「医学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 医学とは

2021-05-17

×「ナニナニな人ほど騙される」〇「本気で騙しにかかられたら誰でも騙される」

anond:20210517180939

サイエンス誌があぶり出す「医学研究不正大国ニッポン 撤回論文数上位10人の半数は日本人

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20180822-00094058/

>>記事は死の可能性があるからと追及を緩めることはしない。

>>「死んでも論文は生き残る」、「他の科学者時間を盗み、研究方法選択や、治験選択に影響を与える」という。

>>佐藤氏の疑義を追及したアヴェンル氏らの膨大な労力のみならず、

>>佐藤氏の論文引用作成された治療指針が無駄になり、その治療指針に基づいて治療された患者さんの時間を奪う…

>>記事には日本の文化に対する不信がにじみでている。

コロナウソだって主張を信じる人がいてもいいけど

そういう人はエホバの証人宗教的理由で輸血を拒否して、それに伴う医学的に不利な扱いを受ける事を受容しますと言っているみたいに、「私は万が一コロナに掛かった時は病院に一切掛かりません」と宣言して実践して欲しい。掛かってからジタバタ医療資源を潰して回るのが最悪。

中国理系学問の自由アメリカより自由

アメリカ福音派の影響で特に生物学医学で制約が大きいし、人命が重くポリコレもうるさいから思った以上に研究が制約される。一方、中国政治に関わらなければアメリカと反対に想像以上に研究自由だと研究者も言ってるから、下のような報道中国没落と結びつけると敵を過小評価することになるよ。

中国、「学問の自由」認めず

https://this.kiji.is/766541317536694272

anond:20210516225443

たとえば森鴎外脚気

森鴎外ドイツ留学して医学を学び、軍医トップまで昇進した

陸軍では脚気流行していて、当時の医学では脚気の原因は分からなかったんだけど、経験的には白米ばっかり食べてると罹る病気で、麦飯が有効なことが知られていた

でも森鴎外ドイツ無駄細菌知識とか仕込んできたものから「そんな民間療法は駄目。脚気伝染病」と言い張った

しか無駄権力があるせいで兵食に麦飯を導入しないことを決定できた

そのせいで、日露戦争では脚気による死者が大量に出た

権威にすがって再現性のある知見を無視する態度は科学リテラシーがあるとは言えないよねえ

2021-05-16

anond:20210516223900

同じだぞ。今の医学では身体よりも脳(精神意識)を重視するからな。ホルモン療法するのも、性転換手術をするのも、美容整形手術をするのも脳に合わせて身体を適合させることだ。

昔の医学では、ロボトミー手術で脳の一部を除去したり、ゲイに対する治療として電気ショックを用いたりと、身体に合わせて脳を変えるという今とは真逆の発想だったんだ。

両親が新興宗教信者だったこ

新興宗教本部を見に行こうって記事を読んで、ふと自分も幼少時に新興宗教総本山へ行った事を思い出した。

今思うと、あれは何だったんだろなぁって思うような思い出だ。

https://anond.hatelabo.jp/20210516015317


両親が信じていたのは崇教真光崇教真光とは手をかざして、お経のようなものを唱えると、病気が治ったりするようなご利益があるとかで

信者で集まってお互いに手かざしをし合うために、各地に道場があったりする様な大きな宗教団体の一つではあると思う。

幼稚園から小学生4年生くらいまでは、よくこの道場に行って、偉い人とやらの手かざしを受けていたし、俺自身もやらされてた。

「ごくびーじっそうげんげん」で始まる、お経の様なものは、今でも言える位には同年代の子相手にやってた。



面倒なことは殆どなかったのだけれど、一つだけ面倒なことがあった。

から「おみ霊」と呼ばれるネックレスの様なものを常に身に着けていて、保管時にも首より下に置いてはならないとかなんとかで

家にあった神棚のようなものに安置して風呂に入っていた。寝るときは当然、同様にして外していた。

家族が着るアンダーシャツには、おみ霊を格納するための袋が胸元にあって、学校にも着けていくのが煩わしかったものだ。

なんせ水泳時間に服を脱ぐのだが、学校ロッカーには出席番号で割り当てがあり、子供向けでもあって高い所なんかないので

ルールを破らざるを得なかったのだけど、宗教なんぞ信じてない割には、ルールを破ったから罰があるのでは?的な意識だけは消せないから嫌だった。



そもそも何でそんな新興宗教に両親がハマっていた時期があったのか?というのは、割と大人になった今でも真相は謎なのだ

理由はいくつかある様に思う。

一つは、母が俺が生まれる前に流産経験してる事。

一つは、両親の縁を取り持った方が真光の道場の偉い人だったということ

一つは、俺が大病を患ったという事、親類の同系統後遺症を持った障碍者いたこと。

恐らくは、このあたりだ。

幼稚園の年長の際に、俺は割と大きな病気をして、今でもその時の後遺症に苦しめられているのだが、その病気後遺症を治すために

色んな病院へ行ったけれど、治らなかったことが、俺が最初道場へ連れていかれた理由であったと思う。父も母も万策尽きたわけだ。

当時、遠方まであっちこっち病院へ通った記憶が残ってる。どこの病院でも治らないと言われて、憔悴していく両親が、手かざしに一縷の望みを託したのは分かる。

自身は「そんなもので治るかww」って思ってはいたし、後遺症も諦めて割り切る方向で慣れの段階に入ってたので、治らなくてもしゃあないとも考えていたのだけれど、

そんなことを大真面目に神頼みしてる母親に言えるはずがない。馬鹿馬鹿しいと思いつつ、手かざしを受けたり、やったりしていた。

母に関しては、(もう冗談にも聞けないが)最初は恐らくは流産した心の傷と、その後、苦労しつつも俺を生んだ成功と、人付き合いが入り混じったものではないかとは想像している。

道場の偉い人は両親にとっては父母同然の人で、幼少時には毎週のように家族で泊まりに行ったりとお付き合いがあった。

両親が独身時代に借りていたアパートオーナーで、実業家でもあり、裕福な方だった。

俺も随分よくしてもらったし、宗教はともかく、その人たちの事は今も嫌いにはなれない。

父は恐らくだ流産で気を病んだであろう母の気持ちとお世話になった方への義理で挟まれていたのだろうと思う。


医学の力では治らない俺の体を癒すために、せっせと両親は道場へと通って、手かざしを受けさせるわけだけど、そんなもので治るはずがない。

神なんぞいない。いるとしたら相当に質が悪いよ、パレスチナ問題で異教徒同士で殺し合ってる信者を見て楽しんでる位には質が悪いはずだ。全能の神が、テルアビブへの砲撃と反撃のガザ地区への空爆止めないとはそういう事だろ。

だが、道場大人たちが教え主(要は教祖)さまならば・・・、というので、小3の時に高山にある総本山へ行った事がある。

付き合わされてる感がある父は、そこへ連れていくことを申し訳なく思ったのか、道中はやけに優しかったのを覚えている。

教団のツアーの様なものに父と二人で参加し、ツアーバスで行ったのだが、普段は食べさせてもらえないステーキを食べることを許されたり

途中で止まった休憩所で、普段ならどれほど頼んでもOKすることなかった1回200円するような当時最新のアーケードゲームを、10回くらい遊ばせてくれたり、

それまでは体に良くないと与えてくれなかったコーラを飲ませてくれたり、帰り道には欲しかったプラモデルを買ってくれたりと、俺にとってはとても良い旅になった記憶がある。

今は孫にデレデレで厳しさの欠片も残ってない父だが、俺が子供の時には恐怖の権化しかなく、あんなに優しかったのは子供の時はあの時だけだ。



到着した総本山には、やたらデカい何百人でも入りそうな金ピカの大講堂があって、その大講堂で教え主の手かざし集団で受けると言うような感じだったかと思う。

周りにいた大人たちが、大真面目に「強いお力が入ってきて、気分が悪くなったら言いなさい」なんて言ってたのを聞いて、「馬鹿を言え」と内心思ってた。

儀式が終わったところで、俺の体に何かの変化があるかと言えば、そんな奇跡なんてあるはずもない。

その結果、いつしか、俺はおみ霊を首から下げなくて良くなり、道場へと通う終末も終わり、こうして俺は二世信者になり損ねた訳だ。


幼少時の事をあれこれを覚えている俺が、そんなことを忘れているはずがないのは両親も知ってると思うが、真光の話をすることは家族内では何となくタブーになってる。

つの日か、何だったのかと両親に聞いてみたい思いはあるのだけれど、両親にとっても恥の一つになってるのでは?と思うと聞けない自分もいる。

真光はてなーがいたら悪く言ってすまんなw

anond:20210516112014

個人の感想ではなく医学的、薬理学的に必要ないとされてる

効果あると実感したのが何に対してなのか知らんが、普通に副作用の側に意義を見いだしたと考えるのが普通

2021-05-15

菅総理は、間違っていないよ

コロナでどれだけ国民が余計に死んだと思ってるんだ、ってはてなーたちはいうけど。

結果を知った後で選択をすることは誰にだってできる。

後で「ああすべきだった、こうすべきだった」って言うのは簡単だ。

でも選択をする前に結果を知ることは当然出来ない。

コロナは一体どんなウイルスなのか。政府は何ができるのか。医学はどれだけこのウイルスを知っているのか。

いつだってからないことだらけだ。

でも時間は流れていく、止まってくれはしない。

結果がわからなくても選択を求められる瞬間はかならず来る。

はてなーはすぐに結果責任などと言う。

便利で正しい言葉だ。

たとえコロナを克服できたとしても、死んだ感染者が戻ってくるわけではない。

かに菅総理非情で悪い人かもしれない。

だがそれで良いんじゃないか

あらゆる事態を想定した結果、国民の命が危うくなっても、選ばなきゃいけない。

コロナ感染者の増加と、オリンピックの開催を。

菅総理は選んだ。コロナ感染を抑えつつ、オリンピックを開催することを選んだ。

私は大して長く生きてもいないが、革新していることがある。

何かを変えることができる人間がいるとすれば、

その人は、

きっと、

大事ものを捨てることができる人だ。

化け物みたいに暴走した世論に迫られたのなら、

人間性をも捨て去ることができる人のことだ。

何も捨てることができない人には、

何も変えることはできないだろう。

2021-05-14

anond:20210514221251

タイミングなんて、自分の予定が空いてる日と、病院が空いてる日が一致したときでしょ

病院に行かなければならない理由は、「客観的かつ、医学に基づいた判断」をしてもらわないと主観的じゃいつまでたっても改善しないからだよ

人間というものは、自分にたいするバイアスが沢山かかっているからね タイミング考慮し始めた時が行くタイミングだよ

漫画男性向けと女性向けに分かれているのはなぜですか

漫画雑誌文化の一部であり雑誌には男性誌女性誌があるからというもっともらしい説明を聞きました。

それにくわえて漫画は娯楽性が高くて男には戦いと美女、女には恋愛イケメンを主な目玉にやってきたから男女の偏差が生まれやすいからということだそうです。

けれども雑誌文化ということであれば日本近代文学雑誌文化です。同人誌です。

しかラノベなど一部のジャンルを除いては男性向けだとか女性向けとか公式にあるいは読者が言う傾向は見られません。

それについて調べてみると文学そもそも女が見るようなもんじゃなかった時代販路なりが成立したんだろうといいます

(漫画手塚リボンの騎士赤塚がアッコちゃんやってた通り勃興早々に少女漫画分岐していた。 )

しか見ていないからわざわざ男性向けと自称するまでもなかった。そこから女性が参加するようになれば、余計なラベリングがされていなかった雑誌はおのずと総合誌的な色合いを帯びるようになったということでしょう。

ㅤㅤ

しかし「販路の成立の仕方」ということで見ると、映画音楽小説と似た事情だと思います

映画音楽を男や女しかしまなかった時期があったとは考えにくいですね。

映画 男女比」と検索するとハリウッド映画の男女不均衡が調査で浮き彫りに」という見出しも出てきます。男女不均衡を話題として取り上げること自体が、映画はかつで男女に等しく楽しまれたものだったという前提を示唆しています

(ちなみに、男女差が当たり前にある漫画文化目線で見ると男女不均衡を記事にすること自体にも違和感を禁じ得ないでしょう)

音楽にしてもそう。伝統音楽典型的でしょう。ケルト音楽ケチャ中国音楽を男女の一方しかしまなかったということがあったでしょうか。

(まあ中国音楽ドラマで悪の皇帝宮廷音楽を楽しんでるのを見てるから男の娯楽みたいに見えてきますが)

他にも伝統音楽というのは数多ありますが、このようなもの部族みんなで囲んで楽しまれるようなものだっただろうから目的的にも性差が組み込まれようがないわけです。

現代でもCDショップに行ってもアイドルのを除けば男女で棚分けされていることもありませんしね。

ちなみにゲーム場合ハクティビズムが源流にあってこれはギーク趣味、男に偏った文化だったしょう。事情として小説(=文学)に近いと思います

ㅤㅤㅤㅤ

映画音楽場合では娯楽性という面でも漫画と近接していると思います

けれども娯楽本位だから、チープな文化から男女差が起こりやすいという言説は退けられるべきでしょう。

映画でもマーベル系は男性客に偏ってるのかなという印象もありますが、恋愛主題としてきた多くの映画別に男性向けとか女性向けとか言われていません。これらはたとえば崇高なメッセージが込められていたか作品としても高尚なものへと昇華し鑑賞者の性別凌駕したのでしょうか。

そういうこともあるかもしれませんが、そうじゃないものも十分多いと思います

映画は高尚だから自分の性に関わらず楽しめ、漫画はそうじゃないから性に依存するというのは、漫画側に対する不当な矮小化に思えます

ㅤㅤㅤㅤ

音楽だって純粋な娯楽でしょう。上手い人のピアノ即興曲は男女に関係なく人を魅了します。またその旋律に男女の物語を乗せることができるという点でも映画漫画との違いはありません。

ㅤㅤㅤㅤ

媒体という表現のあり方が性差を生んでいるかもしれないとも考えました。

その意味では音楽を除き映画漫画が同じ視覚表現なので近似しているように見えます

また美術館に展示されるような絵画についても、このような芸術もまた上流階級の主流である男性にもっぱら楽しまれていた点では小説に近い事情ですが、引き合いに出したいと思います(現在美術に男女差が見られない理由過去販路の成立の仕方に限る必然性がないから)。

映画は実写。小説デフォルメされています。この点はむしろ絵画に近いでしょう。

また小説との比較では、小説は文が主体漫画は絵が主体という違いがあります

これらを総合すると、絵による視覚的な刺激は文章と違って刺激が強く、男性に好まれるような描き方は女性にとっては関心を呼ばないばかりか嫌悪感すらを抱かせやすい(逆も然り)という意味排他性が強い表現なのかもしれない、ということがまず言えそうです。

しか問題主体が絵であること自体ではなく、絵画との相違点としての、漫画における絵の特徴が関係しているのだというところに焦点が絞られると思います

ではその違いは何か、そこが難しいところなのです。

漫画は実写と比べてもかけ離れたデフォルメを使っているから」と言ってみても、それは程度問題しかなく、特徴を質的に捉え切れたことにはならないでしょう。今の私の頭で考えられるのはここまでです。

ㅤㅤㅤㅤ

蛇足

ちなみによく考えるとテレビなんかは男女差のないこれ以上ない卑近な例ですよね。男女差があるように作っては最高でも人口の半分程度しか視聴者を期待できないということで、視聴率の点でテレビ局が困るのです。

もちろんドラマなどには二兎を追う者は一兎をも得ず式の一方の性別によく愛されるような内容に仕上げる制作方法も見られると思います

しかしたとえばNHKゴールデンタイムバラエティーなんかわかりやすいと思いますが、(ためして)ガッテン日本人のおなまえの視聴者に男女の有意差があるとは到底思えないでしょう。

それには「ためになる内容を提供する」テーマ的な部分と、人材的な部分があるのかもしれません。

名前雑学とか医学知識かいうことのお役立ち度合いに男女差はないでしょう。

人材的な部分というのは、アイドルでもイケメン美女でもなく、とにかく無難ルックスの人たちで出演陣を固められてる傾向があるということです。

男女の一方に好かれるような人を起用すれば、その人数が奇数であればどちらかの性別に向けた色合いを帯びてきてしまうのは自明でしょう。

しかもたとえ人数的に均等であったとしてもパワーバランスの点で完全に均衡させるのは難しいから、やはりおのずと偏りが生まれしまうと思います

逆に特に容姿の端正さで採用されたわけでもないアナウンサー適当バラエティタレントにはそういう意味でのフックがありませんから、そういう人たちで絵面を構成させることで、ポリコレも真っ青なTHE中性的番組が生まれるのだと思います

2021-05-13

4人殺傷の岡庭は悪くないっすね

性的傾向ってのは生まれながらに持った性質であり、医学的に変えられたりも出来ない

変えることの出来ない性質を元にその人を排除したり叩いたりするのは差別のもの

まれながらの性質なのにそれに対する受け皿がないのだからそれを現実適応するのは当然のこと

人を食べる動物にその性質について批判出来ないのと同じ

理屈の上では差別主義者は岡庭を叩いてる側である

この理屈理解出来ないやつは馬鹿

2021-05-12

anond:20210510224030

別に教えてもいいけど、この中から有用チャンネルを掘り出すのは結構シンドいと思うよ

本当ならジャンル別に整理したいところだけど、面倒すぎる

更新止まってるチャンネルとかも応援意味登録してる

はてな的には、徳丸浩のウェブセキュリティ講座 を実は知らない人も多いか

あと どうぶつ奇想天外 と さまーず は自力検索してて発見したので、このあたりも知らない人多いと思う

2021-05-11

金を持たない老人は見殺しにしていくしかない

近い将来、そういう方向に舵を切られる日が来るのだろう。

少子高齢化が進み、生産年齢人口は減るのに老人は増え、医学進歩に伴って

今までなら死んでいた病気でもある程度(医療の力で)生きられるようになる。

遅かれ早かれ破綻するのは今のうちからわかっている。

今のコロナ禍において「若い人にベッドを譲って老人は家で死んでくれ、まぁお金があれば別だけど」

なんてことを言うととてつもない批判(と若者からいくらかの賛同)があるのは明白だが、

じゃあ数十年後、本当にその判断をしなければならないときにどういう判断ができるのか。

能力や金がある者は海外へ逃げ、貧すれば鈍した者だらけの中、

ヨボヨボの老人に税金をジャブジャブと使われることに納得できるのか。

自分は頑張って労働して税金を納めて貯金したのに、結局ワクチンくじ引きで、

働きもせずに引きこもってた隣人に使います、と言われて納得できるのか。

福祉っていうのは弱者のためのものです、と言われても自分は納得はできない。

2021-05-10

anond:20210510170149

差別されたら寿命が短くなるとは言えない。

差別されると寿命が延びる、差別から解放されると寿命が減る可能だってある。

 

その一例として、肺がんを挙げる。

たばこ喫煙者は年々減少しているけど、女性割合はどんどん増加している。そして、男性肺がん患者は減少しているのに対し、女性肺がん患者は増加している。

女性喫煙者が増えているのは女性は人前でタバコは吸わないってジェンダーロールから女性解放されていることを起因するが、残念ながら女性肺がん罹患率を上げることにも貢献している。

女性肺がん患者が増えたのは女性への差別が増えたからではない。女性解放されたから、肺がん患者が増えた。差別から解放されると死ぬも成立する。

 

未婚男性弱者男性)の話に戻ると、男性差別されてないか寿命が短い、女性差別されてるから寿命が長いとの仮説を立てることも可能

女性料理をする、見た目を気にしてダイエットする、カロリー気にして野菜を食べるなどのジェンダーロールに縛られていることが寿命を延ばす面でポジティブ副作用を引き起こす。一方、男性料理を外部や女性押し付けることができる、酒たばこを存分に楽しんでも白い目で見られない、女性ほど見た目を気にしてダイエットに励む必要もなく肉や味の濃い食べ物を楽しむことができるアドバンテージ健康面でネガティブ副作用引き起こしている。

  

そもそも女性ホルモンが動脈硬化を抑えるみたいな医学的要素は無視しているのでツッコミどころ満載だけど、寿命が短い=差別されているって単純なロジックではないってことを言いたい。

ホームレス男性ばかりも同様。ホームレス男性が多いともいえるが、女性ホームレスが”少なすぎる”と考察することも可能。いろいろ書きたいけどビール飲みすぎて文章がまともに書けないので次の機会に。

  

 

個人的には孤独な未婚男性長生きしたところで楽しみは少ないだろうから、好きなもの食って死ぬ人生を選ぶのもいいと思います

id: dubist いろいろ言ってるけど、もし女性のほうが平均寿命が短ければ、間違いなくフェミニストはこれこそ女性差別証左だと言っていると思う。

そう思う。実際、弱者男性差別証拠だと主張しているし。

id: sewerrat 「管理職政治家男性ばかりだからといって女性差別があるとは限らない」(より抽象化すると「結果の不平等」は「機会の不平等」を証明しない)に同意できるか否かだと思いますね。僕はどちらも同意しますよ(笑)

管理職政治家男性ばかりは差別です。大丈夫ですか?

秋田県民の寿命が他県と比較して短いのは、秋田県民への差別かもしれませんし、そうじゃないかもしれません。寿命が短いか差別というのは短絡的です。

anond:20210510075110

傷薬塗り塗りするから痛みを感じないんだゾ

 

医学的な何かしらは知ったこっちゃないゾ

2021-05-09

本当にオリンピック中止するための客観的データ論理ないの?

何度か色んなところで聞いたけど

誰一人として、客観的科学的、医学的なデータに基づいて開催が不可能だって話をしてる人いないんだよね

少なくともオリンピック開催のためには、科学医学的に感染者がこのように推移してなきゃダメだけど現状はそれを越えてるとか

オリンピック開催の為には、これだけの設備環境必要だけど現状それが整ってるといえないから開催はできないとか

なんかそういう客観的科学的、医学的なデータに基づいた議論した方がいいんじゃないか?

本当に中止したいならさ

そりゃ試験的な大会問題ないと判断されたので開催ってなっちゃうでしょ

anond:20210508234041

民主主義承知決まって開催出来る状況だから開催するだけ

中止したかったら科学医学的に中止になる要件作って周知しとけば中止もあり得たのに

サボったつけが回ってきたな

本気で中止のしたかったのすら謎

それ書いて不満爆発させるのが目的なんだろ

2021-05-07

もし勇者魔王の構図を現代に持ってくるとしたら

抽象的には巨悪とそれを打倒する人を設定するわけだが。

魔王パンデミックだとしたら勇者医師もしくは医学薬学研究者か、それを運用する政治家か。シンゴジみたいな?

魔王を悪の独裁国家に設定するとしたら勇者革命家か。

なんか見覚えがあるな。結局世界を変えられずに内ゲバもしくは細かいテロ行為で終わってたような。

anond:20210507112734

指向と嗜好の違いやな

性的指向医学的にも性別由来の指向だとされてるけど

ロリコンは好みに近い嗜好なんや

ロリコンって嗜好は社会的に許容出来んくなっただけや

諦めてな

ついこの間までは社会的に許容されてて普通にロリコン写真集あったんやけどな

2021-05-05

医学証拠なんてすぐに変わるじゃん

2021-05-03

anond:20210503094513

まあ、現代社会では男がいらない、多すぎるってのはあるとおもう。

機械化が進み、昔に比べて男のほうがって領域は段々減ってきてる(ゼロではないが)にもかかわらず、生物としてはそこまで急に変わることは出来ず男のほうが多く生まれてくる。医学の発達で死ににくくなり、居場所が減ってるのにますます男が余るようになってきたのが、弱者男性しかり、そのへんの問題の根源だとおもう。単純に男を減らすしか無いとおもう。

殺戮によって減らせないなら生まれない以外に減らしようがないのだが、未だに出生時点で5~6%男余りらしいので、10人に一人ぐらい死なないと男余りは続く。

https://stat-nippon.com/number_of_births_by_gender/

医療自業自得」で外出自要請国民が従わない

歯科医にも注射を打つのを手伝ってもらうという政府提言には、

ワクチン接種が利権である日本医師会が反対しています

結局そうなるんだよな。

国民には「一丸になって我慢しろ」と居丈高説教するくせに、

医療界・医学界は全く一枚岩になれずバラバラ

マスコミ医療医学界に気兼ねしてこういう状況を全く指摘しない。

2021-05-01

anond:20210501070748

真剣な話、医学勉強がしにくい社会構造裏目に出たと思っている。

日本医学数学で思いっきり吊り上げる構造にしている。

他国はそんなことしない。(その分クズ医者も多い)

2021-04-30

anond:20210430165009

から1/5ぐらいしか読んでないけど、個別のケースによって事情が異なることすら分からずに、ネットで飛び込んできた文字情報脊髄反射批判かます奴なんて、どうせロリコン医学的な定義すら自分で調べようとも思わないアホなんだから気にしなくていいよ。

法律なんて被害者を守るためのものなんだから、誰も不幸になってないならそれでいいじゃん。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん