「セクシャルハラスメント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: セクシャルハラスメントとは

2021-06-13

普通に性差別も含めたセクシャルハラスメント肯定なのに、腐女子がやると誰も叩かないどころか「そのとおり!w」っておどけるんだな。↓

https://twitter.com/Himeyurrrrry/status/1403682457287757824

これが逆の性別だったら絶対大炎上

2021-06-07

アンチ村上隆

彼、いや…「村上隆セックスしたくない」とか「枕営業」とか「セクシャルハラスメント」って言ってるから、ヤツの言葉を信じるなら彼女か?

あいいや、彼女は何に突き動かされ、村上隆への憎悪を撒き散らしているのか

何度アカウントを消されようとも蘇り、そのたびに村上隆への憎悪を滾らせ、殺意を先鋭化させていく

最初は気に食わない投稿に「村上隆乙」「これ書いたやつは村上隆」「オラオラムカつくならなんか言えよ村上隆さん」とか言ってた程度なのに

今や100近い機械的高速連投で村上隆への悪意に満ちた投稿をし、彼女が「村上隆」と認定した増田にも無数のトラバを投げつける

そして垢を消されて数週間して、さらに凶暴化して復活するの繰り返しだ


正直糖質患者だろう、明らかに陰謀論逆恨み

彼女言葉を信じるのなら、村上隆に犯されるかセクハラされたんだろうが、だからといってここに憎悪を書き連ねられても困る

あなた、近づいてますよ?低能先生というブクマカ増田はてなが生み出したバケモノ


まあ、こんなこと書けば、俺も村上隆にされるんだろう

あなた人殺しをしないことを祈ってますよ、自称村上隆被害者さん?

あなたが悪の親玉村上隆天罰を加えた!って宣言しても、きっと同情はされないだろうですから

人生棒に振る前に檻のついた病院で見てもらったほうがいいと思います

2021-04-22

anond:20210422095814

話題自体セクハラなわけじゃない。

話し方とか態度全体が、他人から見てセクハラということ。

元増田にある「非モテが言うとセクハラになる」は、相手側の以下のような受け取りと思われる:

普段会話のない人から脈絡のない褒め言葉違和感

話題違和感だけでなく、しゃべり方としてもぎこちなく、聞く側として返事に困りストレスがある」 →ハラスメント

「ぎこちないのは、過度に異性を意識しているのが原因と思われる 職場等の男女関係ない場では不適切」 →セクシャルハラスメント

2020-11-05

anond:20201105110937

https://anond.hatelabo.jp/20201105112001増田だけど逃げないでおくれ

アツギセクシャルハラスメントで訴える、なんて言ってる人どこにもいないでしょ

裁判認定される事はなくても、企業公式アカウントエロRTするって事は、その公式アカウントを見るであろう客にそれを見せつける行為だし

それは客に対する不快性的嫌がらせであり批判されるべきである、って考える人一定数いるって事だよ

増田キモオタとか言われてるみたいだけど(で、不快だろうけど)

それも別に裁判誹謗中傷認定はされないだろうが、「他人キモオタなんて言うな」って批判は出来るでしょ?

anond:20201105095443

セクシャルハラスメントって概念は太古の昔からあるだろ

鞭打ち刑とかあったろ、覚えてないんか?

2020-10-20

三田格はいつになったらデリック・メイの件に触れるの?

http://www.ele-king.net/review/album/007856/

相変わらず高二病日本批判はお好きなようだけど、Derrick Mayに対するセクシャルハラスメント疑惑ニューススルーし続けてる(三田がというよりele-kingがだけど)

ダサすぎるよ、自分達の都合の悪いことになるとダンマリって

2020-09-13

意識の断絶

この増田anond:20200912141626)の批判もっともだと思う一方で、津田氏を少しだけ擁護する。まあ擁護でもないけど。

増田批判は非常に明瞭で、津田氏はこの批判真摯に受け止めるべきだ。だが、いくらその行為が悪意そのものには見えなくても、本人には全く悪意がない(ゆえに悪意あるとの批判に耳を傾けない)可能性は、どんな場合にもあるし今回もまさにそうではないかと思う。本人が耳を傾けないと、批判はその力を大きく削ぐ。批判は正しく届いた方が社会的な益になるし、届かない批判は分断を起こし、それは社会的マイナスだと思うのだ。だから、誰も頼まない調停役を務めようとしている、というのが私の立ち位置である

さて、セクハラという概念がなかった時代上司女性社員の尻を触り放題であった……というと語弊があるが、触ったところで、馘首になるどころか、減給も、厳重注意すらなかった。被害者加害者は同じフロアで同じ立ち位置仕事をし続けた。今では考えられないコンプライアンスであるが、社会的に「そんなのはくだらないこと」という意識が徹底されていれば、それ以上にコストをかける意味がない。もちろん、プライドのある女性社員はこの状況をよしとはしていなかったし、なんなら被害者女性社員に色目を使っている男性社員も、「クソ!部長め!」くらいは思っていただろう。だが、せいぜいそこまでで、その怒りは極めて個人的ものであった。これをレベル1の段階とする。

次に、セクハラと言う概念誕生し広まりかけたころ、変わらず女性社員の尻を触ろうとした部長に対して、若手の係長が「部長、それは『セクハラ』ですよ」とニヤニヤしながら声をかける。部長が「せくはら、かね?」、係長セクシャルハラスメント、略してセクハラです。」、部長「そうかね、なるほど少し控えるか。ワッハッハ」……みたいな時代があったのだ。社会的意識が広まり始めるころ、啓蒙役割を果たす人の仕事というのは、この係長のようなものだった。これをレベル2の段階とする。

そして最後に、完全にセクハラの引き起こす問題(件の女性社員は退社して、意識の高い同業他社転職してバリバリ成果をあげている)が認知された社会、うかつなセクハラを行おうものなら、よくて罰金、降格、左遷、悪ければ馘首まで起こりうる時代。「女性社員の〇〇ちゃんて尻がデカくていいよね」などという発言ですら処分対象になる時代に、あるKKO社員が「〇〇さんいいですよねぇ~」と言ったのに対して、先の係長、今や課長が「●●くん、そんなのを〇〇ちゃんが聞いたら『セクハラです!』って言われるぞ!(ニヤニヤ」と言ったとしよう。その瞬間職場雰囲気が凍りつく。「セクハラ? いや、それほどでは…」「課長それは言い過ぎじゃないっすか」「誰かがいいとかいう程度のことを大騒ぎにするのはちょっと…」これを聞いた課長が焦って「いや、女性のね、容姿を云々したりするのはさあ、仕事には関係ないわけでさあ、だからね、ウン、ぼ、ボクはね、軽~くそれを、し、指摘しようと思っただけでね、いやいやそういう意味じゃなくてね(汗」と釈明する。周囲は呆れたような顔になるが、課長は嘘を吐いているわけではない。彼はただ、以前と同じように振舞ったつもりなのだ。これがレベル3の段階である

何が言いたいか分かっていただけただろうか。現代社会は、増田認識のとおりレベル3の段階である。「この言説はセクハラだ」という指摘は、対象に対して極めて致命的なものにもなりかねない(宇崎ちゃん騒動をはじめそういう事例は枚挙に暇がない)。一方、レベル2の社会係長だった津田氏は、レベル3の段階に意識アップデートできていない(あるいは、普段ならそこまででもないかもしれなくても、レベル2の時代に自ら親しんでいたコンテンツリバイバルという状況の中で、その時代の間隔でつい突っ込みをいれてしまった)だけの課長ポジなのだ津田氏に悪意がなく、かつ、彼の言い訳が嘘ではないとしても、津田氏に問題がないわけではない。だからこれは擁護ではない。ただ、彼の行動が「悪意」に基づくというのは誤認かもしれない。むしろ、そこに「悪意」がある方が問題は単純だ。悪意というのは明るみに出た瞬間に無力化するからだ。それより、本人に100%悪意がなくても、こういうことは起こりうることであり、それだけにこれは解決の難しい問題でもある、ということを指摘しておきたかった。

私の言いたいことはこれくらいである。これは擁護ではない。だが、増田の指摘に対して、異なる視点提示するものである

追記

少しだけ追記しておく。銀英伝そもそも私は見ていないが、そこに現代から見れば『政治的に正しくない』表現が入っていることは、極めてありそうなことである。そして、それをそのまま製作したら『政治的に正しい』を主張する人たちから槍玉に挙げられるという危惧も、決してあり得ない心配ではないだろう。だから私は、津田氏の指摘自体が全くおかしものだったとも思わない。だが、上に挙げたような事情と、また、【ポリコレ棒で人を殴る行為自体問題に疑問の目が向けられつつある現代において、これを身分を明らかにしてTwittrで呟くという行為は、少し不用意であったとは言えるのだろう。もし本当に一ファンとして真摯心配するのなら主催者に直接メールした方がよかったし、なんなら無料匿名を条件に監修を申し出てもよかった。あるいは、もはや銀英伝時代を越え得ない作品なのだ、Not for meなのだ…として黙って立ち去るという手もあった。ただTwitterで呟くというのは悪手だった、ということなのだろう。

あと、「未来を描いた作品なのだから現代価値観で…」云々を言うのは、作者・読者が現代である限り無意味だ。作品は、作者や受け手意識の共有によって成り立つのであり、たとえばいか架空世界舞台にしていたとしても、そこに現れるのは「現代意識」そのものであり、社会問題にする(作品への支援共感プラス)にせよ批判マイナス)にせよ)のはまさにその点だからだ。

2020-08-18

anond:20200818111922

https://www.j-cast.com/2019/10/16370253.html

日本赤十字社は、どのような見解なのだろうか、広報担当者に16日、J-CASTニュース取材し、次のような回答が得られた。

担当者は「今回のキャンペーンあくまでも献血にご協力いただける方へのノベルティとし実施したもので、セクシャルハラスメントという認識は持っておりません」と回答した。

2020-08-04

anond:20200804112832

まともな上司がいて、まともな会社なら、新卒男を別の部署に異動するとかするんじゃないの?

まともじゃないなら、辞めてもなんとかなるんじゃない?

研鑽を積みたかったけれど、セクシャルハラスメントを受けてて心理的疲弊してしまった」とか言って。

ハロワに行けば仕事はあるよ。

2020-08-01

現代作家は「ジェンダー」に応答できているか? 美術家黒瀬陽平インタビュー シリーズジェンダーフリーは可能か?(7)|美術手帖 https://bijutsutecho.com/magazine/series/s21/20101

━━教員学生ギャップが生む問題では、多摩美術大学大学院彫刻科の学生有志が大学に対してハラスメントに関する要望書を提出した件もありました。

 美術を学びたい若い女性の学生に対して、男性社会で生きてきたおじさんの教員がどれだけ対応できるのか。学生は、内面にすごくデリケート意識問題を抱えている。そこにどれだけ踏み込んでケアできるかと言えば、現状はとても難しいと思います意識的ではなく無意識レベルでも、「男性から女性から」という判断思い込みはどうしても残ってしまますし、それは知識意識だけでは乗り越えることができない。男性教員ばかりだから理解してもらえなかったということは、美大出身アーティストからもよく聞きます

(…)

━━ジェンダーだけでなく、世代差や立場の差が生むギャップもありそうですね。

 そうですね。ただ美大に関しては、少なくとも女性教員が増えることで、「女性教員が少なくて女子学生相談相手がいない」という現状は変えられる。ならばまずそこをクリアして、「女性教員はいるけれど話が通じない」という、次のレベル議論ができるようにするべきだと思います

黒瀬陽平合同会社カオスラによるハラスメントについて|ayanoanzai|note https://note.com/ayanoanzai/n/nefd11252a137

5月合同会社カオスラでも固定スタッフとしての勤務を依頼され、快く了承。それまで何度か単発での勤務経験あり。固定スタッフとしての業務内容は、週1日固定の曜日に出勤し、スタジオの整頓や在庫作品管理をするというもの。(※1)

勤務を開始してすぐから黒瀬による身体接触性的要求が発生。他スタッフよりも2時間程はやい集合時間個別連絡で指定され、黒瀬と私の2名がスタジオに集まるという状況が続く。他スタッフには相談できず、大幅に遅刻する、それとなく誤魔化す、「既婚者であるならリスクを考えた方が良いのでは」と提案する等で対応するが、断りきれなくなり7月下旬頃にはじめて性的接触に応じる。その後は黒瀬より要求があった時のみ対応

黒瀬が行っていたのは立場の不均衡を利用した性的関係要求であり、明確なセクシャルハラスメント

受け入れるべきではなかったが、新芸術校およびカオスラの業務に支障を与えたくなく、抵抗し続けるのが難しかった。また、性的要求を受け入れる前から能力ではなく黒瀬に気に入られているか仕事を与えられているのでは」「黒瀬と性関係があるのか?」と第三者に疑いを掛けられることが多くあり、女性である私は実情と関係くそういった見られ方をするのだと自信を失っていた。カオスラは役員スタッフ全員が男性で、相談できる相手がいなかった自分排除される可能性を考え何も言わないまま勤務を継続仕事自体は楽しくやりがいもあり、業務上の信頼関係を徐々に構築。



問題認識しているからこそ、逆にそれを利用して自分の思うように管理するテクにも使えるんスねえ~ハックってこういうことだね

2020-07-11

このすば紅

年齢差別セクシャルハラスメント人種差別目白押し

主人公逆レイプされかけたり、ダクネス蹂躙されたがったり、めぐみん環境破壊したがったりする。

ラスボス半陰陽(というよりゲイ)で平気でNOを突きつける主人公。ド安定という他ない。

アラサーっぽいラスボスをだまくらかして袖にするとか、まず外人様はやれないことやってる。

でもそれが面白い

あの世界の住人はそれでもそれぞれが許されることを知ってて無茶してる。

ポリコレとかむしろどうでもいい。

それとは別にアニメ自体の話をするなら、シリアス路線なく、最後までバカバカしくてもいいんじゃないかとは思った。

ラスボス世界攻撃したがる理由は十分アホらしいのでそこはマル。

2020-06-18

行きつけのレストラン店長が友人に似ていたことに気付いた話

私は恋愛経験の無い、成人済の一人間です。

十代前半の頃に、親族の知人から軽度のセクシャルハラスメントを受けたことが軽いトラウマとなり、他者に対する恋愛感情性的欲求がほぼありません。

性同一性障害のきらいもあり、普段の振る舞いや趣味嗜好も自分から見て異性向けのコンテンツに寄っています


から話すのは、少し前の話で、私の体験談です。

自分の中にとどめておくつもりだったのですが、客観的に遺しておいたら何かのネタになるかも知れないと思って文章練習を交えて書くことにしました。

これは私の失恋の話です。



ある日のことでした。

私は仕事の休憩時間に、行きつけのレストラン食事をしていました。


このレストランロケーションも内容も悪くないのに、オープンから程ないせいなのか、

昼時にもほとんど来客がなく、座席の1割も埋まっていないような状態がよく見られました。

内装も好みですしスタッフさんも感じの良い方々だったので、潰れてしまっては勿体ないと思い週に何回か通い詰めるようになりました。

他にも、同僚に紹介したり、新人を連れて行ったり、知人と一緒に赴いたり……。

のしたことがどれほど意味があったかは分かりませんが、数週間後にはオープン直後に比べて人の入りはかなり良くなっていました。


それなりに通っていたこともあってか、私はスタッフさんに顔を覚えていただいており、何度か話を振っていただくこともありました。ありがたいですね。

一方私の方もスタッフさんの顔ぶれをなんとなく把握しており、店長さんの判別もつくようになっていました。

ある時を境に、一人でレストランを訪れた際は(ほぼ)店長さんが席への案内やレジなど応対して下さるようになりました。

なんというか圧倒的常連感。実際ちょっと嬉しいものです。

そんなこともあってか、私は以前と変わらず結構な頻度でレストランに通っていました。


なので。それは別に、なんのきっかけもなんの前触れもなかったのですが。

不意に私は、食後のデザートを持ってきて下さった店長の顔が、大学時代の友人に似ていることに気がついたのでした。


すると、なんということでしょう

先刻まで美味しく食べていたランチの味が、全く分からなくなってしまいました。

その日の仕入れ状況によって変わる、こだわりの素材の味も、おつまみの味も、

食前に出してくれるお茶の味も、炊きたての白米の味も、何も分からなくなってしまいました。

のしないご飯を急いで平らげて、お金を払って、店長の「いつもありがとうございます」「また来て下さいね」を背中に受けながら足早に立ち去りました。

席を立つのがあと何秒か遅れていたら、人前にも関わらず泣いてしまっていたと思います不審者! 


おぼつかない足取りで仕事場に戻りつつ、私は思い出してしまった大学時代の友人のことを考えていました。


仮にその友人をDとします。

Dは私から見て異性でしたが、前述の通り私はそういうスタンスであり、趣味も見事に合致しました。学部なども同じだったため、共に行動することが多かったです。

ただDというやつは、正直言って人間的にはかなり「アレ」な存在だったと……私は思います

予定の遅刻は当たり前、無断ドタキャンもありがち。割と短気で、口を開けば悪態ばかり。

聞けば過去に異性関連でこじれたこともあるとか、そもそも揉め事を起こしてダブリであるとか。挙句喫煙者で酒癖も悪いしギャンブルもやっていました。

しかお金がなくて泣きついてくることもありましたし、家族ともめちゃくちゃ不仲で喧嘩が絶えず……。

趣味が合わなかったら絶対関わらないタイプ人間でした。というかぶっちゃけクズ呼称してもおかしくない類の人間でした。

好きな作品イベントに一緒に赴いた際は、長い間訳の分からない場所を連れ回されました。

予告も無しに、お化け屋敷(私は大の苦手)に無理やり連れて行かれたり、終電間近まで愚痴を聞かされたり、散々な目に遭いました。

二度とDと出掛けるものかと腹を立てたことも幾度もありましたが、結局許してしまうのでした。

ここまで趣味の合う人間はいないため、Dという友人を失うのは惜しいと考えていたからです。


なんでそんなやつのことを思い出してしまったのか。

考えずとも答えは出ていました。


私は、食事が美味しかたから、人が少なかったから、良い場所だと思ったから、あのレストランに通っていたわけではなかったのです。

この作品面白いから色んな人にやってほしいと布教する、ファンの鑑みたいなムーヴをしていたわけではなかったのです。

ただ、最初に店に足を運び、私を出迎えてくれた店長の顔が、Dに本当によく似ていたのです。

まり店長の向こうにいるDに会いに行っていただけでした。

そんなはずはないと思いたかったのですが、それが事実だということは私が一番良く分かっていました。

全部繋がってしまったのです。自分の中で。


そうです。全く関係の無い他人面影を探してしまうほど、私はDのことが好きだったのでした。


もうめちゃくちゃ死にたくなりました。

大学卒業から十年近くなるという今になって。私はDのことが好きだから、様々な所行を許していたのだと気付き。

そしてそのことに気付かないまま、こんな日常最中、わけのわからないシチュエーション好意自覚したのでした。

こんなことあるんだな~、と思いながら、その日の夜は泣きながら寝ました。もしこのことにもっと早く気付いていたら私はどうしていただろう、と考えました。

考えても無駄なので考えるのをやめました。

次の日馬鹿みたいに目がめっちゃ腫れました。


もうDとは連絡が取れません。

大学卒業と共にスマホを変えてしまい、その際うっかりメッセージアプリデータ飛ばし、連絡を取る手段がなくなってしまいました。

どこかで生きてると良いのですが。なんだかんだ器用なやつなので、もう結婚とかしてのうのうと暮らしてる可能性も普通にあると思います

元気ならなんでも良いです。


だけど昔のトラウマや、私の性質ものともしないほどの存在は、おそらくもう現れることはないと思います

Dは、事実を羅列すればどうしようもないやつでしたが、私にとっては奇跡みたいなひとでした。

こうして恋愛経験のない私は、恋愛経験を得ることもなく、すとんと失恋したのでした。



件のレストランには結局あれ以来行けていません。

でも、また行きたいとは思っています。美味しいのは事実なので! 本当に! 店長さんゴメンナサイ。


ここまで読んでいただきありがとうございました。



2020-06-02

箕輪厚介のセクハラ騒動と #箕輪編集室 退会noteに思うこと

荒木利彦

2020/05/27 11:53

これを受けてメンバーから箕輪編集室を退会する決意をしたというnoteが出されました。

お世話になっている集まり問題が起こっているわけですから居ても立ってもいられず、僕が今考えていることを書いていきます

Twitter上では何人かが言及しているものの、明確な意思表示が少ないなというのも書く理由の一つです。(きちんと意思表示してるよって人いたらごめんなさいね!)


箕輪編集室に入って2年が経ちました

5月箕輪編集室に入って2年になりました。主にライターチームで活動していて、ここ1年でさまざまなプロジェクトに参加しました。

箕輪さんのセクハラ騒動に思うこと

箕輪編集室での活動楽しいのですが、今話題になっている箕輪さんのセクハラ問題について触れずにはいられませんよね。

この騒動について注目を浴びているnoteがあります

箕輪さん主催オンラインサロン箕輪編集室の退会を決意されたみずほさん。

noteのスキは2500を超え、ご本人のツイートも1000リツイートを超えていて、オンラインサロン界隈に一石を投じた投稿です。

今年4月に「みの校(学生限定)」に入会され、今回の箕輪さんのセクハラ騒動顛末を見て退会を決意されました。

時の人となった箕輪さんに批判の声を上げるというのは相当に勇気がいることで賞賛に値します。

みずほさんのnoteを読んでいくつか思ったことがあるので書いていきます

大前提として、箕輪さんが行った行為セクシャルハラスメントです。セクハラあかん! これは共通認識でしょう。

みずほさんが指摘するように編集者とライターという間柄は性的同意のうち「対等性」が欠如していると言わざるを得ません。

人を性行為に誘うときは「対等性」「非強制性」「非継続性」に気を配りながら性的同意をとる必要があります。(分かりやすく知りたい方はこちらの動画をご覧ください。)

みずほさんが紹介されていた動画がわかりやすかったです。こういった分類があることを知らなかったので勉強になりました。)

みずほさんのnoteには(見た限り)賛成の意見が多かったです。僕もそう思いましたし。でも賛成の部分だけでなく、それどうなの?という部分も散見されたので思ったところを書いていきます

箕輪厚介」像の違い

箕輪編集室に入って2ヶ月のみずほさんから見た箕輪さん。

箕輪編集室に2年所属している僕から見た箕輪さん。

立場が違えばそれぞれ見え方が違ってきます

から見た箕輪さん像について。

箕輪さんが編集する本や関わっているプロジェクトを興味深く楽しんでいました。

ただ入会当初から箕輪さんのことをクセの強い人だなとは感じていたのが正直なところ。

箕輪さんのA子さんに対する言動・行動は「ほんまクズやなぁ〜」という感想です。

女性に対して多かれ少なかれそういう話はあるんだろうなと思ってました。

事が起こった2016年12月以前から知り合いだったから親しくはあったんだろうけど、既婚者が仕事を口実に女性の家に上がり込むなんて実にけしからん

それはあかん箕輪さん。幻冬舎に出入りする社外の方はもちろん箕輪編集メンバーからの信頼も落ちちゃいますよ。

箕輪さんは以前から編集者としていろんな著者に会ってきた。犯罪に近いことを行っていた者もいた。でも俺はそんなとんがった個性を持った人間が好きだ」と言っていました。

これを聞いて僕はそんな人もいるんだ程度にしか捉えていませんでしたが、今回の件を鑑みる箕輪さん自身もこの"とんがったやつ"に含まれているんですよね。

箕輪さんがプロデュースする箕輪狂介も「社会が産んだエラー」と歌っていますし。「ただの自己弁護やん」と言ってしまったらそれまでだけど。

箕輪さんはここ数年の間に編集長を務めるNewsPicks Bookが100万部を突破したり、テレビ番組コメンテーターとして出演したりと一気にメジャー感が出てきました。

しかし今回の一件でわかった通りメジャー感はただの一面であり箕輪さんの別の一面には聖人君子からはほど遠いクズい面があるのだということ。

みずほさんはメジャー箕輪に興味を持って入会した可能性が高いのかなと思います。2年間所属している僕からすると出るべくして出たスキャンダルです。

あとはそもそも論として2点。

箕輪さんとA子さんの話であって箕輪編集室は直接関係ない

原稿料の未払いは幻冬舎問題

おそらくこの辺を踏まえてみずほさんは書いてらっしゃって、めちゃくちゃ頭いいんだなと思いました。

もし頭に血が上った勢いのまま書いていたらこういうところで論理破綻して自爆ちゃうはず。

きちんと論理立てられてるのすごいです。

箕輪編集室に向けられた言葉

みずほさんはそれぞれの立場箕輪さん本人、箕輪編集室、箕輪さんが嫌いな人、フェミニスト)の人に向けて文章を書いていて各方面に気を配っているように見えますが、箕輪編集室に向けた言葉については配慮不足が否めません。

みずほさんの文章引用して見ていきますね。

まず一つ目。

箕輪編集室の中でも特に、みの校生は一番弱い立場にあります。どうか意欲ある学生を守っていただけませんでしょうか。

学生が一番弱い立場とおっしゃっていますが、そもそもオンラインサロンに入会するメンバーは同じ月額を支払っているし(みの校所属メンバーは違うけれど)、上下関係もなく基本的にみな対等です。

学生でもしっかりしている人もいれば社会人でも未熟な人もいます

箕輪編集室で活動していると極端な未熟さを感じる人はいないですけどね。

みんな成熟してて年下の方でも僕より成熟してるなと感じることが多々あります

オンラインサロンほど、中にいる人たちがフラット関係を築ける場はないと思っています

強者弱者関係を持ち込むのが一番むずかしい場とすら思いますね。オンラインサロン家族学校会社と比べると損得勘定希薄からでしょう。

これこそがサードプレイスと呼ばれる所以です。

次に二つ目

箕輪編集室の)イベント中に「女子フェミニストかいないよね?」という発言がよくあります

これってどこのイベントなのでしょう? みの校のイベントですかね?

フェミニストという言葉ネットのごく一部の界隈でしかいたことがないので一体どこのイベントなのかと純粋に興味がありました。

僕が参加するイベントでは一度も聞いたことがありません。

フェミニストという言葉のものが分断を呼んでしまうと思ってるのでなるべく使わない方がいいでしょう。

ジェンダー問題に携わっているとよく出てくる言葉なんですかね。

最後三つ目。

男性厳禁のイベント女性限定のチームがピンクピンクしているのをみると、ジェンダー感覚遅れているなと残念に思います。正直、もっと先進的なオンラインサロンかと期待していました。

これはおそらく女性限定チーム(リリープリマチーム)とゴリプリ(リリープリマに対抗してできた男性だけの集まり。チームでさえない)の派生イベントだと思います

箕輪編集室という最先端場所には、実はスーパーウーマン女性たちがとても多いのです。まだまだ社会全体から見たら圧倒的少数派です。しかし、だからこそ箕輪編集室の女性は、それだけで充分ブランドになり得ると感じました。」

自分環境コミュニティを選べなかったり、そもそも選び方を知らない女性も多い中、みの編を選んで入ってきている時点でとても感度が高い女性であるということは間違いありません。

からこそ、私はみの編の女性たちに強い可能性を感じるのです。」

こちらの日刊を読んでもらえばわかるとおり、「ピンクピンクしている」とおっしゃるリリープリマチームの発足は「女性が輝けるチームにしたい」という初代リーダー吉乃菜穂さんの熱い気持ちきっかけです。

(吉乃さんは自身オンラインサロン立ち上げまでされています

リリープリマチームこそみずほさんが求めるチームではないですか? 見た目や雰囲気だけでジェンダー感覚判断するのは節操ですよ。

一生懸命女性応援している吉乃さんや関係者に失礼だと思いませんか。

箕輪編集室との付き合い方

個人としては今回の騒動を受けても箕輪編集室をやめる気はありません。

ライターチームで活動している中でメンバーには仲良くしてもらっていますし、冒頭でも書いたようなやりがいある大型プロジェクトは今後も増えるでしょうしね。

最近ではエンジニアチームの公式サイトリニューアルプロジェクトにも参加しているのでまだまだ楽しんでいきます

みずほさんは箕輪さんのセクハラ騒動を受けて箕輪編集室内でのそういった行為改善するよう求めらっしゃっています

これについては僕も大賛成です。もちろんハラスメントにも種類がありますよね。セクシャルハラスメントだけを防げばいいというわけではないです。

メンバー間でのハラスメント現行犯でないと見つけにくいところはあります

しかコロナ禍によってオフラインでの会合はなかなか開けないでしょうからオンラインで気をつけていきます

僕もサロン内での活動において無意識ハラスメントをやってしまっていることがあるかもしれないと注意しつつ、もしそういった行為を行うメンバーを見つけた際には指摘していきます

最後

みずほさんの発信を見ると関係者に気を使った発言もありましたが、男性女性強者弱者という二元論にハマってしまっている気がします。フェミニストもそういう言葉でしょう。

二元論は分類する時には便利ですが、あらゆる物事はきれいに分けられるものではありません。二つのモノの間には判別できないほど広大なグレーゾーンがあるのです。

みずほさんは大学ジェンダー問題性犯罪問題について取り組んでらっしゃっていてすごく立派だと思います

まして性暴力を振るった人間が作ったコミュニティお金を払って所属するなんて論理的にも感情的にも我慢できないのは本当に良くわかります

ただ、みずほさんにはリリープリマチームの活動もっと知って欲しかったですし、ここ1週間で箕輪編集室のFacebookページに投稿された箕輪さんのメッセージを読んでもらいたかったです。

つい先ほど箕輪編集室の本体スレ箕輪さんからの釈明の投稿もありましたよ。もし読んでいればもう少し違った結果になっていたのではないかなと思います

これからのご活躍を期待しています

https://note.com/enjoy_goodjob/n/n2799bc646ad2

https://note.com/enjoy_goodjob

2020-05-25

anond:20200521152746

ツイフェミってったってツイッター内で完結、もしくはインスタとかにコミックエッセイの形とかでアウトプットするだけで別に社会学論文引用するでもなければ、デモに参加するでもなしに。運動というよりか、芸能人不倫報道を叩いて炎上させてることとの違いがわからない気がしていた。

あとセクシャルハラスメントフェミニズムが混在していることも学生の頃から疑問だった。

2020-03-18

高輪ゲートウェイAI話。

ある人が「女性AIスリーサイズを聞かれた時の返答例をわざわざ用意しているのはセクシャルハラスメントの態度だ」と指摘したことに対して、

別の人が「だったら男性AIにも同じように返答例を用意すれば男女平等だな」と返していた。

お前馬鹿か。なんでわざわざハラスメントを残すんだ。

男女平等を目指すのは「男女の性差で生じる様々な不具合を解消してゆこう」という視点だ。

現実にも差別が溢れているから、フィクション世界にも差別を残そう」と考えるからいつまでもこの世界から差別が消えないんだぞ。

2020-03-03

anond:20180828223619

大学には調査権も調査力もない。セクハラ加害の教員退職したのなら自浄力は最低限あるかもしれないが、加害当事者のみならず、その間対応した関係者の「対応が悪かった」ことを追及するのは正直難しいだろう。「言ってない」と白を切られたら、一体どうやって「言った」ことを立証するのか。

たとえば、一定地位立場があり、虚偽の発言をすればその立場を失う危険性のある人間が、複数で直接見聞きしたことについて証言を行うなら、あるいは裁判でもってその真偽を争うことは可能かもしれないが、学生はそれに相当しない。たとえば、助教准教授が虚偽の証言をし、あとでそれが発覚した場合大学は彼らを首にすることができる。しかし、学生に対して「嘘を吐いた」レベルのことで退学を言い渡すことは難しい。社会人学生立場は、かように異なるのである

まり、件の教授発言が実際にあったのだとすれば、それはそういう「責任ある大人」がいないから、平気でやらかしたのだと推測できる。その点は、学生側にも落ち度があった。つまり大学相談に行く際に、まず弁護士なりに依頼し、同席してもらった上で相談するなどの手続きをするべきだった。落ち度というと大げさだが、もし、徹底的に詰めるつもりがあるなら、少なくとも一度目の対応を受けた二度目の段階では「大人」を介在させるべきだった。

また、そのような発言行為が(もしあったのだとすれば)セクシャルハラスメントに相当しないとは言わないが、(仮にあったとしてもそれは)あくま二次三次被害であり、同大教授陣にセクシャルハラスメント容認する雰囲気があるとしても、この件をもって、その根を絶ち体質を全面的にただすことができるだろうか、というと、それは難しい。証明のしようのない件をもって、教訓にしたり、実効性のある対策を行わせたりするのは難しいからだ。結局、これは、うやむやにされるしかない話なのだ

からと言って、もちろん、このように声を上げること自体意味が無いとは言わない。大学も、それが苦しい説明であることは承知しているだろうし、その状況に追い込んでいることには、今後への牽制という点で十分な意味がある。しかし結果としてたとえば当該の教員謝罪等が無かったとしても、どこかで運動自体は落としどころをつけるべきだと思う。そういう「明らかな正義の実現」をゴールにしてしまうと、残念ながら勝ち目のない戦いになる。それより、何が起きて、何を目指して、どう運動し、何を実現したか反省点はどこか、をしっかり記録に残して共有することが、社会的には価値あるゴールではないかと思う。

2019-12-17

セクハラって本当に嫌がらせ

セクハラセクシャルハラスメント、つまり性的嫌がらせ

しかし本当にそうか?本当に嫌がらせか?

相手への劣情が抑えきれず行動に出てしまうことではないのか。

しろ自分の行動に乗ってきてあわよくばセックスまでできればいいとすら思ってるのではないか

嫌がらせの逆。すなわち好きがらせではないか

2019-11-21

なぜ青識亜論は #これフェミアジテーションしたのか 補足

anond:20191121224532

補足

1. 論点①~③とは何か?

議事録と突き合わせると番号が合っておらず混乱するが、以下の②~④が論点①~③に相当するようだ。

自己紹介17:00~17:05)

②靴と#MeToo、そして#KuTooへ(17:05~17:50)

表現差別ハラスメント17:50~18:35)

④これからの「フェミニズム」(18:45~19:20

⑤まとめ(19:20~19:30)



2. 「それ、正解」発言はいつされたか

これは議事録にある「表現差別ハラスメント」「反論:青識」パートの以下の箇所のことのようだ。

石川さん:お互いの気持ち考慮されないと

→青識さん:正解。落としどころを探すようになるのだと思う。フェミニズム友達たくさんよんでオタク議論すればいい。

石川さん:でも前提を考えてほしい。女性被害を受けてきたのを知ってて宇崎ちゃんを使うか?わざわざ胸を強調した人を使うか?



3. 「まずはここに来た石川さん拍手を」を発言はいつされたか

これは議事録にない。


上記の実況ツイートとその前後を参考にすると「表現差別ハラスメント」「後攻:石川パートの以下の付近のようだ。

・モノ化とは?

→よくわかる「感覚であるが、言語化が難しい。

気持ちあるかないか

→「お気持ち」と揶揄するのがモノ化、人間なのでお気持ちがあって当たり前なのに

→(宇崎ちゃんポスターについて)公共の場広告として扱われることは女性という現状での被差別属性への配慮不足ではないのか?


4. 飲み会石川優実死ぬほど怒られたのか?

以下の件、関係者ほとんど明かさないので現状では根拠の怪しい噂レベルになってしまっている。


本件に関しては、以下の質問ツイートに対して、運営スタッフ託也@映画さんが「②について、どちらかというと怒られていたのは僕です」のように返信していたように記憶している。貴重な証言であったが現在は鍵アカになってしま自分確認できない。

2019-11-20

【要約】これからフェミニズムについて考える白熱討論会-②

その①

https://anond.hatelabo.jp/20191120183622

その②

https://anond.hatelabo.jp/20191120185300

その③

https://anond.hatelabo.jp/20191120185607


表現行為セクシャルハラスメント ~表現差別ハラスメント

【青識亜論・弁論】

●成人誌のコンビニから撤去について

 ・フェミニストが「これは活動の成果だ」と喜んでいる

 ・続いて、「グラビアが表紙の雑誌撤去すべきだ」と言っている

  →これはまさに表現規制であり、終わりがない。一歩も譲るべきではない

●これまでフェミニスト炎上させてきたもの

 ・太田弁護士フェミニスト)のツイートを紹介

 ・メイドロボット

  #人工知能学会誌の表紙に女性メイドロボット

  #家事をするのは女性、というジェンダーロールの押し付けであるとされ炎上

 ・碧志摩メグ

  #体形を強調し乳首が浮き出ている、上気し男性に媚びた表情であり不適切とされ炎上

 ・のうりん

  #企画内容と無関係な胸の露出煽情的な顔つきが不適切とされ炎上

 ・響け!ユーフォニアム

  #女子高生が持つ管楽器男性器のメタファーであるとされ炎上

 ・キズナアイ ノーベル賞解説サイト

  #男性教授役に対して生徒役の女性、という配役設定がマンスプレイニングであるとされ炎上

 ・宇崎ちゃん 献血ポスター

  #女性身体を明らかに強調した絵を、無関係献血ポスター使用公共の場に掲出することは環境セクハラであるとされ炎上

サーファー男性動画について

 ・太田弁護士女性ジェンダーロールについて批判をする一方、「容貌に劣る男性マッチョにあこがれてサーフィンを始める」動画については絶賛している。これはまさにルッキズムであり筋が通らない

青少年に悪影響がある表現物は規制せよ、という言説について

 ・「強力効果論(暴力的メディアや、性的メディアが、受け手暴力的にしたり性的にしたりするという説)」は研究により否定されている

フェミニストが「女性のモノ化」を否定していることについて

 ・モノ化とは→単なる道具として扱うこと

 ・容姿評価されることは悪か?異性のパーツを好きになることは悪か?

 ・自分欲望自分で選べる社会であるべき

石川優実・弁論】

・青識の例出は萌え絵エロに寄っていたと思う

・また、自分石川)ではない人のツイート炎上を紹介していたが、自身発言でないものを指摘されても答えようがなく、別の事例について話したい

表現について

 ・エロがいけない、萌えがいけないと言っているのではなく、「女性らしさ」「男性らしさ」ジェンダーロールを固定化した表現問題と考える

 ・必ずしも規制必要なのではなく、配慮をするべきと考える

ブラックフェイスについて

 ・黒人表現として黒塗りをすることは、事実アフリカ系の人種が色黒だとしても、社会的に認められていない

 ・障害の「害」をひらがなに置き換える処置も、規制ではない

  →規制ではなく、当事者気持ちを慮った自主的配慮として行われている

 ・TSUNAMI自主規制も同様。あくま被害者への配慮として行われており、表現規制するものではない

グラビア萌え絵に関して

 ・女としての魅力を社会強制されている表現問題としている

 ・乳袋と言われる、胸を異様に強調した服

  →実際には存在しない服であり、女性性的魅力を強調しすぎている

 ・「女性身体を持っている」ことを理由被害を受けた人への配慮が不足している

 ・エロからダメ、ではなく、女性性の強要存在する以上、配慮必要

 ・「ちょうどいいブス」

  →表現者本人は女性だが、他者にこうすべきと役割押し付けるのでダメ

女性のモノ化とは?

 →人の気持ちを考えず、機能だけの存在として扱うこと

●「お気持ち」について

  お気持ち、というだけで揶揄されることはおかし

  お気持ちがあることは人間である以上当然であり、ないがしろにされてはならないもの

【青識亜論・反論

・宇崎ちゃんのどこがモノ化?

石川さんがやっていたグラビアも女体のモノ化と言えないか

石川優実反論

女性被害があるなら配慮することが当然

・胸があることに対して受けた被害があるのに、それを他人表現することがおかし

グラビアについては本人の意思だったりそうでなかったりするので難しいが、意思主体性があればOKと考える

【青識亜論】

キズナアイイラストレーター女性声優女性。では誰に許可を取れば使ってよいのか

石川優美

女性性の主体があるところ、すなわち全ての女性配慮するべき

質問者石川氏へ)】

イラストに関しては女性主体がいないので認められる余地がないと言っているように聞こえる

 では女性が1人でも嫌だと声を上げたらもうダメになってしま

 つまり萌え絵、女体を表現に使うことが理論不可能ということではないか

石川優実・回答】

表現はしてもいいが、誰でも見えるところに出すのは問題

被害者に見えないところで表現する分には構わない

【青識亜論】

・宇崎ちゃんには主体性があるのでは?

石川優実

・描いている人に…(回答失念しました)

質問者(→石川氏)】

石川氏の規制理論で言うなら、

 事故に遭った人が傷つくから気持ち配慮すべきであり、車のCM規制するべきとなるが、

 そのようにお考えか?

石川優実・回答】

クルマ広告クルマのものを売るためのものであり、献血無関係女性性を強調している本件とは異なる

ポスターを貼らないぐらいの事がそれほど難しいか

質問者(→石川氏)】

・胸が大きいことがセクハラとしている人もいるが、逆に誇りに思っている人もいる、その女性をひとくくりに代表して「これは差別である」とすることは、個人の「お気持ち」の押し付けではないか

性的価値女性の裸は価値があり、男性の裸は価値が低い)は商品になるが、それをすべて否定するか?

・よしもとの「不細工芸人コンテスト」は批判を受けていったん中止になったが、男性限定して復活した。これをどう思うか?

石川優実・回答】

全女性を代表するつもりはない

被害を受けたことに言及活動することと、お気持ち押し付けることは別の話である

黒人差別と同様、被害にあっていない人がいるか規制すべきではない、とはいえない

 黒人も、黒人であることを喜び、誇りを持っている人もいる。だからといって別の人に存在する黒人差別を許容するべきではない

質問者(→石川氏)】

女性性によってプラスマイナスもあるはず、性差があることは明らか。事実石川さんも女性からグラビア仕事ができた。

 その利益享受しておきながら、不利益は許容できない、というのでは筋が通らないのではないか

石川優実・回答】

プラスがあるからマイナスには目をつぶれという理論には賛同できない

 被害・加害があるなら是正されるべきであり、声を上げるべきである

続く

2019-11-05

好き。

巨乳差別してはいけない。

2019-10-18

献血ポスター炎上の件でさ

日本赤十字はあのような製作をするべきではなかった」「なぜならこのような問題が含まれたまま表現されているからだ」

ということと

「それが創作されたキャラクターによるものであるなら、セクシャルハラスメントとするべきではない。それは先々で文化的製作活動を阻害することに寄与するとても悪い行いだ」

ということは、アクロバティックでもなんでもなく、ふつうに両立すると思う。

それだけに(その点で)今回の日本赤十字のやったことは罪深かったといえそう。

だいたいオタクコンテンツがあれしかないわけないじゃん。他にいくらでもコンテンツキャラがある中であれを選んで選び抜いて選定する必要なんかあるの?

「何より献血重要さをアピールデモンストレーションする必要があるのだ」というテーマにとらわれすぎて、あきらかにオタクカルチャー全体みたいなものを軽んじてるよね?

…て感じ。

町山氏関係ツイートをいくつか見ての、再燃への感想だけども。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん