「コンテキスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コンテキストとは

2020-05-28

今日英単語: TLC

tender loving careの略

need some TLCで「いくらかの愛情必要」となる

コンテキスト次第で(建物プログラム)の修理や診療意味にもなるよ

2020-05-24

anond:20200524194552

若い老いてるかはともかくローコンテキストなやり取りに慣れている人は支持や成果を明確にできるしそこにこだわる

日本人でローコンテキストなやり取りができる人間そもそも少ないし、体感では今の管理職世代はおおむね厳しくて若い人に多いと思う

クソ曲ってある?【追記あり

※ほぼ主観です。具体的なソースは出さない点、申し訳ないです

クソゲー、クソ映画、クソ漫画、クソアニメ

広く流通しているエンタメコンテンツ各種の中で、

音楽楽曲一般的上記のような表現酷評されるのは稀、というかほぼ見ない気がする。

もちろん、某アイドルグループ楽曲とかが定期的に炎上したりしているけれど、それは楽曲とりまコンテキスト含めての評価であって、

楽曲自体ひとつ創作物としてみたとき芸術的価値はさておき、その造形の完成度の水準で貶される状況は、

既存楽曲に似ている/盗作である

ボーカル歌唱力が低い

くらいのモノサシくらいしか思いつかない。前者については、ちょっとこれもコンテキスト領域評価で、造形そのものの完成度の評価とはやや次元が異なる。

歌唱力については、マスタリング過程リズム音程ともに補正できちゃうのでそもそも問題になることは特に近年は稀に思える。

自分の知る範囲でクソ曲としてよく挙げられるのは

The Beatlesのオブラディオブラダである、というのは何となく知っているけれど、

イギリスはじめ海外はいざ知らず、日本において本曲がクソ曲として扱われるということはなく、

しろかなり人気のある部類だろう。イントロピアノはさすがにどうかと思うけど……。

(もちろん英国本国でも批評家のぞき一般的には人気がある可能性もあるけど)

日本でも宇多田以降、一時は「小室ファミリー」的なる状況が邦楽音楽の水準を下げた、あるいは多様性を失わせたみたいな言説があったように思うけど、ある楽曲単体の出来の巧拙の具体的な評論評価があったかは思い出せず。

映画ゲームが、コンテキスト抜きでパッケージングされた創作物としての評価

カジュアルに「クソ」の烙印を押される一方で、少なくとも日本においては楽曲がそれらの評価から自由なのはなぜだろう。

いくつか仮説を考えてみた。

コンテンツ価格が各種エンタメの中で低く、拘束時間も短いため、損を感じにくい

音楽言語と相性が悪く、そもそも評論と不向きであるコンテキスト抜きでの楽曲評価の知見が不足しているか広く共有されていない

コンテンツに関わる人数が比較的少なく、クオリティコントロールが容易

●最低限リズム音程破綻していなければ視聴する人間不快にならないのかも

視覚的な表現に対して、聴覚依存する表現リテラシーが低い(というか生体的な感覚器の精度が視覚と比べてやや大雑把な可能性)

●「ヘタウマ」という言葉がある通り、実は表現巧拙はそこまで重要じゃない(この辺、おとなりの国と結構対照的な気がする)

●「実験作だから」と言えば何でも許されるスキームがある

と、何となく考えたところで、日本において(ある程度名の知れたアーティストリリースした)クソ曲って存在するもの

また、楽典とか音楽の専門的教育を受けた人からすれば、実は楽曲の造形的なよしあしって明確に見えてたりするものですか?

(展開/フレーズ効果のあるなし/要素の相互関係など)

====

【以下追記】5/25 0:50

予想外に伸びててびっくりした汗

読み返したら超読みづらい上に誤字脱字多く恥ずかし…

トラバブコメ感謝です。めちゃ勉強になりました。ありがとうございます

もう事実上活動していないあるバンドのある楽曲がめちゃくちゃ好きで、

というかひとつ作品としてものすごく美しさや言っちゃえば聖的なものさえ感じるのだけど

自分にはそれを言語化することが一切できなくてずっとモヤモヤしてて。

ボーカル音程危ういし抜けが悪いし、サビらしいサビもなく(10分ほどある曲のうち多分半分もメロディーラインがないのでは)

個人的にはすげー好きな展開も冗長といえば冗長かもしれずで(天国への階段いかも)

多分何てつまらない曲なんだと感じる人がほとんどだろうなーとも思うわけです。

5月末の何日だかがそのバンドボーカルギターの命日だもんで

毎年この時期になるとその曲の凄みみたいなものを何かしら言語化できないもんかなと思いつつ、

やっぱ無理ね、となるのです。

楽曲言語で評するって難しいなーと思うと同時に、

じゃあ明らかに作品として不出来と評されている楽曲って流通してるもんかな(自分は知らないので)と疑問に思い

増田投稿した次第でした。

ただクソ曲っていう強く不快ワードしたこと反省してます…。

特に音楽業界の方申し訳ないです。

2020-05-21

anond:20200521121122

3000円ぐらいかな、と言おうとして気づいた。そうか、コロナというコンテキストがあった

2020-05-11

https://anond.hatelabo.jp/20200511090648

決めてはいない。俺がそう思うというだけ。コンテキストの読めないバカはお前。

2020-05-02

岡村vs宇崎

意外に際どい戦い。

「アウトだと思う」アンケートなら岡村不利

コンテキスト共感」を見れば岡村有利か

2020-05-01

メールの件名に自分だけのコンテキストを強調して書くやつはバカ

無意味情報を付け加えてノイズを増やしてるだけなのに、それに気づかず利己的な動機同調圧力をかけようとするバカなので、そういうやつらはまともに相手にしてはいけないよ

2020-04-06

anond:20200406024405

キレイキタナイのコンテキストならオバさんの方が汚いだろ

下着に尿がダダ漏れだぞ

誰がではなくそういう商品がいくつも実在するレベル

よく娘が「お父さんのモノといっしょに洗濯しないで」みたいなの聞くけど、小便まみれのお母さんのモノといっしょに洗濯される方が嫌だろ

2020-03-30

anond:20200330110818

志村けんのバカ殿様は、毎週ドリフターズ志村けんをみんなが見ていた(つまり、そういうものだと知っていた)というコンテキストがないと破綻する

全体を再放送だけしても今となってはいまいちな部分が多くて評価されないと思う

編集したものならなんとか…

2020-03-29

anond:20200329081233

延命自然な死か」ってコンテキストでよく語られてるよ

人工呼吸器は一旦装着すると死ぬまで外せない=医療関係者でも外すと殺人罪になることもあるって

2020-03-25

anond:20200325100125

失礼、俺がコンテキストを違えた。

「遺族を盾にして自分の言いたいこと言うだけの奴は苦しんで消えるべきでしょ」と言う言葉は、高橋まつりの死を利用して言いたい放題言っていたはてサにも適用できる話ですよね、という趣旨

うん。こういう奴は最終的に遺族も苦しめる。

2020-03-23

anond:20200323120642

ガチレスすると1日目から100日目まである程度毎日楽しみにしてた人ならワニ君の死亡コンテキスト経験多寡にかかわらず読み取れる。

99日目から1~100日目一気読みしたニュービーとかだろよ、そういうのは。

それを「興味がある」というかどうか。

anond:20200323113514

とはいえ、ワニ君の死のコンテキストも何分他の作品とかの「直接死は描かないけど死んだことになってる」表現ベースにしていた李はするので、素地がないとそれはそれで死んだと読み取れないのは分かる。

頭良い悪いとかではなく単にそういうコンテンツに触れたことがあるかないかの違いよ。

anond:20200323110827

少なから増田コンテキストでは勘違いされることなんてないっつーか勘違いしたほうが赤っ恥案件やろ。

2020-03-13

anond:20200313153248

増田の言っていることは

キャラゲーなのにやたら遊べるシステムを搭載していたりゲームバランスを整えたりするのは本質とは乖離して元のキャラクターコンテキストとかをぶっ壊すからダメ

ってことなんかね。

それは確かにスパロボはそういうゲームになってしまった面はあるけど、マーケットとしては成功パターンなので「ダメ」とは言いづらいんやが…

2020-03-06

anond:20200305061410

ルネサンス芸術復興)を経験していないから(というか復興しなければならないような芸術破壊経験していないから)ではないだろうか。(強いて言えば信長とか廃仏毀釈とかだが全体的なものではない)

西洋においては、ルネサンスの後でも、写真発明ジャポニズム発見によって印象派シュールレリズムが生起された。現代芸術はその流れの上にある。

中国においては共産革命文化大革命によって既存芸術は壊滅的に破壊され、その損失を穴埋めするために、世界散逸した古典芸術を買い戻すだけでなく、中国現代アーチスト作品を買い求めている。

日本においては、明治文明開化によって西洋美術が導入したが、日本美術にとってかわったわけではない。日本美術西洋美術技法思想をとりいれてさらなる進歩を遂げたといえよう。日本美術現代美術コンテキスト独自にとりいれているともいえる。

日本における西洋美術は、それ自体現代芸術のようなものであったし、それを完全に消化、定着しきったわけではない。したがって、それにとってかわる現代芸術海外の見た目だけを真似たものしかなっていないのではないか

2020-03-04

navigate.serviceWorker is undefined for firefox

プライベートウインドウじゃねーかという情報しかないけど、普通にChromeとかと一緒で window.isSecureContextが false だと使えない。

MDNの serviceWorkerのページには書かれてないけど https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Navigator/serviceWorker

安全コンテキストでのみ使用できる現在機能 といページには記載がある https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/Security/Secure_Contexts/features_restricted_to_secure_contexts

2020-02-25

anond:20200225011114

お前のような他人小馬鹿にする性根のやつは入ってこなくていい。

ファンが感動できるのは、あちこちメディアイベントで張り巡らされたコンテキストを汲み取れているからに他ならない。異様に素直とか好意的に見えるのはそういう理由だ。

今の若者は、複雑怪奇ソシャゲの諸システムを全部理解した上で攻略をやり込むような、コンテキスト理解力や練度に対するアンテナ感度が高い。そしてアイドル作品というのも大概はその類の超ハイコンテキストコンテンツだということを忘れるな。

ラブライバー感性が他の集団と著しく異なるなんていうのは、冷やかしの外野が「そう思いたい」だけの思い込みにすぎない。

2020-02-02

anond:20200201181800

マネジメントは対人関係総合的な体系化だから学ばなくとも環境で成果になるから学習必要ないよ

必要マネジメントはそれが必要環境に長くいると自然になりたつ

人材の偏りや業務特性 具体的な発生事象の内容と対策はそれぞれその現場ごとにあるので

役職を重ねることで自然になるし逆にそれを座学で学んでも意味がないし逆効果

班分け指示だし進捗管理臨機応変にひらめきや毎回異なる状況で発生しないしするような現場ではマネジメント意味ない

あらかじめ準備しておいた装備に訓練された人材対策の練れる対象目的をもって行動するのにマネジメントがいる

そのマネジメント単位をとりしきるのには未知なものへの判断を行うさらに上の役職があるがそれはマネジメントではない

投資役員といった外部の大きな目的意識をもつものがそれを達成する手段としてマネジメントされた組織必要とする

新しく配属された能力もわからない部下の練り上げ方というのはマネジメントではない

そういうわけわからん組織で成果をあげるための方法マネジメントではない

どういうコンテキストをもっているのかというのを時間をかけて経験理解したチームになってそれをどう使うかがマネジメント

言葉説明しきれない細かい要素も判断基準に含んだチームを運営して効果をだすのにどこかで学んだその現場特性を含まない文字列が役に立つわけがない

最近はそのいきなり役職をまわされてしらない部下の集団をなにか作業させるのにそつなく動作させるための心構えみたいなものマネジメント

いっているところがあるようだがそんなのでよければ本屋ビジネスコーナーにいけば一人で大企業をなせるほどの文字情報はあるだろう

2020-02-01

anond:20200131024027

コンテキストが違うものを一緒くたに語ってもしゃーない

エンタープライズユーザー冪等性を求めるし、ライトユーザーは目新しさを求める

コンテナリブンでやっているところは環境使い捨てするけど、そうではないところは環境でさえも秘伝のタレ化している

2020-01-18

anond:20200118153046

知能レベルが違いすぎると話が通じないんだよな

頭の良い同僚や逆にバカ下請けと話をするとなんで?って聞かなきゃならないことがたくさん出てくる

好奇心旺盛とかじゃなくてコンテキスト理解できないとか事前に持つべ知識量が不足しているだけで自分バカ相手バカ可能性が高い

ベース共通してなくて話を勧めたいタイミングでなんで?って確認しなきゃ話が通じないような人間と付き合うのはツライもんだ

2020-01-09

anond:20200108232756

2010年ツイッターが出回り始めたころですね。

SNSなんて概念がそこあたりからじゃないでしょうか。

当時はSEOが幅を利かせていてまだ固定ページが情報発信の何たるかを示していましたがSNSをはじめとする「ネット上にデータを散らかしておけばどこかにバズる」というプラットホームの拡大に移行したのでしょう。

個人アカウント以外に拠点を築かなくなって実質個人プラットホームアカウントという鍵にまで縮小というか消滅することによって境界が同時に消滅情報の発信が情報の力量でのみ測られるようになったように見受けられます

できるだけ強いことを大きいことを騒がれる事を発信したもの情報単体として力量を認められるようになってきました。

情報のもの」の質量情報価値を決められるようなそれまでのネット利用者にとって望ましい時節が来たように見えました。

SEOいか品質が良くてもくだらないLPを張りまくったほうが上位になっていたことに不満のあった人にとっては望みの形になったのかもしれません。

しか炎上ねらいといったアプローチ小学生に受けるというだけのほうが視聴数が稼げるというビジネスでその好機を探っていた人にはまったく必要のない方向へ流れたように思えます

つい最近の潮流として旧ネットユーザーネットとはなんたるかをそのSEO時代に撒き戻すべくとするような意志を感じさせる「コンテクスト」の連呼がありました。

プラットホームとなる情報基盤を以てしてネットという単発でも手軽にも情報を接種できるメディアをつかって、自己プラットホームに落とし込むべきだというような流れでした。

ツイッター議論に向かないとよく言及される「局面で表示された文字に対してのみ意見する」というものがあります

コンテクスト連呼は結果としてクソリプだとかを発露することになる短プラットホーム情報体へ移行を決意するための最後のあがきだったのかもしれません。

現在パソコンという手続きの多い機械などを介さなくてもアイコンクリックで大量の情報アップロードできます

有象無象ユーザータピオカだのと情報を積層して自己を反映させなくても参加することに満足するという構造に至っている姿はコンテキストを省くと過去「将来やってくる無機質な機械人間世界」に似ているかもしれません。

当時の作品未来人の描画がはっきりしていないためコナン君の黒い人のような「状況をつくりあげるその他の人たち」を描いた結果構成部品としての描写だったのかもしれませんが、結果として情報の強度で強さがはかれるようになるとよく似た光景みえます

親や出生や地の利タイミング、運でコンテクストを築き上げてその高みから無駄情報でもありがたいとされていた過去から、単発的に効果や影響がでる価値に移行するのは情報社会としては望ましいのかもしれません。

しか現実的投資予算、予定や計画評価価値づけについて、過去のものはすでに価値はなく次に取り組む行動に効果がまったく予測できないとなると資本主義的な構造の多くがほころぶかもしれません。

無知で元気のいい若者は単発的で過激情報の発信で成功していくでしょうし、それを支える社会構造労働者はひどくみじめな環境から脱することが困難になるかもしれません。

実際の問題として産業経済の基礎的な構造がなければ継続的社会は望めないわけですが、若者がみんなキリギリスになり老人が生きているかぎり蟻として支えることになりそうに思えます

どうでもいいことなんですが、ものごとはなんでも変化していくものなので、おじさんたちも変化していっていいと思います

未来を語るのにいくらでも言葉だけで、いまの若者が奔放にそうしているようにすればいいと思いますが、おじさんはおじさんなりに累積した過去をかたるのであれば若者の夢をかたるそれと同じではなくしっかりした物理的に根拠なしたものコンテキストをもってしてするのがよいのではないかとおもいます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん