「戯言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戯言とは

2022-05-18

吹奏楽団体プロとは

全国にはたくさんプロオケ吹奏楽団体がある。

毎年吹奏楽コンクールがあるおかげでどちらも盛んで良い文化だと思う。

アマチュア吹奏楽団がコンクールに出る際、「職業演奏家」の参加はチーム失格となるほど大きな罰となっている。

そこでアマチュアプロの境目はどこにあるのかが疑問だ。

近年、演奏家Youtuberとして現役の音楽学校に通っている学生や、その後フリーランスで頑張っている方々が投稿していたりする。

自称プロ、という方もいれば、やってみた、という方もいて様々だ。

時代認知の差でもあるが、私は、難易度の高いソロコンクールの受賞歴があったり、伝統あるオーケストラ吹奏楽団に所属しているプレイヤープロだと思っている。

前者はソリストプレイヤーとしての腕が認められている結果、後者狭き門であるオーディション突破し、生業に出来た人たちだ。

お金を稼げればプロなのでは?というのはあまり疑問ではない。

事実自称プロでもお金を稼げているならプロなのだろう。

定期演奏会等での演奏の質で「さすがプロ」と思いたいところだが、

最近集客懸念からゲーム音楽歌謡曲ばかりを大きなコンサートホールで聴いている。

ゲーム音楽歌謡曲ももちろん好きだが、何かが知らないうちに変わっていた。

特に吹奏楽吹奏楽コンクールでの課題曲ゲーム音楽等で1年間の演奏会を回している印象が強い。

若手への教育教養文化を育てる方法が、少しずつ変化している。

私はそういった演奏会が決して嫌いではない。

しかし、鬼滅の刃やその他の歌謡曲演奏するために芸術大学音楽学校は存在するのだろうか?

クラシック音楽だけで生計を立てるのは難しいのは十分に理解しているが、クラシック音楽を普及させない政治が悪いのだろうか?

アニメソングを吹いてすごい、と言われるには将来西洋楽器必要ないのでは?と思うととても不安である

先週、とあるプロ吹奏楽団のプレイヤーお話する機会があった際に

その方の楽器クラシック音楽がとても好きなので、あれこれ会話が盛り上がると思ったら

楽譜も曲目も知らないどころか現代のその分野の演奏家すら知らず消沈。

時代の流れを感じた老人の戯言である

2022-05-14

anond:20220514070240

このオッサンがそういうの好きなだけなのでは…?

一時期AV観てたけど当時ですらいわゆるレイプ物の割合そんなに無い

そういうの苦手で避けてたのもあって殆ど観た記憶が無いんだが

動画内で「いや~♡」とか言ってるのをレイプ物と含めるなら打率上がるだろうがそれでも4、5割行くか行かないかだった体感

この怪しいオッサンがそういうの好きなだけでは?

変態戯言なんて嘘より酷いのでは…?

2022-05-07

増田特定したがるやついるけど

あの執念は何なの?

たかネット戯言に対してブチ切れて危害加えようとする姿はまさに低能先生Jr.なんだが

2022-05-06

酔っ払い戯言

酒の席で自虐は受けないのにしてしまった。

何も受けないのに。

あーあ早く死にたいな。

なんでみんな自信満々なんんだろうな?

俺も根拠のない自信が欲しかったな!

なんなんだろうな!

なんで皆んなそんなに結婚したり評価されたりして、俺は誰にも自分でさえにもなれないんだろうな!

早く地獄に落ちるとか報われないとか示されたりしないのかな!

どうしてなんだろうな!

俺は示して欲しいな!

早く示してくれたらその道に最短距離で動くのにな!

天才が溢れてる世の中にいながら何故

愚か者を導いてくれないのか?

2022-05-04

anond:20220504115817

金と時間を出さないと作れないな。

から勝手に生えてくると思って、金を削り、不安定にして、たまに歩みだした愚か者を騙してはめ込むばかりが活発になって焦土化させた新自由主義者日本では良い研究が生まれないと戯言を吐く。

国立大学法人化みたいな、よくわかってない外部の連中がひっかきまわせばうまくいくんだと失敗した責任自分たちは負わない。

ケインズ主義時代のまでと1990年それからしばらくは日本世界トップレベル研究国だったのにな。

2022-04-27

小説家SNS宣伝程度にするべきではについて。

前回、小説家SNS宣伝程度にとどめるべきではないかという戯言を書いた気がする。その際有難いことに記事の反応として三件頂けた。

正直、こんな酔っ払いのような中身のない話にいくつか意見を頂けたことに対して有難いと感じた。

届いた三件の言葉から引用して、今現在どう思っているかについて軽く触れておきたい。

<言うて三島由紀夫を挙げるまでもなく小説家なんて政治に物申してなんぼやろ。むしろそれが教養人としての責務やで。>

小説家政治に関わり、意見を述べることについては良いことだと思う。教養人として言論人として政治に介入することはある程度の責任を負うことだが、

自らの立ち位置を明確にしたうえで発言することが教養人の責務であるという点に私は感嘆した。

小説家だろうが誰だろうが、SNSを使うのは別にいいと思う。言いたいことを言えばいい。ただ、その結果、責任は本人が取らなくてはいけない。 あとはフォローする側が、相手に対して...>

言いたいことを言えばいいというのはもちろんのことだ。ただ、社会的ステータスの高い立場からデマ情報ファクトチェックせずに流す行為について、ある程度責任的な所在を明確にすることや、明確な悪意が認められた際に法による裁きを受けることは当然ではないだろうか。一時的謝罪もそうだが、悪質な場合は法の判断必要ではないか。その場合司法機関阿鼻叫喚になる気がするが。

言論自由だろ ツイッターネトウヨ判定されて知名度が良くない意味で増えたとしてもそれも含めて漫画家の魅力である

言論は確かに自由であるべきだが、かといって大多数の人間は「自由」の意味をはき違えているようにしか思えない。ただ、炎上商法という点については成功の部類だし、魅力として売りに出すことに特別に異議を申し立てるわけではない。

 補足しておくが、私は言論弾圧がしたいわけではない。既存政治に対して立場から意見を述べること。社会時事問題に関する個人見解。多様な視点から意見として集約されることは良いことだ。重要なのは社会的立場からデマ情報を流布することに対する責任所在の明確を求めるべきではないか

2022-04-25

anond:20220425124614

初心者増田、騙されるな

急落は買いってのはここ10しか知らない自称中級者投資家戯言


FRBの利上げも終わりが見えず、リセッション兆候もある

NISAiDeCoインデックス投資は止めないが、それ以外の個別株なんかはよーく考えろ

2022-04-24

ゾーニングってのは国防と同じで、必要だけど警戒すべき規制という程度のものしかない。

まあゾーニングの名のもとに差別的弾圧正当化したがる連中が大勢いるのは、国防の名のもとに侵略正当化したがる連中がいるのと同じで、それは常に警戒し続けなければならんのはその通りだが、とは言え勢い余って「ゾーニングなんて不要」とか「国防なんて不要」と言ったらそれはそれで馬鹿戯言なのよ。

2022-04-22

anond:20220421210733

「オイオイオ死ぬわアイツ」

どこからともなくそのような声が聞こえた方へ目をやると散歩するかのように歩む男居た。その手には刃物。薪割り用だろうか。
男の視線テントを物色するイノシシへ向けられた。

ご存知だろうか?野生動物は意外と人馴れしている。ただ人馴れしていると言っても野生動物野生動物へ無関心な農夫などに馴れているのだ。
当然ながら自身危害を加えそうな者には警戒をするし、怯えから予測不可能な行動を取りそうな者にも野生動物は警戒を示すのだ。

男の歩みは驚くほど緊張感がなく自然体だった。キャンプ場という自然へ溶け込むような、まるで男が置かれている環境を利用するかのような歩みで、確かに目の前にいるはずの男、その男存在感希薄なのである

ついに男はイノシシへ手を伸ばせば届きそうな距離まで肉薄し、一閃。

都合の良い餌場を得たと油断していたイノシシは急に身体へ走る痛みへ驚き、その痛みを与えてきた者がいつの間にか直ぐ近くへ居ることに驚いた。
イノシシは親から子へ受け継がれる本能のまま、考えるよりも速くすかさず体当たり選択したものの男は後ろ歩きで軽く回避する。

「ほう蹴り足ですか・・・たいしたものですね」

メガネをクイッと動かしながら傍観していた別の男が言葉をこぼした。

運動において蹴り足は重要アスリートも蹴り足にこだわりを持っている人が居るくらいです」

男が体当たり回避したことによりイノシシ思考現実へ追いつく。初撃で蹴り足の力を奪われ体当たり威力を削がれていたのだ。

男は刃物を振り回し、冷静にイノシシ視覚聴覚嗅覚を奪って行く。

ピギィッッッ!

光がなく音も無い暗黒の世界でしっかりと大地を踏みしめイノシシ雄叫びを上げる。気道にたまる血を雄叫びと共に吐き捨て息を整える。

コイツは強大な敵だ。負ければ死n・・・思考が急な衝撃によって遮断される。息をついたスキを狙う男の強烈なキック
五感制限される状態で平衡を維持するのは難しくイノシシは転倒してしまう。

俺を食え。これがイノシシ最後思考であった。

追記

解説

現代格闘技においても蹴り足の重要性はもはや語るまでもなく、蹴り足を軽視することはボクシングに蹴り技が無いと主張してしまうような思春期中学生戯言と同様であり、高校生ともなれば恥ずかしさのあまり訂正するのが普通です。
男は気配を自然へ溶け込ませ接近しイノシシの蹴り技を奪ったのです。

気配を消すことや視界を奪うこと、脱力した姿勢有用性は、とある闘技場で立証されていることは非常に有名な話で、この男はかなりの「使い手」であることがわかります

🍤たわわとかマジで無くなっても困りはしないんだけど

https://anond.hatelabo.jp/20220422113730

きじゃないものでも擁護しなきゃいけないのが表現の自由の辛いところだ

表自と戦う陣営は「表自は好きなものばかり擁護している」と思い込みがちだが

勘違いしているおフェミさんは多いというか大半なんだけどさー

別に燃えたたわわも宇崎とかも別にきじゃないしどうでも良いんだよね。

というかあの手のしょうもないエロコメは寧ろ嫌いだし、フェミが主張している「エロ」「巨乳」とかも好みでは無いんだよ。

俺の人生の中からたわわな宇崎が消えようが本質的にはどうでも良い。


じゃあ何故反対するのか?

一番には、表現規制戦士の言い分には正当性が無さ過ぎるから

現状では法律にも出版コードにも特に引っかかっていない他者表現及び経済活動キャンセルするには

キャンセルするに至る正当性且つ合理的理由必要なんだが(それこそ作者が逮捕されたとか)

フェミだの反差別界隈がいつまでもいつまでも言うのは

女性搾取がー差別がーTPOがーパリポリコレがー🍤がー国連(の方)が抗議をー(ごく一部の)女性達が不快感をーとかさ


それ、データとかエビデンスあります
あなたお気持ちですよね?


ってなるのよ。

まあクレームしてる本人達根拠なんてお気持ちベース自覚あるからデータ出さずに世間お気持ち感情に訴えかけているんだろうけど。


繰り返すが別に宇崎の月曜日なんてまず読まないし明日打ち切りになっても本当に俺は困らないんだけど、勿論困る人は大勢いるよね?

作品ファンとか、勿論作者や出版社も。その程度の想像力も無かったりする?

それにジェンダークレーマー嫌がらせクレームを一々聞いていると、その矛先はいつか自分の好きな作品、好む表現に向いて燃やされるかも知れない。

毒にも薬にもならない様な癒やし漫画規制されたら、俺は全力で悲しむしキレる。

フェミさんは審査機関を設けて審査させろだの編集部フェミニスト雇えだのフェミ漫画を連載して推せとか戯言吐いてるけど

そういった無駄な事にかかるコストはどこかで自分消費者負担しなければいけないだろう。

何故、ヘイトスピーチを繰り返すフェミニストとか言う気に食わない連中の為に、消費者が損をしなければならないのか?

合理的理由ある?ねーだろ。



後、マジでそこらの表現が燃やされる様になったら、グラビアやってるフェミグラビアとか、表現規制賛成派BL作家作品とか、腐れ腐女子二次創作とか

キモいオッサン晒す動画とか、革靴履いてドヤ顔腕組みしてる例のポスターとか、お前らの表現差別的で性的搾取として、規制しなければいけなくなるけど、それで良いのかな。

規制根拠

俺らの不快だと思うお気持ちが🍤です。


まさかポリコレ性差別TPO基準自分達に限り適用されないなどと思ってないよね?

いやフェミBL無罪とか真面目に思ってそうだから救いようが無いんだけど。

キャンセルカルチャー応酬なっちゃうけど、余りにも不毛合理性いからそんな未来は嫌なんだけどね個人的には。

でも想像力に欠けたお気持ちヒスの1bit脳で行動しているヘイトスピーチモンスターフェミニストのクレームを一々聞いてたらそんな未来なっちゃうのよ。

からたわわが燃やされている内に、反対しなきゃいけないんだよね。


ぶっちゃけ巨乳フェチ過ぎてキモいけど、あれが性差別だの搾取だの言われても困る。論理が飛躍し過ぎなんだよマジで

それに女みたいなもんオ○コするだけの道具やんけ、なにムキになっとんねん。

2022-04-15

anond:20220415105706

https://twitter.com/ynys_afallon/status/1514258768804032515

NATO人類史上最も成功した軍事同盟ひとつであり、発足以来70年以上にわたって、NATO同盟諸国の間で武力紛争を起こしておらず、域外国家から攻撃も許していない。日本NATOに接近し、より緊密な関係を構築しようとするのは安全保障上当然のこと。”

https://twitter.com/isezakikenji/status/1514584654527209472

NATOが史上最も成功した軍事同盟だというような戯言は、あの最悪の敗走で終わったアフガン戦を経験し、NATO軍事委員会副議長を務めた友人の米陸軍中将でも言わないでしょう。日本御用学者ぐらいでしょう。”

2022-04-12

さよなら絵梨の感想で「つまり作者(タツキ)は~~」だけはマジで読めてなさすぎると思う

作中で10回ぐらい「劇中に描き出されているのは制作者たちの一部分だけであり、故意に切り出されて誇張、もしくは削除されている部分が多数あります」って話してたよな?

その話読んだ感想が「つまりこの作者は~~~」になるのはおかしいだろ???

作品を見て感じ取った制作者の印象は、制作者が相手にそう思わせるように故意に抜き出したもの、もしくは意図してはいなかったがそうやって伝わってしまったものだって話をずっとしてたよな?

それ読んだ直後の感想でなんで「この作品によると作者の人となりは~~~」になるんだよ?????

マジで話が通じなくてヤバイ

感想って基本的にどんな内容でも自由だと思うんだが、文盲ランダムキーボード打っただけみたいな戯言だけは流石に勘弁してくれ

2022-04-08

じゃあミニスカート女の子に「勘違いしてんじゃねえよ」って叫ぶのもいいのかよ!!

去年だったかブックマーカーが遭遇したと告白してくれた事件だ。

しかクルマで通りかかった男が横断歩道に立っているミニスカート女の子に「勘違いしてんじゃねえよ」みたいな暴言を吐いたという事件だ。

人気コメントを眺めていた俺は、あまりに驚いてしまって、ブクマ先の記事に何書いてあったか、すべて吹っ飛んでしまった。

後日調べた限りでは嘆かわしいことに、こうした暴言は、どの法律条例にも引っかからない。

男が叫んだのは「キモい」と同じ意味だよな?

どっちだろう? 泣きたくなるほどクズなのは

こんなこと言うと貴方たちは、またぞろお得意の表現の自由とやらで擁護するんだろうけどさ

道徳の授業は寝てたのか?? モラル感覚は一体全体どこに置き去りにしてきたんだ??

マンガだってプライドをかけて一生懸命描いてるんだろうが! そうした人間性プロフェッショナリズム無視して安全外野から心無い罵倒を投げておいて、感想から無害です、だと?

キモいと言われる覚悟があるなら、キモいと言っていい、みたいな戯言を吹聴してる奴もいるな。

アニメセリフ現実混同してるんじゃあない。覚悟免罪符にならねーんだよ。

人を傷つけるようなことは、言っちゃいけない って小学生以前の小児でも解ってることだぞ。

クルマで通りがかった暴漢が、横断歩道ミニスカート女性にかけた悪辣言葉

それは彼女を傷つける言葉だということは、議論余地はないはずだ。誰にでもわかる、言語道断事態だよ。

貴方たちの「キモい」はマンガ作家を傷つける恐れはない? 傷つけるつもりはなかった? まさかそんなことを言い出すんじゃなかろうね?

自分たちが何を主張しているのか自覚しろ

この世の中がミニスカートを探して徘徊する邪悪クルマだらけじゃないのは、それを止めているモラルがあるから。言っとくけどモラルを投げ捨てちまったら、横断歩道に立てなくなるのはミニスカートの子だけじゃないんだからな。

これを読んで、そっとタブを閉じて、思考停止して逃げようとした卑怯者。

キモい」は相手を傷つける言葉か・傷つけない言葉か、せめて、自分の胸に聞いてみろ。

2022-04-03

anond:20220403031136

見出しと改行を知らぬ哀れな子羊よ反省しなさい

■いい人はなぜ女に選ばれないのか

はじめに

優しくていい奴はモテない、とことんモテない。

これはいったい何故なのだろうか。

いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。

女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。

実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。

やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。

これはとんだ誤謬である

女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。

だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。

あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。

そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。

まり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである

これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。

女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。

特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。

もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。

実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。

しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである

理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

優しい男の悲惨

男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。

「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。

ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。

そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。

「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。

この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。

男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である

自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。

モテないスパイラルに陥ってしまうのである

一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。

大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。

デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。

「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。

筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。

チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。

女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。

自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。

学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。

仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。

これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのである

しかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。

「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。

これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

ヒトも遺伝子乗り物である

まず第一に、人間だって動物なのである

どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。

ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。

ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。

そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。

逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。

群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。

産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。

セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。

この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。

弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。

運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

これが所謂、good genesとgood dadの関係である

良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。

そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。

これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ

皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である

文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである

少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。

そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。

これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。

一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。

実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

おわりに

優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。

これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。

そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。

優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

いい人はなぜ女に選ばれないのか

・はじめに

 優しくていい奴はモテない、とことんモテない。これはいったい何故なのだろうか。いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。これはとんだ誤謬である

 女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。つまり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである。これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

 まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

 ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

・優しい男の悲惨

 男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

 この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

 そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である。「自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。モテないスパイラルに陥ってしまうのである

 一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

 一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

 こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのであるしかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

・ヒトも遺伝子乗り物である

 まず第一に、人間だって動物なのである。どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

 しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

 なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

 これが所謂、good genesとgood dadの関係である。良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

 この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ。皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

 だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである。少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

 そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

・おわりに

 優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

 男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

 最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

2022-04-01

anond:20220401165731

例え当てつけであっても、生い先短い老人の戯言なんて聞き流すくらいの余裕はあるだろ。

ダラダラ増田やってるうちにでも死んでいなくなるんだし。

2022-03-29

anond:20220329032848

お前の戯言より

最も日本で支持を得てる自民党推しの方が妥当に決まってるだろクソ雑魚ナメクジ

嫌なら対案示してみせろ

出来ないだろ

何故ならお前はクソ雑魚ナメクジからだよ

2022-03-26

anond:20220326152526

MMT のようなキチガイ戯言なんか誰も考えてないぞ?

最近労働者権利意識ばかり一丁前で困るとかい経営者戯言

別に労働者だけじゃなくて会社にも権利はあるけどな

つーか一定以上の規模の会社のやることってほとんど権利のやりとりやんか

権利とか法律を軽視しているうちは永久大企業になれんぞ

2022-03-25

anond:20220324120958

そうやって常に自分とは異なる他者への想像力を働かせるのでなければ、他人にとっては他者であるあなたへ配慮を求めるのも、自己中心的視点しか持てない子供戯言に過ぎない。

脳の容量100の人は、脳の容量50ずつ使って合計100で自分他者について考え想像ができる

脳の容量50の人は、脳の容量50を使ってしまうと自分の事でいっぱいになって他者を考えることはできない

2022-03-24

フェミニスト(?)の方による進撃の巨人評に一オタクが思う事

レベルが低い、フェミニストの方(なのかどうか不明だが、こう書かないと伝わらないと思われるため、便宜上このように書く)の評価に対するオタク側の反応も、それに対する反応も含めて、全部レベルが低い。

余りにレベルが低過ぎて真面目に書くと書く事が多すぎる、要点だけまとめる。

 

オタク側のレベルの低さ

フェミニストへの反論として進撃の巨人世界残酷さ等を持ち出す等、オタク側のレベルの低さも目立っている。

問題とされているのは「その描写がどのようなメッセージを放っている(と解釈されるか)」だ、幾ら残虐描写があっても、それが好ましくない物として描かれるならメッセージ問題無い。

それより、彼らは自分で結局何に反感を覚え、何を言いたいのかが分かっていない。

彼らが不満に感じているのは当然ながら「進撃の巨人が褒められた事」ではない、「進撃の巨人を褒める事をダシにして他の作品が貶された事」だ。

から浅いレベル反論したいなら進撃の巨人ファンとして「進撃の巨人を他作品を貶す道具として使用しないで欲しい」と言っておけば良い。

更に反論したいなら問題にすべきなのは以下の点である

 

メッセージの決定不可能

まずは「その描写がどのようなメッセージを放っている(と解釈されるか)」の前提が本当に正しいのかを考えるべき。

よく言われる事だが、作品解釈は多様である巨乳キャラスカートめくりが出てくるキャラクターは「女性蔑視的なメッセージを発している」とされる訳だが、「本当にその解釈は正しいか?」「唯一絶対の物か?」と疑義を突き付ける事は可能

作品に対する「女性蔑視的なメッセージを発している」という解釈は、結局数ある解釈の内の1つに過ぎない。「作品メッセージ」なるものを決定する事は読者はおろか作者にも出来ない、まずはその点を強調すべき。

 

ただの感想か、対応を求める抗議か

作品を貶そうと褒めようと、それがただの感想なら、そんなもの表現の自由範疇内。

元になったツイートを見る限り、これはただの感想の域を出ないだろう。なら出版社や作者は気に入らないなら無視すれば良いだけだし、とやかく言う事でもない。

勿論他人感想に対して感想を言うのも自由だが、出版社や作者に対応を求めるような抗議であればもっと発言した側の責任は重くなる、まずはどちらか見極めるべき。

 

作品価値多様性

貶される側の作品は具体的にどれか、他の増田で例として挙げられていたのでここでも「ぼく勉」を採用すると、

かにあの作品ラブコメである性質上、スカートめくり女性キャラクターの描き方周辺は「フェミニズム視線で見れば」脇が甘い。

ただ、作品価値を決めるのは当然ながら「フェミニズム視線」だけではない、

萌え文化文脈で見れば、漫画マルチエンドを採用した意欲作として評価する事も可能作品である

オタク達が結局気に入らないのは、「フェミニズム視線」だけで作品評価しようとする偏狭さだろう。

しか相手方は「フェミニズム視線だけで評価する」とも「「フェミニズム価値けが作品価値である」とも言っていないのだから、そんなものはただの邪推、ただ黙々と「フェミニズム視線」とは異なる別の価値観の存在を見せ続ければ良いだけである

スカートめくりに対するエクスキューズとして「ぼく勉」のやり方が十分か、足りないか、も同じ、そんな物は採用する尺度によって変わる相対的ものしかない。十分とする尺度も有れば、そうでない尺度もある、それだけ。(その上で尺度同士の優劣を付ける事も可能ではあるが、そのレベルに達している者は殆ど居ない、無視して良い)

 

他者への想像力の無さ

件のツイートは結局、自分から見た良し悪ししか語っていない。

ただの感想からそれで良いのだが、もし「自分不愉快配慮された作品が作られるべきである」とまで主張するなら、その「自分」に自分以外の他人を代入した場合考慮すべきなのは言うまでもない。

あなたにとって進撃の巨人はセーフだったが、他の人には?

しかしたらAさんはあなたにとっては理解不能理由進撃の巨人が「安心して読めない」かもしれない、あなたの「安心して読める数少ない作品」はAさんから見れば「唾棄すべき悪」かもしれない。

そうやって常に自分とは異なる他者への想像力を働かせるのでなければ、他人にとっては他者であるあなたへの配慮を求めるのも、自己中心的視点しか持てない子供戯言に過ぎない。

 

どこまで求められるのか?

最終的にオタクたちが警戒しているのは作品が褒められる事でも貶される事でもない、規制されたり消費者の(または消費者ですらない)声によって作品修正させられたり消去される事だろう。

しかし以上検討したそれぞれの点を見れば、ただの感想レベルとしては問題ないが、出版社や作者に何らかの対応を求めるには理屈根拠も足りない物であることは明白である

から、それがただの感想でいる内は別に自由なのだから放って置けばよく、どうしても気に成るなら自分感想範囲で釘を刺せば良い。

作者の権利制限したり、作品の改変を求める等の「強い要求」をする為には、作品が与える影響等を分析した科学的根拠統計的根拠等の「強い根拠」が必要になる、それを出せるレベルにはないのだから、「強い要求」をするまでは放って置けば良いのである

 

他にどういう評が有り得るか

進撃の巨人という作品が「フェミニズム視線」だけで批評しきれるような作品でない事は確かである

既に長くなっているので詳しくは自重するが、

例えば壁の中の人類は過去に外へ侵略という行為に出たことにより人種丸ごと差別されている。これを大日本帝国による罪責を抱える日本立場と重ねて論じる事も可能であろう。

そのような観点からすると、過去祖先の罪の適用をどのように考えるか、優生学的な種の根絶による贖いすら含めて議論するこの作品に対し、高々「巨乳キャラ存在しない」程度の事でこの作品危険さ(とそこに潜む魅力)を見過ごして、フェミニズム的な観点に易々と乗っかって「セーフ」判定してしまう軽さは(日本立場批判的であろう左翼なら尚更)滑稽に見える。

進撃の巨人フェミニズム的な観点から見れば「安心して読める数少ない作品」かもしれないが、この作品危険さは、そしてその危うさに伴う魅力は、そんな所には無いし、

そんな観点のみで「安心して読める」等と言ってしまう軽薄さは失笑である

 

 

追記

"科学的根拠統計的根拠等の「強い根拠」が必要" こうした意見に対する疑問を以前に投稿したが、納得のいく(科学的な)返答が得られなかったのでこの機会に再掲してみる https://b.hatena.ne.jp/entry/4711623874155541026/comment/B2igwzEE

そもそも表現の自由自体科学的根拠のもとに存立したものではないのでは。主張には常に科学的根拠が伴うべきであるなら、まず「なぜ科学的根拠なしに表現批判してはいけないのか」を科学的に説明してほしい

このコメントは興味深かったので、自分なりの見解を書いてみた。

 

何故表現の改変を求める際に科学的・統計的根拠等が必要なのか?

https://anond.hatelabo.jp/20220325115105

2022-03-21

anond:20220320151155

・性被害

「深夜にスラム街ブランド品ぶら下げてたら、強盗スリに合いました!」程度の戯言かなと。

女体そのもの価値がある時点で男からしてみればチートみたいなもんです。寝言は寝て言って欲しいなぁ。

とりあえず自衛しましょうね。坊主一歩手前の金髪ベリーショートにしたり、ヒジャブ代わりにフードでも目深に被れば?

ルッキズム

裏を返せば見た目さえ良ければ、身分不相応な能力評価を得られます

男は2時間メイク頑張ったところで能力が無ければ、容赦無く間引かれます

良かったですね。家で化粧頑張るくらいで昇進できる恵まれ環境で。

あなたが2時間早く起きる代わりに男性陣は2時間遅くまでサビ残してますね。

賃金格差

裏を返せば非正規でも男に寄生さえすれば生きていけることの証左。自立しましょう。

今のご時世、1日10万稼いでくる男と1日30万稼いでくる女が居たら確実に後者優遇されますよ。

資本主義から当然でしょう。良かったですね。非正規だろうが左団扇で暮らせる環境で。

生理貧困

男性AVの購入やレンタルに国や自治体から補償が出ますか?

出ませんよね。この時点で至って公平ですね。

試験における下方修正男性入学率を上げるために意図的女性に対して得点下方修正が行われている。

女がすぐに辞めなければこんな事は起きてないですね。男女というより単なる意欲の差です。

あなたコンビニ店長だとして「基本いつでもシフトます!誰か急遽休んだ時も家が近所なので極力出ます絶対に○年は続けます!」って奴と、

「うーん、週一で2〜3時間くらい働きたいです。あ、その週一出勤も子供の都合で直前で休むかも...あと突然辞めるかもです!」ってふざけた奴が居たとして、

あなたならどっちを採用しますか?後者を雇う人間はよっぽどの酔狂ですよね。

嘘でも良いので、もうちょい継続的努力する姿勢を見せてようやくスタートラインに立てるかと。

2022-03-19

ちゃんと負けたい

あと2ヶ月で会社を辞める、25歳の戯言を聞いて欲しい

私は大学の頃引きこもりだった。

結構な有名進学校に通っていたのに受験に失敗し、その喪失感があまりにも大きく、周りの友達に見下され、今思えば必要以上に自暴自棄になって、殻に閉じこもって大学生活を過ごしてしまった。

引きこもりというのは少し語弊があるかもしれない。生真面目な性格だったので授業にだけは通っていて、でもそれ以外のことは本当に何もしなかった。

当然友達もできず、コミュニケーション能力もまともに育たなかった。

教員免許のみ取得して、でもあまりにもコミュニケーション能力がなく教員としてやっていくのが怖すぎて、

適当に受けた1社にたまたま受かって入社した。

そこから、3年間。社会人として、なんとか働いてきた。

コミュニケーション能力がない究極の指示待ち人間なので会社に多大な迷惑をかけたが、なんとかクビにはならなかった。

ただ、仕事へのやる気はなかった。

私の友人はもれなく名だたる有名企業に入りバリバリ働いており、大学受験に失敗し就活すら逃げた私のコンプレックスは増すばかりだった。

もう一度みんなと同じ土壌に乗りたいと遅ればせながら思ってしまった。

だが、こんな状態の私を雇ってくれる有名企業はもうない。案の定転職活動は難航した。

そんな折、半年前に、大学時代も唯一交流の続いていた友人からLINEが届いた。

その友人は大学卒業後数年ニートをしていたのだが、ついに一念発起して国家公務員専門職試験を受け就職が決まったとのことだった。

私の心は揺らいだ。

私もそうなりたいと強く思った。

今の会社はまあまあなブラックなので、国家を目指すとなればやめるしかない。

周りは反対した。

お前にできるはずがないとか、専念して勉強して落ちたらどうするんだとか、めちゃくちゃ言われた。

でも、私は辞めることにした。

私は大学時代、何度も死のうとした。勉強しか無かった人生なのに勉強で失敗して、この先の社会適応できるわけなんかないと何度も何度も絶望して泣き叫んだ。

大学時代は、自分は30になったら絶対死ぬんだと固く心に誓っていた。

その思いは今でも変わらない。

ならば、最後に思いっきり挑戦して、だめなら死ねば良いじゃないかと思った。

結局、逃げているから辛いのだ。逃げているから、諦めがつかないのだ。まあ、これは性格によるかもしれないが。

なら、最後に逃げないで何かしら思いっきり挑戦しよう

負けるならちゃんと負けようと、心に誓った。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん