「存在自体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 存在自体とは

2020-07-10

twitterBLポリコレ論争が面白すぎる

男性同性愛者の人が

腐女子の皆さん、ポリティカル・コレクトネス尊重してBLでは受け攻め概念廃止してリバを基本にしようとか言われたらどう思います?」

アンケートを取る

       ↓

腐女子の人たちが

「そんなのはポリコレじゃない」

と猛反発

めちゃくちゃ笑った意見の数々を抜粋するね!

男性が作っている男性向け作品女性描写、完全に許された……!

→それ我々男オタクがさんざん言ってきたやつー! 「『女性らしい女性キャラ』を追放する運動になってない?」「別に巨乳キャラがいたっていいだろ……」ってさんざん言ってきたやつー!

→お、おう、そうだな……少年漫画ステレオタイプ女性描写によってジェンダーロールを内面化、みたいな批判にも、勝手ジェンダーロール満載のマンガを読んで固定観念に縛られていただけでは? と返していこうな……

エロゲー萌えアニメライトノベルの内容ちゃんと把握した上で叩いてんのかよ? お前らの脳内イメージを叩いてるだけだろ! ってのも俺らはさんざん言ってきたよな……

当事者告発無効化するやつだ……

あと興味深かったのは、この当事者ゲイの人は、「受け攻め固定の風潮で現実ゲイもそうだと思われることが多いが実際にはそうではなく単なるステレオタイプである。それは偏見なのでポリコレの理路からいえば是正されるべきだということになってしまう」という主張をしているのね。ツリーを読めば誰でも論旨を追えるはずなんだけど。

それに対して、

「受け攻め固定は不平等からよろしくないって言いたいの?」

みたいな、「アンケート主はそんなこと言ってない」タイプ反論をする腐女子がすげーたくさんいるんですよね。

腐女子の人たちが受け攻め(つまりは挿入)に権力構造とかそういうものを見出すの、エラい学者サマの評論とかだけじゃなくてマジでそう思ってやってる人たちが一定数いたんだ……という驚きに包まれている。えっそんなこと考えながら掛け算してたの……すごいな……って「こいつは気が強いように見えて実はヘタレからネコ」程度の解像度百合やってるオタクとしては素直に感心しちゃいましたね。煽りとかじゃなくて本当にすごいと思う。

問題はそれを男性同性愛当事者に向けて言ってることなんだけど。

しか当事者の人は権力構造がどうとか一言も言ってないっていうね。「それは現実とそぐわないステレオタイプである」って言ってるだけ。

当事者不在のBL論壇の図式しか頭にない状態ゲイ当事者の主張にトンチンカン反論するの、ザ・マジョリティしぐさって感じで素晴らしいっすね。

ワイ的には、BL百合も愛好者向けのファンタジーです、で押し通せばいいと思うし(愛好者の中に当事者も含まれることは前提として)、それと同様に男性向け作品でのポリティカルインコレクトな描写とか性的消費とかも別に嵩にかかって糾弾するようなもんじゃなくない? ファンタジーってことでいいじゃん、って思うし、実際にそう言ってる腐女子の人も観測範囲では大勢ますね。

で、そういう立場はほんと同意するんですよ。だってBL百合巨乳もその他多くのステレオタイプ描写も、どれも愛好者の満足を最優先させたファンタジーだとしか言いようがないもの当事者の人には申し訳ないけど(結果的当事者エンパワメントになってる場合もあるっていうのは、実際にエンパワメントされた当事者けが言っていいことであって非当事者オタクが言っていいことではない、と個人的には思う)。

でも、ポリコレは素晴らしいとか日本ガラパゴスでよくないとか男性向けの女性描写ステレオタイプけしからんとか言ってたごく一部の意識高い系腐女子の人たちが、ゲイ当事者に殴られて見苦しい言い訳さらして当事者に食って掛かったりしてるのは悪いけど笑っちゃうでしょ。

はぁ? 今お前らが殴られてるのと同じ理屈男性向け作品も殴られてきたんだが? って言いたくなるよね。

しかもお前ら意識高い系腐女子は率先して殴りに来てたじゃねえか、っていう(一応言っておくと、腐女子全員ではなくごくごく一部のポリコレ意識高い系腐女子の話ね)。

ポリコレ賛成派の腐女子存在自体肉屋を支持する豚のもので前々からどういう精神構造をしていればそんな態度を採れるのか不思議しょうがなかったんだけど、自分が豚だっていう自覚がなかったんやな……

いやもうほんとファンタジーなんだから受けちゃんオークションにかけるのもラッキースケベパンチラ乳揉みしちゃうのもセックスしないと出られない部屋も各位お好きにやっていきましょうという話で、ポリコレ意識したい人が意識するぶんには自由にすればいいけど他人を殴る棒に使うのはやめようってことですよ。『異種族レビュアーズ』や『巨人族花嫁』や『抱かれたい男一位に脅されています。』がアニメ化されて地上波で放映できる表現自由バンザイって話ですよ。書店ラノベの棚やBLの棚が肌色で目立っていてもええやん。そういうのがお好きじゃないオタク向けに肌色じゃないラノベBLもいっぱいある! 多様性

しかし何度見てもシスヘテロ女性セクマイ当事者に「お前はポリコレ勘違いしている」「それはポリコレではない」みたいな言葉を投げつけてる光景すごいな(批判側にもセクマイはいるので、全員がシスヘテロ女性ではない)。マジョリティ様がエラそうにマイノリティに物申すの、男がやるとマンスプレイニングって呼ばれるやつだけど女がやるのは何て言うんだっけ? あ、そっか男女差別という文脈の中で出てきた概念から民族差別とか性指向に基づく差別ときみたいに男がマイノリティで女がマジョリティになりうる局面には適用できないんだね~。普遍性とは、解像度はいったい。

ブコメに応答

エロ絡むならなるべく表に出さないよう店頭エロポスターを貼んな程度なら協力するしBL個人で楽しんで下さいって感じなんだけど、腐フェミ存在自体傲慢というか日光に当たったら死ぬのに飛び出して来るのは謎

その「エロポスター」の基準ガッツリ行為してますレベルエロじゃなくてラブライブや宇崎ちゃんだもんなぁ。キズナアイジェンダーバイアスを強化するのでけしからん的なこと言ってたフェミ腐女子学者先生もいたっけ。同じ基準自分趣味を裁いてみればいいのにね。

そもそも質問としてなぜ入れる・入れないの役割を平均化したらポリコレ的に正しいになるのか…?そこに個人間の自由を廃してしまったらそれこそポリコレ的にアウトでは??

登場人物人種比や男女比はなるべく現実に揃えましょうみたいなのがポリコレなんだから、仮にポリコレを支持するなら「現実と比べてリバの比率が少なすぎる」みたいな指摘も支持されないとおかしいのでは。

まあ、そんなこと言ったら登場人物が男女どちらかに偏ったコンテンツけしからんみたいな話になって、色々死ぬんですけどね! きらら作品とか許される余地皆無すぎるな。登場人物ジェンダーバランスおかしくないですかって言われたら即詰み。

どうでもいいけどオメガバースかいうのは完全にポリコレに反してるよなとは思う 被差別層を作り出してレイプ正当化させてるやべーやつ

ポリコレ最前線では「マジョリティ作家演者マイノリティ主題にした作品を作ったりマイノリティ役を演じたりするのは搾取」ということになってるんだから、その理屈を取り入れたらオメガバース以前にそもそもヘテロ女性が書いてるBLは全部滅びるべきという話になっちゃうよね。許されるのはゲイが書いてるBLくらいじゃね? もちろん男性が書いてる百合もアウトだし、なんならヘテロ女性が書いてる百合もアウトということに……

私は、どの性癖ゾーンの中でご自由に派なので、エロ含むBL一般書籍にあったり股影ポスターみたいなののBL版が出てきたら嫌。子供には現実LGBT教育すべきと思う。大人も男も女もだ。

ポスターは知らんけど、肌色の多いBL本なら普通に一般書籍と同じ棚に並んでますがな>https://togetter.com/li/1266758

本屋の中でも奥まったところにあるでしょ、と言われるかもしれないけど、それを言うなら岩波新書講談社選書メチエだけ買いに来た人が電撃文庫の表紙を目にするような状況も(少なくとも大型書店でなら)ありえないわけで……

からない…おれが左右固定の腐女子であることでお前を傷つけたか…?

その気持ちめっちゃわかるわ。おれが宇崎ちゃんコラボを見て献血してなにかお前を傷つけたか……? というお気持ち

共闘しろよ。敵はそいつらじゃないだろ。

いやほんと、敵は腐女子じゃなくてポリコレ押し付けっすよね。これを間違えてはいけない。BLみたいなのを女性が堂々と楽しめて、男性男性に都合の良いファンタジー謳歌できる、そういう自由解放された世の中が目指されるべきで、その桎梏となりうるポリコレ押し付けにはともに手を取り合って反対していきたい。

ただごくごく稀に腐女子でありつつガチガチポリコレ派みたいな人がいると「???」となっちゃますね……

とらのあな池袋店6Fが腐女子と男ヲタ共存を探る場なのかもしれない…と思いつつ、レジかい正面のBL平積み展開は未だに慣れない…

別に慣れる必要はないんやで。攻撃したり排斥したりしなけりゃいいだけで。

規制も反ポリコレポリコレ一種だし、皆多かれ少なかれ複数指標の間でバランス取ってるわけで、そういう指標もあるのねくらいに流しつつ、取り入れる人の否定もしないのが表現自由であり多様性では。

取り入れる人の否定は誰もしてなくて、取り入れてない(と認定された)人や作品が叩かれる状況を否定してるんだよなぁ……

ぶっちゃけた話、ワイも自分創作するときにはそれなりにポリコレ派っすよ。男らしいとか女らしいとか女子力とか、そういう言葉自分の作ったものには意識して入れてないし、差別的な考え方をあえて否定するようなメッセージ入れた作品を作ったこともある。

そんなワイでもキズナアイバッシングとか宇崎ちゃんバッシングとかラブライブバッシングには激おこぷんぷん丸だったんですよ。あれがポリコレなら俺はポリコレ敵対するわ。

2020-07-06

マイナポイントの予約は中々にハードルが高かった

ChromeダメEdgeダメ... マイナポイント予約、PCは「IE11」のみ対応です」

すべてはこのホッテントリからだった。

 

マイナポイント存在自体知らなかった自分

ちょうど今日有給だったのでこれ吉日とばかりに予約をしてみることにする。

PCでの申請にはICカードリーダー必要だが、先月給付金申請に使ってからとっとと売却してしまった。

改めて買い直すのもバカバカしい。

 

スマホ申請

他の申請方法を調べてみるとスマホ申請もある。

マイナポイントAppのレビューを見るとiPhone場合は7以降でないとパスワードの設定が出来ないらしい。

自分iPhoneは6sなので見事にNG

 

コンビニマルチコピー機

この申請必要ものは以下

マイナンバーカード

暗証番号利用者証明書パスワード

・決済サービスID/セキュリティコード

 

ここからが迷走のはじまりだった。

まず「事前登録必要な決済サービス」の一覧をみてみると確実に使うであろうもの優先順位の高い「Suica」があったのでこれに決定。

ただ事前登録詳細に「JRE POINTへの会員登録必要」とあった。

面倒だが該当の「JR東日本共通ポイント」のサイトで会員登録を済ます

いざ、コンビニへ。

 

コンビニマルチコピーで「決済サービス選択」画面をスクロールするも「Suica」が無い。

おかしいと思いつつゆっくりと探すもPASMOはあるがやはり「Suica」が無い。

諦めて自宅にもどって調べてみると「マイナポイント手続」の一番下に「コンビニマルチコピー機で申込可能な決済サービスこちら」とある

まさかと思いみてみると見事に「Suica」が無い。

仕方あるまいと気持ちを切り替え、PayPayへの予約に変更する。

気が焦っているのかPayPayの申請にはパスワードの代わりにバーコードで読み取るもの勝手に思い込んでいる。

しかし当たり前だが決済サービスIDセキュリティコードを求められる。

よくよくみるとPayPayアプリの中にマイナポイントの項目があり、その中の連携情報IDコード記載されている。

 

無事入力を済まし、利用者証明書パスワードの画面に進むがエラーが出てしまう。

エラーの原因には「証明書の利用期限切れ」とある

そう言えば5月に区の出張所に証明書更新に行ったとき、端末がダウンしているせいで手続きが出来なかったことを思い出す。

更新期限はちょうど一週間前。

慌てて更新必要な「通知書」を持って区の出張所に向かう。

が、入口には「本日業務は終了」の文字

時刻を見ると17時6分。

 

マイナポイントの予約は中々にハードルが高かった。

2020-07-05

相手は何も悪い事をしていなくても嫌いになってしまう事ってあるよなぁ…という話

Twitter自分の嫌いな人や物に対して称賛したり好意を示している人を見ると、僕はついミュートやブロックをしてしま

その人がこちらの好きな人や物を貶したり悪く言ったりした訳でも無い、ただ好きな物を好きだと言っているだけなのに嫌な気分になってしま

好きな物を好きだと言う事くらい誰だって当たり前にするし、こっちだって自分好きな物を好きだと言っただけで悪意を持たれたら嫌だって事くらい痛いほど分かっていても、嫌な気分はどうしようもない

なら自分はそれが嫌いですと正直に言うより、お互いを見ない振りして不干渉を徹底して存在自体認識し合わない事が一番平和だと思う

好き嫌いなんて人に言われたくらいで簡単に変わる物ではないし、意見が合わない相手自分から絡みに行って喧嘩してお互い不快な思いをするよりずっと気持ち良く過ごせるんじゃないだろうか

口で言うのは簡単だけど、実行に移すのは難しいけどね…好き嫌い関係なくただ喧嘩がしたいだけという人も居るし、どうしても嫌になる感想って目に入っちゃうし…その嫌な気分を前向きな原動力昇華出来たらいいな、と思う

2020-07-02

anond:20200701175011

そもそも宇宙塵』の半世紀前の号に載ってた短編やら30年前のマイナー雑誌に載ってた短編やらを発掘して誰でも手に入れられるアンソロにまとめたってだけでめちゃくちゃ偉いんだから、表紙を伴名練の好みに沿ったものにするくらいは当然の権利だろう。嫌ならそれこそ買わなきゃいい。

個人的感想をいえば、シライユウコ絵が「マンガアニメ的絵」だという意識はあまりなかった。林静一から中村祐介に至るイラストレーター系譜(もちろん彼らにくらべたらややまんが的ではある)に連なるような存在として認知していた。

ヒョーロンカの人があれを「萌え絵」と呼んでたけど、は? 萌え絵? どこが? って感じだよなw 節穴アイにもほどがある。これでよく評論家が務まるな。

萌え絵ってのは『紫色のクオリア』や『ロケットガール』や『ふわふわの泉』や『スプライトシュピーゲル』や『涼宮ハルヒの憂鬱』や『ある日、爆弾がおちてきて』や『イリヤの空、UFOの夏』の表紙みたいなやつのことを言うんだよ。

あ、『ふわふわの泉』はファミ通文庫で『ロケットガール』は富士見ファンタジア文庫の方な。ハヤカワ文庫JAじゃなく。『ある日、爆弾がおちてきて』もメディアワークス文庫じゃなくて電撃文庫な。

まあ節穴ヒョーロンカ様の目には『サマータイムトラベラー』あたりも「萌え絵」に見えちゃうのかもしれないけどねw シライユウコ絵が萌え絵に見えるマンマジで表象とか文化史かに口を出す資格ないと思うよ。思想信条じゃなくて能力問題として。

『なめらかな世界と、その敵』あたりが萌え絵オサレ絵の境界線上な感じしない? まあこのへんは人によって判断が分かれるところだろうけどさ。

だが、他人の感じる「恥ずかしさ」を「時代遅れ」と切り捨てることなく、あるいは読者同士で向き合うことで、ある方向へ流れていけるかもしれない。そこから先は、未来の話だ。作家たちの語るべき領域だ。

時代遅れって切り捨てていいと思うよ。

俺、伴名練と同年代だけどさ、中学の頃って『アリソン』の表紙ですらオタクっぽくて敬遠されてたりしたんだぜ。『マリア様がみてる』すら堂々と読むの憚られる雰囲気あったよ。

そこから、あちこち萌え絵があふれて、多くの人がそれを受容する時代になったんだよ。いい年こいた大人が堂々と萌え絵の本を読む社会になったんだよ。マジで意識アップデートを実感するよ。

新しい表現が生まれ自由競争の結果覇権を握ることによって萌え絵駆逐されるなら進歩だけど、最近萌え絵がはびこってけしからん! なんてのはただの反動だろ。

そもそも発端のtweetした人、こんなtweetもしてるんだよね。

「オラ女性SF作家特集ブログ記事書くぞ!!!」どーせ「それはSFじゃない」とかボロクソ言われるんだろうけど知るかボケ~。ゼロスタートなのでオススメ教えてください!特に国内作家

国内女性SF作家ゼロスタートって、こいつ菅浩江新井素子高野史緒上田早夕里も読んでないの? って話だよな。

そばかすフィギュア』も『永遠の森 博物館惑星』も『アイオーン』も『ムジカ・マキーナ』も『華竜の宮』も読んでなかったんすね、っていう。

いや別に読んでないのは何も悪いことじゃないけど、それでSF界のジェンダー問題に物申しちゃう失笑しない? お前完璧門外漢やんけっていう話でしょ。何偉そうに「SFの表紙って女の子ばっか」みたいなこと言ってんの? アホなの? 2019年SF界隈で流行ってた作品のうち『天冥の標』と『三体』と『息吹』の表紙には美少女おらんやんけ。『アステリズム花束を』も『なめらかな世界と、その敵』もオサレ系の絵であってそこまで萌え萌えしてないよな。

SF1,000冊とか言うつもりないけど本屋でハヤカワと創元の棚の前に並ぶだけで吹っ飛ぶ固定観念後生大事に抱え込んだやつなんて最初からお呼びじゃねえんだよ。

最初からSFに興味なんてないんだろ? だったら「SFの表紙はどれも恥ずかしいから手に取れない!」じゃなくて「SFに興味ない」って素直に言えばいいんだよ。別にそれは何も悪くないよ。俺も海外文学とか(SFミステリを除けば)興味ないもん。興味ないくせに「SF小説とかアンソロの表紙って漫画アニメ絵の女の子ばっか」なんて言うからツッコまれるんだよバーカ、って感じ。

アンソロの表紙が美少女ばかりって真顔で言ってるってことは『年刊日本SF傑作選』の存在自体を知らないってことだよな。『傑作選』も知らないやつがSFの表紙は○○ばかりとか言う資格ある?)

アニメ絵が嫌いなSFファンSFに興味がないアニメ絵好きが口を出すならともかく、アニメ絵が嫌いでSFに興味のないやつがSFの表紙のアニメ絵に口挟む権利マジでどこにあるんだ? お前関係ないやろ、と、アニメ絵好きのSFファンとしては思うのです。

2020-06-29

anond:20200628153324

民法721条では胎児でも加害者への請求権が認められてるのに触れないとこ見ると専門外の人なんだろうな。グレーゾーン故に解釈改憲とおなじく運用でカバーしているという単純な話。

元増田論破されてブコメ消したやつがまたデタラメぶっこいてるな。胎児が生まれ場合損害賠償請求権相続権がまだ生まれてなかった頃にまで遡って適用される民事上の話と胎児に対する危害をどう考えるかという刑事上の話をごっちゃにしてんじゃねーよ。

というかそもそもその規定胎児人間でないからこそ、生まれ前後不公平が生じないようにするのが趣旨の条文なのに、どっちが専門外かって話だよな

まり父親交通事故で死んだのが7月1日だったとすると、この条文がないと

6月30日に出生した場合胎児は固有の損害賠償加害者請求できる

7月2日に出生した場合請求できない

これは明らかに不公平から、ということである条文なんだよ。この条文の存在自体胎児人間であることを前提としてるの。

2020-06-28

非実在知人

小学生以来の知人がいる。

親しくなったのは同じ高校に通うようになってからだが、卒業後、進学、就職を経ても交友は続いていた。

その人は就職先が過酷で、精神を病むようになっていった。

それでも懇ろに交友は続いていたが、私の失態により、交友は途絶えた(余談だが、今でも後悔している)。

その人も私もFacebookTwitterといったSNSをやっており、友達関係だったりフォロー関係だったりで、近況はなんとなく窺い知ることができた。

段々と状況が悪化しているなあと思っていたが、急にそれらのアカウントが消えた。

その人のメンタルメンタルなので何かあったのだろうかと思う一方、あまりに綺麗さっぱり消えたので、その人の存在自体が私の想像産物だった説もあるなと思った。

実在非実在かはわからないが、前者ならちゃんと生きていればいいなと詮無きことを願った。

2020-06-27

キャラお気持ち表明リプ君

公式ツイに「新キャラを許さない」とグチグチリプを送る人がいる。

キャラでも遊べると散々言っているのに、新キャラ存在自体が気に食わないようだ。

何が「世界観が壊れる」だ。

何が「旧キャラ努力してきたのに」だ。

お前らの「努力」のせいで、閉じたコミュニティになって、持続不可能になったんだろうが。

そういう奴に限って、一銭も落としてないんだろうな。

2020-06-18

トランスヘイトする人達

トランス女性に対する理解がまずありません。トランス男性やその他のLGTBQ+などについてもそうですがそれらはあまり語りません。

 

古くは単に「オカマ」だったのだと思います。女になりたい男だとか、そんな風に思われていたのでしょう。

から言葉がオネェ言葉だったり、女装している人だったり、あるいはニューハーフだったりするような人達と一括で「オカマ」にカテゴライズされていたのだと思います

が、実はそうではなかったわけです。それらは全部種類が違う。種類というか全く別な存在だったわけです。

このことは、既に二十世紀中盤あたりで既に分かりつつありました。

ガチで、生物学的には男性だけど、その本人自身はどーーーーーーーーーしても自分自身自分自身で「私は女性である」としか思えない人がいるとわかってきたのです。

最初精神病気だと言われていましたが、治せないことは分かっていました。

ですから治療は主に、ホルモン療法であるとか、性転換手術であるとか、その心・思いの方へ一致させる方向で行われました。

原因もさっぱりわかりません。それで病気なのではなく心と体の性別が一致しない障害なんだと、次に言われるようになりました。

それが性同一性障害です。

病気であると言われていた時代との違いは、「女になりたがるという病気」なのではなくて「自身を女だと誤解する障害」だと認識が変わったということ意味します。

この時点ではまだ、この人は「ほんとは男の人」だという認識は変わっていません。

日本政府もまだそんな認識でいます

性同一性障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

ところが、1990年代くらいから、海外では自発的に、治らないんだったら治らないそのままでいいじゃないか、という動きが出てきます

それがトランスジェンダーという概念でした。

新しい性別という意味ではなく、性別越境する人間なんだと認識しよう、というちょっと意味のつかみにくい用語です。

要は、もうありのまま自分として、マジョリティ性別・性志向人達と同じように、自由自分が思う通りに生きようじゃないか、という考え方です。

何故そんな事を言い始めたかと言うと、マイノリティとして苦しんできたからです。

 

保毛尾田保毛男事件記憶している人は多いと思いますが、あれがなんであんなに批判されたのか、きちんと理解している人は意外に少ない印象です。

私自身は状況を知っていたので、正直絶句しました。もうそんな時代ではないのに・・・と。

オカマ」と呼ばれていた時代、その存在自体が奇異に見られていたのです。

その時代、その「オカマ」の周りの人は、本人自身が苦しんでるだなんて全く知らなかったのです。

本人自身だって世間がそう見るのだから、本人も自信をそんな存在なんだ、私は奇異に見られる存在なのだと、思い込まされていたのです。

ならばと、その特徴を生かしてテレビに出たり、オカマバーで働いたりしていたわけです。

自身の特徴を活かせば生きていける、と。

 

これってね、「差別」なんですよ。

だって、多くのマイノリティ人達マジョリティと同じようには働けないんです。特徴を活かせた人なんて一部の人だけです。

普通会社普通に働くなんて、とてもじゃないけど、奇異に見られてばっかりで出来るわけありません。

出来たとしても、トランス女性ならば自分をとにかく女性に見られないよう男として無理やり振る舞って気づかれないよう苦しんで仕事していかなきゃ出来ないわけです。

もし周囲に知られたら、と常に不安に苛まれ状態です。

そこまで考えた人は果たしてどれくらいいるでしょうか?

私達は意識しないままに、無自覚差別してしまうんですよ。

からね、差別するななんて言っても、差別してることに自覚的な人なんて実はあんまりいないんですよ。

たかだか、差別的なことを言わない、しない、くらいにしか分かってないんですよ。

要は、ずっと性的マイノリティな人は「差別」されてきたんです。

今でも例えば、カミングアウトなんて言ったりして、マイノリティな人が自分の性指向や自認を明かすのは勇気がいる時代が続いているのです。

しかカミングアウトに失敗して自殺までする人だっているんです。

 

保毛尾田保毛男を「笑う」というのはそういうことなのです。

何故はまちゃん黒人のように肌を黒く塗ったら批判されたのか。

それはそうやって「笑い」にするからです。黒人にしてみれば自分たちは笑われる存在なのかと、そりゃ怒るに決まってます

 

話を戻します。

トランス人達は今では「自認」とか言ったりしますけど、自認こそが性別である認識が変わっています

最早、生物学性別は単なるその人の体の特徴に過ぎません。

トランス女性ならば、男性体を持つ「女性」なのです。

ところが、時代についていけない人達がまだまだたくさんいます

生物学性別こそ本当の性別だろうと言って聞かない人達です。

 

からトランス女性ヘイトする人達はこういうのです。

「お前らほんとは男だろ? 何故こっちに入ってくるんだ? あっちへ行け」と。

言い方表現は色々ありますが、結局これなんです。

これは差別やと言っても全く聞く耳持ちません。

これを支持する人達の中心はいわゆるフェミニストの一部なんですけど、トランス差別するフェミニストという意味で「ターフ」と言います

このターフがあまりに酷い。

他人から怖がられるって、どれほど嫌なことか分かりますか?

加害など加えるつもりもない人が、怖がられるんです。ウィルス持ってるのと同じに見られるんですよ? ペニスが付いているというたったそれだけの理由で。

酷い場合には、性別適合手術を受けた男性ですらも忌避されるのです。

 

こうした状況ですから、当然トランス女性側も黙ってはいません。というより多くのトランス女性はターフに怒っているわけです。

別に普通にしてるだけなのに、何が恐いんだ?と。

怖がってるのは知ってるから別に日本ならば銭湯には入らないし、他の場所でも着替えだって時間を変えたり、こっそりやりますから、つってんのに、恐いと言って聞く耳持たないもんだから、とうとう怒って「だったら、ペニスを堂々と見せびらかして銭湯入ったろか! 何なら勃起までさせてやんぞ!」と反撃に転ずるわけです。

「何度言えば分かるんだ! トランス女性女性だっつってんだろ!」と。

 

するとターフの女性たちはこう返します。

あなた達とは違う。私達は子供を埋めるんだから。せめて性転換手術をしてよ」と。

これにさらトランス女性側は激怒します。

「だったらお前らが私達と同じになれ! いくらかると思ってんだ! リスクを知らないのか! お前らの子宮を引きずり出して子供を産めない体になれ!」と。

 

こうした対立の原因を作っている一つの大きな理由時代の流れなんですけど、ターフとトランス女性どちらが悪いと思いますか?

 

トランス女性はもうそのままで女性だとみんなが認識しなきゃならない時代です。

でも現実にはまだ追いついていません。

ターフだけではなく、まだまだ他の心ない男性などから嘲笑蔑視対象になっていますし、社会的理解がまだまだ未成熟なままです。

制度的にも戸籍変更要件が厳しすぎるとか、男性と見られるためのパス度という尺度を測られてしまうとか、性別「違和」なんて言われてしまうとか、日本社会全体の意識が低く、杉田水脈のような馬鹿なことを言う人までまだまだいっぱいいる世の中であり、進んでる海外だってまだ差別やってる人もいます

でもほんとによく考えて欲しい。

マジョリティの人と同様に、トランス人達性別を自ら選んだわけではないのです。

おんなじ人間なんですよ。

なのに、特にトランス女性は同じ女性であるはずのフェミニストの一部から蔑視されるのです。

トランス女性だって性的被害に会うんです。

それらの一部のフェミニストが常に言ってる、トランス女性だって全く同じ性的被害暴行被害対象者なのに。

 

もう一度言いますけど、

ターフとトランス女性どちらが悪いと思いますか?

明らかすぎると思うんですけど。

2020-06-15

anond:20200615171721

いや属性が原因というのは間違いなくあるでしょ

人種性的指向に全く限らず、周りと見かけや主義趣味が違うだけで排斥しようとするのが人の性ってやつなんだから

それこそおそらくカリフォルニアトランプ支持者が立場ないのと一緒

特定地雷属性(この表現個人的には地雷で足なくした人の話を聞いたことがあるので、カジュアルに使われてるのはどうかと思うんだが)を踏んじゃった時だけ、それが差別と呼ばれるというだけのこと

からあの手の反差別っていじめ存在自体別に否定してなくて、単に特定属性だけいじめはいけない例外に置こうとしてるだけのように思えるんだよね

2020-06-10

人への差別作品への差別差別への差別

過去作品に対し、現在物差し適用して、その表現否定する行動もまた1つの差別なのではないでしょうか。

まず、こちらの記事に目を通していただきたいと思います

NHKニュース

風と共に去りぬ配信停止 黒人男性死亡 抗議デモ受け対応

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200610/k10012465991000.html

『「HBO Max」は作品配信を再開する場合歴史的考察差別的な描写への非難を合わせて掲載したうえで、オリジナルのまま伝えるとしていて「何か手を加えれば偏見存在自体否定してしまうことになる」とコメントしています。』(上記記事内より)

私はこの姿勢がとても重要であると思います

あったことはあったこと。

その中に「してはならなかった」と思うことがあるなら、反省し、今へ活かす。

この反省の段階をきちんと見る人に伝え、視聴者判断を任せる今回の事例が、良い例としてこれからも引き継がれていくことを祈ります

私は、歴史とは 今に生きる人では変えることの出来ない過去事実の集積であり、今の私達に出来るのは認識を改めることだと思います

「あった」という事実にばかり目をやって、今を変えるのではなく、なかったことにして満足するとするならば、それは新たな形の差別なのではないでしょうか。

差別的だ」という特徴を持つから差別していると言えませんか。

デモや抗議を見ていて思うのは、差別に対して誰かと同じことを言っているか差別していないなんてことはないということです。誰かと同じこと が重なった結果かつての大きな人種差別になったのではないのでしょうか。

差別を無くす」とは、差別があったという事実を無くすことではなく、差別したことを認め、これからはしないということだと思います

他人に対してアンテナばかりを立てて、自分自身の行動を疎かにしたときこそ、差別が生まれときだと思います

自分が何を言っているか自分自分に問いかけて、常に確かめ続けた方がいいと思います

長文失礼いたしました。

(以下は主題から逸れたちょっとしたもの)

Twitter積極的アンテナを立てなくとも、トレンド等の機能勝手アンテナを立ててくれます

これはTwitterに始まったことではなく、かつては多くの人のアンテナ新聞テレビであり、あくまで今の主流がTwitterであるというだけ。

Twitter自分で立てているのではなく、自分で立てている気にさせてもらえているだけなのではないでしょうか。

Twitter世界中と繋がることができるサービスですが、かと言って1人のユーザー世界のすべてを見ている訳ではないし、そんなこと現実的不可能。だからこそ、タイムラインに表示する人を選んだり、トレンドを覗いたりする。

テレビ新聞へ偏っていると発言するとき自分の見ているTwitterが偏っていないと言えるのか。

多くの情報をすぐに手に入り、多くの人の声を聞ける時代になったからこそ、自分自身を確かに持っていないと流されかねないと思います

2020-06-09

anond:20200609071250

冷静に説明してくれているが、少しポイントがズレていると思う。そして、そのズレはなかなか問題だ。議論の根幹に関わるので、少し丁寧に説明する。

内心の自由があるよ」という趣旨擁護論は、おおむね「●●なんて取り締まれ!」「そんなこと考えること自体犯罪」という無茶な主張に対して、「内心の自由保障されている(だから取り締まりは無理だし、考えること自体犯罪ではない)」という意味で述べられるのであって、「内心の自由保障されている(だから俺の妄想を常に全開にしてオッケー)」という意味ではない。仮に後者意味で述べている人がいるとすれば、それは確かにダメな人なので諄々と諭す必要があるし、あるいは盛大に自爆するのを待って(法に触れる書籍なりを出版するのを待って)粛々と取り締まればよいが、あなた文章表題の「内心の自由はない」という言い方は前者を含めた否定論に聞こえてしまう。あなた説明するとおり、実際に法で取り締まるというのは無理筋なのであるから過激批判から見ればあなたもまた「内心の自由はあるよ」論者に見えているはずだ。そして、実際にそうだ。過激批判からすれば、あなた憲法19条による内心の自由保障されると述べているわけで、彼ら彼女からすればこれは「児童性愛擁護する」ものに見えるだろう。(あなたはただ憲法19条趣旨説明しているだけであるにも関わらず、だ。)そういう状況を踏まえた上で、

児童性愛擁護する言葉を声高に発する人たちは、控えめに言って、人でなしだと思う。ネット規制を強く主張しているような人たちへの想像力と、家庭内での性的虐待に関しての知識が足らない。

という言い方は、これはやはり言い過ぎだと思う。あなた発言対象が広すぎるのだ。性的虐待サバイバーへの配慮を求める気持ちは深く理解できるが、それは、普通に認められる人権を不当に制限する行動に加担する理由にはならない。

それから

同性愛社会的認知されつつあるが、児童性愛犯罪でなくなることは、人権という概念存在する限り、ありえない。古くからタブーである同性婚人権意識の発達とともに社会的に受け入れられてきたのに対し、児童婚はその逆だ。前近代問題視されていなかったものの、近代化が進んだ結果禁止されてきた。人権意識の発達にともない、未成年者の判断能力の欠如が問題となったため、未成年者の婚姻権利恋愛権利契約権利などが制限されることになったからだ。

この部分も、歴史的文化的に見れば、必ずしも正しい説明ではない。「人権意識」によって「未成年者の判断能力の欠如が問題となった」というのは、論理的に言っておかしいし、それにそんなことを言ったら、児童権利条約など成り立たなくなってしまう。正しくは、「人権意識」の発達によって、肉体的、精神的、あるいは性的搾取される社会構造に対する批判が高まった結果、特に犠牲になりやす立場人間が立ち現れてきた、ということに過ぎない。そこに線を引いたのは人権意識であるが、あらかじめそこに差があることを前提とする物の言い方は適切ではない。聡明あなたなら、この違いは理解できるだろう。この二つの見方の違いは、次のような帰結につながる。

(前者・誤)「児童が劣っているから、保護管理してあげることにした(ゆえに)児童活動等の権利制限されるのが当然だ」

後者・正)「児童犠牲になっているから、様々な活動制限をかけることにした(ゆえに)大人とされる人の一部の行動には規制がかかって当然」

私は後者立場に立つ。児童権利条約等が立っているのもその位置であり、前者でないことは明らかだろう。私はあなたの「児童の~恋愛権利~などが制限される」という言い方に深い危機感もつ制限されるのは「大人の行動」の方であり、「児童権利」ではない。そこにこだわるのは、「児童権利制限できる」というあなたの物の言い方に、上に書いた〈憲法無視した規制論を述べる人〉と同様の危うさを感じるからだ。

実在児童への性的虐待はもちろん問題だ。それは厳しく罰されるべき行動である。当然のことだ。

だがしかし、そこで規制されるのは「大人不法行為である。「大人の内心」ではないし、「児童権利」でもない。少し厳しい言い方をすれば、「児童」は一部の方の管理保護する「お人形」ではなく、一個の人間である。「児童のため」「子ども安全のため」を掲げて、児童権利制限大人の内心を規制しようと主張する人々は、「児童」を自分に都合のいい人形として、手元に抱え込んで扱うことができると考えているように見える。「自分児童代弁者で有り保護者であり管理者であり、児童を守る自分言葉は全て正しく自分に反対する人間児童虐待なのだ」と。そういう考え方は、思想信条制限をかけたい(まさに、大衆自分人形のように扱い、管理保護監督したい)人々に、非常に利用されやすい考えであり、それは大変危険なことだと私は憂慮する。

そもそも私は、「大人児童搾取する」行動は、もっと厳しく取り締まられるべきだと考えている。「子どものため」との言い訳の下で行われる搾取は、時には関わる大人児童両者ともそれを虐待意識しないケースも多い(たとえばステージママ学校にもロクに行かされないアイドル志望少女のように)。だが、それは明らかに搾取であり虐待だ。法に定める義務保護者に課せられる、教育を「受けさせる」義務)に反した(大人の)行動であり、それは厳しく取り締まられなくてはいけない。

からこそ、実在児童に対して行われているそれらのリアルな「虐待」を放置しておいて、心の中で妄想しているだけの人のその妄想自体問題視し、存在自体が病であり罪であるかのようにあげつらう物言いには違和感しかない。みんなが手の内の「児童人形」の話をしている。そんな状況で、「実在被虐児童」を救うことができるのか? それでもあなたは「家の中で妄想する人の妄想」を取り締まることが、「実在被虐児童」を救うと主張するだろうか。

2020-06-08

嘘ばかりついてしま


いつもくだらない嘘ばかりついている。

そのことに気づいたのもつ最近の話だ。

その嘘たちはあまりにもくだらなすぎて、ついている自分でさえ気づけないようなものばかりである

その嘘たちについてはすぐ後で特筆するつもりだ。

思えば私は母親に「さっき嘘ついたでしょ」や「もう隠し事はしないで」という理由で叱られることが多い子供だった。

そういう時の母親の顔を思い出したので、電車の中でポツポツとこのはてなブログを書いている。ブログはおろか、文章を書くこと自体相当久々なのでどうかお手柔らかにお願いしたい。


一つ例を出す。

私が道を歩いていた時の話だ。私の目の前でサラリーマンが足元の石につまずいた。そのサラリーマンは体勢を崩しただけだったようで、転ぶこともなくそのまま何事も無かったかのように歩き出した。

話の肴にもならないような記憶である

私はその時の事を、ふと同僚と話をしている時に思い出す。そして私はこう語る。

「この前道で歩いてた時、石につまずいて転んじゃったんだよね」

もっぱら嘘だ。嘘っぱちだ。

ただつまずいたサラリーマンを思い出しただけなのに、私はベラベラと自分体験談のように語っている。

全く面白くも何ともない話だ。こんなふうに作り話をして爆笑をかっさらえるなら良いのだが、私のただ転んだだけの話で話が盛り上がることもない。

それは自分でも分かっている。受けるとはさっぱり思っていない。こんな創作話でもしなけりゃ場の空気が持たない訳でもない。

なのに私は意味もなく嘘をつく。



例えば、同僚が「○○(人の名前)見なかった?」と聞いてくる。

先程私は○○がトイレに行くのを見たが、私は「見てないなー」と答える。

の子が「じゃあ○○見かけたら私が探してたって伝えて」。そう言って歩き去る。

しばらくしてから探されていた○○に会った。どちらともなく立ち話を始めるが、私は「△△が探してたよ」とは言わない。

そうしているうちに他の方向から誰かが○○に話しかけ、 「さっき△△が探してたよ」と言ってくる。私はその話を聞いて、あら大変、というような顔をした後に、「なら早く行った方がいいんじゃない」という。

私は△△が探していた、と伝えなかったことに、何も罪悪感を感じていない。

これっぽっちも。

私は本当にあら大変と思っているし、早く行くべきだとも思っている。

実際、私は「自分が△△が探していた」ことを隠していた事を忘れている。



私と同僚が二人で昼食を食べている時、

「あれ?今日の○○(アイドルグループ)の特番何時からだっけ」

と聞いてきた。

私は9時からと知っているのにも関わらず、「知らない」と答える。

同僚がスマホを開き予定を確認して、私に「9時からだって!」と伝える。

私は「へえ。私も家帰ったら録画しなきゃ」と笑う。確かに今朝録画したのに。

そして同僚が先週みたテレビの話をしだす。

「その番組がね、とても面白かったの。あのコーナーが特に……」

といった風に、私に分かりやすいよう順序を立て話し出す。

私は「私もその番組観たよ」とは言わない。観たといえば一緒に盛り上がれるはずなのに、言わない。

私が一度見た番組を、同僚が事細かに説明しているのをただ呆けた顔で見ている。



ある日同僚が「私の手帳見なかった?」と聞いてきた。

私は本当に手帳場所なんて知らなかったので、「見てない」と返す。

それからしばらくして、私は資料の間に挟まったその子手帳を見つけた。

けれど私は見てないふりをする。

そしてしばらくして、その子が「○○が手帳見つけてくれた!さっきの資料の間に挟まってたみたい!」と周りに報告しているのを見る。

私もその輪に混ざり、心から「良かったね」と言う。その気持ちになんの曇りもない。なぜなら私は一度見て見ぬふりしたことを忘れているからだ。

私は、手帳をなくした子が見つけた○○に向かって、「ありがとう!後でなにか奢るね」と言っているのを聞いた。その時にようやく、やっぱり見つけた時すぐ報告しておけばよかった、と後悔するのだ。



幼少期は母親に「欲しいお菓子あったら買っていいよ」、と言われて、ポテチが欲しかったのに何故か「ううん別にない」と答えた。

同僚に「小銭持ってない?」と聞かれて持ってないと返した瞬間、自分ポッケから小銭の音がして焦った。

食べてもない昨日の夕飯の話をし、買った漫画を「いいなあ、私はまだ買ってないんだ」と言う。

好きでもないホワイトチョコを1粒貰って「美味しい」と咀嚼する。






だって嘘つく理由が分からないのだ。

から思い返せば、「あ確かにあれは嘘だったな 」と気づくが、話している最中は嘘をついている自覚さえないのだから

そのため私は一日に何度自分無駄な嘘をついているのか把握出来ていない。



私がつくのは悪意も罪悪感も無い嘘だ。平常心を保ち、嘘をつく時の人間の微弱な動揺を示す必要もないような嘘。

その嘘をつくことによって何が得られるのかと言われれば何も得られないし、誰かを遠回りさせることもあるのだろう。時には自分が損することもある。

私は確かに大嘘つきだが、大損失を引き起こすような嘘は絶対つかない。

から「嘘つきは泥棒の始まり」なんて言葉を、他人事のように聞くことが出来る。

私は誰かが後で埋め合わせをしてくれるような隠し事しかしないからだ。

別段嘘だとバレてもなんら問題はないし、後から適当に取り繕えばどうにかなる嘘ばかり。

そんなくだらない嘘だから、私は自分が嘘をついた自覚がないわけで、嘘をついた瞬間頭からすっぽり抜け落ちているのである

から「あれはホントの事だった」と思い込むようにすれば簡単ホントの事だったと錯覚できるような、そんな嘘たち。

言わば、私は存在自体ヤラセなのである

今思い返せば、私の呟くツイートだって半分くらいは嘘なのだ。恐らく友達に送ったLINEも、交わした世間話自分で気づいていないだけできっと嘘ばかりなのだろう。

このブログを読み返しても酷いものだ。嘘っぱちしか並べていない。

実際、私は社会人などではなくただの中高一貫校に通う学生であるし、上の例え話達だってモデルはあっても実体験は一つもない。

自分でも分からない。

何故私はこうしてくだらない嘘ばかりつくのだろうか?

もしかして皆、黙っているだけでこういう生き方をしているものなのだろうか?

ただひとつ言えるのは、きっと私は死ぬまで嘘をつき続けるだろうということだけだ。

嘘ばかりついてしま

いつもくだらない嘘ばかりついている。

そのことに気づいたのもつ最近の話だ。

その嘘たちはあまりにもくだらなすぎて、ついている自分でさえ気づけないようなものばかりである

その嘘たちについてはすぐ後で特筆するつもりだ。

思えば私は母親に「さっき嘘ついたでしょ」や「もう隠し事はしないで」という理由で叱られることが多い子供だった。

そういう時の母親の顔を思い出したので、電車の中でポツポツとこのはてなブログを書いている。ブログはおろか、文章を書くこと自体相当久々なのでどうかお手柔らかにお願いしたい。

一つ例を出す。

私が道を歩いていた時の話だ。私の目の前でサラリーマンが足元の石につまずいた。そのサラリーマンは体勢を崩しただけだったようで、転ぶこともなくそのまま何事も無かったかのように歩き出した。

話の肴にもならないような記憶である

私はその時の事を、ふと同僚と話をしている時に思い出す。そして私はこう語る。

「この前道で歩いてた時、石につまずいて転んじゃったんだよね」

もっぱら嘘だ。嘘っぱちだ。

ただつまずいたサラリーマンを思い出しただけなのに、私はベラベラと自分体験談のように語っている。

全く面白くも何ともない話だ。こんなふうに作り話をして爆笑をかっさらえるなら良いのだが、私のただ転んだだけの話で話が盛り上がることもない。

それは自分でも分かっている。受けるとはさっぱり思っていない。こんな創作話でもしなけりゃ場の空気が持たない訳でもない。

なのに私は意味もなく嘘をつく。

例えば、同僚が「○○(人の名前)見なかった?」と聞いてくる。

先程私は○○がトイレに行くのを見たが、私は「見てないなー」と答える。

の子が「じゃあ○○見かけたら私が探してたって伝えて」。そう言って歩き去る。

しばらくしてから探されていた○○に会った。どちらともなく立ち話を始めるが、私は「△△が探してたよ」とは言わない。

そうしているうちに他の方向から誰かが○○に話しかけ、 「さっき△△が探してたよ」と言ってくる。私はその話を聞いて、あら大変、というような顔をした後に、「なら早く行った方がいいんじゃない」という。

私は△△が探していた、と伝えなかったことに、何も罪悪感を感じていない。

これっぽっちも。

私は本当にあら大変と思っているし、早く行くべきだとも思っている。

実際、私は「自分が△△が探していた」ことを隠していた事を忘れている。

私と同僚が二人で昼食を食べている時、

「あれ?今日の○○(アイドルグループ)の特番何時からだっけ」

と聞いてきた。

私は9時からと知っているのにも関わらず、「知らない」と答える。

同僚がスマホを開き予定を確認して、私に「9時からだって!」と伝える。

私は「へえ。私も家帰ったら録画しなきゃ」と笑う。確かに今朝録画したのに。

そして同僚が先週みたテレビの話をしだす。

「その番組がね、とても面白かったの。あのコーナーが特に……」

といった風に、私に分かりやすいよう順序を立て話し出す。

私は「私もその番組観たよ」とは言わない。観たといえば一緒に盛り上がれるはずなのに、言わない。

私が一度見た番組を、同僚が事細かに説明しているのをただ呆けた顔で見ている。

ある日同僚が「私の手帳見なかった?」と聞いてきた。

私は本当に手帳場所なんて知らなかったので、「見てない」と返す。

それからしばらくして、私は資料の間に挟まったその子手帳を見つけた。

けれど私は見てないふりをする。

そしてしばらくして、その子が「○○が手帳見つけてくれた!さっきの資料の間に挟まってたみたい!」と周りに報告しているのを見る。

私もその輪に混ざり、心から「良かったね」と言う。その気持ちになんの曇りもない。なぜなら私は一度見て見ぬふりしたことを忘れているからだ。

私は、手帳をなくした子が見つけた○○に向かって、「ありがとう!後でなにか奢るね」と言っているのを聞いた。その時にようやく、やっぱり見つけた時すぐ報告しておけばよかった、と後悔するのだ。

幼少期は母親に「欲しいお菓子あったら買っていいよ」、と言われて、ポテチが欲しかったのに何故か「ううん別にない」と答えた。

同僚に「小銭持ってない?」と聞かれて持ってないと返した瞬間、自分ポッケから小銭の音がして焦った。

食べてもない昨日の夕飯の話をし、買った漫画を「いいなあ、私はまだ買ってないんだ」と言う。

好きでもないホワイトチョコを1粒貰って「美味しい」と咀嚼する。

だって嘘つく理由が分からないのだ。

から思い返せば、「あ確かにあれは嘘だったな 」と気づくが、話している最中は嘘をついている自覚さえないのだから

そのため私は一日に何度自分無駄な嘘をついているのか把握出来ていない。

私がつくのは悪意も罪悪感も無い嘘だ。平常心を保ち、嘘をつく時の人間の微弱な動揺を示す必要もないような嘘。

その嘘をつくことによって何が得られるのかと言われれば何も得られないし、誰かを遠回りさせることもあるのだろう。時には自分が損することもある。

私は確かに大嘘つきだが、大損失を引き起こすような嘘は絶対つかない。

から「嘘つきは泥棒の始まり」なんて言葉を、他人事のように聞くことが出来る。

私は誰かが後で埋め合わせをしてくれるような隠し事しかしないからだ。

別段嘘だとバレてもなんら問題はないし、後から適当に取り繕えばどうにかなる嘘ばかり。

そんなくだらない嘘だから、私は自分が嘘をついた自覚がないわけで、嘘をついた瞬間頭からすっぽり抜け落ちているのである

から「あれはホントの事だった」と思い込むようにすれば簡単ホントの事だったと錯覚できるような、そんな嘘たち。

言わば、私は存在自体ヤラセなのである

今思い返せば、私の呟くツイートだって半分くらいは嘘なのだ。恐らく友達に送ったLINEも、交わした世間話自分で気づいていないだけできっと嘘ばかりなのだろう。

このブログを読み返しても酷いものだ。嘘っぱちしか並べていない。

実際、私は社会人などではなくただの中高一貫校に通う学生であるし、上の例え話達だってモデルはあっても実体験は一つもない。

自分でも分からない。

何故私はこうしてくだらない嘘ばかりつくのだろうか?

もしかして皆、黙っているだけでこういう生き方をしているものなのだろうか?

ただひとつ言えるのは、きっと私は死ぬまで嘘をつき続けるだろうということだけだ。

2020-06-05

血の医療メンタルにも効く説

私とBloodborneの話がしたい。

これはただそれだけの記事です。

Bloodborneとは2015年3月に発売されたPlayStation 4アクションRPGです。開発元はSCEフロムソフトウェア

詳しいことはWikipediaでも読むといいと思います

Bloodborne - Wikipedia

フロムソフトウェアのことは知らないけど

身体闘争を求める

 →アーマードコアが売れる

 →フロムアーマードコアの新作を作る

 (アーマードコアの新作が出る)」

コピペは見たことがある人も多いと思います。まあそもそもフロムソフトウェアも知らん奴はインターネットニワカ」みたいに言われるかもしれませんが、少なくとも私は「コピペは知っているけどフロムソフトウェアのことは知らない」オタクでした。すみません

そもそも自分遊んだゲームと言えばゲームボーイSP鋼の錬金術師マリオ、後は3DSどうぶつの森ブレイブリーデフォルトモンハンPSvita海賊無双ゴッドイーターパソコンpso2を少し齧った程度のもので、恐らく世間一般の"オタク"にしては随分と経験が少ない方だと思います

メインはアニメ漫画、あとはSound Horizonの緩オタクだったので、あまり自らゲームが欲しい!ゲームがしたい!と言うタイプでもありませんでした。

バリバリ世代なのにポケモンすらプレイしたことはなく、人がやっているのにもそんなに興味がない。

先に挙げたゲームも、ほとんどは「友達がやってたから」あるいは「推しコンテンツが関わっているから」始めたのであって、「そのゲームがしたいから!」と始めた訳ではありませんでした。

自分にとってゲームジャンル自体はそれほど縁のない存在だったので、当然フロムソフトウェアも知らず、PS4も「弟が中古で買ってきたBDも見られる新しいやつ」程度の認識だったのです。



数年前。

私はとある会社新卒入社しました。

詳細は省きますが、一年半年ほどで私はロクに眠れない、職場トイレで吐くほど泣く、休み仕事を緩慢としてまた辛くなり、人に優しくされたくて必要でもない買い物をし、帰り道に無駄遣いした自己嫌悪で泣き出す、自殺未遂をはかると言った典型的な"メンタルやらかした"状態に。

もっと辛い人は世の中に沢山おられるとは思いますが、私の場合はまず眠れなくて仕事にならないので病院に駆け込み、結果休職退職コースとなりました。


実家に戻って療養を始めましたが、当時は「自分はただズル休みをしたいだけだ」「怠けて人に迷惑をかけて、私は社会クズだ」「あの時死んでいればよかった」の言葉が頭を巡り、薬を飲んで寝て起きてもまた実家居間にあるソファ天井を見上げることしかできませんでした。

このままではよくない、とテレビを見ても観客の笑い声やコメンテーターの笑い声を聞いているのが辛い。そもそもテレビ番組を作っているような"社会"に己が参画していないことを思い知らされて辛い。

映画アニメでも見て"インプット"しなくては、と思い見始めた作品でまた吐くほど泣き、トイレの中で便器を抱えたまま自己嫌悪で死にたくなる、の繰り返し。

この辺りでようやく「ああ、今自分はマトモではない」と認められたような気がします。


その後はなるべく気を紛らわすために(そして実家で働きもせず休んでいる罪悪感を払拭するために)家事をしたり頼まれた雑事をこなしたりしていました。なるべく社会コンテンツから離れたほうがいい、と思って。

それでも相変わらずTwitterは続けていましたが。

そんな時、趣味があうフォロワーさんの動画付きツイートが目に入りました。

ほんの20秒程度の動画です。

薄暗いヴィクトリアゴシック調の街で、トップハットにロングコートキャラクターが、ステッキを鞭に変形させ、またステッキに戻す。

たったそれだけの動画でした。

私あてのリプライでもなく、ただタイムラインに流れたツイート、たった一つ。

その動画たまたまタップして、たまたま見ただけ。

それだけなのに、私はその瞬間

「このゲームは私のためのゲームだ」

「このゲームには私の好きな"全て"がある」

「私はこのゲームプレイしなければならない」

と感じました。

思い上がりもいいところですが、本当にそう感じたのです。

そしてたまたま実家には、弟のPS4がありました。

時間たっぷりありました。嫌になって泣き続けるほど。

勢いのままアカウントを作り、ゲームダウンロードしました。


フロムソフトウェアゲーム」が如何なるものか知りも調べもせずに。


ゲームに触れた経験も浅ければそもそも得意ですらない、マリオの1面のノコノコにすら何度も殺されるような人間には、Bloodborneは厳しすぎました。

そもそも先へ進めない。"キャンプファイヤー"にも辿りつけない。レベルアップもどうやらできない。マップがないのでどこからどこへ繋がるのかも分からず、迷子になっている内に殺される。

これはイカン……とフォロワーさんなどの手を借り、なんとか進めました。

それが、とても楽しかった。

厳密には"楽しかった"と言うよりは"必死だった"、"無我夢中だった"と言う方が正しいのかもしれません。

朝一番掃除をし、洗濯物を干してPS4の電源を入れる。家族が帰ってくる前に洗濯物を取り込んで晩御飯の支度をしなければならないので、夕方には電源を切らなければならない。朝から晩まで没頭する、という感じではありませんでした。

ですが、それが良かったのだと思います

限られた時間の中で必死コントローラーに齧りついて、死んでは進み、進んでは死ぬ

明日こそあのボスに勝てますように、と半ば祈るように眠る

その間は、自己嫌悪職場での思い出を反芻することもなく過ごせました。

ゲームとしての難易度が高過ぎて"他のこと"なんて考えている"暇"がない」。

これが何より大切だったんだと思います



どうにかこうにか迎えたラスボス戦は、涙の出るほど美しかった。



ゲームを終えてスタッフロールを眺めながら泣き、私が次にしたこと自分用のPS4proと、DARK SOULS3を買うことでした。


つの間にか薬なしでも眠れるようになり、今は元のように、とは行きませんが外に出て働いています

今では「血の医療メンタルにも効く」とフォロワーさんと冗談めかして話していますが、これは過言ではないのです。

少なくとも、私にとっては。



実はBloodborne存在自体は別のフォロワーさんの呟きや絵を通じて前々から知っていたのですが、私にとってBloodborneプレイする"タイミング"は正にあの時しかなかったのだと思います

あの時Twitterを覗いていなければ。あの動画を見ていなければ。

流石に過言かもしれませんが、私が働きに出られるようになるのはもう少し遅かったかもしれません。

そう思うと、やはり私にとってはBloodborneが、血の医療が救いになったのだと思います


私とBloodborneの話はこれで終わりです。

ビビリ散らしてガスコイン神父や血に渇いた獣を火炎瓶で燃やして片付けたがためにパリィ習得せず進み、ローゲリウス師戦で苦しんだ話やNPCイベントを見損ねて歯噛みした話、ギミックに気付かずミコラーシュと延々と追いかけっこをした話など色々とありますがその辺りは割愛します。

長文、乱文、失礼いたしました。

あなたに血の加護がありますように。

2020-06-03

デモという存在自体害悪だと気付いた

デモ民主主義必須みたいな考え小さい頃から植え付けられてて「まぁそうなのか」ぐらいに思ってたけど

昨今のデモ暴力性を見るにデモ害悪だなって気づいた

社会を変えてるんじゃない暴力で混乱させてるだけだ

とっとと法で規制したほうがいい

anond:20200603082540

猪の電気止め刺しとか存在自体しらなかったので面白いのが見れたよ。ありがとう

でも俺はやっぱ人間が介入するんじゃなくて、自然界の弱肉強食の中でも捕食シーンがいいんだよなぁ。

2020-05-28

anond:20200528001604

多様性と言うなら、出自を表す姓の存在自体欺瞞

夫婦別姓など夫婦同姓となんら変わらない。

姓の廃止を主張すべきだ。

2020-05-24

anond:20200524143319

自分が実際にかかるまでは新コロの存在自体信じられないんだと思う。

たまにいる。自分経験したことしか信じないって変な信念持ってる人が。

2020-05-22

anond:20200521200340

プログラマーに限らず、「理系」の全般がそういう感じあるよね。

妙に選民思想強いのにコンプも強い。

文系を見下す理系は沢山見るけど、逆は見ない(しそもそも文系理系普段意識もしていない)し。

あれ何なんだろう?

増田も言ってるけど、アスペ特性なのかね。

んで、彼らが言う所の「理系」は工学部しか想定してないんだよな。

分類として理系である他の学部存在自体無視されてる。

まあ全員が全員そうじゃなくて、ネットで俺理系を強調したがる層がそうなんだろうけど。

2020-05-18

てんしとあくま川口さんが亡くなったことに関して

お笑いは好きだが関東在住のため、俗に言う「関西お笑い」にはあまり触れていなかった

レースで決勝に行った大阪よしもとの芸人テレビで見たり、そこからYouTubeで周りの芸人ネタを発掘してみたりするぐらいだった

てんしとあくま」の存在自体は多分6、7年前くらいかぼんやりと知っていた

M-1キングオブコント上方漫才大賞などの賞レースでちょいちょい名前見るな〜という程度の認識だった

2015年の「おもしろ荘」で初めて地上波ネタを見た 面白かったという記憶はあったがどんなネタだったかは忘れた

今年3月の「ザ・ベストワン」でもネタを見た これも面白かったんだけど次の日にはもう忘れていた

漫才劇場(俗に言うマンゲキ)にレギュラーで出演されていたらしいから、関西劇場に通うファンならお馴染みの存在だったのかもしれない

関西のよしもと芸人によくいるネタはどれも水準を保って面白優等生タイプ、でも平場を見なければインパクトに欠ける、ただハマる人はめちゃくちゃハマる、ハマらない人にはすぐ忘れられるという印象だった

最近若手芸人にいるような「チャラ男で派手なパリピ」「元消防士から芸人に転身」「芸人と並行して税理士をやっている」といったキャラ付けも無かった

ただただ、ネタをやるだけの芸人

そんな芸人ごまんといる そういう人らに限ってネタ面白くて、でも世間評価はされない

から二日前、ツッコミ川口さんの訃報ネットニュースで知るまで久しく「てんしとあくま」の存在は頭からサッパリ無くなっていた

サッパリ無くなっていたというのに、衝撃だった

「えっ!?」と声を出してしまった

36歳の若さで、持病の内臓疾患で急逝だそうだ

数日前までは他の芸人リモート配信に元気に出演していた

てんしとあくまがそんなに印象に残っていなかったただの一お笑いファンだったはずなのに、泣けて泣けてしかたなかった

てんしとあくま真剣応援していたファンの方の気持ちなんてこんなもんじゃないだろう

他の芸人Twitterの呟きも見たが、「まだどう受け入れていいのかわからない」というものが大半だった

訃報が出たその日に行う予定だったZOOM配信生放送が次々と中止になった 「諸事情により急遽中止します」という事務的な連絡で

なんだろう、対して追ってなかったはずだったのにこの喪失感

心にぽっかりと穴が開いたような、ってこういうことか

その日のうちにYouTubeてんしとあくまネタを見た

ああそうだそうだ見たことある、と思い出せるものばかりだった チューリップ漫才椅子コント

面白いなあ

今まで頭の片隅にぼんやり存在していたてんしとあくま存在が急激にはっきりとした輪郭を持ち始めている

いやなんでだよ M-1決勝進出かにしてくれよそういうのは なんで訃報なんかで初めててんしとあくま存在をはっきり意識しなきゃいけないんだよ

今も頭の中が川口さんのことで埋め尽くされている 対して好きじゃなかったくせに

36歳なんてまだこれからだよ

M-1だってまだ出場権あったのに

一人の芸人が亡くなったんだなあ

うわなんかすごいやだな

ちゃんと生でネタたかったな

2020-05-13

anond:20200513043824

正にそうだね。

おそらく、ツイッターとかインスタとかのせいで、価値のない下層民が世の中に発信しやすくなったので、

自分発言(もしくは自分存在自体)が社会の中で価値があると勘違いやすい状況があるのだと思う。

そんなやつが怒涛のごとく湧く状況ができちゃってるから、これはもう止めようがないのだろうね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん