「咀嚼」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 咀嚼とは

2019-02-12

ユーチューブでネジ締め動画作るか?

咀嚼音とか焚き火流行ってるし

規則正しくネジを締める動作や音が癖になる人いるかもな

2019-02-11

食事シーンにエロさを感じる

anond:20190107161700

追記名前も顔も声も知らない他人性癖理解するのって相当難しくないか理解する必要理解してもらうメリットもないんだし。でもこんなことで興奮できる私ってサイコー!と誇りに思ってるから自慢させてよ。

誰でもいいわけじゃない。綺麗な色の存在感のあるポテッとした唇とか、言い出しに「なんか」ってやたら付いちゃうあたま悪そうなところとか、話す時のきょろきょろしちゃう視線子犬みたいにフワフワで柔らかそうな髪、なにかしらのポイントで私が「あ、いいな」と思った子限定だよ。若い男であれば誰でもいいなんてそんなことないよ。近所のマックサイゼリアに行って済む話じゃないんだ!

「あ、いいな」って思った子がご飯を食べている動作に興奮するんだよ。

初めてハッとしたのは、その当時の推しお箸の持ち方が正しくないことに気づいた時。箸の持ち方を注意されながら育った幼少期と、頑なに矯正しなかった反発心想像して愛おしく思った。そして、正しくないこと、だらしなさにエロさを感じていた。悶えるのもつかの間、変に交差しお箸を持つお手手、ポテッとした唇が開いて掴んでいた食材が入る、お箸が唇から抜かれる、咀嚼、動く唇、咀嚼咀嚼、飲み込まないうちから食レポ、やっと嚥下、ドエロではないか。食い入って観てしまった。オタク友達にこの興奮の共感を求むべく説明をしたが、「食べる仕草可愛いのは分かるが、箸の持ち方については教養がないと感じる」とのことだった。食べる仕草可愛い可愛いどころの騒ぎではないのだ、食事のモーションに性的な興奮を覚えているのだこっちは。

例えば、真っ白で丁寧に扱われた上履きよりも、かかとを踏み潰された上履きを履いている男の子が魅力的だと思う。ヒビの入ったスマホの画面、毛玉の付いたセーター、後頭部の寝癖、飲みかけのペットボトルやいつ開封したのかわからないグミが乱雑に入ったバッグ、キュンとする。だらしがないイコールエロ

体臭キツイ美人に興奮するってテレビでだれか言ってたな、ギャップ萌えなのか?そんなんと一緒よ。

私がご飯作って提供して、おいしいおいしいって食べてくれることを望んでいるわけではないし、ご飯屋さんで他人食事シーンをチラ見して興奮することもないな。いいな、かわいいなと思った子の食事シーンが良いんだろうな。もちろん男の子限定だぞ。こちとら根っこからズブズブのショタコンだもんで、かわいい女の食事シーンには毛頭興味がない。でも将来子育てをするとしたら、子どもにはきちんとした食事マナーを身につけてもらえるようしつけをするよ。

もし私がお金を持て余すような大人になったら、だらしない食べ方をする可愛い可愛い男の子お金を払って目の前でご飯を食べてもらうんだ、もちろん合法だよ。

2019-02-10

コードギアス 復活のルルーシュ

※本文には「コードギアス 復活のルルーシュ」のネタバレを含む。

10年前のR2放送物語が終盤に差し掛かり最終回というもの意識した時、本当に比喩ではなく毎週の楽しみであり、

生き甲斐だったコードギアスが終わるという切なさを感じつつ、その分素晴らしいものをみれるのではないか

という期待感もあった。

早くこの物語の結末を知りたい、観たいという気持ちと、

この素晴らしい物語が終わってほしくないという気持ちが重なる、そんな期間だった。

  

最終回放送された西暦2008年9月28日

ルルーシュスザクと行った本当のゼロレクイエムナナリーフレイヤでやろうとしていたこ

この二つの類似性に打ち震え、あの悲しい最後のシーンはルルーシュスザクナナリー物語を終わらせるにふさわしい、

素晴らしいもので、それまで見てきたどんな作品最終回よりも美しいと思った。

  

それまでの話数は放送後何度も見返したが、

R2最終回は、その後しばらく見返すことができなかった。

私にとって不可逆で不可侵の素晴らしい思い出だった。

      

最終回放送から8年後、西暦2016年にそのコードギアスが、ルルーシュが復活するとの特報が出る。

    

思い返せば亡国のアキトシリーズの放映や、パチンコ化などのメディアミックス情報は、

アニメ放送後も途切れることはなく、コードギアスは死なないコンテンツになったのだと気付くべきだったのかもしれない。

    

情報は少しずつ鮮明になり、総集編としての劇場版3部作が放映されたのちに

完全新作エピソード劇場で公開すると発表がある。

    

総集編はテレビシリーズとの小さな、だが物語に大きく影響を

与える変更点を加えつつ次々と公開していく。

  

そしてルルーシュが死んでから10年がったった昨日、西暦2019年2月9日平成最後の冬に

コードギアス 復活のルルーシュ」が公開された。

  

タイトルからして復活である

ルルーシュは死んだのに。

美しく、そして気高く世界から憎しみを無くすために文字通り命をかけた主人公

もういないはずで、それでも世界は続いていたのに。

  

復活

  

実は復活と銘打ってはいるが、概念的なことだけで

肉体が蘇るわけではないよ。

ルルーシュがいない世界必死に、彼が求めた願いを実現するために

戦う残された者たちが一生懸命戦う。そんな物語だよ。

それでもよかったのではないかと考えた。

  

だがし復活したのだ、

嘘つきのルルーシュは大切な約束を守るために。

  

復活してルルーシュは、まぎれもなくルルーシュだった。

味方が、特にナナリーピンチの時には全身全霊をもって、

策を練り、有無を言わせぬ迫力で味方を鼓舞し、指示を出す。

  

私が10年前に美しいと感じたルルーシュがそこにはいた。

あれがルルーシュだということに異論を唱えるファンはいないだろう。

それほどまでに素晴らしくルルーシュだった。

  

そして、物語はこれもまたまぎれもなくコードギアスであった。

国の陰謀、計略する首謀者、そこかしこに仕掛けられた罠、

激しく火花を散らし戦闘するナイトメアフレーム

世界の理を変えてしまうほどの強大な力、ギアス

  

コードギアスという作品に込められているものすべてが

詰め込まれており、それでいて色褪せない、新鮮さも感じることのできる、素晴らしいストーリだった。

  

この作品コードギアスであることに間違いはないが、

賛否両論あるということも間違いないのである

  

  

論点は一つ、ルルーシュの復活である

  

  

コードギアスという作品ルルーシュの死をもって

完結した作品であるはずという思いが強い人が多いのではないか

実際私もそうであったからこそこの「復活」にずっと懐疑的

感情を抱いていた。

  

だけれども、観て、楽しんでしまうのだ。

どんなに抗おうとしていたとしても、

観終わった後に私がどんな感想を抱こうが、

劇場で金を払ってみたという事実があるのならば、

コンテンツとして、興行としては大成功だ。

それは全くもって否定できない。

10年前に完結した物語の続きなんてみたいに決まっている。

観ないわけにはいかない。

  

観終わった後、自分感想賛否両論のどちらかなのか

すぐに決めることはできなかった。

この「復活」はあまりにも消化に時間がかかると感じた。

少しでもこの胸のつかえがとれないか

「復活」に関する評価感想ネットであさっていたところ、

監督インタビュータイトルに「批判覚悟制作に踏み切った」とあった。

  

この文言に納得しかかった自分もいたが、

冷静になってみればそれはそうだろうという感想だ。

物語を美しく終わらせるのではなく、

死なないコンテンツとして継続し続け、興行として成功する。

素晴らしいことだが、コードギアスというコンテンツを死んだと

解釈する私の様な人間から批判が出るのは覚悟していただかなくてはならないだろう。

  

10年の歳月コンテンツ評価に対する指標も変えた。

もはや視聴率はその指標としての能力を失い、

配信ツールの普及はいわゆる円盤の売り上げを

抑制するものになった。

  

からネット感想が正しいというつもりはないが、

例えばツイッター等のより個人、とりわけ趣味嗜好を

把握しやすSNSにはおおむね好意的にこの「復活」を

とらえている人が多いように感じる。

  

また、劇場でも終幕後に涙を流し、

良かったと感想を漏らす人も多くいた。

  

これだけでもこの興行成功であったと言えるであろうし、

どんなに賛否両論意見が出たとしても、「賛」の意見が出続ける限り

今後も興行収入を伸ばし続けるであろう。

  

否定というものさらなる否定を己に

向けられる覚悟がないといけない。

ルルーシュ言葉を借りるのであれば

「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ」だ。

より情報を発信した個人特定されやすいこの環境では、

批判否定という行為は行いにくいだろう。

  

しかし、「復活」でルルーシュはこのセリフ否定するかのような言動を行う。

  

C.C.と同じ、撃たれてもその命を失うことがない

L.L.にはその覚悟がない。

いや、人ならざる力を持ち、さらには死すらも乗り換えたもの

人とは違う理で生きている。その悲しさを物語っているのかもしれない。

  

思えば10年前は視聴率を上げるために放映時に見る、

円盤を購入するという行為に我々は「支援」という意識を持って行っていたと思う。

  

大量のコンテンツであふれかえる世界から

自分の「好き」を少しでも延命させるために。

  

それはコンテンツというものが、傲慢かもしれないが

我々の支援なしには生き続けることができないと、

その支援が乏しく、延命繁栄をすることができずに死んでいったコンテンツ

観ていたからこそ、そうした感情が行動させていたのではないか

  

私が「復活」を劇場で鑑賞した際に

最も涙腺を刺激されたのは、お調子者だが愛されキャラ

本作でも重要役割を担う「玉城真一郎」のクレジットを見た時だ。

  

ご存知の方もいると思うが、「玉城真一郎」をTVシリーズで演じていた、

田中一成」さんは、西暦2016年に亡くなった。

  

もちろん総集編の劇場版で「玉城真一郎」を演じた演者の方の演技は

素晴らしく、引けをとっているだとか、優劣があるといいたいのではない。

  

私は「田中一成」さんの訃報を聞いたときしかった。

その悲しさは、当然のことながら亡くなった人はもう「復活」しない

ことを理解していたかである

  

10年の歳月があれば、悲しい別れを経験する人も多いだろう。

実際私もそうだった。こんなことを書くと現実フィクション理解していないと

否定されそうではあるのだが、私が10年前に愛した「コードギアス」には

壮大で近未来的なSFとしての要素もありながら、リアリティがあったのだ。

ルルーシュが何度もシャーリーギアスをかけようとしても、

にゆ人間を救うことはできない。そんな現実を突きつけられるような、悲しい物語だったのだ。

  

からこそ私たち最終話ゼロの剣に貫かれたルルーシュを見たとき

そこにリアリティを、死んだ人間は蘇らないという現実フィクション

コードギアスの中に見出し、涙したのではなかったのだろうか。

  

もしこれらを強引に、好意的解釈するとすれば、

私は10年前の最終話ルルーシュの死によって完結した素晴らしい物語

味わうことができたこと。

そして感情胃もたれしそうなほど甘い、

デザートのような続編を味わえたと、いうところだろうか。

  

それならば、一度飲み込んでしまったものは、咀嚼して

何とか消化吸収に努めないといけないのだろうか。

  

私がどれほど批判否定インターネットの海に

吐き出したところで、何にもならないのだから

  

批判覚悟で」

  

私の批判という弾丸は、放ったところで制作側には届かない。

コードギアス」というコンテンツは「復活」したルルーシュ

同じく「死なない」コンテンツに「復活」した。

  

私の撃つ弾丸は、もうルルーシュを殺せない。

  

2019-02-07

読書好きな人

読書をよくする人の中で、内容を咀嚼しながらじっくり読んでる人とただ文字を目で追ってるだけの人との

割合がどのくらいなのか知りたい。

2019-02-01

トイレットペーパー咀嚼すると

鬱病が治ると聞いたので、実際に咀嚼してみた

鏡に映ったトイレットペーパー咀嚼する自分を見て、更に鬱になった

2019-01-29

二次創作漫画を描ける人すごい

二次ストーリー思いつくほどなにかの作品思い入れたことない

アニメとかゲームを少しかじっただけじゃ二次創作の漫画読んでもさっぱり意味が分からいか咀嚼できる人もすごい

2019-01-22

消化活動のススメ

「消費は投票である

かにそのとおりだ。消費者として、正しいと思うものを選び、そこにお金が行き着くように行動するのは重要なことだと思う。

しかし、お金を払うだけが消費者にできることでもないような気がした。

そんな中、星野源さんのPop Virusを聴いた。MVも見た。

とにかく怖い曲だった。

「そう君の手の平 美しくクルクル返ったんだ」という歌詞がある。MVでは、この歌詞に合わせて源さんが手の平をくるっとひっくり返すジェスチャーをしていた。

これって、恋ダンスブームに対して「手のひら返し」をした世の中に対して歌ってるんじゃないか? と感じた。

ものすごく怖い、恨みのような切実な感情こちらを揺さぶってくるのに、源さんの視線は私を交わることがない、と絶望的に分かってしまう曲だった。

それはまるで、恋ダンスブームときに、多くの人が「星野源」という存在を見ていなかったように。世間が「星野源」を消費したように。あの頃、舞台の上で、カメラの前で、誰とも視線が合わなかったんじゃないだろうか。

カロリーゼロ! という曲がネットで話題になっていると聞いた。

カロリー、あるよ。

食べたものも、見たものも、使ったものも、楽しんだものにも、全部に質量がある。吐いて捨てるガムじゃないんだ。

面白おかしく「消費」するのはもうやめにしたい。

生産者になるのは無理でも、せめて「消化」はできないかと思う。

咀嚼して、私の血肉にできるはずだ。

消費活動ならぬ消化活動を、消費者ならぬ消化者を目指したい。

2019-01-21

anond:20190121041627

わらた。フェチでは無いです。

ご飯の食べ方が綺麗、

一般家庭で身につくであろう基本的食事マナーが出来てればばっちりです。

いただきます、ごちそうさまが言える。

・刺し箸、迷い箸、寄せ箸、ねぶり箸などをしない。

咀嚼音をクチャクチャ立てず食べる事ができる。

・口に食べ物を入れたまま喋らない。

ご飯を急いでかっ込まない。

・箸の持ち方は極端じゃなければ多少崩れていても気にしない、魚の食べ方は上手じゃなくてもいい。

他人バカにしない、

はどちらかというと他人を見下さないが近いかもしれない。年収、学齢、病歴、性別、年齢、出身地…などあらゆる属性理由他人を軽んじる発言行為を表向きにしない。かな。


穏やか、

理由なく声を荒げて人をどう喝したりしない、衝動的に暴力を振るったり物にあたる事が無い。

ぐらいの感じかなあ。

2019-01-17

anond:20190117131011

残りの9/10の上位コメントがまるでどうでもいい情報ではないと思っているかのようだな。

実際にはどうでもいいどころか、人の思考を悪意的な方向へ導き、偏見固定化させ、マウント癖をつけさせる、読む人間にとって害となる思考汚染情報であることがほとんどだ。

その中にあって「書いた」というコメントは、単純に一次情報を記した者が称賛される健全な方向の星の集め方である

はてなブログ等で記事自体スター欄があれば重複するので無意味になりがちとはいえ、9/10ブコメが放つ瘴気を薄める作用があるとすれば有意義ものと言えるだろう。

これが一呼吸おいて自分の頭で考えられる人間の論だ。

お主のようにパッと思いついた悪意を咀嚼せずに吹き付けるような態度は、まさにブクマカと同じものなのだよ。

2019-01-07

男子中学生ご飯を食べている映像提供して欲しい

物を食べている男の子に興奮する24歳女。小学生の頃から中世的な顔立ちをした男の子が好きで、アニメ漫画世界でも所謂ショタの部類に入る、所謂受けっぽい子が愛おしくてたまらなかった。二次元ジャニーズ地下アイドル、洋ショタ等様々経て今はYouTuberにハマっている。垢抜けない芋っぽい男の子大食い企画料理商品紹介で物を食べている映像をとにかく漁っては繰り返し見ている。最近ゴリゴリにキたのは中世的な20代男の子ホールケーキを1ホール食べる動画ケーキフィルムを剥がす仕草も、フィルムに着いたクリームを舐め取る一連のモーションも、フォーク一口大に切り口に運ぶ瞬間、はあ、堪らない、リスやハムスターのごとく口いっぱいに詰め込み咀嚼咀嚼咀嚼…飲み込まないうちからまた一口咀嚼咀嚼咀嚼咀嚼咀嚼嚥下興奮興奮興奮興奮興奮リピート

男の子なら誰でも言い訳ではない。どちらかというと、食べ方はきれいでない方が好ましい。お箸の持ち方も間違ってたらなおのこと良い。好き嫌いは多い方が可愛らしい。迎え舌、ポイント高いな。可愛い男の子が素でだらしなく食べている映像が欲しい。男子中学生ご飯を食べてる様子ってどこで見られるんだろう。需要はここにある。

anond:20190107003608

個人的にはそっちよりプライドが高くて誰かに吐き出せないってほうが気になるわ

プライド高いことを活かせる(他人を気にせず自分の好きに振る舞うとか)ならいいけど、

マイナスになってると感じてるならあんまりよろしくないというか我慢風呂場のカビみたいに心を蝕むから

なんでプライドが高い状態になってるのか自分過去を振り返ってみるといいと思うよ

我慢してることは言葉にすると異化作用のようなものが働いて冷静に咀嚼できるから日記でもSNSでもチラシの裏でも相談相手でも用意してそこに吐き出すべき

2019-01-05

anond:20190105010330

いまいちアレが何なのか咀嚼できていないか

頭のいい女のひとが論じてくれたら燃える

2019-01-04

からないことの共有

私はライフステージが破茶滅茶人間だと最近自覚した。発端は高校生だと思う。多感な時期に友達を作らず、でも成績はまぁまぁ良く過ごして高校生特有友達放課後寄り道だの、制服ディズニーを過ごさず生きた。高校生特有バカなことも本気で馬鹿なこと思ってたからやらなかった。

みんな将来何になるとか全然考えてなくて話が合わなかった。あくま高校は通過点で社会生活の方が長いから、将来のために何かしらがないと駄目だと思ってた。なんてのはただの言い訳で、今思うと私の方が変な高校生だった。

専門学校に行ったんだけどそこから完全に境界線障害になって、人間好き嫌いが激しかった。全員嫌いな人間だったね。

何が嫌いって、わからない問題点をみんなとわからいね〜って言い合うだけの状況が多々あり、苛々した。解決しないままずっと過ぎてく無駄時間が大嫌いだった。なんで解決しないで平行線のままでいるんだと私はずっと思っていた。狡いことに、私の職種は姉と一緒で姉に聞けば大抵の疑問は解決されていたので余計に答えがある問題になぜ?という気持ちが強かった。

今思うと、そのわからいねという時間他人と共有することに意義があったんだろうなと思う。人と共有して初めて受け入れて進めることもある。みんな答えが必要なのもわかって、でもわからないということを咀嚼し、どんなことがわからいかを見極めてた。その時間を仲間と先に共有することが大切なのもわかってたからそうしてたんだと気がついた。

気づいたのは最近。25歳になってからだ。遠回りがバカみたいだと思ってたんだよ。最短で成し遂げたいと生き急いだら境界障害になってて、果ては人間不信になってた。他人とのなにかの共有は見透かされそうで怖い。

友達が居てもすぐに気に入らないことがあると上手くいかなくなって、全然連絡取らなくなった。高校生からそんなんがあって3ー4回は繰り返してる。専門学校時代仲の良かった友達からあなたはいつも0か100しかないよねと皮肉を言われた。そこの子とはもう連絡もとってない。そんなことを今も繰り返してる。

私は合理的って言葉が大好きで、何かわからないことがあれば年上に聞くことが専らだ。身近な年上は姉であり、両親。ここら辺に何でも聞けば何でも答えてくれた。だからからないを共有しなくても答えがそこにあって安心出来た。疑問だけの答えがない共有は私にとって無意味で無価値ものだった。正解か不正解かが私にとって価値のあるものだった。

でも、答えを出すのは簡単だって世の中言うけどその通りで、答えばかり知った過程のない馬鹿脳みそ同級生と考えることを共有することを忘れた。

形のないものの共有こそが仲間意識を生み、他人の心を開くものになる。でもこれを実感として発見したんじゃなく、後輩同士の会話で気がついた。まだ実行出来てない。他人を見るとわかるが、自分に置き換えるとやったことないことなのでクソ難しい。だから今はわからないの共有ができるように会話のトレーニングを日々積み重ねてる。エアーで。ひとりで。妄想で。いつか同い年の友達がたくさん出来るように…。

2018-12-28

anond:20181228121334

俺もよくガムを噛む時に頬の内側を噛んだりするなぁ。

咀嚼回数が通常の食品よりも多くなるから必然的ミスの回数も増えるのかもしれん。

2018-12-21

anond:20181221100803

そう。「食ってすぐ寝ると牛になる」というフレーズが頭にあるから、親が豚になっててもシーンを咀嚼できるわけで。そういう細かいコンテクストがたくさん必要アニメではある。

2018-12-20

エルサゲートへの誤解が多いか反論する

ハサミで突然、耳を切る…子ども向け装う残虐動画が横行

https://www.asahi.com/articles/ASLCH6479LCHUTFL00V.html

このブコメがあまり無知コメントが多いので批判する。

まず子どもにそんなもの見せるな、とか言うやつ。エルサゲートは視聴後の自動再生や関連動画に紛れ込んでいるから悪質なんだよ。例えばクレしんを見ていた次にクレしんエルサゲート流れるんだ。エルサゲートYouTubeアルゴリズム悪用していて、親が好きで見せているわけじゃねえんだよ。

次にYouTube Kidsを使えとか言うやつ。エルサゲートKidsにも紛れ込んでくるから問題になってんだよ。それぐらいわかれ。既存対応回避できるんならニュースにならねーよアホ。

そして、エルサゲートFlashアニメ時代ビックリオチみたいだとか言っているやつ。あのな、エルサゲートオタクがやる寒いパロディみたいな、既存キャラが予想外なことをしてアハハ、みたいなのんきなもんじゃないんだよ。1つでもいいから見てみろ。なんで何も知らねえのに「似てる」とか言えんだよ。見てないものを「似てる」ってどんな頭してんだ。何と何を比較してるんだよアホ。

あと何でこんなものを作るのか、ってやつ。エルサゲート子どもが大好きなものものの寄せ集めなんだよ。バイオレンス子どもが好きな一要素だ。スーパーヒーローとかトランスフォーマーとか、そういうものの延長だよ。好きなキャラクター、バイオレンスカラフル。まだストーリーとかそういうのを咀嚼できない子どもには、それが一番惹かれるんだよ。

これは子ども趣味嗜好を悪用したとても悪質な動画群なんだ。どんな影響があるかまったくわからないし未知数だ。プラットフォームアルゴリズム悪用して一儲けしてやろう、って奴らがたどり着いた最新の精神ハック金儲けなんだ。子どもが好きなキャラをいっぱい出して子どもが好きなカラフルバイオレンス映像を垂れ流して、それを順列組み合わせで自動生成してアップロードしまくって、関連動画にぶち込んで儲けようとしてるんだ。こういう奴らは今までもいた。身近なものだと広告の誤タップ狙いとか、そういうのな。けど、それが子ども趣味嗜好を悪用しようってところまできてんだよ。それはなにか倫理観崩壊していないか? おれはエルサゲートを作っているやつらが暴かれてほしいよ。人としてやっちゃいけないことをやってるんだ、こいつらは。

2018-12-19

書籍ってなんで役に立たなくなったのか

Pythonディープラーニングの本は沢山出ているが、入門書ばかりで終わってしまい、入門が終わったらどれも似たり寄ったりで読むのがなくなる。

実際に自分が抱えている処理をしようと思えば、それなりに咀嚼し応用しないといけない。

蛍光スペクトルからどうやって細胞を分類するかといった課題を解きたいとして、沢山本は出ているにも関わらず、バイオ系+Pythonといった書籍は皆無だ。


他の学術書もそうだ。工学数学なんてルベーグ積分あたりで終わりではないだろうか。

アンケートを取った結果を載せていたとしても、どのような質問をしたのか、処理はどうしたのか、集団はどう選んだのかなどの処理手順がかかれていることは稀であり、引用しようにも疑問符が付く。


国が出してる統計データですらデータ処理の方法グラフの描き方などは書籍にない。(ネットにもないが)


ワードエクセルの本も棚を埋め尽くすほど沢山あるにも関わらず、大半は同じ内容だ。

入門書しか売れないと、売れる本ばかり作った結果がこれなのだろうか。

効率化と題名がついているものが、どこにでもあるショートカット集であったり、

RPAだといってソフトインストールサンプル1つの行方法で終わっていたりする。


電子回路書籍も、ラズパイインストールか、拡張ボードの使い方で終わる。

例えば温度を測定しようとするとオフセットつくのだが、水の三重点キャリブレーションするのがいいけど、氷の融点沸点キャリブレーションしても、実用上そこそこあうといったことはなく、

数℃狂った値で、温度が測定出来たというので終わっており、測定データの不確かさをどうやって処理するかまでは記載されない。(GUMにおける不確かさ表現に合わせればいいが、そこまでは面倒くさいのはわかる)


2018-12-12

anond:20181212151928

カオス状態のこのツリー自体をIMAKITAしてみた

10

やはり海外の人は音をたてないように気をつけているようです。

ラーメンをすする音が嫌いな人は、耳栓すれば簡単解決するよ?。

ラーメンをすすって食べる人のことが大嫌いですって言う人の事が大嫌いです 。

他人ことなどきにせずラーメンを味わいなさいな。

パンティーを音を立てて吐く人が大嫌いです。

吐く音くらいゆるしてやれよ 。

おれはラーメンそばをすすって食べることが出来ないから(何故か出来ない)、 すすって食べる人を見ると、「美味しそうに食べてるな・・・」って思う。

人の咀嚼音なんて聞きたくない!。

これが、「人のラーメンすする音が苦手だけどどうしたらいい?。

私はラーメンをすすらないで食べる人のことが大嫌いです。

1行

吐く音くらいゆるしてやれよ 。

から人の咀嚼音が苦手なんだけど、職場にいるおっさんたちがクチャラーというか、舌のニチャッネチャッみたいな音を立てながら食事してるので生理的に無理になってきた。ラーメンもそこまで音でる?ってくらい爆音で啜ってくる。というかものを噛む音がでかい。どうやったら何食べたらあんな音がでるんだ。ずっとたくあん囓ってるみたい。遠い席なのにここまで聞こえてくる。発狂しそう。

そういえば昔口を閉じてるのにクチャクチャネチャネチャ音を出しながら食べてる人がいて不思議だったんだけど、自分あんな音出てたりするんだろうか。指摘されたことないけど。嫌だ。あーーー!!!

anond:20181211122520

世間クチャラー害悪!人の咀嚼音なんて聞きたくない!」

増田「そうだそうだ!」

世間「麺をすする音なんて聞きたくない!」

増田「は?音を立てて麺をすするのは日本の文化であって欧米食文化ができあがる前からあるんだが?w日本が嫌なら海外へ行けよw」

うーんこの

2018-12-11

耳栓してメシを食う

咀嚼音がよく聞こえて量以上に食べた気になる。

耳栓ダイエット。これいけると思う。

2018-11-27

さくらんぼ計算って、

さくらんぼ計算という言葉は初耳だったけど、「繰り上がりがある計算をやりやすくするために、加数(a+bのbのほう)を2つに分ける」計算の仕方は自分学校で教わったし、今でも無意識にやっていたりする。

炎上きっかけになったツイートだけでは、教師がどのような説明をしていたか不明だし、どんな原因で減点になったのかわからいから、あまり迂闊なことは言えない。

まあ、理由なく減点してたとしたら論外だし、「さくらんぼ計算しないと減点だからね!」という事前指導があったとしても、ちょっと擁護できない。

ここで思うのは、さくらんぼ計算自体は、ある程度の教育学とかの知見のある人達が、

「繰り上がりの計算のやり方が、児童たちにわかやすい・説明やすい仕組みが無いか

と考えて作ったんだと思う。

だけど、学習指導要領などを通じて現場教師のところまで落ちてきたときに、全ての教師学校に、それを、背景や意図の部分まで咀嚼できていたのかがものすごく疑問。

この辺は、教師労働環境や過重労働がどうのこうのってことになるので、深入りはしない。

さらに思ったのは、このさくらんぼ計算のケースって、「長く続いた会社プロセス」に近いなってことで、会社の中で熟成されたプロセスって、

  • 社内で、頭のいい人が仕事を続けるが、その人達だけでやり続けたら大変になる
  • 頭の良くない人でもできるようにしたいので、そんなプロセスを頭の良い人が考える
  • 最初は一緒になって仕事をしていたが、頭の良くない人でも仕事ができるようになった結果、頭のいい人は、その仕事をしなくなる
  • 頭の良くない人たちに、その仕事の未経験者が加わるが、頭の良くない人たちは、そのプロセスの背景や意図説明できない
  • 次第に、だれもその仕事意味理解できず、延々とそれを続ける

ってことになりがちかと。

「頭のいい」「頭の良くない」という挑発的な表現を使ったけど、これは、「仕事に関する背景や意味や、厳密に行った場合手続きなどを熟知している」か否かぐらいにとらえてもらいたい。もちろん、地頭的な意味もある。

オチはありません。♪あーたしさくらんぼ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん