「岡田斗司夫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 岡田斗司夫とは

2019-02-12

anond:20190212102608

オタキング」の通称で知られる評論家岡田斗司夫氏が、『いつまでもデブと思うなよ』(新潮社)を上梓したのは2007年。著者の痩せた容貌説得力を強め、「レコーディングダイエット」が一世を風靡した。食べたものを記録して1日の摂取カロリーを1500kcal以内に収める――そのシンプル方法も大いに話題を呼んだ。

 ところが現在スリムになった姿は見る影もなく、岡田氏は25kgもリバウンドした。それどころか、かつて自らが提言したレコーディングダイエット全否定している。

これ好き。

岡田斗司夫がやっていること、どれも早すぎる説

海外アニメがまだぜんぜん注目されていないときに、「海外アニメ大人気!」と言ってしま

婚活などで30代以上の独身女性が注目される前に結婚評論家を名乗って独身女性応援気持ち悪がられる

ピクシブやなろう小説流行る前にこれから趣味創作する時代と「プチクリ」を提唱してしま特に盛り上がらない

オタクライト化がどうこう言われる以前に「オタクは死んだ」と宣言してオタク界隈から総スカンされてしま

オンラインサロン問題話題になる前に会員から金を集める組織を始めて炎上してしま

ハリウッドMeToo運動が盛り上がる前にMeTooされてしま

2019-02-05

anond:20190205065906

(2)

当時の惑星開発委員会オタク界隈ではけっこう話題になっており、それを象徴するのが岡田斗司夫の来訪です。

4月12日(金)

 逃避でネットを覗いていたら「惑星開発委員会」というサイトを見つけた。

http://members.tripod.co.jp/toumyoujisourin/rvtop.htm

 惑星開発大辞典コーナーに僕の名前もあったので掲示板挨拶したら、さっそく管理者の方からメールをいただく。

 返事で「なぜ岡田斗司夫作家自称しているのか、については次の日記で答えましょう」と約束してしまうけど、なんでオレは仕事でもないところで働こうとするのか。とほほ。

その後、岡田さんはこのサイトを気に入り、定期的に掲示板書き込みをしたり、知り合いに紹介したりしていたみたいです。

8月13日(火)

 「ロスノフスキ家の娘」、あっという間に読了

 しょっちゅう覗いてるサイト惑星開発委員会」にこんなテキストがあった。僕も今、格闘技オタクたちが嫌いで嫌いでしかたないので、思わずここに紹介してしまう。

(中略)

 あああ、俺の言いたいことを俺より上手く書いている~!もう俺、物書き引退しようかなぁ。

相当宇野さんのことを買っています。当時の日記にはこんな記述もあり「これは善良な市民のことでは?」と言われてました。

 知り合いから「就職活動に失敗した」というメールを受け取る。彼に「就職なんかせずにライターになれ」と忠告したばっかりなので、これはなんとか編集者に売り込んであげなければいけない。

 まぁ僕よりは才能もある人だし、なによりまだ20代前半という若さなので、ライターとして喰っていくことぐらいはできるだろう。しかし彼を「こういう人生」に引き込んだ責任というのは、あるのかな?

 僕は「自分への責任は、他者には移譲し得ない」という考えなので、あんまり悩んだりしないけど、これが唐沢俊一さんのように責任感の強い人なら、あとあとまで面倒見たりするんだろうなぁ。

この日記宇野さんのことですね。実際に会って話したようです。

10日(水)

 朝、マクドナルドハンバーガーを食べる。ついに一個まるまるを完食できるようになった。まだ喉の痛みは残っているけど、まぁ一安心

 おもしろ会の武さんと5年ぶりぐらいに会う。なにかと思えば「物書きになりたい」という相談彼女同人誌を預からせてもらって、編集さんを紹介する約束をする。

 続いて京都から宇野くん。彼とは初対面だけど、昔に彼が浅羽通明氏に説教された話を教えてもらう。浅羽氏の書き下ろし本『教養とはなにか』を院生たち取り巻きと話してるときの浅羽さん「これで革命を起こす」と叫んでいたらしい。当時10代だった宇野君がこれに疑問を呈したら喫茶店で閉店まで説教されたらしい。やはり浅羽さんは熱くて面白い人だ。

そして、岡田さんは惑星開発委員会オフ会にまで顔を出すまでに。その時のことを日記でこう書いています

27日(火)

 木曜のオフ会に向けてリビングをかたづけ、そのあと覚悟を決めてついに北歯科へ。

もうずっと前に神経を抜いた歯なので、おそらく歯茎が炎症を起こしているのだろう、

ということで今回は様子見。

 ブックスルーエで宮脇檀の『男の生活の愉しみ』(PHP文庫)を買う

 20年近く前、仕事で一山当てたら宮脇氏に自宅を設計してもらおう、と思っていた。

不幸なことに宮脇氏は98年に他界し、僕はいまだに一山当てれずにいる。

でまぁ、書店で氏の本を見かけたら自分の果たせなかった夢への供養だと思って

買うことにしている。

 夕方から惑星開発委員会」のオフ会

参加希望美少女大学生といっしょに高田馬場へいく。

感想は…う~ん、まぁあんもんじゃないですか?

あ、でも某出版社社長と某オタク評論家蜜月関係が聞けたのは

面白かった。そうか、版権引き上げ騒動の裏にはそんなことが…。

……その後、岡田さんが惑星開発委員会言及することはなくなりました。「あんなもん」だったので飽きてしまったんでしょうか?

惑星開発委員会更新をやめ、善良な市民キャラを捨てて2003年8月頃にはてなダイアリーで新たに始めたのがヘルシー女子大生id:kurosawa31)と言われています挑発的な言動サブカルへの豊富知識、そして女子大生であることが話題になり「はてな界の斎藤美奈子」と称されたりします。

ヘルシー女子大生はてなキーワードにも登録されており、

はてなダイアリー住民の質を見分ける試金石となった騙り手。

と書かれているのである程度の騒動を起こしたことがわかります

しかし、今となっては日記プライベートモードに設定されており、internet archivesに残っている断片的なものしか読むことができません。

それによるとヘルシー女子大生京都在住ということになっており、宇野さんは立命館大学卒業後、京都就職したのではと推測できます

2ちゃんねる過去ログを追うと初期から善良な市民との類似性が指摘されているのが面白いです。その時は「言っていることが似ている」と言われる程度ですが、しばらくして2004年3月に「オトコノコ」「キャラ売り」「同じ穴のムジナ」「ブンガク」などのワードの相似性、話してることが一緒などの指摘がされヘルシー女子大生善良な市民なのが濃厚となります。この指摘に伴って日記更新頻度は落ち、プライベートモードとなったわけです。

この頃の宇野さんは旧・惑星開発委員会のような「有名サイトになろう」とか今のような「ライターとして成りあがろう」という気概はなく、ネカマして周りを翻弄させて楽しみつつ、趣味としてドラマなどの評論を書いていこう、という印象を私は持ちます

2019-01-31

いまどき「こんなのオタクじゃない」とかいう恥ずかしいマウントする奴

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/30/news132.html

おまえら恥ずかしくないの?

平成も末だよ?

「年間何万使ってる俺たちこそ真のオタクであっておまえのようなニワカはお呼びじゃないの」

みたいなプレッシャーかけてくるジジイどもを老害として切り捨て、

ニュービーを優しく迎え入れて手取り足取り導いていく、

そんな明るく楽しいオタクコミュニティをこの1020年で目指してきたんじゃなかったの?

岡田斗司夫唐沢俊一醜態を目の当たりにして「ああはなるまい」って誓い合ったじゃない!

あの日約束を忘れちゃったの!?

2019-01-28

anond:20190127211255

村上隆とか岡田斗司夫と言っている時点で、そりゃあ、その見方ならダメになって当然だわな。

2019-01-27

日本アニメプレゼンスは、なぜ下がってしまったんだろう?

みんな忘れてしまったのだろうか。あの祝祭的な季節を。

ぼくは覚えている。それは90年代半ばに始まった。

海外アニメが人気だと新聞に報じられ、日本アニメ国際的競争力を持ったコンテンツだと、盛んに論じられた。

エヴァブーム村上隆アートもそれを後押しした。あるいは岡田斗司夫の各種書籍も貢献していたかもしれない。

アニメ幼児的だとバカにされているが、実はそのローカル性こそが世界では面白がられるんだ。あるいはアニメこそが作家主義を貫いて深いドラマを作れるんだ、とかも言われていたっけ。

まぁ、要するに文学邦画なんてまったくダメで、アニメこそが日本の誇るべき文化なんだ、という論調が一気に広がった。社会学者文芸評論家もこぞってアニメを語るようになった。

国もそれに同調して、「クールジャパン戦略」を唱えるようになった。アニメを輸出して日本文化プレゼンスをあげようとした。これ自体音楽戦略的に輸出したイギリスクールブリタニカ戦略猿真似だったけど、実際にやったことは誉めてやっていいだろう。石原慎太郎が「ほしのこえ」を絶賛していたんだぜ。

そうやってゼロ年代半ばにはクールジャパン論はピークに達していた……しかし、その後の惨状はどうだろう。

まずクールジャパン戦略は無惨にも失敗に終わった。これ自体は今でも施策が続いているが、アニメの姿はなりを潜めて、ゆるキャラや各地の名産品を押し出すようになっている。各国にあるクールジャパンショップも同様だ。

アニメこそがすごい文化なんだ、という論調も次第に静かになっていった。アニメを持ち上げる人が、どんどんいなくなっていった。

それはアニメ自体流行の変化にも原因があるだろう。攻殻機動隊エヴァンゲリオン、カウボーイビバップといった「大人向けアニメ」はあまり作られなくなり、キャラクターのかわいさを押し出す「萌えアニメ」が主流となっていた。

それはまだいい。致命的なのは萌え」が語るべき言葉を持っていなかったことだ。

ゼロ年代にはまだ「萌え」こそが思想的に新しくて最先端の消費行為なのだと言い切ることもできた。「萌え」の言葉意味や、それのなにが新しいのかを語ることができた。

しかし、個別作品を語るとなると、「このキャラかわいい」で終わってしまう。これが決定的にまずかった。

なぜなら、それはクチコミで広がらないことを意味している。エヴァはこういう作品で、ここが面白いんだよ、と説明できる。しかし、萌えにはそれができない。言語化できないってことは、海外にも紹介できないってわけだ。

さらには社会的な風潮の変化も、アニメには打撃を与えているあろう。90年代はまだ表現の自由がどこまでも広がっていくという幻想があった。あれも表現してOK、これも表現してOK村上隆オタクアートはその幻想を土台にして成り立っていた。

しかし、その後にやってきた現実は、大きなバックラッシュだった。ポリティカル・コレクトネスが席巻し、あれもダメ、これもダメ、という世界がやってきている(かつて政治的な正しさは「生真面目なやつらがくだらない批判をしているぜ」とお笑い草にされていた。そのとき空気は、『政治的に正しいおとぎ話シリーズで感じ取ることができる)。

これはアニメにとってとてつもない逆風だ。なぜなら、アニメにおいては奇形であることがクリエティティ証明だったからだ。たとえば、ゼロ年代は「エロゲー」をベースにした諸作品が注目を集めたが、これは今ではとてもじゃないが取り上げられなくなってしまっている。

アニメは今ではかつて(90年代半ば以前)のように「省みられない」存在に戻ってしまった。

日本コンテンツ話題になるのは、コンマリやテラスハウスだ。まだ宮崎駿新海誠はがんばっているけど、かつてのように「アニメというジャンル自体に優位性があるんだ」という勢いはない。みんな忘れているけど、「すべての映画アニメになる」なんて言われていたんだぜ。

今ではアニメ話題になるといったら、アニメーターの待遇がどうだ、といった就労問題ぐらいだ。

しかし、この残念な現実を見るに、なんでこうなってしまったんだろうと首をひねってしまう。あれは幻想だったのだろうか。いったいどこで道を間違えてしまったのだろう。みんなあのころのことはどう思っているんだろう。忘れてしまったのだろうか。あるいはまた盛り上がることがあるんだろうか。日本未来は、これからどうなってしまうんだろう。

2018-11-29

フェミがたまトレって言い出したやつ

それ思春期くらいには女性は一回はだれでも妄想することなんだよね。

フェミに限らず、酷い性犯罪とかの実在を知ったあたりで。

あと大人になってからも夫が育児に非協力的だったりすると

自分の息子だけはこんなわけのわからない生き物にしたくないなとか思うだろう。

 

しろ男性ってそういう対処法を

社会構成する大人になるころまで一回も考えてないで

すまされてるところが

フェミさんにスタート地点周回遅れだったんだろうなと。

それでヒマな無職とかニートになってネット世間勉強してるとき

驚いていちいちあげつらうんだろうと思うんだよね。

 

男性だって戦争なくすにはどこよりも強い核兵器があれば・・とか

いやいや知略で、そうだ今の技術力があれば昔の戦争など・・とか

考えるから異世界転生ラノベが隆盛なんでしょ。

 

タマトレも表現タネだし実際そっちのネタ漫画にして売れてる本たくさんあるし。

(○奥、テ○○ストなど)

今更この手のトークで驚かれてもなー???

流行りの本読んでないのかーって感じ。

 

追記

ブクマ※について

・「生理生理ってうるさいんだよ!そんなに嫌なら子宮取れよ!」→ 実際生理痛が子宮内膜症とわかったら子宮まるごと取っちゃう手術あるよ。健康になった報告読んだことあるよ。という流れからすると何がいいたいのかわからん。現状での輸精管結紮術と対応してるね。岡田斗司夫さんの手術レポも読んだなあ。そのあと仕事発注を餌にセクハラしてたことがバレて仕事干されてたなあ。

・「「ハイエースしたい」と同様に、どちらも公共の場で表明したら通報ものだろう。 」 → 公共かなあ?SNSつぶやく場でしょ。人格としてこいつあぶねーやつだ付き合いを考えよう、くらいの判断材料にはなるだろうけど犯罪のものの予告ではないじゃん。男女とも、現実化しそうで気になるツイート本当にあったなら通報して判断を託せばいいのでは? その先は運営警察が公平に判断することになる。

・私は妄想しなかった→まあたしかに、自衛のためとはいえ性犯罪者の記録を読み耽る女性はあまり多くない。夕ご飯が食べられなくなる程度には胸糞悪いからね。一時期wiki事件ページなどが流行ってたけど、読まないで済ませられると思えるなら一生読まないほうがよい。

2018-11-03

anond:20181103164113

オタキング岡田斗司夫オタク地位向上のために活動したと言ってたな。

出典忘れたけど、東大講義して、外国日本アニメ大人気というのはかなり話を盛ったとか。

これも政治運動というより「海外で人気の」で商品の箔付けをしただけかな。

2018-09-20

オタクが同じく、男尊女卑DQNより女の批判を受けやすいのはさ

オタクが女に主婦家内版のロールモデル提供できなかったからだよな

 

DQNってのは大抵田舎暮らし同調圧力も働く社会

そこで一人の女と家族に(多少はヤンチャしても)尽くし、添い遂げるというのが

彼らの共通認識 

そのためには土方やキツイ仕事バンバンこなして

妻子を肥やす義務(と周囲の目)があった

女も対価と保証があるのならと、男尊女卑社会で生きるのを受け入れていた

この、全体的にDQN味のある社会と言うのが今までの日本だった

 

ところがオタクは違う

オタクはどちらかと言えば(男にとって)自由社会を望む

DQNのような社会性や交友関係同調圧力を望まず

仕事ブラックは避け、妻子への無償努力も拒む傾向がある

なにより、体力も無いので子供を遊びにつれていくこともない

恋愛観にしてもDQNより遥に契約的、自由恋愛主義(無論、女には求めないが)で

岡田斗司夫の例もあるように、DQNよりも遥に多くの愛人を求め

宗教的同調圧力的なモラルから解放されているため

一夫多妻制すら支持するのだ

(三ヶ月でアニメの嫁を変える精神性は言うまでもない)

オタク夫の妻は、夫からの寵愛を失う危険性がとても高く

下手すれば40でシングルマザーという絶望の状況下に置かれる

 

オタクの男は、これだけ自身には先進的な

ライフプランを立ててきたにも関わらず

妻に対しては従来通りの家事労働子供の世話を押し付け

共働きや女の社会進出を阻害するという、DQN規範に甘んじていた

 

この、従来のDQN男尊女卑システムの利点を失った女性

オタク幻想家族像、オタクナイズされた男尊女卑社会拒絶反応を示し

自立の為に行動を起こし始めたのはごく自然ことなのだ

2018-09-13

インセル革命

岡田斗司夫が前にインセル説明をしてた。

男で収入も低く配偶者恋人もいなくてという人が海外ではテロ事件を起こしている。

それを、自分モテなくて収入も低いのは女性達とイケてる男性のせいだと訴えている。

ミソジニー(女嫌い)とは違うらしい。

人によっては日本新幹線殺傷事件秋葉原歩行者天国無差別殺人事件も同じだと言う人もいるけれど。

私は、もし彼らに神さまの悪い冗談で出くわしたら、間違いなく標的になる。女性自活していけるだけの収入もある。モテはしないが配偶者もいる。彼らに嫌われる要素しかない。

だったら彼らの要望社会は応えるかと言ったら決してそうはならない。

日本資本主義だ。資本主義自己責任を盾に彼らを責める。そうなったのは自分が頑張らなかったからでしょ、と。

資本主義は一部の、ほんの一部の人たちが利益を得る。それを良しとしている世の中。

だってそうだ。彼らを助けて行くことは、今の安定を捨てることに遠くとも繋がる。そこまでの自己犠牲はできない。

「じゃあどうしたらいいの?」

「彼らを知ることだよ。そしてそういう人がいることを、覚えておくことだよ」

ある日私の問いにそう答えた人がいる。

帰りの電車に揺られて、私は目の前の人、隣の人がインセルかもしれないと、今日も思う。

2018-09-04

anond:20180904220725

岡田斗司夫が似たようなこと言ってた。

「僕たち(宮崎哲弥とか)は日本人の上位数パーセントに入るくらい頭の良い人間なんですよ。僕はそれを誇ってたけど、でもそれじゃダメなんですよ!

自分より頭が悪い大多数の人達相手にしながら生きていかなきゃいけないんだから

仕事とかプライベートとかで頭の良い人同士のコミュニティにずーっと浸かってるとたまに本当にビックリするからね。

ブログコメント欄に『デブのくせに黙れや』とか書き捨てられてるのたまに目にすると愕然とするもん。

でも、このくらいに頭が悪い人が世の中の大半なんだからそういう連中に好かれるようにしないと人生大変だよね」

2018-09-01

anond:20180901140339

最後の一行はギャグ

あと有料会員でないと全文読めないから、殆どは読まないで「岡田斗司夫」と言う名前に釣られてコメント付けてるだけだろ。

そもそも内容読まないでコメント付ける時点でおかしいわけだが、はてブだといつもの事だし

me tooに代表されるある種の「正義」と、その恣意性が孕む課題について

岡田斗司夫朝日新聞で連載している悩み相談を読んだ。

https://digital.asahi.com/articles/ASL8R4S75L8RUCFI00B.html

回答としてとても全うで、納得のいくものだった。だったのだが、当然回答者岡田斗司夫である以上、「朝日新聞岡田斗司夫指導者という立場を利用したりして精神不安定女性数十人と異性関係を持ったことが判明したあとも、彼を切らなかった。metooと程遠い人権感覚会社だと思ってる。 」というブコメがついている。

ブコメをつけた人を非難したいわけじゃなくて、これは正にme tooにおけるある種の「正義」の本質を表している。つまり、「言動のものや、その人が作り出したものの是非ではなく、その人の社会的状況に応じてその人の言動判断する」。

これは、不正義の是正を誰かに任せるのではなく、評価自身判断不正義を是正するものだ、ということになる。一面の真理はあると思う。社会完璧ではないので社会公的機関が必ずしも正しい在り方をしているわけじゃなく、それを正すのは社会に生きる人間であるべきだ。そのような仕組みが市民社会であり、社会的不正義に対して暴動や大規模なデモが起きるのはある種「健全」なこととは言えて、そういう事例が散見されるアメリカフランスと違ってどうして日本は……という話題は、本筋からズレるので閑話休題(こういったある種の国ごとの政治態度や市民感覚の違いをまとめてる研究書どっかにないですかね。真面目に読むので割と本気で募集している)。

そういった考えの裏には、実のところかつてのモヒカン族とは全く逆の価値観がある。評価するかしないか、という価値判断だ。

上記の例で言えば、岡田斗司夫評価されていい人間かどうかである。とりあえず自分評価差し控える。その全く真逆の例で言えば、〈ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ監督を務めていたジェームズ・ガンが、過去不適切ツイート理由シリーズ監督から降板させられた事件だ。その二つの違いはなんなのか。違いはいくらでも挙げられる。実際に問題になっているのが実在女性との実際の関係に関する話題か、不特定多数に対する言及だけか。日本国内で活躍する批評家か、全世界的にヒットした作品を生み出した監督か。社会的評価の違い。味方についた人がどの程度いたか、それが大きく報じられたかどうか。「不正義」とされるものは白か黒かではなく様々なグラデーション存在し、「灰色は白である」=推定無罪価値観あくま刑事事件公的権力市民を罰する際に発生するものであり、このような違いが発生するのは当然である。だが一方で、ジェームズ・ガン擁護されるのに、『二度目の人生を異世界で』の原作者「まいん」氏が炎上した挙げ句アニメ化が中止になるのは当然であるとされる。問題発言が日本における大きな政治的争点かどうか、という違いはあるが、それ以上に大きな違いは、2人がどんな作品を書いていたか、と言ってしまっても差し支えないのではないか、と個人的には思っている。一方で、慰安婦揶揄していた「月曜日のたわわ」の比村奇石はさほど炎上せずに未だに活動を続けている。比村奇石炎上しないのは不思議だなと思っているが、とはいえ自分自身、「うっわー気持ち悪いことしかやってねーなこの人、でもめっちゃエロい作品書くな。もっとやれ」って思いながら毎週月曜日を楽しみにしている。しかし本当に邪悪

雑多になってしまったが、何が言いたいかというと、me tooというのは「何が正しいか」ではなく「どんなかたちの正義を指示するか」というある種の価値観、雑な表現であるところの「政治的態度」を求められている。正義に対するコミットメントである。だが正義一枚岩ではなく、黒と白の間には無限グラデーション存在し、結果me tooのような価値観はある種のダブルスタンダードを許容する。

社会において「理性的判断」というのは存在せず、人間社会のなかでしか行動ができず、社会のなかで行動するなら結果的社会コミットしなければならない。あたか村上春樹デタッチメントからコミットメントへの転換をした(「せざるを得なかった」と言っていいのかは、正直わからない)ように、これはある種当たり前のことなのだが、その事実を前に困惑するひとは少なからずいるのではないか、と思っている。自分比較的その変化を受け入れている側の人間ではあると思うが、困惑する人間がいるのはよくわかる。人間矛盾する生き物だからね。

だがはあちゅうてめーは駄目だ。

unfettered 朝日新聞岡田斗司夫指導者という立場を利用したりして精神不安定女性数十人と異性関係を持ったことが判明したあとも、彼を切らなかった。metooと程遠い人権感覚会社だと思ってる。

2018/09/01

こいつの人権感覚が全員持ってるとすれば、岡田斗司夫は今頃無職ホームレス上野公園あたりにいそうだけど、これって人権感覚的に正しいかね?

2018-08-21

上手い演技をさせたければ、役者に演技させてはいけない

anond:20180821141938

これについては評論家岡田斗司夫的を得たことを言っていたと思う。

曰く、そもそも役者必要なのは演技力ではなく表現である、と。

シンゴジラに出てくる役者の演技がなぜリアルだったかと言えば、役者自由度制限することで役者自由な演技をさせず、制限の中で表現させたから、ということ。

役者に演技をさせてしまうと、役者は各々の頭の中で思い描くそれっぽい演技をやろうとしてしまう、それがドラマ映画での演技が不自然になる原因だと。

これは全く納得が行く説明だった。

2018-08-20

トップをねらえ!を30年前に見ることができた幸せ

久々に見たくなって引っ張り出してみた

今見てみるとそれこそ使い古された手法ばかりに感じるかもしれない

これが30年前のアニメなんだよと説明しても、昔からこういうアニメがあったんですねくらいで済まされるかもしれない

でも違うんだ

当時だって宇宙ロボットアニメはいくらでもあったけど、それまでのロボットアニメは、例えるならベタ足で殴り合うような戦闘シーンしかなかったんだ

戦争だというのに、サーベル一本でちゃんばらをしているようなそんなアニメばっかりだった

から、広大な宇宙空間縦横無尽に駆け回り、今までの常識をぶち壊すような火力で敵を焼き払っていくガンバスターの姿には心底痺れた

自分の中の常識が立て続けに打ち壊される衝撃は、痛みどころか快感ですらあった

以降どれだけ話題アニメを見ても、これを超える衝撃を受けたことはかつてなかった

あたりまえだ

この作品こそが、現存する色々な名作の原点になっていると言えるのだから

今の人達が、いくらこの作品を見たところでその感動を得ることはないだろう

今の世界ではすでにそれが当たり前で、常識が打ち壊される瞬間に立ち会うことは不可能から

あのとき自分の中で歴史が変わったとは思わなかった

まりも周りの常識が強すぎて、世の中に受け入れられるとは到底思わなかったからだ

でも、久々に見たこ作品に携わる人間名前を見るとこの作品が世の中にとってどれだけのターニングポイントになっているかがわかる

その瞬間にリアルタイムで立ち会えたことは幸せ

いまではその歴史価値しか作品からは感じられないかもしれないが、それでもよいという物好きな人にはぜひおすすめしたい

岡田斗司夫という人間がどれだけ人の心を弄ぶことに長けているか、その身で感じることができるはずだ

2018-08-19

[]2018年8月18日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007616956223.137
0153303657.332
02356520186.382
0319145676.640
04141559111.467.5
05104725472.5128
06162163135.229.5
07275412200.445
08424223100.537.5
0946418190.943.5
10446064137.855
1110316404159.350
128511137131.033
13728745121.541
14627157115.463
1554530498.232
16526126117.841
17465269114.551
187710856141.055
19437145166.274
2081639579.029
218310388125.261
227910069127.550
23116992185.535
1日1335171211128.245

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(165), 自分(97), 今(66), 話(60), 増田(60), 時間(51), 問題(47), 普通(45), 前(45), 仕事(44), 人間(43), あと(43), 日本(43), 子供(42), 気(40), 感じ(39), 必要(38), ゲーム(37), 女(37), 好き(36), 男(36), 趣味(35), 理由(35), 相手(34), 意味(34), 手(33), 関係(29), 友達(28), 大学(27), 記事(27), 人生(27), 本(26), 別(26), 他(26), ネット(24), 顔(24), 無駄(22), 気持ち(22), 情報(22), 金(22), 言葉(22), 場合(21), 無理(20), 存在(20), 最後(20), 誰か(20), レベル(20), 幸せ(20), 仕方(20), 全部(20), 最近(20), ただ(20), ー(20), しない(19), 親(19), 社会(19), 頭(19), 自体(19), 今日(18), 結局(18), 世界(18), 差別(18), 方法(18), 確か(18), 逆(18), 他人(18), 会社(17), 写真(17), 絶対(17), 声(17), 勉強(17), たくさん(17), バカ(17), 一番(17), 目(17), アホ(16), 女性(16), 図書館(16), イメージ(16), Twitter(16), 世の中(16), 馬鹿(16), 話題(16), 時代(16), 可能性(16), 感覚(16), 興味(15), 状態(15), 心(15), 最初(15), 意見(15), 生活(15), 母親(15), 結果(15), 映画(15), オタク(15), 名前(15), 大人(15), 現在(14), 口(14), じゃなくて(14), キス(14), 事実(14), 漫画(14), 内容(14), 原因(14), 腹(14), 正直(14), 説明(14), 嫌(14), ダメ(14), 理解(14)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(60), 日本(43), 可能性(16), Twitter(16), じゃなくて(14), ブコメ(13), twitter(12), ワイ(12), はてブ(12), …。(11), マジで(11), 元増田(10), いない(10), コミケ(10), わからん(10), ファミレス(9), アレ(9), アプリ(9), ツイッター(9), 辻希美(8), ツイート(8), 大学図書館(8), 一緒に(8), ブクマ(8), モチベーション(8), ブクマカ(7), 東京(7), 就活(7), リアル(7), スマホ(7), 精神的(7), hatena(7), 出版社(7), なのか(7), 数年(7), ブログ(7), な!(7), LGBT(6), キモい(6), nicovideo(6), 10年(6), 低能先生(6), プレイ(6), にも(6), アメリカ(6), SNS(6), ブロガー(5), ネット上(5), 渡辺(5), ソシャゲ(5), 欧米(5), エロ漫画(5), 県立大学(5), 辻ちゃん(5), 娘(5), 分からん(5), 5分(5), くない(5), はてなー(5), OK(5), AV(5), wikipedia(5), 主義者(5), メンヘラ(5), なんだろう(5), togetter(5), 高知県(5), はてなブックマーク(5), .s(5), ネトウヨ(5), 普通に(5), A(5), 笑(5), 個人的(5), バッハ(4), 5%(4), de(4), 岡田斗司夫(4), 10%(4), go(4), ペンギンハイウェイ(4), 立大(4), 平成(4), nw(4), 除菌(4), 高知(4), イケメン(4), ja(4), 1人(4), 8%(4), -1(4), 20年(4), B級(4), 差別主義(4), LINE(4), キモ(4), ω(4), 中国(4), キチガイ(4), コピペ(4), あるじゃん(4), 20代(4), 生中継(4), クソリプ(4), インスタ(4), 4%(4), 三浦(4), 上の(4), ちの(4), ワロタ(4), 出会い厨(4), オフパコ(4), キャバクラ(4), 渡辺明(4), 韓国(4), -3(4), or(4), 9%(4), 2018年アジア競技大会(4), 開会式(4), article(4), なんの(4), ニュースサイト(4), 1日(4)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

2018年アジア競技大会 開会式 (4), うんち (4), 怖い人に別室に連れていかれそう (2), 最後の一文、イイネ👍 (2), ただで本を読める場所がなぜ不要だと思(2), 正解 (2), パンティー (2), ウヨクサヨク関係なくお前は差別主義者(2), は? (2)

頻出トラックバック先(簡易)

ゲーム趣味の人ってさ /20180817124809(35), ■漫画アニメ映画ドラマでよくあると思うんだが /20180817231412(12), ■ほのぼのし漫画教えて /20180817215823(12), ■キレる限界に挑戦 /20180818073656(9), ■生きるモチベーション /20180818005728(8), ■もはやコミケにおいて版権者と二次創作界隈は共存・共栄のフェーズでは? /20180817212702(8), (タイトル不明) /20180818015123(7), ■神だよ /20180818080240(7), ■NHKの「チオちゃんに叱られる」って番組 /20180817211845(7), ■ /20180817143155(7), ■心療内科行ったら悪化した /20180818003247(6), ■友達がいない奴の特徴 /20180818200102(6), ■腐敗と発酵は同じ、みたいなのって他にある? /20180818181757(5), ■ツイッターフェミニストを見てるとつらくなる /20180818142856(5), ■東京ドーム何個分ってやめませんか /20180818205715(5), ■ウヨですら日本崩壊気づき始めてきた /20180818153755(4), ■名前を出す前に聞いて欲しい /20180818075757(4), ■ /20180818011058(4), ■そもそも市民向けの図書館って必要か? /20180818115337(4), ■高知県立大焚書記事問題を元大学図書館の人視点から /20180818141643(4), ■辻希美行為擁護してるゴミども /20180818102531(4), ■お前ら納豆砂糖入れるのバカにしてるけど、 /20180818085531(4), ■マージャン漫画マージャン抜き! /20180818175811(4), ■5分ボタンが欲しい /20180818114723(4), ■そりゃ俺だって俺を煽ったやつを低能先生みたくめった刺しにしたいわ /20180818122131(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5515144(3285)

2018-08-18

anond:20180818190000

あなた岡田斗司夫動画を見て、「彼の言っていることは正しい、さすが理系だ」と思うならばそれで良いと思いますが。

まあ、所詮書き捨てなので、別に意味不明言いがかりとして扱ってもらっても構わないですよ。

anond:20180818190000

元々の岡田斗司夫が何を語ったのかの説明が何もなく、内容も感情的感想で終始してるのがアホっぽいよね

文章の書き方学んでないんかな

anond:20180818185357

まあ『ぼくたちの洗脳社会』はかなりの名著だけれども

それ以降の岡田斗司夫って少しいい方変えてこの本の内容を繰り返し喋ってるだけだから

20年ぐらいそれだけで商売してる。ダイエット本もその範疇だった

ガイナックス時代から現在まで嘘を平気で混ぜてでも持論を広めたり

相手を納得させる事で商売してるタイプ評論家商売人?なので

話半分で聞く人ですな、面白いけどさ

AI話に感じる断絶

岡田斗司夫AIの話をしている、ということで動画を見てみたんですよ(無料部分だけ)。

……それで、視聴後、なんというか、少し思うところが出てきたので記事を書くことにしました。

 

もちろん(?)、岡田斗司夫に関しては悪い話が出ていた時期もありますし、実際彼にはそういう面もあるかも知れないのですが、

少なくとも断罪する役目は私では無いな、と思っている感じです。

 

ただ、それとは別として、彼のSFに対する思いや見識、みたいなものに対する評価は私の中ではそれなりにありました。

その上で、彼のAIの話を聞くと、彼レベルでもこの理解なのか、という脱力感が生まれるのでした。

もっとも、彼は所詮政治屋らしい文系なのが原因なのかも知れないし、60歳という年齢による衰えによるものなのかも知れないし、

判断が付かない所もありますが、腹が立つ前に、目の前の悪気が無い人に対して「うーん」と唸ってしま感覚がありました。

 

別に私がガチガチAI至上主義者で「シンギュラリティ可能性を信じている」からこういうことを書いている訳ではなくて、

素人の私から見ても基礎理解が「ハァ?」という感じで、私の見ていない有料部分にせよ、無料部分を前提として論を展開している、と本人が言っている以上、

正直、金を払って見る気は起きない感じです。

 

私もそこまでAIが詳しい訳でもないですが、岡田斗司夫AI理解は、古典的世界観に基づく「設計されプログラミングされた機械」なのですが、

それは逆であって、「(挙動設計してプログラミングするのでは無く)どう動いているのか分からないが、精度の高い答えを導く構造を作り出す」

ステップとして、機械学習があるのであり、例えば、ディープラーニングによるAI問題点の一つとして、「AI根拠ロジック提示出来ない」ことが

あるのだと思います(私の誤解でなければ)。

 

私の個人的理解イメージとしては、「認知歪み」の延長がディープラーニングによるAIなのであって、例えば、酷い情報ばかり機械学習させていたら、

サイコパスAIを作り出すことに成功した」みたいな話題もありました(共産党批判をする中国AIや口の悪い差別的発言をする米国AI

ありましたが、要するに「表の言葉に隠された抽象的な本音抽出している」ということだと思います)。

 

よって、五分の魂にも届いていないかも知れませんが、認知歪みである以上、それは(物事フィルタリングして抽象的に解釈する)擬似的な自我

言えるのかも知れないとも個人的には思っています

 

ただ、残念ながら(?)、「全く話題になっていない」気もします。

まりは、岡田斗司夫過去の人になった、ということでしょうか(それも私が判断することではありませんが)。

しかしながら、政治家経営者などでこの程度、いやこれ以下の理解の人が主導権を握ってしまったらどうにもならない感もある訳ですが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん