「親和性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 親和性とは

2019-03-13

anond:20190313075538

よくわからんけどコミケとか薄い本、って要するに創作者の界隈というかグループなわけで

オタクそっち系親和性が高いとされるのはある程度仕方ないのでは

原作者だって発表形態が違うだけで創作者の一員なわけで。商業とは違った同人立ち位置ガーとか一般人には理解されないよ。

2019-03-05

自衛隊ポスターにキレるヲタク痰壷

最近に限った話ではないが、ヲタ表現の自由を何よりも重んじる。それは別にいい。自分先祖代々のヲタだし、表現の自由は守られるべきであると考えるうちの一人だ。ただ、同時にヲタの嫌ういわゆる「フェミニスト」でもあると自認している。

ここ最近話題特に苛立っているのが自衛隊ポスターの件で、有名人がこぞって表現の自由武器にそれを侵害する人間をぶん殴っているのを見かける。その事について吐き捨てるためにわざわざアカウントを作った次第である

要は、萌え絵(このイラスト萌え絵概念で良いのかはフェミニストヲタクの間で分かれると思うが、通称萌え絵」というていで話を進める)で描かれた自衛隊募集ポスターに苦情が殺到している図である

萌え絵自衛隊ポスターに使うことには全く異論はない。萌え絵を好む人間=軟弱モヤシボーイとは思ってない。というか、身近なヲタクの中に居合師範がいたりするので、そういう層へ向けてのポスターだと思う。

また、好みの問題だが美少女美少年ミリタリー親和性はよく知っているし、自分ヲタクに目覚めたきっかけの一つがHTFのフリッピー(検索する時には注意して欲しい)だったので、いいぞもっとやれとさえ思っている。

ついでに言うと自衛隊ヲタクが居ないとも思ってないし、アプローチ方法は違えど、ゴジラウルトラマン撮影協力しているような国なので、ヲタクがターゲットになった事に言及するのは今更すぎると思う。

もちろん批判の声の中にはヲタク=軟弱モヤシボーイの前提で話してる人がいる事も知っている。あとは単純に萌え絵アレルギー罹患者もいる。知っている。そいつらを叩くのはとりあえず今はどうでもいい。

(ただし萌え絵を嫌う権利も同じく守られるべきと考えているので、共倒れしないかなと眺めている)

ただ、どうしても納得出来ない点がある。今回は「パンチラノーパンと思しき女の子萌え絵」について叩かれているという認識をしているヲタクが少なすぎる。擁護している大半のヲタクは「女の子萌え絵」と言ってばかりで、「パンチラノーパンと思しき」の部分がすっぽり抜けているように見えて仕方ないのだ。

もちろん、二次元三次元区別は付けるべきだし、二次元未成年権利侵害される事が三次元未成年権利侵害に繋がるかは誰にもわからない。

ぶっちゃけフィクションでの女性の扱い方がリアル女性被害へ繋がる可能性も充〜分考えられるけど、どうせ聞く耳持たないだろうから書かない。

ただ、さすがに国の作ったポスターパンチラノーパンなのはさすがにキレてもいいだろうと。どうしてもやりきれない気持ちがある。国が、パンチラノーパンを、全くセクハラだと認識していないのだから国民は怒る権利があるだろう。

ちょっと調べた程度の知識だが、資料協力の返礼としてイラストを描く場合もあるので、わざわざパンチラノーパン発注した訳ではないと信じたい。が、パンチラノーパンが来た時にそれをそのまま使った事には憤りしかない。誰か止めろよ。

パンツじゃないから恥ずかしくないもん」が自衛隊公式声明らしいけれど、布面積的にもパンツだし、仮に水着ブルマでも上に服を着ている以上、下にスカートなりズボンなりを穿いてないなら現代社会においては性的アプローチと取られても仕方ないし、百歩譲ってズボンだとしても右側はそのズボンとやらもほとんど見えない。

そもそもアニメ自体が「ストパン」と略される事もあるほどパンツアニメだし、「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」っていう言葉は「パンツなのに恥ずかしくないの?」という疑問がなければ成り立つ言葉でもないし、画像検索して同作品画像を見る限り「どう見てもパンツ」なキャラもいるし、何よりリアルタイムで放映された時ヲタク達自身がギョッとしただろうと思うのだが。

そんな物議を醸した作画アニメなのに

パンツに見える方がおかしい。これはどう見てもズボン(キリッ」

パンツに目が行くのは常々そういうの探してるからでしょ(キリッ」

(キャッチコピーパンツに隣接してるのだから目が行くに決まってるだろ。アホか。)

「この世界ではこの格好はいやらしくない(キリッ」

少女達は義勇の兵士であり性的な目で見るのは侮辱である(キリッ」

ワカメちゃんパンモロなんだから(キリッ」

(じゃあオメーのズリネタ明日から全裸バーママでいいよな?)

ば〜〜〜〜っかじゃねえの!?しか思わない。正直ちょっと頭がおかしい。そりゃあこんな内輪向けお下品設定を前提に反論してきたら気持ち悪くてびっくりするわ。

批判する奴は自衛隊に入らないんだから文句を言う権利はない(キリッ」

あるわ!税金納めている日本国民税金運営されている自衛隊奇行に言い及ぶ権利が無いわけないだろ!

それに、どこかのニュースでは女子高生が「気にならない」と言っていたらしいし、それも一つの意見ではあると思う。だけど、それを盾に「パンチラ気になるのは糞フェミババアだけ〜!」とドヤ顔するのは本当にどうなんだ。

インタビューを受けていない女子高生の中にはパンチラノーパン不愉快にいる人間いるかもしれないし、フェミニストじゃなくてもパンチラノーパンを国が見せ付けることそのものに怒りを覚える人間もいるだろう。

この構図は、女性専用車に対してのインタビューで、顔の整った人だけが女性専用車にこだわりがないというあの画像提示し「女性専用車に乗るのはブスとババアだけ〜!」と嗤う図と似ていて心底気持ちが悪い。

どちらも、恐怖や嫌悪感を抱く側を被害妄想と断じ、且つその被害者に向けて「お前の意見はは糞フェミ|ブス|ババア被害妄想」と言うムーブだとなぜ気付かないのだろう。まあともかく。

自分はこのポスターについて全力で否定的意見を書かせてもらうが、これは「二次元世界パンツ描写を止めろ」という事は一言も書いていない。

突飛な設定だと思うし、正直好みではないので観る予定も今の所はないけれど、世界には古来から蛸と女だのドラゴンカーセックスだのに溢れているし、セックスシーンに限らず、セーラー服スカートを頭の上まで捲り上げて巾着状にして戦う漫画なんかもあるのでそれは構わない。

何なら、自分だって容姿幼女型のバイオ生物を「幼女相手に引き金は引き辛いだろう」という理由前線に立たせる漫画を描いている。創作世界はそれでいいと思う。

ただ、国が、場を弁えず、現代社会において破廉恥な格好の少女を、現代社会で前面に出すのは如何なものかと思う。それを指摘されて「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」と言うのも気が狂っている。

仮にコミケ会場でこれを掲示するなら問題はなかったかもしれない。ヲタクの中では比較的有名なセリフだし(あくまでも体感的に、だが)その悪ノリが許される空間だと思う。ただ、一般大衆の中にはセクハラだと感じる人間もいることが容易に想像出来る表現であることを、ヲタクだからこそ認識しなければならない。

表現の自由からだいぶ外れてしまった気がする。表現の自由最初に述べた通り、守るべきものだと考えている。ただ、表現の自由行使して人を傷付けることを肯定してはいけないし、私達ヲタクはパンチラノーパンは明らかに人が傷付く表現である自覚をしなければならない。本当に。

反対派の意見お気持ちヤクザの暴論ではないと認識が出来ないのなら、ヲタクは犯罪者集団と言われても仕方ないと思う。女性下着を見せる図画を掲示するのは、れっきとしたセクハラだと認識出来ないのだから

追伸

バーママ性的ではない例として出したが、自分はフラウィ(擬人化でない)を性的に見ている人間なので、バーママ性的に見える人はいると思う。ごめんね。

2019-03-02

伊勢顔採用が物議かもしてるようだけど

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.isehangroup.jp/kissmeproject/kaosaiyo2020/ これ。

はてブの人たちに伊勢半って会社立ち位置とか、どういう人たちを採用しようとしてるかが伝わってなさすぎるので、なんか書きたくなった。

一般的顔採用をやってるわけじゃないのは、少なくとも化粧品業界志望でこの会社に応募しようって学生であれば直感的に伝わるからブクマカ心配するようなことではないんだけど、見かけた意見について私見で答えるとこんな感じ。

っていってもどうせ美人を取るんでしょう?

この会社がその枠で美人を先に囲い込む意味はないときっぱりいえる、明らかにもっと取りたい層がある。

デパートの1Fの美人さんたちをイメージして、ああいう人の採用だと勘違いしてる人もいるかもしれないけど、伊勢半はそういう会社じゃない。

そもそも世間にそういう売られ方をしていない化粧品もあるというのがあまり伝わってないかもしれない。

無理にメイクさせるのは人権侵害では

ノーメイクでもいいっていってるね。まあ、ノーメイクだとしたらそこにどうコンセプチュアルな意味を持たせるかが問われるんだろうしそっちのほうが大変そうだけど

メイクアップアーティストメイク頼めばいいじゃん

ここで求められてる方向性は、そこらで頼めるメイクアップアーティストにはむしろ難しいよ

で、以下は女特有の長文なので。興味ある人以外は飛ばしていいよ。

そもそも伊勢半という会社、化粧員に詳しい人じゃないとピンとこないと思う。伊勢丹と勘違いしてる人絶対いそう。創業は1825年。江戸時代から紅を売ってた会社なので非常に歴史は古い。ちなみに、資生堂明治時代歯磨きやさんからスタートなので、資生堂より古い。でも、決して格式が高い製品を作ってるわけではないところがポイント

今、日本化粧品って大きく分けてデパート化粧品屋さんで接客を受けて買ういわゆる「デパコス」と、ドラッグストアスーパーマーケットそれからロフトみたいなバラエティショップで売られている安い「プチプラ化粧品にわかれる。伊勢半は戦後まもなくからキスミー」ってブランドを展開していて、これは「プチプラ」の代表格。今も「フェルム」ってブランドスーパーマーケットドラッグストアに並んでる。テレビCM最近やってるのかな?賀来千香子イメージモデルターゲット年代も中高年向け。その他にも若年層向けに「KISS」とか「ヒロインメイク」とかいくつか別名のプチプラコスメのブランドドラッグストアバラエティショップ向けに作っている。全体的に1000-2000円ぐらいの価格帯で、デパートで売られてる化粧品のだいたい1/3ぐらいの価格設定になる。

昭和のころは安い化粧品には粗悪なものも多く、多くの女性にとっては街の化粧品屋さんやデパートで頑張って高級な化粧品を買うのがたしなみで、安い化粧品を買うのはお小遣いの少ない中高生か、かなりふり構わないおばさんと相場が決まっていた。ところが平成に入り、全成分表示義務付けられて化粧品の実際の中身が目に見えるようになり、各社、安全性を重視するようになった。いくら安くともリスクがあると言われる成分を配合すると売れない時代になり、安全性底上げされたと思う。さら2000年代になってインターネットが普及しだすと、2ch@cosme一般女性コス情報を交換するようになり、安くて良いものはすばやく流行るようになった。

ギャルブーム中高生が堂々とメイクするようになったのもその流れに拍車をかけたと思う。20世紀中高生すっぴん高校卒業ときに親と一緒に化粧品屋にいって講習を受けながら一通りの化粧品を揃えるものだったけど、今の中高生は近所のドラッグストアお小遣い化粧品を買って自己流のメイクからはじめる。結果的にすっかりプチプラコスメが市民権を得た。

そして2010年代からは、コスブロガーSNSコスメ垢、美容ユーチューバーが台頭してきた。インスタのストーリーなど短い動画を気軽に投稿できるサービスの普及もあり、今はもう顔出しパーツ出しでコスメやメイク術を紹介するのが普通になってる。その界隈にいないと信じられないかもしれないけどそうなってる。だからメイク動画で応募させることをひどい人権侵害のようにコメントされてるけど、別にそれは大した事ではない。それこそGithubアカウント公開するようなものだ。

そして、今、プチプラコスメを売るには、そういうコス好きな人たちに使ってもらう必要がある。

デパコスは、雑誌企業のやってるメディアで、モデル女優を起用してキレイビジュアルで紹介するのがセオリー。でも、プチプラコスメは等身大クチコミ生命線で、インフルエンサーに使ってもらい評価されることが売上に直結する。だけど、視聴者ステマにも敏感だから、あからさまに宣伝してもらうのもなかなかうまくいかない。化粧品がいいかいかって動画で見ればバレちゃうしね。なので、純粋商品力がないと生き残れないという状況になってる。その商品を使って、あきらかにビフォーアフターが違う!ってなると、そりゃもう売れる。

ここで非常に乱暴にいうけど、美人をより美しく見せる方向でPRし、それに憧れる人が買うのがデパコスだとすると、動画インパクトのある詐欺メイクを見て、自分も試してみようと買うのがプチプラだったりする。そして、伊勢半の出してるコスメはわりと性能が尖ってて、そういう文脈ネットから爆発的にヒットした商品が多い。でも、あくまで性能という部分で評価されていて、色がかわいいとかセンスが良いとかいイメージはあまりなく、そういう部分では他のブランド(井田両国堂の出してる「キャンメイク」とか)にリードされてしまっていると思う。

そういう熾烈な競争になってる中、美容インフルエンサー文化親和性高いセンスのある人を取りたいってのは意図としてすごくわかるし、すごく真っ当な話だと思う。でも、普通就活現場普段メイクはできないだろうし、自分のインスタ垢を晒すのも勇気いるだろうし。なら、あらかじめ一次審査動画応募してもらえばそこで尖った子を囲い込める。よく考えたよね。

しかし、ほんとみんな化粧品とかメイクに関する知識昭和時代からアップデートできてないよね。

高度成長期に粗悪なものが出回った時代イメージのまま化粧は危険って言ってるし、フェミおばさんも「メイク押し付け女性差別」とか言ってる。ぶっちゃけ古い。

まあ、必然性もないのにマナーとしてメイク強制させるのは古いけど。今は、メイクとか化粧品のもの趣味として大好きな人たちというのがほんとうにたくさんいるし、そういう人たちにとってメイク=ブス隠しとかモテるための偽装ではなくなりつつある。趣味であり娯楽であり自己表現ツールになってきてる。

昔はメイクで別人になってる人間は素顔をひたかくしにするのが普通だったと思う。でも、今のメイク動画の多くは、メイクと素顔のギャップを楽しんでる。美人すっぴん晒しすっぴんかわいい!」とフォロワーに持ち上げられ、ブスもすっぴん晒しメイクテクすげー!」とファンを増やしている。美人もブスも自分の素顔をどれだけ可愛くできるかというところが見られていて、周囲の人も両方その人の顔って認識で接している。「化粧は個性」ってのが絵に描いた餅ではなく、本当にそうなってきてると思う。

2019-02-27

ダブルという概念への疑問とプリキュア

ハーフという呼び名ネガティブからダブルにしよう、という働きがある

私はむしろダブルこそ言葉として、その成り立ちからネガティブさとは切り離せないものなのではないのか、という疑問を持つ

そしてそのネガティブさは多くの人間に対して向けられているものではないか、とも

少なくとも現状、違うルーツの両親を持つ呼称としてのハーフ言語的な概念は、当人を100とした、単純に両親の異なるルーツでもって50/50とする、またそれを前提としての略語、もしくは任意において一方のルーツベースとし残り半分の割合を指すものメディアで目にするものも含め一般的ものであるように思う

同じくクォーターも4分の3は言及せず、またベースとして略すもので、それはシンプル客観的で図式的な概念であり、本来単語としては感情的なあれこれの入る隙は無い

だがハーフネガティブなのだ、という

ダブルへ繋げる論拠として

単語として「半分」という意味である

そこから人として半人前だ、という含意の存在

あるいは血統主義から一方の国、この場合日本人が半分「しか」入っていないという差別意識を表す

またそこから上記の「半分」の意へ発展させたもの

というのがざっと目に入った大方の意見だった

正直に言うとかなりバイアスのかかった発想だな、と思う

先にクォーターハーフに並べたのはそれが言語として連なると解釈するからで、実際の用法としても多くでそう捉えられているからだ

ハーフは「半分」クォーターは「4分の1」

彼ら、彼女らの言うネガティブである単語からマイナスイメージで言うならクォーターハーフより印象は悪い

ハーフが半人前ならクォーター人間が四分の一しか出来ていない、となる

ハーフという言葉の指すところが日本人の血の割合である、という主張も日本において多くの場合単語が表す先が他国名となるクォーターでは通らない

繰り返すが言語的な用法としてハーフクォーター現実として連なっている

ハーフの「半分」という意味へ待ったをかけるのならクォーターもそうでなければ筋が通らない

クォーターに通じない論理ハーフ解釈する事は、ハーフでだけでなら可能だとしても論拠として不足が過ぎるように思える

クォータークアドラプルとでも言うのだろうか

だがダブル法則へ従って4倍という意味を調べたはいいが、それだと元々の4分の1のルーツを表すという意味合いとは違ってきてしまい、現在使われている割合意味での用法ではなくなってしま

アメリカクアドラプル(4倍)」では意味が通らない

それがルーツの数を表すのなら日本3アメリカ1のクォーター日本アメリカダブル、という事になってクォーターにあたる表現に穴があいしま

日本トリプルアメリカシングルとすべきなのだろうか

単純にハーフ上位互換として更にポジティブさを、というのならクォーターとの併用も違和感はない

だがなぜかそうではないのだ

単語の持つ意味や印象がマイナスイメージを想起させる、と主張するならハーフ否定してクォーターを許容するのでは整合性がとれない

そもそもこのハーフに対する話は日本和製英語として、その言外にいわゆるガラパゴス言語観への若干の批判めいた意も滲ませられ取り上げられている事も多く、それなら、と欧米一般的にはどう表現されるのかと興味がてらにさっくりと調べると何の事はなくhalfという単語も使われていた

ただ日本のように単語自体ルーツへの意味を含ませるのでなく、そのまま単語として国名民族名と並べてアメリカ半分と日本半分、のように使われるらしい

またpartも同じように使われるようで、こちらが日本で使われていたら分割という意味ネガティブさが見出されていたのかな、とも少し思った

ダブルはといえばこちらも結局は和製英語であり、更にhalfやpartより一般的でないようで、使うにしてもやはり単語単体では意味が通じにくい、という事だった

そういえば以前テレビ番組ハーフネガティブからダブルを広めたい、と言った女の子に同じくハーフアメリカ出身女の子アメリカでも普通に使う、言葉自体ネガティブな要素はない、日本でもそうだと思うという風に言っていて、その認識の違いを興味深く思っていたのを思い出した

ダブルハーフ海外で通じる通じない、という日本ガラパゴス意識という意味では変わらず、むしろダブルの方が単語の用例としては一般的ではない様だった

それでもダブルを通じさせるためには略さず言う必要がある

さないのであれば、また略さないそれがそのままダブル意味なのだとするのならガラパゴス、という部分でハーフ否定的になる理由はない

ならなぜダブルなのか

調べている中で表現としてmixというものがあり、ハーフクォーター、またそれ以外をも内包出来る親和性の面でもいいな、と思えたし、実際日本ミックス表現として使っている人も既に少なからずいるようだった

特に多民族国家ではhalfやpartやquarterでは表しきれない事もあり、mixが段々と単語として市民権を得ている、という印象を持った

そこからの輸入でのミックスという表現なのだと思う

言葉としてハーフクォーターと平行して組み合わせる事も可能汎用性も高く、会話や文脈によってはmixという単語自体ルーツの意を含ませる事自体も、ハーフダブル比較すれば難しくはないらしい

言語的にも、日本ガラパゴス言語感覚への問題提起としてもミックスを使おう、というならすんなりと腑に落ちる

違う言語から見て、初めて聞くハーフというそ言葉ネガティブさを含むように見えるかもしれない、と思う

そしてそれこそが嫌なのだ、という人もいるだろう

言葉における現状を知りようがない状態での誤解に罪はない

そして誤解とはいえネガティブな枠で自身定義される、それ自体への拒否感も理解できる

だがその場合ハーフという言葉言語として、用法としてのネガティブさは認められない

問題日本独自略語和製英語が生む対外的な混乱による認識差異、ただ1点だ

だがダブルという新たな和製英語を使おう、と言う

そしてハーフ言葉としてネガティブから、と言う

ミックスではなくダブルなのだ

単語として、ハーフ基準にそこに優るものとする発想から用意された事は明白で、それは先述した言葉としての有用性や論理を置いてけぼりにハーフという言葉への相対的な優位性のみを後ろ盾としており、当然その説得性にはハーフがどれだけダブルに劣るかの提示が不可欠であって、そのやり方としてハーフネガティブ論が持ち上がっているのではないか、と考える

実際ダブルを広めたい、とする場ではほぼ必ずセットとしてハーフマイナス面が語られ、ダブルポジティブさにしてもやはりそのネガティブさに対しての相対的ものに留まりハーフ差別的であるネガティブであるという言ってしまえば既成事実作りとそれを踏み台にしての消去法的優位性でもってでのみ語られる姿はどこか悪く言えばプロパガンダ的だ

ハーフマイナス面をいくら語ったところでそれはダブルの優位性の証明にはならないのだが、単語としての関連性を匂わせ、選択肢として提示する事でそう見せる、というやり方なのだと思う

そもそもダブルが持つとする言葉ポジティブさの論理は、一歩間違えば純血主義に対し方向は真逆でもベクトルは変わらない、同じ類の比較対象ありきの優生的優位性とも取れる危うさもあり、ともすれば強くハーフマイナス面を示す事でのあくま相対的であるとする主張はその指摘を避けるためのものでは、とも思ったが、そこまで考えていないようにも思う

賛同している多くもハーフネガティブさ、という主張をも含め「素敵な考え方!私達は理解してるし悪い慣習は変えて行こうよ!」というような諸手をあげてのもので、単純に深く考える前に助力になれば、という意が先に出ているようでもある

それにしてもダブル肯定するという事は当然過去遡って差別的ネガティブな要素を持つ言葉として使っていたという事を自分も含めて認め、もしくは受け入れる事であり、違うのだとすればそれは一方的に要はレイシズムからなる加害者だとされる事であるのにそこに違和感はないのか、と首を傾げてしま

多くの賛同者はただただダブルポジティブ!とやっているのだ

そのポジティブさはハーフという言葉相対的犠牲理不尽に強いた上でのものなのに、なぜそんな肯定的に思えるのだろう、と

かに現実としてハーフという言葉ナショナリズムから悪い意味をのせる人間はいるだろう

しかしそれは今の通例としての言葉概念上では明らかに例外であり、そのような人間が発する言葉に含まれレイシズムにその他大勢人間性を巻き込むのはナンセンスであるし、むしろ仮にダブルが使われるようになったとしてどうにかなるのか、というような現実用法とはかけ離れるレイシスト意図をその文化圏象徴のように語るのはそれ自体差別的であるように思える

その上でネガティブな印象に受け取るのは個人選択であり、本来意図される言葉の使われ方やそれを口にした人間人間性など意に介さずお構いなしにやるそれはあまりにも、という印象が拭えない

自身自尊心のために半ば言いがかりのようにして他の多くの人間性を否定する

ハーフネガティブから、というのは結局はそういう事なのだ

それら全部分かっていてもハーフという言葉ネガティブに取ってしまい、それがダブルという言葉自己肯定に繋がるのなら、とも思いはする

だが、それはあくま自己完結としてあるべきで、言葉やそれを使う人間をも巻き込むのは傲慢が過ぎるのではないか、と思う

「ただ自分に誇りを持ちたいだけ」「ポジティブにありたい、それが悪い事なの?」というような声も目にしたが、ネガティブさを押し付けなければ得られない、相対的しかない誇りやポジティブさとは一体何なのかとやはり首を捻る

そんなものでも彼ら、彼女らは良いのかもしれないが、そのためにレイシズムを含む言葉を使って来たと匂わされるこちらはたまったものではないし看過できるものでもない

その人間意図や場面を限らず、元の言葉から定義をし直そうとするその行為は紛れも無くこの私も含め、多くの人間への自己肯定理由にした小さな悪意であり、自尊心アイデンティティと向き合うためにそうする姿は健全とは言い難く、やはり違和感は拭えない

そして何よりやはり言葉としてあまり出来がよくないと思う

その人が言葉に持たせた意図やその言葉意味でなく、ネガティブだと捉えた自身根拠ポジティブになるためにその相手非難めく

近くにいたら少し距離をとるな、と思うし、それを「応援」する人間も怖いな、と感じるんだろうとも思う

少し前、流れていたツイートで、ハーフなんだね、と言う女の子に、それも少し前話題になっていたプリキュア男の子が半分じゃないよダブル、のように言っている画像を見た

そこには(曖昧だが)ポジティブな考え方はマネしていきたい、というような文章が添えられていた

画像男の子大和撫子パリジャンのダブルから、という言い方をしていた

しかしたら設定として、その男の子日本に来て間もなく、誤解の下にハーフという響きにネガティブさを感じたのかもしれない

そんな可能性を示す、そこには何の異議もない

実際そのダブル和製英語としてのルーツを示す略語でなく、単純に本来そのままの意味として使われているように見えた

現実的に考えてみてもそんな状況ならハーフという言葉に疑問を持ったとして、和製英語であるダブルを使う事は無いだろう

だが、これはアニメ

この場面の意図に、ハーフに代わる略語としてのダブル、という言葉存在が前提にあるのは明らかで、また画像に添えられたツイートもそのように捉えていたように思う

女の子が口にしたハーフルーツ意味を含む略語という側面でなく、単語それ自体で受け取らせ、ネガティブだと否定させ、その上で同じく単語用法そのままの意味ダブルという言葉を並べ、語らせ、そしてその比較ハーフダブルの印象へと繋げる

これはそのままダブル賛同者の論理のように見える

先述した通り、略さないのであればハーフという単語を用いるネガティブさ、という方向性での疑問は海外の用例からしても杞憂しかない

そしてまた、略さないのならダブルを用いて自身ルーツを表す事自体には大して問題もなく、それは確かにハーフ使用する場合より単純な印象としてどこかしら肯定的な雰囲気も持ってはいるようにも思える

だが、そこで略語としてのハーフ否定し、成り代わるよう安易にそこに収めようとやるから辻褄が合わなくなるのだ

もしこの男の子ハーフルーツを表す略語であり、一般的に使われる表現である理解しているならどうだろう

その場合、その子ハーフと口にした女の子差別的な要素をも含むネガティブ言葉無自覚にでも使った人間である意識の低さを指摘し、また同時に相手意図より自分が思う言葉意味を優先して否定から入るような、そんな子だ、という事になる

そしてそれは当然、その女の子だけでなく見ている子供たちへ向けられるものでもあるはずだ

言葉としての意義に悪者であるハーフ否定する事が含まれているのだからそうなるのは当然だ

これはあくまで仮の話ではある

だが同時に現実としてポジティブさ、という言葉の下で同じ事が無自覚に行われているのも事実

そしてそれは何の悪意も意図もなく、むしろ場合によっては羨望の意味さえ含ませハーフという言葉を使う、その女の子と同じ年齢の子たちに本来そんな必要のない罪悪感を負わせる事でもあるのだ

それは啓発なんてものじゃなく単なる大人の我だ

本当にとても理不尽言葉だと思う

今後、私はハーフという言葉を使い、クォーターも使い、ミックスという言葉も使い、また、もしかしたらプリキュア男の子が言っていたような国と国でダブル、というような、より肯定的な意を込めたとする表現本来ダブルという単語用法ひとつとして使う時が来るかもしれない

だが、ハーフという言葉自体とそれを口にする人間性の否定、というネガティブさを纏ったダブルという言葉を使う事はないだろう、と思う

そこにあるネガティブさを肯定する事は私にはできない

2019-02-26

anond:20190224223847

なんか、ネットには溢れすぎてて亦かと思うかもしれんけど、そのAという友人は典型的ASDではないかしら。

ASDと鬱は親和性が高く、ASDによる生き辛さから鬱に落ちて行きがちになる。

また、無意識他人の心を逆撫でするようなことを言い、人に嫌われる。

その人がそれを自覚してるのか分からないけど、今は社会的フォローが与えられるようになりつつある過渡期なので、まず自覚し、診断を受け、心理療法や一部薬物治療を受けると、生き辛さが軽減するらしい。

とりあえずAがASDを前提にAの行動を照らし合わせてみて、適合しそうなら通院を勧めるのがいいかも。

とはいえ卒業してそれ以前の人間関係継続する方が稀だし、態々分かれるとか考えなくても、自然消滅なんてよくあることだから、悩む必要なんてないんじゃないかな。

2019-02-22

CCS件で反応を調べてみたら案の定

安倍・立憲サポーター系が多く鳩山擁護してるな…。

なんで日本左翼陰謀論トンデモ系親和性が高いんだろう。

2019-02-16

anond:20190216023228

多角的視点から分析を試みる」とあるが、客観的データが一切なく、

「ではないか」「と思われる」「興味深い」と主観的一面的感想に終始しているため、

内容に一旦疑問を持つと、それ以上読み進めることが難しい。

関係性消費」についても下調べが不足している。

日常系が売れている理由は本当に「関係性」が要因か?

最低限、日常系以外のコンテンツとの「関係性」の比較検証をし、内容の客観的な違いや売上、言及数などのデータがないと、この仮説は成り立たない。

また、腐女子にとって「関係性」が重要だというジェンダー比較が出てくるが、なぜ現在日常系腐女子からではなく男性向けから出てきたのか。

・同じくバーチャルYouTuberの人気も「関係性消費」だけで説明できるのだろうか?

安易日常系の人気と結び付けてよいのだろうか?

前段となるニコ生UstreamYouTuberなどの動画配信、また声優ラジオなどの類似コンテンツ調査比較は少なくとも必要

また、キズナアイ登場時は、関係性よりも単体のコンテンツとして人気だった印象があるが、その変遷も調査データとして述べる必要がある。

やおい百合文化調査必要

全体的に最も信憑性に乏しい段。

ホモソーシャルな絆」がキーワードのようだが、「腐女子は扱う創作物特性セクシャルマイノリティに対する理解が深く」という文言があるが、単なるイメージしかない。

BL研究家」を名乗るものマイノリティへの差別意識吐露し、またそれに追従するBL愛好家たちが炎上した件が有名である

逆にホモソーシャル的な絆を強めるためには「攻撃対象」を用意することが有効という事例もある。

主観的意見だけで不用意に書かれているので、要調査の上で客観的データを伴って修正する必要がある。

また、旧来の男性おたく少女漫画親和性が高かったという事実も、本稿では重要ポイントになるのではないだろうか。

全体としてデータ不足が顕著。

またそれぞれに相当数の調査必要なため、内容を分けた上で調査検証継続していく方がいいと思われる。

2019-02-08

anond:20190207221539

イスラエルだってメンヘラらどうにもならんやろ

つかそうやってよく知らん外国を過度に理想の国にしたり悪の黒幕にしたりする安易思考統合失調親和性高いぞ

2019-02-02

anond:20190202144045

検閲って政権批判的な記事に対してだからな。

それも、市民の多くがそれを検閲気づきにくいように巧妙に行われている。

そして忖度親和性が高い。

検閲しただろ?と言われたら、あいつらが自分で選んだことだろって言えばいいだけの話なので。

野球選手EBMとは親和性が悪いと思う。

ダルビッシュ選手トンデモとされる医療本を紹介して、話題になってる件を見て思ったことがタイトルなんだけどさ。

推測だけど、野球選手って基本的にみんな「※個人の感想です」の世界で育ってきてると思う。

小中高と野球をしている中で、「この練習には打率を上げる効果論文実証されている」と言って指導している人はまずいないと思う。「こうやったらうまくいったからやっている」だと思う。プロに入ってもそうなのかもしれない。

それから、彼らは一瞬一瞬が勝負なわけで。エビデンスがどうであれ、結果が全て。だからどんなやり方も平等に取り扱うし、それが結果につながればそれが正しくなるわけで。

から今回のダルビッシュ選手の行動は彼からしたら何の問題もないんだろうと思う。

医学はそうではないんだろう。

から衝突が起きた。

ただ、彼には彼の生きてきた文脈があるし、医学従事してる人にも文脈があるし、その辺の折り合いをつけるのは難しいだろうな、と思う。

ただ医学的にいくら問題があると言っても、いきなり彼の文脈に入り込んで声高にそれを否定することはどうなのかな、と思う。もう少し医療側がコミュニケーションの仕方を考えたほうがいいと思う。

2019-02-01

anond:20190201135058

から逆に実写化する作品はだいたい女に親和性の高い作品ばかりだなあって思うわ。元々が少年漫画青年漫画掲載でも

2019-01-29

anond:20190128183257

神話類型までさかのぼっても、良いか

文化の枠を超えて、物語パターン類型)が存在する。神話や昔話として語り継がれているものの、パターンだけれども、これが語り継がれているのは、その物語に、各時代文化をを超えて魅力があるからだと仮定する。

神話・昔話が最も古い物語とすると、それを下敷きにして書き直されたのがハイファンタジーと言えるかもしれない。

物語テキストとして読みつがれていく中で、読み手は、主人公になりきったり、膨らませた空想のなかで、ある種の体験を得るというのがテキストとして物語

近年の異世界モノには、この物語性の他に、ゲームに対するフラストレーションを感じる。

物語テキストを読んでいる間は、読み手は誰もが、主人公としての体験を得ることができた。

最初期のRPGテーブルトークを含む)では、この物語性をより拡張して、能動的に物語主人公になることができるものだった。

ファミコン世代RPGドラクエFF)ではレベリング時間をかければ、最強の存在になることが可能であり、努力が必ず報われる”優しい”世界とも言えた。

異世界ものが下敷きにしている、MMORPGになると少しづ様相が変わる。

MMORPGでは、多くの人が英雄になれない。

メインシナリオの中では主人公的な役割を得たとしても、ほかのプレイヤーとの比較では、廃人級に時間コストを費やしたり、過大な課金を負わなければ、世界主人公たる万能感を得ることができない。

そうすると、原点回帰的に、MMORPG世界で、万能感・優越感を追体験できる、異世界ものライトノベル意味を持ってくる。

ここで具体的に、異世界ものを、(半ば無理やりに)神話類型に当てはめてかんがえると、

俺TUEE→英雄

神のような存在に導かれた異世界人がその世界で莫大な富を得る->貴種流離譚(高貴な血筋強い力を持った人物が、旅をしながら、最後自分の国を得る)

ハーレム設定→異類婚姻譚(転生者はその世界では異類と考えることができる)

などなど神話類型で繰り返されてきた物語の骨格を持っているようにも見えてくる。

そうすると、ゲーマーフラストレーションからまれ異世界への転生という構造が、ある意味普遍的物語性を宿していると思える。

このような背景と者が理性は、MMORPGプレイしていないがゲーム世界違和感のない層に届くように思われる。ゲーム世界親和性を持つが、MMORPGには現在は親しんでいない層、それは、社会人として購買力を持った元ゲーマーの30代をピークとした男性層として合致する。

https://bookwalkerstaff.tumblr.com/post/128323701752/

この層はゲームは好きだが現実世界仕事に追われてゲームをする時間は少なく、なろう小説を直接的にあさるほどの余裕がない。彼らにとって、異世界ものアニメ書籍化小説は、製作者・編集者査読して質のある程度保証された物語であって、購買する価値を持ちうる。

市場が成立すれば、流行はある程度継続やすくなるだろう。

まだしばらくは異世界ものは廃れないかもしれない。それは繰り返されるパターンが、どこかで見た安易剽窃を超えた、古くから語り継がれてきた類型であるから

2019-01-26

anond:20190126111421

元増田が本気で

マイリトルポニーケモノではない

と言っていた場合、この疑問には答えられない場所にいると思うので代わりに答えるよ

(わりと有名な話なので、わざとそう言ってみせて耳目を集めようとした可能性はあるけどね)

なお、ケモノ界隈は名探偵コナンファンくらいには好むものや見ているものバラバラだよ

名探偵コナンファンは先の劇場版をどう思っているのか」と言われても「統一見解なんか出せるか!」「他のクラスタの反応なんか知らん!」となるのと同じくらいバラバラだよ


1. 異常体型やR18-G系アブノーマル嗜好との親和性について


言うほどやたらに多いとは思えないよ

ただ、通常ならその異常系カテゴリ名義で隔離されるはずだった嗜好が「やたら肉ついてるけどキレイケモノ描くから」とか「はみ出すグロマンだけどエロいケモノを描くから」とか「切断グロネタばかりだけど同人Webマンガケモノ描くから」みたいな感じで「ちょっとアレだけど希少な優良ケモノ描きだから仕方ない」という形で摂取され続けた結果、耐性がついてそれでしか抜けなくなってケモノ描きの間でいち派閥に…みたいな蟲毒ルートはあり得ると思ってるよ

普通にケモノ絵探して暮らしていれば視界に入るもの普通範囲内に収まってると思うんだけど、なんか特殊なところから特殊観測の仕方してたりしない?


2. 擬獣化美女と野獣系、または昨今とみに隆盛の女性向け人外/獣人作品とケモホモ男性クラスタ関係性について


お互いがお互いを意識してないと思うよ

自分たちと繋がってるジャンルだと思ってないんじゃないかな?

いまだに(ああ、いまだにって言っちゃった)ケモノといえばオスケモ獣人のことだと思っている人は確かにいて、ちょっと取扱注意ではあるのだけど


あ、純粋ケモホモ文化圏字面悪い)以外の、少年少女ケモノ女性獣人ケモノドラゴンポケモン区別つかないケモノが好きな男性の人たちは特段敵視もしてないと思うよ、歓迎もしてないかもしれないけどもね

anond:20190126064737

ケモ系で気になってることが二つあって良かったら答えてほしいんだけど、

1.

オスケモ描く人もメスケモ描く人も筋肉脂肪盛ったりするように見えるけど、あの肥満体型への親和性ってなんなん?

あと粘液とか嘔吐とかも描きたがるし、一般的醜悪と呼ばれやすもの好きな人多くない?

2.

艦これみたいな女の子山コンテンツのキャラ四足歩行の犬とか猫とかの姿で描くクラスタあるじゃん擬獣化みたいな。

本人たちはある程度隠れようとしてるから艦これ以外のジャンル名は出さないけど。

あれはゲイ系ケモ苦手な人でもかわいいと感じやすいみたいで、Twitterでも広い層にRTされてるけど、元増田みたいなケモホモクラスタとはどういう距離感なの?

そもそも擬獣化の人たちって、ケモホモの人たちと比べて描き手に女性が多い気がするんだけど交流あるの?

2019-01-24

anond:20190124123718

引っ込みがつかなくなって芸術全体を攻撃しだしてるの韓国みある

やっぱフェミさんと親和性高いのかな

2019-01-22

anond:20190122102906

自分幸せで生きていければ何やってもOK」の風潮は確かに感じるな。

接客業とはあまり親和性のなさそうな風潮。

2019-01-15

anond:20190114234242

宗教親和性があるということなので、貴方は禅周りの書物を多く読んだほうがいい。あるいは基礎仏教周りの執着心についての本を読んだほうがいい。

おすすめなのは小池龍之介草薙龍俊周り。

貴方宗教を信じているといいながら、少なくとも仏教からはかけ離れたことをしている。

2019-01-09

anond:20190109160127

DQNオタクには 高い親和性があります

例)騒ぐ
例)暴れる
例)珍装する
例)同じ場所に溜まる(群れる)
例)可愛いものが好き

2018-12-29

なぜ週刊誌米津玄師ボカロPだったことをゴシップにしないのか

米津玄師は今年を代表するアーティストと言っても過言ではない。しかし、米津玄師は「ハチ」名義のボカロPとして活動していた過去がある。つまり米津玄師世間蛇蝎のごとく嫌うアニメオタクなのだ

これを世間に知られたら間違いなく大騒ぎになるだろう。特にPTAフェミニスト蛇蝎のごとく発狂して、最大限の言葉で米津を非難するだろう。今年は、紅白生中継されるが、今までファンだったキラキラ女子が、米津に向かって火炎瓶を投げる放送事故が発生してもおかしくないだろう。

芸能界特にJ-POP界はキラキラリア充が集まるアンチオタク総本山だ。そういう秩序を乱す米津玄師星野源と一緒に凄惨お仕置きを受ける必要があると世間は考えるだろう。お仕置き役はEXILEJ Soul BrothersといったLDH系や「いじり」が風習となっているお笑い芸人が適任だ。なぜなら、彼らはヤンキー親和性が極めて高いかである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん