「お見合い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お見合いとは

2018-06-21

anond:20180621171422

その女友達お見合いしたらすんなり結婚しそう、焦ってる感ないし。

2018-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20180620192226

子どもに低身長遺伝したら嫌だと思いました。

お見合い中、ずっと腕を組んでいたのも感じ悪かったですね…。

2018-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20180619133132

結婚相談所は入会金が高い分、若い女性を求める男性が多いので、もっとヒドイです。

女性経験がないのに20~30代の清楚な女性希望するので、お見合いすら成立しないとよく聞きます

20代の女性は選びたい放題ですが、30代の女性40代男性しかマッチングしないです。

ごく普通の30代の男性はすぐに結婚が決まって、残りません。

非モテ男性コンシェルジュの口車にのせられて、ずーっと理想女性を求め続けて、売れ残っていく感じです。

2018-06-16

anond:20180616224541

いきなり結婚って話がとびすぎでは!?と思うけどお見合いってそういうもんなんですかね。

こちらは友達経由の合コンだったから、結婚みたいな大事な話はしてないから、まだ気楽かもという感じです。

オタク完璧カミングアウトはしてないけど、マンガ好きだし絵も描くしネットで会った友達と会うとかは話して、今のところそんな引かれてない(ディープな話はしていない)

そのへんのカムアウトで色々変わるよなーということにもやっと思い至りました。

anond:20180616222552

お見合いめっちゃ気に入られて、プレゼントも貰っちゃって、

どんどんもりあがる相手の方の話を訊きながら

やばいやばいどうしよう恋愛なんかしたこともないのに

恋もせずにいきなり結婚??????どうするのどうするの

と思いつつ推しCD発売日でショルダーに予約して貰ってきたのが入ってて

早く聴きたいのにまだ帰れないんだよなぁ

と帰路の新快速歌詞カードみながら思ったときお断りしなきゃって思った

そのとき増田さんの書き込みで思い出しました。

2018-06-15

鎌田れいっていうお見合いおばさん

東洋経済オンラインコラムが読めるんだけど凄く面白いアラフォーアラフィフ婚活事情リアルに分かる。早く結婚してよかったって思える作品。ああい記事もっと読みたい。他にもこういうコラムとかってどっかにある?知ってる人いたら教えて。

2018-06-12

実際お見合い制度は、選ぶかどうかは個人選択として残しておくとしても、需要がないわけではなさそう

男性側は需要ありそうだし、女性側にも全く需要がないってわけでもないと思うんだけど

無敵の人を倒す方法は大切なものを与えてやるしかない。まぁ金と家族ですな。経済対策やって、お見合いを復活させるのが問題解決の近道でしょう。

2018-06-09

anond:20180609133009

兄弟青学NTTの人も証券会社も同じでした。(職場の当時は一般職と呼ばれる同僚と結婚してた。)

もちろん理系高学歴専門職高学歴専門職女性も多く職場結婚してましたが、

キャリアがあっても意外と共働きはせずに妻の方が退職してましたね…

職務によっては両立が大変だからでしょう

メーカーの仮に東大卒でも職場同僚の事務員結婚するので、正社員派遣の専門卒と短大卒と高卒職場結婚してました

義姉や私もそんな感じです

あとは職場高学歴男子お見合い結婚も多かったです。お相手開業医の娘である女医さんとか実家が太いお嬢様です。

合コン英会話教室等もチラホラあります

そういった場合相手女性富裕層出身の方が多かったです

社宅は子どもが小さい人ばかりなので若い子持ち専業主婦多かったですね

社宅を出るような年代になって、子が大きくなると派遣フルタイムパートも増えますが、海外含めて転勤族もいるので再就職せずに

ずっと専業主婦の人もいます

意外とそんなもんですよ

2018-06-08

新婚なのに一人暮らしが楽しすぎる

一年前に結婚、夫が仕事海外に行ってる為、半年から一人暮らしをしている。

一人暮らしをする前は、寂しくて寂しくて欝になるのではと心配していたが、ところがどっこい、私は今一人暮らしがめちゃくちゃ楽しい

いかにも昭和といった価値観をひきずる晩婚の父と、PTAで幅を利かす名物ボスママな母の間に生まれた私は、ものすごく過保護人生を送ってきた。

禁止事項の多いこと多いこと。物心ついた時には既に、アニメゲーム漫画スナック菓子炭酸飲料禁止バラエティ番組は親と一緒に視聴が絶対だった。

週6日習い事に通っていたし、遊ぶ友達も親が選んでいたところがあり、親が気に食わない子と遊ぶと物凄く叱られたり、ママ友を従えて友達母親いじめたりした。

部活動運動部吹奏楽部しか認められなかった。大学生になってもアルバイトサークル活動禁止だったし、門限は8時だった。

まぁ勿論全てを素直に聞いていたかというとそんなことはなく、卓球部に籍だけ置いて演劇部活動したり、単発バイトをしたり、カバーをかけてラノベを読んだり、勉強合宿と嘘をついて彼氏ラブホに行ったり、色々知恵を絞って過保護の網をくぐる生活を送った。ものすごくしんどかったけど。

社会人になり門限はなくなったが、過保護、過干渉は無くならずとても苦労した。

一昨年、親がお見合いの話をしそうだったので先回りして、内緒で付き合ってきた彼を、親に紹介。夫がそこそこハイスペック(笑)で、既にお互い結婚の話をしていたこともありあっという間に結婚まで行くことができた。親も流石に安心したのかもう何も言ってこなくなった。

そして冒頭の話になる。

夕飯がサブウェイでもいい、3日連続雪平鍋からラーメンを直食いしても誰も何にも言わない、トマトを手づかみで食べてもいい。なんだったら食べずに寝ても良い。

いつでも屁をこける。鼻をほじれる。洗濯掃除のペースも節約するポイントも、柔軟剤も、全部好きに決められる!

友達クラブオールして遊び倒しても誰も何も言わない。思い立ったらすぐフラーッとツーリングに行けるし、webAVレンタルしてリビングで見ながら自慰もできる。とにかく、自由だ!

最近趣味オフロードコースに通い、モトクロスもどきを始めた。上手く一気に登れたらめちゃくちゃ楽しい。こんなこと両親や夫がいたら絶対できないだろうなぁ。

ああ、結婚する前に一人暮らしを始めなくて、本当に良かった。絶対結婚する機会を逃していた筈だ。こんなに楽しいんだから

たまに夫の存在を忘れかけることがある。

たまには会いたいけれど、たまにで、いいかな。

anond:20180608142759

大きく避けると逆に危ないこともあるし、お見合いになることも多いし、ちょっと身を捻ってかわそうとして失敗するパターンが多い。

2018-06-06

anond:20170614142415

男嫌いらしい頭の悪い暴論。主観しか無い。

 

 

>女はお前たち男みたいにそこまで見た目にこだわらねぇよ。

 

自分あくまで女の一人に過ぎないのに何故女全体の考えが解るのか。

 

 

>男ウケってなんだよ、オシャレは自分のためにするものだろ? なんで男に媚びなきゃいけないんだ。

 

「男ウケする化粧」なんていうもの女性向け雑誌化粧品会社が作っているものであって男が要求しているものではない。男に怒りの矛先を向ける事はやつ当りだ。

例えば男だって「女にモテる服」というもの雑誌ファッション業界から押し付けられているが、それを理由として男から「なんで女に媚びなきゃいけないんだ」と言われても困るだろう。

 

 

>良い年をしたおっさんでも若い子を選ぶのが当然という、若さ至上主義価値観気持ち悪い。

 

若い女の方が好ましいのは当然で、これを気持ち悪いと言うなら人間に向いていない。

 

 

労働力が足りなくなったから女も男と同じように働いてくれと、家事育児をやりながら仕事までやらせようとする。

>そのくせ、少子化労働力が足りないから、家事育児をしながら男と同じように働けという、更に無理だ。

 

同じようにと書いているが、女は男と同じようには働いていない。労働時間労働災害の率、過労死の率は全て男の方が多い。

 

 

非正規を女の役割としていたツケが、今の少子化ともいえる。

 

日本少子化の原因はお見合い結婚の減少だと結論が出ている。

http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/2005/01/pdf/016-028.pdf

「出生動向基本調査」 における夫妻の出会いきっかけに関するデータを用いて, 過去 30 年間の初婚率の低下量を要因分解したところ,低下分の約 5 割が 「見合い結婚 (親せき・上役の紹介を含む)」 の減少によって, 4 割近くが 「職場仕事関係で」 の結婚 (職縁結婚) の減少によって説明できることがわかった。

 

 

>女に支持される女キャラは自立した女、男に支持される女キャラ内面が幼稚な女キャラ本来なら、男も女も自立した女キャラを支持するのが自然なのに

 

男女の読者にそれぞれどんなキャラクターが好まれているのかという話は主観しか無い。自立したキャラ、幼稚なキャラ基準は何か。

 

 

家事育児をしてくれたら良い、性欲処理してくれたら良い、などなど…下に見て対等な人間として見ていない男が多い、自分差別していることに気付いていない人間も多いが。

 

男が女に何かを求める事自体否定している。

女が男に対し、生活費を稼いできてくれれば良い、家事育児をしてくれたら良いと何かを求める事は男を下に見ているという事なのか。

2018-06-03

お見合いした

自分アラサー。知り合いの薦めで真面目なお見合いをした。場所も真面目な場所。お互いの紹介者を通して紹介されて、小一時間相手の方と話しをした。

自分コミュニケーションスキルもそんなに高くないからか、会話もそんなに盛り上がらず、尋問みたいになってしまったけど。

相手も途中から飽きてたと思う。バッグの留め具ガチャガチャしてたし。こっちの話題がつまらなかったら、自分から話題振ってよって思った。

相手のせいにするのは悪いけど、そんな姿を見ると、こっちのテンションも下がってきて「次はないかな?」って思った。礼儀として連絡先を交換したけど、まだ最低限のお礼しかしてない。

お互い解散して、しばらくして自分仲介から相手の方は、次も是非会いたいようだ」と連絡があった。

えー。絶対嘘。

相手仲介者が相手を説得して言わせていると思った。

今一テンション上がらない相手と、何回か会ってみて、進めていくのがお見合いなの?続けて会ってみて良いところを見つけていくもの

相手テンションが上がらない理由は、

・会話を広げていく感じがしなかった

視野が狭い感じがして、価値観が合わなそう

一回会っただけで色々わがまま言ってるような気がするけど、アラサー恋愛経験が不足してる自分に、助言がほしい。

2018-05-28

anond:20180528223451

まずは独身を直せばいい。

世にはお見合いやら婚活パーティーやらいろいろあってな。

そういったものを試みていくうちに、直すべき次の一手が分かってくるものなのだ

それが分かったら、あらためてここに来るがよい。

anond:20180528112429

高齢処女高齢童貞も、30以上なら健全子供生産寄与しがたいので、

その案は意味がない。

彼らに懲罰的課税を行い、その分を20代以下の男女に回す必要がある。

もちろん、30代以上になっても独身者のままなら、同様に懲罰的課税を行う。


そうなると非モテの反乱が心配だが、

それについては弾圧か、もしくは公衆お見合い施設等で対処する必要があるだろう。

2018-05-27

anond:20180525230118

昔のお見合い婚と恋愛婚のデータ現代データ比較すると、お見合い婚がゴッソリ減っていて、じゃあそのぶん恋愛婚が増えて補ってるか?って言うとそうでもないので、「単純にお見合い婚ぶん減った。その結果、全体の結婚が減った」となってるみたいだよね。数字が。

p_shirokuma(熊代亨)さんのツイート: "生殖から遠ざかること最先端日本個人レベルでみれば理想ですが、社会レベルでみれば完全に壊れていて、この社会は持続できない。 https://t.co/TKW1KHvvi2"

https://twitter.com/twit_shirokuma/status/999867685180592128

まさに「合成の誤謬」なんだよね。

特に女性って男の色恋沙汰を仲間内回覧板して笑い者にするけど、それはSNSよりも前の時代からあった。現に俺の知り合いが愚痴ってたりした。だから男が手を出さなくなる要因の一つになってる。まあ性別わず行われてるんだろうけど。

少子化を強化する遠因として"色恋アタック回覧行為"がある」という事実は確からしく横たわっている。

不快ハラスメントイジメと感じるか否かは本人に依存する。人生人間関係に於ける哲学とか美学ポリシーマナーも本人に依存する。それとは別で、社会判断としてのセーフとアウトの線引きがある。社会はどこまでその「個人差」に付き合うべきか?個人社会に合わせるか、社会個人に合わせるか。

2018-05-26

彼氏いないの?えー!意外!

この言葉自体が相当薄いし

挙句の果てにはお見合いとかしたら?とか

なんで結婚することは前提みたいなかんじなのか

最近特に女性と話すとこんなんばっかでやになる

現在特に結婚したいと思ってないけど、こういう外野がめんどくさすぎてそのせいで適当結婚しそうだ

親も友達も先輩もうるさいんじゃ〜

anond:20180526090501

男も「自分から積極的に付き合いたいほどではないが、向こうから来るなら考えてもいい」ってゾーンが広い人は多い。

ただ、色恋は失敗して反省して次修正してというのを繰り返さないと絶対いい人と巡り会えないのに失敗が許容できなくなってきたんだとおもう。

あと、お見合いが廃れ、職場結婚セクハラ絡みでしにくくなり(まあ、仕事を快適に進めるためだからこの流れはいいとは思うが)、意識的に外に出ないと配偶者を見つけられなってる。

まだまだブラック労働風土があるから休みもそうそう取れない、不安定かつ低収入労働ばかりが増え結婚しにくくなってる過渡期がいま。

2018-05-23

anond:20180523141625

要するに性的競争力を国がランク付けして上位カップルから強制的お見合い結婚させていくみたいな仕組みが欲しいのか

自分性的価値と異性に求める魅力のレベルって必ずしも釣り合わないから下位夫婦レスばっかりになりそうだな

いや、完全ランダムでいいよ。結婚もいらない。

期間で回転させればいい。

資産身分立場関係なしのサノス方式で。

anond:20180523141246

要するに性的競争力を国がランク付けして上位カップルから強制的お見合い結婚させていくみたいな仕組みが欲しいのか

自分性的価値と異性に求める魅力のレベルって必ずしも釣り合わないから下位夫婦レスばっかりになりそうだな

2018-05-20

反対する親を説得して円満結婚できた話

一族みな医者/歯医者で、結婚お見合いほとんどという家に生まれた。

成績は良かったし、親から勧められたか自分医者になった。人生設計は基本親の意見尊重していたし、よく相談もしていた。

気の合う彼女ができて結婚したい旨を両親に伝えた。しか職業や家柄なんかを理由に反対された。それも結構ひどく、理不尽さを感じるくらいに。

最終的に4年かかって説得し、円満結婚に至った。もし結婚反対されて、デキ婚とか駆け落ち狙ってる人がいたら読んでほしい。

結婚するためにやったこ

1. 味方をつくる

結婚を反対されている話を兄弟友達に隠さず話し、相談した。時には古臭い考えや価値観固執する親を馬鹿にするような笑い話もした。親からくるLINEの文面をみせて、あまりに偏った考えなので引かれたこともあった。ずっと愚痴ってると兄弟や友人もあまり良い顔はしなかったけど、よくよく聞いてくれた。一人で隠して取り組んでたら潰れていただろう。

彼女の両親にも挨拶し、反対されていることとそれでも円満結婚を目指し説得することを宣言して、味方になってもらえた。

2. 言葉にする

有言実行。「反対されてるけど、家を出る覚悟結婚するつもりだ」と言い続けた。彼女には「最後まで円満結婚を目指して一緒に頑張ろう」とお互いを鼓舞し続けた。言葉にすると、モヤモヤも整理され、自分の中に一貫性生まれる。

3. 両親に影響力のある人物を抑える

両親の意思決定に影響する人物(祖父母)を抑えた。抑える方法は下記。かといって「両親に結婚を許すよういってよ〜」なんてことは頼まない。

4. 「影響力の武器

ビジネス書を読み漁る中でこれは役に立った。例えば返報性の原理。人に与えた恩は忘れられない。母の日父の日誕生日敬老の日(祖父母)には贈り物をしたり、旅行にいったりした。

MBAを持つ上司から聞いた「パワーと影響力」の話も役に立った。

5. 相手価値観を知る

1家を出て一人暮らしを15年していたので、両親と自分ギャップがあることを感じていた。なるべく帰省して他愛のない話を繰り返した。帰省しても結婚のけの字も出さなかった。親の育ってきた環境価値観、息子への思いなどを言葉の端々から感じ取った。

6. アンガマネージメントストレスケア

両親は自分が最も大切にしている人である。そのためその両親に意思決定否定される事はものすごくストレスであった。両親に否定されることがストレスであることを自覚し、運動や遊びでストレスを発散し、自分の意欲を高める仕事選択する、無理しすぎないなどストレスケアに達した。

7. コミュニケーションスキルトレーニングを受ける

医者なので「コミュニケーション技術研修会」や「意思決定支援に関する資料」などで勉強やすかった。基本は相手との認識価値観ギャップを埋め、相互理解し、発展的な解決を目指すというフレームがある。また細かな言葉の選び方や傾聴のスキルも学んだことで親とのコミュニケーションの質を高めた。

8. 彼女を愛し続ける

両親と彼女、どちらか捨てろと言う状況に置かれ続けた。その中で彼女を愛し続けると言うのはとても難しい。なのでどんなに忙しくても彼女時間を取ることを大切にし、定期的に温泉旅行に行って、いろんなレクリエーションに挑戦し、出張があっても月に2回は必ず会った。反対されている話も包み隠さず伝えた。相性が良かったのでセックスレス意識することはなかったけど別に体の感激に溺れていたわけでもなかった。愛し続けるのに最も有用だったのは対話することだった。

9. 親のいいなりになってひどく残念な人生を歩むという妄想をする

彼女と別れ、親の言う通りにお見合いし、へそを曲げて「こんなの自分希望してない」といいながら消極的人生を送る、という妄想を繰り返すことで「いやいや、こうあってはいけない」と思い直した。

付き合って3年半

彼女は30になり、これ以上結婚を先送りにできないと考えもう籍だけ入れて二人で勝手同棲してしまおうと、新しいアパートを借りて二ヶ月後から同棲を始めようかとしている時、何があっても応じなかった親が折れた。

同棲は一旦先送りにして彼女を紹介でき(紹介すら許されなかった)、顔合わせをして、立派な結納をして、二人の望む結婚式と披露宴をあげた。もちろん親も親族もみな参加して祝ってくれた。

あの頃の反対はなんだったのかと思うくらい家族間は仲が良いし、念願の子供も出来てトントン拍子に人生が進んでいる。

別にお見合いが悪いとも思わないし、反対を押し切った結婚を推奨するわけではない。ただ、この大きな壁を乗り切ったことで人間として大きく成長し、妻ともより深い関係が築け、自分が決めていく人生を歩み始めることができた。30歳は而立というが、まさにそんなターニングポイントだったと思う。

理屈ぽくかいたけど、何よりどんなに反対されても結婚したい女性出会たことが一番なのかもしれん。

親に結婚を反対されている人の励みになれば幸い。

anond:20180520091202

色恋ばかりは1人に対して1人の世界なんだから、誰かが、もてない、自分から行かないやつにもべらぼうにいい女を紹介してくれることなんて無いよ。

どうしてもほしければ、親が持ってきた縁談話にでものることだな。

そういう意味ではお見合いなんてのは恥ずかしがり屋、周りの評価ものすごい気にする日本人にとってベストものだったのかもな。

anond:20180514122258

私も弟と二人暮らし、両親からあんたら夫婦のようだね」と言われます家事完全分担で、夜は一緒に近所を散歩し、買い出しに二人で出かけ、同じアニメを観て、ゲーム協力プレイしてます

だけど、私は婚活中です。

男と面接お見合い)すると感じるのは、

男は相手結婚するかもしれない女ってだけでバカになる

ってこと。

話し方も歩き方もデレデレへなへなして、女性に甘えだし、どこに行くか何するかどうしたらいいかと何でもかんでも指示を仰ぎ、女の後ろをしがみつくように歩き、恐らく日常社会では出していないだろう高めのトーンで(当事者比較赤ちゃん言葉になる。(男に言わせるとこれは女性大事に扱っている態度らしいが)

から、女も対男となると態度や話すこと、内容、あまつさえ人格すらもが変わってる人は多いのだろうなあと思う。悪い方向へ。

まり男も女も同性と同じ態度で異性に接せられてる人間は少なくて、

性別が違うと、もうそれだけで異性の世界と同じ世界を見れないのではないだろうかと思うことがある。

それこそが、「同性には尊敬できてすばらしい人がいるのに異性にはバカしかいない」(そこまでいってない)という発展の仕方を助けているのではないか……などと思うのだけど……。

自分尊敬する人物も、好みのタイプの異性の前では本能に抗えずバカを演じているかもしれない………と感じるところが私にはある。

婚活マンガで「女友達したことなら気にならないことが、婚活相手がやったとなると俄然許せなくなるのはなぜなのか?」と自分気持ちのやりどころに悩んでいる文章があった。これは本当にそうで、ワリカンや食事マナーデートプラン丸投げなど、私も女友達ならいくらでも奢りたいし、お見合い相手に怒るようなことで友達に腹が立ったことが一度もない。なぜかそれがデート相手だと腹が立つところがある。ふだん友達みたいな関係の夫がほしいとかほざいてるのになぜなんだ。

男同士間、女同士間では誉めそやし尊敬されて明瞭快活な人物も、結婚恋愛相手に会うと途端にお互いに理性が飛び、感情下半身丸出しでバカしか見えない状態になる人(またはそこに近づいてゆく人)は実はとても多いのだろうな、と感じている。

そうでない人はだれにでも取っつきやすいからすぐ結婚信頼関係の構築に至れるのだろう。

売れ残りやすいのは私や私がみてきたような男性で、

そんな男は女からはデレデレ頼りなくバカに見え、そんな女は男から感情的でキレやす理論的に考えられないダメな生き物になるのじゃないか

やはり、男でも女でも性差への偏見の目がなく相手個性、人となりにダイレクトに接することができる人は素晴らしい。

話はそれるが、

男性が好みの女性に対して甘えだしてキモくなる現象に関しては発見があって、

男→女 の見る目は

自分(猫好きの女)→猫 の見る目と

変わらないということに気づいてから色々捗っている。

これは以前ネット

猫を飼っていても、他の猫ちゃんはどんな感じなのか気になって猫カフェにいって〝浮気〟してしま女性心理を、男性が奥さんがいてもキャバクラに通ってしま心理と同じと言っている人がいて気づかされたことなんだけど、

昔は女と接するときだけクネクネしたりニヤニヤしたり汗かきだしたりと態度が変わる男性がきもくて仕方なかったが、自分の対猫の姿勢を考えたらなるほど!と理解できてしまった。

もう相手が猫ってだけで感情が爆発してしまうから私も男だったらキモ男だったんだな!!と。

私がもし男だったら、デート相手女性)に距離感ゼロで初っぱなから甘えてみたり、自分がしたいだけなのに親切ぶって過剰にかまってウザがられたり、勝手にした世話に期待した反応がないとキレたり、ほしいと言われてもない物を与えて満足し相手が本当にほしがってる物は値段が高いからとみて見ぬ振りしたり、冗談で私は嫁にATM扱いされてますからとか周りに言ったりしてるんだろうなっていうかこれ猫にしてることだ全部。

あとは、自分愛猫に嫌われてるので、つい猫の前で発狂してキモい声出してデレデレクネクネして格下にみられちゃうのをやめて尊敬され愛される飼い主になりたいんだなあ

2018-05-18

千葉県のYさん

ネットサーフィン死語)をしていたら、『ニセコイ』『橘万里花』『千葉県のYさん』を知った。

Wikipediaを読んだら、橘万里花の項目に、

最終回では後述の千葉県のYさんとお見合いをすることが示唆されている。

と書いてあるのだが、この「後述」の部分が見当たらない。

見当たらない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん