「小人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小人とは

2020-07-15

1000本の見た目がまったく同じワイン入りの瓶がある

その中に1本だけ毒入りのワインの瓶が入っている

その毒はほんの一滴でも飲むと確実に死ぬ

ただし遅効性の毒で、死ぬのは1020時間後の間のどこかのランダムタイミング

それを死んでもいい奴隷を使って毒入りのワイン1000本の中から見つける

24時間以内に見つけないといけない

最低何人の奴隷を使って見つけることができるか(死ぬ人数ではない)

小人数を考えてほしい

2020-07-12

差別人権の話になるとミゼットプロレスを持ち出してくるやつがいるけど

ミゼットプロレスやろうとしても人権派に潰される以前にプロレスやりたがる小人症の人が全然いないという事実無視するよね

2020-07-06

なんで、妖精とか武士とか小人とかしか出てこないの?

電車マナー啓発広告って。

2020-07-03

anond:20200703111552

金がなくて時間を持て余す暇人の行動。古くは「小人閑居して不善をなす」といって、どうしようもない人は暇になるとろくなことをしないという意味ことわざ。きみはそれだね。

2020-06-10

anond:20200610155327

増田脳内ラインマーカーと巻尺とケーキナイフを持った小人を飼っているんだよ。彼らはA地点からB地点まで進んで60度右に回頭したりケーキを5人で仲よく分け合ったりピラミッドを建立したり、そういうシミュレーションをやってくれる。

でも世の中そんな人間ばかりではないからね。

2020-06-07

差別の源は内心の自由から絶対に根絶できない

ブスより美人の方が好み

という価値観だけで容姿差別の総てを編み出すことができる

 

表向きは機会均等にしてるといくら建前を並べたところでブスはファッションショーに選ばれないし

消費者たちはそんなことを望んでいないし、それを認めると業界自体が無くなったり衰退してきたのは歴史証明している

むろん、これは逆バージョンにも言えてお笑い芸人デブ馬鹿チビブスなどをネタに芸をして稼いできた道を閉ざす事もできるし

実際小人プロレスはそうやって容姿差別撤廃の中で歴史から消された職業の1つであり彼らは未だ救済されていない

 

では我々は差別とどう向き合えばいいのか?

2020-06-06

地球ゲームオワコン

はい終わった。

地球ゲームは終わったよ。

かつて「アメリカゲームFPSばっかりでつまらん、あいつらはリアルでもゲームでも銃をぶっ放すことしか頭にない」とか言ってバカにしてた周りの奴らまで、今ではすっかりFPS100人サバイバルに引き込まれしまっている。

さすがにLOL代表されるようなMOBAは思ったほど日本では流行らなかったけど、5対5くらいの少人数マッチングゲームはよく見る。

運営会社サーバー負荷を抑えて安価に金儲けしようとした結果なのか?

その可能性は十分あると思っている。

今ではMMORPGギルドウォーのように数百人規模のレベル関係なし時間制限なしの無差別乱闘は見られなくなってしまった。

マッチング系のバトルはランクによる制限があるので、格下相手に俺つえぇぇぇできないし、人数制限あるから格上を低レベル集団で囲んでボコることもできない。

一言でいうとゲーム人間的なストーリーが感じられないんだよね。

まりに行儀が良すぎるんだよ。

なんで試合開始まで待ってるんだよ。優等生かよ。

小人マッチングでは、襲撃を受けている場面に通りすがり正義の味方を名乗る第三者乱入して一発逆転なんてことはシステム上ありえない。

似たようなことは100人FPSではできるけど、リスポーンを繰り返して粘り勝ちとか、チーム間でメンバーの引き抜きや情報交換をしながらの数日間に及ぶ攻城戦はできない。

もっと色々と作戦を立てて戦いたいと思わないのかな。

そういう人はシミュレーションゲームやってる?

RPGマップクリックするだけで目的地まで自動で移動してくれるようになったり、最終的には戦闘して経験値稼ぎまで自動化されるのを見てゲームってなんなんだろうと思ったけど、みんなはゲームに何を求めているんだろう。

たまにシューティングゲームで爽快感ってキーワードが出るけど、いまだにこの意味理解できない。

ゲームをやって爽快だと思ったことないんだけどシューティングゲームをあまりやらないから理解できないのかな。

自分が感じるのは映画アニメを見たときのような没入感や、他のプレイヤー感謝されたり恨まれたりする人間味、苦労してアイテムなどを手に入れたときの達成感かな。

リアルと違ってほとんどのゲームは苦労した量に応じて報われる。それが好きだ。

そういうことにしかゲーム内で生きてる感覚を持てなかった為か、ダンジョンの中に大量の回復薬を持ち込んで売りさばく死の商人をやったり、ひとり鉱石を掘りまくって強力な剣を作って自分で使わず他のプレイヤーに売ったりといったちょっと変わったことを繰り返していた。

そういう好きなことを好きなタイミングで好きなだけやりたい、しかオンラインで。

今は時代的にそういうのは流行らないみたいだけど10年後はできるだろうか。

2020-05-21

anond:20200521104354

どうせ暇な人間が気に食わない奴を燃やして遊ぶだけだよ

小人閑居してなんとやらだ

2020-05-05

部屋にペットボトルが散乱している

多分100個程度が床に敷き詰められていて

足を踏み出すたびにみきりぱきりと声をあげる

一度片付けようと思えば、きっと片付けられるのだけれど

日がな働いた後ではどうにも後回しになって

色とりどりのペットボトルが部屋の中に満ちていく


飲んだ覚えのペットボトルも転がっているようで

どうやら知らない内に増殖しているらしい

明日もまた仕事

緩衝材のようにペットボトルの群れに囲まれ

小人に見られる白雪姫ねと笑って今日も眠りにつく


明日になったら片付けよう

明日になったら

2020-04-06

明日東京ロックダウンするから、遊びに行きましょう

2つの点で魅力的な案だった。誘われたのが僕で、誘ってくれたのが彼女だったからだ。それ以外は最悪だった。説教などしたくはないが、真面目に答えることにする。

「あのさ、みんなそういうの止めようって自粛してるんだよ。控えようとは思わないの」

「むしろ逆でしょう。明日までは"要請"で、それ以降は"命令"なんだから

自由に遊べる最後の日ですもの、と言うので、僕は上司休みをもらうと連絡した。

会うのは久しぶりだった。駅の東口喫煙所煙草を吸って時間を潰していると、向こうから彼女がやってきた。都合15分ほど待たされたが、特に申し訳なさそうな様子もない。自分を地軸か、グリニッジ天文台だと思っているのだろう。

我々はとりあえず全く人気のない元繁華街を歩き回り、そのゴーストタウンぶりを満喫した。スクランブル交差点無意味にぐるぐる大手を振って回ってみたり、いつも行列の店に5分で入ったりした。

そういえばタピオカ流行には乗り遅れた、というので、有名店を探してしばらく歩いた。紡錘形のカップカラフルな色のドリンク、そして黒ぐろと浮かぶタピオカ。実を言うと僕も初めて飲むことになった。一応人気店ではあるらしいが、人っ子一人おらず、普通に買えてしまった。

「こんな風にドッと流行って、すっと収まってくれたらいいのにね」

「なにを言うの!根強いファンだっているのに!」

お前は誰の目線で怒っているのだ、と思わなくもなかった。

カップの中で滲んでいる黒い影は、ニュースで見るウイルスそっくりだった。

貸し切れるなら何がいい?と相談した結果、次に映画館へ赴いた。

営業時間は短縮されていて、本数も少ない。係員は皆、マスクを付けていて表情が分からない。

ポップコーンだけはなぜか平常時と同じくらい作られていて、あんな量誰が食べるのだろうと僕は不思議に思った。

券売機で見ると、なんと一人も客が居ない上映時間があるではないか。内容には毛ほども興味はなかったが、ホール一つを貸し切れるのならばと我々は即断チケットを購入した。

内容はやはりイマイチだった。貸し切りのつもりだったのに、途中で大学生風の男が入ってきてしまった。

小人閑居して不善をなす、というやつね」

仕事を休んでまでロックダウンモラトリアムを楽しんでいた自分も、人のことを言えた義理ではない。

映画館から出ると、外はとても明るかった。

僕は目が悪く、暗いところから明るいところに出ると、その差に目が慣れず、時々立ち眩みを起こしてしまう。

「まるで酔っ払ってるみたい」

「どうしても、昔からうなっちゃうんだよ」

「なら、映画館なんて入らなければよかったのに」

とはいえ、手を握って支えてもらえるので、決して悪い気はしなかった。しばらく散歩しながら、色々な不安を語り合った。どうしようもないことは、一度手放して時間を置くことが必要なのだ自分の手から離すためには、誰かに話すことが一番だった。

「優しいお父さんだったのね」

そうだったのかもしれない。でも、父については分からないことが多いままだった。もっと話しておくべきことは沢山あったのに、ないがしろにしてしまったのは僕だった。

「ねえ、明日東京ロックダウンするっていうのは、実は嘘なの」

ポカした手品師みたいに彼女は笑っていた。

ニュースでも、明日以降に何かが起きると話していた気がする。

でも、その具体的な内容を僕は思い出すことができなかった。

明日も、明後日も。大きくは変わらない。象徴的な出来事なんて起こらないし、生活は錆びた車輪みたいに金切り声を上げるけど、誰にも届かない」

どこか遠くで自転車ブレーキの音が聞こえた。

「もし、次に生きて会えたら、もうちょっと面白い映画を見ましょう」

いいね

そのようなことを話して、僕らは帰路についた。

2020-03-29

気がついたら、悪魔を育てていた

最近、色々と自身の行動について振り返ることがあった。

これまでの私の行動の結果、不幸な結末を招来しているのだが、結局、自分の中で悪魔を育てていたことが原因だっていうことが分かって絶望した。

悪魔とは、

である

天邪鬼

本来自分のあり方とは別のあり方について良いとする。

良い子でいようとする。

自分本来生き方ではない生き方直感に従った生き方でもよいとする。

もともと優等生であろうとした私に自然に芽生えたものかもしれない。

あるいは、厨二病のこじらせである

自己憐憫

これがあると最悪である

わざと他人の関心を引こうと、不幸せ選択をする。

もともとそんなになかったんだと思うけれども、某元北海道地方ローカルバラエティ番組に影響を受けて形成されてきたんだと思う。

タレントがD陣のひどい仕打ち等に対してぼやく。

それを真似してしまって、これがウケるものから取り入れてしまった。

かに人生つらいときはある。それを笑いに変えるのは天性の才能だと思う。

しかし、それをわざわざ自分人生に取り入れて悲観することはない。

これについては、院生時代の不遇な時期に、取り入れてしまたこぼやきを、人に披露することで育ててきてしまったんだと思う。

怠惰

勤勉は美徳である

小人閑居して不善を為す。

バイトをしなかった結果、生活リズム必然的に乱れ、自分で何かを成すこともなくなる。

金を稼いでいないから、自己肯定感も育たない。

種銭があれば殖やそうとも思うのだろうが、ないから諦める。チャンスを逃す。

自分への約束も果たさないか自己肯定感も下がってくる。

ベストを尽くそうとしない。

悪徳以外の何物でもない。

これらの悪魔に水をやり、食糧をやり、としてやってきた結果、30代の今がある。

手元には何もない。

転職できるだけのスキルもなければ実績もないし自信もない。配偶者もない。孤独不安感のみがある。

自分で金を稼ぐだけのスキルもない。

さて、どうしたものか。

詰んだな。

最近ようやく気づいたんだけど、自分人生自己責任なんだよなぁ。

2020-03-21

anond:20200321002430

2chでいう祭りなんだろ

小人閑居して不善をなすんだからせめて悪ではない祭りにしておけばええねん

2020-03-20

馬鹿語源となった故事

始皇帝で有名な秦に趙高という宦官がいた。中国史まれに見る奸臣で、始皇帝遺言を捻じ曲げ太子自決に追い込んだ上、自らの息がかかった末子を傀儡二世皇帝に仕立てて権力を掌握。邪魔になる有力者を尽く処刑し、人民には苛酷な労役を課した。これにより秦全土で反乱が発生、その事実皇帝の耳に入らないよう握りつぶす趙高だったが、反乱軍が都のすぐそばまで迫るに至って隠しきれなくなった。趙高宮中に「陛下、珍しい馬がおります」と鹿を連れてきたのはそんな折のことだった。

皇帝は「何を言う、鹿ではないか」と返したが、趙高はそれを流し「卿らはどう思うか」と群臣に問いかけた。趙高に阿って「馬」と返す者もいたが、「鹿」と返す気骨ある者もいた。「鹿」と答えた者たちは後日、趙高によって全て処刑された。これが「馬鹿」の由来(のひとつ)と言われる「指鹿為馬」である。ちなみに「指鹿為馬」も「道理に合わないとわかっていても無理やり押し通すこと」という意味四字熟語になっている。楯突く者を全て排除した趙高は、ついに皇帝を弑逆した。

本邦の首相は時折ヒトラーになぞらえられるが、むしろ趙高妥当だと考える。小人物が権力を握るとそれを守ることに汲々とし、「指鹿為馬」な真似をする。森友、加計、桜、検察官定年延長。枚挙にいとまがない。

趙高三世皇帝によって殺されたが、我が国国民の半数が「馬鹿であるためどうやら首相地位が揺るぐことはなさそうである

なおこの趙高は『平家物語』において最初に名指しされている国賊である。その鐘の音が「諸行無常の響きあり」と評された祇園精舎だが、現在歴史公園となっており、そんな響きが聞こえてくることも、もう無い。

2020-03-17

から咲いた花を毟りとり風に泳がせる。立つ。木の下にいる。土からモグラが出てくる。三顧の礼絵画じみた風景。枠がある。木の枠。それを包むアジア風の男。眉を言っている。赤、黄、紫、羽のようなものが背後で舞っていてしかテクスチャーが一定していない。汗。表面とは違う面にある汗。柔らかくて甘い。右下にいる青いキャラクター。目がクリクリしてる。映像なんて不要ではないか。面。そこに降り立つ。夕日を背に隆起するパラパラした図形群。青い筋が空に延びている。拡大された顔。顔毛。裏側は灰色。人も物も縦線で描かれている。手術室や砂漠ギャンブル場のような空間で。黄色。緑。目。沈殿する闇を犬がモグモグ食べている。開いた口からギラリと覗く歯、黄色に変色、こびり付いた茶色い垢、体毛の奥まで見えている。馬が本気を出せば戻せそうな具合に腸を引きずって歩いている。緑と黒の二色。後ろ足がズブズブと泥沼にハマっている。沼は表面が鈍く光を反射しながら底の淀みを予感させつつもあくまで平面的な質感として耐えている。悔しいようないななき。その身体が2つに割れる。龍や烏や虎の各パーツが黒板の上で回転している。徐に止めると機械ばかりが捲れ上がる。まるで夜空だ。教室の後方にいる。前方、机と椅子とを小さくて紫色小人が一糸乱れぬ動きで何かを踊っている。肌が汚い。文字が横から流れてくる。「ま」と「よ」をドッキングさせたようなものを一例として読むことができない。意味が顔の上を滑っていくようだ。左右をズラリと家来のように並ぶロボット比較的曲線めいている。後ろには赤くて大きい海老と蟹の中間のようなもの、点滅している。びっしりと埋め尽くされたイボを見つめる。食べる。何を。蛙になっている。戦時中みたいなカンカン帽を被っている。S,S,S,皿を食べてしまえば良い。誰でもない誰かに猫の耳が生えている。実際の空間ではない空間か。目が光る、複数の。いや3つだ。スキーをしている。ぐっと引きで映され角度に目が眩む。ミニチュアめいている。山に雲が貼り付いている。膨らんだペットボトル、一度中が取り出されフィギュアを詰められたプリングルスの箱。予感。なぜか時計を見つめていた。目が右に寄るのが止まらなくなる。髪だ髪の密度が低くなる。下半身は車。黄色い背景。壁と地面が一体化して表面が蠢いている。波打ち奥の面が暗示される。

2020-03-09

anond:20200309200155

いや娯楽を与えてやろうっていうか

小人閑居して不善をなす的な意味

無意味作業がんばっていてくれたほうがいいという

2020-03-01

anond:20200301063004

公共施設興行モノ以外、例えば山登りとか魚釣りとか農業ボランティア小人のもの)とかは平気でしょう?

人が多数いないなら、屋外だから危険というわけではないよ。

2020-02-25

anond:20200225012559

増田ときが表明すべきことなど何もない。

自分が直接的な利害関係にあるとか、関係者であるならばともかく。

時事ニュースなんかに憤って勝手国民代表して正義ポエム書く暇があるなら、もっと時間有意義に使いたまえよ。小人閑居してネット野次馬と化すな。

2020-02-17

脳みその中に6人の小人がいる

自分脳みその中には、6人の小人がいる。

Aくん、Bくん、Cくん

Dさん、Eさん、Fさん

の6人。

Aくんは真面目な性格。がんごで融通が利かないところがある。

Bくんは乱暴者な性格わがままところがある。

Cくんは内向的性格空想することが好き。

Dさんは優しい性格。でもちょっと心配症過ぎる。

Eさんは能天気性格悪ノリすることがある。

Fさんは嫉妬深い性格。なんでもネガティブに考える節がある。

Bくんは好ましくない人格なので、就活の時にAくんに処刑された。

同時にAくんが暗黒面に落ちて、ABくんになった。

この時ABくんほどじゃないけどEさんもBくんの要素を取り込んで、

ちょっとだけ露悪的になってしまっている。

Bくんは問題児のようでいて、Bくんが抜けた穴は割と大きい。

Aくんはこちらに正義がある時は積極的に表に出るけど、

なんとも言えない時はすぐに引っ込んでしまう。

Cくん、Dさん、Eさん、Fさんの中で外交的なのは

Eさんだけだけど、Eさんは気まぐれなので時々しか表に出ない。

からCくん、Dさん、Fさんで何とかするしか無いんだけど、

このメンツだとFさんの発言力が大きい。

Fさんは場面によってはBくん以上に問題のある人で、結構トゲがある。

CくんとDさんは気が合う。CくんとEさんは馬が合う。

AくんとFさんは仲が悪いけど、ちょっと同族嫌悪なところがある。

EさんはAくんのことを嫌ってる。Aくんはその自覚がない。

AくんとCくんは仲は悪くないけど、少し上下関係ができてる。

Dさん、Eさん、Fさんの3人の関係はまぁまぁ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん