「おねショタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: おねショタとは

2022-06-25

anond:20220625221214

男受けとか女性上位とかおねショタとかあるやろ

あとフタ×男とかな

anond:20220625125239

おねショタイズムの思想

おねショタイズムの思想としての構成要素は、以下を主な柱としている。

(1)お姉さんは母性に溢れて優しく、かつエロティックでなければならないこと

(2)お姉さんはショタよりも精神的にも肉体的も優れていなければならないこと

(3)お姉さんは男性経験豊富でなくてはならないこと

(4)ショタ童貞であり、なおかつお姉さんに手玉に取られ翻弄される存在でなくてはならないこと

また、これらの柱から導き出される政治理論として、国家はお姉さん主導の政治形態によって運営されるべきであるという「お姉さん社会主義」が提唱された。

資本主義の打倒、及び、お姉さん社会主義の実現がおねショタイズムの目的であるとされている。

[] おねショタイズム

おねショタイズム、または、おねショタ主義おねショタしゅぎ、英: oneshotaism)は、ユウクン・ショタスキーによって主張されたマルクス主義および共産主義革命理論である

おねショタイズムでは、おねショタとは「年上のお姉さんにショタ性的にイタズラされる」シチュエーションのみを指すとされており、「お姉さんはショタに対して常に優位な立場にあり、お姉さんの側が一方的に主導権を握る関係であること」を前提とする。

おねショタイズムは、「ショタの逆転」や「ショタが仲間を呼ぶ展開」を資本主義経済による堕落が招いた結果であるとして批判する立場を取る。

おねショタイズムにおいては、資本主義社会における誤ったおねショタイデオロギー解釈を解明し、その誤謬から解放されることが目指されている。

2022-05-19

anond:20220519163232

先とか後とかない。危ないものは全部規制すべき。

ロリ漫画ショタ漫画も。おねショタなんてもってのほか

BL漫画もアレを読んだホモ勘違いして男を犯すから規制

2022-05-18

anond:20220517225148

自分がこれまで経験してないシチュエーションに憧れるのは何もおかしいことではない。

身内にも親戚にもお姉さんがいないけどおねショタが好きなワイ、そらそうよと思う。

絵師への理想

レトロな感じのイラスト漫画を描く絵師がいる。当初は割とほのぼのとした感じだったが、いつから路線変更して安直エロおねショタ路線に走ってしまいがっがりしてしまった。

もっと日常的なイラスト漫画を描いて欲しいのにと思った瞬間、これは自分の身勝手理想であり、それを絵師押し付け勝手に裏切られたと感じているにすぎない。

この気持ちが極端になるとアンチヤバいファンになるんだろうなと反省

反省した後その人のイラストを見るとやっぱり好きだなと思うが、やはりどうしても安直シチュエーション優先の漫画を上げ続けるよりもちゃん漫画を描いた方が良いのでは?と思ってしまう。

しかし!これも一方的な考えで、自分の中で「単行本を出す」がゴールと思っている部分があり、今は出版社を通さなくても自分電子書籍販売したり、同人誌即売会で売ったり、ファンボックスお金を集めたりと、

色々な形がある。

その絵師が好きなのであれば、絵師の全てを愛して応援するのがファン……なのかもしれない。

でも、安直おねショタ路線やめてほしいなぁ。

と思ったけど、自分が見た時期はほのぼのとしていただけで、元々エッチイラストを描くのが好きなんだよな。

好きになったきっかけのせいと時期でモヤモヤちゃうの嫌だなぁ。

2022-04-26

anond:20220426173636

ショタおねはセーフやろ

 

アウトなのはおねショタ逆転無しって書いておきながら逆転するケースや

結局はFIREするか、弁護士など生涯続けられる仕事をする+健康で居続けるほか無いと言う話

日本年金は持ち家ベースで考えられています

 

ただし、不動産投資知識コネ(建築デベロッパー勤め・不動産営業)がない限り、

750〜2000万程度の年収では投資価値のある物件を買うことは不可能なので、

フツーに賃貸に住み続けた方がお得ですよね

資産価値が高い物件を親から引き継いだよとか、農家など一族経営事業者でも無い限り、

基本的に持ち家はロマン(損得では無く満足感を追求)という位置付けです

 

ただ、自由が効く賃貸住まいであっても、言うまでもない単純な問題があって、

貯金が少なくなってきたら『それなりの物件』に住まなきゃいけません

『それなりの物件』は多くの場合高齢者にとって現実的では無いです

加えて属性低めの人を受け入れる物件は隣人ガチャもヤバめになるし、寝タバコ壁ドン基地外に遭遇する確率も爆上がりしま

 

国は老人向けに団地(RC造風呂トイレ別+バリアフリーエレベーター)頑張るべきでは?と思いつつ、

結局は、年金とは別に生涯INを確保し続けなきゃいけないんだなって思いました

 

健康のために運動しようと何年も言いつつ、数年間ジム幽霊会員で、ここ最近ウォーキングすら全くしていないワイですが

筋トレストレッチや食(身体に悪いもの大好き+面倒で断食しがち)をがんばろうと思いました

たぶん、5年間で100回くらいは同じこと言ってますカツマーではないですがトランポリンは好きです

 

あと、生涯INを得る方法についてもっと真面目に考えようと思いました

ついでにこういう漠然とした認識の仕方だと脳がネガティヴに捉えるらしいので

もっと具体的で短期的な目標を作ろうと思いました

まぁ、3ー5行日記アプリダウンロードすら出来て無いんですけどね

 

 

 

とりあえず情報をいっさい収集せず、くぎゅTS娘で出ているというだけで始めた、アソビモの N-INNOCENCE-(エヌ・イノセンス)はクソでした

アソビモはこういうソシャゲ作りたくないから苦しくてもMMO頑張って来たと違うんか?って思いました

純粋MMO予算的に厳しくても2022年劣化版のFGOチェンクロは無いと思うんだ

シナリオで魅せるとか広告打って効果があるのは、key とか TYPE-MOON とか、とにかく杵柄のある人たちだけです

ガチSF作家の本でも賞を取ったり・映像化されない限り話題にもならない事からお察しいただければと思います

どうしても予算的に厳しいならもっとキャラ萌えゲーに全振りした方が良かったです

作中に登場するTS娘と男の娘百合娘とおねショタフツーに需要があるので、キャラゲーならそこそこ安定した気がしま

 

まぁ文句を言いつつも、東方二次創作でよくあった輝夜みたいなキャラ(cv:悠木碧)が引けるまでは続けるし、

トーラムのグラ強化版みたいなMMOが出るまでこれからもアソビモに期待し続けますが、

アソビモには予算的に無理があるリアルファンタジー路線(エターナル)では無く、今回みたいなアニメ絵路線をお願いしたいです

2022-04-21

なぜ「月曜日のたわわ」が嫌いか

自分はなぜ「月曜日のたわわ」というマンガが嫌いかと考えてみたんだが、多分女性から男性へのアプローチの仕方がうそ臭いというか白々しいというか、気に入らないんだよな。

性的コンテンツを後ろめたさなく消費するにあたって、「女性から男性に迫る」というのは有効手段なんだが、迫る理由を長々と説明すると逆に作者の意図が透けて見えてキモくなる。

ヤンデレ→とにかく理屈を超えて好きだから迫る

ギャルビッチ金銭性的快楽を求めて迫る

おねショタ女性の方が権力関係が上だから迫る

みたいに属性で割り切って「こうだからこう!」って説明した方が納得できる。

もちろんこれは個人的コンテンツの向き合い方の話であって、PCとは無関係だ。おねショタなんて外形的には児童虐待だしな。

キモヲタは「これも性的搾取だろ」って言って反論に出すならせめておねショタ漫画とかを出せば?と思うが

年頃のイケメン嫉妬ちゃうからイケメンばかりを槍玉にあげるのかな

2022-04-11

anond:20220411095159

現代転生系は主人公知識面白みを左右するからな。

大成しなかったスポーツ選手がまた人生をやりなおす」みたいなほうが相性が良い。

ただエロ系なら「転生した主人公幼稚園児の頃から周囲の女性を犯しまくる」といったおねショタ設定はイケるし実際にけっこうある。

2022-04-08

NTRについて

前置き

最近NTR界隈も一時期のピークを乗り越えて、さらなる円熟味を増している。

王道と呼ばれる流れを汲むものから一発ネタに走ったものまで幅のある様々な作品が日々生まれる中、改めてNTRについて考えてみたい。

しかし、NTRという単語はかなり広い範囲意味合いを含む言葉となってしまったため(NTRとさえ付いていれば何でも好きだという好事家は少ないのではないか)、今回は個人的にその肝だと感じる部分を、登場人物性質という視点から考えてみる。

本文

広く浅くインターネットを眺めていると、NTRというジャンルへの罵倒を見かける機会は割と多いように思う。

NTR好きは頭がどうかしている」だとか、「ただただ不快」、「経験の少ない童貞向け」、「他ジャンルから流入があっただけ」などなど、これらの指摘が本当に的を射ているのかはともかく、各所のランキングで人気人気と持ち上げられる割に、NTRはかなり好き嫌いの分かれるジャンルだ。

なんなら、毛嫌いしている人の方が多い気もする。往々にして、毒づく発言反論する人は少ない。「素質あるよ」だけでは、いかんせん受け身にすぎるきらいがある。

無論、俺苦手だわという人の意見には頷ける部分も多々あったりするのだが、個人的にはこのNTRというジャンルがとても好みに合っているのだ。

妙に捗ること以外にも人気となるだけの良さがあると思っているので、あまりにひどい言われようを目にするとそれなりに悲しくなる。

なので、このジャンルの良さがどの部分にあるのか、少しでも説明できればと思ってつらつらと文章を書いてみることにした。

また当然のことながらこの良さとは、一切現実とは関係のない、妄想の詰まった袋の内をたゆたう上での良さである

まず結論から書けば、個人的に感じるNTRの良さとは、登場人物心理描写の中に存在する。

より正確には、物語の進行に応じて生じる彼氏彼女負の感情、その濃淡によって否応なく生まれるすれ違い、それらに強く打ちひしがれながらもぎりぎり薄氷を踏み割らないで関係を維持し続けようとする、登場人物の心境そのものの強度に依る部分が大きいと思う。

まりNTRの勘所というものは、寝取られたその結果にあるのではなく、寝取られさなかのその過程の内にあるのだと。

これは例えば、床に落としたガラス割れる瞬間を想像した上で、その数フレームからぎりぎりまでスローモーションカメラでじっと眺め続けていたいという願望に近いところがあるかもしれない。

言うならば自分は、ガラス割れる瞬間を見たいわけではないのだ。いや最終的には見たいのだが、その決定的な瞬間に至ってしまえば、あとはガラスの破片が飛び散るだけにすぎなくなる。

もちろんその光景は派手だし、うるさい音もなるし、人目を引きつける力は言うまでもなく強い。このガラス割れる瞬間こそが、NTRにおいては俗に言う堕ちた瞬間であり、そうした場面の押し出しの強さがこのジャンルの人気の一因とされることに異論はない。

ただその一方で、「おしとやかな彼女あんなにあられもない表情を」という描写の裏側にあるもの、その下支えとして連綿と存在する物語の持続性を無視することはできないように感じている。

いやむしろここで言う数フレーム連続性のさなか、張り詰めた緊張感がかろうじてほどけないまま維持される状態こそが、実はどんなNTRにも通じる本質なのではないか

言い換えれば、わざと直ちに解決させないこの煮えきらなさを楽しめるかどうかがNTRというジャンル全体を楽しめるかどうかにつながる、というのが今回自分の伝えたいことである

果たして、あらゆるNTRの設定はこの独特な緊張感を演出しつつ、できるだけ長く持続させるためだけに存在すると言ってもよいかもしれない(これは言いすぎかもしれない)。

ときNTR基本的登場人物を考えると、その多くは男二女一の組み合わせであり、一組の男女に対して間男が登場するという設定が王道だと思う。

そして自分が目にする限り、男二人に関して言えば、あからさまなほどこの両者は対比的な描写が目立つようだ。

性的な部分ではもちろんのこと、例えば彼氏役の男が年若く、彼女に対して奥手であり、女性の扱いに慣れていないような描写をされるのならば、間男側は女性に対して積極的、またはその扱いに手慣れているいわゆるチャラ男系であったり、社会的地位があるようなやたらと人生経験を積んだ人物像が設定される(たまにNTR好きのチャラ男信仰はなんなんだという発言を見ることがあるが、たぶんその理由はここにある)。

逆に間男が汚っさんと呼ばれるようなマイナス寄りの描写をされるのであれば、彼氏側はそれなりにまともな人格女性関係を維持できるだけの人柄を持つ人物描写になる。

取りも直さず、一つの作品の中で彼氏間男は相反する、対立する要素を持つ間柄として広く理解されているところがある。つまり両者の引きつった関係NTRNTRらしくする要素と見なせそうである

思えば、この両者が作品内で直接ぶつかり合うことは少ない。極論、顔を合わせる機会すらないこともあるが、そうであるからこそ、二人の対立的な関係性は最初から最後までほとんど変わらずに維持され続け、効力を持ち続ける。

あるいは彼女役の女性に関して言えば、多くの場合規範的な性質を持たされることになるだろう。よほどのことがない限り、性に奔放な性格付けはなされない。

その性質上、彼女彼氏への秘密を極限まで隠し通そうと行動することになるし、間男はそうした女性の動きに応じて、薄皮をはぐようにその秘密を明らかにしたがる。間男は常に女性意識の逆側を突く。

この両者の行動方針には、やはり対立的な要素が見て取れる。男二人の関係性と同じく、この対立には緊張感を生み出してNTRNTRらしくする効果がある。

一方でこの関係には相互駆け引きが避けられない以上、必ず終わりが見え隠れするという点で、先の例と異なることには注意が必要だ。

物語は畢竟、いつしか終わるものであるが、NTRの終わりは基本的に誰かの性質が変化すること、もしくはそのきっかけが見えたところで幕が引かれる。

幕を引く役割を担うのは主に女性である場合が多いが、その理由はここの違いにあると思われる。

本来ならここでもっと多様な例を挙げて自分意見を補強する材料とするべきだろうが、自分の力ではこれ以上書いても枝葉末節しかならない気もする。

NTRについて肯定的に受け止める感想をあまりたことがなかったのでなんとかここまで書いてみたが、同じ好事家がいればまた異なる視点があるはずなのでぜひ誰か書いてくれたら幸いだ。

・・・

ちなみに、もともと自分おねショタ好きだったが、あまり一方的献身が続く関係性にいつしか疑問を持つようになり、その答えとしてNTR見出したいわば闇落ち勢である

まさか自分がこうした好みを持つようになるとは夢にも思わなかったが、NTRの沼は思いもよらぬところで口を開けて待っているものだ。

2022-03-31

男がアナル開発した結果www

おねショタものショタ受け)と男の娘ものがありになった

メスイキを覚えたらチンポには勝てないんよ

ゲイもの気持ち悪くて駄目だった

2022-03-29

ラッキースケベ話題になってるな

そらのおとしもの」とか「聖痕のクェイサー」みたいな半ばおねショタセクハラについてはどう思ってるんだろう

これらに一切ラッキーすけべ要素ないのも面白い 真剣からこその面白

2022-03-17

anond:20220317164940

名作とされてるBLというか元祖BL的な少年愛作品でも結構見る

例えばどれ?

エロ漫画としてレイプからの心が通じていちゃラブセックスに発展するタイプ漫画って男女でも男男でもおねショタでもおにロリでも結構よくあると思うんだけど、そういうのを好む人が一定数いるってだけで特別BLだけ多いってこたないと思うんだけど

2022-02-10

anond:20220210174856

男性向けエロ同人多様性っておねショタとかロリババアとか触手とかNTRとか

腹ボテとか催眠とかスカトロとかのシチュエーションゲームセリフ付きCGか音声作品薄い本かの媒体の組み合わせがメインで

絵柄の新旧臭い臭くないはあっても基本的に見目よくてそこの多様性特に無いよ

俺は男だけどサイゼデート創作が好きではない

これは善悪や高低ではなくただの趣味の違いだけど

「やたら対オタク装備キメキメできれいにしながらサイゼリヤで喜んでくれる女」みたいなの個人的には面白くない。

フィクションとしてもリアリティライン低すぎって思うから

 

「戦いとは不都合もの」「戦いとは思い通りにはならないもの」って俺の中の独歩が囁きかけてくるし

単純にひたすらイージーなだけの世界って面白くなくね?

(嫌な要素を盛りまくれって意味ではないけど。)

       

 

それと関連して、男向けラブコメみたいなのでも男がすげーショボい奴みたいなの嫌。   

「なんでこんな奴を取り合ってるの?」ってなっちゃって楽しめなくなるから

あとこんな男に夢中になってるヒロイン可哀想じゃんてなるから

 

 

学園1のモテ男でみんなのアイドル!みたいな男にしたら少女漫画なっちゃうから違うのはわかるんだけど

「よく見たらすごい掘り出し物」みたいなそういう男であってほしい。

から今やってるコスプレギャルアニメとかもそうなってるよね。

五条君は非社交的で埋もれてたけど背も高いし見た目も悪くないしすごい特技を持ってる。そうそうこういうのでいいんだよ。

  

  

サイゼデートもの見てると絵を貫通して描いてる奴や見てる奴にムカついてくる感情も正直ある。

「こんなの楽しんでるからお前はダメなんだよオラァ!」みたいな暴言気持ちが湧いてくる。

  

   

ただ俺のこれはあくまオタク同士の趣味の争いだから

おねショタっていいながらショタに逆転させんな殺すぞ!」っていう議論と同じ。

「おめーのこのイラストからお前のつまんない趣味が伝わってくるんだよ!」っていう怒り。

  

サイゼリヤデートもの見て現実混同したり「女はこうあれ!」とか言い出すやつがいたらそれはガチやばいと思う。

けどそうでない限りは俺のdisりはあくまオタク同士の趣味の争いとしての「ッダァオ!?」っていうやつだから

俺と相手に何の差もないことを客観的にはわかってる争い。  

 

 

サイゼリヤデート漫画イラスト殺到する女からdisりもそういうレベルでならOKだと個人的には思う。

あくまフィクション理解した上でその趣向にキモいんだよみたいなのならね。

賞賛罵声も同等かつ自由だと思うから

俺はわざわざdisりにはいかないけどね。

個人的感想として同意するもの結構ある。

   

   

から俺達の敵はフィクション現実混同する奴だけなんだよ。 

 

サイゼリヤ女をリアルにいると思ったり(そりゃ確率的にどっかにはいるが)希求したりする奴は敵だ!

ポリコレアフロくんを現代若い男性リアルだとか寝言こく奴は敵だ!

 

そうではなくフィクションフィクションとして楽しむ限りは

どんなに都合のいい世界や異性が出てきてもそんなの自由だ。

虚構を楽しんだことのある全人類お互い様だしな。

 

マジで男でも女でも男でもフェミでも

俺達の本当の敵って フィクション現実混同する奴 だけだぜ。

 

そしてこれは男にも女にもオタクにもフェミにもどこにでも湧くから

邪悪目的による意図的混同を除けばこれの原因ってメタ認知力の低さだから

実は障碍者案件なのかもしれないのが難しいとこだけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん