「助長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 助長とは

2020-05-29

上司工数を出したら〜のやりとりについて思うこと

こういう記事を目にした。ちなみにこのQuoraというサイトについては初めて見るのでQAサイトなんだろうなという事以外は何も分かっていない。

上司工数を出したら「私なら半分で終わる」と言われ工数を削られました。それならあんたがやれと思うのですが、こんなときどう捉えるべきですか?そもそもあんたが作ったんだから速いだろと反論したくなります

https://jp.quora.com/%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%AB%E5%B7%A5%E6%95%B0%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89-%E7%A7%81%E3%81%AA%E3%82%89%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%A7%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8B-%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C

(本当はリンク先の該当する回答を全て読んで欲しいのだが)

私が覗いた時点で1番上に来ていた松本 祐司さんという方の回答(この表示順のルールについても知らない)を読んで自分なりに思うことがあったのでそれを書きたい。まずは客観性のない私の主観でその方の回答を要約してみる。

・確かにその上司コミュニケーションスキルが足りない

しか解決策は己のあらゆる能力をあげることしかない

・逆の立場になって考えてみると相手あなたに期待していたともとれ、結果的に残念に思われたとここでは規定する

・残念に思われた結果、回される仕事雑務、誰でもできることになっていき、次第に年齢がいけば、リストラ候補にもなりうる

上司の期待に応えられていない現状を素直に認めて、自分能力を上げることを勧める

最後に「上司避難する気持ち仕事をするな」という言葉を教えてくれた(今では成功して偉くなった)昔の上司とその言葉をまもって今のポジションにいる自分自身の美談が語られている

よく見る模範解答だと感じるし、正直なところ5年前や10年前であれば特に違和感もなかったろうと思う。

現在の私はこの回答自体にも違和感を感じるが、この回答が1番上、つまり1番多く見られる(おそらくベストアンサーだろうと思わされる)回答になっていることにも違和感を持った。自分が働く側にまわってそれなりに経ったからだろう。この方が会社上司側の視点で多くを書いているので私は個人や部下側の視点で書いてみようと思う。

端的に「能力を上げることしか解決策がない」とする意見だが回答に書かれている文脈においてこれは非常に危険な考えだと思っている。

かに質問者にとって現実的有効であると思われる解決であることには同意するが、能力をあげることしか解決策がないというのはいささか恣意的ではないだろうか。そして「能力をあげる」という言葉方向性は最終的に上司の想定の半分の期間でものごとを終わらせることを目標例にしている。つまり上司意向に沿って現在仕事成功していくことを質問者が望んでいる前提となっている。

質問自体も前提条件や背景など分からない部分が多いのである程度想定で書くしかないということも分かっているが

こういう上昇志向個人能力を鍛えることで何でも解決しようとする考えを勝手ドラゴンボール思想と読んでいる。

質問者が本当にそれを望んでいるならそれで構わないし、そうであればこれ以上ない最良の回答だろう。

しかし本当にそうなのだろうか。分からない。

質問者ドラゴンボールで言うZ戦士系譜であれば少なくとも質問者回答者という単位では問題ない。

そして実際にZ戦士達はそのせいで(おかげでとも言えるが)永遠に続く戦いの螺旋に身を投じることになる。

しか多様性が叫ばれ、日本経済落ち目となり、これまで力を持っていたものが弱体化し、疑われ、多くのものが見なおされている昨今、日本で働いている人間多数派悟空ベジータのように己の適正を理解し、適切な職場業界位置しており、そこで仕事における能力の(殆ど無限と言ってもいい)上昇とそれによる出世を望んでいると同時に望める状況にあるとは到底思えない。

そもそも人間自分自身の求めていることを正確に把握していることの方が稀だとすら思っている。

そして我々の世界マンガではない。我々の肉体をはじめ、現実のあらゆるものは有限だ。

そして最後に加えられた物語美談)がより一層この回答の訴求力を強めている。人間にとって物語というのは劇薬だ。

しか人生というもの物語解釈意味づけしようとする考えに対してそれは物語である限り間違えているとユヴァルノアハラリ氏は21Lessonsの中で説いている(たしか)。

大事なのは上司と部下、組織個人いかバランスを取っていくかに思えてしまう。

バランスを取るには適切なコミュニケーション必要だ。

適切なコミュニケーションを取るには信頼関係必要だ。

信頼関係を構築するには適切なルールシステム機能していることが必要だ。

例えば頑張ってもそれに見合った対価がもらえなかったとしたらどうだろうか。

仕事は多くの場合上司社長株主がおり、ある種彼らの都合のいいように時間能力リソースを奪われていると考えることも出来る。

仮に上司人間的に信用できたとしてもルールシステムがそれを阻む場合もある。

から言われている昇給と昇格が切り離されていなかったらどうだろうか。

会社側で重要ポストというのは限られているし、自分の適正が管理職にあるとは限らない。

そもそも成果の分だけきちんと利益還元されるというのは基本的に国や世界経済が上向きになっている必要があるし、人間による評価というもの構造的な欠陥を持っている。

そして対価が自分の望むものではなかったとしたら。

まり以前は有効機能していたとされる構造システム問題が生じてきていることの方が多いのではないかと思う。

そしてそこに健全であると思えるよう)なシステム環境がないと人間の行動はなるべくリスクを取らず、なるべく仕事の量を増やさず、なるべくストレスを避けるといったものになるか、あるいはその逆になるのは自然だろう。いずれにせよ多面的かつ長期的な利益追求のために目指すべき形ではない。

もちろん営利組織利益を拡大していかなければならないので能力向上や納期短縮は重要だろう。

それを否定するつもりもないし、不真面目な社員がさぼるのを助長するという意見もあるかもしれないが、まずそんな人間採用する仕組みに何かしらの問題がある。

個人の持つあらゆる能力をあげておくに越したことはない。それには自分同意する。

しかしそれと同時にお互いの利益がなるべく一致するような新しい評価報酬システム環境がつくられ、健全コミュニケーション信頼関係がなければいけないはずだ。

それにはトップが牽引して組織的に動く必要があるし、個人能力向上だけでは解決できないだろう。

個人レベルでは比較的それらのシステムが整備されている場所へ移ることも手段の1つだ。

いずれにせよどちらか一方的という所があるならそれが問題のように思える。

我々は有限な血と肉で覆われた不完全で複雑な動物であることを忘れないようにしたい。

2020-05-28

anond:20200526184610

寺生まれからって霊験あらたであるなんてステロタイプ描写は寺生まれなのに能力を持ってない人への偏見助長するからやめるべきだ

2020-05-26

anond:20200526220145

そういう考え方はやめるんだ。

いや自分に関してはそうだという範囲に留めておければいいんだが、大抵のオタクは嫌なことがあるとそういう俺理論他人にも適用するという誘惑に負けてしまう。

自分はそうでないという自信があったとしても、そういう風潮を流すとその説を他人を刺すために利用したがる心の弱いやつが増殖していくのを助長してしまう。

から思うだけに留めておくんだ。

よし! 世界平和は保たれたな。

理性なきジャーナリズム

結局、緊急事態宣言とは何だったのか

感染ピークを過ぎた後に発令し、

補償もせず国民にひたすら自粛強要し、

感染者への差別助長し、

④刺々しい自粛警察の風潮をもたらし、

虚構感染者数をもとに延長か解除か空疎議論を重ね、

雇用を減らし、

高校生の夢の舞台を奪った。

いったい何だったのか。

https://twitter.com/samejimah/status/1264688299999760384

これだけのデマを一度に垂れ流すの、端的に言ってジャーナリスト資格はないんじゃないかな。

この人の脳は「因果関係」というもの理解しないらしい。

それでもこれをfavする1.3万の情弱が支えてしまうから、目も当てられない。

デマ右派専売特許でも何でもないことがよく分かる。

2020-05-25

不都合があった際に怒りで解決しようとする性格の人に攻撃されやす

怒りがエネルギーになっている人がいることも承知である

逃げずに、思ったことや感じたことを感情そのままにぶつけてきて、解決しようとする方のエネルギーの強さに大分疲弊してしま

私自身の性格が、それを助長させている(もしくは感情をあらわにしやすいために起こる)ことも予想できる。私は滅多に怒ることはないし、相手調子(波長)に合わせ人づき合いをしていることが多い。八方美人ではない。それは相手に嫌われたくないから、というよりは相手の気に乱れが生じた時に私自身へのストレスが半端ではないのでなるべく穏便に付き合いたいと思っているからだ。優しいよね、と言われることも多々あるが、私自身は全然優しくないよ・・と感じている。みんなどう対処してるんだろう。気にするな、なんて言われても、気にしてしまうんだよ。体にできた湿疹、指にできたささくれ、そんなイメージだろうか。

いきなり怒る人とか声張る人、機嫌がコロコロ変わる人、めっちゃ怖い 

ひたすらに愚痴、人の至らない点についての話、ネガティブマウンティング。以前精神的に患ったことがある経験を、堂々と話す。何度も。

同じ場所にいるだけでも大分疲弊してしまう。気が滅入る。胸のあたりがモヤモヤし、疑心的になる。

思いの丈をそのままぶち込まれて、もう疲れて疲れてしょうがない。悲しくて、お前は鈍いからそれぐらい言っても平気だろ、言わないとわかんないだろなんて言われて、反省するべきだなんて、怒ってる原因を考えろよなんて

1年、向き合ってきましたが、もう私は、これから自分のために、自分のことをもっと大事にしていこうと決めた。

そこまでして、自分をズタズタにしてまであなたたちと関係を築きたくありません。

多様な考え方、相手立場を考えた対応、いっぱい考えた、だけどあなたたちはまだ怒る。永遠に怒り続ける。そして、そんな私は敏感で、繊細なの、わかってよね?なんて言う

やめてほしい。何か不都合があっても、自分の中でいろんな方向性から考えて怒りや哀しみの整理をしてほしい。

私、変われないわ、なんて言ってこないでほしい。だから何やねん。

そんな人と、置かれた環境上、今年1年は付き合っていかねばならない。

今はオンライン距離を図れるが、いずれ会うことになるのが怖い。考えただけで手汗が出る、緊張が走る。

うまいこと付き合っていきたい。

2020-05-24

安倍逮捕後に日本に望むこと

さっさと安倍逮捕されて、日本法治国家として生まれ変わり、他国からの信頼を取り戻すことを日々お星さまに願う、増田です。

安倍逮捕された後、日本はこうなってほしいなあという願いをここに列挙する。

自民党解体

もう邪悪すぎ。存在意義というか害悪しかない。出世のためなら愛国心プライド倫理も捨て去る人しか残れない組織、まじでいらない。ここまで邪悪なのに日本人のステレオタイプ属性暴走し、今なお信じるカルト国家になってしまっている。汚職助長する人間を一回リセットするためにも自民党不要

こいつらがいなくなったら無教養カルト民はどこを支持すべきかちゃん政策と中身で選ぶよいタイミングになるだろう。

検察もっとバンバン汚職政治家逮捕してほしい

これがないと、もう政治家汚職隠蔽やら捏造やら、野党野党で追求やらで、国として本来やるべきことにまったく労力と時間をさくことができない。もう無駄の極み。このやり取りにすら多額の税金がかかってるとかマジでありえない。

から検察もっとバンバン汚職政治家逮捕すべき。これができないと日本の秩序は取り戻せない。小悪党なんか逮捕してるくらいなら安倍政権のような極悪人から先に逮捕していけ。

TV局含めメディア政治家汚職もっと放送しろ

くだらん不倫とか大麻とか、そんなニュースバンバン流すのに、政治家汚職は全く流さないのな。ワイドショーなんてバカ芸能人コメントなんてどうでもいいし、むしろ有害

アメリカとか見てほしい、政治家政策について討論したり、ニュースでも専門家ちゃんコメントしている。アホの芸能人コメントなんて意味がない。

中立性はない、放送稚拙もしくは下世話、こんなメディアならいらない。NHK解体で。汚職助長するTVメディアとか存在がヤバすぎる。

法の改正

性善説で作られた法で政権運用するのは無理なことを安倍政権証明してしまった。先人もここまで邪悪政権が生まれるとは夢にも思わなかったであろう。

もう政治家は悪である前提で、それを監視する仕組みが必要だと思う。あらゆる悪事も認めず事実を歪め、捏造し放題、倫理を完全に捨て去られるともはやチートの無敵状態で、野党いか論理的正論を述べ、証拠を突きつけようと無意味、これは一党独裁状態である。こんな無法地帯政界で、野党がだらしないとかコメントが飛ぶが、「嘘を認めなければ何をやっても許される世界」でどう戦えというのか?

これが諸悪の根源でもあり、真っ先に法改正を進めてほしい。

議員になる、もしくはあり続けるためには、毎回筆記試験を設けてほしい

もうバカが多すぎ。民間はどこもバカすぎて受からいか議員やってますみたいな。やる気だけあっても知性と教養がなければ何ができるのか怪しいのにやる気までない。知性と教養を示すための筆記試験を設ける、たったこれだけのことで、論外の人間フィルタリングできるのになぜやらない。当然完璧ではないが、少なくとも安倍小泉進次郎みたいな無教養人間はここで足切りできる。

政治家こそ早期退職

老化とともに、情報アップデートできず思考も低下し、そんな人間が国としての大事な決定権を持たせる、これはもうリスク以外の何物でもない。

50歳くらいで退職する仕組みにしてほしい。50歳で退職すれば自分にも未来はあるし、国がどうなろうと知ったことかなんて精神政治はやらないだろう。あと、保身に走る輩が多すぎ。アベ政権なんか保身に全パラメーター割り振っている人間ばかりだ。

あと退職金もいらないよね。カネ目当てで議員になろうなんて輩はそもそも愛国心ビジョンもないのだから

最低、国としてこれらを望むけど、日本社会問題だらけ。安倍政権はそれらを解決するどころか、社会問題を自ら量産しまくってきた。

長年放置してきた少子高齢化とか、今から取り組んだって遅すぎ。今から出生率が上昇したって、焼け石に水だ。これは国家から持続可能性を完全に捨て去ったことでもあるけど、この罪は本当重いよ?今この日本子供を生むとかある意味虐待に等しいくらい、子供たちの未来絶望である

教育研究だってそう、未来への投資無視しまくりで、お友達税金ばらまくだけだから、国力は年々下がってきている。

どこの国でも政権の腐敗はあるでしょって思うかもしれないが、安倍政権次元が違う、腐敗100%だ。腐敗してても野心もあって、国を成長させようとするアメリカロシア中国のほうが全然マシ。

安倍政権ビジョンすらないのだ。こんな人間政治家をやるって、政界生活保護の場ではないはずだが。

さあ、安倍はさっさと逮捕されないかなー。

anond:20200523194939

https://anond.hatelabo.jp/20200523194939

テラスハウス木村花逝去について解説する

はてな民のような知性の塊だとテラスハウスを見ていないようなので、知性の乏しいおれがテラスハウス木村花事件について解説してやる。

今回自殺した木村花はカイという男と付き合う寸前までいっていた。このカイという男はスタンドアップコメディアンなのだが、内にこもるタイプで、哲学的であり、思索家であった。なので、自分世界に閉じこもることが多く、そしてそれを自認している彼は、それ自体について悩んでもいた。

ある日、そのカイが他のテラスハウスの住人をよんだ舞台で、トチってしまう。観客がいるなか、たちすくんでしまい、その日は完全な失敗に終わった。そして、その失敗の数日後、精神的に立ち直っていないなか、カイ、花、夢、社長あだ名)という4人のダブルデートという形で、かねてより約束をしていた京都旅行に向かう。精神的にまいっていたカイは、終始上の空で、それに対して花は機嫌を損ねてしまう。

帰宅後、女子部屋で悪口大会となり、夢のそそのかしもあり、カイを敵視するようになる花。そして、コスチューム事件である

コスチューム事件とは、花(女子プロレスラー)が洗濯機に入れっぱなしにしていたコスチュームを、カイが気づかずに自分洗濯物をいれて、そのまま回して、乾燥までかけてしまったという事件である。これに対して、花はブチギレて、カイに対して、完全に半グレ的な恫喝をしたのちに、カイのかぶっていた帽子をとばすという、暴力行為ともとれる行動に出る。この件に対して、花は冷静になった後日になっても「100%相手が悪い」と、いっており、夢という女がまたそれを助長する形をとる。他の参加者は、正直おかしいと思っていそうだが、この件には触れていない。唯一ビビという女性は花に対して、愛のある説教をしていた。だが、それに対して、花は機嫌を損ねるだけの反応だった)

で、この件が放映されると同時にtwitter/instagramを中心に苛烈な花たたきが始まる。普通に考えて、共用の洗濯機に入れっぱなしの花が悪いように見えるし、プロレスラー暴力シーンなど、冷静に見ると花はおかしいのだ。また、故人を悪く言うのはよくないという風潮で、今は言及する人はいなさそうだが、正直、花は性格が幼かった。感情ものを言ったり、盛って話したり、相手立場貶めるように周りから埋めていったり、見ているだけで胸クソが悪くなるシーンが多かった。それによって、SNSで花を叩く流れが加速する。

しばらくして、花がリストカットを匂わせるような血だらけの写真instagramに上げるようになる。そして、完全に病んでいるポエムが上がり始める。で、今に至る。

テラスハウスを見ていない人のためにもう少しテラスハウス特殊性説明すると、テラスハウスというのは、SNSを通じて視聴者が介入をできるリアリティーショーなのだ出演者芸能関係者が多いが、一般人と呼べるような人で、今どきの若者なので、SNSをやっている。また、自身がでているテラスハウスを2ヶ月遅れくらいで、鑑賞している。そして、それを見た視聴者意見ときエゴサして、気を病んだりする。また、その様子が放映されるのだ。テラスハウスは、番組だけで閉じずに、youtube/twitter/instagramなど、SNSでその世界リアルに広がっている。そこに視聴者出演者ダイレクトにつながったりもする。だからこそ今回のような事件が起きた。

今回、山里が悪いという意見も見た。それはそうだと思う。彼は芸風として、出演者の揚げ足を取る形で貶めて、笑いを取る。そして、それを見た出演者は気を病む。今まで何人もそれにやられて、テラスハウス卒業していった。この山ちゃん率いるスタジオは、視聴者目線ツッコミを入れているのだ。そして、当然それは視聴者世論誘導することにもなる。

テラスハウス承認欲求と、自分セルフブランディング炎上を避けながら売名をするという、非常に高度な心理戦のもと成り立っている心理ゲーム番組だ。自分は非常に楽しみにしている番組ひとつなので、この件でテラスハウスが終了とならないことを願っている。


Googleキャッシュ

https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:https://anond.hatelabo.jp/20200523194939

2020-05-23

「シャミ子が悪いんだよ」niconico賞受賞、の何が問題だったのか

カプ妄想自由だし、その行為によって生まれネットミームを使うのも基本的には自由だよ

でも、その非公式価値観公式サイドに持ち込むのはNG

この不文律が守られなかったのが、シャミ悪受賞の一番の問題だよ

とどのつまり、誰が悪いかというと

ネットミームの受賞で公式に賞を送った『ネット流行語大賞主催

・それを面白がって、原作者の多方面配慮した受賞式でのコメントを無に帰すような、悪ノリ扇動しかねない記事を書いた『ねとらぼ

ねとらぼ記事に触発されて「言ってるけど原作アニメカットされただけ」「言ってないというのは原作者勝手解釈」という珍説をばら撒き、原作ミーム汚染に積極加担した『悪ノリ勢』

が悪いんだよ

この残念な受賞の顛末で唯一の救いは、原作者・いづも先生の受賞コメントが素晴らしかたことだろう

簡単にまとめると以下のようになる

・この言葉が生まれたのは、ひとえにアニメ「まちカドまぞく」にかかわってくださったすべての方々の努力のおかげ

・作者の手を離れて歩き出せるくらい育ってくれたからこそ、この言葉が生まれ

・だから、「原作アニメで言ってないだけで言ってる」派の方も、「桃はこんなこと言わない」派の方も、「作品見てないけどこのセリフは知ってる」派の方も、全員正しくて、みんな悪くない

・この賞は私一人では荷が重いので、アニメ「まちカドまぞく」を世の中に送り出してくださった方や、楽しんでくださったファンの方、みんなで分かち合えれば、原作者としてはこれ以上ないほど幸せなことです

作者のコメントを読むと

アニメスタッフが素晴らしかたから、この言葉は生まれ

と、アニメスタッフ感謝の意を表しつつ

一方で、原作者はこのネットミームアニメからまれものであることを強調して、原作との間にしっかりと線を引いていることが分かる

そうして、原作ミーム汚染を恐れる「桃はこんなこと言わない」派への配慮もきっちりできているところが本当に素晴らしい

このバランス感覚はそう真似できるものではない

そして、この素晴らしいコメントがありながら、先述したように

「言ってるけど原作アニメカットされただけ」「言ってないというのは原作者勝手解釈」などといった悪ノリ発言面白く可笑しく紹介して

悪ノリ助長させるような記事を書いたねとらぼに、心底失望する

2020-05-15

巻数でまとまりが良いのは2~4巻。

それ以上は引き伸ばし感や中だるみが出る。

次ヒットするかわからいから続けさせる、なんてやってたら一作終わる頃には作者は高齢者だ。

実際そうなってる。

今はWEB並行期なのだから、好きなことをやらせて短い巻数で次々手をうったほうがいい。

ソッチのほうがソーシャルメディア向きだし。

ただ、この方法は今となっては作者が使い捨てになる傾向を助長させるか。

2020-05-14

東京法律事務所検察庁法改正反対の記事への反応を見て

 実名で書くと多方面への配慮が面倒なので…

 http://blog.livedoor.jp/tokyolaw/archives/1077404701.html

 ネットにおける検察庁法改正反対運動の動きは目覚ましいものがあり、どうでもいい問題と思っていた私としても意見を変えつつある。世間状態政権不信があると、こういう技術的なものに近い話が、特に興味を持たない、何となく怖いと思っているだけの人々をここまで大きく動かせるのだと、率直に恐怖に近い感情を覚えた。専門家からの指摘についても、良いものもあるが、上記東京法律事務所記事法案反対・現政権批判という色が強く、ややバランスを欠いているように見える。

 この件については、既にバズっているとんふぃ氏のまとめが比較中立でわかりやすいが、少し専門性が強く読みづらいかもしれない。ちなみに、別にとんふぃ氏は改正賛成はではなく、どちらかというと反対に近いように見えるが、本当の問題がどこにあるのか、という点から網羅的・中立的にまとめておられる。

 https://note.com/tonfi/n/n95a2265c6273

 また、慶應義塾大学大屋雄裕教授Twitterも参考になる。

 https://twitter.com/takehiroohya?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 こういった良情報があり、注目を集めてもいる状況がありながら、東京法律事務所記事が分かりやすいと賛同を得る状況を見るに、内容面への理解というよりは、現政権おかしい!何か危ういことをしようとしている!というスタンス危機感に合っているかどうかが重要視されるようになっているのではないかと感じている。

 こういうときに、上のお二人には到底及ばないが、少しでも落ち着いて考えるように促す投稿が別途あっても良いかもしれない、というのがこの投稿を書いている動機である

1.私の改正についての賛否

 まず、私自身だが、どちらかというと改正案には反対である

 本改正案は、細かいところを捨象すると、①検察官全体の定年を63歳から65歳に引き上げる、②一定役職については役職としての定年を63歳(現行法の通常の検察官の定年と同じ)にする(=その後は平の検察官に戻る)、③一定事由がある場合内閣によって②の役職の定年や①の検察官としての定年を延長することができる、という3段階の制度を設けていることは広く知られていると思う(ただ、ここは、役職等により色々な条項が入り乱れており、ざっくりまとめれていることがほとんどであるため、理解をしにくくしている点かもしれない。)。

 このうち、問題視されている③について、私は、特段必要性がないと思っていることが反対の理由である三権分立というような大上段の話ではない。

 ①については、公務員全体の定年引上げという中で、そこと揃えるのであるから特に反対する理由は思いつかない。ここについては、東京法律事務所問題ないとしているので、特に取り上げない。

 ②についてであるが、高齢化社会において定年の延長という社会全体の趨勢があるとしても、トップやそれに近い要職高齢者が就いているという事はあまり好ましいものではないと考えており、私としては問題がないものと考えている。ここも、東京法律事務所記事特に反論されていないのでこれ以上は触れない。

 ③については、例えば民間企業等において、優秀なトップに引き続き職責を務めてもらいたい、というような理由高齢の方が一般の定年年齢を過ぎた後も働くということは往々にしてあると思われ、規定趣旨としては理解できるものである。ただ、そのような能力があると言えるかどうかの検証は困難であると思われ、実際には、政治力等々、様々な事情の絡んでくる話になるだろう。とすれば、②の趣旨を貫徹し、一律新しい風を吹き込むべきであるというのが私の見解である。この辺りは、各人に考えの違いがあるのではないか。ただ、それは、定年という制度への考え方についての話であり、三権分立がどうとか、現政権陰謀というような話にはならないだろうし、これほど世間が大きく盛り上がるような話でもないと考える。

2.三権分立について

 何故、私が、今回の件について三権分立関係しないと考えているかという点だが、これも散々に指摘されているところではあるが、そもそも、現行検察庁法上、「検事総長次長検事及び各検事長は一級とし、その任免は、内閣が行」うものとされていることから明らかなとおり、内閣一定役職の任免権があるからである

 最も恣意的な関与を及ぼしやすい場面の一つである任命について内閣にその権限があるのに、定年を伸ばすという「出口」だけを殊更問題視することで、いったいどれほど政権恣意排除ができるのだろうか。

 この点について、東京法律事務所記事は「歴代自民党政権は、検察庁とりわけ前任の検事総長意見尊重し、これに介入しないという慣例がありました」として、任命権があるからと言って時の政権自由にできたわけではないことを挙げているが、まさか、この慣例に反することが違法だという趣旨ではないだろう。そうだとすると、検察庁法の立て付けとして、任命については、精々政権が慣例に配慮することを望むことはあるかもしれないが、内閣に任せても三権分立は維持できるということになっている。ならば、定年延長についても個別事例においてきちんと国民監視を行い、問題があれば、当該政権への非難を行えば十分であるだろう。余談だが、先述の慣例を無条件に守るべきであると考えているのであれば、昨今(というほど最近でもないが)の司法制度改革を通じ、一種象牙の塔」と化していた法曹界国民との間での双方向性を入れてきた流れとは、ずいぶん異なるようにも思う。

 結局、この法改正があろうがなかろうが、適正な三権分立の維持のためには国民不断監視こそが重要であることは、若干文脈が異なるがとんふぃ氏の指摘するとおりである三権分立の点から批判するのであれば、せめて、任命についても含めて、より大きな視点から制度設計を描かない限り、説得的ではないのではないか

(ここからは全くの邪推だが、定年を伸ばせる程度では大したことはできないだろうという見解に対し、任命の問題と別の大問題だという見方をする方の背後には、桜を見る会モリカケ、あるいは、それこそ黒川氏の定年延長問題など、様々な問題についての現政権批判が結局は世論に届いてこなかったという無力感や怒りがあるように感じることがある。結局、国民監視し、意見するということの力は、大したことがないのだと。ただ、本当にそれは大したことがない力しかないのだろうか。)

3.黒川氏の問題について

 正直に言えば、黒川氏の定年延長については私の興味の外に近い。既に内閣見解として、検察庁法に関わらず定年延長可能という解釈が示されている以上、今回の改正と絡めて邪推をするよりも、個別に法解釈上の問題を争うとともに、個別妥当性についても問題にすべきだろう。事後的に定年延長を正当化するものであり、政権の不当な解釈変更を事後的に承認しかねないものだという見解も多く見られるが、国会において適法に成立した法に則り、適切なプロセスを経て定年延長をすることが仮に可能なのであれば、それはそれで問題が無いのではないか。こういうのもなんだが、そもそもわいろというのは見える場所でやり取りする物だろうか。丸見えのわいろに従って忖度した判断をする検事総長等々の判断に反抗しないほど個々の検察官は軟弱で、国民は見抜けない程阿呆なのだろうか。

 ただ、結局、この問題と絡めたおかし邪推がしやすいような状況で、改正推し進めた結果が国民からの不信を高める結果を助長したのは間違いがなく、改正法は成立になっても不成立になっても禍根を残すだろう。非常に悲しく、恐ろしい状態になってしまったなと感じる。

4.今回の反対運動について

 まとめであるここの項が、一番言いたいことであり、また、一番の放言であるのだが、Twitterハッシュタグでの拡散による反対運動一定成功を収めたように見えることは、非常に怖いことであると感じた。今回の件について、きゃりーぱみゅぱみゅ氏が炎上してしまたことは大変悲しいことであると思うし、個々人が、自身理解の中である政治的問題への意見を表明すること自体は悪いことであろうはずもない。ただ、Twitterという短文投稿の場で、ハッシュタグ拡散を行うという安易さは、民主主義の基礎たる議論となじむものなのだろうか。そこにあるのは、何となく不安や恐怖に対する共感が主であり、相互理解のための議論があるとはどうしても思えないというのが私の意見である。そういった共感による多数を作ることが民主主義なのだとしたら、全体主義はそのすぐ隣にいるのではないだろうか。

2020-05-12

そろそろランニング時のマスクについて言っときたいんだけど

ランニングマスクするとかぶっちゃけ狂気の沙汰なんだけど

それが受け入れられてるのってなんでなん?

そんで今頃になってマスクしてたら熱中症危険があります!とか言ってるし

当たり前やろそんなん

どっかの感染症専門じゃない教授が飛散の状況をビジュアル的にシミュレートしたらかなり後ろまで影響ありますよ、とか

それが感染発症に結びつくかどうかまで検証したんか?としか思えん

そんで実際の発症者にランニングしてる人どれくらいいるの?それが巷のランニング率とどれぐらい解離してるの?

本当にランニング危険ならそういう数値的なのが出てるんじゃないのかね

適当憶測でいいなら、ランニング中にマスクをすることで

本来なら汗として流れていくはずの体表に付着したコロナウイルスマスクに染み込むことで留まってしまって

その結果感染リスクが高くなる、とかの仮説ぶち上げてもいいし

マスクをすることで発汗量が増えてそれが蒸発することでコロナウイルスの飛散がより増える、とかの仮説もあるかもしれない

一方でランニングをする人は適度な運動をすることで医者にかかりにくいか病院コロナを貰う確率も低い、とかね

発症してない人が感染させることが分かってるってのはもちろんあるからなるべく外出するな、とか買い物の時にマスクしましょう、ってのはわかるけど

ランニングみたいな個人勝手距離取って行うアクティティマスク強要させるとか本気か?

別にランニングしないからどうでもいいけど、ランニングに対するヘイト行為が顕れてるんじゃないの

そうでなくてもヘイト助長してるよね 皇居ランナーをやたら毛嫌いしてる人もいるし

風俗岡村構造的に一緒なんじゃないの ランニングヘイト行為

2020-05-10

anond:20200510100232

具体的なアクションプラン提示していただけないのであれば

内部で優先順位をつけ新たな差別を生み助長しているだけの団体しかないという私の考えは変わりません

あなたはそれを見ないフリして自分に都合のいい活動から支持しているだけだと思います

anond:20200510095031

私こそ、そのような話はしていない。

外国人という属性に対して差別助長するという、SDGs目標に反する行動をする人物SDGs特集に名を連ねたことを嘆いているだけだ。

労働者の優先については、あなたがそう思うならそうなのだろう。あなたの頭の中では。

anond:20200510093555

SDGs目標優先順位はない。

あなた問題意識を持っているならば、そうした属性への差別について特集するように問い合わせなどをしたら良いと思う。

私は外国人という属性に対して差別助長するという、SDGs目標に反する行動をする人物特集されていることを嘆いているだけだ。

あなたからの信用は要らない。

男性に対して容姿や年齢で差別する人間がいたら、諭すことは出来ないかもしれないが、賛同拡散もしない。

2020-05-08

下請けいじめってみんな言ってるけど

最近だとAmazonとか Uber eats とかでよく下請けいじめがよくないって言ってるよね

でも、

いじめてくるような会社から仕事を請けなければいいんじゃないの?

悪い条件で仕事を請ける人が「下請けいじめ」を助長してるのでは?

と思っちゃう

自分の考え方が間違ってるのかな・・・

2020-05-06

anond:20200506193859

今時分がやった行為が、風説の流布というか、犯罪助長したって気がついているか

anond:20200506071311

情報が古いって言うと

オタクくんはテレビ番組芸人を異常に敵視してたりテレビ放送されるということを物凄く大げさにとらえてるっぽい人が多くて不思議に思ってたけど

テレビ見ないマンテレビイメージが15年くらい前で止まってるんだな

金があって元気があって視聴率があって影響力があった頃だ

今はもうとにかく金がないか

華のゴールデンなのに簡素で使い回しのセットにタレントが数人おとなしく座ってネット映像を垂れ流してワイプでほーんふーんって顔して終わる番組

商品やお役立ちグッズの宣伝がメインのスポンサーとズブズブの番組が中心だ

出演者高齢化が進んで昔みたいに走り回れないしご飯もたくさん食べられない

視聴者高齢化が進んでるから肩こり腰痛を防止する食品健康体操だとかで2時間持たせることもある

当然視聴率だってない

子どもたちが「なあ!あの番組たかよ!」って学校話題にしたり芸人の真似をすることもない

めちゃイケの数取り団とか2006年時点で罰ゲームの様子がいじめ助長するとかなんとか言われてコーナー終了してるんだよ

もうあの時代はとっくの昔に終わってるのにいまだに何か大きくて恐ろしいもののように思っている

から過剰に防衛反応を示す

ネット情報最先端って言いつつネットしか見てないからこそアップデートされてない部分っていうのはあると思う

2020-05-05

anond:20200505100201

売春防止法

売春助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする(1条)

本当に売春防止法に照らし合わせるのなら金になるから売春をしたいというのも取り締まるんだが、金の魅力にはあらがえないし、口裏あわされたらどうしようもない。

で、環境に照らしてというのがもろ食い詰めてということな

自己決定権に照らし合わせると自分意思売春したい女まで取り締まるのはどうかというのもある。

その自己決定権まで否定するとなると風俗も全部取り締まり対象になるんだよ。

anond:20200505095956

売春防止法目的が食い詰めてる女の保護から

違うよ。

この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗

みだすものであることにかんがみ、売春助長する行為等を処罰するとともに、性行又

環境に照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講

ずることによつて、売春の防止を図ることを目的とする。

どこにも「貧困女子保護目的」なんて書いていない。

売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであること」だから禁止されている。

2020-05-03

セーフかアウトかなら小島瑠璃子発言はアウトでしょ

小島瑠璃子筋トレ男性発言について謝罪し釈明

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-25010188-nksports-ent

筋トレをする男性について「筋トレって、世界で一番意味からない。努力の方向が、筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思う。ラグビーやってて筋肉がつく、とか、格闘技やってて筋肉がつく、っていう方が好き。男たるもの、見せるための筋肉じゃなくて使える筋肉を持っとけよって思う。だって、何かあったときに人の役に立つ筋肉の方が良くない? どうすんの、見かけだけのムキムキ」と持論を展開していた。

小島瑠璃子さんなんてよく知らんし失言だ許す許さないって話最近多くてうんざりしてる。

ただ純粋に、この発言問題有りか無しかで言ったら有りですよ。

以下問題点を解説します。

 

 

1.人格面への干渉

筋トレって、世界で一番意味からない。努力の方向が、筋トレじゃなくて、筋肉がつく何かをやればいいと思う。

どういう趣味を持ってるかなんて各人の勝手余計なお世話

どの趣味だってそれに興味ない人間から見れば無意味で無価値に見えるもの

意味がわかる趣味」なんてこの世にありません。

 

何より、この小島さん自身実はそんなことは弁えてる。(でなければ芸能界に席を保ててない)

たとえば女性に愛好者が多いなんらかの趣味のことを自分が興味持てないからって

意味わかんないw無意味でしょw」などとdisることは絶対しないでしょう。

傲慢な嫌な女と認識されて同性がバーッと敵に回ることの恐ろしさはわかりきってるから

筋トレ男性攻撃したのは「いじめてよい集団」 「disることでリスナーの歓心を買える対象」と判断した部分はあるはず。

 

  

2.性差別性役割意識助長

男たるもの、見せるための筋肉じゃなくて使える筋肉を持っとけよって思う。

「男たるもの」は完全にアウトだと思います

性役割撤廃(心から賛成です)を日頃から専売特許のようにするフェミニストはこういう時にきっぱり「反対」と言うべきだと思います

まああの人達は実は平等主義者ではなく女権拡張運動員なので女性から男性への攻撃問題視しないのです。

(それは結局彼女たちにとってもいい結果を生まないと思うけど)

 

 

3.明らかに侮蔑的攻撃的なニュアンス

どうすんの、見かけだけのムキムキ

世界で一番意味からない。努力の方向が

「どうすんの、見かけだけのムキムキ」などが「自分の好みを語ってるだけ」というのは無理のある言い訳です。

スリム女性が好き」まではいいとしても「どうすんの、女で体重60kg以上あるぶよぶよ」とかは攻撃ですよね。

 

 

4.不貞腐れた謝罪

この発言筋トレをする男性たちの反感を買い、同30日にツイッターで「筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ ごめんよ」と謝罪

「でもただの男性タイプの話だからね、筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ。ムキムキが個人的タイプじゃないだけなんだよぉ」と、釈明した。

ここまでの解説を読んできた人はわかるでしょうが

筋トレって筋トレしてる人にとって聖域なんだってことがわかったよ ごめんよ」

謝罪になっていません。

宗教的聖域だとか、何か普通の人には予想できない逆鱗ポイントがあって、意図せず不運にもそこに触れてしまった~とかではないでしょう。

明らかにバカにして笑っていて、笑われた相手不快に思うことも想像がつかないといけない言動でした。

相手が怒ると思ってなかった」ではなく「怒らせてもかまわない相手だと思った」が正しい。

自分いじめが通る・ウケると思ったら問題にされたので謝ってるだけ。

 

 

「でもただの男性タイプの話だからね、筋トレしてる人の人間性や本質の根っこから否定しているんじゃないんだよぉ。ムキムキが個人的タイプじゃないだけなんだよぉ」と、釈明した。

上述のとおり、筋トレしてる人に対して「どうすんの」「見せかけだけ」「男たるもの」と人格的にdisりまくっていました。

筋肉のつき方について自分の好みのタイプを述べてただけ」とは全然違う話でした。

こんなでたらめな謝罪謝罪として成り立つでしょうか。

 

 

この言い訳の通りに言いたかったのだとすれば

筋肉ムキムキの人より細マッチョぐらいが好き」と言えばいいだけです。

長々人格的なdisしまくったのだから詫びるなら「無神経で失礼な発言しました。」と謝るしかないはず。

謝罪するなら自分発言を誤魔化さない、筋の通る謝罪をするべきです。

 

 

 

余談1.言葉おかし

筋トレ、筋力トレーニング格闘技選手でもラグビー選手でもやるので「筋トレって意味からない」はそれこそ意味不明な発言です。

たぶんボディビルディングとかフィジークのようなボディメイク系の人達のことを貶したかったのだろうけど

筋トレ」だと全然別の対象なっちゃうし広範すぎます

 

 

余談2.「使える筋肉

スポーツやらない人ほど二言目にはこの寝言を口走るものですが

格闘技選手筋肉だって格闘技しか使えませんし、ラグビー選手筋肉ラグビーしか使えません。

特定競技にあまり役に立たない筋肉、というのは有り得ますが、運動素人が言う「使える筋肉」「使えない筋肉」などというものはないわけです。

 

「何かあったときに人の役に立つ筋肉の方が良くない?」が具体的にどういう場面を想定してるのかわかりませんが(多分当人脳内ぼんやりしてる)

最も想定しやすいケース、いわゆる「力仕事」や「重いものを運ぶ」ことについてならボディビルダーで十分役に立ちます

彼等は重いものをもって体を動かすことにかけては専門家ですから

 

ひったくりを追いかけてほしいならラグビー選手の方がいいでしょうし喧嘩してほしいということな格闘技選手がいいでしょうが

「男たるもの」としてそういう暴力的な筋力行使を男に期待する女というのも今時どうなんでしょうね。

(今時じゃなくてもろくな女ではないと思う。ヤクザチンピラ彼女としても程度が低い層の発想。)

GW日本の状況はどんどん悪くなっていってるのに、皆幸福を貪ろうと思い思いに出掛けようとしてる。

それが全てを助長させるのに。だからこそ収束に至らないのに。皆狂ってる。

2020-05-02

岡村氏の問題がよくわからない

ANNで下衆い発言をしたということで、大変なことになってしまった岡村氏。

 

だけど、よくわからないのである

 

コロナで働けず貧困になった女子が、コロナ危機が去ると、金に困って三ヶ月くらい働きに来るから、そのタイミングだと可愛い女の子がいる確率が高い、だから風俗男子よ、今はひたすら辛抱せよ、みたいな発言だったかな?

この発言何が悪いのか?

ここで、「え? それがわかんないの?」とぶっ叩かれそうだけど、風俗店が実際には可愛い女の子ではなくて、一生懸命サービスしてくれる女の子のほうがいい、という真理は別にして、働く側の女子にとっては金になるし、お金を払う側の男子にとっては可愛い女の子サービスしてもらえて、Win-Winであり、一体これの何が悪いのだろうか?

これが悪いという為には、何か別の考え方をここに持ってこなければならない。

例えば、女子貧困になることをまるで期待しているかのような考え方、がその一つだろう。だけれども、風俗店に働きに来るというのは、その貧困を解消しようということでもあるのだから貧困になることを期待している、などとどうして言えるのだろか?

例えば、よく批判されることの多い竹中平蔵氏式の考え方に、非正規雇用労働者セーフティーネットだ、というものがあり、まるで正規雇用者いくらリストラしても許されるみたいな考え方だ、なんて批判もあるけど、その批判の一方で実際に非正規雇用雇用流動性を高める装置でもあり、非正規雇用権利向上が図られるのであるならば、これはこれとして有用な考え方でもある。

こうした考え方を援用すれば、女子貧困になっても、選択肢として比較的高給となる性産業存在している、という意味解釈すればいいだけではないのか。そもそも岡村は「(可愛い女子貧困になるべき」などとは言っていないわけだし。

すると、続いてこういう考え方が導入される。それが何故風俗という名の性産業なのか? ということだろう。

もっともよくわからないのが、この考え方である

これは価値観問題である

古くは、女子借金肩に売春業界に売られた、というようなイメージがある。

なるほど、このイメージはあの悪しき従軍慰安婦問題にも通ずる話である

だけど、それらとは決定的に異なる点がある。岡村が言ったのは、その女子たちが「自分意志」で性産業を志望するということであって、そこにはそうした強制性はない。

さらに言えば、志望するのが風営法で認められている風俗産業である限り違法ではない。

かに現実問題として、風俗店で働くということは下賤なことだという認識は割りと普遍的ではある。それを公表する人が多くなったとは言え、実態としてはまだまだ堂々と「私は風俗店で働いています」と言えるような世の中にはなっていない。

から、堂々と言えないのならば、風俗店で働くべきではないのだろうけど、言い方を変えるとそれが許容できる(堂々と言えなくてもいい、或いは堂々と言える)のならば、風俗選択することをを責めることは出来ないのではないのか。

或いは、女性性が商品化されている、いわば性のモノ化という視点で強烈に批判する勢力があるのも知っている。

最初批判した藤田はこう言っている。

まり、金がない女性身体市場で売れ、という野蛮な社会が至るところにあり、岡村のような思想価値観福祉の拡充を阻んでいる。

極端な話、性産業女性差別助長していると言っているのである

だがそれは、藤田自身で行っているように「価値観」の問題であるに過ぎない。なるほど、従軍慰安婦のように強制性(騙して売るという意味を含めた)のあるものであるならば、単なる価値観問題では済ませられないが、女性自身選択できるのであるならば、その価値観自由選択されていて、他人がどうこういう筋合いのものではないのではないのか?

岡村は決して、お金に困ったら女子は性産業従事すべき、などとは言っていない。単にそうなるだろうという希望的観測を述べているだけだ。

そこに自由選択性がある限り、決して野蛮であるなどとは言えない。「売れ=売るべきである」などとは言っていないのだから

そして、自由選択できるのだから、いわば女性には権利が与えられているとも言えるわけで、それのどこが差別なのだろうか?

嫌なら選ばないことも出来る。もはや現代は、貧困になったら性産業を選ばざるを得ないという世の中ではない。考えてみて欲しいのだけど、福祉観点では男女は平等である。男女に賃金格差待遇差が存在しているのは事実であろうが、それを性産業担保しているわけではない。

イッタランドでは、闇金業者女性貧困に貶めて風俗に売るのと同じような考え方だ、というツイッタラーも見受けられたが、岡村発言のどこに闇金業者が登場するのだろうか? 女性貧困にすべきなどとは主張していない。

或いはまた、よく言われているけど、藤田のような発言風俗従事者を差別しているとも言えるだろう。

風俗従事者は少なくとも違法行為者ではないし、倫理的に悪いことをしているわけでもない。きちんと働いて正当な報酬を受けている一労働者であることは他の労働者と何ら変わらない。

もちろん、岡村発言は新型コロナをあたかも嬉しがっているかの如く、というように解釈も出来るので、個人的には下賤だなとは思うけど、新型コロナビジネスチャンスと思った人ははっきり言って世界中に腐るほどいるだろうし、責めるほどのことでもない。

 

というわけで、よく分からないのだ。

ただ、世間常識として、たしか岡村氏の発言自体肯定する人は少ないし、岡村自身謝罪したし、良いことを言ったわけではなく、気分を害したり怒った人が大勢いたということは事実として認めるべきだとは思う。

公共ラジオ電波で、仮にも超有名人として認知されている人間が大声で言っていい話ではない=ぶっ叩かれる、ということを推定できなかった岡村氏の罪ではある。

その意味では、今サクッと思いついたところでは、宮迫らが闇営業で「え? 俺らなんか悪い事したん?」と当初軽く考えてしまったであろう罪と同様だ。だけど、それは100パー悪いということを意味しない。

結局は、世間がぶっ叩いている=悪、というこのしょっちゅう見る構図が、私は嫌なだけかも知れないが。

2020-05-01

署名ページの団体メンバーコメントが怖い

岡村さんがこのような軽率意見をするに至った社会背景があることは、普段からフェミニズム真剣に学んでいる身として重々承知しております。これは日本社会が産んだ発言であり、日本社会が許容している発言です。どんなに岡村さん本人が謝罪されても、彼の本心が変わらないことも想像に難くありません。

そして、このように考えている人が日本社会にはあふれており、彼が偶然間抜けだったために、自分の影響力についての考えも及ばず、この発言公共の場でうっかりしてしまっただけのことだと考えております

しかし、このような女性蔑視発言は、女性自分自身の可能性を信じ、豊かな人生を歩むことに対して、大きな障害となります。そしてそのような方が、小さな子ども向けの番組さらにはマスコットキャラクターが5歳の女の子で司会を続けることが許されるような状況は見過ごせません。 実際には、もうテレビに出演することすら許されることではありませんが、今回は、NHK総合1で放送されている番組、「チコちゃんに叱られる!から降板のみを希望します。

そしてこれをきっかけに、謝罪をするからには、岡村さんには、日本社会における性差別・性暴力性犯罪問題についてきちんと向き合っていただきたく思います。 彼のような知名度の高い方のこのような発言が許容されている状況を許してしまうことは、日本社会において性差別・性暴力性犯罪助長することに繋がりますので、例え岡村さんの普段の人柄が良かったとしても、私たちが許容してもう一度チャンスを、と優しく許してあげることはできないのです。

社会岡村さんのこのような言動を許すことは、何人かの女性の心と体の犠牲を伴うからです。そして、過去報道を見る限り、このような言動は初めてではなく、常習的に行っていると見受けられます本来は一番組から降板では済まされない話です。

女性蔑視言動を行った方が、以前のように当たり前に職場に戻れるようなケースをもうこれ以上一回も出さないことが、「女性が輝く社会」を真に実現するためには必要です。例えこのケースが社会的に風化されようとしても、私たちが忘れることは決してありません。

やっぱり芸能界から完全抹殺希望しているし、どんな謝罪をしたところで受け入れないぞって宣言してるんだけど血みどろになるまで戦争を望んでるの?

「痛みを理解して~うんたらかんたら」みたいなコメントを出したところで「魂が籠もってない」とか「口では何とでも言える」と糾弾して「勉強会への参加」や「活動への賛同」を求めたり、それで許されることは無く繰り返し自己批判反省を求めたりするの?

社会運動ってこういうスキームに乗らなきゃならない法律でもあんのか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん