「医学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 医学とは

2022-05-24

マジで教えてくれ、倫理はなぜ大事なんだ

過去はてなでされてきたさまざまな理論を見ると「倫理的重要問題を、倫理じゃない考え方(たとえば経済学効率論、医学技術軍事物理など)だけで解決しようとするのがそもそもおかしい」みたいなブコメをよく見る。

そこで毎回疑問なのだが、倫理がなぜ大事なんだろうか。

どうも当然のこととして受け入れている人がほとんどなのだが、その、感覚レベルで受容するような振る舞いがよく分からない。

俺はよく「人の心がわからない」と言われるし、実際自分でもそうだと思うが、倫理大事というのはそれと近いわからなさを感じる。

「陰茎への電気ショック」で早漏が治り持久力が40秒から5分になったとの医学的事例が報告される

早漏は治る。

家庭の医学ウェブ版、アプリ版のサイト見てた

こんな時に使ってほしいとの例で、歳をとった両親に長く元気でいてほしい…とのイラストが辛い

先月、父親を亡くした

もっと長く元気でいてほしかった

まだまだ元気で居てくれるつもりでいた

こんなにあっという間に、こちら側に立つとは思わなかった

2022-05-18

anond:20220518135818

やあ。とある反ワクだ。ゴメンね。それは曖昧な解答になるね。

https://covid-vaccine.jp/

副反応データベースみたいなのあるけど、mRNA安全ものだと言うことになっているので正確なデータは無いよ。帯状疱疹と同じで、2019年コロナ渦前と比較して、「異常に増えてない?そういえばmRNA免疫抑制するよね?怪しいよね?」って医者も含めてみんなが推察してる状態だね。

あえて言うなら免疫抑制による影響は広範囲だよ。癌が再発する人もいるだろうし、脊髄炎になる人もいるでしょう。mRNAによって抗体はできるかもしれないけど、他の病気には弱くなる可能性が高い。抗体が切れた時は免疫抑制身体が弱ってるから、未接種者よりも感染やすくなってるだろうね。

https://www.gov.uk/government/publications/covid-19-vaccine-weekly-surveillance-reports

実際に英国サーベイランスレポートには、そうゆう打った人の方が未接種者よりも罹りやすくなるってデータ出してたね。曖昧なところでしかモノが言えないのが心苦しいけど、「こうゆう医学的な根拠があって、こうゆうデータがあるよ」と言う話しかできないね

2022-05-16

北朝鮮コロナ流行ってるニュース

久々に「全国民ワクチン未接種だとコロナはこんなに大変になりますよ」ってストレートに伝えてくれて助かる

増田には反ワクチン友達の言説信じきってる身内がいて、このニュース見ながら北朝鮮馬鹿しまくってる。

どう理屈つけてるのかさっぱりわからん…たまにネットで見る雰囲気罵詈雑言してる人が増田身内みたいな人なんだろうなって思うと本当情けないし悲しいわ…

頼み込んでなんとか2回まで打ってもらったけど

3回目は無理そう。

医学的に打てない人はともかく、陰謀論を信じてワクチン未接種の人はこのニュースを見てなにか思うところがあるといいなと思う

2022-05-15

皮膚病こわい

皮膚が弱く、ときどきたちの悪い炎症を起こしてかゆくてしかたなくなる。発症してから二週間ぐらい、我慢しつつも我慢できずに赤くなったところをかきむしる、というのを繰り返し、最後の方は患部が子どもの手のひら大にタラコを浴びたような惨状になってしかたなく医者に行って、ステロイドを処方してもらう。治ることは治るのだが、痕はどうしても残ってしまい、体のあちこちにそういうシミがある。

以前、30過ぎて生まれてはじめて水虫になった。

かゆい、治りにくい、というイメージが先行しているような気がするが、俺の場合もう、そういう不快というレベルを超えてしまい、病院に行かないまま自然回復を神仏に祈っていた結果どんどん悪化させ、一番ひどいときボロボロになった肌がまるで風化した靴下はいたような惨状になって、しかたなく医者に行ってステロイドと抗真菌薬を処方してもらう。ちなみに、水虫に対してステロイド使用は、薬効で皮膚が薄くなるので要注意だと医者が言っていた。それでもトータル的に使った方がいい、という判断だったらしい。

しつこい炎症や水虫を食らって思うのだけど、現代から「困った」で済むが、100年ぐらい前だったらシャレにならない大ごとなのではないか

特に水虫は、あのままだとたぶん、崩れた肌から何かしらの感染症を起こしていた可能性が高く、リアルに死んでいるのではないかと思う。炎症も、少なくとも生涯付き合うことになっただろう。えらいことだ。医学で言うと抗生物質発明はマジすごいブレークスルーだったとたまに聞くが、俺的には人工的な副腎皮質ホルモン抽出もマジ感謝というか、皮膚病怖い、という感じだ。

あと、身体的な苦痛とは少し違うが、水虫が足に出てしばらくして、ふと手の指先を見たら同じような水疱が爪のわきあたりの肌にできているのを見たときは本気で戦慄した。あらためて指を一本一本見ていったら、親指を除いた四本に症状が出ていて血の気が引いたのを覚えている。

こうなると、もう他の人間にもうつ可能性が出てくるし、なんというか、もはや「人類、よく生き残ったな」ぐらいに思ったが、というか普通に死んでいたのか、そういうやつは。

西洋の薬が登場して、肌質がそんなに強くないやつでも生きていける時代になったのか。わからん。茶殻をどうこうする、的な民間療法があったとは聞くけれど…

anond:20220515093430

西洋医学東洋医学と言うけれど結局は現代医学って世界中医学統合管理した結果に成立しているものから漢方もまた現代医学の一部であり現代医学として研究されてるよ

現代医学論文にいわゆる伝統医学系の論文引用されることは別に珍しい話じゃない

ちなみにユナ医学中国医学アーユルヴェーダを合わせて3大伝統医学という

2022-05-14

anond:20220513112324

育休を取った父親赤ちゃんへの「拒絶感」が強い

https://diamond.jp/articles/-/303160

 父親育児休業を取得することは、父子のボンディング(親の子どもに対する情緒的な絆)の強化につながらず、かえってマイナスの影響が生じてしま可能性のあることを示唆する結果が報告された。東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男氏らの研究結果であり、詳細は「International Journal of Environmental Research and Public Health」に4月2日掲載された。

 解析対象者33.5%が育児休業を取得していた。育児休業取得群と非取得群を比べると、平均年齢はどちらも約35歳で差はなかった。育児休業取得群の方がMIBS-J総合スコアが高く(赤ちゃんへの否定的感情が強く)、下位尺度の「怒りと拒絶」のスコアが高いことが明らかになった。

育児休業を取得して子ども長期間過ごすことは、ふだん仕事に専念している父親にとって、依然として困難な経験となり得る」

父親赤ちゃんを育てると不幸になります。怒りと拒絶を覚えます

ネットストーカー自慢

それは才能じゃなくて、

無意味なことに人生を何日も何時間も割けるかどうか、

赤の他人粘着できるか、興奮して気持ちよくなれるか、っていう、

趣味嗜好」

が人より何十倍も大きいかってことだと思う。

好きこそものの上手なれっていうじゃん。

何億人もいれば、他人粘着したほうが気持ちいい、っていう人もいる。

ただ、一般的社会人と違って、世界に貢献しないという違いだけ。

世界に貢献できないことを自慢できるという、

勘違いの才能」はあるかもしれないけど。

利口な人にはつとまらないという意味でも、才能だと思う。

ひろい海の中には、毒素や害悪のある生物もいるでしょ。

一定確率で毒素や害悪ものが発生するのは、人類にとっても避けられない。

その毒素や害悪のある生物から学んで、

ワクチンだとか医学が発達するわけだし。

経済動物としての人間を用意すれば解決するのに

犬猫のように、美醜基準で男女を掛け合わせる+希望者は精子卵子代理妊娠セックスワーカー → 少子化や直近のAV問題解決

馬のように、体格基準で優秀な男女を掛け合わせる+体格が優秀だったら、体力労働担当させる → 労働人口問題解決

牛や豚のように、強制的に肥えさせて肉にする+一般的には食べてないけれど、廃棄される食物をエサにする → 食料問題や、食料廃棄問題解決

モルモットのように、医学関連の実験に使う → 今より効率的効果的な研究開発が出来るようになる

他にも、きっと色々解決する。多分。あと先に言っとくけど、自分経済動物としての人間にならない前提な。

2022-05-12

anond:20220512211048

酒とか大麻とかは十分な研究エビデンス医学化学の発展や慎重な運営の元での合法化してるんであってな

現状同様の運営では貧困や性被害搾取暴力蔑視の強化とお墨付きを与えてるだけじゃん、そんなもん見て育つ子女がまともに育つ訳ないだろ

文化差別自己肯定感に与える影響力そこまで考えての慎重な運営ならまだマシだけど例えば一部の動画作品を内容に規制をかけてごく微量に出すなり海外作品規制をかけないなり繊細な立法なんていくらでもできるでしょ

anond:20220512123815

医学最前線娑婆のお遊びゲームの勝ち負けが区別できないアホと言う告白

医学が常に狙い通り勝ち続けてたら今頃ガンもエイズもないだろう

anond:20220512054557

事実はどうであれ、逆にそんなに重い立場ならさ、

過失責任重くなるのでは?医者医学知識を使って人殺ししたりしたら罪は重いよね。

サリン事件の時に協力してた医者みたいにさ。

 

トップルール違反するなら業界全てが不健全でもいいやって考え方になるから責任はより重いじゃんね。

2022-05-09

anond:20220509001956

https://anond.hatelabo.jp/20220503221039 これと同じ人かな

傷ついたらわるいけど、本義的な意味マザーコンプレックス、いわゆるマザコンだと思うよ

あるいはどんな人間であれ子供のような頑是ない泣き方をされてしまって自分も困るという

見知らぬ人の葬式であってもなんならフィクション葬式であってもつられて泣くみたいなことかもしれないけど

それは人間大人でも)の弱さはかなさを見て泣いているのであって、相手が親かどうかはほとんど関係ない

自分は「不妊症増えてるから自分の子供欲しいなら早めにつくったほうがいいよ」って医学上の事実を述べたら泣かれてこまったことがある

人間セックス繁殖するとか

人間はいつかかならず死ぬとか

そういったことも人間にとってはショックなんだろうね

2022-05-07

Love is all you need

タイトル最後まで書いた後に決めろ、と小学校の作文で教わったような気がする。私は文章を書くと最終的に何が書きたいのかわからなくなってしまうことが多く、予防としてタイトルを先に決めて書くことにしているのだが、こういう増田では徒然なるままに書いてみてもいいかもしれない。

そこそこ勉強して医学部に入った。高校の時は何がしたいのか、何になりたいのかわからなかったが今ではわかる。私は物書きになりたかった。他人文章で認められたかった。しかし私にはその才能がないことはずっと前からわかっていた。

中高では作文コンクールがあった。テーマ提示され、その場で1200字程度の作文を書いて提出する。あんなの遊ぶ時間でしょ〜と斜に構えていて、実のところそれなりに構成を練って作文をしていた。結局6年間で一度も佳作に名前を連ねることすらなかった。

2020年4月、私は大学入学した。多くの大学がそうであるように、医学部でも1年は一般的教養を身につけることが多い。何一つ興味を持った授業はなかった。試験コロナ禍によりレポートになり、人のものを写して単位を得た。

2年になると、興味のない医学の授業しか無くなった。進級にはたびたび訪れる試験をやり過ごさなければいけなくなり、図書館に篭ることが増えた。新入生に向けて他己紹介を書くことになった。友人2人のものを書いたが、同期のうちでは好評だった。嬉しかった。私の文章が初めて人に認められたのだ。しかそれから文章を書く機会も、書こうとすることもなかった。自分文章直視するのが怖かった。評価されるのが怖かった。文才がないのは分かりきっていたのに。

この4月、3年に進級することができた。今度は部活での新歓のために他己紹介を書いた。今回も2人分書いたが前回ほど好評ではなかった。私の文才なんてそんなものかと思い、また興味のない医学の授業を受けている。

人間関係にも苦労した。入学当初はいわゆる大学デビューというものを頑張り、交際相手を作ろうとしたがうまく行かなかった。何度か自殺を考え、首吊りのためのロープを買い、いやいや将来病院いくらでも苦しまずに死ぬための薬が手に入ると自分を騙し騙し生きてきた。

ワンミスで嫌われるという強迫観念に取り憑かれ、徹底して好かれるように立ち回った。その甲斐あって今では学部内での顔は広くなった。この間、人を怒らせてしま電話で謝った。これで挽回できると思ったし、嫌われた時のためのアリバイ作りという打算もあった。その時、怒っているけれど私がそんなことであなたを嫌いになるはずがないと言われた。周囲の人はこういう風に人と関わっているのかと衝撃を受けた。私は常に1人だったのだ。

そういうことがあって心に余裕ができてからは、腹がたつことが増えた。今までは自分がどれだけ気を遣っていようが、相手の振る舞いになんとも思わなかった。しかし急に自分けがつらい思いをしているように感じられ、これまで私を受け入れてくれた相手にも感情的に厳しくものを言ってしまうことが増えた。その度に家に帰って反省し、嫌われたかもしれないと怯えていた。

私の精神はまるで中学生のようだと自嘲しながら、聖書に助けを求めた。こう書いてあった。

あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。

互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたも同じようにしなさい。

これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。」

なるほどアガペーの対価として善き人間となるのかと思い、2000年前のベストセラーに感心した。残念なことにアガペーを実感できない私は解釈を変えて、周りの人が私を赦してくれたように私は周りを赦そうということにした。こう考えてからは人を傷つけることは減ったと思っている。

そういえば最近になって、気になる人ができた。とても気の利く優しい人で、初恋の人はこういう人だったと思い出した。

ここまでの長い文章を書くのも久しぶりである。私が自分文章を認めるために記した。

このGWに出かけたとき、友人の車内でビートルズの"All you need is love"が流れていた。

「愛こそすべて」いい響きだ。これならこの文章タイトルとして相応しいだろう。

私は自分を、他者を、愛することができるだろうか。まだわからないけれどこれまでよりは前を向いて生きていこう。そう思った連休明けだった。

anond:20220507102949

今は「賢い子だけがやってる領域が、なくなりつつ」あるんだわ。

将来、賢い子だけがやってる領域は、医学だけになる可能性がある。

フェミニストは賢くない。

普通の子

も一つ書くけど、

普通の専門領域って、専門的に深めている人の話は、常人では及ばない程の理論的深みがあるんだよ。

別に本人が天才である必要はなくて、その専門分野が積み重ねてきた議論整理整頓して話すだけで、「ここまで深めるのはなかなか出来ないな」となるのが普通

フェミニズムにはそれが無いんだよな。

在野で暴れてるツイフェミレベルがアホなのは仕方ないとして、テニュア持ってる教授准教授レベルでもそう。

スレッド元の小宮vsCDBの議論でも、テニュア持ってる人間ががあんなに単純なレベル問題に答えられない、って他の分野では考えられないくらい情けない話。

フェミニズムはそこまで底の浅い分野なのか?という問いに向き合わざるを得ない時期に来ているんだよな。

anond:20220507102949

今は「賢い子だけがやってる領域が、なくなりつつ」あるんだわ。

将来、賢い子だけがやってる領域は、医学だけになる可能性がある。

フェミニストは賢くない。

普通の子

なるほどね。

私は、学問やる人が天才である必要はそこまで無いと思っている。

日本では博士号持っている人が少ないって言うじゃん?

天才けが学問をする、という日本人の感覚がそういう状況を作ったと思うんよ。

でも、実態として、博士号クラス専門家の量が中韓はもちろん、世界的に取り残され始めているのが日本学問をやっている(過去の膨大な研究成果を使いこなせる)高度専門家を集める必要があるのは確か。日本場合文系にしても経営とかそういった領域が極端に弱く、他国に比べて大きく遅れをとっている。これは改善必要

まー、フェミニズムなんか大学でやる必要はもう無いと思うけどね。

2022-05-06

anond:20220506155110

 いくら着飾ろうと、江戸中の男たちに愛されようと、しょせん遊女商売道具しかなかった(「遊女」を「芸能人」に置き換えれば現代に通じるか)。

 休みほとんどなく、食事も粗末なものが出るだけだ。いいものを食べたければ、懸命に働いて客からお捻りをもらい、そのお金で自前の食べ物を買っ

たり、見世にあげた客に台の物をとらせご相伴にあずかるしかないのである

 さらに、着飾る着物、帯、化粧品に至るまで、すべて自分で買い整えねばならない。そのために、見世から借金しなければならなかったから、借金は増

える一方である

 大名大商人が贔屓にしてくれる遊女はほんの一握りで、ほとんどの遊女が手練手管を労して客からお金を吸い上げることに精を出した。

 『傾城の恋は誠の恋ならず 金もってこいが本のこいなり』

 遊女の務めは「苦海十年(苦界とも書く)」と呼ばれ、十八歳から二十七歳くらいまでが吉原遊女として商売できる期間である。この期間に、身を売っ

た代金、つまり身代金を働いて返さねばならない。これに加えて、前述のように借金が加算されていく仕組みになっており、馬車馬のごとく働かされる。

 遊郭の掟や慣例も遊女たちを苦しめた。その掟の見張り役が、遊女上がりの遣手たちである

 遊郭の一ばんの掟は、見世若い衆と遊女が男女の仲になってはいけないというものだ。見世側とすれば、商品に手をつけられてはその商品が働か

なくなる。つまり若い衆といい仲になると、その遊女が客を取りたがらなくなるのである

 この関係が深くなってしまうと、やがて手に手を取り合って遊郭から逃げ出すということも起こる。いわゆる駆け落ちだが、見世側としては、黙って見逃

すわけにはいかない。吉原の地回りなど大勢を使って二人を見つけ出すのである。見つけ出された男はほとんどの場合殺されてしまった。遊女吉原

へ連れ戻され、凄惨折檻を受けることになる。殺してしまえば商品としての価値がなくなってしまうが、それでも他の遊女たちへの見せしめ意味もあ

り、命を絶たれてしま遊女もいた。

 遊女が苦海から抜け出る方法は三つしかなかった。一つは年季奉公を勤め上げた、いわゆる「年明き」で遊女から足を洗う場合二つ目は、金のある

客に見初められて「身請け」される場合。そして三つ目が死んだ場合

 吉原の年明きは二十八歳なので、この年になった遊女見世から暇を出される。中には遣手として見世に残る遊女もいたが、多くは吉原の外を望ん

だ。吉原を出た遊女は、年明きになったら一緒になろうと約束していた男と所帯を持ったり、そのまま吉原以外の色里・岡場所に行く女もいた。

 客に身請けされるのが遊女幸せといわれるが、なかなかそんな客は現れない。特に太夫クラス上級遊女になれば、身請け金は膨大な額だったの

である。もともとの身代金に加え、これから働いて稼ぐであろう金額、これまでの借金見世や周囲の人間に出す祝い金など、合計すると何百両にもな

る。このような大金をぽんと出すのは、大名大商人以外は不可能である

 中級あたりの遊女でも、やはり百両前後はかかったという。ランクが下がれば身請け金も下がるが、宵越しの金は持たねぇと突っ張る江戸っ子には数

十両のまとまった金は調達不能だろう。それでも、中にはコツコツお金を貯めて、身請けした町人もいたようである

 死ぬほど辛い苦海・吉原では、実際に死んだ遊女の数は知れない。粗末な食事で馬車馬のように働かせ、体力は消耗する一方だが、さら病気が追

い打ちをかけた。遊女たちが一ばん恐れた病気梅毒であった。

 梅毒はもともと西インド諸島風土病で、コロンブス西インド諸島に到達し、スペイン帰国した際、その船員たちがヨーロッパに運んだといわれてい

る。シャルル八世のナポリ攻撃以来ヨーロッパから世界に広がり、日本にも十六世紀の半ば南蛮船の来航によって上陸した。ちなみに日本の文献には

それよりも前、1512年に「梅毒」という言葉が登場している。

 当時梅毒は、「かさ」などと呼ばれていた。感染すると感染部におできのようなかたまりができ、これがかさぶたのようになるからである。この「かさ」が

潰れると、痛みを伴うがしばらくすると治ってしまう。実際は一次症状が収まって潜伏しているだけであるが、当時の医学知識ではこれで治ったと思って

いた(治ってしま場合もあったが)。

 一度「かさ」にかかって治った(と思っている)遊女は、二度と梅毒にかからないとされ、客の方でも病気のない遊女として認知された。見世からも一人

前の遊女として扱われ、遣手は客にどんどん勧めた。おまけに病気が潜伏している影響か、妊娠しにくい身体になっているから、見世としては大変重宝

した。こうして、梅毒はどんどん広がっていったのである。客の方でも、梅毒にかかることは一種ステータスで、遊びを極めているという目で見られた。

 何年か後、再び症状が現れると、今度は皮膚にゴム状の腫れ物が出て、その部分の肉が落ちる。鼻が落ちるといわれる梅毒の症状はこの時期だ。

やがて神経系が冒され、死に至る。

 こういう症状が出ると遊女としての価値はなくなり、吉原を追い出されたり、生きたまま投げ込み寺へ捨てられたという。悲惨な結末が遊女を待ってい

たのである。 

 梅毒とともに遊女を悩ませたのが妊娠だった。妊娠遊女の恥とされ、さまざまな避妊法を用いたが、当時の知識では妊娠は避けられない出来事

った。

 当然見世側とすれば中絶させたが、この手術も原始的もの危険まりないものだった。中条流というのが堕胎専門医師の看板で、中絶に失敗し

て命を落とす遊女も多かったという。

 堕胎できずに子供を産んでしまった場合もあった。この場合は、見世の子供として育てられ、女の子なら遊女の道へ、男の子なら見世若い衆として

将来は決められた。まさに、吉原まれ吉原育ちの遊女もいたわけである

2022-05-05

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/articles/4f6469386957c448c73074473a591eadfbe24a4b

Falky 縊死に「首を吊って死ぬこと」以外の意味はありませんよ。医学用語としても、一般的意味としてもです。紙の辞書でもWeblioでもなんでもいいからまともな辞書引けばわかりますよ。

id:n-stylesさん がスターを付けました。

2022-05-04

anond:20220504164804

逆に高齢過ぎても無理に出産すると母子ともに危険な状況になるらしい。

結婚出産と考えると、法律結婚可能年齢を18歳以上49歳以下に定めるのが医学的にも理に適っていると思う。

anond:20220504183823

君が医学的知見を無視するのは、

・都合が悪いか

・読んでも理解出来なかったか

相手胎児健康なんてどうでも良いか

のどれ?

  

以下引用

  

身体面のリスクとしては、女性の体や心がお母さんになる準備が出来ていないことがあり、流産・早産になったり、子宮内で赤ちゃんの成長が遅くなり、育ちにくい可能性が高くなることがあります

anond:20220504174713

医学的にもって25歳と17歳並べたらそら別人であればどちらが生殖に適してるかなんて人それぞれで、

判断力なんて基準も人によって違うけど(そら利口な17歳より馬鹿20歳の方がよっぽど判断力ないでしょ)そんなもの法律運用個別対応なんて現実的じゃないか

便宜的に18歳って一律のライン引いてるだけじゃん

例えば20歳が肉体的に成熟した17歳愛情を感じるのは(男女どちらでも)倫理おかしい、じゃなくてたまたま現代法律運用的にはNGですよ、ってだけの話

それを普遍的正義と感じてるのならそれこそ元増田の言うようにそのとき流行っている宗教的価値観を植え付けられてるだけでしょ

anond:20220504163850

何故社会構造医学的知見を『風潮』と呼ぶのか理解出来ない。

問題矮小化するために足りない語彙から引っ張ってきたのか?

医学的にも未発達な体に負荷をかけ修学就職の機会を奪ってまでセックスしようとするのは決して愛情ではない。ただのおぞましい自己愛だ。倫理観が欠如している。

anond:20220504093818

まだ社会に出てもいない、学業も半ばの17歳女子との「合意の上でのセックス」が倫理的に正しいと思ってるような人間がこの世に存在しているのが嘆かわしい。

  

お前自分母親にそれ言ってみ?製造者責任果たして次官してくれるかもしれないし。

  

生殖に適した年齢(医学的な最適は24〜25)に達していない、学業等で生きる力を身につけるべき時期の子供に手を付けるのに「愛情」なんて一切無いだろ。あるのは自己愛だけ。

ああ、おぞましい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん