「家内」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家内とは

2019-09-05

anond:20190905112851

いとおかし 家内が言うと いとおしい

(家内→かない→か無い)

2019-08-02

家内温度36℃とかいってて、ほぼ裸になって扇風機を全力で固定にしてシーブリーズ塗ってアイスノンが冷たいうちに寝るという方法ですら眠れなくなってしまったので、もう一日中クーラーつけっぱ生活になってしまった

まあクーラーも新しいのに変えたし

2019-07-18

[]2019年7月17日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007314167194.143
01447033159.852
02355073144.944
0318109560.823.5
047856122.3126
05182085115.851.5
06183305183.684
0760256042.723
0876435757.332.5
091131050893.039
101751243571.139
112512018280.436
121341313198.041.5
131441290189.641
14155809452.224
151541018766.132.5
161751020558.341
171301179390.734.5
181791787999.938
191271160991.438
201221100590.237.5
211571299282.835
221411390898.641
231581490694.345
1日266423226687.237

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

ポチポチゲー(13), 折檻(4), 堀ちえみ(6), タブー視(4), 連れ去っ(3), UML(5), 花婿(5), 家内(8), あべちゃん(3), 海苔巻き(3), カーセックス(7), 艦これ(20), はあちゅう(9), 法人税(9), 減税(8), スマホゲー(7), 体罰(7), チャーハン(6), 民主(9), 刺す(13), 嫁(67), 自民(22), 投票(44), アベ(10), 政党(16), 自民党(29), 党(9), 選挙(31), 野党(26), 安倍(21), 救わ(14), 消費税(17), 政権(13), 課金(11)

頻出トラックバック先(簡易)

■「皆がこれ読んでたら読んでたら世の中もっと良くなるのに」本 /20190713122155(35), ■萌えアニメを見れなくなってしまった /20190715194435(16), ■私が猫を飼いたくない理由 /20190717154446(14), ■童貞だけど男性を救いたいんだよ /20190716235444(13), ■もうカウントダウンの百の位の「2」は使わない。 /20190717101556(10), ■他人写真トレスして二次創作OKマジで? /20190717110227(10), ■複数人呼称 /20190716171422(9), ■一人暮らし人間冷蔵庫ストックしておくべきもの /20190717145403(8), ■anond20190717102431 /20190717103253(7), ■anond20190717111223 /20190717111513(7), ■「お疲れ様です」は何か足りない /20190717135912(7), ■anond20190717022435 /20190717022827(7), ■anond20190716100824 /20190716122944(7), ■はてな匿名ダイアリーが役に立ったことってある? /20190717202650(6), ■女ってさ /20190717124518(6), ■朝抜いたら午前中全然力が出なかった /20190717121513(6), ■ネットで触れちゃいけないことかもしれんが /20180306183313(6), ■韓国の謎の港町ガチやべぇ /20190717135108(6), ■雑談 /20190716194219(6), ■うなぎって食べてもいいの? /20190717231503(6), ■ /20190717105605(6)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6457466(3452)

2019-07-17

いつから妻のことを

家内と呼んでもいいの?

3年くらい?

anond:20190717114745

年寄りだけだと思う

2、30代くらいで家内と使ってたら驚くが60代以上なら普通(というか、むしろ社会的地位高い人なイメージ

anond:20190717114626

いや今でも普通に使うだろ

よほどリベラル寄りの場でない限り、「家内」の方がオフィシャルな場面では好まれる。

anond:20190717110258

女将じゃなくて家内からだろ。

あくまで主人は男のほうなので女将という呼び方はしない。

anond:20190717110046

男性への呼び方は「主人」

女性への呼び方は「家内

砕けた言い方として「嫁」でもいいだろうという感じ

2019-05-05

ペリー提督が見た日本女性

1854年4月、日米和親条約調印を終わったペリー提督士官を伴って横浜周辺に上陸して、土地の視察を行いました。その際、初めて見る日本女性について、彼等の興味深い印象を遠征記に書き記しているので、次に取りあげてみます

 

【嫌われた日本女性の<おはぐろ>】

ペリー横浜の町役人宅を訪問した際の印象・・・

 穏やかに微笑してルビーのような唇が開いていたので、ひどく腐食された歯茎に生えている一列の黒い歯が見えた。日本の既婚婦人けが、歯を染める特権をもっており、染めるにはおはぐろという鉄の粉と酒とを含んだ汚い成分の混合物を用いる。この混合物は、その成分から当然に推察されるように心地よい香りもないし、衛生的でもない。それは非常な腐食のもので、それを歯につけるときには、歯茎や唇などの柔らかい組織を何かで覆う必要がある。さもなくば、ちょっとでも肉にふれると直ぐにただれて、紫色の斑点が出来てしまう。いくら注意しても、歯茎は腐って赤い色と活力を失う。

 この習慣は、夫婦間の幸福を導くことがほとんど無いと考えるべきであろう。また、当然、求婚時代の夢中なとき接吻してしまわなければならないことも推測されるだろう。しかし、未来の花婿は往々にしてこの報酬さえ失ってしまう。なぜなら、ある若い婦人たちは、縁談を申し込まれときに、このお歯黒をはじめることも珍しくないかである

 この厭うべき習慣は、他の習慣、即ち紅で唇を染めることで一層明らかになる。赤くした口は、黒い歯と著しい対照なすからである。「べに」と呼ばれる日本化粧品は、紅花でつくられ、陶器の盃に入れてある。薄く一塗りすると鮮やかな赤色となるが、厚く塗ると暗紫色となる。この暗紫色が一番いいとされている。

 

【客を迎える日本女性の様子】

(町役人宅の)妻や妹は、外国人の前ではいつも膝をついたままであった。このような不体裁恰好をしていても、女たちは自分達の働きを妨げられるようでもなかった。なぜなら、銀の徳利をもって、非常に敏速に走り回っていたかである。盃が小さいため、酒を注ぐことがたえず必要であった。二人の婦人はいつまでも慇懃(いんぎん)で、玩具の首振り人形のようにたえず頭を下げた。また、たえず賓客に微笑をもって挨拶していたが、微笑しない方がよかったと思う。唇を動かすたびに、嫌な黒い歯と色のあせた歯茎が見えたかである

 

女性地位

日本社会には、他の東洋諸国民に勝る日本人の美徳を明らかに示している一つの特質がある。それは、女が伴侶と認められていて、単なる奴隷として待遇されてはいないことである。女の地位が、キリスト教教義の影響下にある諸国におけると同様な高さではないことは確かだが、日本の母、妻、娘は、中国の女のように家畜でも家内奴隷でもなく、トルコハーレムにおける女のように浮気な淫楽のために買い入れられたものでもない。一夫多妻制が存在しないという事実は、日本があらゆる東洋諸国民のうちで、最も道徳的であり、洗練されている国民であるという勝れた特性を現す著しい特徴である。この恥ずべき習慣がないことは、単に婦人の優れた性質のうちに現れているばかりでなく、家庭内道徳が大いに一般化しているという当然の結果の中にも現れている。

 

尊敬を受ける日本女性

既婚女性が常に厭わしい歯黒をしていることを除けば、日本女性容姿は悪くない。若い娘はよい姿をして、どちらかといえば美しく、立ち振る舞いは大いに活発であり、自主的である。それは、彼女たちが比較的高い尊敬を受けているために生ずる品位自覚から来るものである日常相互の友人同士、家族同士の交際には、女性も加わるのであって、相互訪問、茶会は、合衆国におけると同じように日本でも盛んに行われている。

 提督とその一行の面前に平伏した女たちのとった態度は、彼女たちが隷属的であるという証拠ではなく、むしろ外国人に対する尊敬のしるしと考えるべきだろう。日本の大きな町々や都会には、大いに淫楽が行われているものと当然想像される、なぜならばこのようなことは、不幸にも、すべての大都会における普遍的法則からであるしかし、日本女性名誉のために言わなければならないことは、艦隊江戸湾にある間、時々、種々の海員たちと女性たちが交渉を持ったときにも、普通放逸淫蕩なようすが少しもなかったのである

 

出典:在NY日本国総領事館

https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/150th/html/exepi2.htm

2019-04-14

anond:20190414091434

女性社会進出」というとき、家庭や地域コミュニティそもそも社会じゃないのか、ともやっとする。

女性社会進出させて家内労働を全部外注したら「GDPが増えて経済成長する」って、良いことなのかともやっとする。

2019-04-09

在宅勤務なのにゴミ一つ出せない

家内は在宅勤務であるにもかかわらず、朝のゴミ一つ出せない。

曰く、仕事が忙しくて無理だそうだ。

その割に深夜にはゲームしてるんだが。

朝のゴミくらい出してくれと言ったら、つい寝ちゃって、うっかりしてて、目覚ましかけたんだけど起きれなくてと言い訳オンパレード

自分は、出勤前に自分弁当家内のために、食事を作って置いておくのだが、朝家事ができないならその食器を洗っておいてくれと頼む。

やってある時とない時があり、自分会社から帰ってくる直前に洗い始めていたりする。そうすると、帰宅キッチンを使いたくても待たなくてはならない。

食材の買い出し、洗濯料理からゴミしまで全部自分がやってる時もある。

家内母親は全部自分でやってしまうため、家内含め家族自分パンツ場所すら把握してない。

最近は、あれやれこれやれと指図しているが面倒くさい。言われなければどんだけ洗濯物がたまってても御構いなし。

言ってくれればやるよ、が親切なのだと思ってるなら大間違いだ。

追記:

随分反応があってビックリした。

家内という言葉普通妻に対して使うものと知らずパートナー意味で使ってしまった。パートナーと書けばよかったのかもしれない。

もろに夫と書くと、変にジェンダーバイアスがありそうで嫌だった。なぜならこれは男女関係ない問題だと思ったからだ。

トラバブコメで在宅は夫側と推測してる人、正解です。

ちなみに自分フルタイム勤務、往復3時間通勤のため帰宅毎日21時くらいが平均。

夫がなぜここまで家事を出来ないのかというと、もちろん実家での教育不足と1人暮らし経験がないのは大きいが、今の会社が求める仕事が多く付いていくのが大変なんだそうだ。

家事よりストレス発散のためのゲームを優先しているのではとの指摘もあったがその通りである

家事の軽重ではなく出来ることをやらせる、食器洗い機など自動化できるもの自動化する、などなど参考になるコメントも多くありがたかった。何より色々の意見を見れるのが楽しい

2019-03-08

パートナー呼び方が定まらない

結婚して一カ月が経とうとしているが、パートナー呼び方が定まらない

かに話しをする時

今まではパートナーのことを「彼女」と言っていたが、結婚後はなんて言えばいいもの

「嫁」と言うのは調子に乗ってる感じがするし

そもそもパートナーのことを「嫁」と言うのは日本語的に違うらしいし)

奥さん」と言うのも他人みたいな感じがするし

そもそもパートナーのことを「奥さん」と言うのは日本語的に違うらしいし)

家内」と言うのも堅苦しい

「妻」と言うのも小っ恥ずかしいし

かみさん」と言うのも熟年感があるし

女房」と言うのも熟年感があるし

連れ合い」だとただ一緒にいるやつみたいだし

「ばけべそ」だと怒られそうだし

相方」だとダサい

なんて言うのがいいもの

結局いまだに「彼女」と言っている

英語で言うところの「She」意味合いも含む)

そのうち収まりがいいのが見つかって慣れるのかもしれないが、今いいのが無いだろうか

みなさんどうやってその呼び方にしていったのかが気になるところ

2019-03-04

今日言われたことの箇条書きメモ

https://anond.hatelabo.jp/20190304103833

木曜日家内ご飯に誘ったけどあなた断ったでしょ」

「○○君も誘いを断っていたけど、あなたは○○君と違って仕事ができない」

「入って1年も経っていないのに断る立場にあると思う?」

仕事ができなくて今の仕事になっているのに、よく断れたな」

社会人としての常識がまったくなってない。私が22の時はそういう最低限のことはできていた」

「(退職願を出そうとしたときに)一番あなたを助けていたのは家内、その恩を返すことができないのか」

「恩を恩と思ってないから平気でそういうことができる」

「体調悪くても、誘われたらついていくべき」

「前(11月?)にもこの話をした、2回目」

言うてこれだけか。

前回退職願を出す決意を出したとき人格否定もろもろひどかったけど、今回はふつうに思えてくる。

あんまり話を聞いていないから覚えてる範囲なんだけど。

2018-12-26

父親行為性的虐待だったのか知りたい

自分父親から受けた行為について、虐待だったのか知りたい。

私は九州で産まれ育ち、中学2年の時に両親が離婚した。親権は母が持っていて母の実家がある神奈川引っ越し暮らしていたので、そこから父親との接触はない。

自分不快記憶として強く覚えていることがある。小学校4年〜6年くらいの間のことでそのあたりから父親と一緒にお風呂に入ることが嫌になり一人で入浴するようになった。それは思春期女子として適齢期だったかなと思うのだが、父親がお風呂を上がってから全裸状態家内フラフラ歩き回ることがあった。そして局部を振りながら踊って見せていた。「お父さんパジャマ着てよ」とやんわりと注意をしても「ゾウさん踊りだぞ〜」と言って腰を振り局部ブラブラさせるのだ。

くだらない、笑い話じゃんと思う人もきっといると思う。ただ私は父親のその行為がほんとに嫌で、見たくないのに、父親冗談くそんな振る舞いをするのが嫌だった。嫌だと言っても間に受けて貰えなかったのでつらかった。でもこんな話を友人や親戚にできるわけない。父親が「ゾウさん踊り」をするのはほぼ私と一対一のときで、母が不在のときを狙っているように感じた。父親セックスアピール気持ち悪くて今でも夢に見てすごく不快な思いで目が覚めるときがある。

夫にその話をしたときに「それって君の気持ちとしては性的嫌がらせと感じて当然だと思う」と返答をもらい、もしかして「ゾウさん踊り」は虐待の様なものだったんじゃないかと考えたら、今更父親に謝ってもらってどうこうなるものじゃなくて、ただただ不快感だけ募り涙が出てしまった。もう会うこともないだろうけど、もし会う機会が出来たとしても会いたくない。気持ち悪い。

他人にとってはくだらないジョークにも感じられるのかなと思うと、カミングアウトして理解されなかったら行き場がなくて死にたくなる。「この程度」のことだろうか。私の気にし過ぎなんだろうか。なんで父親あんなことをしていたのかいくら考えてもわからない。

これって性的虐待に当てはまると思いますか?この不快感、不全感はどう扱っていけばいいですか。助けてください。

2018-09-26

昔の生活に憧れる

自動車電車がないのでひとびとは歩いて移動した

農業は重労働なので肥満はいなく筋肉

職場は徒歩数十秒 雨が振ったら自宅で家内労働をした

自分たちで作った採れたての無農薬野菜や米を食べていた

時には釣った魚やウサギイノシシなどのジビエを食べた

夜這いがあるのでだれでもかわいい子とセックスできた

子供はたくさんいて育児はみんなでした

2018-09-20

オタクが同じく、男尊女卑DQNより女の批判を受けやすいのはさ

オタクが女に主婦家内版のロールモデル提供できなかったからだよな

 

DQNってのは大抵田舎暮らし同調圧力も働く社会

そこで一人の女と家族に(多少はヤンチャしても)尽くし、添い遂げるというのが

彼らの共通認識 

そのためには土方やキツイ仕事バンバンこなして

妻子を肥やす義務(と周囲の目)があった

女も対価と保証があるのならと、男尊女卑社会で生きるのを受け入れていた

この、全体的にDQN味のある社会と言うのが今までの日本だった

 

ところがオタクは違う

オタクはどちらかと言えば(男にとって)自由社会を望む

DQNのような社会性や交友関係同調圧力を望まず

仕事ブラックは避け、妻子への無償努力も拒む傾向がある

なにより、体力も無いので子供を遊びにつれていくこともない

恋愛観にしてもDQNより遥に契約的、自由恋愛主義(無論、女には求めないが)で

岡田斗司夫の例もあるように、DQNよりも遥に多くの愛人を求め

宗教的同調圧力的なモラルから解放されているため

一夫多妻制すら支持するのだ

(三ヶ月でアニメの嫁を変える精神性は言うまでもない)

オタク夫の妻は、夫からの寵愛を失う危険性がとても高く

下手すれば40でシングルマザーという絶望の状況下に置かれる

 

オタクの男は、これだけ自身には先進的な

ライフプランを立ててきたにも関わらず

妻に対しては従来通りの家事労働子供の世話を押し付け

共働きや女の社会進出を阻害するという、DQN規範に甘んじていた

 

この、従来のDQN男尊女卑システムの利点を失った女性

オタク幻想家族像、オタクナイズされた男尊女卑社会拒絶反応を示し

自立の為に行動を起こし始めたのはごく自然ことなのだ

2018-09-04

anond:20180904075512

自分も割と同意

ぶっちゃけ家族家内子供)のこと以外は、どうでも良くなる。

家族平穏無事に幸せに暮らせる為になる様なこと以外は、優先事項はめっきり下がる。(自分が如何に稼いでお給金を持って帰るか?は優先事項)

息子が可愛いんだ(笑)何においても。

守れるならなんでもするよ〜。

他の事は、どうでも良い。

まらないなんて言う暇は無いよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん