「岡田斗司夫」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 岡田斗司夫とは

2020-02-25

anond:20200225011114

そういうところも含めて作品を味わい尽くすものなのだが、彼らは決してそうではないということは知っておこう。というより普通の人というのは大体そのようなものらしい。

マンガ夜話アストロ球団回、岡田斗司夫らがオタク特有の愛ある重箱の隅イジりしまくってたら、普通作品ファンとしてゲスト出演してた伊集院光がムスッとしたエピソード思い出した

2020-02-24

anond:20200223122336 元増田追記

元増田追記

そんな奴がいるのかよ、とか50代じゃねえの? とか、お前だけだろ、という反応が非常に多い。

まさにその反応を見て自分ダメになっていたことの核心を得た。

小林よしのりとか、大塚英志とか、岡田斗司夫とか、東浩紀とか、そのあたりのフォロワーとして生きることが限界に達したんだと思う。

政治的オタクを解析しつつ楽しむとか、サブカル立場からオタクに片足を突っこんでオタク批判しながらいちゃもんをつけつつ楽しむということが、本当に迷惑行為になったということだ。

10年前ぐらいは、オタクをギャーギャー社会学的に解析するよくわからない対談などがあったが、いまはとんと見かけない。あるのかもしれないがあんまり話題になったのを知らない。

現在オタク説教くさく俯瞰して世界を語るという行為で注目を集めるには、評論家もどきとしては、世界を燃やすしかない。炎上させて注目を集めるしかないのだ。

オタク文化を差別差別だと、燃やす連中の尻馬にのりながら、それでもオタク文化を楽しむことをやめられない卑屈な老害」の居場所は昔はあった。しか今はもうない。当然だ。だって世界を燃やそうとする放火魔の居場所なんてあるわけがない。被差別階層マイナーサブカルであり、そんな連中よりも迷惑な外敵が大勢たか放置されていただけで、その外敵が減ってきたら、いままで向けられていても気づけなかった白眼視にようやく気付いたという気分だ。

オタクバッシングの尻馬に乗って「でもオタクも悪いんですよ。こういう社会的分析によると~」とかオタク挑発しながら注目を集めるなんてことは白眼視されることと一緒だ。

せいぜいコミケぐらいだろう。アンチコミケでも、オタクdisりつつ応募したら受け入れるのは。


いまの時代というか、そもそもの本題として「サブカル政治評論家ぶってオタクを消費する」必要がないということについに気付けなかった。むしろ迷惑行為なのだろうことだ。

もっと純粋オタクを楽しめればよかった。

政治評論家フォロワーとしてのサブカルオタクの居場所は、急速にオタク文化の中で縮小していってると思う。当然だとも思う。

「お前は純粋に好きなものに向き合わなかった。承認欲求を拗らせた結果」というのはまさにそのとおりだ。

ノベルズ版 空の境界」の解説に書かれた、延々と謎の政治評論をなんか深い意味があるのだろうと必死に読んだ。

実際には場違いなだけだよね。深い意味など特になかった。



ただ、オタクアニメゲームマンガ。好きなものを好きだと言えればここまで拗らせなかったのだろうか。アニメゲームマンガを見ながら政治運動に傾倒して、アニメゲームマンガ政治でぶっ叩くよりも、「ガチャを回すぞ、かわいい女の子を描くぞ、コスプレしたぞ」のほうがよっぽどオタクとしてきちんとした姿だってことについ最近まで気付けなかった。

2020-02-04

岡田斗司夫がやっていること、どれも早すぎる説

海外アニメがまだぜんぜん注目されていないときに、「海外アニメ大人気!」と言ってしま

婚活などで30代以上の独身女性が注目される前に結婚評論家を名乗って独身女性応援気持ち悪がられる

ピクシブやなろう小説流行る前にこれから趣味創作する時代と「プチクリ」を提唱してしま特に盛り上がらない

オタクライト化がどうこう言われる以前に「オタクは死んだ」と宣言してオタク界隈から総スカンされてしま

オンラインサロン問題話題になる前に会員から金を集める組織を始めて炎上してしま

ハリウッドMeToo運動が盛り上がる前にMeTooされてしま

2020-01-08

anond:20200107121244

主観が入っているけど論評ってそういうもんだろ。

まず、仮説について前提を立て、そこから論を展開する。

テレビ評論家たちも

書籍の著者も

岡田斗司夫動画

全てこんな感じで論を展開しているよ、皆そうだ。

お前らの本棚にある書籍だってそうだよ、

ますぐ、本棚を見てみろ、殆どがそうだろ?

特に 「なぜ~は~なのか?」 っていうタイトル書籍とか。

特に文系論文書籍基本的にこういう書き方になる、

その論評の中の仮説にどれだけ説得力を持たせるかが腕前だな。

(客観的もの統計などで数値化された指標を挟むと良い)

「なぜ2010年代アニメは不作なのか?」 っていうタイトル出版しようかなー

かなー ( '~')

2020-01-06

「なんか新しいことがしたい」だけで工数食い潰すやつに

かの岡田斗司夫に向かって放たれた名言を贈りたい「そんなに誰もやったことがないのんがやりたいのやったら、ウンコ早食い競争をしたらええねん」

2019-12-25

宮崎駿の新作

世間では「君たちはどう生きるか」のアニメ化だと思われてるけど、ナウシカの続編の可能性があると岡田斗司夫が言ってた。

今の宮崎駿ナウシカ作っても、モヤモヤした気分にさせられる作品になりそうだな。

2019-12-04

anond:20191204000839

メンタルってのはもしかして躁うつ病の躁では。

まあ詮索はやめておきましょう。

1つにしぼったほうが効率はいいです。それもやみくもに1つに絞るのではなく、褒められたことにしぼる。

「1つにする」は一瞬、課題分割型解決みえても最終的にはだれもやったことのない複雑なシステムにたどりつくことがあります。やわらかいいかただと「社会に溶け込む」です。

 

ただ「褒められたことはない」、「どこを一番褒められているかからない」というのかもしれません。「褒められてあたりまえ」みたいな意識があると「褒める人にとって褒めるということがどんなにめんどくさかったり勇気のいることか」がわからないし褒めの内容もなかなか通じないんですよね、多分元増田もそういうところが多くあるんでしょう。(あるいは躁うつ病の影響で「できた」とおもっていることが人からみるとできていないのかもしれません)

社会評価経済((c)岡田斗司夫イイネの数が経済的エンパワメントになる)とか贈与経済((c)内田樹)といったことがいわれており、とくに最近東大教養講義を聞いたことがある方ならこれらの考え方にどこかで触れているはずですが。

自分社会に良いねをもらえ、自分が贈与できるものはなにか、考えてみてはどうですかね。

2019-12-03

anond:20191203144123

そのちょっと前に石田純一不倫日本の文化」もあったかなあ

岡田斗司夫パワハラ若いフリーの女にセックス要求しました」とか

まあ一度テレビ出たやつは良識ててるんだなあと

でもスーフリもこれらも平成から昭和だと話題にもならない

普通に妾をかこってる政治家の話やら

米軍レイプされたパンパンの子リアリティ全開で存在したし

実際みんなちょっと金もつとやってたし

でも認知されないから父無し子

推理小説はその認知されなかったかわいそうな子が泣きながら自首でおわる

anond:20191203135713

あの世代のオタク典型

人前で賢しらなこと言いたがる。

けど有難がられるほどの実績ないもんだから、本人が望むほど称えられない。

プライドは山より高いんだけど、実力が追い付かない。

岡田斗司夫唐沢俊一敵対してっけど、かわいそうなくらいに似通ってる。

まあ、掃いて捨てるほどいるタイプの一人ですよ。あの人は。

2019-11-25

anond:20191125105319

刀使ノ巫女星人が攻めてきて地球のとじみこファン代表を出せ、と言われたら迷いなく本渡楓さんを出すけど、一般的になると誰かわからん

生贄なんだったら迷いなく岡田斗司夫を捧げるけど

2019-11-21

anond:20191121102332

おまえのなかで「世界を席巻」の想定が高すぎるだけじゃね。

アニメゲームも十分にコンテンツとして世界に影響を及ぼしてるよ。

あと岡田斗司夫レコーディングダイエットしてただけだろ。

オタク」が再び蔑称になったのはクールジャパンの嘘がバレたか

2000年代の一時期に「オタク」がポジティブ意味を持てたのは、岡田斗司夫による情報戦の成果で、海外ではオタク向けアニメが注目を集めている、日本コンテンツ海外に輸出できるのはオタク向けアニメだ、とアジテーションしてそれが成功たから。

ジョージ・ルーカスジェームズ・キャメロンオタク向けアニメを参考にしていて、ハリウッドにパクられているという話がまことしやかに語られた。

しかし、蓋を開けてみれば、オタク向けアニメ世界を席巻することはなく、ポケモンNARUTOなどの子ども向けアニメが売れるくらいで、オタク向けアニメは不発に終わった。

海外では尊敬されていると出羽守してデカい顔していたオタクたちは、その根拠を失ったので、また再び「気持ち悪い」と一方的攻撃される存在になってしまった。「気持ち悪い」と言われて世間反論する材料がなくなってしまったのだから。そして、「表現の自由」という最後の砦にすがるしかないほど後退してしまったのである

まり、「オタク」がポジティブになり得ていたのは、情報の不均等を利用して「なんかすごいらしい」という噂を流せたからで、それが崩れて「オタク」という言葉には何の効力もなくなり、再び「一般人には理解されない趣味」に戻ってしまったのだ。

そこからわかるのは、オタクがやるべきことはフェミとの内戦ではなくて、ほんとうにヒットするオタク向けアニメを作ることなである

2019-11-13

前澤社長剛力彩芽破局

このまえの日曜に、たまたま岡田斗司夫が前澤社長について語ってる動画をみた。

岡田見解では、冷静に見ると前澤社長剛力にそれほど金を使ってないとか。

プライベートジェット海外に連れて行くって言っても、自分が行くついでに乗せていくんだから乗客が一人増えてもほとんど金額はかわらないとか。

旅行剛力をつれていくかっていうと、過去の女との付き合い方を考えると、剛力とはそのころには別れてるだろうとか。

剛力女優としての価値を棄損して、自分知名度を上げるのに使ったみたいな分析

まあでも、過去の女から「私はこうして前澤に捨てられた!」みたいな暴露記事みたいのが出てこないってことは、十分手当はしてるんだろう。

ネットのうわさで、手切れ金として、マンション一室じゃなくて一棟を渡したとか見たことあるけど、それに近いようなことやってるんだろう。

剛力も、女優としての価値が落ちたと言っても、すごい金をもらったんだろうな。

2019-10-11

 

岡田斗司夫さんの有料チャンネル入ろうか悩む

無料版でも十分おもしろかったけど、おもしろかっただけに後半気になる

特にジブリ関係ノートとりながら見たい

2019-09-20

anond:20190920001123

オタクエリートと言うのは、岡田斗司夫が「オタク・イズ・ビューティフル」と言い出した頃に、一部のオタクの間に流行った概念ですね。

オタクを極めた者はオタクエリートであり、オタクこそが優秀な人間である、つまりオタクエリート人間の中でもとびきりのエリートである

と言うのが、その論旨です。(それは彼の言うところのオタク第1世代である自分たち世代のことである、となる)

当時の日本の世相はオタクを下等民族として扱っていたと言う背景があり、それを打破すべく「オタクこそが優秀な人間である」と言うパラダイムシフトを行おうとしたのですが、萌えうつつを抜かす教養のないオタク市場を席巻したため、教養ある優秀な人間であると言う意味オタクは滅びた、と「オタク・イズ・デッド」宣言をして壇上を去ることになります

最近だと元京アニヤマカン氏がその思想を受け継いだオタク定義論をブログで展開していますが、こうして理解されないことからも分かる通り、懐かしのあの頃の残滓にとどまっている印象です。

2019-09-08

岡田斗司夫セックス依存症だよね

https://togetter.com/li/797978

80股の件、忘れられつつあるけど完全に病気の人の行動だよね

2019-09-04

anond:20190904171844

上級国民ゆうても嘘松同人誌作ってホラばっかり吹いてた岡田斗司夫みたいなんと同属性やろ。

くさかったのは事実らしいからあまりモテなかったろうし。

2019-08-22

知識人読書量・知識ランキング

SSクラス 江藤淳柄谷行人、廣松歩、栗本慎一郎谷沢永一村上泰亮中村元

クラス 小室直樹浅田彰福田和也渡部昇一、呉英智蓮實重彦永井陽之助中村雄二郎すが秀実佐伯啓思高澤秀次筒井康隆小谷野敦菅野覚明養老孟司 見田宗介佐藤誠三郎大森荘蔵西部邁

クラス 丸山眞男吉本隆明長谷川三千子丸山圭三郎橋本治村上陽一郎佐藤優松岡正剛伊藤貫、猪木武徳坂部恵坂本多加雄大澤真幸中川八洋永井均野矢茂樹小浜逸郎飯田隆河合隼雄片岡鉄哉鎌田東二梅棹忠夫竹内洋山本夏彦山口昌哉、入江隆則

クラス 猪瀬直樹坪内祐三中沢新一御厨貴橋爪大三郎鷲田清一北岡伸一池田清彦中西輝政立花隆山本七平宮台真司桶谷秀昭宮崎哲弥司馬遼太郎古田博司市川浩東谷暁苅谷剛彦秋山駿関岡英之加藤尚武浅羽通明松原隆一郎東浩紀

クラス 中島岳志鎌田哲哉兵頭二十八内田樹森本敏村上龍西尾幹二仲正昌樹大江健三郎齋藤孝森岡正博富岡幸一郎小泉義之井沢元彦、桝添要一、中西寛中島義道鄭大均山内昌之村田晃嗣山形浩生林道義松本健一

クラス 斎藤環福岡伸一副島隆彦榊原英資梅原猛寺島実郎佐藤健志大塚英志五木寛之笠井潔潮匡人高橋源一郎岸田秀山田昌弘竹中平蔵池田信夫萱野稔人大川隆寛、大森望櫻田淳上田紀行手嶋龍一和田秀樹藤原正彦中野剛志

クラス 佐々木中村上春樹三橋貴明田原総一郎木村太郎池上彰竹田恒泰切通理作島田雅彦酒井信、夏野剛苫米地英人上野千鶴子姜尚中、鷲田小爾太、竹田青嗣小阪修平佐藤亜紀

クラス 糸井重里加藤典洋中上健次勢古浩爾北田暁大藤原和博小熊英二佐々木俊尚西條剛央玄田有史城繁幸茂木健一郎岩田温千葉雅也、岡田斗司夫

クラス 小林よしのり宇野常寛勝谷誠彦荻上チキ鈴木謙介勝間和代伊坂幸太郎濱野智史赤木智弘坂本龍一いとうせいこう上杉隆酒井順子

クラス みのもんた久米宏古舘伊知郎ハマコー太田光水道橋博士テリー伊藤、リリー・フランキー、コシミズ、香山リカ森永卓郎、ホリエモン、津田大介ひろゆき中村うさぎ雨宮処凛桜井誠

2019-08-21

知識を溜め込むのが上手な人とそうでない人

人間には二種類の人間がいる。

知識をたくさん持っている人間アイデアをたくさん持っている人間だ。

これらは対話の場面で癖がでる。

アイデア型は一つの意見に対して自分主観で賛成反対を打ち出す。

知識型はその意見の一つ一つの情報自分が持つ知識と照らし合わせて正しいか正しくないか判別し、わからないことに関しては

「そうかもね」と賛成も反対もせず熱のない言葉議論を終わらせる。

自分主観思い込み、熱意で物事を語らない。

これは岡田斗司夫さんの「人間特性類型」にあった注目型と法則型の話から引用している。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん