「市町村」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 市町村とは

2020-05-31

年収10万円のリアル

Q. どんな仕事すればそんなに稼げるの?

A. まず、市町村から紙が届く。免許証コピーを張り付けて返送する。

 2週間前後で振り込まれるぞ。

 

Q. 年収=給付金って、それニートじゃん

A. それ言っちゃだめ

anond:20200530164357

ネットアンチ維新が知らない大阪維新問題点

煽り無しで書きます。以下はごく一部です。要望があればまた書きます

今回は地域政党である大阪維新大阪市以外を軽視した結果どうなってるか書いてみます

  

大阪市一極集中

まず地域政党としての大阪維新政策により大阪府下で大阪市一極集中が進行中です。

各種統計にもそれが現れてきており、大阪市以外の府民は肌で実感してる人も少なくないとは思います

それが維新政策による影響に気づいてるかどうかは疑問です。

この現象自体維新コンパクトシティ構想や道州制理念にもマッチしてる事であり彼らにとっては成果だと思います

  

市町村への権限委譲」という名目緊縛放置プレイ

大阪維新政策に「市町村への権限委譲」というものがありますが、これには複数の裏の顔があります

足並み揃えない市町村にはペナルティを与えつつ「権限移譲したんだから後は市町村責任です」という線引きです。

具体例を挙げますと、一昨年、国が国保の標準保険料率の都道府県一本化を打ち出しました。大阪府はまっさきにそれを強行し

1人あたり保険料は平均で昨年10296円、今年は8906円、合わせて2年間で19202円も値上げになりました。

(一本化自体大阪府ではなく国の方針なので、大阪府に限らず国保加入者が多い都市圏はほぼ全て値上がりしてます

共産党の試算によると全国の8割の自治体で値上がりになるとのこと)

  

これに対して大阪府河内長野市国保貯金から2億円投入して7999円軽減し今年の値上げを907円に押さえました。

すると大阪府河内長野市に対して交付金減額措置というペナルティを与えました。

市町村への権限委譲」というのは正確には「市町村を縛った上で責任押し付け」でしかないということです。

  

大阪市不要制度めっちゃショボい

例えば和歌山県企業立地促進制度は100億円、奈良20億円をはじめその他にもメニューが用意されてます

一方大阪府は3千万円です。その結果、大阪府衛星都市から奈良和歌山企業流出が止まりません。

これは国にも言えることですが、本来府政に求められるのは都市間格差を縮める再分配を行うことで地方過疎化を止めることでしょう。

大阪市不要制度がショボい例は他にも多々ありますのでまた次の機会に書きます

anond:20200531090209

県境に住んでるけど、徒歩で県超えられるし、スーパーは県超えて買いに行ってる

つーか県ごとに区切るのと、市町村ごとに区切るのも所詮同じ

2020-05-27

ケンサガ~!どこ~? 北九州市が来たよ~

他の市町村も、もっと検査しろ~って、叫んでくれ~

2020-05-26

コロナ融資経過 銀行

市町村セーフティネット4号(売上20%以上減少)、または危機関連保証(売上15%以上減少)の手続きをする。

前年との売上対比と、今後の見通しを書いた申請書を提出するだけでよい。会計資料必要なかった。数字作ればいいじゃん。

約1日でそれぞれの証明がでる。

銀行コロナ関連の融資申し込み。セーフティネット証明の他に、試算表、登記簿謄本納税証明印鑑証明等が必要

信用保証協会審査となる。今回審査はかなり緩い。多少赤字会計でも大丈夫

10日間かかった。

銀行から連絡があって本申込み。保証料等は今回必要ないので、助かる。

だいたい2日程度でお金が入る。

3年間は無金利、返済も寝かせることができるが、返済期間は10年なので、あんまり寝かせると月々の返済額がきつくなる。

うちは1年寝かせて、残り9年で返すことにした。3年後の金利は1.1%

これで一息はつけるけど、盛り返せるかどうかわからないのが不安だ。

2020-05-25

anond:20200524233706

知的障害の娘を持つ父親です。

とは言え、わが子は生まれついてのものでしたから、元増田様の心中は察して余りあるものがあります

ですので、あまり無責任なことは言えないのですが、文章を読む限り元増田様なら(今は状況を消化できないでしょうが)いつか動ける日が来ると思っております

そんな日が来たら、まずは行政(都道府県or市町村)に頼ってください。病院でも案内があったかもしれませんが、障害者とその家族支援する制度がなにがしかあるはずです。どこに相談すればいいかからなければ役所総合窓口へ。該当する部署を紹介してくれます

[(隙自語)私は転勤が多く、色々な場所に住んだ経験がありますが(自治体によって違う部分があれど)何も制度がないということはありませんでした。]

とにかく行政と繋がっておくことが重要です。行政に記録が残っていれば、将来的にも支援が受けられやすくなりますし、時には行政から情報が得られます

そして、ぜひ療育施設を利用してください(これも行政から紹介してもらったり、繋いでもらえたりします)。そこでは、同じような境遇一生懸命頑張ってる親御さんと楽しんで頑張ってる子供たちがいます。親同士のつながり、子供同士のつながりは、ともに心の支えになります

[(隙自語)私事でいうと、現在は(前述のとおり転勤のため)療育施設に通っていた頃とは全然違うところに住んでいますが、娘はそろそろ成人するぐらいの歳になっているにもかかわらず、今でも当時一緒に頑張っていた者同士連絡を取り合っていて、数年に一度ぐらいは集まることもありますさながら"戦友"です。]

また、施設に預けている間は少しだけ子育てから解放されます。寝るなり好きなことをするなりして、ちょっとだけでも体や心を休めてください。

お互い、適度にさぼりながら頑張りましょう。

また何かあったら書き込みに来てください。

2020-05-14

anond:20200514221012

今あるリソース市町村はできることは既に全部やってる上での苦言なんだ。

受付メールはぴったりサービスから送られる。しか申請した内容もzipファイルで送られる。申請者は自分の内容を確認できるんだ。その上での重複申請なんだ。

エラーチェック機能もないから口座番号の桁数が足りなくても申請が通るし、口座番号の分かる書類添付ファイルを何十万人分ダウンロードして記入がおかしい人のを1件1件潰さなきゃいけない。

振込データ作成には銀行コード支店コード必要なのに、それもない。

ぴったりサービスデータレイアウト4月中には来なかったので、どのようにシステムに反映すればいいかも分からなかったし、どう考えても時間が足りないんだ。

特別定額給付金は「住民票上の」世帯単位申請から難しい

今回の特別定額給付金の受付には、マイナポータルの「ぴったりサービス」を使っている。

まず多くの方々にお知らせできていないことだけれど、ぴったりサービスは今回の特別定額給付金の受付のために開発された訳ではない。オンラインによる行政手続ワンストップで行うための既存システムなのだ

 

これまで決して十分に活用されているとはいえないものだったけれど、今回新たにオンライン受付システムを開発して投入するよりははるかに迅速かつ簡便に導入できることから採用したものと思っている。

今回は可能な限り早期に給付金支給する必要があり、可能な限り早期に受付を始めなければならない。

かつ、受付会場に三密を発生されることはあってはならないことから、早期に受付開始可能オンライン申請システムを準備しなければならない。

 

しかしここで今回の条件で難しくしているのが、「世帯単位申請」という部分だ。

 

難しい理由はいくつかある。

 

ひとつは、世帯単位というのは「住民票上の世帯単位であるということだ。このことの難しさが、市町村からは十分に周知されていないように見受けられる。

世帯主って「住民票世帯主」でしょ、当たり前だよ、と市町村担当職員は考えがちだ。しかし、世の中はシンプル世帯だけで構成されている訳ではない。すでに報道されているDV関連のケースを除くと、典型的ものとして次のようなケースがある。

 

1.3世代祖父祖母、父、母、子が同居しており、世帯主が祖父で全員が住民票上同一世である場合

祖父が全員分を申請する。祖父マイナンバーカードを持ってなければオンライン申請不可で郵送になる。

2.3世代祖父祖母、父、母、子が同居。祖父世帯主で祖母と同一世帯、父が世帯主で母と子が同一世である場合

祖父祖父祖母分、父が父と母と子の分を申請する。

3.父、母、子のうち、父が単身赴任で別の市に住民票を移している。実家世帯主は母。

→父が自らの分を単身赴任先で申請、母が母と子の分を居住地申請する。

4.父、母、子のうち、父が海外単身赴任実家世帯主は母。

→母が母と子の分を居住地申請するが、父の分はたぶん申請できない。

5.父、母、子のうち、世帯である父が基準日直前に死亡。

市町村勝手世帯主が誰であるかを決められないため、申請すべき者が誰であるかは世帯主を決める届出が出てこなければ決められない。

 

従事したことがない素人がパッと考えてもこれだけ考慮すべき条件がある。自分が思いついていないことで、他にもあるのだろうと思う。

しかも、この「住民票上の世帯構成」は、市町村システムしか確認できない。マイナンバーでは確認できないものなのだ。かつ、日々届出により変化するものである基準日時点で全件のデータを切り出したとしても、それ以降に遡った日付で毎日届出はやってくるのだ。

常にリアルタイム更新できればいいのだけれど、そのような常時接続するようなことは、マイナンバー制度導入時も、住基ネット導入時も否定されてしまっている。

こういった状況下で、時間もないなか完璧な条件定義など望むべくもないなかで、新たなシステムを開発して投入するのではなく、すでにある(いまいち使われていない)システムを利用するという作戦は、全否定される筋合いのものではないのではないかと思っている。新規導入したシステムを使ってこける方が悲劇だ。

 

けれども、市町村の方で、システムがひどいからと責任転嫁するのではなく、もうちょっと運用上考えてみても、よかっただろうということはある。

先に説明した通り、世帯の状況はそんなに単純ではなく様々だ。

世帯主が申請」で思考停止している市町村は、もう少し丁寧な説明をすべきだ。

また、重複申請で苦労しているという報道もあるが、さっさと申請データダウンロードをして、受付メール送信していれば、不必要な重複申請を受けることもなかったケースも多くあるはずだ。

市町村も国に振り回されて大変な状況であろうとは思うけれど、できることをしっかりやってから、苦言を呈するべきであろうと思う。

 

つらつら書いたけど、みんながんばれ!!!

anond:20200514131135

さら法人で言えば水道を主に使う商売において価格破壊が起こる。

洗車場、コインランドリーコインシャワーあたりで隣接する市町村から人が殺到する。

水道代以外の経費の方が高そうだし、そうそ価格なんて下げられないと思うが。

この夏、水不足確定のお知らせ

やってくれたな所沢

<新型コロナ水道料金を2カ月免除所沢市が発表 一般家庭など17万件対象 免除総額は9億5千万円超

所沢市は11日新コロナウイルス感染拡大が続く中、経済的支援策として全ての水道利用者対象に2カ月分の水道料金を免除すると、発表した。

市内の一般家庭、事業所など約17万件が対象で、期間は6月検針分(4、5月使用分)と7月検針分(5、6月使用分)。

https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/05/13/07.html

これ、何がいかんかというと、未来約束をしてしまたこと。

すでに過去の分ならいい。なぜなら、もう無駄使いができないから。

未来について約束をしてしまえば、必ず無駄遣いするやつが出てくる。

まずは個人水道代については、おそらく単純に倍くらいには膨れ上がると思われる。

節水という概念が壊れるだけでなく、むしろ使うなら今だとばかりに使い始める人間が続出する。

無料からといって出しっぱなしにするような人間だって出てきかねない。

制限を設けなければそうなることはアホでもわかること。

なんで全会一致で決定してんだ。

さら法人で言えば水道を主に使う商売において価格破壊が起こる。

洗車場、コインランドリーコインシャワーあたりで隣接する市町村から人が殺到する。

この辺なんて使用量が何倍に膨れ上がるか想像もできない。

7月までの間、フルで水道無駄に垂れ流される。

調べたところ所沢市は荒川利根川水系ということなので、関東一円水不足待ったなしです。

からでも遅くない。

前月と同水準を超える水道の利用があった場合無料を取り消すなどの制限を設けるべき。

これ、割と深刻な問題です。

2020-05-12

anond:20200503195157

国の予算議決を待たずに申請書作って、国のお金が届く前に給付開始してる市町村はどんなスキームでやってるんですか。

転入出とか細かな要件が決まる前に動き出して平気ですか?

2020-05-11

目安と基準

テレワーク中、地震もあったのでテレビを見ていたら、PCR検査の件で厚労相が相当たたかれていました。

コロナ担当の端くれから見ると、厚労相たたくのおかしくないか?という気がしたのでちょこっと。

というのも、2月の時点から、各保健所設置自治体には「新型コロナウイルス感染症に関する行政検査について(依頼)」(R2.2.17)の通知において、例の37.5度目安だけでなく、既に厚労省側は「感染が強く疑われる場合には柔軟に検査を行っていただきたい」と書いており、「 症状や新型コロナウイルス感染症患者接触歴の有無など医師総合的に判断した結果、新型コロナウイルス感染症と疑う者」は検査対象とするよう示しています

その前段となる「「感染症の予防及び感染症患者に対する医療に関する法律第 12 条第1項及び第 14 条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)」に関する留意事項について」(R2.2.7)という通知では、「これまでも各自治体の判断検査が行われていることと承知しているが、今後も、各自治体において新型コロナウイルス感染症を強く疑われる場合には、柔軟に検査を行っていただきたい旨、お知らせする」とあります厚労省も含め、行政文書において「〜と承知しているが」と使うときは、大抵、「おまえら当然やっているよな?」的なニュアンスでありますので、これ以上ないぐらいに念押しをしているんです。

ただ、自治体レベルになると、未知の感染症を捌くほどのスペックを持った人間はまずいません(いたとしても全員ではない)。

通常業務でさえ、各市町村判断でできる事務について、県が基準を示せだの、国が基準を示せだのをいつも言うのが、自治体です。

このような場合は、県レベルで足並みそろえないと住民から苦情が来るというパターンが大半なのですが。

今回の場合も、問い合わせは山ほど来るし、その中では「ほんまにそうなのか?」みたいな問い合わせも多く来ます。(保健所にその自治体自粛要請の状況まで質問が来ている状況です。)

それらを捌き、感染していない人だけで検査リソースをかけないようにするために、スクリーニングをするしかないのが実情です。

その中で、保健所判断基準として、例の「37.5度目安」が出てくるわけです。そうすれば、膨大な問い合わせを受けることだけで良く、判断するリソースを割く必要はなくなるわけです。

これだけでも業務負荷が相当減ります。「37.5度以上の熱が4日でてから電話ください」で済むわけですから

なので、大臣も「誤解」と言いたくなるのもしゃーないという気がします。クルーズ船がどうこう言っている状況からもう既にそれで国は動いていたわけですから

結局、自治体にそれらを捌ききるリソース全然ないのが実際のところです。

そういうわけで、マスメディアがもう少し丁寧に解説してくれたらと思うのですが、報道資料を体よくまとめて、専門でもないコメンテーター解説させるわけですから、伝わるものも伝わらないです。

また、これに関連して通知が出てきて、特別職書類を数部印刷し、必要なところをラインマーカーするみたいな業務が増えると思うと、なかなかだなぁと思います

東京都の報告漏れも、愛知県個人情報漏れも、どこの自治体ネットワーク分離でインターネットにつながっていない端末で、大阪みたいにシステムをすぐには入れられない(https://topics.cybozu.co.jp/news/2020/04/22-8794.html)ために、Excelファックス事務処理をなんとかするのが現場です。

そのほかにも、検査数を増やせだのと言っても、ロジ回り一切抜きにして話すわけですからワイドショーお気楽だなとしみじみ思います

いや、機械があったって、感染症を起こすウイルス安全に扱える人が何人いるんだ、体調の悪い人間をどう検査まで持って行くんだ、ということは誰も言いません。

富士山の近くの大学学長もそこら辺を根拠を持って言えば説得的なのですが言ってくれないので、結局行政側がそれができるかどうかを調べる羽目になり、また業務が増大します。

ですので、いろいろ思うことはあると思いますが、乾いたぞうきんを絞る状況でこれまでやってきていたので、ちょこっと皆さんも理解を深めていただければというお話でした。

知事とか市長とかで実際の力量はともかく目立つ人が出てきたけど

目立つ(いい意味でも悪い意味でも)

その人らの所属政党的なのがあんまりクローズアップされたりしないね維新ぐらいしか

立憲とか国民とかが動かしてる都道府県市町村とかあったら色々判断材料なると思うんだけれど

野党の支持者の人らで移住して固まって市単位で良い政治やれるんやでって見せたりとかしてくれたりしたら色々参考になるんやけど

2020-05-08

大阪人東京コンプレックスが強い

恐らく、このようなタイトルにすると

「俺も大阪人だがそんなことねーよバーカ」とか

大阪人の知人がいるけど全然そんなことないよ」とか絶対言われると思うんだけど、

少なくともこれを書いている時点での自分はそう思っている。

日頃から大阪人をよく目にするのだが、このコロナ禍でも見るに堪えない「東京コンプレックス」を発症している。

自己紹介をすると、俺は埼玉県人だ。

翔んで埼玉は少々誇張されすぎな表現ではあるが、埼玉県人が東京に大きな憧れを抱いているのは間違いない。

埼玉はイナカだが、東京には様々なものがある。おしゃれなお店や食べ物があって、娯楽が充実している。大抵のイベントもの東京で行われる。

埼玉-東京県境市町村在住の俺は、つい「東京のすぐ近く」「埼玉東京寄りの方」みたいな文言地元紹介に付け加えてしまう。

まさに俺自身東京コンプレックス患者だ。

話を大阪に戻そう。

俺の持つ前述の東京コンプレックスは「憧れ」。どちらかというとポジティブニュアンスのものだった。

だが、大阪人の持つそれはネガティブだ。日本語にすると「憎」や「嫉妬」といったところか。

大阪人はその観点でいえば、おかしい。埼玉の比ではなく東京性格を捻じ曲げられているような気がする。

まずSNSで、小池都知事吉村府知事をやたらに比較するのだ。

俺が思うには全国の知事の中でも、この2人はコロナ対応とても頑張っていると感じている。

アプローチはそれぞれ異なるがかなり優秀ではないだろうか。流石は大都市を率いている人間だ。田舎老害知事たちとは違う。

だが大阪人はなんとかして「吉村府知事の方が優秀」ということにしたがる。

逆に東京人の方は大阪とどちらが優秀か争いなんか眼中になくて、大阪人が一人で土俵に立っているような状況だ。

マスクの配布についても、何故か大阪を優先しろと言い出す。東京なんて最後でもいいだろと。

俺は流石にこれを見たとき「HA???」と思った。

東京マスク配布が優先されているのは、東京首都から肩書問題ではなく、単純に最も感染危険地域からではないのか。

発言者普段頭のいい風の人だからこそ余計に困惑した。

それとも東京人は全員感染してコロナ死ねってこと?

あるいは大阪人はこういう冗談お笑いにしてるってこと?誰か教えてくれ。仮に後者なら「おもろないわ」と言わなければならない。

それともこいつらは大阪人の中でも最底辺的なクソ野郎で、大阪人でも軽蔑するような存在で、俺の交友関係たまたますべてハズレ大阪人ということなのか?

誰か教えてくれ。

2020-05-07

コロナ対策の段階的な制限強化/解除って失敗なんじゃないか?

緊急事態宣言後に多かれ少なかれ、みんな生活環境が変わったよね。今まで行かなかった店に行くようになったり、今まで会わなかった人と会ったり、今までと違う時間電車に乗ったり。

集団免疫っていきなり都道府県とか市町村とか巨大な集団で獲得されるものじゃなくて、もっと小規模な職場とか飲食店とか電車の1車両とかから獲得されると思う。その獲得済みの集団制限強化/解除で分解され免疫の無い人や感染者と一緒にかき混ぜられたらどうなる?それを段階的に何度も。かえって感染が増えるんじゃないか?

専門家ではない素人日記なので異論は認める

2020-05-05

超過死亡(札幌市

コロナウイルス関係で超過死亡に関する情報が出てるけど札幌市ホームページ人口動態(※1)から死者数を調べてみた。

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1,9681,5341,6401,4151,5941,4401,5541,6101,4041,6111,5731,494
2018年1,9661,6461,6881,4481,6961,4221,5111,5671,4591,7011,6841,580
2019年2,0561,6211,6731,4511,8011,4211,6891,5491,5381,7821,5741,556
2020年2,0291,5631,785

2017年2019年の3年間の平均と2020年の死者数を比較すると1月は101.6%、2月は97.7%、3月は107.1%と3月は平均と比べて死者数が多い。

北海道は他と比べて流行が早かったので、コロナの影響で亡くなった人が多くなったのではと思う。

同じように各市町村ホームページから調べると超過死亡を調べることができるんじゃないかな?

自分は忙しいからこれくらいしかできないけど。

懸念事項は以下の通り。

・市の人口全体が著しく増加、減少していると正しく判断できない可能性がある。

都道府県単位だと時間がかかるせいか古い情報しか表示されない。市町村単位調査するしかなさそう。

東京23区のホームページには死者数が記載された人口動態がなかった。東京都はどうやって調べることができるんだろう。

※1 https://www.city.sapporo.jp/toukei/jinko/jinko-dotai/jinko-dotai.html

2020-05-02

そんなにパチンコがだめなら

パチンコ営業してる市町村住民には10万円配りませんって制度にしたら

民衆パチンコ屋を勝手に襲って営業停止に追い込んでくれそう

2020-05-01

給付金申請オンラインで済ませた感想

マイナンバーカードは随分前に手に入れていた。

ICカードリーダーが無いと、マイナンバーカードがあっても意味がないと思っていたのだが、調べてみると最近はだいたいのスマフォなら読み取りができるようだ。

給付申請はまだ先として、とりあえずスマフォマイナンバーカードの読み取りを試してみようと思った。

iPhone7なんていうだいぶ古い機種を使っているが、OSアップデートしたらマイナポータルダウンロードできるようになった。

20:00はマイナポータルがだいぶ混み合っていたようでログインが出来ない状態が続いた。

何度もチャレンジしているとログイン成功した。

ぴったりサービスかいメニューを開いたら、「本サービス特別定額給付金オンライン申請可能となりました。準備のととのった市町村より順次受付を開始しています。」との文言

よく分からんけどダメ元で進めてみると、どうやら自分自治体でも申請ができるっぽいことがわかる。

それならと思って作業してみると、あれよあれよと手続きが進む。

マイナンバーカードから名前や住所を自動入力させようと思ったが、うまくいかなかったので手入力

振込先の情報が入った画像を用意しないといけないのは初耳だった。まあ確かに入力された情報だけでは危ういよな。

スマフォネットバンキングログインし、スクリーンショット撮影

少し加工して申請ページにアップロード

最後情報確認して申請完了

読み取りはスマフォを使い、申請作業パソコンでやろうと思っていたのだが、スマフォをいじっていたらどんどん進んでいくので結局スマフォ一台で完結してしまった。

まりに勢いよく進んでいくから奥さん情報入力せずに申請してしまうところだった。

eTaxで個人確定申告等でも使っていたので、政府オンライン申請には信頼をしていたのだが、今回も比較的分かりやすいし、手軽にできたという印象。

家でチョチョイとできるのは楽だな。

いい加減にしてほしい

https://togetter.com/li/1501461

これあたかも凄いように見えるが、

実際厚労省IT化をしてなかっただけ、それによってどれだけ人的リソースが消費されていた事か。

現在コロナ対策保健所が一杯一杯って言っているけど、これもITである程度緩和出来るだろうし、

誰も生産性の向上って全く考えてないのが伺える。

国もいい加減、全都道府県市町村で使われている様々な事務手続きシステムを一本化して職員減らせよな。

2020-04-30

地方公務員だけど、正直言ってコロナウイルスには感謝している

https://anond.hatelabo.jp/20200414081421

地方公務員(在宅勤務中)ですが、正直……これはもう駄目ですね……

先日これを読ませてもらった。

俺はこの人とは対極の立場にある。

コロナウイルス関係ないんじゃなくて、むしろコロナウイルス感謝している。

こいつのおかげで俺の肉体的・精神健康が著しく改善しているからだ。

イベント仕事をしている。

美術展とか文化祭とか成人式とか、スポーツ大会とかウォーキング大会とか、子どもらの表敬訪問とか夏祭り運営とか。

最近までは聖火リレーコース案を何通りも作っては否決され続ける日々を過ごしていた。

大きい自治体はぜんぶイベント会社委託できるが、小さい自治体だと職員が直接企画したり運営している。

イベント会社のと比べるとショボい内容に違いないうえにノウハウもないので苦労が多く、必然的長時間労働になる。

昨年の時間外労働の月平均は90h(うちサビ残が60hくらい)だった。

アイデアが出ない企画会議、終わる気配のないイベント準備、そのうえ日に2時間以上は接客に使う。

今3年目だけど、1年目の9月頃から心療内科に通ってる。

メンタルが弱ったら味覚に影響が出ることを学んだ。納豆ごはんポン酢を使って、梅干し野菜を載せたやつ)が好きだったんだけど、味を感じなくなった。ゴムを食べてるみたいになった。

ここまで言ったらわかってもらえると思う。

いろんなイベントが、ぜんぶ中止になってるだろ?最初の頃は中止対応で大忙しだったけど、今ではそれも落ち着いて、公務員人生史上、初めての定時帰りの日々を実現している。

幸せだ。

こんなに幸せで満ち足りた気分になったのは大学生の時以来だ。

帰り道にコンビニで買ったばかりのアイスクリームを食べながらそういう思いを感じている。

ただ、上の匿名ダイアリーを見ていて感じたのは、自治体によってコロナ対応にかなりの差があることだ。

上の人がいう状況は、俺が働いている自治体とは違う。

具体的に気になったのは以下の点。

・在宅勤務とは言うけど情報流出対策で何も資料が持ち帰れない

こちらではそもそも在宅勤務が始まってない。一部シフト制や有給取得の奨励で何とかしている。隣にある部署建築系)は課単位グーグルドライブ登録しているので、やろうと思えば自宅に居ながら仕事ができる。俺がいる部署価値観だと、みんな普通にファイル持って帰りそうな気がするし、上司も見て見ぬ振りをする確率が高い。

・その状況で保障や呼びかけのためとして仕事が増えてる

→むしろ減っている。公園花見客注意喚起したり、「体育館が使えなくなりました。予約をされていたのにゴメンナサイ」といった仕事は増えてるが、偉い人が出した方針として現場仕事自粛するような通知が出た。土木とか税務とか福祉の連中は内心喜んでるはずだ。

仕事の量は減ってない(年度初めに出した計画からズレましたってことになると予算管理的に許されない)

→本当だとすれば、自治体の大きさが原因のような気がする。でかいところだとこういう文化になってしまうんだろうな。うちは吹けば飛ぶような小さい市町村なので、形式よりも現実重視だ。県庁とか政令市みたいに、法律形式にこだわってたら組織崩壊する。そういう文化の違いは、研修の時に他市町職員の話を聞いていてしみじみ感じるところがある。

ここ最近はてな匿名ダイアリー記事を読んでいて感じる。

コロナ流行してからしばらく経つけど、最近では身も蓋もない論調も受け入れられつつある。

コロナウイルスで肉体的、精神的、経済的に苦しんでる人が多くいるのは知っている。直接見たり聞いたりもしている。

でも、はっきりいわせてもらう。

俺みたいに、コロナのおかげで助かってる人や会社マスク製造メーカーとか...)も少ないけどいるし、助かってる面だって少しはあるよな?

もし、そういう人がいたら教えてほしい。いなかったらごめんなさい。

追記

この記事推敲中に起きたこと。

今いる部署定額給付金10万円の担当部署になった。偉い人が決めたらしい。市長室の隣にある部署から数十通の総務省通知が転送されてきた。

俺が座ってる机のすぐ近くに、受付窓口と給付対象者照合用のパソコンを置くらしい。

最初に聞いた時、心臓がゾゾってなった。心臓から流れ出た血が逆流してきた感じ。

しばらく動く気力がわかなかった...

お客さん何人来るんだろう?市民の数を平均世帯人数で割ったらいいんだよなって思って計算を進めようとしたところで手が止まった。計算やめようって思った。

今はだいぶ楽になった。また地獄に戻るみたいだ。ゆとりのある生活さようなら...

俺の中にあったコロナ感謝する気持ちはまだ残ってるのかな?これから検証してみたい。

「〇〇県に来ないで下さい!」という無慈悲言葉

東京から地方市町村避難して来ないで下さい!」

という言葉が飛び交っている

当たり前のように飛び交っている言葉だが、


これは、

「老人と基礎疾患のある方はしんでください!」

のものである


自分があまりにも無慈悲言葉をはなっているという自覚があるのだろうか

2020-04-25

anond:20200425095006

前々から思ってるけど、その都道府県市町村本社を置く会社の平均年収*倍率を公務員給料にすれば良い

2020-04-22

話題】『問題の“カビマスク”と“アベノマスク”… これ、自作自演可能性あるべ』

https://snjpn.net/archives/192378

たこれか

ブルーベリーの時と同じ流れだ

 

虫混入、カビ付着…全戸配布用の布マスクでも不良品 政府公表せず 

会員限定有料記事 毎日新聞2020年4月21日 18時57分(最終更新 4月22日 11時00分)

https://mainichi.jp/articles/20200421/k00/00m/040/185000c

>>厚労省は18日、妊婦向けの布マスクに関して「変色している」「髪の毛が混入していた」「異臭がする」などの報告が相次ぎ、80市町村で1901件の報告があったと発表。

>>しかし、政府対策班に配られた内部文書によると、18日時点で妊婦向け以外の全戸配布用に包装を始めた200万枚のうちでも、虫や髪の毛、糸くずの混入、カビの付着など200件の異物混入などの問題事例を確認

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん