「ハンサム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハンサムとは

2019-03-17

ハリウッド映画脚本女性容姿描写の話と愚痴

VOGUE特集か何かでのそういうツイートを見た。

脚本容姿についての描写性別で偏りがあるんだって話。

それを書いた人は男性に書かないなら女性も書かなくていい、というような事を書いてた。

いやそれも違うんじゃないのって思った。

男性でもキャラクターを表す上で容姿描写される事自体はあると思う。

実際ハリウッド脚本現物読んだ事なんかないけど。

でも女性脚本による恋愛映画なんかでの相手役の描写には間違いなくあるはず、というかセリフバンバン出て来る。

ハンサムだと表される役の俳優さんはまさにそう演じているように見えるし、そういう作品女性監督女性脚本コメンタリなんか大体ずっとハンサムハンサム言ってる。

キャラクター容姿の詳細自体性別関係なくあるものだろうしプロットに関わるなら余計にそう。

から問題脚本にそういう見た目の描写がある事じゃなくて何でそれが女性に偏りがあるかって事だと思う。

まずは単純に女性脚本家の絶対数問題はあると思う。

創作する上で登場させるキャラクター理想を反映させるのは珍しい事でもないし、その中で外見の描写が入る事はある意味当然の事でもある。

から女性容姿を讃えるような描写が多くなってるのは単純に数の偏りって面があるんじゃないかなと思う。

でもこれはたぶんそういう話ではないとは思うけど。

脚本容姿描写する目的ひとつに書いた人間が持つキャラクターイメージの伝達がある。

これはキャラクター創作、脚色する上での要素だからそれ自体問題ではない。

美しさを描く事に罪はないし、美しいとするキャラクターを作る事にも問題はない。

美しさは主観的定義によるものから

そして次いで、ひとつ客観的な印象の提示がある。

外見情報によって社会的にそのキャラクターがどのような立場、印象にあるかを客観的に示す要素。

問題はこっちにあると思う。

これも社会一般の印象を引用するに過ぎないわけだからそれ自体問題ってわけではない。

問題なのはその引用した社会一般の印象の方。

男性キャラクターでも必要なら容姿描写される。

それが性別で偏りがあって女性描写必要とされる事が多いなら、それは男性以上に女性容姿共通認識として印象への判断材料ひとつになっている、またそれだけ女性容姿ステレオタイプ的な印象が紐付けされている、という事になる。

男性より女性の方が容姿の美醜が社会的立場内面性格を表す要素として一般的認識されている、そういう話。

脚本という性質イメージを伝えるためにステレオタイプ共通イメージを用いた伝え方をするのは、あくま方法論としては仕方ない部分もあり、それは責め切れない面もある。

だけど恐らくツイートで訳されていた女優さんたちの口ぶりからは、そういう脚本家側の引用する共通認識彼女達の考える、今意識として持つべきとされる認識が許容する範囲を越え、既に共通イメージとしては過去のものとすべきところから引っ張られたもので、そういうところに辟易しているのだとそう感じた。

から男性を書かないなら書かなくていい、は、ある意味思考停止的な発想だな、と思った。

書いてる事が問題なんじゃなくそう書く事で伝わる共通認識があるとする、そこに問題意識を持たない事に平然としてそれを書く、その感覚問題なんだから

それは今後女性脚本家が増えて理想像を反映した男性容姿描写が増えても解決するものじゃない。

美しさの描写といっても同じように男性脚本家の理想を表した女性像の描写も、個人的範疇のものはそこに自由はあるべきで批判すべきものでもないし、キャラクター主観としての描写安易非難すべきものじゃないし。

考えるべきはその価値観社会のどこからどういう体で引用されたものかって部分なんだと思う。

容姿描写自体問題なんじゃないんだ。

でも見てる近辺でたくさんRTされてて何も言えずに誰も見てないような増田で書くのだ。

気がちいせえ。



あとついでに言うと容姿を美点とする場合に知性や能力性格比較して容姿で表される事自体問題視する人もいるけど個人的に正直それこそ問題だなと思う。

書いたみたいな容姿偏重問題なのは分かるけど、それなら必要なのはその容姿地位まで知性等の要素を持ち上げる事で、バランス取るために容姿を落として相対的にやるのは結局今まで知性で苦汁舐めてた感覚容姿を持ってる女性に味わわせる事になってて、それって知性を持つ女性を掬い上げるために容姿を持つ事の価値を低く見積もり直すって事だからどうなのって思う。

突出した美しさと突出した知性はどちらも自立して価値が同じようにあるべきものなのに、今は美しさそれ単体では魅力として、特に女性意識として認められなくなって来てる部分はあると思う。

からこそ美しさだけで女性を表す事が問題視されるんだとも思う。

魅力ある人間とされるものを表するに足りない要素だけで、その相手表現する事になるから

悪意は無くても、あなたはそれしか持っていない、となってしまう。

同時に男性からは根強く美しさは魅力として捉えられる部分も大きいから、女性が知性を自立した魅力だと捉えていてもそれ以上に求められるという面もある。

その齟齬でまた女性側に容姿が持つ価値への否定的感情が増してまた男性との価値観差異が酷くなって、となった結果また容姿価値を低く見積もってそれを世に提示して、更にまた容姿を褒められる事への価値を低く捉えるようになってって女性自尊心には悪循環に思える。

からそれを止めるために男性が美しさって要素へ持つ価値基準否定して齟齬を埋めようってなってるんだけど。

やっぱりそれも男性が高く認める美しさって要素の価値を下げさせる事によって、それ程には正しく評価されてないとされる他の面との差を縮めようというやり方で、それは魅力としての美しさっていう本来多くの魅力がそこにあるべき正しく高い位置に置かれていたそれさえその価値を失わせる結果になる、というかなってるわけで、やっぱり良いやり方とは言えないんじゃないかな、と思う。

本当は美しさもそれだけで100%魅力だし知性も性格100%の魅力なのになって思う。

絶対値あんま変わらない相対的な差の埋め方って何にしてもよくないよほんと。

美しい事の価値を据え置かないで下げてバランスとるの求める人多くて内心悪手でしかないってほんと思ってる。

思ってるけど匿名でもないと言えないのだった。

そして溜飲を下げるのだ。

気がちいせえのだった。

よくないわ。

2019-03-16

anond:20190316223137

増田ハンサムなの?人のこと言えるの?KKOが好きだからKKOKKOって言い過ぎるからここにKKOが集まるんでしょう?

あー増田可愛い子ばっかりだなぁって言えばきっと美人が来るよ。

2019-03-07

anond:20190306223323

覚せい剤前科があろうとイケメンはいくらでも恋愛できる

死刑囚として拘置所生活してようとハンサムなら結婚できる

// と言うと、つまりあなたもそういう状況をお望みなのですか?

2019-03-06

anond:20190306174749

9割顔1割金

覚せい剤前科があろうとイケメンはいくらでも恋愛できる

死刑囚として拘置所生活してようとハンサムなら結婚できる

公務員でまじめで清潔にしていても清潔感がない(=ブサメンと同義)と恋愛どころか女友達ゼロ

2019-03-05

anond:20190305010516

同じ女もハンサム外人結婚するなら共働きでいいし互いに自立した関係いいねという

人種じゃなくて相手自分とのレベル差異で態度が違う話

不細工が多い国ほど女性に譲歩する男が多い

2019-02-23

anond:20190223180505

でたらめ乙

美人は行った病院医者にすら口説かれる

ルール違反して処罰されるリスクを抱えても口説きに来る

ハンサムで皆から頼られる町の英雄男がルールをまげても美人口説

美人フードコートで働いていても銀行員から口説かれる

キングボンビーから追い掛け回される経験もあるだろうがそれ以上にハッピーな思い出も多くあるはずだ

中の上程度でも逆ハーレム女の一生

2019-02-04

差別についての個人的アウトプット2019(長文)

最初Twitterのサブ垢で軽く呟こうかなと思って書いてたけど、テーマテーマなので、熱いお客さんを呼ぶと面倒だなと思った。

でもせっかく日頃考えていたことを言語化したので、この形で残しておくことにした。

元々は女性差別の流れから、「美人だという理由差別されることもある」という趣旨の文を見かけて、これは常々そう思っていたことだったので、差別について個人的に考えていたことを書き始めました。

(※私は美人ではない)

=====

私は性別による役割分担については、肉体の構造や脳の仕組みの違いがある以上、あって然るべきだという考え方だ。

ある程度人を見た目で判断区別するのも、生物本能から仕方ないことだと思っている。

それとは別に、人が決める枠によって自分ポテンシャルや意欲を阻害される体験をして、それをハンデだなぁと感じることもある。

私は結構いい年の女性だが、技術職なので年齢由来のハンデは受けにくい。それでも経験が長くなるにつれ、性別由来の固定概念の枠(ハンデ)を感じることも増えてきた。

枠に柔軟性がない人や、そもそも自体認識しておらず、自分が枠を設けて外を見ていないという自覚もない人もいて、そんな人達自分理解してもらえるようアピールしても、見えてるはずなのに認識されなかったり、スルーされたり、一時的理解されたと思っても、翌日には忘れ去られたりする。

そんな時は、性別や見た目という枠なしで見てほしいなぁと思う。

特に、枠外にあるもの自分本質に近ければ近いほど歯がゆい

人が慢性的不利益を受けたりストレスを感じるような枠組をつけられることを差別というなら、私も日頃、差別経験していると言っていい。

ほとんどはストレスを感じながらも、仕方ないことだと思えることなので、声にすることはないですが。

性別は枠の切り口の一つであって、もちろん男性差別されることがあると思うけど、女性のほうが、填められる枠が強固というか、本人の意にそぐわない、社会性も強い類の枠の種類が多い気がする。

それが感じる側の問題なのか、区別する社会側の問題なのかは意見が色々あるだろうけど、感じる側が我慢するより、受け入れる側を(可能な限り)柔軟にするというのが、社会が目指してる方向性だと思う。

なので、枠の存在を忘れがちな人にリマインドすることは必要だ。

多少うるせえなと思われても、度々リマインドされることで、枠の認知度は上がっていく。社会全体の方向転換に少しずつ繋がるだろうと思うので、活動家の方々の頑張りには意味がある。

個人レベルでいうと、各々自分が持っている枠を柔軟にしたり、枠を持ってるということ自体自覚して、意識することは、基本的不利益はないはずだ。人間関係は円滑になるし、相手だけじゃなく自分メリットにもなる。

少し話は変わるけれど、社会性が低めな事柄でも、枠に填められることで感じるハンデがあると思う。

劣っている側が、優れている側を差別するということも、間々あると思う。

例えば身分が違ったり、めちゃくちゃリア充だったり、凄い美人だったり、ハイパー洒落人間だったりすると、わかり合えない気がして距離を取られる。

またはやたら崇めて理想化する。

そうすることで、本当は似たもの同士なのに親しくなれなかったり、欠点もあるのになんでも簡単にできてると決めつけられたり、振る舞いを過剰に期待されたりする。

これを差別と呼ぶかは人によると思うけど、見てほしい本質が枠の外側にある人にとっては辛いことだろうと思うし、根本人種差別と同じだ。

美人であることで困ることなんて大したことじゃない」と決めつけるのはフェアじゃないと思う。

こんな偉そうなことを書いていると、まるで私が、誰にでも分け隔てなく接することができるかのようだけど、まったくもってそんなことはない。むしろ人をジャンル分けするのが好きな質だ。(語弊があるかもしれないけど事実そうだ)

単に枠組みで見た時には、リア充ハンサムも過剰におしゃれな人も苦手だし、外人も(たとえ日本語が喋れても)わかり合うのに障害があると思う。「男は」「女は」という切り口で性質を語ってしまうこともある。違いがある以上、多少のステレオタイプ事実存在する。

ももしも個人レベルでご縁があった時には、できるだけ自分の中にある枠をなくして、フェアに接することができるようになりたいとは思っている(できてるとは言ってない)。目下取り組み中だ。

====

余談だが、「(500)日のサマー」という映画で、私は初めて美人のハンデについて考えた。私はサマーがとても可哀想に感じたんだけど、フラれた主人公側に感情移入して、彼女小悪魔だ気まぐれ女だとレビューしてる記事も見かけた。(主人公視点ではそう見える)

もちろん彼女自由な基質だったけど、あんなふうにYesマンに崇められたら、そら付き合い続けることはできない。

結局彼女自分普通女性として扱ってくれる人のところに行った。

サマー差別されているとまでは言わないけれど、始終色眼鏡で見られたら、そこに相互理解は生まれないなと思う

2019-02-03

ヤリマン何が悪いの?

そりゃあまりに無理ならごめんなさいだけど、付き合う可能性が多少でもあるなら相性大事でしょ。

前もって知るには実践以外ないじゃん。

だいたい、可愛くてモテるハンサムモテる、優しくてモテる金持ちモテる

どんな人がどんな面でモテたって自由でしょ?なんでヤリマンだとけちつけられんの?

付き合う相手にしたくないなら、選らばなきゃ良いだけだし。

選択肢の少ない人は、そのまま一人遊びで頑張ってたら良いだけじゃん。

金払ってそういうサービス受けたことがある人が、そんなん言うのはホント意味不明自分のほうがよっぽど貞操感ゆるゆるのクズじゃん。

なので変なサービス受けた人はコメントしないでね。

その上でまともな人に見解を聞きたい。

2019-01-29

美女と野獣へのルッキズム批判だとか

映画チラ見して当時の物申すみたいな勢いの美醜周りへの批判とか思い出して色々考えたから覚書き

その当時の批判の主流は心の美醜が見た目に繋がるような表現違和感があるみたいなのでそこに繋がる感じで野獣が王子に戻ったラストに心云々言っといて結局それかよ、美男美女かよだとか野獣の方がかっこいいしとか野獣のままでハッピーエンドでいいじゃん的なのが付いて回っててその時はあんまよくわかねえというか最初の以外はそれ批判以前のただの感想やんけ!(感想自由)ってなってて(最初違和感にも違和感があったけどそのままにやってた)それで今改めて考えたのはそもそも美醜で人間判断してた王子ベルという美しくはあるけどそれに囚われない知性ある女性と心で惹かれ合い醜い心の象徴とするその野獣の姿で愛を成就しなんてざっくり内容からし物語としての教訓は見た目で判断する事の愚かさ真の愛はそこに囚われない(ロマンチック)って事だろうしベルの美しさはディズニーにおいてのプリンセスヒロインに課せられるメタ的なルッキズム価値観によるものでも当然あるけれどそれは美女と野獣という作品への批判としては的が外れているように思うしむしろこの作品においては美醜を扱う上でベルが美しいとされ知性や冒険心と並び持つとする事でこそその中からベル自身が何を選び大切にするかの選択意味を持ち生きてくるように思うから王子の美しさと共に決して物語必然性のない美貌ではなく魔女のそれにしてもまさにルッキズム的な王子に対する皮肉としてで解ければそこを否定する事になる呪いを与えてるとこからもむしろルッキズムを悪としているようにしか見えなくて批判で言われてた違和感への違和感の正体はそこへの漠然とした何でこの話でそんな事思うんや…というやつだったんだと思う

それはガストンに顕著で元々アニメヒーロー的な外見でハンサムという設定ではあったけど見ようにはそうでもないキャラクターデザインだったガストンに実写でルークエヴァンスがあてられた事で美しい見た目に美しい心が宿るというようなルッキズム否定するキャラクターとして野獣との対比もよりはっきりとなってそのハンサムさはベルや野獣の心を引き立てる装置としてやっぱり皮肉的に使われたわけだから作品としてルッキズムに則るのならそれこそシンデレラ最初アニメ作品うごとにそうでなくなっている)のようにガストンルッキズム的美醜観において醜いか善い人間であるべきで敢えてそうしていないのはそれがメッセージの一旦であるという証拠でもあると思う(すごいぞガストン

じゃあ何でそんな批判を思うのかとも考えて単純に物語としてじゃなく表現の部分部分に気を取られちゃう形になっちゃったのかなっていうのと後はそういう発想それ自体が単なる美醜じゃなく絶対的客観的な美がカーストのように存在するというようなルッキズム的前提でもって無意識にでも恣意的になされているのじゃないかって事で冒頭で野獣のかっこよさを示す事を批判以前の感想としたのは王子という美しい存在に対する醜いとされる野獣という構図の上で野獣の見目を讃えて"美"であるとする事だけではただの作中における美醜の定義への抗議またはむしろ逆に作品ルッキズムであるという批判内容を否定する(野獣を客観的に美しいとするのは作中の醜いという定義は外見を指すものではないもしくはキャラクター主観を越えるものではないとする事で作品として見た目に心を比例させているという批判は当て嵌まらなくなるように思う)もので美を是とするルッキズムであるという前提に立った批判として体を為してないのではないのかと思ったからだけどもでもそれが野獣をかっこいいとする価値観ルッキズム的な本来の(あるとしている)美醜観に沿うものではないのでそこ自体への反発の提示批判の一旦になるのだという発想の元されたと考えれば批判としてはそこの意味に限るなら理解できるしまた野獣の姿を醜いと定義するそれこそをルッキズム的だという意味でのまずそこから違和感であるならとも思うけど批判とやってそこに客観性を持ち出すのであれば野獣をルッキズム的美醜観による被害者であるとするのはその見た目を作品内での単なる主観文化的役割としてでなくルッキズム的な定義によって作品を越えたとこで醜いとやっているわけで本来ルッキズム的美醜と美醜はイコールではなく真理として絶対的な美を定義するものでもないのに作品内での美醜についての価値観を語るのにわざわざそれを作品へ持ち込み批判材料としたのはその当人がそこにルッキズム基準における美醜を見たからに違いなく美女と野獣はルッキズム価値観において野獣を醜いものとしている、という批判はそういう事ではないのかという話で

それらは全部今回自分で当時を思っての単なる仮定であるんだけどそんな批判を挙げたのと同じ層からその後シェイプオブウォーター美女と野獣のアンチテーゼだとする意見が出て(監督否定してた)明らかにそれが"彼"をルッキズム弱者とする前提の上で敢えて美しさと定義しているとやって監督がただ美しいと思うものを美しいと描いているというようなルッキズムとはまさに反対にある主観的美醜観という視点が丸々端から欠如した美しいものをそう描く作品とそうでないものを美しいとする価値観で描く対比の構図と捉えたものだった事を思うとあながち間違いでもないように見えるし(客観的な美しさを定義するとしているルッキズムに美しさは一概には定義できず個人的宗教的文化的ものであるという主観的美醜観で対するのならアンチテーゼとし得るけどそういう論理での批判自分は見かけなかった)美女と野獣のラストを美醜に重点を置き"結局それかよ"と受け取るのも"見目の美しさは心の美しさに比例する"と判断するその過程でその醜さを作品における主観的な域のものでないとするまたそれを見出すのに野獣という存在が含む要素やその世界での立ち位置でなく外見のみに焦点を絞るその視点も(実際フランス版では王子の外見的な美醜より傲慢さが醜さの象徴としてフィーチャーされている)見た目が重要だとするルッキズム価値観に左右されてのものにも思えるし王子の姿にしても野獣の姿から解放作品で醜い心を象徴すると定義されている以上心の変化を客観的証明するためのもの言うなれば愛の象徴であって(野獣の姿はベルに真の愛が満たされていない事を示す)外見なんて関係ないのならそれこそ望まれものであるはずなのにそこを否定するのは"王子の美しさ"という見た目に囚われその他の要素より重要視している事に他ならないのだしそれはまさにルッキズム価値観に則ってまずわざわざ美醜を選り分けてそこからそれらを"美しいもの""醜いもの"という絶対的な前提において肯定否定する事がルッキズム批判になるというような無意識ルッキズムというかそれは言うなら

美しいかいかなんて誰が決めたの?ルッキズムなんて!見た目で判断とか最悪!

というのに次いでの

○○ちゃんだって素敵なのにね!

という言い様で○○ちゃんと○○ちゃん普通にかわいいと思う人間美的感覚ルッキズム基準でそうでないぞと正面から否定カースト内の位置を告げるみたいなものでシェイプオブウォーターにおけるそれは

××くん○○ちゃんのこと好きなの?見た目じゃなく中身で見るんだね!いい事だよ!

もしくは

××くん"には"○○ちゃんかわいいんだね!素晴らしいことだよ!

というようなやつでその上で自分は美醜で人を判断しない公平な人間だと主張するような話でそれは批判として果たしてというかルッキズムへの批判のためにはルッキズム価値観においての美醜を踏襲しなきゃいけないというパラドックスを思ってなのか(そんな必要には特にない)それこそ考えれば考えるほど違和感でいっぱいになるという話で

要はルッキズムとか言ってないでふたりとも愛を見つけてその証に野獣は呪いがとけてハッピーエンド万々歳やんけ!でいいと思ったという話

実在人物の美形化について

私の曾祖母はあることを成し遂げた人でドラマ化もしたことがある。私が産まれる前の話しだ。

祖母は醜いと言われて育ったそうだ。顔も整った造形ではなく肌も浅黒く骨も太かった。嫁の貰い手があるのか心配され、顔を補うためにと料理裁縫をみっちり仕込まれ、でもあることへの才能が開花し、その道に全ての情熱を捧げる生き方をした人だ。

祖父はそんな曾祖母の才能や情熱に惚れ込み結婚した。曾祖父も小柄で気弱そうな人で美男子では全くなかった。

そんな曾祖母と曾祖父物語ドラマが私の母が子供の頃に作られた。曾祖母と曾祖父の役はとても美しい女優ハンサム俳優が演じた。

テレビではドラマを見て「○○(曾祖父名前)が羨ましいって嫉妬したけど実物の写真見たらほっとした」「結婚しようと思ったことを尊敬した」という芸能人たちの会話も堂々と笑い話として流れていたと聞いた。

祖母は深く傷ついたという。容姿のハンデを努力と才能と情熱で乗り越えた人の、その最も根深過酷で深い差別を跳ね除けて誇り高く生きた女性を、そのドラマは美形化することで侮辱した。

私は曾祖母によく似てるようだ。幼い頃からブスと罵られることを何度も体験してきた。ほんの少しでもマシな顔だったらと何度思ったかからない。

容姿への差別自分にとって人種差別より女性差別よりもずっと身近で現在進行形で当たり前のように存在している。

そして、朝ドラなど実在人物ドラマ化する度に思う。なぜ美形化するのかと。

黒人偉人白人が演じたらどうだろうか。あきらかに顔で差別を受けただろう人を、何か利を得たことがなかっただろう人を、美形化することはこの根深差別助長する行為じゃないだろうか。

2019-01-25

男は実質常に男らしさを求めている

男の子なんだから男らしくなきゃ~」

なんて直接的に一対一で言われた経験ならある人もない人もいるだろうけど、

実質的には基本男らしさなら男全員求められてるもんだろ

だって女の人って男らしくない男とか大嫌いじゃん

男性も男らしさに縛り付けられる必要はありません、自分を開放しましょう」なんて尤もらしいこと言ってた

フェミニスト代表エマ・ワトソン自分は男らしさの象徴みたいな所謂ハンサムとばっか

恋愛してて反フェミに叩かれたみたいな

いや別に女性が悪いとか言ってるんじゃないよ?好みが偏るのは本能みたいなもんだから仕方ないし、恋愛自由だし。

でも結局男にとってモテないことは苦しみなんだよ

男が女を好きな以上ととってつけたみたいなポリコレ理論なんかでこの呪縛から開放されることはないんだよ

男性も男らしくある必要はないよ、でもそんな男私は相手にしないけどね」

それじゃ意味ないんだよ

女性が男らしさを求めている以上男は男らしくに縛り付けられるしかないんだ

2019-01-22

私は私の誕生日を間違えました

 20代前半、私が興味を持った瞬間からインターネットがあるようです。スマホ高校生として人気になり始めました。

 LINE電子メールよりも主流であり、インターネット特別ものではありません、私は現代から疲れています。私は主要な事柄調査することができた時間うんざりしました。

 見栄えが良くない声優ハンサムな男であっても、流行したり、可愛くなくてもうるさいサブカー系のアイドルは可愛すぎます

 その一方で、私のお気に入りテレビ番組SNSから批判され、時代には適さないと要約されました。

 私は同情することはできません、「そのような悪い男をごめんなさい、ごめんなさい。悪いことはすべての対戦相手です!私はあなたを悩ませていません。」 私はそのような投稿に対して信じられないほどの反応を聞いた。

 私はテレビ国民スターを作ったと確信しています、そして私は誰もが彼らが好きなものを好きになった日々に時間があったと思います

 SNSがなかったために値が狭い人がいたと思います

 私の感度は現代には適していないと思います

 現代では、あまりにも多くの人が敏感すぎると感じます

 私がけがをしたと思うのはあまりにも多くのことを感じます。私が住んでいると痛いでしょう。SNS犠牲者であっても言葉にはならず、人々を傷つけただけではありませんが、絶対に傷ついた人々がいるに違いありませんが、私が傷つくとすぐにそれは拡散します。

 結局のところ、私はそれがメディア関係なく首尾よく話すことができる人々だけが痛みを表現することができる時代になったと感じます

 私は自分自身常識理解させることはできません。あなたが少しのボタンの不一致であなたの対戦相手にさえ少しでも傷つけたならば、私はそれが全世界のための悪の根源であるかのように描かれました。そして、猥褻言葉がたくさんあります

 年齢が変われば私は完全にメジャーだったと思います

 今こそ、少数民族を大切にする時です。私はただ自分感性に基づいて生きていますが、あなたが少しでも傷ついたならば、それがこのことが多数派の男に言われたのは貧弱な少数派の物語になるでしょう。

 私が言いたいことが分からない。

 多様性を求めて泣かないでください。私はもっと単純な世界で生まれたいと思っていました。

2019-01-08

anond:20190108195110

自分になびいてるのは失恋たからかな?

淋しいからかな?

自分成功してるからハンサムからかな?

噂になってる人は人気者だからいきなり魅力的に見えたのかな?

いろいろ考えちゃうよね。

2018-12-09

歩きオナホ問題

ある町にオナホおじさんがいた。おじさんは50代の独身。やや頭髪が薄くはなっているが、見た目はそこまでキモオタではなく、むしろそこそこハンサムである

だがおじさんはグロメンでもないのに悪い意味でよく町の話題になっていた。おじさんのファッション公然猥褻に当たるのかどうかと。

おじさんはいつもズボンのチャックを開け、そこに非貫通型のオナホをぶっさしている(ズボンのチャックは全開ではなくオナホをぶっさした後にきつく締めなおしている)。ネームプレートを首からぶら下げるように、おじさんは首にひもをかけオナホを吊っていた(ひもとオナホガムテープで固定してある)。ひもがズボンのチャックから突き出たオナホを支え、だらりと垂れ下がらないようになっている。オナホペニス勃起しているかどうかにかかわらずいつでも安定した位置を取ることができる。

当然人々の関心は「オナホの中はどうなっているのか?」ということにある。

おじさんのペニスがそこにあるのか、あるいは本当に単なるファッションとしてジョークグッズであるオナホをそこに装着しているのか。

もしもズボンから生のペニスが突き出ていてそこにオナホが覆いかぶさっているという状況であれば、それはまあまああれだろう。逆に単なるファッションなら何の問題もないはず。

あるいはそもそもオナホの中にペニスが入っていても、オナホは服の一部だから公然猥褻には当たらないのだろうか。おじさんは服の中にペニスしまっているわけだから。どこまでが服でどこからが服ではないのだろうか。

あるいはおじさんは実はおばさんなのではないだろうか。

結論を出すにはおじさんのオナホを取る必要がある。しかしそんな勇気のある人はいないので、おじさんのペニスがどういう状況にあるのかはわからないままだ。

2018-10-31

anond:20181031172613

ハンサム知能指数130だけど耳が悪いみたいな男だったらオシいっちょ養ってやっか!って気にもなるかもけど

2018-10-17

anond:20181017141813

イケメンって英語では所謂handsomeだよな、と思って調べたら割とひどい内容だった

http://gogen-allguide.com/ha/handsome.html

「handsome」は、「Hand(手)」+「Some(~しやすい)」からなる言葉で、「手で扱いやすい」という意味である

顔立ちが良いと女性を手で扱うことも容易であることから、「ハンサム」と呼ばれるようになった。

2018-10-12

上司が好きすぎて尊い


うちの上司セクハラパワハラなんてしないし臭くないしスレンダーハンサム

人格者だし愛妻家だし子供大好きだしもう還暦過ぎてるのにこんなにかっこいい人がいるんだって感服して毎日眼福。

何より仕事に対して馬鹿真面目だし教わることがたくさんある。師匠とも言える人だしあと20年したら仙人になってるかもしれない。日々部下のことを気にかけているし現代ゴッドファーザー。好きすぎてもはや尊い。もちろん恋愛感情なんかではない。一緒に仕事ができることが幸せ価値ある日々だ。

そう思える上司出会たことに感謝するぜ、これまでの全てにな。

2018-10-07

anond:20181007133623

凄いイケメンは「イケメンとかハンサムとかしかいう事ないの!」って切れてたよ。

言われ過ぎてうんざりしてた。「内面を見て!」だって

2018-09-17

anond:20180917015250

増田さんハンサムじゃん、何を仰いますやら。

さんざん人の事をKKOだのハゲだのデブだの、なかなか言える事じゃないですよ。

増田さんが瞬きしただけでも、そこら辺の女子妊娠しまから

2018-09-13

anond:20180913205737

うそう、だからよりいっそう胡散臭くなるんだよな

男性も男らしくに拘る必要はありません」なんてもっともらしいこと言ってたエマ・ワトソンが結局自分は男らしさの象徴みたいなハンサムばっかと恋愛してて反フェミに叩かれてたみたいな。

いや恋愛自由からそこは別に全く叩く気ないんだけどさぁ。

結局そのポリコレ率い手だってあんなしょーもないエロラノベに頼ってるキモヲタ恋愛対象として見れるかって言ったらそりゃそんなわけないわけで、

そういう薄く伸ばしたポリコレにも問題視されないレベル差別性愛生殖から完全排除されてる性的弱者がああいうもんに頼ってる背景があんだろうに、

で、結局ポリコレ的な優先度で言えばエロ本であれやこれや妄想せざるを得ない弱者よりも架空女性性的消費されることによる性差別()が優先されちゃうんやろ?

なーんか歪な形だなぁって。

結局ポリコレの言うこと厳格に当てはめていったら性的弱者女性も皆が救われる社会がやってくるの?んなわけねーだろって。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん