がしたいのかがわからないよねっていう

正直動物さんかわいそうが出発点だけどそれじゃ個人的感情の話で片付けられるから無理くり社会問題っぽくするために環境とか言い出しただけじゃねーのって俺は踏んでるんだけど

2022-02-01

CODA あいのうた』を見た

本筋である主人公音楽の話よりも、漁業の所の方が気になったかも。

漁業を巡る荒々しさや色々な問題が如何にもTHE 田舎って感じで結構身につまされる感じ。

環境問題解決のためには漁獲量制限必要なんだろうけれど現地の漁師からしたら溜まったものじゃないよなーとか。

漁船に一人は健聴者を乗せなきゃいけないっていうのは理不尽な決まりにも思えるけれど、海に落ちたら一巻の終わりな事を考えるとある程度合理性のある決まりなのか…?と思ったり。

でもそれなら行政の方で無償で健聴者の同乗者を派遣するとかすべきだよなー

福祉の充実していないアメリカから成り立つ話なのかな…?と思ったけれど元ネタはどうやらフランス作品らしい

うーーん

2022-01-24

ドイツ反米主義日本から見えにくい

  1. 西ドイツ東ドイツが分かれている時代に、東ドイツでは反米は当たり前だった。統一されたとして一部残っている
  2. 東西ドイツ統合後、生活が良くなると人々は希望を持ったが、西からは東への多額の補助金にも関わらず東西格差は埋まらず。西からは東はお荷物揶揄され、東の住民は分離していた時代を懐かしんでいる。
  3. ドイツ国内に米軍基地があった。それへの反発
  4. ドナルド・トランプドイツ人ルーツなのに、発言ドイツ人とは合わない。環境問題ドイツ国内で重視し始めた頃(2000年?)からそう。


日本だと親中に傾くドイツ、という文脈だが、反米からくる親中の方が正しい見方では?

コール時代になし得なかった高度経済成長中国が実現しているという憧れもあるのかも?)

中国は遠いので、隣人の悪い所が目に入って苛立つのが少なく、ビジネスとして割り切れる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん