「ファイアパンチ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファイアパンチとは

2021-07-21

ルックバックと反対の作品「も」生まれてほしいな

第一印象では「気持ちはわかる。が、私はここまで自分事件京アニ放火事件)に加担してないと割り切ることができない」と思った。

私は美術を専門として学んだこともあるし絵や漫画も描いていた。ファイアパンチは読んだけどチェンソーマンは読んだことない。藤本先生のことはあまり知らない。

ルックバックがどれくらい京アニ放火事件に向けて描かれているのかはわからない。でも内容、公開日からして意識せずにはいられない。

素晴らしい作品を生み出した人たち、これから生み出す人たちが失われたことへの驚きや悲しみややるせなさはわかる。怒りも。

世代的にオタク市民権がなかった時代も生きてきたし、オタクであるクリエイターであるというだけで連帯感がある感覚もわかる。

ただ、事件があまりにも天災事故のように表現されているなと思った。まるで事件が起きたことは自分たちとは全く関係ないと思っているのかと思った。

京アニ放火事件犯人事件病院治療してくれる人たちの優しさを感じている、といった報道がされていたと思う。その優しさを、人の温もりを、事件前に少しでも彼が感じていたら、あの悲しい事件は起きなかったのではないか。彼を孤立させ追い詰める社会を作ったのは我々に他ならない。

放火事件殺人事件テロ行為も、加害者突然変異バグなんかじゃない。私たちの一部だ。起きる前も起きた後も私たちは関わり続けているし、少しでも違う社会だったら食い止められたかもしれない事件だ。逆に私だっていつ「あっち側」になるか分からない。そのぐらい紙一重だと思っている。

だってそう思わないと救いがないじゃないか天変地異のように、地震のように、いつ来るかわからない暴力に怯えるしかなくなってしまう。それよりは我々の努力次第で無くせた、無くせる事件だと思いたい。

そりゃ目の前で声かけられたか?お前に救いの手を差し伸べられたか?と問われたら言葉に詰まるよ。でも目を逸らしちゃいけないだろ。個人じゃできない社会問題解決するのが政治福祉役割だろ。その主権を握ってるのは私たちだろ。

犯人のことを擁護しているわけではない。罪は罪だし、怒りは感じるし、罰を受けてほしいと思う。犯罪としては情状酌量余地なんてない。でもどうにかして反省して人生を立て直してほしいとも思う。被害者や遺族からしたら理解できないかもしれないけど、私はそういう社会であってほしい。

ルックバックのような受け取り方が、あの事件について考える時の救いになる人たちもいるんだと思う。そこは否定しない。

でも加害者立場に立ったとき、あの漫画を読んだらきっと追い詰められるだろう。社会に行き場がないと感じるだろう。

ルックバックを不適切だと断罪するつもりはない。たくさんの複雑で大事感情が描かれた素晴らしい作品だ。

ただ願わくば、少しでも加害者側の視点や寄り添う気持ちがある作品も生まれてほしい。自分を含めたいつかそっちに行ってしまうかもしれない人たちに、希望や、立ち止まるキッカケになるかもしれない作品も生まれてほしい。そういう思想多様性文化社会を豊かにしてくれるんだと思う。

そしてそれを生み出すのがこの漫画を読んだ人なのだとしたら、やはりルックバックは素晴らしい漫画なんだと思う。

2021-07-20

藤本タツキって今敏的だよね

表現方法が似てるんじゃなくて若干目的手段が逆転してる感じが似てる

藤本タツキファイアパンチからずっとテーマは変わっても映画的な時間描写感情描写コマ表現執拗にやり続けてる

今敏過去現在未来、夢と現実空想を混ぜ込んだ手法パーフェクト・ブルーからずっとやり続けてた

当然作品ごとのテーマ目的はあるんだけど自分の好きな?信じた?手法作品を成立させたい、表現したいって方がメインに感じる

2021-07-19

ファイアパンチを早々に読むの諦めてチェンソーマンはまったく読んでないけど、読み切りならとルックバック読んでこの作者とは合わないと再認識した

チェンソーマンは何故「チェンソーマン」というタイトルだったか

ルックバックがバズり散らかして、藤本タツキ名前の通りがよくなったことを勝手に喜ばしく思っているところである

さて、この「ルックバック」であるが、タイトルに何重もの意味が込められていることは、バズり散らかし作品に真っ先にいっちょ噛みしたいパーソン、および俺が一番藤本タツキのことをわかってると思いたい後方腕組み彼氏面パーソンに任せるとしよう。

藤本タツキの前作であるチェンソーマン、このタイトルの連載であるが、チェンソー悪魔でもなく、デンジくんでもなく、チェンソーマンタイトルだ。今回の「チェンソーマンは何故『チェンソーマン』というタイトルだったか」という表題であるが、最初からこの表題でなんか書こうと思ったわけではなく、チェンソーマン考察をしていたら、「チェンソーマン」というタイトル、なんも知らん人からみたらB級にもほどがあるこのタイトルに込められた想いに関しての妄想が膨らんでいた。そこにルックバックという弩級の、しかタイトル芸術的読み切りが出てきてしまったので、書かずには居られなくなった。

以下、私の誤読発表会であること、誤読発表会に過ぎないことを甘んじて受け入れる。

なお、完結済みのチェンソーマンネタバレは一切避けない。ネタバレを気にする人は絶対に読んではいけない。




まず、主人公デンジはずっと「普通生活」への憧れ、パンジャム塗って食うことに憧れを抱いていたほど貧しく、その日その日を必死サヴァイヴしてきた。第1話でその憧れを手に入れたデンジと同じような放心感と、第1話を読んだときの私の放心感はきっと近いものがあった。

その後、デンジは上がり続ける「普通」のレベルや、望むものが手に入った時の「こんなもんか……」という失望、望むものをぶち壊された、ぶち壊した絶望などを通し、考えなければならないことが増えすぎた結果、「なんにも考えずに生きてえ」「マキマさんの犬になりてえ」と思うほどの生活になることができた。なってしまった。そりゃそうだ、さんざん死ぬ思いして、せっかく手に入れた「普通家族」も、あっというまに終わりを迎えてしまったのだ。それも自らの手によってだ。裏ではマキマさんが糸を引いていたが。

このあたりのテーマは、岸辺とクァンシの会話の中でも明示されている。幸せに生きるには無知馬鹿のまま生きること。「自分」の考えなど持たないほうが幸せだということだ。

最終決戦、デンジはマキマさんに「あんたの理想の世界にクソ映画はあるのかい」と問う。「無い方が良い」と答えるマキマさんに、明確に敵対するデンジ。この成長っぷりだ。完全に「少年漫画主人公」だ。

直前のコベニちゃんとの会話で、嫌なことがない人生なんてない、という「普通」に気づくのだ。

作中の悪魔には名前がない。○○の悪魔、という概念しかない。マキマさんも、チェンソーマンと呼んではいるが、デンジくんでもなくチェンソーマンでもなく、「チェンソー悪魔」にしか興味がないのだ。これは作中でほぼ明示的に示されている。マキマさんは徹底的に、チェンソーマンの中のチェンソー悪魔という概念しか興味がないのだ。デンジくんだからではなく、「チェンソー悪魔の拠り所」としてしか興味がない。典型的悪女である。えてして悪女は魅力的で、私もコロッと騙された質の人間はあるのだが、とんでもない奴だ。好き。

ここのズレなんだよ、ここのブレなんだよ。チェンソーマンというキャラクターペルソナかぶりたいデンジと、チェンソー悪魔支配したい(またはチェンソー悪魔支配されたい)マキマさん。他人が作った、他人が求めるキャラクターになりたいデンジと、他人を恐れて全てを支配したいマキマさん。クソ映画映画なりと、ゴミみたいな感情人生なりと受け入れたデンジと、ゴミみたいな感情になるなら無いほうが良いとしたマキマさん。

これは藤本タツキファンファイアパンチファンにとっては「また」なんだよ。また演技と、狂言と、ペルソナの話なんだ。デンジ目的=自らの欲望に関して嘘は付かないし、付けないのだ。自らの欲望に嘘を付くくらいならデンジという個、ゴミみたいな人間であるという個を捨て、民間ヒーローであるチェンソーマン」になる、なれる、なりたいヒーローなのだ。朝からステーキ食いたい、彼女がほしい、「悪いことだとわかってるけど」5人10人ほしい、たくさんセックスしたい、「だからチェンソーマンになりたい。デンジくんは、チェンソー悪魔でもなく、デンジでもなく、誰かの望んだチェンソーマンになりたいのだ。だからこの作品は「チェンソーマンなのだ

例の漫画

『妹の姉』でも思ったが、この人は自分の「絵の上手さ(下手さ)」にすごいコンプレックスがあるんだよね。

「絵がうまい」って言われたくて言われたくて仕方がない。

ファイアパンチ』の頃から表れてた。

まあ、漫画家にはありがちだけど。

でも所詮漫画の絵なんて「伝わるか伝わらないか」みたいなレベルの話でしかないんだけど(絵のクオリティを気にするなら1コマに何か月もかける)、自分が「上手く見られること」が大事らしくて、

そう見えそうな「崩し方」「手の抜き方」も多用してる。

で、未だにそれを消化できてなくて、美大と(またか)、よりもよって京アニ事件とぶつけることで、コンプレックスを解消しようとする漫画だった。

美大生に嫉妬する犯人(要は自分だ)の描写があの体たらくで、美人漫画家の方に自分を重ねて悲劇のヒロインを気取ってるようでは、成功してるとはとても言えないが。

なにより事件を扱う前にしょうもない自分内面くらい整理しておけよと思ってしまうんだが、なんていうか、それが「天才」と持て囃されるのが現代かあって気持ち


話題渋谷系なんかも当時は天才と言われてたのかな、と思ったりもした。

anond:20210719170937

この作者の藤本タツキファイアパンチ終了時(2018.1.1)にはアニメーターになりたかったんだって

結局チェンソーマンの連載が始まって漫画家を続けたらしいんだけど、そういう分岐可能性があった事を半自伝的に描いてるのかなと思った。(近い畑が被害に遭って、それこそ半身が殺された様なショックを受けたのでは、とも。)

anond:20210719171631

ファイアパンチも傑作やったで

そら終わり方には賛否あるやろけど

anond:20210719161643

ファイアパンチ以下かと言われると…

読切はきちんとしたエンドマークつけてるから以上でないかしら

2021-07-02

anond:20210702144824

>他のチート野郎比較的まともやろ

確証もないだろ

物語開始早々、メンターに転生者は屑ですと言われ、レイパ―放置してる集団だぞ

大体物語の開始時期もBOYSの1年半後、編集者や決定権ある人はその時の流行りを重視するのが普通

比較的まともなチート野郎にどうやって復讐する動機付けするの?ファイアパンチ二番煎じでもすると思うのか

2021-06-28

anond:20210628152453

ファイアパンチの後半が中弛みしたと思ってるタイプならチェンソは楽しめると思う。

ファイアパンチ序盤からまらんと思ってるタイプならチェンソもダメだと思う。

anond:20210628151728

ファイアパンチ面白くなかったかチェーンソーマンぜんぜん見てない。

こういうのマニアにはうけるのかなーって感じだったけど。

2021-05-31

anond:20210531150646

そりゃそうだが?

しかし案外ジャンプ的だという指摘は別に間違ってない。

ちなみにジャンプラだとサマータイムレンダもファイアパンチも読んだしね。

自分けが知ってるふうな顔するのはやめてね。

2021-05-15

5のイラスト界隈覗いてると未だに富樫だのナルト鳥山ががうまいと言い出すひとがいてだめだこりゃと思う。若い人は米山舞とか寺田てらさんみたいなおしゃれなイラストレーターををみてるし(これでもかなりミーハーな人選)、まー脳が化石になりかけてる人たちは今を見てない。今に飲まれろなんていってない。今も見ろと。富樫は最前線か? せめてファイアパンチ見ろと。それですら今はもう古いのに……。

若い才能を見てかっこいいと思わなくなったら芸の人生は終了ですよ。

2021-05-12

anond:20210512033208

漫画家二作目こける説を検証してみた

とりあえずジャンプ漫画家

 

鳥山明  1作目「Dr.スランプ」→2作目「ドラゴンボール」 

井上雄彦 1作目「カメレオンジェイル」→2作目「スラムダンク

富樫義弘 1作目「てんで性悪キューピッド」→2作目「幽遊白書

つの丸   1作目「モンモンモン」→2作目「みどりのマキバオー

武井宏之 1作目「仏ゾーン」→2作目「シャーマンキング

藤崎竜  1作目「サイコプラス」→2作目「封神演義

久保帯人 1作目「ゾンビパウダー」→2作目「BLEACH

葦原大輔 1作目「賢い犬リリエンタール」→2作目「ワールドトリガー

藤本タツキ 1作目「ファイアパンチ」→2作目「チェンソーマン

 

80年代とかはよく知らないけど、全体的に見て2作目がこけるってイメージはむしろまりない

最近岸本先生の「サムライ8」がこけたのでそのイメージが強いだけじゃないだろうか

ただ、「何作目か」ではなく、「ヒット作の次の作品」がこけるのはよくある傾向だと思う

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん