「掲示板」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 掲示板とは

2018-09-20

はてなは他のSNS掲示板に比べて濃縮されたイキリオタクが多いように“見える”

大衆化されてきたとはいえはてなはいまだにかなり偏ったコミュニティと言えるだろう。

はてなユーザー全体から見れば少数派になるのかもしれないが、200人のラノベ大好きイキリオタクブックマークすることで、どんなものでもはてなの人気記事に押し上げることができる。

はてなノイジーマイノリティが目立ちやす構造になっている。イキリオタクネット中毒なのでよく発言するし、一日中ネットをやっていたり活動的であるということもある。ユーザー数に比べて、人気記事ブックマーク数が少ないため、どうしてもノイジーマイノリティが目立ってしまう。たった200人のイキリオタクでも、力を合わせれば人気記事に押し上げることができ、自分たち多数派であるような主張が簡単にできてしまう。

ラノベを読むイキリオタクというのは中学校では1クラスに2、3人程度、高校では1、2人いるかどうか。大学以降はその割合さらに減るだろう。

しかネット、とくにはてなではそのイキリオタクが集合して一大勢力となっている。

現実社会では群れを成すことができないイキリオタクたちがネット社会では一大勢力となって、カルト化し、厄介な暴力集団となっている。

彼らの理屈はめちゃくちゃで、現実社会では「こいつ頭おかしい」とまったく相手にされることがない。しかネットではその頭おかしいイキリオタクが一大勢力となっているため、まるでまともな一つの意見であるかのように取り扱われ、いちいち議論になったり炎上したりする。

これはほんとに非生産的なことで、ネット社会の損失だ。しょうもないことで多くの人の時間を奪っている。現実社会でまともな人間はいちいちイキリオタク戯言になど構わない。そんなものコストを費やす価値はどこにもまったく存在しないからだ。

いろんな場所を見てきたが、ネット上でもとくにはてなはイキリオタクとしての精鋭部隊が集まっているように思う。その社会性のなさは圧倒的で、おそらく自分弱者だと信じて疑わないのも、人生がうまく行ってないからだろう。彼らの人生悲惨なのは事実であり、決して被害妄想などではないのだ。

ラノベを読むイキリオタクという反社会的厄介者をどう取り扱っていくか、これから問題になっていくだろう。

2018-09-19

anond:20180919073411

ホモビデオ無職Youtberに野球掲示板ネタをキャッキャッと笑いながら使ってる連中は、それらの出自がどれもが息するように個人晒し荒らしを好む危険な奴らってのを知ってるのか

2018-09-17

anond:20180917040046

ニュース掲示板等を駆使し、ゲーム内で推しになんらかの動きがあったときのみログイン

ガチャ必要があってガチャに使うものが貰えるのであればログインボーナス受け取るだけのログイン勢とかでもいいとおもう

2018-09-16

女装掲示板募集して紳士なおじさまとオフパコした俺が直結厨に説教

タイトルの通りです。

接触してくる奴の9割がまともに会話できない地雷

今日会える?とかいきなり送ってくるやつ

→お前は誰やねん

・犯したいな♡

→だからお前は誰やねん名乗れ

・既婚者です(息子との入浴写真

子ども巻き込んでんじゃねえぞくたばれ

写真みたいな。もっとみたいな

→しつこい

・どんな格好してる自分いちばん好き?

→だから!お前は!!どこ住みの何歳で体型はどんなで何者の誰だよ…

そんなんでオフパコできると思うなよ!

こっちはなァ!掲示板ブラチラ写真上げてんねんぞ!!

金と手間をかけて女装してんねんぞ!!!

最低限の礼儀ないやつとなんでセックスしてやらなあかんねん!!!

なァ!ハム太郎??!!!

その通りなのだ!!!!!!オフパコ相手はモノじゃないのだ!!!!!!ネット回線の向こうにいるのは生身の人間なのだ!!!!!!!!!

丁寧な言葉遣いで具体的にやりたいことを伝えてくれて女装写真もほめてくれたおじさまはめっちゃ紳士テクニシャンで相性よかった。

メールがヘタクソなやつはなにをやってもだめだしましてやオフパコは諦めてくれ。

この掲示板って意外に小金持ちいるよね。たまーに投稿してバズってる。

2018-09-15

掲示板で「オーバーロードⅢ」と「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」と「百錬覇王と聖約の戦乙女」の信者同士が罵り合っているんだが、異世界転移以外共通点なんて無いし議論するだけ不毛なんだから自分好きな物だけ見ろよと思った。

2018-09-13

とある学生寮の思い出話

今回のラノベ表紙問題で、ふと思い出したので書き捨てる。

数年前、とある大学の男女混合の学生寮に住んでいた。

一階は防犯の観点から男性部屋のみで、私が住んでいたのは上の方の階だった。

食堂を通って、居室スペースのある棟に進み、一階廊下を数m進んだところにある階段を上って上の階に行くのだけど、階段手前の壁に、今回話題になったような、ああいう絵柄のポスターが貼ってあるのがどうしても気になった。

もううろ覚えだけど、いわゆる、女の子が組み敷かれたみたいな姿勢になってる、抱きまくらによくある構図で、アヘ顔とまではいかないけど、萌え絵によくある表情のやつで、乳首下着が見えている、くらいの露出度だったと思う。

しばらくはスルーしていたけど、どうしても気になるようになって、「男性のみが住んでいる1階とはいえ女子の目に入るところで、ああいポスターが貼られているは気になる。女子寮生が通過しない奥まった場所か、個室に移すなどの対応をしてもらえないか。」と、所管の学生委員メールして、対応してもらった。

アニメ絵グラビア水着姿を一律剥がせとは思っていないし、個人的にはその範疇のものは気にならない、ただ、あまりにも性行為示唆するもの女子寮生の目につくところに貼らないでほしい、という点を伝えた。

委員のひとからは、「快く対応してもらえた」と連絡があり、ポスターはなくなっていた。

で、翌週だったと思うけど、階段の向かいくらいにある男子談話室の前にある「今週の一言」的な掲示板に、「ポルノスルーモテカワ大人女子」とマジックで書いてあって、正直寮に住んでいるのが死ぬほど嫌になった。

今回のラノベ問題はさておき、エロをめぐる快不快主観的問題からこれくらいのことスルーしろ、みたいな動きって、正直あちこちにあるんだろうなと思うよ。

ネットが居場所じゃなくなった

90年代後期からネットをやりつづけてる。

2chもやった。今じゃ名前も覚えてないゲーム攻略サイト掲示板チャットかにも入り浸った。

だいたいがBIG-server.comとかのBBSとか、どっかのチャットシステムとかを設置してたよな。

ふみコミュニティネカマもした。

PCスペックが足りずにネトゲあんまりハマらなかった。

自分サイト作ってみたりもした。

朝目新聞系のサイトとか、虹色カタルシスとか、なんかネット変態なことをしてる変なやつのテキストサイトを見て笑ったりしてた。

そういう居場所ネットにたくさんあった。

Twitterがあらわれた。最初は居場所らしく感じた。

けど、いつの間にかそれは現実世界とつながりすぎて、

昔みたいに24時間耐久オナニーするやつもいないし

著作権ギリギリジョークイラストもはやらないし

おっさん社会問題談義ばかりが目につく世界になってしまった。

いつしか俺も話題に乗るためにそんな話ばかりをするようになっていった。

そうしてネットが居場所じゃなくなった。

俺の居場所は…どこにあるんだろう。

最近Twitterを見ていると

好きなものを不当に貶されたら普通人間不快感情を抱くし、度が過ぎれば怒るというということを理解してない人が多い。

しか自分発言キッカケのトラブルなのに怒った相手問題があるように意味不明な持論を度々展開してくるし。

最近道徳教育とか、こういう事するとこうなりますよ~といったような常識を教えるようなことは学校ではあまりやらないのかしらん?

それとTwitter掲示板サイトLINEといったもの混同してるようにも見える。

特定の枠組み内で同じ趣味嗜好のメンバーが集まりおしゃべりする場所と違ってTwitter不特定多数に向けて発言を投げかける場所。そこには自分と違う考えの人間が大量に存在するということをまず理解しなくちゃ始まらない。

というかネット上では何事も理解出来てないままに始めちゃいけないってのは「半年ROMれ」なんて言葉が生まれネット黎明期からずっと言われてることなわけだが。

ともかく、本人は一人きりの部屋の中でボソリとひとりごとを行ったのと同等の気分なのかもしれないけど、実際は何千何万という衆人環視の中で声高に叫んでいるというのが状況として正しいということを子供のうちに学ばせてからネット環境に触れさせるようにするのも今の義務教育必要なんじゃなかろうか。

2018-09-11

あの時私はフォロワーさんに恋をしていたのかもしれない

先日、この掲示板での投稿を見てみて、ほほう世の中にはこんな便利なものがあるのかと思ったので使ってみることにした

書きたいことはあるけど、それの為にいちいち個人ブログを立ち上げたりするのも面倒だし、そうなると書く場所とかってなかなか思い浮かばないしで。こういうものがあるなら使ってみたいなと思ってやりました

信じられんかもしれないがこういう事もあるんだぜ、っていうのを読んだ人に「ほーん、そうなんすか」って気持ちで眺めて貰えたら嬉しい。ちなみに結構長いです

で、本題に入る前に少しだけ注意

今の私は20代の女だ。そして、一応腐女子です。知ってると若干分かりやすくなるかな?と思うので言ってみたけど、まぁそういう人種

何を隠そう、腐女子の方がここで書いた記事を読んで、私も自分のことを話してみたくなったのだ

けどこの腐女子ってことは別にそんな本題には絡んでこない。腐女子からどうだ~ってことは無いので、ぶっちゃけそんな気にしなくても大丈夫

んで、この話は私が高校生の頃のこと。結構前なようでまだ全然前じゃない気もする。少なくとも数年前に遡るので、元々記憶力が皆無な私の中で抜けてる記憶が多々あるんですよ

から思い出せない部分は「確かこうだったか…?」って感じで継ぎ接ぎしていくので、多少フィクションも入ると思っといた方が良いと思う。そうじゃないと万が一当時の関係者に見つかった時に「おまえの言い分全然違うじゃねーか!!」って言われても困るし。ごめんよ私の頭がニワトリ以下なために

星の数ほど腐女子なんざ居るだろうけど、万が一ね

前置きが少し長くなりましたが、ここからタイトル通りの本題に入ろうかと思います

記憶を手繰り寄せながら書いていくよ


当時、私は今とは全然違うジャンルに居ました。マイナージャンルだったので、数少ない同志様達との距離は他よりも近かった気がする。やっぱ数が少ないと更に仲間意識が強くなっちゃうから

その中で、私が彼女に会った経緯はそんなに覚えていない。腐女子の繋がり方なんざ、タグやらフォロワーさんのフォロワーさんやらと、とにかく色々あるのだ。とりあえずそういうののどれかで、私は彼女と初めて繋がった

彼女名前はNちゃん。私より年下で、多分中学生くらいだったと思う。とにかく私より年が下で、妹のような感覚だったのを覚えている

そんなマイナージャンルだったからか何なのか知らないけど、当時フォロワーさん同士で「嫁」と「旦那」を決めて更に仲良くなる~みたいな遊びが流行っていた。

この時点で意味が分からない。いや、そもそもコレ意味あんのかな

決め方は適当特に仲良しの人同士で役割を決めてプロフに書いたりしてた。何でそんな事やってたのかは今思うとわからん。そのジャンルしか当時居なかったから分からないけど、もしかして腐女子共通の遊びだったのか?

コレ、他の人から見たら意味分かんないだろうな…私も今はやろうと思わないし

でも、今にして思うとコレが最大の誤算だったのかもしれない。こういう役割を下手に決めてしまたから、私はあそこまでにはなってしまったのかも

で、その嫁と旦那という遊びを、私とNちゃんはやることにした。Nちゃんが嫁で、私が旦那。何でそれになったかあんまり覚えてない。まぁ事の成り行きで?

とりあえず、そこからお互いプロフに嫁とか旦那とか書いて、周りのフォロワーさん達からはあそこ仲良しなんだなーくらいの認識で見られてた(と思う)

勿論お互い他のフォロワーさんとも繋がってたけど、この「夫婦制度」のおかげで私とNちゃんものすごく仲良しになった。言ってしまえば毎日ラブラブなような日々を過ごしていた、というか

楽しくなかったと言えば嘘になる。いやホントはめちゃくちゃ楽しかった。毎日のようにお互い好きだー!愛してるー!とリプ上でイチャイチャイチャイチャ

外野から見たらキモいだろうが、少なくとも当時の私達は楽しくて仕方がなかったのである

そこからどれぐらい経ったか、私達は二人から四人になっていた

私達の他にも夫婦が居て、その二人と仲良くなったのだ

名前は…ゴメンぶっちゃけあんま覚えてない。アイコンは覚えてんだけどな…あとフォロワーさんってポンポン名前変えたりするからさ…

まぁ、嫁の方をSちゃん旦那の方をOちゃんとしておこう

四人になってからは、更にそのグループで固まっていた気がする。他のフォロワーさんとも皆仲良くしているのに、その四人で居るのは別格だった。要するにグループが出来ていたのだ。誰にも入り込めないような、そんな結束力のあるグループ

多分その頃が全盛期だったんじゃないかなー。楽しかったもんめちゃくちゃ。この四人で、そして私の大好きなお嫁さんが居ればそれで幸せだった

幸せだった筈なんだけど

ある時から、私には良くないものが生まれ始めた

簡単に言ってしまうと、嫉妬心である

Nちゃんが他のフォロワーさんと話しているだけで、ものすごく嫌な気持ちになってくるのだ

Nちゃんは私のものなのに、私のお嫁さんなのに、どうして私以外と話したりするの。みたいなことを本当に思っていた。

同時に「お前フォロワーさんと話すな言われても無理だろムチャ言うなや」とも思っていたので、まぁ理性と本能のせめぎ合いが毎日始まった

加えて、Nちゃんには私よりも仲良しそうな神絵師と、リア友でもあるフォロワーがそれぞれ一人居たのだ。私には到底到達のできない画力を惜しみなく使う神絵師とめちゃくちゃ仲良さそうに話すNちゃんも、私には分からないリアル学校の話をするNちゃんも嫌で仕方がなかった

けど、私は年上で、Nちゃんは年下だった

そのことが、私の嫉妬心を何とか抑えていた

だって年上の女が年下の女の子に対してそんな醜い独占欲を顕にするなんて、到底考えられないだろう。少なくとも私はそうだった。だから全部を隠してNちゃんと一緒に居た。そうすれば、彼女は私のお嫁さんで居てくれるから

Nちゃん失望されるのが、一番怖かった

ここで一つ言っておくと、別にNちゃんはめちゃくちゃ絵が上手いとか超絶美少女かいうわけではない。ちなみに何度かリアルで会ったことはありますホント本人が見てたら申し訳ない。けど事実

その上で、私はNちゃんものすごく大好きだった

絵師とかじゃなくてもいい、普通女の子でいい。実際会って話をしたらもっと好きになった。これで私も名実ともにリアルにお友達になれたと思って、めちゃくちゃ喜んだ

ただ、Nちゃんのことがとてもとても好きなだけだったのだ

けれどさすがに、私は少々おかしいのではないか?と思う気持ちが、私を苛み始めていた

だってこんなのおかしいだろう。相手は年下の女の子なんだぞ。年下で、フォロワーさんで、会ったのは数回程度で、そんで、女の子

私も女だ

ホラおかし

もしや私は同性愛者?レズっていうよりバイ?いや、そもそもコレは恋なのか?お互いが一番と決めてしまたから、そうじゃないと嫌なだけなのでは?

そんな事を色々と、延々と考えた

一つ言っておくけれども、決して同性愛をする方々のことを侮辱するつもりは無い

でもね、やっぱ初めてそういう気持ちにぶち当たるとね、こういう気持ちなっちゃうもんよ。しか高校生だったしね。素直に受け入れるのは難しかったんだ

今なら、好きになる気持ちにやっぱ性別関係ないんじゃないかなー、と思う。相手女の子なのを悩むのと同じくらい、女の子かいうことを差し置いて好きだ!ってなってたから。女の子でも男の子でも、中身がNちゃんならそれは私の好きになったNちゃんなんだしさ

今まで散々推しカプに言わせていた「男とか女とか関係ない!お前だから好きなんだよ!」という言葉が改めて理解できた瞬間であった。なるほど、こういう気持ちなのだな。うんうん分かるよ分かるよ

が、それとこれとはまた話が別である

その時ハッキリしていたことは、この気持ちを決してNちゃんに悟らせてはならないということだった

私が逆の立場なら、とりあえずビビるビックリする。そしてその後は、好きの度合いにもよるけど、もしかしたら気持ち悪いってなるかもしれない

そう、ドン引きされて、気持ち悪いって思われるのなんて無理だ。心が壊れる

なので私は、毎日毎日湧き上がる嫉妬心を抑えて、少しでも私の存在彼女に焼き付けようと日々頑張っていた。もう私以外と話したりしないでほしい、私だけ見ていてほしい、なんて気持ち悪いことを思いながら

そして、私を驚かせる事件が起きる

なんと、旦那のOちゃんが、離れた場所に暮らす嫁のSちゃんに、クリスマスに会いに行ったと言うのだ。リアルで。

聞いた時は「ええええマジで?!」と思った。ウッソだろお前。逆ならまだしも、Oちゃん学生だぞ?!っていう

Sちゃんは既に成人していたかその間近だったと思うので、逆ならまだ分からんでもない。だって大人もの。けど、Oちゃんはまだまだ学生身分。多分私とそんな変わんないぐらいだったと思う

しか結構距離を離れて暮らしていたと思うのに、Oちゃんは自らの足でSちゃんの元へと向かったのである

しかも、しかもだ

Sちゃんの頬にキスをして、Oちゃんは帰ったと言った

もう衝撃とかい問題ではない。マジで?という感想しか出てこなかった

私は、素直に羨ましいと思ってしまっていた

実際にクリスマスに会って、頬にキスまでして、お互いラブラブで帰って

そんなの、本当の恋人同士のようではないか

なんて羨ましいんだろう

みたいな、そんな気持ち悪いことをひたすら考えてしまった

私はひっそりとお互いに聞いてみた。もしかして、本当にそういう仲なの?と

二人は、「うん」と答えた記憶がある

私は「そんな事が本当にあるんだな…おめでとう!」と祝福したのを覚えている

羨ましい、羨ましい、私もそうなりたい。他の誰でもない、お嫁さんのNちゃん

本当は、心底そう思っていた

けど、言えるわけ無かった

だって本当は分かっているのだ。お嫁さんだの旦那さんだの何だのと言いつつ、私達は二人のような関係にはなれないことを。何より、そんな事になったら、Nちゃんのこれから人生に陰りを落としてしまうと思った。こんな私とそんな仲になったなんてこと、Nちゃんにとっては汚点でしか無いと思った

だってNちゃんと、私の好きは違うんだから

当時の私は、本当にNちゃんのことを女の子として好きだったのかどうかは理解できていなかった。そもそも喪女だし、人を本気で好きになったことなんかほぼ無いし

つまるところ、好きの感覚が分からない

しか相手女の子。好きかどうか考えるより、この気持ちをどうにかして無くしたいとも思っていた

そうすれば楽になれるのに、と

私とNちゃんの好きが違うことも、私が望んでいることは決して実現出来ないことも、全部全部承知の上だった

から私は最後までNちゃんに、本当の本当に気持ちを打ち明けることはしなかった

私って気持ち悪い、気持ち悪い、こんな疚しい気持ちがあるなんて、彼女恋人同士になってみたいと思うなんて、と、毎日考えて自己嫌悪に陥ることばかりしていた

そんなこんなで日々は過ぎていくのだが

陰りは私達以外の夫婦にも、実は見えていた

嫁のSちゃんが、私に頻繁にLINE相談をしてくるようになったのだ

内容はあんまり覚えていない。確か、Oちゃんの束縛が酷いとか怖いとか、そんなんだったか?みたいなレベル

話を聞いてなかったんじゃなくて私の記憶力が無いだけです。すみません

けど、私はNちゃんのことも好きだが、この二人のこともそれはそれは大好きだったのだ。Nちゃんに向ける気持ちとは全く違うが、二人には二人の幸せを掴んでほしかった

私とNちゃんでは到達できない所に、私の分まで行ってほしかった気持ちもある

二人の存在に助けられたりすることもあったのだ。主に、「そういうことを考えるのは私だけではないのだな」という安心感に関して

そんで、Sちゃんには相談されるけど、同時にOちゃんにも相談され始めた

内容は…とりあえずSちゃんの事ばっかだったな、うん。もう記憶忘却の彼方だよ

Sちゃんから相談が来ればその後Oちゃんから相談が来る、それが終わればまたSちゃんから……終わらない無限ループである

けど、私は二人に頼られていると思って、必死にお互いの仲を取り持っていた。もう別れる!無理!と言いつつも翌日にはラブラブになっている二人を見て、「良かった、仲良しに戻った…」と安心していたし、私のおかげかと思って嬉しくもなった

しか

私は大抵、自分の言いたいことを押し殺して誰かと誰かの間に入るのが癖だった

中立で居たいんだよね。どちらかに偏って、一方だけを贔屓にするの好きじゃないんだ。まぁ、他人と争う勇気がない臆病者なのだろうとは思うけど

そしてその降り積もった「言いたいこと」は、押し殺せば押し殺すほど途端に爆発してしまものであるということを、私はあまり理解していなかったのだと思う

その日は、明日大事用事があるから早めに寝よう、と思っていた。何の用事だったかは知らない忘れた。とりあえず、その日の私は十分な睡眠を求めていた

そして眠りについたが、深夜2時くらい

LINEが来た

何だ何だ…と思いながら見ると、旦那のOちゃん

またしても喧嘩したらしい、Sちゃん

たかよ。というか今何時だと思ってんだ。と思ったけど、私は話を聞いた。早めに切り上げたらまだ全然寝れるだろ、と思ったか

しかし、思いの外話は終わらなかった

正直寝たくて堪らなかった。そもそも私は三度の飯より睡眠が大好きなのだ邪魔されてはたまったもんではない

でも今回の話を聞いているとなかなかに切羽詰まった印象を受けたので、出来る限りのことをしてあげたかった。なので私は最後まで話を聞き、きちんとアドバイスをした

ほんと寝りゃ良かったのにね。「今話したいんだろうなぁ…じゃあ今聞いてあげないと」とか思ってたからこうなるんやで自分

Oちゃんは、「ありがとう。○○に話したら何でも解決する。本当にありがとう」と言って、結局Sちゃんとはお別れをするという結論に至ったらしい

まぁSちゃんとOちゃんから同時に別れる!別れない!別れる別れない!の話を連日聞かされていたし、今回ばかりはこの子も懲りただろう…と思ったので、これでようやく終わった…と私は安心して眠りについた

その時刻はもう夜明けだった

翌日、眠りはしたものの、全然十分じゃなかった私のコンディションは酷いものだった

しかし頑張った

そりゃネット上の友達もかけがえのないものだが、リアルだって大事なのだ

だが、その後私に送られてきたLINE

「やっぱりヨリを戻すことにした」

というものだった

そこで、堪忍袋の緒が切れた

ハ?私はあれだけ睡眠時間を削って話を一から十まで聞いてお互いが相談したり愚痴ったりしてることを悟らせないように上手く立ち回って、しかしどちらかの味方は良くないからそれも考慮しつつその結論に共に至ったというのに、コイツらはまたこうなったのか?そしてまた今後も私はコレに振り回されるのか?

一気に怒りが湧いてきて、Oちゃんに怒りのLINEを返した

降り積もった我慢が遂に崩れたのだ

こうなると、私は最早怒りを抑えたり相手を許したりするタイプではないと、自分でも分かっていた

Oちゃんから謝罪が来た。まぁ怒ったからな私。けど許す気も無かったし、また仲直りした所で同じことが起きるのは明白だった

私は、このジャンルから逃げ出してしまいたいと思った

もう嫌だ

こんな事に巻き込まれるのも、全然まらない怒りも

ずーっと胸の中で燻っている、Nちゃんへの感情

全部全部無くしてしまいたいと、心の底から思った

結果的に、私は全てのことをTL上でバラして、そのジャンルから姿を消した

文字通り、全部ブチ壊して

簡単に言うと、LINEの内容全部バラして言いたいこと全部言って一方的に消えた。そんな感じ

そのジャンルから離れる時って、まぁキャラに飽きるってこともあるんだろうけど、私の場合人間関係が多かったかもしれない

そこにある人間関係が嫌になって、全部ブチ壊して去ってしまうのだ。その時は自分に悪い所などは無いと思っていたけれど、今となってはなんてTL上の方々にご迷惑をお掛けしてしまったのだろうかと自責の念に駆られている

それでも、本当に頭に来ていた。とにかく何か仕返しをしてやりたかった、相手迷惑な行動を晒し上げてやりたかった。大人気ないと今でも思います。ごめんなさい。

旦那のOちゃんとは、険悪な雰囲気のまま別れた

けれどコレに関しては私も我慢限界だった。ので、謝る気は今も無い

Sちゃんとは、またどこかで会えたらいいねと、若干お互い気まずいまま別れた

Nちゃんとは

正直なところ、あんまり覚えてないんだよね。どうやって別れたっけ

離れる前、夫婦を解消しようってちゃんと言ったのは覚えてる

そんで、思いの外アッサリ、いいよって言われたのも

その時、私は本当に、この子と私の好きは最初から最後まで別だったことを実感した

引き止めてほしかったのか?行かないでと、一人にしないでほしいと言われたかったのか、どうなのか私には分からないけど

ただただ、寂しい気持ちが残った

私は彼女が居なければ当時生きていけないくらい、彼女が好きだったけれど

多分、彼女はそうではなかった

私が居なくたって、きっと私じゃなくたって、誰かが一緒に居てくれるのだろう

それを最後に痛感しながら、私はそのジャンルから卒業したのであった


とは言っても、腐女子から卒業できるわけも無いので()相変わらず別ジャンルで元気に腐女子をやっているよ

もうあれから何年も経ってしまったし、あの時の自分について落ち着いて振り返ることも出来るぐらいにはなった

好きの感覚がわからないとは言ったものの、恐らくこれは恋と呼べるものだったのではないかと、今更ながらに思う

あれからジャンルを移行しても仲良しの人を作るのが怖くて、意識的に人を避けていた。フォロワーさんは居るけど、絶対大事な人は作らないように心がけた。またNちゃんの二の舞になってしまっては自分が困るからである

けどまぁ、続けていればそれなりに付き合いの長い人も出てくるわけで。特定の仲良しさんを作らない!という私の決意は時間と共にどこかへと行ってしまったわけなんですけど

でもそれのおかげで、Nちゃんに向けてた想いを改めて考えることができました

私には現在、お互い別ジャンルをやってるけどめちゃくちゃ仲が良いっていうフォロワーさんが数人居ます。単純な仲良し度で言えばNちゃんと多分変わらない。

でもね、当時彼女に感じていた凄まじい独占欲愛情はその人達には全然向けてないし、ましてや『そういう関係』になりたいと思ったことなんて一度も無いのよ

から、ああやっぱりあれはそういう事だったのか、と。

けど今ではその気持ちも薄れてるし、なんといっても昔のことなので、全ては推測でしかない。だから、恋してたのかも、というレベルに留めておこうと思う

私が彼女に今思うことはただ一つ

あの時はありがとうね。今はもう私のことなんて忘れてるかもしれないけど、それでも良いんだよ。幸せになってね。ということだけです。

以上、ここまで読んでくれてありがとうございました。当時のことを振り返りながら書けて楽しかったです。

今じゃネット恋愛もそんなに珍しくないけど、当時は、というかその時の私は自分感情を本当にアブノーマルだと思って否定し続けていました。今ならまだもうちょっと落ち着いて受け止めることができる…かもしれない

ずーっと自分語りで申し訳ないと思ってます。でもスッキリしたよ。

それでは、閲覧ありがとうございました。

2018-09-10

うんざり

セリーナ表彰式でスピーチをしてブーイングを鎮めたから素晴らしいって?

そもそもてめぇの異常な抗議で会場中を巻き込んだ上に、大会運営委員はセリーナが勝てなくて残念とか言ってんだぞ。

完全にマッチポンプ状態のクソじゃねぇか。

自分権力の強さ自覚してんのかセリーナは。

そしてそれを擁護するはてな民のクソさ。

アメリカは良い国だって擁護したいからってあれは擁護できねぇよ。

チャンピオン誕生の場でずっとセリーナ優先してブーイングし続けてる時点でクソ過ぎる。

アメリカSNSとか掲示板見てみろよ。

擁護してる奴滅茶苦茶少数派だぞ。

なんで日本人擁護してんだよ。

アメリカ擁護 or 左派の癖してうさんくせぇアメリカナショナリストに餌与えんなよ。


あと前から思ってたけど、最近の「一部の人間の行為日本人全体に拡大する手法」にはうんざりする。

もちろん日本純血主義者や差別主義者がたくさんいるのはわかるが、皆が賞賛してる中で必死に一部の差別的ツイートを拾ってきて、日本差別主義者の糞野郎とかあげつらうののどこが差別に対する対抗なんだよ。

4chanのクソレス拾ってきて「アメリカ人は史上最強レイシストの糞野郎」って言ってるのと同義じゃねぇか。

黒人犯罪者ばかり、朝鮮人犯罪者ばかりとか言ってるのと何が違うのか。

どんだけ馬鹿行為してるのか自覚しろよ。


血統主義、出生地主義挙句の果てには、日本語が上手くできてるかどうかで決める言語主義精神日本人かどうかで決めるというわけのわからない精神主義まで出てくるコンセンサスの無さ。

全員お互いに差別主義者と罵り合ってる。

もう、うんざり

2018-09-06

通信会社が「災害掲示板サービス」を開始!ってニュース流れたが、

そもそも電気が無くて困ってると言うのと、一緒にアプリインストールさせようと

しててもう酷いことになってた。

https://anond.hatelabo.jp/20180906004118

いろんなネット掲示板とか見てるけど、安楽死賛成派ってかなり多いよね

ただね、それを政治家が言っちゃうと、選挙落選するから無理なのよ

若者選挙に行かなくて、ジジババはたくさん選挙に行くでしょ

そうすると、ジジババが嫌がる安楽死という政策は無理なのよ

からこの先も安楽死制度化されることはないよ

安楽死制度化するには、多くの若者選挙に行って、その政策をかかげる政治家当選させなきゃいけないんだけど、

若者選挙に行かないそれも無理でしょ

2018-09-05

anond:20180905163006

とある掲示板でひたすらアップ繰り返してたやつが漫画村問題でパタッとあげなくなったの思いだした

酒鬼薔薇王国は終わった

酒鬼薔薇王国は終わった。くそ餓鬼はもともと晒し首になっていたのだけれど、どんどん新しいコンテンツが生まれている。酒鬼薔薇王国検索するとさまざまな文章が出てくる。今回はその一端を紹介したい。

持田は柊を殺したあと頭を撫でてみたいと思った。首を斬るのには飽きた。柊はくそ餓鬼が何を言っても大暴れし続け、アクセス禁止を喰らったあとも場外乱闘を続けた。その脳を、力づくでこの手に入れたかった。手に入れたあとはずっと撫でているだけで良いと思った。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054886905823/episodes/1177354054886905835

持田」とは酒鬼薔薇名前である。もともとは女性セブンという週刊誌が報じた仮名だ。柊龍士郎は元少年Aの呼び名として持田が良いのではないか提案していた。

次は元少年Aのもとを訪問したくそ餓鬼が柊龍士郎に捕まるというもの

酒鬼薔薇聖斗という方がお見えになっています。」よろこんでロビーに降りていくと、柊龍士郎がいた。スーツ姿にサングラスをかけた男が数人うしろにいた。「はいはい最後のツメが甘かったですね。元少年Aは僕と相思相愛なのですよ。」サングラスをかけた男たちは、くそ餓鬼の腕をつかんでホテルの外に連れ出し、車のなかに押し込んだ。その後、くそ餓鬼の姿をみた者はいない。

https://ncode.syosetu.com/n9819ex/

くそ餓鬼と柊の化かし合い(バカ試合)を描いた話である。これまで柊はこうしたコンテンツ王国に投下してきた。しか王国を潰すためにあらゆる場所を使うようになった。掲示板のみにふんぞりかえっているくそ餓鬼はいずれ天誅が下るだろう。

2018-09-04

[]9月4日

○朝食:ソーセージエッグ定食

○昼食:野菜たっぷり的なちゃんぽん(冷食)

○夕食:サラダ、卵、納豆豆腐

○間食:アップルパイモモカン

調子

はややー。

台風の影響で電車が止まると告知されていたので、今日はもう仕事はお休みにした。

会社に連絡すると「今日はもうみんな朝の10時には解散する予定になったから、来なくて正解だったね」と言われたので、よかったよかった。

そんなわけで、午前中は買い物行ったりドラマを見たりしてむっきゅりすごせた。

ところが、午後から台風の影響で停電さら水道も止まりトラブル

日が落ちて、スマホの充電も切れそうだったので、かなり早いけど寝るしかないなーと、外を見ながらぼーっとしてたら

かいマンション電気がついたので「あっ電気が復旧した」と思った、本当に直後、どこからか爆発音と何かが燃える音。

火事だ!」と思った瞬間、財布とスマホを持ってアパートを飛び出した。

正直、この判断がよかったのかどうか微妙なんだけど、その音を聞いた瞬間「隣の部屋だ!」と思ったので、緊急避難的に外に飛び出し、階段を駆け下りた。

結局、火事になってのは隣の部屋ではなくて、アパートの横の電柱

どうも、停電から復旧して電気が流れ出したタイミングで、部品が壊れてしま燃えてたみたい。

「誰も通報していないのである状態になるのが嫌だったので、重複覚悟で119にかけた。

結果としては、僕以外にもかけてくれた人はいたみたいだった。

とはいえ現場にいたのは僕だけだった上に、電柱から日の塊が断続的に地面に落ちていて非常に危なかったので、そこを通ろうとする人に「電柱燃えてるから気をつけてください!」と声をかけるなど、消防車が来るまで色々してた。

どうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、その道ゆく人の一人が「こっわ」と火事確認した後、おもむろにタバコを吸い出して「度胸!」と思いました。

(これ、ラジオのコーナーにできそう、度胸のコーナー)

消防車が来た後は、特に問題なく消火された、よかったよかった。

めちゃくちゃ疲れたけど、今はもう電気水道問題ないので、本当にインフラ周りの人たちや、消防署の人たちには凄い助けられた。

ありがとう水道局。

ありがとう中部電力

ありがとう消防署

ありがとう、市のみなさん。

グラブル

部屋が停電してたので、家にいたのにスマホゲーしか遊べなかった。

今日セラフィックウェポンを星三にするための素材集めをしていた。

土は星三にできて、炎と水は覇者の証以外は集めた。

風はサジタリウスの日になってからやります

それから、ずっと怖くてほったらかしにしていた、共闘クエストを……

結局怖かったので、ノーマルからハードを全部一人でクリアした。

とはいえ、この先はソロ攻略するのは難しそうなので、ネット掲示板か何かで募集しようかなあ。

2018-09-03

たまに掲示板とかで

わたし○○って生理的ダメなんです」みたいに書いてるやつ(多分女)を見ると徹底的にその○○で攻め立てたくなるのは私だけではない筈だ。

2018-09-02

anond:20180902102623

爆サイにある地元についての掲示板には

いつもヤリマン情報のコーナーがあるが

一向に役に立ちそうな情報が得られないな

悲しいよ

2018-08-31

どうも人に話が伝わらない

掲示板に書き込んで質問したりするとなんかよく逸れた感じの答えが返ってくる。

文章見直すと「あーこれは言い方がまずかったなー」とか思うときもあるけど…。


文章だけじゃなくて口頭でも伝わらない。

お前何言ってんのって暗に言われる。

そんなに説明力ないかな。


ところでこの増田の話は通じてんのかな。

anond:20180831114913

氏ね・頃すとかも元々は掲示板NGワードだったからだぞ。

犯罪予告と思われないように「カップル死ね」とは書かずに「カップル爆発しろ」って言ったりな。

いまもTwitterでは凍結される可能性があるので「死ね」「殺す」はいろいろ置き換えられてる。

2018-08-30

ふたば掲示板ってさ

mayでよく書いていたけれど、

ずっと書き込み規制され続けている。

以前によく書き込んでいたスレ荒らしが湧いたのでdelボタンから管理者側への通報しようとしたら、

拒絶されています

って出てきた。

もうなんかダメだ、疲れた

俺の風俗スレを返して欲しい。

たらい回しをした

大企業Web管理してる仕事受託)をしてるんだけど、各部署のクレームを処理する掲示板的があって、そこでたらい回しをした。

直接クレームを受けた部署から、こういった意味合い文言はありますか?ってきかれても、サイトは膨大で全文言を覚えてるわけないし、具体的なワード検索できないと、あるかないかは断言できない。

というわけで、上の部署に振った。そこは全体を管理してる部署からなんとかなるでしょ。

自分でやっといてなんだが、たらい回しはこうやって生まれるのだなあと、感慨深いものがあった。

2018-08-29

anond:20180829085328

掲示板リアルタイムで返答あるまで待ち続ける必要なくね

強要もしてねえし

よくわかんないな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん